iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

携帯乗り換えもう迷わない。携帯各社これでOK!早わかりガイド。

投稿日:

携帯を乗り換える理由やタイミングは人それぞれです。
新社会人や学生になったから…
家族でまとめて料金を安くしよう…
Androidからi-phoneにしてみようかな…
格安SIMでも使って見ようかな…

などなど…。でも、いざ乗り換え様とすると、
手続きが分からない事ってありませんか?
長年同じ会社の物を使っていた場合は尚更です。
「乗り換えるのってめんどくさいからこのままでいいや…」
…なんて考えるのは、もったいないですよ。
ここでは、docomo、au、softbank、格安SIMなど携帯電話会社ごとに
乗り換えの手順や必要な物についてまとめてみました。
1.携帯の乗り換えに必要な物
1-1.身分証明書
1-2.クレジットカード、印鑑
1-3.MNP
2.携帯の乗り換えで発生するお金
2-1.解約手数料
2-2.事務手数料
2-3.キャッシュバックなど
2-4.キャンペーンなどの情報入手先
2-5.お得に乗り換えするために
3.docomoからの乗り換え
3-1.docomoからauへ
3-2.docomoからsoftbankへ
3-3.docomoから格安SIMへ
4.auからの乗り換え
4-1.auからdocomo
4-2.auからsoftbank
4-3.auから格安SIMへ
5.softbankからの乗り換え
5-1.softbankからdocomo
5-2.softbankからau
5-3.softbankから格安SIMへ
6.機種ごとの乗り換え方法
6-1.i-phoneからAndroidへ
6-2.Androidからi-phoneへ
6-3.ガラケーからスマホへ
6-4.ガラケーに乗り換えて戻したい
7.乗り換え対象
7-1.家族
7-2.学生
7-3.シニア
8.乗り換えるタイミング
8-1.契約更新の時に
8-2.新学期、新入社
8-3乗り換えた方がいい場合
8-4.乗り換えない方がいい場合
まとめ
-----------------------------------------------

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

携帯の乗り換えに必要な物

7820179902f810ae6412fc38f1d6b26e_m
携帯電話の乗り換えに必要な物は「身分証明書」「 クレジットカードや料金を支払うための物と印鑑」前に使っていたスマホや携帯から電話番号を変えずに使用する場合には、MNP(Mobile Number Portability)番号ポータビリティと言う制度を利用した「MNPの予約番号」を取得して持参する必要があります。
また、乗り換える際に必要な手数料や新しい携帯やスマホの機種料金をその場で精算する場合は現金も必要になります。
手続きを行う人が本人ではなく代理人の場合は窓口へ行く人の身分証明書も必要になります。本来は本人が手続きをする必要がありますが、高齢のため手続きができない、などの場合は家族が手続きを行うことが可能です。

身分証明書

携帯電話を乗り換える場合には、本人であることを確認できる身分証明書が必要になります。提示可能な身分証明書は「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」「身体障害者手帳」の内どれか1点がです。
しかし、身分証明書に記載されている住所が変更になっている場合などの場合と、提示する身分証明書が健康保険証など顔写真のない書類の場合には、住民票や 公共料金の領収書、官公庁の発行した印刷物など、現在の住所が確認できるものが必要になります。

クレジットカード、印鑑

携帯電話の料金の支払いには、月々のクレジット払いの他、 口座振替や、請求書を送ってもらい、コンビニエンスストアなどで支払う方法があります。クレジット払いを利用する場合はクレジットカードが、 口座振替の場合は、使用者本人、未成年の場合は親権者の名義の口座の預金通帳と印鑑が必要です。
またクレジットカード払い以外の場合には住民票や 公共料金の領収書、官公庁の発行した印刷物など、現在の住所が確認できるものが必要になります。 携帯電話の事務手数料や本体の料金をその場で支払う場合は現金の持参も必要でしょう。
 

MNPの予約番号

現在使っている携帯やスマホの番号を引き続き使用したい場合は、契約している携帯電話会社にMNP(Mobile Number Portability)番号ポータビリティと言う制度を利用した「MNPの予約番号」を取得して持参する必要があります

契約者が外国籍の場合

携帯電話の契約者が外国籍の場合には「在留カード」「外国のパスポート」「 特別永住者証明書」のいずれかの証明書が必要になります

契約者が未成年の場合

携帯電話の契約者が未成年の場合には本人確認のための書類の他、親権者を持つ方の同意書」「親権者の身分証明書」が必要になります。申し込みに関しては12歳以下の申し込みはできません。

携帯の乗り換えで発生するお金

bbcf6a0dd54c595de7aa0b0592681b9b_m
携帯電話の乗り換えでは、違約金や手数料など払うお金が発生する場合があります。
しかし、乗り換えキャンペーンなど、携帯電話会社が行っているキャンペーン割引やキャッシュバックの他、プレゼントがもらえるなど、得をすることも多いです。
乗り換えのタイミングや契約先を選ぶことで、色々な得点を受けることができます。乗り換えを考える場合は、色々な会社のキャンペーンを見て見ましょう。

解約手数料

docomo,au,softbankなどの3大キャリアと呼ばれる大手携帯電話会社では、契約から2年以内の契約解除や乗り換えなどを行う場合には、所定の解約手数料が発生します。いわゆる2年しばりと呼ばれるものです。
格安SIM各社の場合には通話ができないタイプのデータSIMと通話ができる通話SIMが存在しますが、データSIMの場合には契約後、解約はいつでも可能です。
データSIMの場合には解約手数料のかからないイオンモバイルとmineoや契約後12ヶ月までは解約手数料の発生する楽天モバイルなど、会社により0円から12、000円
までの違いがあるので、乗り換えを考える場合にはよく確認をしましょう。
また、大手キャリアからの乗り換えは1ヶ月から2ヶ月位しか余裕がなく、それを過ぎてしまうと再び解約手数料がかかってしまうので、乗り換えの際にはスケジュール確認をすることが必要です。
 

事務手数料

解約をする場合には解約手数料やMNPを発行する場合には発行の事務手数料がかかりまかかります。
解約の手数料では2000円ぐらい、 MNPの発行手数料は3000円程度がほとんどですが、格安SIMの携帯会社の場合には乗り換えを行う時期により、MNPの発行事務手数料の金額が変わってくる様です。
例えば、イオンモバイルの場合は契約して半年以内の場合には8、000円の MNP発行事務手数料、mineoの場合には12ヶ月以内の場合1万1、500円の手数料がかかります。
しかし、mineoやFREETELなどは12ヶ月以降はMNPの発行事務手数料は2、000円となり、大手キャリアよりも安くなるなどのケースもあります。どの会社にしようか迷った場合には判断材料の1つとして考えることができます。

キャッシュバックなど

大手携帯電話会社も格安SIMの携帯電話会社も 契約の際にキャッシュバックや、スマホ本体の割引、タブレット端末のプレゼントなど 契約者へのキャンペーンを行なっているところが数多くあります。
中には、解約手数料分を負担しますと言った様な条件を提示する所もあります。また店頭限定のキャンペーンや、ネットでの申し込み限定のキャンペーンなど特定のキャンペーンを行っている場合もあります。
事務手数料やMNPの発行手数料などをキャンペーンを利用することで補うのも良いでしょう。

キャンペーンなどの情報入手先

キャンペーンなどの情報入手先としては、まず基本となるのは、各携帯電話会社のホームページなどをチェックすることです。
その上で家電量販店や街の携帯電話ショップ などの独自のキャンペーン情報を集めるのもいいでしょう。
また、 価格.comなどのサイトでは独自のキャッシュバックキャンペーンを行っている事もありますし、A8netなどのアフィリエイトと呼ばれる広告を扱うサイトでは、自分で申し込みを行う事で一定の金額をキャッシュバックしてもらえるサービスもあります。
良いキャンペーンを選ぶコツとしては、 公式ページや店頭、ネットなどの情報を比較してみる事が必要ですので、焦って契約をしないようにすることが大切です。
また、家族や友人といった身近な人達の乗り換え体験やキャンペーン情報参考にすると良いでしょう。

お得に乗り換えするために

携帯電話の機種は i-phone から Android、i-pad、ガラケーなど様々です。それぞれ出来ることや特徴があります。ネットや店頭では次々と新しい機種が発表され、新しい機能が魅力的に見えてしまいますね。
まずは、どんな機能が欲しいのか、スマホや携帯で何がしたいのかを考えて見ると良いでしょう。?メールやSNSをたくさん使うのか、カメラで友達と写真を撮りたいのか、ゲームや動画をキレイな画面で見たいのか、それとも音楽を高音質で楽しみたいのかた、などやりたい事がわかれば、機種の選び方も絞りやすくなります。
撮影機能や美白機能など、アプリで出来ることも多いですので、あまり多くの機能は入れなくても良いかも知れませんね。
また、契約時にもらえる特典もキャッシュバックがされる場合や i-padなどの特典が無料でもらえるものまで色々ありますが、タダでもらえるからと言っても、いらない物をもらっても使わないことも多い物です。月々のお金が安くなるもの以外はあまり重視しなくても良いかも知れません。

docomoからの乗り換え

200974ff738022feebce5ab98953aa8c_m
ここでは、携帯電話の乗り換えの内、docomoからau、softbankm、格安SIMへ乗り換える場合の方法について解説します。
docomoから乗り換えを行う場合には携帯やスマホを使った場合に貯まるdocomo ポイントを使い切っておくと良いでしょう。今使っている携帯を引き続き使うためには、SIMロックを解除する必要があります。
但し、docomoの機種であっても、2015年5月以前に機種などではSIMロック解除ができるものとできない物があります。問い合わせ窓口やショップで確認すると良いでしょう。

docomoからauへ

持っているスマホを引き続き使用する場合にはSIMロックの解除をしておきます。
次に、MNP予約番号をもらいます。これは電話での申し込みでも良いですし、ネットでの申し込みや窓口での申し込みでも良いでしょう。
MNPの予約番号の期限は15日間ですので、それを過ぎてしまうと、再度料金を支払って取得することが必要になってしまいます。期限内に手続きを行う様にしましょう。そして、必要書類を持って窓口でMNPの予約番号を使い契約書類を作成します。
それまでの機種から変えたい場合には本体も購入します。本体の購入費は毎月の分割にしても良いですし、一括で払っても良いでしょう。

docomoからsoftbankへ

持っているスマホを引き続き使用する場合にはSIMロックの解除をしておきます。
次に、MNP予約番号をもらいます。これは電話での申し込みでも良いですし、ネットでの申し込みや窓口での申し込みでも良いでしょう。
MNPの予約番号の期限は15日間ですので、それを過ぎてしまうと、再度料金を支払って取得することが必要になってしまいます。
期限内に手続きを行う様にしましょう。そして、必要書類を持って窓口でMNPの予約番号を使い契約書類を作成します。それまでの機種から変えたい場合には本体も購入します。本体の購入費は毎月の分割にしても良いですし、一括で払っても良いでしょう。

docomoから格安SIMへ

持っているスマホを引き続き使用する場合にはSIMロックの解除をしておきます。
次に、MNP予約番号をもらいます。これは電話での申し込みでも良いですし、ネットでの申し込みや窓口での申し込みでも良いでしょう。
MNPの予約番号の期限は15日間ですので、それを過ぎてしまうと、再度料金を支払って取得することが必要になってしまいます。
格安スマホは申し込みから開通に合計で1週間程度かかる事もありますので、
日数に余裕を持って手続きを行いましょう。
格安SIMの場合はネットで申し込みを行うことも可能です。その場合は必要書類は写真を撮るかスキャンするなどして、ネットへアップロードする必要があります。
SIMカードの種類と容量などのプランを選び、申し込み後は3~4日でSIMカードや設定マニュアルが送られて来るのでスマホ本体にSIMカードを差し込み設定を行います。
家電量販店やショッピングモールなどでは、窓口での手続きも可能です。窓口で手続きを行う場合は。必要書類を持って窓口でMNPの予約番号を使い契約書類を作成します。また、それまでの機種から変えたい場合には本体も購入します。
本体の購入費は毎月の分割にしても良いですし、一括で払っても良いでしょう。
データSIMであれば、即日開通可能であったり、設定をスタッフが行ってくれる場合もあります。店頭で確認してみましょう。
 

auからの乗り換え

69c2373e125063dc3b8e95a13268b632_m
ここでは、携帯電話の乗り換えの内、auからdocomo、softbankm、格安SIMへ乗り換える場合の方法について解説します。
auの携帯を使った場合に貯まるWALLET ポイントを使い切っておくと良いでしょう。今使っている携帯を引き続き使うためには、SIMロックを解除する必要があります。
但し、auの機種であっても、2015年5月以前に機種などではSIMロック解除ができるものとできない物があります。問い合わせ窓口やショップで確認すると良いでしょう。

auからdocomoへ

持っているスマホを引き続き使用する場合にはSIMロックの解除をしておきます。
次に、MNP予約番号をもらいます。これは電話での申し込みでも良いですし、ネットでの申し込みや窓口での申し込みでも良いでしょう。
MNPの予約番号の期限は15日間ですので、それを過ぎてしまうと、再度料金を支払って取得することが必要になってしまいます。期限内に手続きを行う様にしましょう。
そして、必要書類を持って窓口でMNPの予約番号を使い契約書類を作成します。それまでの機種から変えたい場合には本体も購入します。本体の購入費は毎月の分割にしても良いですし、一括で払っても良いでしょう。

auからsoftbankへ

持っているスマホを引き続き使用する場合にはSIMロックの解除をしておきます。
次に、MNP予約番号をもらいます。これは電話での申し込みでも良いですし、ネットでの申し込みや窓口での申し込みでも良いでしょう。
MNPの予約番号の期限は15日間ですので、それを過ぎてしまうと、再度料金を支払って取得することが必要になってしまいます。
期限内に手続きを行う様にしましょう。そして、必要書類を持って窓口でMNPの予約番号を使い契約書類を作成します。それまでの機種から変えたい場合には本体も購入します。本体の購入費は毎月の分割にしても良いですし、一括で払っても良いでしょう。

auから格安SIMへ

持っているスマホを引き続き使用する場合にはSIMロックの解除をしておきます。
次に、MNP予約番号をもらいます。これは電話での申し込みでも良いですし、ネットでの申し込みや窓口での申し込みでも良いでしょう。
MNPの予約番号の期限は15日間ですので、それを過ぎてしまうと、再度料金を支払って取得することが必要になってしまいます。
格安スマホは申し込みから開通に合計で1週間程度かかる事もありますので、日数に余裕を持って手続きを行いましょう。格安SIMの場合はネットで申し込みを行うことも可能です。
その場合は必要書類は写真を撮るかスキャンするなどして、ネットへアップロードする必要があります。SIMカードの種類と容量などのプランを選び、申し込み後は3~4日でSIMカードや設定マニュアルが送られて来るのでスマホ本体にSIMカードを差し込み設定を行います。
家電量販店やショッピングモールなどでは、窓口での手続きも可能です。窓口で手続きを行う場合は。必要書類を持って窓口でMNPの予約番号を使い契約書類を作成します。また、それまでの機種から変えたい場合には本体も購入します。
本体の購入費は毎月の分割にしても良いですし、一括で払っても良いでしょう。
データSIMであれば、即日開通可能であったり、設定をスタッフが行ってくれる場合もあります。店頭で確認してみましょう。
 

softbankからの乗り換え

35b3bde730aa0661a4e4a8630092e553_m
ここでは、携帯電話の乗り換えの内、softbankからdocomo、au、格安SIMへ乗り換える場合の方法について解説します。
softbankの携帯を使った場合に貯まるポイントは2014年からTポイントになっていますので、使い切らずにそのままでも大丈夫です。今使っている携帯を引き続き使うためには、SIMロックを解除する必要があります。
但し、softbankの機種であっても、2015年5月以前に機種などではSIMロック解除ができるものとできない物があります。問い合わせ窓口やショップで確認すると良いでしょう。

softbankからdocomoへ

持っているスマホを引き続き使用する場合にはSIMロックの解除をしておきます。
次に、MNP予約番号をもらいます。これは電話での申し込みでも良いですし、ネットでの申し込みや窓口での申し込みでも良いでしょう。
MNPの予約番号の期限は15日間ですので、それを過ぎてしまうと、再度料金を支払って取得することが必要になってしまいます。期限内に手続きを行う様にしましょう。
そして、必要書類を持って窓口でMNPの予約番号を使い契約書類を作成します。それまでの機種から変えたい場合には本体も購入します。本体の購入費は毎月の分割にしても良いですし、一括で払っても良いでしょう。

softbankからauへ

持っているスマホを引き続き使用する場合にはSIMロックの解除をしておきます。
次に、MNP予約番号をもらいます。これは電話での申し込みでも良いですし、ネットでの申し込みや窓口での申し込みでも良いでしょう。
MNPの予約番号の期限は15日間ですので、それを過ぎてしまうと、再度料金を支払って取得することが必要になってしまいます。
期限内に手続きを行う様にしましょう。そして、必要書類を持って窓口でMNPの予約番号を使い契約書類を作成します。それまでの機種から変えたい場合には本体も購入します。本体の購入費は毎月の分割にしても良いですし、一括で払っても良いでしょう。

softbankから格安SIMへ

持っているスマホを引き続き使用する場合にはSIMロックの解除をしておきます。
次に、MNP予約番号をもらいます。これは電話での申し込みでも良いですし、ネットでの申し込みや窓口での申し込みでも良いでしょう。
MNPの予約番号の期限は15日間ですので、それを過ぎてしまうと、再度料金を支払って取得することが必要になってしまいます。
格安スマホは申し込みから開通に合計で1週間程度かかる事もありますので、日数に余裕を持って手続きを行いましょう。
格安SIMの場合はネットで申し込みを行うことも可能です。その場合は必要書類は写真を撮るかスキャンするなどして、ネットへアップロードする必要があります。SIMカードの種類と容量などのプランを選び、申し込み後は3~4日でSIMカードや設定マニュアルが送られて来るのでスマホ本体にSIMカードを差し込み設定を行います。
家電量販店やショッピングモールなどでは、窓口での手続きも可能です。窓口で手続きを行う場合は。必要書類を持って窓口でMNPの予約番号を使い契約書類を作成します。また、それまでの機種から変えたい場合には本体も購入します。
本体の購入費は毎月の分割にしても良いですし、一括で払っても良いでしょう。
データSIMであれば、即日開通可能であったり、設定をスタッフが行ってくれる場合もあります。店頭で確認してみましょう。
 

機種ごとの乗り換え方法

6a42236a47828190a6d5a99f0beed716_m
i-phoneからAndroidへ乗り換える場合や逆位Androidからi-phoneへ、またガラケーからスマホへの乗り換えなど、使用したことのない機種への乗り換えは操作面でも分からないことが多く、不安になるものです。
また、本体も購入しなければならないですが、本体のみの購入や中古品での購入は割高になったり、使用出来なかったりする場合もあるので、こだわりがなければ、携帯会社のセット品を選ぶのが間違いがありません。

i-phoneからAndroidへ

i-phoneからAndroidへの乗り換えであれば、本体の購入が必要になります。一番良いのは、ショップやネットでセットで販売している物を契約するのが一番です。
しかし、自分の使いたい機種がセット品の中にない場合などは自分で用意します。別途i-phoneの本体を用意する場合は、家電量販店や格安SIMを販売しているお店、ネットの他、中古品点などの他、Appleショップでの購入も可能です。
しかし、本体のみの購入ではセット品比べ、本体価格が高くなる可能性がありまので、セット品との比較は忘れずに行う様にしましょう。
他に注意点としては、購入した本体が古い場合や乗り換え先の会社に対応していない場合は事前に、乗り換えで使えるかどうかを窓口や携帯会社のネットで確認することをおすすめします。本体が準備できたら、必要書類を揃え、ネットかショップでの契約を行います。

Androidからi-phoneへ

Androidからi-phoneへの乗り換えであれば、本体の購入が必要になります。一番良いのは、ショップやネットでセットで販売している物を契約するのが一番です。
しかし、自分の使いたい機種がセット品の中にない場合などは自分で用意します。
別途Andloidの本体を用意する場合は、家電量販店や格安SIMを販売しているお店、ネットの他、中古品点などで本体を購入しますが、注意点が一つあります。
購入した本体が古い場合や乗り換え先の会社に対応していない場合は事前に、乗り換えで使えるかどうかを窓口や携帯会社のネットで確認することをおすすめします。本体が準備できたら、必要書類を揃え、ネットかショップでの契約を行います。

ガラケーからスマホへ

ガラケーからスマホへの乗り換えでは当然本体の購入が必要になります。どの様な機能が必要なのかを考えた上で、機種を選定すると良いでしょう。操作感覚はガラケーとスマホでは異なります。
特にメールの入力はスマホ独特のフリック入力があるので、窓口などで購入するのであれば、教えてもらうのも良いかもしれせん。
ガラケーを使用していたのと同じ感覚であれば、容量のプランも1GBや3GB程度あれば、足りてしまうと思いますが、動画などの視聴が多くなるのであれば、容量も増えますので、店頭などでやりたい事を相談し、プランを選ぶのも良いでしょう。
申し込みは必要書類を用意して、ネットか窓口での申し込みになります。不明点を質問したかったり、サポートが必要であれば、店頭申し込みの可能な会社を選ぶのが良いでしょう。

ガラケーに戻したい

スマホにしたけれど、動画も音楽もあまり使わなかったので余りメリットを感じなかった。
スマホの画面が大きすぎてメールが打ちづらい、メールや電話中心なので、ガラケー時代と料金が変わらない、やっぱり昔使っていた機種を使いたい…などの理由でガラケーを再び使って見たいと言う場合もありますよね。
また、softbankなどでは5分以内の通話が無料で実質の維持費2円という激安プランもある様です。新しい機種は在庫が少ない場合もありますので、その場合には、中古の機種を中古品点やネットオークションなどで手に入れ。必要書類や本体を持ち込んで、契約をしましょう。

乗り換え対象

c2e5bdb9e85da858e10ab4febd444c72_m
携帯を乗り換える場合、家族や若い年代、シニアなどを対象として、各社様々な割引プランを用意しています。乗り換えキャンペーンなどと併用して使える場合もあるので、窓口やネットで確認して見ましょう。
 

家族

大手携帯会社でも、格安SIMの会社でも家族割引として、一定の期間料金を割引制度や、乗り換えの際にお得なプランを用意しています。また、格安SIMの携帯電話会社では何枚かの SIMカードを一つの契約の中に盛り込み、家族で使えるようなブランを出しているところもあります。
 

学生

docomo、au、softbankの大手やYmobileなど一部の携帯会社では、乗り換えなどの場合を対象として、学割キャンペーンを行っています。
学割とは言っても、25歳以下OK、家族も割引OKなど、年齢を条件としていたり、本人以外にも割引条件が適用可能など、幅広い割引となっているので、若い家族がいる場合にはチェックしたいですね。

シニア

シニア向けのスマホとしては、大手携帯会社の他、格安SIMのスマホでも画面がシンプルで見やすく、楽に使えるシニア向けの商品を用意しているところがあります。
また専用の割引プランを用意してあるところもあるので、実際に店頭などで操作をしてみて選ぶのが良いかも知れません。

乗り換えるタイミング

0a36a9e1e14e0cb928fc2ce3f502104b_m
携帯を乗り換えるタイミングとしては、まず2年間などの契約更新のタイミングを考えましょう。次に新学期や夏休み、年末年始などのキャンペーンに合わせて契約をすることでお得に乗り換えることができるでしょう。

契約更新の時に

大手携帯会社も格安SIMも契約更新のタイミングを知っておく事で解約手数料がかかることなく乗り換えることができます。
、まずはこのタイミングを狙いたいですが、解約手数料を負担するキャンペーンを行っている場合は、そのキャンペーンに合わせてもいいかも知れません。しかし、キャンペーンの特典の受け取りが契約期間の縛りがあったり、もらえるのが先のタイミングであった場合は、考え直す必要もあるかも知れません。
 

新学期、新入社

新学期や入社シーズンには、新規加入や乗り換えを狙った キャンペーンが携帯各社で行われます。 中には、新しく一人暮らしを始める人を対象にしたインターネットとスマホのセット割プランなども用意されることがあります。
解約手数料相当負担の格安SIMへの乗り換えなど、契約更新の時期でなくてもお得になる場合があるので、乗り換えを考えた意識と言えます。

乗り換えた方がいい場合

携帯を乗り換えた方が良いのは「契約更新の時期が来ている」「格安SIMなどを使い携帯料金を安くしたい」「長期間同じ携帯会社を使っていて、割引率がそれほどよくない」…などといった場合には乗り換えを考えた方が良いでしょう。
また、他にも家族が新しく携帯を持つ場合なども学生割や家族割引の対象になる場合が多いですし、会社と個人の携帯を分けるなどスマホやタブレット端末を複数持つ場合などにも乗り換えを考えた方がいいでしょう。

乗り換えない方がいい場合

客に携帯を乗り換えない方がいいという場合も存在します。現在契約している会社が価格が安い、提供されるサービスに満足していて、他社に乗り換えるメリットがない場合。
他にも、キャリアメールなど、その会社独自のサービスを使用していて、他のサービスに乗り換えられない場合などが考えられます。
これは例えば、高齢者の方が使用していて、新しい会社のメールの使用方法や機能にしてしまうと、スマホや携帯の使用に不便を感じてしまう場合などです。

まとめ

5f3cd4e57e1e3347a41f563b566c12c6_m
格安SIMやMNPの登場でスマホやケータイの 選択肢は自由度が増えました。価格であったり使いたいサービスであったり、目的に応じて携帯会社を乗り換えることができます。
また、家族の事情などで、どうしても同じサービスを使い続けたいなどの選択肢ももちろん可能です。乗り換える場合には、契約更新の時期やキャンペーンの時期を狙うなどして、お得に利用できる様にしたいですね。
 
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更
-,

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.