iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

MNP 格安SIM

LINEの年齢確認をMVNOで行う抜け道は!?今ならLINEモバイル、ちょっと待てばIIJMIO系回線でも!

投稿日:

MVNOで格安SIMと契約すると、LINEの年齢確認ができないことをご存知でしょうか?
そもそも大手キャリア時代には簡単にできたので、LINEの年齢確認ということが、何のために必要か、そんなことがあったのかすら覚えていない人もいるかもしれません。
年齢確認ができないと、LINEのID検索ができなくなり、IDにより友達を検索して友達追加に支障をきたすことになります。

もちろん、工夫をすればLINEの年齢確認はなんとか突破することはできますし、しばらく待てば格安SIM業界でもLINEの年齢確認を行える時代がくるようです。
ここでは、そんなLINEの年齢確認にスポットを当てて、MVNOだとなぜ年齢確認ができないのか、どうやったらできるようになるのか、オススメの突破方法やMVNOなどを紹介していきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1.LINEは年齢確認ができないと使えない!?MVNOの意外な盲点をチェック!
2.LINEで年齢確認ができないってどういうこと?LINEが使えないの?
2.1 LINEを使うことはできる!?
2.2 そもそもLINEの年齢確認の方法とは!?
2.3 格安SIMでのLINEの年齢確認はできないということか
3.LINEの年齢確認を求められるID検索ってそもそも必要?
3.1 LINE IDとはそもそも何?
3.2 LINE IDの検索は18歳以上でも年齢確認が必須
3.3 LINE IDは変更できない!
4.LINEの年齢確認をMVNOでするための方法はあるのか!?
4.1 大手キャリアDocomo、au、Softbankをつかう裏技
4.2 PC版のLINEなら簡単にできちゃう
4.3 フルフル機能を使えばできるが、直接会わないとダメ!
4.4 LINEといえば、LINEモバイルに加入しちゃう!
5.LINEの年齢確認をMVNOでするなら、やっぱり無難にLINEモバイルか?その特徴とは
5.1 LINEモバイルならSNSがカウントフリーになっちゃう
5.2 ドコモ系なので安心の通信回線で安定したスピードを
5.3 料金体系は高くもなく、安くもなく
6.LINE年齢確認をするならこの格安SIM
6.1 IIJMIO
6.2 DMM
6.3 U-mobile
7.現時点でLINE年齢確認するならこのスマホ!
7.1
7.2
8.まとめ
 

1.LINEは年齢確認ができないと使えない!?MVNOの意外な盲点をチェック!

line
LINEは今や誰でも使えるし、どんな時でも必要になってくるアプリとなってきていますが、みなさんはLINEの年齢確認についてご存知でしょうか?
この制度はLINEのID検索時においてとても重要になってくるシステムで、年齢確認ができないとID検索ができず、友達を探して申請することができなくなってしまいます。
もちろん、そこには代替案や裏技などはあるのですが、大手キャリアスマホならできていたことが、MVNOの格安スマホではできなくなってしまっているのです。
ここでは、あまり注目されていなかったLINEの年齢確認に焦点をあてつつ、MVNOにおけるその対処方法や今後の展開などについて紹介していきます。
 

2.LINEで年齢確認ができないってどういうこと?LINEが使えないの?

download-3

2.1 LINEを使うことはできる!?

まず大事なのはLINEにおける年齢確認ができないということは、別に格安SIMに問題があるということでもありませんし、LINEが使えないということでもないということです。
よく格安SIMにするとLINEが使えないから、大手キャリアのままでいる、という人もいるみたいですが、これは誤った解釈です。
そうだとしても、なぜMVNOだとLINEの年齢確認使えないのでしょうか?その疑問を解消していきます。
まず大前提として覚えておいてほしいのが、格安SIMでLINEを使う際には、原則、LINEと紐付けをするための電話番号が必要となってきます。
基本的にはLINEを使うためには、SMS機能オプション付きのデータSIMと契約するか、音声通話機能付きSIMを契約するかになってきます。
LINEの初期設定時に、電話番号を入力することで、SMSによって4桁のPINコードが送信されますので、それを入力して利用を開始することになってきます。

2.2 そもそもLINEの年齢確認の方法とは!?

大手キャリアなどでは通常は、LINEの初期設定時に利用登録として、友だち自動追加や友だちへの追加を許可を行ったら、年齢確認画面に移行することになります。
この年齢確認という行為は、本来大手3大キャリアであるDocomo、au、Softbankの契約内容としての年齢情報をLINEに提供していることになります。
実際にLINEで年齢確認をするとキャリアのログイン画面に移行し、ここで、キャリアで登録しているIDとパスワードを入力することにより、利用規約などの同意の上で年齢確認が可能となってきます。
しかし、この流れが格安SIM、つまりMVNOと契約している場合には、うまく進みません。
なぜなら、回線は大手キャリアを使っていても、契約しているのはMVNOなので年齢などの確認行為をLINEとつながっている大手キャリアはできませんし、する立場にないからです。

2.3 格安SIMでのLINEの年齢確認はできないということか

このままだと格安SIM業界的にはLINEの年齢確認は一向にできないことになってしまいますが、少し状況が変わってきています。
現在、総務省が主導となって携帯料金の引き下げなどを協議しているのですが、今後、MVNOのサービスの多様化を可能とする加入者管理機能について、”開放を促進すべき機能”として、この年齢確認などが議題にあがってきているのです。
つまり、大手キャリアの顧客管理システムと、MVNOがオンライン連携を実施することにより、年齢確認などの機能をMVNO側だけでできるようにするということです。
まだ先のことですが、いろいろな交渉の結果、2017年度末には、IIJmio系の格安SIMで年齢認証ができることになったようですので、今後に期待しましょう。
 

3.LINEの年齢確認を求められるID検索ってそもそも必要?

yjimage-13

3.1 LINE IDとはそもそも何?

LINE IDというものを今まで認識していましたでしょうか?
LINE IDとはLINEだけで利用できるユーザーの識別記号のようなものになり、IDというとログインのためのものという感じですが、むしろLINE IDはLINEのログインにはまったく使いません。
また、よく誤解されがちですがプロフィールに表示される”表示名”というものとも別物です。
普段使うとしたらLINE IDは友だちを追加する時に利用するのがメインになります。
LINEで友だちになるなら、LINE IDを相手に伝えるだけで簡単にIDを通じて友だちに追加してもらえますし、追加することもできます。
また、LINE IDはユーザーに固有のものなので流出すると厄介です。
迷惑メールのように変な”トーク”が届いたり、知らないユーザーから友だちに登録されてしまう場合などもあります。
そのため、基本的にはむやみにLINE IDを設定しないで、そのまま利用しているユーザーもいるようです。

3.2 LINE IDの検索は18歳以上でも年齢確認が必須

LINE IDは、LINEのアカウントを作った後、任意で設定することになっていますが、LINE IDはLINEのユーザーなら誰でも設定できます。
しかし青少年保護の観点により18歳未満のユーザーはLINE IDを設定してもID検索は使えません。
そして、たとえ18歳以上であってもID検索を利用するには携帯電話会社のシステムとの連動により年齢確認が必要になってくるシステムになっているのです。
そのため、格安SIMに限らず18歳未満はID検索はできません。

3.3 LINE IDは変更できない!

LINE IDの大きな特徴としては、一度設定してしまうと後から変更することはできません。
LINE IDをどうしても変更したい場合には、アカウントを削除して作り直すしか、ありませんが、アカウントを作り直してしまうと購入したスタンプがすべて消えてしまいます。
さらには、友だちリストやトーク履歴もすべてなくなってしまうので、そこまでできるかと考えるとよっぽどの被害にあっていない限りなかなか、アカウントを削除することはできないでしょう。
まずはLINEに変なスパムトークなどが頻繁に届くようになってしまったら、LINE IDを削除するためにアカウントを削除するのではなく、メッセージ受信拒否の設定を試してみましょう。
このオプションを有効にしてしまえば、自分の友だちリストに登録されていないユーザーからのメッセージのみを受信するようになります。
 

4.LINEの年齢確認をMVNOでするための方法はあるのか!?

0f71ba28509b81ba05c2dc6a54eb60d9_m

4.1 大手キャリアDocomo、au、Softbankをつかう裏技

まずは大手キャリアのSIMを使う方法です。
この方法だと、まずは先にdocomo IDなどに登録した大手キャリアSIMが必要になってきます。
この方法は、先に大手キャリアSIMを格安スマホに挿入した状態で年齢確認を行ってしまい、その後通常の格安SIMを差し込み普通に使っていくという方法です。
大手キャリアSIMをもっていることが前提になってしまいますが、家族や友人などから大手キャリアSIMを一時的に借りて行ってしまえば、もっていなくても年齢確認を行うことが可能です。
ただし、この方法だとスマホ端末をLINE認証させることになり、しばらくは問題ありませんが、もしかしたら再度年齢確認を求められたりした場合には、再度やらなければならないので非常に不安定になってきます。

4.2 PC版のLINEなら簡単にできちゃう

上記のシステムは少し裏技要素が強いので、正式にLINEの年齢確認を行いたいのであれば、PC版LINEを使うことをオススメします。
しっかりとLINEでID検索を行うことができますが、少々面倒になります。
PC版のLINEであれば、年齢確認もなくID検索を使えますし、WindowsでもMacでもどちらでもPC専用アプリをダウンロードして、ログイン後検索が可能となってきますので、PC版LINEから検索して、友達申請をしちゃいましょう。

4.3 フルフル機能を使えばできるが、直接会わないとダメ!

一番楽で確実なのはフルフル機能になります。
昔は恥ずかしいからやりづらいし、うまくいかないことがあるからヤダって人もいたんですが、今はスマホの感度もいいので簡単にできちゃいますし、目の前に友達になる予定の人がいるなら一番手っ取り早いです。
そうしてしまえば、ID検索すら必要にならなくなりますよね。
使い方は簡単で、友だち追加→フルフルをタップで、終わりです。
このフルフルは、GPS(位置情報サービス)を利用したサービスなので、位置情報をONにする必要はあります。

4.4 LINEといえば、LINEモバイルに加入しちゃう!

2016年にLINEが提供するLINEモバイルが登場しましたが、実はこのLINEモバイル、LINEが経営しているだけあって、見事に年齢確認に対応しています。
今のとこ、格安SIMの中で唯一年齢確認をすることが可能となっています。
LINEモバイルの特徴としては、LINE、TWITTER、FACEBOOKなどのSNSが使い放題になるなど、かなり今向けのプランを用意しているのでこの機会にMNPしてみてはいかがでしょうか。
 

5.LINEの年齢確認をMVNOでするなら、やっぱり無難にLINEモバイルか?その特徴とは

download

5.1 LINEモバイルならSNSがカウントフリーになっちゃう

先ほども紹介しましたが、なんといってもLINEモバイルの最大の特徴としては、”カウントフリー”のプランになってきます。
カウントフリーというのは、LINEFacebookTwitterinstagramなどのSNSのデータをフリーカウントにしてしまうシステムで、使いたい放題ということになります。
現在は誰でもかれでもSNSを使いまくってます、このシステムは本当に助かるシステムであるはずです。
なにせSNSだって、見たり送ったりしてるだけでも3GBは軽くいってしまう人もいるので、この”カウントフリー”システムがあれば、どれだけ使っても容量を気にする必要がありません。
特にFacebookなどの場合には、広告のせいでタイムライン上で動画の再生をしてしまったりするので自然に容量を使ってしまっている場合も多々あるんです。

5.2 ドコモ系なので安心の通信回線で安定したスピードを

LINEモバイルは、docomoからの回線を一部借りて運営しているので、MVNOになっています。
MVNOというのは、そもそも格安SIM業界の会社であり大手キャリア会社から無線通信のインフラを借り受けている状態のことで、音声通信やデータ通信のサービスを提供する会社なので、例えば、LINEモバイルの場合にはdocomoを借りており、特にdocomo回線は現在評判がいいので安心なんです。
LINEモバイルは他者から遅れること2016年10月にこのMVNOのシステムによる回線サービスをdocomo回線を借り受けました。
さらにお得なのはdocomoの回線をすでに使っている人です、LINEモバイルの格安SIMに乗り換えてもそのまま使う事ができるので便利になっています。
それでも一応気になる人は、LINE公式HPにおいて”動作確認済み端末”にて、自分のスマホ端末がちゃんと動作するかどうか確認しましょう。

5.3 料金体系は高くもなく、安くもなく

まだ、一度も格安SIMを契約していない人は、どれくらいMVNOに料金がかかるかわからないと思いますので、以下にLINEモバイルに加入する場合の料金体系を示しました。
特に高くもなく、安くもなく一般的な料金体系になっているので加入する際には、特に問題もなくすんなりと受け入れられるでしょう。
LINEモバイル 主な料金体系>

初期手数料
3000円
SIM発行手数料
400円
SIM再発行手数料
 SIMカード1枚につき3,000円
変更、交換も同じ料金
解約手数料
データ通信専用SIM:なし
音声通話対応SIM:上記の最低利用期間内に解約した場合9,500円
解約方法
LINEモバイルのマイページにログインして解約手続きを行う。
解約の詳しい手順や解約時の注意点はこちら。
対応SIMサイズ
標準SIM:○
micro SIM:○
nano SIM:○
SMS料金
月額120円
日本国内への送信:3円~30円/通
海外への送信:50円~500円/通(免税)
受信:0円/通
通話料金
(音声通話付きSIM)
20円/30秒
MNP転出手数料
3000円
通話関係オプション
留守番電話:月額300円
キャッチホン:月額200円
最低利用期間
データ通信専用SIM:なし
音声対応SIM:利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで。
(例)1月に契約した場合、翌年の1月31日までが最低利用期間。

 

6.LINE年齢認証をするならこの格安SIM

2017年末には、IIJMIO系のMVNOは年齢確認ができるようになる見込みなので、ここではそのIIJMIO系のMVNOを紹介します。
yjimage-3

6.1 IIJMIO:常に顧客満足度上位のMVNO

IIJmioは、”インタネットイニシアティブ社”が運営しているMVNOで、過去には格安SIMアワードにおいて2015年総合満足度1位に輝いたこともある常にシェアトップクラスのMVNOです。
現在業界1位であるOCNとの差もわずかなもので、通信品質ではNo.1を獲得しているのです。
さらには他社MVNOの開発コンサルティングも行っているほどの信用度ももっています。

IIJmioはドコモ(Dプラン)とau(Aプラン)の両方の回線に対応している素晴らしく選択肢の広い、MVNOになります。

特に回線品質にはこだわりを持っており、常に設備投資を続けてくれているので、ユーザーとしても心強いMVNOになっています。

また、基本通信容量の繰り越しサービスや容量の追加対応などもあれば、ファミリープランといったSIMをシェアできるオプションも設けていてくれます。

専用アプリである”みおふぉん”で電話をかければ誰とでも半額の通話料で通話を行うことができます。

<IIJMIOのプラン>

IIJmio(Dプラン)
可能SIM
データ通信専用
SIM
SMS機能付き
SIM
音声機能付きSIM
みおふぉん
高速通信
通信速度
ミニマムスタートプラン
2枚
972円
1,123円
1,728円
3GB/月
下り最大682Mbps
上り最大50Mbps
ライトスタートプラン
2枚
1,641円
1,792円
2,397円
6GB/月
下り最大682Mbps
上り最大50Mbps
ファミリーシェアプラン
10枚
2,764円
2,916円
3,520円
10GB/月
下り最大682Mbps
上り最大50Mbps
IIJmio Aプラン
可能SIM
データ通信専用
SIM
SMS機能付き
SIM
音声機能付きSIM
みおふぉん
高速通信
通信速度
ミニマムスタートプラン
2枚
なし
972円
1,728円
3GB/月
下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
ライトスタートプラン
2枚
なし
1,641円
2,397円
6GB/月
下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
ファミリーシェアプラン
10枚
なし
2,764円
3,520円
10GB/月
下り最大370Mbps
上り最大25Mbps


6.2 DMMモバイル:シンプルかつ安い料金体系

DMMモバイルは実はIIJMIO系のMVNOなので、今後IIJMIOがLINEの年齢確認をできるようになれば、同様にできるようになると推測されています。
DMMモバイルには基本的には2種類のプランがあって、データだけの”データSIMプラン”と電話もできる”通話付きSIMプラン”になっています。
料金表をみてもらったのでなんとなく料金形態が分かるとは思うのですが、とても安いMVNOになってきますし、IIJMIO系なので通信の方も心配ないので安心です。
通話付きSIMですら1000円ちょっとですし、データプランだけなら500円にも満たない業界最安値クラスとなっています。
<DMMモバイルのプラン>

データSIM
SMSなし
データSIM
SMSあり
通話SIM
高速通信
通信速度
SIM枚数
ライトプラン
475円
637円
1,231円
-
最大200Kbps
1枚
1GBプラン
518円
680円
1,360円
1GB/月
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GBプラン
831円
993円
1,490円
2GB/月
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBプラン
918円
1,080円
1,620円
3GB/月
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン
1,306円
1,468円
2,062円
5GB/月
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBプラン
2,008円
2,170円
2,764円
7GB/月
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GBプラン
2,138円
2,300円
2,894円
8GB/月
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン
2,365円
2,527円
3,121円
10GB/月
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
15GBプラン
3,542円
3,704円
4,298円
15GB/月
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン
4,298円
4,460円
5,054円
20GB/月
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚

6.3 U-mobile:プラン内容の充実さはMVNO随一

U-mobileは、高速通信を使い放題で利用できる”U-mobile PREMIUM”、そして、大容量プランである”U-mobile MAX 25G”などを目玉としており、いろいろなプランを用意しているMVNOになります。
また、無制限SIMだけではなくコスパに優れる様々なプランが揃っているのも魅力の1つだといわれており、こちらもIIJMIO系なのでいずれはLINEの年齢確認に対応してきます。
その他にも独立前の会社であるU-NEXT光とのコラボ割引などもここにしかない特典となっており、娯楽性の高いMVNOとなっています。
<U-mobileのプラン>

速度
料金
高速通信
通話プラス 3GB
225Mbps
1580円
3GB/月
通話プラス 5GB
225Mbps
1980円
5GB/月
通話プラス ダブルフィックス
225Mbps
1480円~1780円
1GB/月~
3GB/月
データ専用 1GB
225Mbps
790円
1GB/月
データ専用 5GB
225Mbps
1480円
5GB/月
データ専用 ダブルフィックス
225Mbps
680円~900円
1GB/月~
3GB/月
USEN MUSIC SIM
225Mbps
2980円
無制限
U-mobile PREMIUM 通話プラス
375Mbps
2980円
無制限
U-mobile PREMIUM データ専用
375Mbps
2480円
無制限
U-mobile SUPER Talk S
112.5Mbps
2980円
1GB/月
U-mobile SUPER Talk M
112.5Mbps
3980円
3GB/月
U-mobile SUPER Talk L
112.5Mbps
5980円
7GB/月
U-mobile MAX 25GB データ専用
375Mbps
2380円
25GB/月
U-mobile MAX 25GB 通話プラス
375Mbps
2880円
25GB/月
U-mobile MAX 25GB エンタメプラス
375Mbps
3980円
25GB/月

 

7.現時点でLINE年齢確認するならこのスマホ!

スクリーンショット 2017-05-08 8.42.55

7.1 HUAWEI nova lite:機能性と美しさを極限まで高めた格安スマホ

HUAWEI nova liteは、IIJMIO系のMVNOでセット契約できる格安スマホであり、高コスパ型のスマホだといわれています。
3万円以内のスマホの中では最高レベルだと考えてもよいでしょう。
性能の良いCPU、RAM3GB、5.2インチでコンパクト、カメラ性能もファーウェイとなっており、いろいろな高性能をもちつつの抑えられた価格でコスパ最強です。
<HUAWEI nova liteのスペック(HUAWEI公式参照)>

カラー ホワイト、ブラック、ゴールド
サイズ 幅72.94x高さ147.2x厚み7.6 mm
重さ 147g
CPU オクタコア2.1GHzx4+1.7GHzx4 Huawei Kirin655
RAM 3GB
ROM 16GB
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920×1080
カメラ 1200万画素(F値2.2)/前面800万画素(F値2.0)
電池容量 3000mAh
連続待受 LTE:531時間 / WCDMA:670時間
充電時間 USB Type Cではなく、microUSBだけど急速充電に対応
最大速度データ通信 LTE:150Mbps
Bluetooth  Bluetooth 4.1 BLE
デザリング対応
LTE対応
無線LAN規格 802.11 b/g/n
センサー 加速度/コンパス/環境光/近接

7.2 arrows M03:使いたいの声に答えた安心の日本仕様

arrows M03は、美しさと使いごごちに細部までこだわったワンランク上の上質感で、室内の薄暗いところでも綺麗にとれちゃうカメラ機能や防水性能によりお風呂やキッチンでも使えので女性にも人気の格安スマホになっています。
こちらもJJMIO系のMVNOからセット契約できるのでLINEの年齢確認を考えてる場合には使い勝手のよいスマホといえるでしょう。
<arrows M03のスペック(fujitsu公式参照)>

外形寸法(H×W×D) 144mm×72mm×7.8mm
質量 141g
連続通話時間 LTE 770分
3G 700分
連続待受時間 LTE 640時間
3G 780時間
バッテリー充電時間 150分
ディスプレイ 5.0インチHD IPS液晶(720×1280)
OS Android™ 6.0
カメラ アウト(背面) 1310万画素 CMOS
イン(前面) 500万画素 CMOS
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
メモリ 内蔵 ROM:16GB/RAM:2GB
外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)
バッテリー容量 2580mAh
通信 LTE Band1/3/8/19/26
3G Band1/5/6/8/19
GSM 850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
Wi-Fi ○(IEEE802.11a/b/g/n)2.4GHz /5GHz
その他 GPS/NFC/FeliCa/Bluetooth 4.1
SIMサイズ nanoSIM対応

 

まとめ

thumbs-up-1999780_640
いかがでしたでしょうか?LINEの年齢確認ってMVNOになると状況がとても複雑になってしまうのです。
そもそも大手キャリア時代には、LINEの年齢確認なんて気にする必要もなかったですし、10年くらい前にはLINEすらなかったのでそういった不具合もありませんでした。
でも最近はLINEがもっとも活用されている連絡手段である人ばかりの世の中になってきてしまっているので、LINE ID検索はできるようにしておいた方がメリットも大きいでしょう。
ここであげたような裏技や代替案も大事ですが、一番すんなりできるのはLINEモバイルにMNPしてしまうか、それか、2017年末まで待って、IIJMIO系のMVNOに加入するかになってきます。
ぜひ、自分の用途に合わせたLINEの年齢確認方法を模索してみましょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-MNP, 格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.