iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

MVNOの低速モードって便利なの?その理由と格安SIMの特徴、価格について紹介!

投稿日:

現代の日本では、スマホを利用している方というのがとても増えてきています。
 
それもそのはず、今はもうスマホが必要不可欠な時代になりつつあるのです。
 
スマホと言えば、持ち運びも便利でかつ快適に電話ができたりなどといったことで特徴的です。
 
そして快適にスマホを利用するために欠かすことのできないものと言えば、通信速度です。
 
やはり通信速度が速ければそれだけ快適に利用することができますよね。
 

 
しかしこれには制限があり、ある一定の通信量を超えてしまうと低速モードになるのです。
 
では、もしあなたのスマホで意図的に低速モードへの切り替えというものがあればどうでしょう。
 
そうすれば、あなたの利用したいタイミングで通信速度を変更させることができますよね。
 
ではこのように、低速モードへの切り替えができる格安SIMというのは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。
 
今回は「MVNO」の低速モードについてお話ししていきたいと思います!
 

目次一覧

1.MVNOについて
1.1.MVNOってなに?
1.2.格安SIMとは
2.MVNOの特徴について
2.1.どのような種類の格安SIMがあるの?
2.2.それぞれの格安SIMの特徴について
3.格安SIMの料金について
3.1.格安SIMの料金は?
3.2.他の格安SIMに比べるとお得なの?
4.MVNOの低速について
4.1.MVNOには低速モードがある!?
4.2.低速モードの切り替えができる格安SIMは?
5.格安SIMについて
5.1.オススメの格安SIMは?
5.2.格安SIMのプランについて
6.格安SIMについての評価について
6.1.格安SIMについての高評価
6.2.格安SIMについての低評価
7.スマホを効果的に利用する際のポイントについて
7.1.あなたに合った格安SIMを選ぼう!
7.2.初期設定を変更しよう!
8.まとめ

 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1MVNOについて

yjimage-2
それでは前置きはここまでにしておき、ここから本題に移っていきたいと思います。
 
実際にここからはこの「MVNO」というものについてお話ししていくのですが、そもそも「MVNO」というのはなんぞやと思われた方もいるかもしれません。
 
なのでまず初めに、この「MVNO」というのが一体何なのかということについてお話ししていきます。
 

1.1MVNOってなに?

 
ではこの「MVNO」というのが一体何なのかということです。
 
もしかすると、あなたは「MVNO」という言葉を初めて耳にしたかもしれません。
 
なので「これってどういう意味なの?」と思われた方も多いでしょう。
 
また、これまでに「MVNO」という言葉は耳にしたことがあっても、意味についてはご存知でないという方もいるかもしれません。
 
なのでここできちんと、この「MVNO」について理解を深めていきましょう。
 
「MVNO」という言葉を辞書で調べると、このように出てきます。
 

仮想移動体通信事業者。周波数の割り当てを受けずに、携帯電話などの無線通信インフラを借り受けて事業を行う企業。無線通信サービスの認可を受けるには特定事業者の寡占状態が強いため事業に参入するためにはインフラ面において経済的・時間的ロスが多いが、免許を受けた事業者の設備を利用することで無線通信サービスを提供できる。

 
この辞書にもう少し砕いた表現を加えてみると、「MVNO」というのは独自の回線を利用せず他社から借りて通信回線をつなぐ企業のことを指すのです。
 
実際にこの「MVNO」と関わりが深いのは、格安SIMですよね。
 
この格安SIMは、もはや「MVNO」とセットと言っても過言ではないくらい関係が深いです。
 
格安SIMについてはまた後ほどお話ししていきますね。
 

1.2格安SIMとは

 
では今お話しした格安SIMというものについてですが、こちらに関してはおそらくあなたも一度は耳にしたことがあるでしょう。
 
では実際に、この格安SIMの意味まで理解されている方はいますでしょうか。
 
もしかすると、曖昧だけど少しならわかるという方もいるかもしれません。
 
ではこの格安SIMですが、これは一体何なのでしょうか。
 
こちらも辞書で調べるとこのように出てきました。
 

電話番号や契約者のデータなどが記録されており、携帯電話に差し込んで使う「SIMカード」のうち、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社の回線を使って別の事業者が販売しているもの。

 
うーん…。
 
これだけでは少し表現がわかりづらいですね。
 
もう少し簡単な表現にしてみましょうか。
 
この格安SIMというのは、あなたがスマホを快適に利用するために重要なアイテムであるSIMカードが、比較的安い価格で利用できるものであるということです。
 
また格安SIMは、大手三大携帯会社であるドコモ、AU、そしてソフトバンクが運営しているのも特徴として挙げられます。
 
ではこれから、この「MVNO」や「格安SIM」についてもう少し詳しくお話ししていきますね。
 

2MVNOの特徴について

yjimage-1
それではここで、まずは「MVNO」の特徴からお話ししていきます。
 
実際にこの「MVNO」というのが何なのかということについてはお話ししましたが、ここではもう少し掘り下げてお話ししていきますね。
 
では、この「MVNO」にはどのような特徴があるのでしょうか。
 

2.1どのような種類の格安SIMがあるの?

 
ではまず1つ目に挙げられる特徴です。
 
1つ目に挙げられる特徴としては、この「MVNO」に対応している格安SIMにはどのような種類があるのかということです。
 
これについては、実は意外にも多くの格安SIMが対応しているのですよ!
 
ではその格安SIMというと一体どのようなものが挙げられるのかということですが、これは主に5つ挙げられます。
 
まず1つは「楽天モバイル」です。
 
そして次に「DMMモバイル」となっており、それから「MINEO」も挙げられます。
 
また後の2つは「OCNモバイルONE」、「IIJMIO」が挙げられます。
 
もしかするともうご存知の方もいるかもしれません。
 
これらの格安SIMというのは、とても多くの方に利用されている人気の格安SIMなのですよ!
 

2.2それぞれの格安SIMの特徴について

 
ではここで、この「MVNO」に対応している格安SIMの、それぞれの特徴についてお話ししていきます。
 
まず楽天モバイルは、デビットカードによる支払いができるだけでなく、貯まったポイントで買い物ができるなどと言ったことが大きな特徴です。
 
そしてDMMモバイルですが、これは業界最安値ということでとても格安で利用できる格安SIMとして人気となっています。
 
それからMINEOやIIJMIO、そしてOCNモバイルONEに関してはプランが豊富であることが挙げられます。
 
このように、「MVNO」に対応している格安SIMにはそれぞれ利用するにあたってお得な特徴があります。
 

3格安SIMの料金について

yjimage-2
それではここからは、格安SIMについて詳しくお話ししていきます。
 
実際に格安SIMを利用する上でとても重要となってくるのが、やはり料金です。
 
この格安SIMというのは、その名の通り格安であることが特徴的なのですが、一体どれくらい格安なのでしょうか。
 
ここではその料金についてお話ししていきます。
 

3.1格安SIMの料金は?

 
それではまず、この格安SIMの料金についてお話ししていきます。
 
格安SIMの料金は一体どれくらいなのかということですが、これはあなたももうお分かりの通り格安SIMによって違ってきます。
 
しかし「DMMモバイル」を例にとれば、3GBプランというものの料金がなんと850円となっているのです。
 
これは業界最安値であり、数ある格安SIMの中でも特に価格に関しては安いと言われている格安SIMとなっています。
 
しかし、どの格安SIMも全てこれくらいの料金というわけではありません。
 
1つ紹介すると、「楽天モバイル」に関しては同じ3GBのプランでも900円となっています。
 
また他の格安SIMに関しては、1000円台であるというものまで存在しています。
 
なので正直「格安SIMの料金に関してはこれくらいかな」などといったことは言えません。
 
とは言え格安なだけあって、基本的には1000円台で収まるものばかりとなっています。
 

3.2他の格安SIMに比べるとお得なの?

 
そしてこの格安SIMの料金ですが、こちらの中でも特に低価格で人気の「DMMモバイル」の場合他の格安SIMに比べるとお得なのかということです。
 
これについてははっきり言いましょう。
 
とてもお得となっています!
 
なのでもし料金の面で格安SIMを選びたいというのであれば、ぜひこの「DMMモバイル」をお勧めします。
 
実際に「DMMモバイル」の場合であれば、3GBプランの料金は850円となっています。
 
しかし「楽天モバイル」の場合は900円となっています。
 
そう考えると、今存在している人気の格安SIMの料金というのは比較的安い価格であるということがわかりますね。
 
しかし何度も言うように、格安SIMの料金というのはこれと言って定まっていません。
 
また格安SIMによって、料金は良くてもプランがお得でないものなども存在しています。
 
なので正直、どの格安SIMが一番お得なのかということに関しては一概には言えないのです。
 
格安SIMを利用する上で一番大切なことは、あなたの目的に合わせた格安SIM選びをするということです。
 

4MVNOの低速について

yjimage-4
このように、ここまでは「MVNO」とは何かということに加えて特徴についてお話ししました。
 
また、MVNOには欠かすことのできない格安SIMについてもお話ししました。
 
いかがでしょうか。
 
もしかすると、もうかなりこれら2つの特徴については把握できたのではないでしょうか。
 
さて、それではここで「MVNO」の低速についてお話ししていきます。
 
一体「MVNO」の低速については、どのようなことが挙げられるのでしょうか。
 

4.1MVNOには低速モードがある!?

 
それでは「MVNO」の低速モードについて、まず1つ特徴を紹介しますね。
 
ではその特徴というのは一体何なのかということですが、これは「MVNO」には低速モードが存在しているということです。
 
というのもこの低速モードというのが一体何なのかというところからですが…。
 
実はこの低速モードというのはとても便利な機能で、データ通信量の消費をできるだけ抑えることができるということでとてもオススメの機能となっています。
 
もう少し具体的にお話しすると、この低速モードというのはなんと低速通信と高速通信の切り替えができると言ったものなのです。
 
データの消費を抑えることで、大事な時に高速通信が利用できると言ったこともできるので、この低速モードはとてもオススメですよ!
 

4.2低速モードの切り替えができる格安SIMは?

 
ではこの「MVNO」の低速モードについてですが、この機能が実際に利用することのできる格安SIMというのは一体どのようなものが挙げられるのかということです。
 
これについては、先ほど紹介した「楽天モバイル」、「DMMモバイル」、「OCNモバイルONE」、「IIJMIO」、「MINEO」が挙げられます。
 
先ほどにもお話ししたように、これらの格安SIMというのはとても多くの方に利用されている人気の格安SIMなのです!
 
なのでこの低速モードの切り替えがあるかないかということだけでなく、料金の面やプランについてもとてもお得なものであると言えます。
 

5格安SIMについて

yjimage
それでは次に、格安SIMについてお話ししていきます。
 
ここまででもかなり詳しくお話ししてきたのですが、もう少しこの格安SIMについて掘り下げていきましょう。
 
スマホを快適に利用するために重要な役割を担う格安SIMですが、こちらにはどのような特徴があるのでしょか。
 

5.1オススメの格安SIMは?

 
ではまず、オススメの格安SIMにはどのようなものが挙げられるのかということについてお話ししていきます。
 
実際にこの格安SIMには、とても数多くの種類が存在しています。
 
その中でもオススメとなる格安SIMは、やはり「DMMモバイル」です!
 
これは一体何が良いのかということですが、この「DMMモバイル」はとにかく料金が安いということです。
 
格安SIMというのは月々の支払いとなっています。
 
そんな中で高額な料金は毎回払ってられないですよね。
 
そこでこの「DMMモバイル」は、格安SIMの業界最安値であることもありとてもお得に利用することができるのです。
 
また「DMMモバイル」はプランも豊富であることから、とてもオススメできる格安SIMとなっています。
 

5.2格安SIMのプランについて

 
そしてこれまで格安SIMについてお話ししてきましたが、そもそもこの格安SIMにはどのようなプランが存在しているのかきになった方はいますでしょうか。
 
実は格安SIMのプランには大きく2つに分けられます。
 
それは一体どのようなプランなのかということですが、これはデータ通信専用プランと呼ばれるものと音声通話対応SIMプランです。
 
データ通信専用プランについてはその名の通り、スマホを快適に利用するために欠かせないデータ通信量をチャージするだけのプランのことを指します。
 
そして音声通話対応SIMプランですが、これはもしあなたがよく通話をする方であればオススメのプランです。
 
というのも、音声通話対応SIMプランというのは通話料がお得になるのです。
 
なので、よく通話で長電話をする方にとっては非常に嬉しいプランとなっているということですね。
 

6格安SIMについての評価について

yjimage-3
それでは、実際にこの格安SIMを利用した方からの評価を紹介していきたいと思います。
 
実際にこの格安SIMを利用した方は、どのように評価したのでしょうか。
 

6.1格安SIMについての高評価

 
「イオンモバイル」

【データ量】家ではwifi環境がある状態です。バースト機能を活用して、Web閲覧が基本なので、低速で済ませてしまっています。タブレットと併用ですので3枚シェアにしました。動画を見る方は、どんぶり勘定ですが15分で200MB前後は消費するので、たまに見る方なら4GBでも十分です。【総評】CP、費用対効果で選択しました。そこまで使わないが、安定した供給と価格を求めるなら良いと思います。信頼のIIJ系で、通話+シェア2枚で税込2000円を切る価格。いざとなれば、シェア部分を切り離して、別のMVNO移転も。と考えています。細かい価格設定も魅力ですので。
途中解約は期間を待たずして、違約金はなしです。ここもメリット。MNPはさすがに取られますが。

 
「DMMモバイル」

【データ量】家のWiFiで3分ほどですので、1Gで十分です。【インターネットの速度・つながりやすさ】繋がりやすいし、早いです。別途、無線ルーターが必要ですが。【通話】通話アプリで、半額になるが、高い気がする。【手続き・設定の簡単さ】割と、簡単でした。【サポート】サポートと受けずに、出来ます。【総評】もともと、料金が安いので、満足してます。 3大手の4分の1位で済みますので、経済的に良いです。

 
「エキサイトモバイル」

【データ量】家族で複数枚契約したい方には特にお勧めです。
通信量は全体の合算値になるので、個々の通信量を管理する必要はありません。
最適料金プランを選べば通信量に応じて1GB毎に課金される為、
通信料の残量を気にせず無駄なく使えます。【インターネットの速度・つながりやすさ】通常時はdocomo回線と比べても遜色はないです。
昼休みは少し重くなりますが、
ウェブサイトを見る程度の使い方であれば全く問題ありません。
【スピードテスト結果(参考)】
スピードテストアプリ:OOKLA Speedtest
下り:32Mbps
上り:22Mbps【手続き・設定の簡単さ】家に配送されてきたSIMカードを設定マニュアルの通りに設定するだけですぐにネットが繋がりました。【サポート】現状では特に問題なし。【総評】複数枚契約者には他業者にないメリットがありお勧めです。
1枚契約でも普段自宅のWi-Fiを使用しているが、
外出時にテザリングを使用する機会がある方は選択する価値が十分にあると思います。

 

6.2格安SIMについての低評価

 
「U-MOBILE」

【データ量】無制限ということだがあまりに遅すぎて制限に達しない【インターネットの速度・つながりやすさ】とにかく遅い、出張で全国行くがどこでも同じ、地方でも遅い、遅いだけならまだしも通信が切れることがあり、暇な時間にアンケートサイトに行くが途中で切れるのでそこまで入力したアンケートが無駄になること何度も。 スマホなら何とか我慢できてもPCでは重すぎて全く使い物にならない。【手続き・設定の簡単さ】普通です【サポート】期待してないのでサポートに連絡する気にもならない【総評】安さにひかれて契約したがまさしく安物買いの銭失いでした、近々解約です

 
「LINEモバイル」

【データ量】SNSの利用、サイトの閲覧やIoT関連を1日、1-2時間ほど使用しています。LINEの利用でデータ量が目減りしないので良い。【インターネットの速度・つながりやすさ】ネット閲覧、 メール送受信、 SNS等は概ね良いが,VPN接続ができないなど一部不具合が(原因がサポートの対応不良で解らない)あるようです。【手続き・設定の簡単さ】申し込みから開通まで3日あれば開通するので便利です。【サポート】VPNの接続ができない件で LINEのチャットサポートや電話によるサポートを受けたが、たらい回しにされ消費者の意見を聞かない回答しか発しない。SIM自体に購入時より傷が見受けられ写真も送ったのにまともな回答が出ず(SIM自体を交換してくれと頼んだが)最初のサポートから一週間以上も経ちサポート側の連絡日(時間まで指定してある)にもかかわらず、こちらから電話しないと応答しないような態度で企業体質を疑う。【総評】消費者に対しての対応ができておらず商品を売る価値が無いと思われる。

 
「OCNモバイルONE」

NMP、契約をWebから行った。クレカ番号を入れて、決済はこれにしたのだが、なぜか紙の請求書が届いた。おかしいと思って、サポートにクレームを入れたら、OCNの担当者が誤入力したため、紙ベースの請求書での決済になっていた。こちらが、意図していない契約なので、正すよう指事して、ようやく決済はクレカになった。しかし、契約自体は誤ったままになっており、契約日や契約内容を、こちらが行った通りに正してほしいと、何度も申し入れているが、「出来ません」の一点張り。間違えたのはOCNの方なのに、なぜなのか全く理解できない。もう2ヶ月以上、やりあっているが、埒があかないので、消費者庁、総務省、消費者センターに相談している。

 

7スマホを効果的に利用する際のポイントについて

yjimage-6
それでは最後に、スマホをより効果的に利用するポイントについてお話ししていきます。
 

7.1あなたに合った格安SIMを選ぼう!

 
ではまず1つ目のポイントから紹介していきますね。
 
1つ目に挙げられるポイントとしては、あなたに合った格安SIMを選ぶということです。
 
これは先ほどにもお話ししたように、あなたの目的に合わせて格安SIMを選ぶのが、不要なプランなどを契約しなくて済むといったこともありオススメであるということです。
 
きちんとあなたに合わせて慎重に格安SIMを選びましょうね。
 

7.2初期設定を変更しよう!

 
そして2つ目に挙げられるポイントとしては、初期設定を変更するということです。
 
これはどういうことなのかというと、初期設定のままのスマホには不要なオプションがついていたりしています。
 
これではバッテリー消耗を速めてしまう恐れが出てきます。
 
そこで、初期設定を変更して不要なオプションはつけないようにするのが良いということです。
 

8まとめ

yjimage-3
今回は「MVNO」の低速モード機能が存在している格安SIMについてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。
 
意外にも、とても多くの格安SIMが低速モードに対応していましたよね。
 
またその格安SIMも、とても多くの方から利用されている人気のものであるのも特徴的でした。
 
この低速モード機能というのは、あなたが快適にスマホを利用する上でお得な機能となっています。
 
なので、もしあなたが格安SIMでこのような低速モードへの切り替え機能が欲しいのであれば、今回紹介したこれらの格安SIMを利用するのがオススメですよ^ ^

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.