iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

【高速通信】LTEバンドとは何?海外での状況、対応機種・SIMについてご紹介!

投稿日:

office-620822_960_720
 
スマホを快適に使うためには、「LTEバンド」の確認が必須です。
LTEとはネットを使うための「電波」形式。世界中で使用できるタイプとなっています。
 
しかし、いくつもの種類があって、国ごとに使用できるものが異なる場合も。
 
このため、
「せっかく海外旅行(出張)に来たのに、スマホが使えない…?!」
というアクシデントも起こりうるようです。
 
でも、事前にあるコトをチェックしておけば大丈夫。本記事では、そのポイントとして、以下のことを紹介します。
 
・「LTE」とは何なのか。
・どうやって見るのか。
・どこの国でどのようなモノが使えるのか。
・海外で使いたい人向けの機種。
 
これからスマホを購入する時、ぜひ検討材料にしてみてくださいね♪
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

1.そもそも「LTEバンド」とは?
1-1.ネットを使うための「電波の形」
1-2.番号が付けられる
1-3.3G、4Gって?
2.日本の有名LTEバンド一覧!
2-1.au
2-2.ソフトバンク
2-3.ドコモ
2-4.おまけ:「Y!モバイル」について
3.「LTEバンド」の見方って?
3-1.LTE表示は世界で共通?
3-2. 28はアジア向け
3-3. 1,3は世界で使える
3-4.おまけ:LTEの適正の見方については?
4.海外でも快適に使うに
4-1.海外で使えるLTEは限られている!
4-2.iphoneなら公式サイトでチェックを
4-3. AndroidはAPN設定が要るかも?
5.海外でも使いやすいスマホ3選
5-1. Galaxy S6 edge
5-2. Apple iPhone
5-3. ASUS ZenFone 2
6.格安スマホとLTEバンドの関係
6-1.格安スマホの弱点
6-2.原因はLTE対応数にアリ?
6-3.格安スマホを選ぶときのポイント
7.海外で使いたいおすすめ格安SIM3選!
7-1.Threeデータ通信専用プリペイドSIM
7-2.GigSky(ギグスカイ)
7-3.4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能 プリペイドSIM
7-4.LTE対応のSIMは少なめ?
8.海外でも快適に使うため、対応LTEバンドの確認をしよう!

そもそも「LTEバンド」とは?

 
gsm-relay-1160277_960_720
 
「よくスマホのスペックを見ると『LTEバンド』って言葉を聞くよね。」
「けど、それ自体がなんだかはサッパリ…」
 
そんな時のため、この項目では「LTEバンド」というモノについて、詳しく紹介していきましょう。
 

ネットを使うための「電波の形」

 
「LTEバンド」とは、スマホでインターネットを使う時の通信の形のコト。
 
その中でも、研究を積み重ねて速く通信ができるモノのことを指していて、現在販売されているスマートホンのほとんどは、このLTEに対応しているそうです。
 
ひとくちにLTEバンド」といっても、国ごとに微妙に形が異なることもあり、中国ではTD-LTE。日本ではFDD-LTEを採用。
 
このため、LTEバンドへの確認をせずに出張や旅行で海外に行くと、「現地でスマホが使えない…!」というアクシデントが起きることもあるのだとか。
 
出かける前に、ぜひチェックをしていく必要があります。
 

番号が付けられる

 
「LTEバンド」には様々な形があり、これを「番号」で表しています。
 
例えば、auであれば11」「18、ドコモであったら19」「21。ソフトバンクであったら6」「8
 
もちろん、機種によってはいくつもの対応バンドがあり、全国・世界的に使える場合もあります。
 
こういった形式は、スマートホンiphoneのスペック欄に
 
「携帯電話/ワイヤレス通信方式:モデルA1785** FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)」
(※iPhone 7 仕様「携帯電話/ワイヤレス通信方式」より引用)
 
と言った形で表記されています。
 

3G、4Gって?

 
「LTEバンド」に伴って、3G」「4G。携帯の通信に詳しい人であれば、2Gという言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。
 
この「Gは世代(=Generation)のことを表しています。つまり、開発された通信の形式を順番で分けるために、この呼称を採用しているのです。
 
現在のスマホは、3G」「4G(=LTE)に対応。2G日本では廃止されています。
(※外国であれば、使える場所もあります。)
 
3Gは現在はやや古いモノとなりつつありますが、au・ソフトバンク・ドコモでは対応中CDMA2000(世界でも採用している場所が多い)、W-CDMA(auが対応)という2種類の形が用意されています。
 
4Gは、いわゆるLTEのコト。現状、比較的新しい通信のことを指しています。
 
また、LTEにさらに研究を重ねて生まれたLTE-Advanceというタイプの通信も、4Gに分類されています。
 

日本の有名LTEバンド一覧!

 
japan-112722_960_720
 
日本で対応しているLTEバンド」は何か。
 
知ってから購入したほうが、スムーズな通信を受けやすくて便利と言えるでしょう。
 
この項目では、大手3社を中心に「通信タイプ」について詳しく紹介します。
 

au

 
「au」で対応しているLTEバンドは、主に以下の5タイプとなっています。
 
【対応LTEバンド】 
・Band 1
・Band 11
・Band 18
・Band 28
・Band 41
 
主に1」「18を、メインとして採用しています。
ちなみに、18」「28」「41は、人口99%をカバーしているという「プラチナバンド」。
 
オフィスのような屋内や、「地獄谷温泉」のような自然ゆたかな観光地、「軍艦島」のような土地、さらには山中まで。
 
全国的な規模で、スマホでの快適なインターネットの使用が可能とされています。
 

ソフトバンク

 
「ソフトバンク」機種が対応しているLTEバンドは、以下の通り。
 
【対応】LTEバンド
・Band 1
・Band 3
・Band 8
・Band 11
・Band 28
・Band 41
 
メインとして使われているのは、「Band1」。最大で112.5Mbpsほどの速度が出るタイプです。
 
Band8とBand 28は、人口の99%をカバーしている「プラチナバンド」となっています。
 

ドコモ

 
ドコモの対応しているLTEバンドは、以下の通り。
 
【対応バンド】
・Band 1
・Band 3
・Band 19
・Band 21
・Band 28
 
「Band1は、日本全国で使いやすいタイプ。
 
「Band3は、東京・名古屋・大阪の三か所で、「Band 21は北海道・北陸・東北・四国といった地域で使われています。
 
「Band19」「Band28は、プラチナバンドで、全国的な快適通信も可能に。オフィスビルから山の中まで使えるようになっているため、非常に便利とされています。
 

おまけ:「Y!モバイル」について

 
格安スマホ、ケータイにて、多くのユーザを獲得しているY!モバイル」
 
この会社はソフトバンクと提携しているため、格安スマホとしては対応バンドが多いとされています。
 
【対応LTEバンド】
・Band 1
・Band 3
・Band 8
・Band 11
・Band 28
・Band 41
 
「Band 8」「Band 28は、全国で広範囲の通信網を敷いている「プラチナバンド」です。
 

「LTEバンド」の見方って?

computer-767776_960_720
 
「LTEバンド」について知りたいけど、いまいち見方が分からない。そんなこともあるでしょう。
 
この項目では、スペック欄でのLTEバンド」の見方について紹介します。
 

LTE表示は世界で共通?

 
「LTEバンド」は、同様のネーミングの通信規格のモノが世界中にあります。
 
しかし、すでにふれたとおり中国では「TD-LTE日本では「FDD-LTE」。
このようにして、すでに見方が違う種類があります。
 
したがって、日本で使う場合は、FDD-LTE
中国での使用も視野に入れた場合は、TD-LTE」。
 
スペック欄の「携帯電話/ワイヤレス通信方式」にて、両方の項目をしっかりとチェックする必要があると言えるでしょう。
 

28はアジア向け

 
「LTEバンド」の形式だけでなく、ナンバーについても国や地域ごとに向き・不向きがあるとされています。
 
「LTEバンド」の中でも、アジア各国で使いやすいのは、Band28です。
 
「Band28とは、すでに紹介した、
・au
・ドコモ
・ソフトバンク
各社で対応しているタイプのこと。
 
プラチナバンドによって、屋内にも浸透しやすい電波とされているタイプです。
「アジア太平洋バンド」とも呼ばれています。
 

1,3は世界で使える

 
Band1」「Band3」「Band19については、世界中で対応しているタイプと定められています。
 
すでに紹介したau」「ソフトバンク」「ドコモ」「Y!モバイル」のような会社は、Band1対応が一般的であるため、外国でも通信サービスが受けられるようになっています。
 
また、LTE3はソフトバンク、ドコモ、Yモバイル。そして、ドコモのBand19も、外国で使いやすいようになっているそうです。
 

おまけ:LTEの適正の見方について

「LTEバンド」の中でも、
 
▼「Band34」~「Band44」TD-LTE
▼「Band1」~「Band32」=FDD-LTE」。
 
つまり、34以降は、中国での対応タイプ。
 
上記項目で紹介した、「世界中に対応バンドが多い」タイプは、「FDD-LTEとされています。
 
海外に出張、旅行へ行くことが多い場合は、上記のバンド数をチェックしてから購入するのがオススメです。
 

海外でも快適に使うには?

 
portugal-394173_960_720
 
「出張や旅行で海外に行くことが多い…」
「だから、スマホがほかの地域で使えないと困るんだよね…」
 
そんな時のため、この項目では「海外でもスマホを快適に使う」ためのコツについて紹介しましょう。
 

海外で使えるLTEは限られている!

 
すでに紹介した通り、海外と日本では、対応しているLTEが違うと言うケースもあります。
 
このため、まずバンド数のチェックが必要となります。
具体的には、Band1」、「Band3」、「Band19。これらのLTEバンドに対応しているかのチェックをしておきましょう。
 
すでに紹介した通り、3種のLTEバンドは世界共通
海外でもインターネットを始めとしたスマホでの通信サービスを受けやすくなっています。
 
ただし、同じバンド数であっても、海外に行くと微妙に周波数が異なったり、通信ができなくなってしまう。そんなケースもあるようです。
 
念のため、これから紹介する2項目についてもチェックしておくことで、より「海外で使えない」というリスクを下げる必要があるとされています。
 

iphoneなら公式サイトでチェックを

 
apple社が開発し、全世界的なシェア率を誇っているiphone」。
 
日本だけでなくアジア各国、ヨーロッパ、アメリカ等、様々な国にユーザを持っているこのスマホは、「公式サイト」にて、LTEバンド数のチェックをすることが可能です。
 
例えば、iphone7の場合は、公式HPの「仕様」から、以下のような上位法をチェックすることができます。
 
携帯電話/ワイヤレス通信方式モデルA1779
モデルA1785** FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
 
(※iphone7公式サイト「携帯電話/ワイヤレス通信方式モデルA1779」より引用)
 
上記の表示によって、iphone7は、世界のLTEバンドのうち、かなり幅広く使用できることが分かります。
 

AndroidはAPN設定が要るかも?

 
海外で、スマホからインターネットをつなげたい。
そんな時には、APN設定」をしなければならないときもあります。
 
APN設定とは、スマホにいくつかの項目を入力することで、インターネットを繋げるようにすること。
 
例えば、海外でスマホからインターネットを使用したい場合、以下のようなアクセス・ポイントから、接続ができるようになっています。
 
【韓国で利用できるAPN
・APN名:lte.sktelecom.com
・ユーザー:450
・パスワード:05
(APN設定については、こちらを参照)
 
【中国で利用できるAPN
・APN名:pepeoples.net
・ユーザー:未設定
・パスワード:未設定
(APN設定については、こちらを参照)
 
上記のような項目を入力して、スマホの「設定」ページから、インターネットにつなげる必要もあります。
 
少々時間がかかりますが、5~10分ほどでインターネットにつなげることも。ぜひ使いたい時、活用してみることをおすすめします。
 

海外でも使いやすいスマホ3選

 
 
smartphone-1894723_960_720
 
「何となく、海外で使えるスマホの見方については分かった。」
「けど、正直いって最初から使える機種を、手っ取り早く選びたいんだよね…。」
 
そんな時のため、この項目では、「海外でも使いやすい!」という口コミの多いスマホについて、詳しく紹介していきます。
 

Galaxy S6 edge

 
「Galaxyとは、韓国のメーカー・サムスンによるスマートホンシリーズのコト。
 
LTEバンドについては、以下のナンバーに対応しています。
 
【対応バンド】
・Band 1
・Band2
・Band3
・Band4
・Band5
・Band7
・Band8
・Band12
・Band17
・Band18
・Band19
・Band20
・Band25
・Band26
・Band28
・Band29
(※Galaxy S6 edge SCV31 Galaxy S6 edge SC-04G Galaxy S6 edge SoftBankを参照)
 
1~32までを世界共通のバンド数と定めている点から見ても非常に使いやすくなっているようです。
 
この他、メモリがROM32GB/64GB、RAMが3GB。さらに、1,600万画素のメインカメラも付属。
データを沢山保存したり、綺麗な写真を撮ったりしたい等、多方面にも使いやすいタイプともされています。
 

Apple iPhone

 
apple社のiphoneは、世界でも有数のシェア率の高さを誇っている、人気のスマートホン。
 
このため、LTEバンドについても、以下の20種類への対応が確認されています。
 
【対応バンド】
・Band 1
・Band2
・Band3
・Band4
・Band5
・Band7
・Band8
・Band13
・Band17
・Band18
・Band19
・Band20
・Band25
・Band26
・Band27
・Band28
・Band29
・Band38
・Band39
・Band40
・Band41
(※上記は、公式HP:iphone7の仕様より、「携帯電話/ワイヤレス通信方式」を参照。)
 
世界共通とされるFDD-LTE。さらには、中国でメインとされているTD-LTE
両タイプのLTEに対応しています。
 
このため、海外や外国でも使いやすいとして、購入する人も多いようです。
 

ASUS ZenFone 2

 
いわゆる「格安スマホ」として、非常に高い人気を誇るASUS ZenFone 2」。
「ベスト・オブ・ベスト・バイ」を、「SIMフリースマートホン」部門で受賞した実績もある、非常に評価の高いスマートホンです。
 
対応しているLTEバンドは、以下の通りになります。
 
【対応バンド】
・Band 1
・Band2
・Band3
・Band4
・Band5
・Band6
・Band8
・Band9
・Band18
・Band19
・Band28
(※ZenFone 2 (ZE551ML)を参照)
 
 
上記のように、世界でも対応している個所の多いFDD-LTEが11種類ほど。
 
また、本体価格が5万~10万円ほどであることが多いスマホの中で、28,800という低価格で販売されていることもあります。
 
リーズナブルさと繋がりやすさを兼ね備えていることから、人気が高いタイプでもあるようです。
 

格安スマホとLTEバンドの関係

 
office-620822_960_720
 
格安スマホとは、最近人気のスマートホンのコト。
 
契約時の縛りが少ないこと・乗り換えでお金がかかりにくいコト。更には、本体の価格や、通信料がリーズナブルであることから、人気を博しているタイプです。
 
しかし、一方で「通信状況」をはじめ、いくつかの面では難があるともされています。その内容と原因について、詳しく紹介していきましょう。
 

格安スマホの弱点

 
格安スマホの弱点としては、以下の3つが挙げられることが多いです。
 
【格安スマホの弱点】
・サポートが弱い
・通話料金が高い
・通信が遅い
 
上記2つは、使用法によっては困らない場合もあるでしょう。
しかし、「通信が遅い」のは、困ってしまう場面が多いと言えます。
 
通信が遅い場合、「インターネット閲覧時」のストレスが大きくなってしまう。
 
情報を思い立った時、リアルタイムで入手できるのがスマートホンやインターネットのメリット。ですので、それが損なわれてしまうのは、イライラしてしまうこともあると言えます。
 
また、メール等の大事な連絡が遅くなってしまうリスクもアリ。重要な連絡がスグに受け取れないのは、トラブルにも繋がるため、非常に困った点と言えます。
 

原因はLTE対応数にアリ?

 
格安SIMの通信が遅くなってしまう理由。これには、さまざまな原因があります。
 
【通信が遅くなる原因】
・通信規制が厳しい
・契約できる通信量が少ない
・良質な通信形式に繋ぎにくい
・通信混雑の影響を受けやすい
・対応しているLTEバンドが少ない
 
上記の通信規制の厳しさ、通信量の少なさは、最近は改善している会社も多いようです。
 
しかし、「対応しているLTEバンドが少ない」といった点は、問題視されることが多くあります。
 
具体的な例として、以下の比較を見てみましょう。
 
【iphone7:78,624円~
・Band 1
・Band2
・Band3
・Band4
・Band5
・Band7
・Band8
・Band13
・Band17
・Band18
・Band19
・Band20
・Band25
・Band26
・Band27
・Band28
・Band29
・Band38
・Band39
・Band40
・Band41
(※上記は、公式HP:iphone7の仕様より、「携帯電話/ワイヤレス通信方式」を参照。)
 
【ASUS ZenFone 2:28,800円~
・Band 1
・Band2
・Band3
・Band4
・Band5
・Band6
・Band8
・Band9
・Band18
・Band19
・Band28
(※上記は、公式HPを参照)
 
iphoneについては、20。格安スマホであるASUS ZenFone は、11の電波に対応可能。
 
つまり、2倍分、格安でないスマホは、快適な通信を使用しやすくなっていると言えます。
 

格安スマホを選ぶときのポイント

 
格安SIMを海外で使いたい。
 
そういった場合は、「対応LTEバンド」についてチェックするのが、重要なポイントとなっています。
 
しかし、それ以外にもいくつかの対応策はもちろんアリ。ソレについて、詳しく紹介していきましょう。
 
【旅行用のSIMを買う】
 
海外で使用できるスマホを用意できなかった。
 
そんな時は、旅行、出張先の国や、アマゾン等の通販で「プリペイドSIM」を買ってしまうのもポイントです。

(※出典:mineo 海外用プリペイドSIM ナノ/マイクロ/標準SIMより)
 
格安SIMの最大のメリットは、個人情報カードである「SIM」が自由に取り出せること。つまり、その地域に合ったSIMを購入することによって、通信状況が改善される可能性もあります。
 
【海外でwi-fiをレンタル利用する】
 
海外でどうしてもインターネットを利用したい場合は、Wi-fiのルーター(=インターネットとスマホの仲介をするモノ)を使ってしまうのもOK。
 
「イモト」「ジェフティ」と言った会社では、そのためのレンタル事業も行っています。
 
【「ジェフティ」のレンタルWi-fi】
1日…980円(アジア)/1,280円(世界)
30日パック…12,800円(アジア)/15,500円(世界)
60日パック…23,000円(アジア)/29,000円(世界)
90日パック…31,500円(アジア)/40,500円(世界)
(※公式HPから引用)
 
長期滞在する場合は、長期間のパックを利用すると、半額以下に抑えられることも。
 
自分の旅行、出張に合わせて活用するのもおすすめです。
 

海外で使いたいおすすめ格安SIM3選!

 
girl-571808_960_720
 
「海外で格安SIMを使いたい!」
そう考えても、選ぶときに迷ってしまうこともあるかと思います。
 
この項目では、そんな時におすすめの、海外にも対応しているSIMについて、詳しく紹介していきます。
 

Threeデータ通信専用プリペイドSIM

 
Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】
(出典:AmazonThreeデータ通信専用プリペイドSIMより)
 
海外、特にヨーロッパやアメリカで快適にスマホを使いたい。
 
そんな時におすすめなのがThreeデータ通信専用プリペイド」です。
2,720と言う価格で、LTEバンドをふくむ通信を、最大90日まで使用することができます。
 
対応している国は以下の通りになっています。
 
【対応している国一覧】
・インドネシア
・イスラエル
・マカオ
・デンマーク
・アメリカ(※グアム、サイパンは除く)
・ニュージーランド
・チェコ
・アイスランド
・アイルランド
・香港
・フランス
・ドイツ
・スイス
・イタリア
・スペイン
・ポルトガル
・オランダ
・ベルギー
・オーストリア
・リトアニア
・ポーランド
・エストニア
・ラトビア
・ハンガリー
・スウェーデン
・フィンランド
・ノルウェー
 
上記の国を含めて、42の国で使うことができます。
 
もしも通信容量が過ぎてしまった場合も、現地にて追加チャージが可能。
 
「連絡もしやすく、通信速度もよい感じ!」との口コミが寄せられていました。
 

GigSky(ギグスカイ)

 

(※出典:Amazon GigSky(ギグスカイ)– 海外用プリペイド 格安データ通信SIM【世界中で高速 4G LTE / 3G通信】無料100MBデータ付 より)
 
1,980円という、比較的リーズナブルな価格で使えるSIM。
 
日本国内で生産されている他、大手であるApple社からも評価されている注目の1品です。
 
データ通信については、4G(=LTE)にもしっかりと対応しています。
 
追加チャージについては、アプリでの設定が可能。さらに、プリペイドカードでの支払いもOKです。
 
中国や、ヨーロッパ、オーストラリア島等、合わせて90か国での使用ができるとされています。
 

4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能 プリペイドSIM 

 
 
4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能 プリペイドSIM
(※出典:Amazon 4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能 プリペイドSIMより)
 
 
中国でLTE通信を使いたい時におすすめなのが、4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能 プリペイドSIM
 
高速通信LTE(=4G)に対応しているため、中国でも快適なインターネット利用できるようになっています。
 
さらに、中国政府の規制の対象外であるため、Google、twitterといった、日本でなじみ深いサイトのアクセスも可能。
 
普段どおりに使いたい時、ピッタリなタイプと言えるかもしれませんね。
 
(※ただし、使用できる容量が2GBまで。通信容量が超えないように、注意する必要もあります。)
 

LTE対応のSIMは少なめ?

 
現時点で、海外旅行・出張用にて「LTEバンド」に対応しているSIMは、上記の3種が中心。
 
他にも通信が可能であったり、3Gに対応しているタイプはあるモノの、現時点ではやや少ないと言った印象が強いです。
 
「国外でも快適な通信を利用したい。」
「データ容量がオーバーしないように使いたい。」
 
そんな時は、Wi-fiルーターも併用することで、より快適になると考えられます。
 

海外でも快適に使うため、対応LTEバンドの確認をしよう!

 
android-1869510_960_720
 
本記事で紹介した通り、LTEバンド」とは新しく開発された通信のコト。
 
2G,3Gから積み重ねた研究の成果によって、「快適な速度」を実現した、通信形式を指しています。
 
近年発売された日本のスマホを始め、世界でも対応中。
 
しかし、通信のタイプが違うため、日本の機種では海外のインターネットを繋げないこともあるそうです。
 
そういった場合は、以下を行うのがオススメ。
 
①Wi-fiルータを使用する
②海外で使える「LTEバンド対応」のSIMを購入する
 
とはいえ、LTEバンドに対応しているSIMはまだやや少ないそうです。
 
海外旅行や出張が決まった際、自身のスマホの対応LTEバンドを確認しつつ、海外用SIMや、Wi-fiルーターの使用についても検討することをおすすめします。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.