iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

暮らし

携帯代を安く節約するために絶対にしておくべきこと9選

投稿日:

携帯代を安く節約するコツについて、みなさんは考えたことがありますか?携帯代って、なかなか上手く節約できないものですよね。しかし、ちょっとしたコツを知るだけで、今よりも1,000円以上もの節約を行なえる、なんてこともあるのです。
しかも、全く節約とは無関係な生活を送っている人の場合であれば、毎月1度も使用していないコンテンツ料など、無駄な費用の請求をかけられてしまっているケースも多々あります。
節約なんて面倒・・・。自分には節約なんてできない・・・。なんて考えている人も、実際に節約をしてみれば、節約が趣味になってしまうかもしれません。
また、1台で考えれば少額である節約でも、家族みんなで行えば高額な節約を行なうことができるようになります。そこで今回は、『携帯代を安く節約するために絶対にしておくべきこと9選』についてご紹介していきます。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.まずは本体をお得に手にいれよう!

mobile-phone-1595731_960_720
毎月の携帯代を安くする節約術は、本体を手に入れる瞬間からはじまります。
最近は携帯本体の購入時に、2年や3年に及ぶ分割を組むことが主流となっています。そのため、月々端末費用として支払う費用なんて、ほんのわずかな金額になります。
しかも通信費に上乗せされて請求されることで、少しこの本体の価格に対する感覚が鈍ってしまいがちですよね。しかし、最近の携帯電話の端末価格って本当に高額ですよね。
通信費の節約を考えるのであれば、まずはこの端末をいかにお得に手にいれることができるか。このポイントだって、とても重要度の高いことだと言えるでしょう。

  • キャッシュバック率の高いショップにて契約を考える。
  • 各種ポイントをフル活用する。
  • お得なキャンペーンを利用する。
  • 家族一緒に乗り換えを行なう。
  • 以前使用していた端末を下取りに出す。
  • ワンシーズン前の端末を購入する。

などなど、端末をお得に手に入れる方法は実はたくさんあります。
いろいろな店舗をまわってみて、キャッシュバック率などの違いを比較したりして、少しでもお得に契約できる店舗を探してみたり。また、家族同時に乗り換えを行なうことにより、キャッシュバック率を高くしてくれるなんて店舗を探してみたり。
その他、今旬の端末の購入を考えるのではなく、節約を優先して、ワンシーズン前の端末を購入するなんてこともおすすめです。新しいシリーズが出ることで、携帯本体の価格はどんどん値下がりするので、この値下がりをする時期を待ってから購入をする、ということですね。
携帯代を安く節約するためにできること。それは、まず端末をお得に手に入れること!これが第一条件になります。
新しい機種は魅力的で、ショップに行くとついつい新しい機種に手が伸びてしまいますよね。しかし、『どうせ購入するのであれば、最新機種を!』と言うのでは、やはり節約とは無縁になってしまいます。
『シーズン毎に新しい機種は出るもの!だから今回は携帯代を安く節約することを優先して、少しでも安く購入できる機種を選ぼう。』こんな風に考えてみるのも良いのではないでしょうか?
ちなみにキャリアのオンラインショップにて検索をかけると、ショップで購入するよりも、お得に購入できるケースもあるそうです。
オンライン限定割引が実施されているのですね。
キャリアショップ経由で機種変更を考えるのであれば、まずはキャリアのオンラインショップにて、欲しい機種を探してみると良いでしょう。

契約期間内の解約に要注意

毎月のお得な割引を利用した、2年や3年に及ぶ契約縛りありの契約が主流となっている現在。この契約期間内に解約をしてしまうことにより、さまざまなリスクを伴うことになります。
その一つに、端末代金の一括支払いも含まれます。
2年や3年などに及び、分割を組んで支払っている端末代金。実は、契約期間内に解約することにより、一括請求をかけられてしまうんです。
また契約途中で解約をする場合は、今まで利用できていた月々のお得な割引も打ち切られてしまいます。2年や3年に及ぶ契約を行うことにより、実質ゼロ円にて端末を購入できるなんてお得な契約を行っていた人の場合は、早期解約により自己負担額が増える一方に。
更にここに解約違約金なども発生することになるので、せっかく節約をして浮かした通信費を、解約時にまわすだけなんてことになってしまうなんてことに・・・。
携帯代を安く節約するためにできること。端末をお得に手に入れることに合わせて、なるべく解約月まで解約を行なわないことだって、大切なことだと言えるでしょう。
口コミ情報なども確認しながら、なるべく長期に渡り使用できそうな端末の購入を考えていくようにしたいものですね。

2.蓄積ポイントを携帯代に充当しよう

ドコモ、au、ソフトバンクといった国内三大キャリアが付与しているキャリアポイント。貯めたままにしていませんか?
実はこの貯まったキャリアポイントを使用して、携帯代を支払うことができるそうです。
そもそもキャリアポイントというものは、携帯電話の機種変更時に、次回機種代金や周辺機器の購入に役立てることにより、機種変更時の負担を軽減することができるようになるというものです。
しかし、長期で契約をしている人や、普段から高額な通信費の支払いを行なっている人の場合は、かなりこのポイントが蓄積されていると予想できます。
最近では、各種割引キャンペーンなどを利用して、お得に機種変更できる端末があることにより、機種代金をそのまま全額支払うということが少なくなりつつあります。そこに高額なポイントを使用するというのであれば、ポイントがあまってしまうなんてケースも十分考えられることでしょう。
しかしながら、機種変更後に使用することなく余ってしまったポイントは、全て抹消されてしまうんです。そのため、機種変更時には全てこのポイントを使用してしまわなければ、せっかく貯めたポイントを捨てるだけということに・・・。
ちなみにポイントは、携帯代の支払い以外にも、有料コンテンツ購入時の『キャリアまとめて支払い選択時』などに使用できたりなんてことも。
携帯代金として使用できるポイントは、

  • ソフトバンク:Tポイント
  • au:ウォレットポイント
  • ドコモ:dポイント

の3つです。
また、これらのポイントは、キャリアが提携しているクレジット会社のカードを発行し、そこから月々の通信費に関する支払いを行なうことにより、付与率も高まるのだそうです。携帯代を安く節約するには、このポイントを効率良く貯めて、効率良く使うこともまた賢い方法の一つだと言えるでしょう。
更にキャリアポイントは、家族で共有することだってできちゃうんです。家族の人数が増えれば増えるほど、ポイントの蓄積率も高まる一方!
ただし、家族間でのポイントの共有には、家族割引を組まなければいけないなど、細かな条件もあるようです。そこで下記により、簡単にキャリア別の条件をご紹介しておきます。

家族でポイントを共有するには?

家族でポイントを共有するには、キャリアで決められた条件を満たす必要があります。ちなみに国内三大キャリア内での、家族間のポイント共有は、同一口座にて請求をまとめてしまうことです。
ずっと貯めてばかりで使用しないままのポイント。きっと家族全員分をまとめると、高ポイントを使用できるはずです!
是非この機会に、通信費の節約がてら、使用を検討されてみるのも良いのではないでしょうか?

3.定期的にプランの見直しを行なう

iphone6s
プランの見直しを行なっていますか?
1年前や半年前とは、微妙な生活状況の変化により、適切なプランも変わっているかもしれません。
とくに最近では、定額プランが主流になっていますよね。定額プランで契約をするということは、お得にすむケースもあれば、逆に損をしてしまうケースだってあります。
携帯を契約した当初は、通話を行なうことが多かった。そこで通話定額プランに加入をした。
とくに新しいスマホや携帯の購入をしたばかりの時って、必要以上にスマホや携帯を使いたくなるものです。
しかし、ある程度の期間を経て、その使用率がどんどん低くなってしまっているのに、継続して定額プランに加入をしてしまっている・・・。
定額プランは、通話量が多い時期はもちろんのこと、通話量の少ない時期であっても一定額の請求をかけられてしまいます。
そのため、1年間や2年間で総合的に考え、定額プランにした方がお得である場合にのみ契約を行う必要があります。
本来お得であるはずの定額プランに加入したがために、使用量以上の請求をかけられてしまうことだってあるわけで、通話定額プランの契約はリスクが伴うものなのです。
これは、モバイルデータ定額プランでも同じことが言えます。少しでも無駄なく適切なプランにて契約を行うことを考えるのであれば、定期的にプランの確認と変更を行なう必要があります。
ただし、モバイルデータ定額プランの場合は、極端に契約を行うデータ量を少なくしてしまうことにより、今まで利用できていた割引などが一切利用できないようになるなんてこともあるので、この辺りはキャリアショップなどに確認をしておきましょう。

自動データチャージ機能はOFFにしておこう

モバイルデータ契約を行う時には、

  • 余裕をもって契約を行っておき、家族間で分け合える設定にしておく。
  • 自分が使用するであろうデータ量をある程度予測して、最適なプランにて契約をする。
  • 自分が支払える範囲内で、最適なプランを選定して契約する。

この3つのどれかになるかと思われます。
ちなみにモバイルデータ量に関しては、自動データチャージ機能というものをONに設定しておくことができます。この自動データチャージ機能と呼ばれるものは、契約をしている以上にモバイルデータ通信を行なうことになれば、自動的にどんどんデータ量をチャージしてくれるという便利な機能です。
その時々のモバイルデータ使用量に合わせて、データチャージを行なってくれるので、必要以上に毎月大容量契約を行うこともなくなります。
ただし、この設定をONにしておくことで、無制限にデータ通信を行なうことも可能になります。
ちなみに、モバイルデータ定額プランにてデータ量を契約するのと、データチャージ機能を利用してデータ量を追加するのとでは、1GBあたりの単価が大きく異なります。さらに頻繁に利用料の確認を行なわなければ、『高額な請求が来てびっくり!』なんてこともありえるのです。
そこで携帯代を安く節約しながら維持することを考えるのであれば、まずはこのデータチャージ機能をOFFにしておき、速度制限が発生したとしても、次月まで我慢をするようにしておくことがおすすめです。
また、毎月のように速度制限が発生して困ってしまうなんて場合には、プランの見直しを行なうようにするか、モバイルデータ量の節約術についても学ぶようにしていきましょう。

4.家族一緒に同じキャリアの携帯を持つ

携帯代を安く節約することを考えるのであれば、家族で同じキャリアにて契約を行うことは欠かせません。また、最近では離れた家族とも家族割引引が組めるなんてケースも!
家族で同じキャリアを契約することのメリットとしては

  • MNP乗り換え時にキャッシュバック率を高めることができる。
  • 家族割引が適用できるようになる。
  • 家族間通話やSNSの送信料が無料になるケースも。
  • キャリアポイントを共有することができる。

上記のようなメリットがたくさんあるわけです。
現在家族間でバラバラなキャリアを使用されているような場合は、今より携帯代を安く節約するためにも、是非家族間でキャリアを統一されることがおすすめです。
ちなみに、家族や友人を紹介することにより、キャッシュバックをもらえるキャンペーンが実施されていることもあるようです。携帯代を安く節約することに合わせて、キャンペーン情報も敏感にキャッチし、お得なキャンペーンはフル活用できるようにしていきましょう。

5.キャリアはなるべく統一しよう

imac-606765_960_720

  • 自宅の固定電話
  • 自宅のネット回線
  • 携帯電話
  • 自宅の電気

これらを、全て同じキャリアで契約することにより、高い割引率のもと、お得に契約を行うことができるようになります。
しかも、モバイルデータ通信を大容量プランにて契約している場合は、大変高額な割引が毎月実施されることになります。また、家族で同じキャリアを利用している場合、家族全員が高額な割引の対象となるケースもあります!
携帯代を安く節約することを考えるのであれば、とにかくまとめられるものは、ひとまとめにした方がお得であると言えるでしょう。
ちなみに、現在携帯電話を契約しているキャリアと、自宅のネット回線を契約しているキャリアが異なる場合、ネット回線の乗り換えを行なうことで、キャッシュバックをゲットできることもあります。
ただし、自宅のネット回線の乗り換えを行なう時は、キャンペーンが実施されている期間をピンポイントに狙っていかなければいけません。キャンペーンが実施されていない期間に乗り換えを行なってしまうと、お得度が下がってしまうので注意しておきましょう。
また電気代に関しては、キャリア統一をした方が良いかの判断に、少し困ってしまうところです。
電力自由化について不透明である今、メリットやデメリットを簡単に確認して、利益が多いと感じた場合にのみ、自宅の電気までキャリアをまとめることをおすすめします。

6.無駄なコンテンツやオプションは解約する

利用もしないのに、無駄に有料コンテンツや有料オプションに加入をしていませんか?とくに新規契約時には、お得な割引などを利用するために、これらのお試し加入を勧められるケースもあります。
また、携帯電話料金を確認できるマイページにて、これらの加入状況を確認したいと考える場合、加入状況の記載されているページが異なることにで、上手く加入状況の確認が行えないなんてことも。
有料コンテンツに関する加入状況は確認できたものの、有料オプションについては何に加入しているかもわからず、上手く解約できずに、長期に渡り継続して契約したままになってしまっているなんて人は少なくありません。
無駄なコンテンツや無駄なオプションに加入をしていないか。また、実際に使用するかどうかさえわからない無駄なオプションを、保険として加入したままにしてしまっていないか。
これらの情報を是非一度、自分だけで確認するのではなく、お客様サービスセンターやキャリアショップにて問い合わせをしてみて、確認するようにしておきましょう。そして無駄であるとわかった時点で、なるべく早期に解約を行なうようにしておきましょう。
※キャリアから発信しているコンテンツと、キャリア外から発信しているコンテンツでは、請求先が異なるケースがあります。
そのため、キャリアショップにて有料コンテンツの解除をお願いしても、キャリアから発信しているコンテンツのみしか解除してくれないこともあります。有料コンテンツの解約時には、キャリアから発信しているコンテンツと、キャリア外から発信しているコンテンツ、この両方のコンテンツの削除をしてもらうようにしてくださいね。

7.クレジットカードを活用する

credit-card-1591492_960_720
携帯電話代金の支払いには、

  • 請求書発行後にコンビニなどから送金
  • 口座振替
  • クレジットカード経由の支払い

上記3つのパターンがあります。
ちなみに携帯代を安く節約する節約術では、クレジットカード支払いが推奨されるケースも多々あります。
クレジットカードを経由して支払いを行なうと、請求額に応じたポイントが発行されます。このポイントを貯めておくことにより、電子マネーや商品券などに交換できることもあります。
月々の支払いが高額であればあるほど、ポイントの付与率は高まるので、クレジットカードを経由して支払いを行なうことがおすすめです。
家族で請求先を統一しているなんて場合にも、一度クレジット経由での支払いを考えてみられてはいかがでしょうか?

8.Wi-Fiをフル活用する

スマホや携帯電話は、Wi-Fiの電波を受信できるようになり、節約に繋げることができるようになっていることを御存知でしょうか?携帯代を安く節約するためには、このWi-Fi電話をフル活用していきたいところです。
Wi-Fiには、公衆無線Wi-Fiと呼ばれるものや、自宅のネット回線、キャリアが解放している回線などがあります。
Wi-Fi機能をONにしておくことで、Wi-Fi電波が受信できる場所に行けば、携帯が自動的にWi-Fi電波を受信するようになり、Wi-Fi電波を利用している間は、モバイルデータ通信が行われないようになります。
そのため、モバイルデータ残量が減ることもなく、最終的には節約に繋げることができるというわけです。
ちなみに、このWi-Fiが受信できるスポットが設置されている数は、契約を行うキャリアによって全く異なるものです。国内三大キャリアの中では、圧倒的にソフトバンクが多く、国内三大キャリアの中でもトップであると言われています。また2番目がau、3番目がdocomoであると言われています。
携帯代を安く節約することを重視して、Wi-Fiスポットの多さでキャリアを決めるなんて人もいるほど、普段頻繁にネットを利用する人の場合は、このWi-Fiが利用できるのとできないのとでは、お得度が全く異なります。
普段から毎月のように速度制限がかかってしまい、頻繁にデータチャージをしているなんて人の場合は、Wi-Fiスポットをフル活用して、モバイルデータ量の節約を行なわれることをおすすめします。

モバイルデータ量の節約方法

Wi-Fiをフル活用すること。もちろんこれも、モバイルデータ量の節約方法の一つになります。
しかし、モバイルデータ量の節約を行なう方法、Wi-Fiをフル活用する以外にもいくつかあります。
はじめに、スマホや携帯電話を使用しない時は、小まめに機内モードにしておくことです。機内モードにしてしまうことで、受信できる電波を全てOFFにしてしまうため、電話がかかってきてもセンターに繋がってしまうというデメリットはあります。
しかし、スマホや携帯電話というものは、使用していない間も、メール受信などを含むモバイル通信を常に行なっている状態です。機内モードにしておくことで、この余分な通信を全て一時的にカットできるようになるのです。
仕事中や学校の授業中などで、携帯電話を触ることができないような状態の時には、是非機内モードを活用されることをおすすめします。
ちなみに、機内モードをONにしておくことで、電波の不安定な場所でも携帯が電波を探し続けるということもなくなり、バッテリーを長持ちさせることもできるようになるんですよ。
この他にも、立ち上げたままにしている使用しないままのアプリ。携帯を立ち上げる度にモバイルデータ通信が行われ、モバイルデータ量の残額を減らしていると言われています。
使用しないアプリはこまめに落としてしまい、立ち上げたままにしない。これもモバイルデータ量の節約に繋がり、最終的には携帯代を安く節約する節約術に繋げることができるのです。

9.こまめな充電を避ける

phone-603048_960_720
現在スマホや携帯電話を、こまめに充電しすぎていませんか?まだ80%や90%もバッテリーの残量があるにもかかわらず、1日の終わりには必ず充電するようにしている。
そんなこまめな充電が、バッテリーの消耗を早めてしまいます。最近のスマホでは、バッテリー交換ができない機種も多々ありますよね。
バッテリーが消耗して頻繁な充電なしには使用できないようになってしまうと、今度はそのスマホの買い替えを行なわなければいけないようになります。
しかも最近のスマホは、おおむね2年を目処にバッテリーの消耗なしに使用できれば良しとするというような、流れになっていると言われています。
このバッテリーの消耗を遅らせるためには、過度に充電をしないことも、重要不可欠です。また、保険などに加入をしていない場合は、充電プラグの差し込み口の劣化などでも、機種変更を行なわなければいけないようになってしまいますよね。
早期に機種変更を行なうことにはメリットなんてなく、単に高額な端末費用の請求を度々かけられるだけ・・・。これでは、携帯代を安く節約する節約術を他の面で実践していたとしても、全て水の泡と化してしまうわけです。
携帯代を安く節約するためにしておくべきことは、こまめに充電をしすぎないこと。バッテリーは、なるべく全て使用しきること。
上記ポイントも大切なことです。
また、充電にかかる電気代だって、携帯の維持費の中には含まれますよね。1日の充電にかかる電気代は微々たるもの。でも1ヶ月や1年で考えると、大変大きな出費となります。
こまめな充電を避けるだけでも、電気代の節約に繋げることができるわけです。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、『携帯代を安く節約するために絶対にしておくべきこと』についてご紹介しました。
では今回のコラム内容について、簡単に振り返ってみましょう。
携帯代を安く節約するために絶対にしておくべきことは下記の9つ!
1.まずは本体をお得に手にいれよう!
お得に本体を手に入れること。携帯代を安く節約するためには、携帯の購入時から節約が始まっているのです。
2.蓄積ポイントを携帯代に充当しよう
携帯の請求額に合わせて付与されるポイントを、貯めたままにしていませんか?蓄積ポイントは、携帯代に充当することもできるので、ポイントの保有率が高まれば、携帯代を安く節約するためにも、ポイントを使用されることをおすすめします。
3.定期的にプランの見直しを行なう
携帯電話の契約時と現在とでは、微妙な生活の変化により、携帯の利用形態も変わっているかもしれません。定期的にプランの見直しを行ない、最適なプランにて携帯を維持できるようにしていきましょう。
4.家族一緒に同じキャリアの携帯を持つ
家族で携帯電話のキャリアを統一することにより、家族割引を組めるようになります。またMNP乗り換えを行なう時は、家族で行なうことでキャッシュバック率を高めることもできるようになります。
5.キャリアはなるべく統一しよう
自宅の固定回線・自宅のネット回線・携帯電話・電気、これらを同一のキャリアにて契約することにより、高い割引率のもと、お得に契約できるようになります。携帯代を安く節約するためには、割引率を高めることは必須です。
6.無駄なコンテンツやオプションは解約する
とくに利用することのない、有料コンテンツや有料オプションに加入をしていませんか?携帯代を安く節約するためには、無駄なコンテンツやオプションは、なるべく解約してしまいましょう。また、利用するかどうかもわからない有料オプションへの加入も、なるべくなら避けたいものです。
7.クレジットカードを活用する
クレジットカード経由で通信費の支払いを行なうことにより、クレジットカード個々のポイントを貯めることができるようになります。
このポイントは商品券などに交換できるケースも!とくに家族で請求をまとめているのであれば、クレジットカード経由での支払いもおすすめです。
8.Wi-Fiをフル活用する
Wi-Fiをフル活用することで、モバイルデータ量の残量を減らさずに、お得にスマホや携帯を維持できるようになります。普段から毎月のように速度制限にかかり、データチャージを頻繁に行なっている人の場合は、Wi-Fiをフル活用するようにしておきましょう。
9.こまめな充電を避ける
こまめに充電を繰り返すことで、バッテリーの消耗を早めてしまいます。とくにバッテリーが交換できないタイプのスマホや携帯を購入することで、機種変更の時期が早まるばかり!携帯代を安く節約することを考えるのであれば、契約期間内に無駄に機種変更を行なうことも避けたいものです。
いかがでしたか?
携帯代を安く節約するために絶対にしておくべきこと。実はたくさんあるんですね。
普段から節約とは無縁になってしまっている人は、きっとたくさんいるはずです。節約とは無縁になってしまいながらも、通信費の高さに毎月嫌気がさしている人もきっといるはず。
通信費は、仕事などで使用するのでもない限り、何も後に残らない、いわば無駄な費用に分類されてしまいます。そんな無駄な費用に、毎月のように高額な支払いを行なっているのでは、『もったいないの』一言です。
なかなか節約に繋げることができないと思われがちな通信費。今回のコラム内容も参考にして、できることから少しずつ始めていき、年間を通して大きく節約ができるようにしていきましょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-暮らし

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.