MVNO格安SIMの通信速度に関する疑問や問題点等についてまとめました。

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone8 / X 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』や『SMARTPHONE STORE』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

MVNOの格安SIMの通信速度にお困りの方が最近お多いようですが、そもそもどこの格安いSIMが一番通信速度が速いのか?

また、遅いのか?今回は、通信速度をテーマに各格安SIMの通信速度の比較や問題点、遅い理由等についてまとめました。
特に、通信速度を重要視してご利用をお考えの方は、是非ともご参考にしてみてください。

yuka0I9A1561_9_TP_V

目次一覧

⒈MVNOとは?
⒈1MVNOについて
⒈2MVNOのメリット
⒈3MVNOのデメリット
⒉格安SIMとは?
⒉1格安SIMについて
⒉2格安SIM3キャリアとの違い
⒉3格安SIMのメリット
⒉4格安SIMのデメリット
⒊MVNO格安SIMの通信速度
⒊1格安SIMの通信速度の秘密
⒊2MVNO(格安SIM)ごとに通信速度に大きな差が出る
⒋MVNO格安SIM通信速度について
⒋1MVNO格安SIM通信速度が遅い理由
⒋2MVNO格安SIM通信速度が遅いための対策
⒋3MVNO格安SIM通信速度はどういう状況下で早くなり遅くなるのか?
⒌通信速度が遅い時はWi-Fiを活用
⒌1格安SIMは遅いdocomo回線との関係
⒌2通信が早く安定している格安SIMは?
⒍まとめ

⒈MVNOとは?

SAYA160312170I9A3708_TP_V

⒈1MVNOについて

MVNOとは、仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator, MVNO)のことで、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことを言います。

⒈2MVNOのメリット

・携帯会社の回線に比べて、安く回線を利用できる
・通信容量のバリエーションが豊富で、様々なプランがある
・インターネット上で契約が出来て手軽
・契約期間の縛りが少なく、解約時に大幅な違約金を請求されることが少ない

⒈3MVNOのデメリット

・キャリアメールなど、携帯会社で使用していた機能で使用できないものもある
・設定は自分で行う必要があるなど、全てのサポートを手厚くうけることが出来るわけではない
・基本的に通話料が高いが、OCN モバイル ONEやIIJmioなど、通話料が安いプランもある

⒉格安SIMとは?

IMARIC20160805210023_TP_V

⒉1格安SIMについて

格安SIMカードとは、MVNOと呼ばれる事業者が大手通信キャリアに比べて低価格で提供しているSIMカードのことです。大手家電量販店を訪れると、携帯コーナーの一角に格安SIMがずらりと並んで販売されている光景も珍しくなくなりました。また、流通大手のイオンなどは、格安SIMと自社調達のスマホをセットにして「格安スマホ」として販売しています。

この格安SIMを一定の「条件」を満たしたスマホやタブレットに挿入してちょっとした設定をおこなえば、ドコモもしくはKDDIの通信回線を通じてデータ通信などが可能となります。

⒉2格安SIM3キャリアとの違い

・格安スマホはキャリアメールが使えない
・格安スマホや通話料金が高い
・格安スマホの電話番号はMNPで現在の番号を維持できる
・日本独自の機能が使えたり、使えなかったりする

⒉3格安SIMのメリット

・月額料金が安くなる
・プランを柔軟に選べる
・2年縛りがない

2014年、大手通信キャリアは音声通話かけ放題とパケットを家族でシェアする新料金プランを発表しました。しかし、新料金プラン内での選択肢は用意されているものの実質的にそこまで選択の自由があるとは言えません。

この点、格安SIMだと音声通話サービスの有無やデータ通信量に関する選択肢が豊富にラインナップされています。牛丼屋で例えると、大手通信キャリアは牛丼大盛り(味噌汁付き)しか頼めないのに対して、格安SIMは大盛りからミニサイズまでお腹の需要に応じて選べるといった感じでしょうか。

また、契約期間に縛りがない格安SIMが多いことも利点のひとつ。気軽にMVNOを渡り歩くこともできます。

⒉4格安SIMのデメリット

利点ばかりではなく、欠点もあります。もっとも、これらを欠点だと思わない人も多いでしょうし、そういうユーザーこそが格安SIMを導入するべきなのかもしれません。

・音声通話に対応していないものが多い
・利用できないキャリア関連サービスが多い(キャリアメール・キャリア決済・年齢認証ほか)
・クレジットカードが必要な場合が多い


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]