iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

MNP

MNPキャッシュバックだけで70万円稼いだ私が教える、MNPで得するための全情報

更新日:

MNPキャッシュバックのシーズンがやってきました。
同じキャリアのまま機種変更するよりも、MNPで乗り換えてしまったほうが得をするという事は多くの方がご存知のとおりです。
高額なMNPキャッシュバックに加えて、料金割引のキャンペーンや、iPhone6などの古いモデルの端末なら一括0円等で手に入ってしまう場合もあります。

そこで今回は、MNP制度を使い倒して、MNPキャッシュバックを最大化するための全情報をご紹介します。
3キャリアが行っている主要なキャンペーンも全てまとめておきました。
ここに書かれている情報だけ全ておさえておけば、まず携帯を乗り換える時に損をすることはありません。是非活用してください。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

どこで乗り換えるかで、MNPキャッシュバックの金額は大きく異なる

購入方法

MNPキャッシュバック

特徴
『おとくケータイ』
20,000〜50,000円
  • 店舗運営費を減らした分、MNPキャッシュバックの金額が大きい
  • webだけではなく全国の店舗に足を運んでから決断できるので安心
  • au, docomoからMNPするならキャッシュバック最高額を保証

MNPなら一番おすすめ

『ソフトバンクオンラインショップ』
『ドコモオンラインショップ』
『au オンラインショップ』 など
公式オンラインショップ
0〜20,000円
  • 販売ルートの中で、最優先で最新機種が入荷する
  • キャッシュバックは出ない場合も多い
  • ショップ店舗ではなく、自宅で受け取る方が便利

機種変更(a社→a社)なら一番おすすめ

テルル, カメラのキタムラなど
併売ショップ
5,000〜30,000円
  • 店舗によってはMNPキャッシュバックや「一括0円」も存在する
  • 月額の「有料オプション」を契約させられる場合も多い

店舗によって大きく異なる

ヤマダ電機, ヨドバシカメラなど
家電量販店
5,000〜20,000円
  •  メリットは多くのスマホ端末を実際に触れること
  • 現金キャッシュバックではなくポイントで還元される場合もある

店員への交渉が必要

SoftBankショップ, auショップ, ドコモショップ
など
専売ショップ
0〜20,000円
  •  販売ルートの中で、最優先で最新機種が入荷する
  • キャッシュバックに関しては、出ない場合が多い
  • 混雑している場合が多い

メリットは少ない

結論として、多くのMNPキャッシュバックをもらうためには、

がオススメです。

特に『おとくケータイでは、現在iPhone7などの最新機種でも高額のMNPキャッシュバックを実施しています。
SoftBankからMNP(乗り換え)の場合だけは、おとくケータイが使えないため、数多くの家電量販店や併売ショップから良い条件を探さなくてはなりません。
この記事の後半で詳しい方法をご説明しますので、是非活用してください。

2. MNPキャッシュバックを貰う全方法を簡単に確認

20151020_1804482
上記の注意点を加味しても、MNPがなんとなくお得なことは分かってきたのではないでしょうか?
では具体的にどこでMNPするのがお得なのでしょうか?
6つの方法を確認してから、それぞれのメリットやデメリットを詳しく解説します!

方法1.おとくケータイ

MNPするおすすめの方法として、筆頭はなんといってもおとくケータイでしょう。
webを活用することで経費を削減して、キャッシュバックなどの形で顧客還元をしています。
大きな路面店を構えていないため、人件費、店舗代金などのコストを省くことができます。
そのため、ソフトバンクなど携帯キャリアの公式キャンペーンとは別に、さらに20,000〜50,000円ほどのMNPキャッシュバックキャンペーンを実施することができるのです。
特に、いま現在ならMNPキャッシュバックの最高額を保証しています。
高額なMNPキャッシュバックが欲しいという方にもっともおすすめできる方法です。
いまがもっともお得な時期のため、今日にでも電話で確認してみることを、強くおすすめします。
→ 詳しくはこちら

方法2. キャリアオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップや、ドコモオンラインショップau オンラインショップなどのキャリアが運営する公式サイトです。
携帯キャリア直営のため、iPhone7などの在庫が多少手に入りやすいなどのメリットもあります。
さらに、有料オプションを強制的に契約させられる心配がないため、通常のショップで契約するより安心して機種変更することができます。
デメリットとしては基本的にはMNPキャッシュバックを貰うことはできません。

方法3. 併売店(テルル等)

複数の携帯キャリアと代理店契約を結んで販売しているショップです。
商店街でよくみかける路面店です。

方法4. 家電量販店(ヤマダ電機等)

ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機などの大型家電量販店の携帯売場からも乗り換えができます。

方法5. 専売店(ソフトバンクショップ等)

20140425edion
MNPでの乗り換え先で真っ先に思い浮かぶのがソフトバンクショップ等の専売店です。

方法6.MVNO

MVNOとは仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)の略称のことです。
MVNOは携帯電話(スマホ)の通信回線やインフラをレンタルすることで、通信サービスを提供する事業者のことを指します。
主な事業者としてDMMモバイル、楽天モバイル等があります。

3. キャッシュバックを貰う最適な方法まとめ

上記で紹介したもので特にお得なのはどこでしょうか。
それぞれ詳しく見ていきましょう。
denwa

方法1.おとくケータイ

通常時は1万円程度のところが多いですが、限定キャンペーンで2〜5万円というキャンペーン時期もあります。
MNPキャッシュバックの方法は2ヶ月後に振込口座に現金振込。
ソフトバンクへのMNPに限られますが、「おとくケータイ」では、ソフトバンクの公式キャンペーンに加えて、高額のMNPキャッシュバックがあります。

・キャッシュバックの金額が多い

通常のショップのような店舗を持たない場合が多く、店舗運営費や人件費が低く抑えられるため、その分をMNPキャッシュバックとして還元することが出来るのです。
家電量販店や路面店などと比べても、2万円以上お得になる場合も多いはずです。

・電話問い合わせで丁寧に対応してくれる

路面販売店との違いは、メインのお問い合わせが電話やメールであるため、対面販売の接客に劣らない電話対応による細やかな説明をしてもらえます。

・一括0円というお得な購入ができる機種がある

最新機種であるiPhone7では厳しいですが、旧機種であるiPhone6sやiPhone6s PLUSなどにMNPすると一括0円になることがあります。
実質0円とは違い2年契約などの縛りがないため、途中解約をした場合でも解約違約金や残りの機種代金が発生しないというメリットがあります。
また、実質0円は総務省の指導により厳しく制限されているので、一括0円という制度は利用して損はありません。

方法2. キャリアオンラインショップ

1万円程度。
キャッシュバックとは別に、公式の「のりかえ下取りプログラム」や「家族まるごとスマホキャンペーン」での割引となります。

・早く手に入りやすい

ソフトバンクオンラインショップや、ドコモオンラインショップ』『au オンラインショップなど、各携帯キャリア公式オンラインショップのメリットとしては、何よりもまず在庫の入荷が挙げられます。
iPhone7などの最新機種は1店舗ごとの端末よりも在庫入荷が多少安定していると言われており、オンラインショップを利用するユーザーは増加傾向にあるようです。
MNPキャッシュバックこそないものの、有料オプションの強制加入が無いだけでも、通常のショップよりはるかに大きなメリットがあると言えるでしょう。

・店頭での待ち時間が無い

オンラインで購入することで待ち時間を必要としません。
店舗であれば審査や登録などに時間がかかる場合がほとんどなので、オンラインのメリットはまさにこのスピード感です。

・24時間手続きできる

オンラインですので開店・閉店時間がありません。
仕事の都合で実店舗の閉店前に行くことが厳しい方や、店舗が近くにない郊外の方も24時間いつでも申し込むことが出来ます。

・デメリットはMNPでもキャッシュバックが低いこと

原則として現金キャッシュバックは行っていません。
これは販売店の運営しているソフトバンクショップやスマホ購入サイトとの競合を避けるためです。

方法3. 併売店の特徴

5,000円〜2万円程度。オプション次第というところが多いようです。全くキャッシュバックのない店舗もあります。
Twitterキャンペーンをやってる業者も多くキャンペーン時期なら大幅なキャッシュバックも有り。

・3キャリアで比較検討できる

家電量販店と同様にソフトバンク、au、docomoを扱っている場合が多く比較検討が簡単にできます。

・時間を割いて対応してくれる

量販店でも同様ですが、対面接客で丁寧に対応してくれます。

・デメリットは有料コンテンツが非常に多い場合もある

キャッシュバックの条件に有料コンテンツの加入を求められることもあります。

方法4. 家電量販店の特徴

・3キャリアで比較検討できる

家電量販店では三大キャリアのどこでも契約できることがほとんどですので、それぞれを比較して最良のMNP条件を検討することができます。

・たくさんのデモ機を触ることができる

家電量販店の携帯売場にはキャリアを問わず様々なデモ機がありますので、自分にあった一台を見つけることもできますし、
iPhone7のカラーやサイズ感を実際に触って確認することができます。

・デメリットはキャッシュバックが店舗のポイントの場合も多い

家電量販店ではそれぞれにポイントキャッシュバックを行っていることが多く、現金ではなくポイントでのMNPキャッシュバックになる場合もあります。

方法5. ソフトバンクショップなどの専売店の特徴

03

・店舗数が豊富、首都圏じゃなくても見つけやすい

店舗数が圧倒的に多いというメリットがあります。ソフトバンクは約2700店舗、auは約2600店舗、docomoは約2400店舗。
時間に余裕のある方やネットショッピングが不安な方に安心なのが専売店です。

・サポートの品質が安定している

対面接客によるサポートの品質が一定で、安心できるところが強みです。
ただし、サポート自体はどの方法で購入しても受けることができます。

・デメリットはキャッシュバックが少ないこと

店舗によりまちまちですが、おとくケータイに比べMNPキャッシュバックが少ないようです。
あえて、通常のショップで契約するメリットは無いといえるでしょう。

方法6.MVNOの特徴

端末代金が使用料に紐づいていない

ビッグローブ、DMM、マイネオなどのMVNO事業者のサイトからSIMカードを申し込み、SIMフリー端末を別途用意し自身で差し込みます。
ですので端末代金と使用料が別となります。

  • 月額使用料金が安い

毎月の通信料金が安いことが挙げられます。三大携帯会社よりも安いプランが多く存在します。

  • 大手キャリアのような2年縛りがない

2年縛りが基本の大手キャリアと違い、縛りがないためいつでも新しい契約を組むことが出来ます。

  • 実店舗に出向く必要がない

格安SIMサービスで有名なDMM mobileは、実店舗を設置していません。そのため、格安SIMをはじめとする各種サービスの申し込みや問い合わせはWebサイトを経由して行う必要があります。

  • デメリットは端末代金が高いことと通信速度

MVNOのデメリットは、端末料金に対する月々割等がありませんので端末代金は高額となります。
また、キャリア回線に比べてMVNOの通信回線は規制が強いということです。
結論として、多くのMNPキャッシュバックをもらうためには、

がオススメです。

4.携帯をMNPすべき5つの理由

BL002-koe-yo20140810
携帯を購入する方法はいくつかあります。
しかし料金やキャンペーンは購入方法によって大きく変わるため、詳しく解説します。

携帯を購入する方法を大きく分けると、電話番号を持っていない状態からの「新規契約」、同じキャリアで端末のみを替える「機種変更」、そしてキャリアも端末も変更する「MNP」の3つです。
そこで最も多くのメリットを得られるものは何か?
それは、ずばり「MNP」です。

日常的にMNPという言葉を耳にする昨今ですが、「そんなの知らない!」とういう方に簡単に説明しますと、
携帯電話番号を変えることなく、番号そのままでMNPすることを言います。
例えば電話番号そのまま、ドコモからソフトバンクに乗り換えることができるのです。

MNPの正式な名称はモバイル・ナンバー・ポータビリティといいます。
携帯電話番号(モバイルナンバー)を持ち運ぶ(ポータビリティ)は持ち運ぶという意味です。
どの携帯会社もこのMNPに最も多くのメリットを付与しています。理由は簡単です。
どこの携帯会社も少しでも契約数を増やしたい、この気持ちが強いんですね。

「絶対に私はドコモじゃなきゃ嫌なの!」という強いこだわりがある方でなければMNPはやはり一番のおすすめであると言っていいでしょう。
では具体的にNMPのどこがどうお得なのか、5つの理由をご紹介します。

結論として、多くのMNPキャッシュバックをもらうためには、

がオススメです。

理由1. 毎月の料金が安くなる

by:MrGuilt

ソフトバンクを例に出しますと、MNP(乗り換え)でiPhone7を購入するとご利用料金から最大77,040円割引が受けられます。
これは、機種変更の割引(67,320円)よりも高いものとなっていますので毎月の利用料金が安くなることは明白ですね。
料金キャンペーンについても後述しますので参考にしてください(7. キャッシュバック以外にもお得な方法がある)。

理由2. 下取りキャンペーンが使える

MNPで iPhone6s等をご購入したユーザーを対象に、それまでご利用されていた機種を下取りし、下取り対象機種に応じて毎月の通信料金から割引するキャンペーンです。
旧機種でiPhoneを利用している方も多くいらっしゃると思いますので、下取りに出すことで最大26,400円分の割引をゲットできる場合もあります。

理由3. 電話番号はそのまま

iphone6s mnpキャッシュバック
昔は携帯会社を乗り換えれば違う携帯電話番号に変わってしまいました。
電話番号を変えたことを友人等に連絡する膨大な手間を嫌い、携帯会社を変更することに躊躇するなんていうのはよくある光景でした。
ところが現在はMNPを利用すれば、他社に乗り換えた後も今までと同じ電話番号を使い続けることができるのです。
電話番号が変わらなければ、連絡する手間も自分の電話番号を覚えなおす手間もいりませんよね。

理由5. キャッシュバックが貰える

bsYUKI86_okanekodomo15144308
キャッシュバックとはMNPをするだけで、機種代金と月額料金とは別に貰えてしまう大変お得なサービスです。
MNPキャッシュバックは「ドコモショップ」等の実際のショップやソフトバンクオンラインショップ』『ドコモオンラインショップ』『au オンラインショップ等のオンラインショップ、「ヤマダ電機」などの家電量販店、「テルル」や「カメラのキタムラ」などの携帯ショップなどで行っています。
金額は様々で、サービス時期にもよりますが、5万円以上違ってくることもあります。
・下取り 最大26,400円
・機種代金 月々3210円引き×24ヶ月 77,040円
・キャッシュバック 仮に50,000円
すでに100,000円ほどお得なわけで…この記事はここ終了です。
というのは冗談で、この記事ではMNPキャッシュバックを中心に詳しく解説していきます。

大きな路面店を構えず、webから集客することで経費を削減して、キャッシュバックなどの形で顧客還元をしているのがおとくケータイなどのお店です。
街にも数多くある携帯販売代理店では、多額の賃料とスタッフ人件費を払って運営を行なっているのに対して、口コミ・webが中心で運営費用が安く済むので、その分をキャッシュバックとして還元しています。

5. MNPするときに気をつけるべき注意点

bsLISA78_hozonshitene-20141018102704
全てにおいて「お得」といっても過言ではないMNPですが、見落としがちな注意点がいくつかあります。

注意点1.手数料や解約金がかかる?

bsOZP85_gannkyuuhirou
まず、MNPの際にMNP転出手数料がかかります。現在契約中の携帯会社への手数料となります。その他に契約解除料というものが発生する場合があります。
最近ほとんどの携帯キャリアは2年契約を基本にしています。ですので契約を更新する月に解約しなければ、「契約解除料」として9,500円がかかります。
また、MNP先(次に契約するキャリア)での手数料として「契約事務手数料」が3,000円かかります。
契約解除料に関しては契約の更新する月で解約することで、この契約解除料の支払いを回避することができますので、ご自分の契約を改めて確認する必要があります。

注意点2. 家族割引が無くなる?

bsCON_binta15103412

au、ソフトバンクでも、基本使用料が25%オフ、家族間の通話料30%オフの家族割引はMNPで乗り換えてしまうと失効してしまいます。
基本使用料は、MNPキャンペーン、MNPキャッシュバックを利用することで家族割引以上のメリットがある場合がほとんどですので問題ないでしょう。
家族間通話に関しては、電話を多用されるご家族にとっては気がかりな部分かもしれません。
ですが、現在は他社間でも無料通話できるアプリや、携帯会社によっては24時間誰と話しても無料なんていうプランも多く存在するので、昔ほど家族割引が大きなメリットになっていないのが現状です。

注意点3. メールアドレスが変わる?

bsVER88_sumafoijiru15150126
乗り換えをすると、今使っている 「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などのアドレス(キャリアメールといいます)が利用できなくなります。
そのため、新しい携帯会社のメールアドレスを取得し、それをまたお知らせするという作業が発生します。
今使っている携帯メールを使い続けることは不可能ですが、いまやあらゆるメールサービスがある中でキャリアメールにどのくらいの価値があるでしょうか?

データ受信制限の厳しいキャリアメールよりも、GmailやYahooメールなどのフリーメールサービスに既に移行している方や、
LINEやSkypeといったアプリを利用して、ほとんどキャリアメールは使わないっていう方が多いのではないでしょうか。
スマホ時代においてキャリアメールは埃をかぶった旧サービスと言わざるをえません。

次はMNPキャッシュバックで得をする方法について解説します。

結論として、多くのMNPキャッシュバックをもらうためには、

がオススメです。

  6. そもそもMNPでキャッシュバックが貰えるのはどうして?

理由1. キャリアは契約数を競っている

携帯キャリアは、今でも契約シェアを非常に気にかけおり、常に契約者の流出を恐れています。
例えばソフトバンクで純粋な新規契約があっても、契約数は「プラス1」ですが、ドコモからソフトバンクにMNPの契約があれば「プラス2」の差をつけることができます。
ですから、大きく料金を割引したり、キャッシュバックとして現金還元をしてでも契約者数を獲得したいと考えています。

理由2. 販売店は販売手数料をキャッシュバックにまわす

おとくケータイは駅前等の一等地に販売店舗を所持していないため、店舗運用にかかるコストを抑え、その分キャッシュバックという形で還元できる強みがあります。
最新機種であるiPhone7などMNPキャッシュバックをしずらい端末に対しても高額のMNPキャッシュバックを行うことができるのです。

理由3. 販売店によってキャッシュバック金額が違うわけ

どこにどれだけのコストをかけているかによって、MNPキャッシュバックの金額は変わります。
少ないコストで運営している場合はそれだけ多くのMNPキャッシュバックが行えます。
結論として、多くのMNPキャッシュバックをもらうためには、

がオススメです。

7. キャッシュバック以外にもお得な方法がある

ここまで各販売店のMNPキャッシュバックを主に見てきましたが、MNPの乗り換えにはキャッシュバック以外にもお得な特典があるんです。
1efac85a

その1. ドコモへのMNPで使える料金キャンペーン

・もれなくもらえる!最大5万ポイント!キャンペーン

対象機種を購入でもれなくdポイントを最大5万ポイントもらえます。

・家族まとめて割

家族で一緒にMNPすることで、最大5,184円をそれぞれに割引きます。

・ドコモの学割

カケホーダイプランをご契約の25歳以下の方は、毎月1,000ポイントのdポイントがもらえます。

・下取りプログラム

今お持ちのiPhoneを下取りに出すことで、最大30,000円の割引きに。

・ドコモのご家族紹介キャンペーン

他社からドコモへお乗りかえ、または新規契約の家族を紹介することで、ひとりつき、dポイント(期間・用途限定)10,000ポイントがもらえます。

その2. ソフトバンクへのMNPで使える料金キャンペーン

・学割モンスターU25

学割モンスターU25に申し込むと、利用料金から1,000/月(1年間)割引されます。

・のりかえ下取りプログラム

iPhone 、SoftBank スマートフォン、SoftBank 3G(携帯電話)にMNPしたユーザーを対象に、それまでご利用されていた機種を下取りし、下取り対象機種に応じて毎月の通信料金から最大26,400円を割引きするキャンペーンです。

・月々割

ソフトバンクの携帯を契約することで月々の利用料から最大3,210円/月を割り引くことができます。

その3. auへのMNPで使える料金キャンペーン

・下取りプログラム

他社から乗りかえと同時に、auスマートフォンもしくはauケータイを購入することで最大で32,400円で古い機種を下取りしてもらえます。

・誰でも割

auのカケホーダイプランに加入することで毎月1,500円の割引になります。
・家族割引
誰でも割に加入し、家族割引にも申し込むことで基本利用料が50%割引になります。さらに、家族間の通話も無料です。

大きな路面点を構えず、webから集客することで経費を削減して、キャッシュバックなどの形で顧客還元をしているのがおとくケータイです。
もちろん公式キャンペーンの併用等も可能で、キャッシュバック以外の恩恵もバッチリ受ける事が出来ますね。

8. MNPの手順まとめ

現在使っている携帯電話を、他社に乗り換えるMNPの手続きについて具体的に解説します。
7c7f12e76970145416c3

手順1. iPhoneのスペックを確認

どの機種にするかがMNPの入口です。自分にぴったりのiPhoneを選びましょう。

・iPhone6s / 6splus

iPhone6s/iPhone6s Plusではシルバー・ゴールド・スペースグレイ・ローズゴールドの4色展開です。デザインはiPhone6シリーズから変化はありません。
iPhone6シリーズとデザインは変わりませんが、背面カメラは1200万画素にアップ、4K動画撮影可能、新機能としてタッチの強さを感知して操作可能な「3D Touch」搭載になりました。
容量は16GB 64GB 128GB。

・iPhone6 / 6plus

見た目はiPhone6s/iPhone6s Plusと変わりません。色はシルバー、ゴールド、スペースグレイの4色展開です。A8チップですがまだまだ現役です。
特筆すべき点は、価格の安さと重量。iPhone6はiPhone6sより14g、iPhone6 PlusはiPhone6s Plusより20g軽いです。
容量は16GB 64GB。

手順2. 購入方法を決める

機種が決まれば次は購入する店舗を選ばなければけません。
おすすめなのは、やはりおとくケータイです。

・MNPキャッシュバックで選ぶならおとくケータイがおすすめ

前述したように通常のショップのような店舗を持たない場合が多く、店舗運営費が低く抑えられるため、その分をMNPキャッシュバックとして還元しています。
携帯キャリアをMNPするのであれば、もっともおすすめしたい方法です。

・機種変更するならキャリアオンラインショップがおすすめ

機種変更なら各携帯キャリア公式オンラインショップソフトバンクオンラインショップ』『ドコモオンラインショップ』『au オンラインショップが最もおすすめです。
メリットとしては、何よりもまず在庫の入荷が挙げられます。
iPhone7やiPhone7 plusなどの最新機種などは、1店舗ごとの端末よりも在庫入荷が安定していると言われており、
オンラインショップを利用するユーザーは非常に多くなってきているようです。
機種変更する際に発生する待ち時間や、店舗に出向くといった手間をカットすることができます。

手順3. MNP予約番号を取る

MNPの玄関口。決意が固まれば現在契約している携帯会社から「予約番号」というものを発行してもらいましょう。
そして、この「予約番号」を次にMNPする先の携帯会社に伝えなければなりません。
そうすることで、今まで使ってきた電話番号を引き続き利用することが出来ます。
注意するべき点として予約番号は15日間が有効期限となりますので、それまでにMNPを完了させましょう。
各キャリアの予約番号は以下の電話番号、または店舗から取得できます。

・ドコモで予約番号を取る方法

ドコモショップ
ドコモの携帯電話から151(通話料無料)
受付時間:AM 9:00からPM 8:00(年中無休)

・ソフトバンクで予約番号を取る方法

ソフトバンクショップ
ソフトバンク携帯電話から「*5533」(通話料無料)
受付時間:オペレーター対応:AM 9:00?PM 8:00(年中無休)
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口で取得できます。
電話が繋がりましたらガイダンスに沿って「2」「1」とお進みください。
※暗証番号がご不明な場合は、そのままお待ちください。オペレーターに繋がります。

・auで予約番号を取る方法

auショップ
お電話でのMNPのご予約
au携帯電話 / 一般電話共通
フリーコール0077-75470 (通話料無料)
受付時間:AM 9:00?PM 8:00(年中無休)

手順4. 持ち物と身分証を確認する

ご契約者が成人の場合は、運転免許証が必要です。

・免許証以外の身分証に注意

免許証をお持ちでない場合に有効なのが、日本国パスポートです。
または健康保険証+下記(1)?(3)のいずれか必要です。
(1)住民票記載事項証明書
(2)公共料金領収書
(3)官公庁発行の印刷物

・印鑑

ご本人様のサインでも可。

・支払い情報

お支払い方法は「クレジットカード」または、「口座振替」のいずれかをお選びいただけます。

・家族の身分証が必要なケースもある

ご契約者が未成年の場合は、上記の本人確認書類+親権者同意書+親権者の本人確認書類が必要です。
※親権者同意書は各キャリアの公式サイトよりダウンロード出来ます。
MNPキャッシュバックを優先するならおとくケータイがおすすめです。
予約番号をとってから連絡すると契約がよりスムーズに進みます。

まとめ

まとめ1. MNPキャッシュバックで選ぶならおとくケータイ

大きな路面点を構えず、webから集客することで経費を削減して、キャッシュバックなどの形で顧客還元をしているのがおとくケータイです。
街にも数多くある携帯販売代理店では、多額の賃料とスタッフ人件費を払って運営を行なっているのに対して、口コミ・webが中心で運営費用が安く済むので、その分をキャッシュバックとして還元しています。
ソフトバンクなど携帯キャリアのMNP向け公式キャンペーンとは別に、さらに20,000円〜50,000円ほどのキャッシュバックキャンペーンを実施していることもあり、インターネットを使えるユーザーであれば最もお得な方法です。
結論として、多くのMNPキャッシュバックをもらうためには、

がオススメです。

まとめ2. 機種変更するならキャリアオンラインショップ

携帯キャリアを乗り換えずに機種変更するという場合だけは、各携帯キャリア公式オンラインショップが最もおすすめです。
メリットとしては、在庫の安定・時間の短縮・端末の郵送サービス・24時間対応などです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-MNP

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.