iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

MVNO格安SIMの通信速度に関する疑問や問題点等についてまとめました。

投稿日:

MVNOの格安SIMの通信速度にお困りの方が最近お多いようですが、そもそもどこの格安いSIMが一番通信速度が速いのか?

また、遅いのか?今回は、通信速度をテーマに各格安SIMの通信速度の比較や問題点、遅い理由等についてまとめました。
特に、通信速度を重要視してご利用をお考えの方は、是非ともご参考にしてみてください。
yuka0I9A1561_9_TP_V

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

⒈MVNOとは?
⒈1MVNOについて
⒈2MVNOのメリット
⒈3MVNOのデメリット
⒉格安SIMとは?
⒉1格安SIMについて
⒉2格安SIM3キャリアとの違い
⒉3格安SIMのメリット
⒉4格安SIMのデメリット
⒊MVNO格安SIMの通信速度
⒊1格安SIMの通信速度の秘密
⒊2MVNO(格安SIM)ごとに通信速度に大きな差が出る
⒋MVNO格安SIM通信速度について
⒋1MVNO格安SIM通信速度が遅い理由
⒋2MVNO格安SIM通信速度が遅いための対策
⒋3MVNO格安SIM通信速度はどういう状況下で早くなり遅くなるのか?
⒌通信速度が遅い時はWi-Fiを活用
⒌1格安SIMは遅いdocomo回線との関係
⒌2通信が早く安定している格安SIMは?
⒍まとめ

⒈MVNOとは?

SAYA160312170I9A3708_TP_V

⒈1MVNOについて

MVNOとは、仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator, MVNO)のことで、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことを言います。

⒈2MVNOのメリット

・携帯会社の回線に比べて、安く回線を利用できる
・通信容量のバリエーションが豊富で、様々なプランがある
・インターネット上で契約が出来て手軽
・契約期間の縛りが少なく、解約時に大幅な違約金を請求されることが少ない

⒈3MVNOのデメリット

・キャリアメールなど、携帯会社で使用していた機能で使用できないものもある
・設定は自分で行う必要があるなど、全てのサポートを手厚くうけることが出来るわけではない
・基本的に通話料が高いが、OCN モバイル ONEやIIJmioなど、通話料が安いプランもある

⒉格安SIMとは?

IMARIC20160805210023_TP_V

⒉1格安SIMについて

格安SIMカードとは、MVNOと呼ばれる事業者が大手通信キャリアに比べて低価格で提供しているSIMカードのことです。大手家電量販店を訪れると、携帯コーナーの一角に格安SIMがずらりと並んで販売されている光景も珍しくなくなりました。また、流通大手のイオンなどは、格安SIMと自社調達のスマホをセットにして「格安スマホ」として販売しています。
この格安SIMを一定の「条件」を満たしたスマホやタブレットに挿入してちょっとした設定をおこなえば、ドコモもしくはKDDIの通信回線を通じてデータ通信などが可能となります。

⒉2格安SIM3キャリアとの違い

・格安スマホはキャリアメールが使えない
・格安スマホや通話料金が高い
・格安スマホの電話番号はMNPで現在の番号を維持できる
・日本独自の機能が使えたり、使えなかったりする

⒉3格安SIMのメリット

・月額料金が安くなる
・プランを柔軟に選べる
・2年縛りがない
2014年、大手通信キャリアは音声通話かけ放題とパケットを家族でシェアする新料金プランを発表しました。しかし、新料金プラン内での選択肢は用意されているものの実質的にそこまで選択の自由があるとは言えません。
この点、格安SIMだと音声通話サービスの有無やデータ通信量に関する選択肢が豊富にラインナップされています。牛丼屋で例えると、大手通信キャリアは牛丼大盛り(味噌汁付き)しか頼めないのに対して、格安SIMは大盛りからミニサイズまでお腹の需要に応じて選べるといった感じでしょうか。
また、契約期間に縛りがない格安SIMが多いことも利点のひとつ。気軽にMVNOを渡り歩くこともできます。

⒉4格安SIMのデメリット

利点ばかりではなく、欠点もあります。もっとも、これらを欠点だと思わない人も多いでしょうし、そういうユーザーこそが格安SIMを導入するべきなのかもしれません。
・音声通話に対応していないものが多い
・利用できないキャリア関連サービスが多い(キャリアメール・キャリア決済・年齢認証ほか)
・クレジットカードが必要な場合が多い
・キャリアによる端末価格の割引を受けられない
・テザリングを利用できないケースあり
・データ通信の制限が厳しい
・通信速度が遅くなる可能性あり
ここで注意しておきたいのは、それまで通信キャリアから提供されていたキャリアメール(@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)やキャリア決済、年齢認証サービス、迷惑メール対策、セキュリティサービスなどが利用できなくなるということ。特にキャリアメールにサヨナラできるか否かは、ある種の踏み絵になるでしょう。

⒊MVNO格安SIMの通信速度

5f3cd4e57e1e3347a41f563b566c12c6_m

⒊1格安SIMの通信速度の秘密

格安SIMは『下り最大150Mbpsの高速通信ができる』とか記載されていますが、最大150Mbpsであって、実際に出るスピードではありません。では実際にでる通信速度はいくつかというと、先にも述べたように5Mbpsぐらいです。最大値がいくら高くても実際にでる通信速度とは関係ないので騙されないようにしてください。
通信速度には下りスピード(ダウンロード速度)と上がりスピード(アップロード速度)の2つのスピードがありますが、重要なのが下りスピードです。上がりスピードは300kbpsぐらい出れば十分です。下りスピードが速ければ速いほど快適に使えます。通信速度が10Mbpsで速い!でもそれ上がりスピード!みたいに引っかからないようにしましょう。

⒊2MVNO(格安SIM)ごとに通信速度に大きな差が出る

格安SIMの実際にでる通信速度の平均は5Mbpsですが、格安SIMごとに実際にでる通信速度に大きな差があります。つまり、実際に出る通信速度が速い格安SIMがあったり、遅い格安SIMがあったりします。速い格安SIMと遅い格安SIMを比較すると通信速度の差が10倍から100倍あったというのも珍しくありません。
さらに話がややこしくなることに、時期によって通信速度の速い格安SIMが遅くなって普通の格安SIMになったり、普通の格安SIMが速い格安SIMになったりしたりします。唯一の例外は、UQ mobileです。UQ mobileだけはいつでも超速い通信速度を維持していますが、それ以外の格安SIMは数ヶ月(早いと1ヶ月)で通信速度がかなり変動することがあります。
通信速度が普通になることがありましたが、比較的速い通信速度を維持しているのがIIJmioとDMM mobileです。楽天モバイルやOCNモバイルONE等は普通の通信速度の格安SIMです。普通の通信速度の格安SIMですが、基本的に一般的な使い方ならほとんど問題なくつかえるくらいの通信速度になっています。問題になってくるのが、遅い通信速度の格安SIMです。
BIGLOBEは現在では普通の通信速度が出る格安SIMですが、時期によっては遅くなったりすることがあります。日本通信のb-mobileは速度計測アプリ上では通信速度が速いのですが、裏でなにやらアプリごとの速度制限を行っているらしく、動画を見る場合、読み込みがとても遅いといった不具合が合ったりします。あとSo-net系(Play SIM等)は避けたほうがいいです。Play SIMは夜の通信速度が尋常じゃないくらい遅いという評判が多すぎです。

⒋MVNO格安SIM通信速度について

PASONAZ160306470I9A2122_TP_V

⒋1MVNO格安SIM通信速度が遅い理由

【格安SIMが遅い時間帯】
その時間帯とはお昼の時間帯が特に顕著です。また、朝9時頃や18時頃も遅く感じます。曜日によっても変わります。土日に遅いと感じる時間帯もありますし、平日遅いのに土日は早くなる時間帯もあったり様々です。
【地域によって異なる】
格安SIMは通信する地域によっても速度が変わります。都心では遅いのですが、郊外に出ると早くなったり、地方の方が速かったりします。一般的には地方の方が通信速度が速い傾向があります。それには理由があります。
【利用者が多い格安SIMほど遅くなる傾向】
格安SIMを利用する上で通信速度が遅いと感じるのは、同じ格安SIM会社を使っている人が多いほど通信速度が遅くなる傾向があります。さらにその格安SIMで通信する時間や地域が重なることで個々の通信速度が遅くなります。一つの通信施設を通信使用者で一斉に使うために起こります。これを輻輳(ふくそう)といいます。
つまり地方の格安SIMを使う人が少ない地域、さらに使う人が少ない時間帯には通信速度が速くなります。逆に都会の格安SIMを使う人が多く密集した地域で通信する時間帯も重なる場合は通信速度は遅くなります。また、さらに格安SIMのユーザー数にもよります。A社格安SIM契約者が多い場合にはA社の速度は下がります。他社も同じです。
利用者が少ない格安SIMの方が通信速度が速い傾向がありますが、では流行っていない格安SIM会社を選べばよいのか?といえばNOです。ユーザー数の少ない格安SIM会社は通信設備に投資ができないため通信時間や地域が重なると遅くなるのが早くなります。
1番良いのは通信設備にお金をかけていると発表している格安SIMです。定期的に通信設備を改修している格安SIMを選ぶべきです。通信設備にお金をかけるわけですからどんどんと多人数の通信もそれなりの速度を維持するようになります。利用者の増減で通信が輻輳しにくいのは老舗の格安SIMということになります。
新しくサービスを開始した格安SIMは初めは速度が速いのですが、ユーザー数が増えるにつれ速度が出ないようになります。また、時間帯で遅い場合は大元の携帯キャリアが通信に制限をかけている場合もあります。

⒋2MVNO格安SIM通信速度が遅いための対策

一番の対策は、通信速度の遅い格安simを選ばないことです。iPhoneで格安simをすでに使っている人は、速度が遅い場合下記のことを試してみて下さい。それでも改善しない場合は、速度が速い格安simへの乗り換えを検討するのも良いかもしれません。
【iPhoneを再起動してみる】
iPhoneでmineo(マイネオ)の格安simを利用していますが、過去一度だけページが開けないくらい速度が遅くなった時がありました。再起動をしてみると、問題なくページが表示されるようになった事があります。auなどのキャリアを使っている時でもこの現象は年に1度くらいはあったので、まずはiPhoneを再起動してみるとよいと思います。
【場所を移動してみる】
今いる場所での通信が混雑していて、速度が遅くなっている場合があります。特に人が密集した地域で、回線を利用している人が多いと遅くなる場合があります。移動して基地局が変わると速度が速くなる可能性があります。

⒋3MVNO格安SIM通信速度はどういう状況下で早くなり遅くなるのか?

【契約者が多くなる】
今まで速度が出て快適に使えていた格安SIMが、次第に速度が出なくなって不満が出てきた。なんていう経験は、古くから格安SIMを使っている人にはおなじみの出来事と言えるでしょう。古くはBIGLOBE、最近だとぷららモバイルLTEの無制限SIMなんかがこうした状態に陥っています。
何故今まで速かった格安SIMが、急に速度の出ない低速回線になってしまうのでしょうか。その理由はすごく単純なことなのですが、提供しているMVNOの契約者数が増えたことが要因として考えられます。
何故契約者数が増えると速度が落ちるのでしょうか。それは、MVNOの格安SIMの仕組みにあります。MVNOの通信というのは、キャリア回線を間借りしている形で行われています。主にdocomoの回線を借りているわけですが、もちろんタダで借りているわけではありません。契約料を払ってその分の「通信帯域」というものを購入しています。そしてこの「通信帯域」というものが格安SIMの速度と通信可能容量に関わる部分で、「通信帯域」をどれだけdocomoから買って保有しているかで速度と安定感が変わってきます。
例えば先ほど例に挙げたBIGLOBEは、2010年頃のまだまだ格安SIMが一般的でなかった頃に、MVNOの格安SIMの提供を始めました。この頃はまだ3Gが全盛で、最大速度も14Mbpsぐらいしか出ないという状況でした。このBIGLOBEの格安SIMですが、出だしは好調で私も使っていました。低速回線ながらも当時にしてみるとウェブサイトも表示しやすく、移動中にWiMAXが使えないこともあってとても重宝しました。
ですがこの格安SIMの評判がアーリーアダプターに広まり契約者数が爆発的に増えていくと、段々とサービスの品質に影を落とすようになりました。BIGLOBEが当初docomoから買っていた「通信帯域」では、増え続けた契約者からの通信接続には設備が耐えることが出来ず、これまで普通に使えていたユーザーを含めて全てのこの格安SIM契約者が0.01kbps前後というあまりにも遅すぎる速度低下状態になり騒ぎになりました。
結局BIGLOBEは多くの批判を受け、この状態が回復する=「通信帯域」を追加購入してそれが速度に反映されるまで数ヶ月の時間を要し、サービスの評判に多大なる悪影響が及びました。現在ではこの当時の事件から学んだのか、BIGLOBEはMVNOとしては安心して使える定番会社になりましたが、契約者数が増えるとこのように速度低下に繋がります。
【対策】
この影響への対策というのはユーザー側にはとても難しいものです。「通信帯域」の追加購入がされない限りは速度は上がらないわけで、ユーザー側が努力してどうにかなるものではありません。
あえて対策法を考えるならば、信頼のおけるMVNOと契約することでしょう。信頼のおけるMVNOの代表的な例としては、一度失敗したBIGLOBE、長年トラブルもなく満足度アンケートでもトップにいるOCNやIIJmioといったMVNOです。これらの会社ならば、契約者増による帯域の圧迫に対しても、すぐに設備費を増やして帯域の増量に務めてくれる対応の素早さがあります。MVNOに力を入れていることもあり、信頼出来る契約をするならこれらのMVNOでしょう。
【通信量が多い時間帯】
もう一つ格安SIMが速度の遅くなる状況というのがあります。それは格安SIM含めて多くの通信量が発生する時間帯です。具体的に言えば12時から13時の間です。この時間帯は、丁度お昼休みの休憩時間ということで、格安SIMだけでなくキャリア回線(MNO)の通信量も増加します。この時間帯はこのように通信する人が増えるために、格安SIMは速度が極端に落ちてしまします。
何故人が沢山通信する時間帯に速度が落ちるのか。その理由は先ほどの通信帯域の限界と同じ理由が挙げられます。12時から13時までのお昼の時間帯は、一時的に先ほどのBIGLOBEと同じように、「通信帯域」のキャパシティを超える人が一斉に通信を始めるため、帯域が耐えることが出来ずに速度を絞ることで対応するしか無いのです。
この時間帯はハッキリ言って、どんなMVNOでも必ず遅くなります。BIGLOBE、OCNといった定評のあるMVNOでも、余裕で0.5kbps以下の速度へと落ちてしまいます。キャリア回線だと影響はあるもののここまで極端な速度低下は起きません。格安SIMではこうした場面で速度低下というデメリットが発生してしまいます。

⒌通信速度が遅い時はWi-Fiを活用

スマホやiPhoneで通信制限になってしまったらどうする!?

スマホやiPhoneで通信制限になってしまったらどうする!?

⒌1格安SIMは遅いdocomo回線との関係

格安SIMの通信速度はどの程度なのか?「ドコモの回線を使っています」「最大150Mbpsです」という宣伝文句を聞けば、誰だって「なるほど、ドコモと同じ回線を使っているのか。ならドコモのLTEと同じぐらいの速度は出るんだろう」と思い込むものだと思います。でも実際のところは大手キャリアの通信速度とMVNOの通信速度は桁違いに違います。

⒌2通信が早く安定している格安SIMは?

各サービスのうち、ダウンロード速度の中央値が高かった上位3位は、FREETELが13.9Mbps、UQ mobileが8.2Mbps、楽天モバイルが7.4Mbps。また、箱の高さ(75%値)については、UQ mobileが20.5Mbpsで最も高く、mineo(au)が16.8Mbps、FREETELが16.6Mbps、IIJ mioが14.3Mbpsで続いています。
これらの比較的高速だった5サービスの中で、速度の安定性の目安となる箱の長さを見てみると、FREETEL、楽天モバイルが箱が短くなっており、相対的に速度が安定していたと考えられます。一方、OCN モバイル ONE、BIGLOBE SIM、U-mobileは、箱が短くバラつきは少ないものの、低速のまま安定している結果となっています。

⒍まとめ

画像6
今回は、MVNO格安SIMの通信速度について解説いたしましたが、やはり3キャリアのように快適に通信速度が速いわけではありません。しかし、そこを補っているのが格安SIMの月々の料金の安さにあります。
ですので、ご利用の際はどのような使用をお考えかしっかりと検討する必要があります。また、3キャリアとの違いは通信速度以外にも、プランの細かい設定なども対応しているのが格安SIMの良いところなので、そのへんも含めて見直すのもオススメのご利用の仕方です。この記事が少しでも、読者の参考になりましたら幸いです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.