iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

格安mvnoの低速モードは使えるのか?目指せ通信量0ライフの掟!

投稿日:

日々通信機器の需要が上がる現代、月にかかる通信費は、
家計を圧迫する問題の種となっています。
そんな時は、格安MVNOの低速モードサービスを利用することで
月の通信費を大幅にカットすることが可能となります。

人によっては、この方法を活用すると
通信費0で快適な通信ライフを満喫できるかもしれませんよ。
1.MVNOが提供する『低速モード』とは
1-1.データ量に基本上限はない!無料で使える低速モード!
1-2.各社が提示している料金は高速通信のみ
1-3.使い方は簡単!アプリや設定が用意されている!
2.ブーストやターボがつくものも!低速通信でも快適なサービス!
2-1.低速モードを快適にするサービス!簡易高速モードとは?
2-2.契約プランはデータ通信が基本になっている。
3. 低速モードはこんなに使える!できることできないこと!
3-1.SNSやメッセージアプリは問題なし
3-2. 重い画像や動画は無理だけど、Web閲覧は可能
3-3. 音楽ストリーミングはむしろ低速モード向き
3-4.アプリ・ゲームは無理、ポケモンGOはできなくもない
4.低速モード使用で注意したいことは?
4-1.基本無制限の低速モードでも1日の使用量規定がある場合も
4-2.お金はなくならないかもしれないけど時間をなくす?
5.低速モードとフリーWi-Fiで通信費0ライフの3つの掟!
5-1.連絡手段より、スマホを使用できる時間の把握を!
5-2.アプリのダウンロードのためにWi-Fiの拾える環境の把握を!
5-3.ブラウザソフトはGoogleChromeが必須!
5-4.使用端末は、iPhoneの方が向いている?
6.低速モードでも快適に使えるMVNO厳選5
6-1.制限無し OCNモバイルONE
6-2.低速通信専用のプランがある楽天モバイル!
6-3.マイネオは格安でちょっとだけ高速通信が使えるプラン!
6-4.低速でも安定した速度を保つIIJmio(Dプラン)!
6-5.auの端末を使うならUQmobile
7.低速モードより使えるかもしれないサービスがあるMVNO?。
7-1.低速モードがあるが使えない?でもFREETELはこんなサービスがある!
7-2.データ通信専用ならパナソニックのSIMサービスも視野に
8.まとめ
 
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

MVNOが提供する『低速モード』とは

snail-153885_640
格安SIMの登場でデータ通信にかかる費用を安く抑えたり、
使用にそう料金プランの選択肢の幅が広がりましたね。
 
そして、この『低速モード』を使いこなすことで
更にデータ通信にかかるコストを大幅に節約することができます。
 
それでは、この『低速モード』とは何か?
ご説明していきたいと思います。
 
 

データ量に基本上限はない!無料で使える低速モード!

この低速モードとは、データ送受信時の通信速度が200kbps前後で行うモードのことを言います。
 
この速度は通常は、契約した月の通信量を使い切った場合に制限される通信速度と同程度なのですが
多くの格安SIMでは、任意で切り替えて使用することができるようになっています。
 
そして、このモードを使うことで、様々な利点があります。
まずは、通信費が無料で使用できることと、
多くの格安MVNOでは、基本、使用上限を儲けてないといったことが挙げられます。
 
つまりは、任意でこの『低速モード』に切り替えて通信を行うと
無料で使い放題と言うこととなっています。
 
なぜ、無料なのかは次の事項で!
 
 

各社が提示している料金は高速通信のみ

では低速通信がなぜ無料で使用できるのかというと、
実は、キャリヤ契約や格安MVNOでの料金契約プランには
高速通信に於いての使用料金しか設定されていません。
 
月のデータ使用量も、それにかかる料金も高速通信でのデータ送受信が対象となっています。
 
なので、この『低速モード』の低速通信では、
料金は発生しないこととなっています。
 
 

使い方は簡単!アプリや設定が用意されている!

格安MVNOで用意されているほとんどの端末には設定アプリが搭載されています。
また、SIMフリーの端末を使っても、アプリが用意されていることもあります。
 
これで、低速モードをオン・オフを切り替えるだけです。
 
ちなみに、この低速モードは、MVNOによって、名称が違い
高速通信モードをオフするという場合もあります。
 
でも、簡単に設定できるようになっているので安心してください。
 

ブーストやターボがつくものも!低速通信でも快適なサービス!

exchange-of-information-231629_1280
この低速モードの通信速度は、基本的には契約データ量を使い切った場合に行われる
速度制限と同じ通信速度となるので、当然通常の通信と比べるとかなり遅いのですが、
一部のMVNOには、この低速通信をある程度快適に行う仕組みを持っています。
 
 

低速モードを快適にするサービス!簡易高速モードとは?

低速通信は、無料で上限なく使える魅力的なサービスです。
低速なので、使い方にこまるのも事実です。
 
ですが、一部のMVNOでは、この低速モードでも快適に行える、
『ターボ』とか『ブースト』といった簡易高速通信サービスがあります。
 
これは、通信開始の一定時間、0.秒ほどですが高速通信を行うモノです。
この簡易高速モードのお陰で、それほど重くないWebサイトなら
高速通信と変わらないブラウジングが可能となっています。
 
 

契約プランはデータ通信が基本になっている。

低速通信は、無料で上限なく使える魅力的なサービスです。
 
そこで、通信速度を初めから低速モードに限定して、
電話の使用をメインとした契約をすることも可能です。
 
キャリアも格安MVNOでの契約もそうなのですが、
実は、データ通信プランが契約の基本となっています。
 
どういうことかといううと、データ通信専用プランがありますよね。
そして、音声通話機能付きプランがありますね?
 
しかし、音声通話のみのプランはどこにもありません。
 
キャリアの契約でも音声通話をメインとした、かけ放題のプランがありますが
それでもデータ通信を切り離すことはできません。
 
ですが、タブレットなどで契約できるデータ専用プランがあります。
 
つまりは、どこの通信事業者もデータ通信のプランに音声通話を足した形の
料金プラン体制だと言うことなんです。
 
なので、契約時に通信の種類で低速を選べるプランがあれば、
データ通信にかかる契約料金を最低限にすることが可能なんです。
 

低速モードはこんなに使える!できることできないこと!

smartphone-571961_640
サクサクしたブラウジングができるわけではないですが
低速モードでは、こんなことが可能です。
 

SNSやメッセージアプリは問題なし

SNSのメッセージを読んだり、閲覧には問題なく使用できます。
 
現在、多くの連絡手段は、SNS、主にLINEでのやり取りだと思います。
LINEのやり取りには、200Kbpsでも十分に行えます。
 
また、facebookのニュースフィードなんかも読むことは可能です。
ただ、画像などが投稿されている場合はちょっと時間がかかります。
 
Instagramなどの写真画像などは、ターボやブーストサービスが有るSIMでは
結構、支障なく閲覧することができます。
 
 

重い画像や動画はちょっときついけど、Web閲覧は可能

YouTubeなどの高解像度の動画を見ることは難しいですが
低解像度で、スキップなどをしなければ、見ることが可能みたいです。
 
また、写真の少ないWebサイト(ニュース記事など)は結構見れます。
 
 

音楽ストリーミングはむしろ低速モード向き

実は、低速モードでは、ずっと繋ぎっぱなしの音楽ストリーミング、
ネットラジオなどには向いています。
 
何故かと言うと、100Kbps以下でもネットラジオは聞けますし、
低速通信は、高速通信時と比べてバッテリーの消費が少ない利点があります。
 
つまりは、長時間の使用が前提となる音楽ストリーミング、ネットラジオには、
料金もかからず、バッテリーの消費も抑えることができることから
高速通信より低速通信の方が向いているということになります。
 
 

アプリ・ゲームは可能か?、ポケモンGOはできなくもない!

オンラインゲームに関しては、ほぼ無理です。
またデータ量の多く、頻繁にネットからの読み込みがあるアプリゲームにも向きません。
 
ですがアプリゲームの中にはパズルゲームやポケモンGOなど
一定のデータ量、基本システムなどを
予めダウンロードしてあるアプリゲームは、できなくはありません。
 
システムのアップデートやアプリの新規ダウンロード時などには
不向きですが、これらのゲームは一度読み込んでから、
ゲームを開始するので、通信速度より、端末のスペックの方が重要です。
ただ、読みこむまでの時間待つことができればの話ですが・・・
 
なのでアップデート時のみ、
高速通信もしくはWi-Fiがある環境で行えばできなくはありません。
 

低速モード使用で注意したいことは?

a0002_010303
使用方法を限定すれば、結構使える低速モード!
料金も無料で、月のデータ量も制限がないですが
しかしやはりそこには落とし穴が存在します。
 

基本無制限の低速モードでも1日の使用量規定がある場合も

低速通信には、基本上限がありません。
 
が、MVNOによっては、1日のデータ使用量、
もしくは連続する3日間のトータルデータ使用量に制限があるMVNOもあります。
 
といっても、1日に1Gとかなので、そう使い切らないでしょう。
通信速度も遅いので、それだけのデータを読むこむのはかなり連続した
 
 

お金はなくならないかもしれないけど時間をなくす?

低速モードは結構できることが多く、使える機能ではあります。
 
ですが、高速通信と比較して時間がかかる点はデメリットとしか言えません。
 
時間を掛けて、Webの閲覧を行うのは
ネットというものを良さを殺してしまっている行為とも言えます。
 
ネット検索とは、高速で行うことに意味があると言っても過言ではありません。
なぜなら、それまで時間がかかっていた調べ物を
素早く簡単に調べられることにメリットがあります。
 
1日中、常にスマホをいじれる環境にあれば問題ないのですが、
やはり、補助として考えるほうがいいかもしれないですね。
 
使い方を考えないとデータ通信に時間を取られてしまいますよ!
 

低速モードとフリーWi-Fiで通信費0ライフの3つの掟!

internet-315799_640
有料だけど早く済ませて、他のことを行える高速通信と
時間の取られるけど無料で使える低速通信。
 
2つの利点を活かすことができれば、
完全に通信にを0にすることは不可能ですが
限りなく安く抑えることが可能になります。
 
 

連絡手段より、スマホを使用できる時間の把握を!

連絡手段としては、LINEやSMSをメインに使用すれば、
低速モードで十分に行うことができるので、
他のことでスマホを利用する時間を把握することが重要となります。
 
まず、普段基本低速モードに設定しておきましょう。
これによって、スマホを使わない時、移動時や寝ている間などに
勝手に行われる受信にかかる通信を無料にできます。
 
 
そして、通信を行う際に意識したいのは使用する時間帯です。
 
通信速度は、使う人が多い時間ほど、落ちる傾向にあります。
なので、大勢の人が使う時間に低速モードを使うのはあまり効率のよい使い方とは言えません。
 
 
一般には、朝の通勤時間帯やお昼時は結構回線が混み合うことが多く、
夜は、8時~11時にかけてが多いみたいです。
 
 
ですが、使用している場所や環境の違いがあるので
一度試して、探って見るほうがいいでしょう。
 
 

アプリのダウンロードのためにWi-Fiの拾える環境の把握を!

普段、あまりネットを見ることがなく、
低速通信でも不自由なく過ごせる方でも
Wi-Fiなどの環境が必須となります。
 
なぜなら、スマホ端末のシステムのアップデートや
Android・iOSといったOSのアップデート、
また、使用しているアプリなどのアップデートには、
大容量のデータ通信が必要となります。
 
これは、時間を掛けても低速通信で済ませるには
ちょっと厳しいといえます。
 
なので、自宅のネット回線がある方はいいのですが、
ない方は、フリーのWi-Fiを繋げられる場所を確保、確認しておく必要が出てきます。
 
 
 

ブラウザソフトはGoogleChromeが必須!

ブラウザソフトのGoogleChromeには、
データ受信の容量が約半分に節減できる機能があります。
 
これはGoogleが2014年に行ったアップデートで可能になった機能で、
Webで一番データ容量を使ってしまうのが画像など文字以外のデータとなるのですが
これを圧縮し、最適化を行う機能が追加されました。
※現在は、Androidのみ対応しています。
 
この機能によって、データの受信の容量を約50%に抑えることができます。
 
設定も簡単で、ブラウザ画面のブラウザ設定にAndroidデータセーバーという項目があるので
この機能を"オン"にするだけ、たったこれだけでデータ受信容量が50%の節減が可能となります。
 
 
 

使用端末は、iPhoneの方が向いている?

iPhoneは、WebやPDFファイルなどの閲覧時
Android端末より、早いということが挙げられます。
 
この原理は、公表されてないので詳しい説明はできないのですが
iphoneは、Android端末より、CPUなどのスペックが低くても
実感的な処理速度はかなり早いといえます。
 
何かのニュースでもAppleのPDFの表示処理の速さについては謎だと、
ジャーナリストやApple以外のPC開発者などの話がありました。
 
また、先程のGoogleChromeの設定もちょっと前までできたのですが
iOSがアップデートされた際には、使用ができない状態になったため、
Googleは現在別の手段を検討中とのことです。
 
公表されていることが少なく、謎の多いAppleですが
やはりあなどれないと言うことですね。
 
 
 

低速モードでも快適に使えるMVNO厳選5

call-71169_640
低速モードを使用する上で、低速モードが快適に行える環境、
低速モードが使えるMVNOの契約をすることが当然必要となります。
 
低速モードが快適に使える人気の格安MVNOを厳選してみましたので
参考にしてみてください。
 

制限無し OCNモバイルONE

低速通信の制限がなく、対応エリアも広く人気のMVNOです。
 
OCNモバイルONEは、NTTが提供する格安MVNOで、
docomoユーザーなら、一番安心感があるでしょう。
 
しかも、一番安いプランには、データ専用プランで月額¥1,600円で
高速データ通信が1日に110MB使用できるプランがあります。
 
これは、結構なことが可能です。
1日110MBのデータ通信量でできること!
Webの閲覧、約100ページ
LINEのやり取り、約100件
YouTubeの動画が30分程度
メール約20通
facebookのフィード約100件
これらのことをすべて行って、約110MBとなっています。
 
なので、普段のやり取りLINEやメール、それとfacebookなどのSNSを
低速通信で行っていれば、かなりのことができるということです。
 
 

低速通信専用のプランがある楽天モバイル!

楽天モバイルには低速通信専用のプランがあります。
 
低速通信専用となるベーシックプランは、
データ専用のSIMで月額¥525円(税抜き)で使用が可能です。
 
なので、動画やゲームはやらない、連絡はLINEのみといった
純粋に連絡用の端末と割り切った使い方を希望される方にはおすすめのMVNOです。
 
 

マイネオは格安でちょっとだけ高速通信が使えるプラン!

マイネオには、高速通信が500MB付いているプランが最低利用料金となっています。
 
データ通信専用のプランで月額¥700円(税抜き)で
音声通話サービスを付けるとDプラン(docomo回線)で月額¥1,400円(税抜き)
Aプラン(au回線)で月額¥1,310円(税抜き)で利用が可能です。
 
このちょっとだけ高速通信が使えるのはいいかもしれないです。
回線が込み合っているときには低速モードでは約に立たない場合があります。
 
そんな時にちょっとだけ、高速通信が使えるのはありがたいですね。
 
 

低速でも安定した速度を保つIIJmio(Dプラン)!

こちらのIIJmioは、格安MVNO(DMMモバイル・イオンモバイルなど)に
システムやサービスを貸し出すmvneでもあります。
 
DMMモバイルにシステムを貸し出しているので当然バースト機能があります。
この機能によって、低速通信でもかなり快適なブラウジングが可能となっています。
しかも、システムを提供しているMVNOより本家のIIJmioの方が安定して早いみたいです。
 
 
DMMと違って、低速専用の料金プランはありませんが、
月額¥900円で3GBもの高速通信ができるプランとなっています。
 
さらに、1つの契約で2枚のSIMを使えるデータシュアがあります。
 
端末を複数台利用している方でも、これによって、
通信費を安く抑えることが可能です。
 
 

auの端末を使うならUQmobile

auの端末を利用するなら、au傘下のUQmobileがベストです。
 
しかもUQmobileの低速通信速度は、300Kbpsとなっており、
他のdocomo系格安SIMより、通信が早いんです。
 
 
なので、au端末をご利用ならマイネオやIIJmioにあるau回線のサービスよりも
こちらのUQmobileが一番あっているといえます。
 

低速モードより使えるかもしれないサービスがあるMVNO?。

sim-card-155471_640
使いようによっては便利な低速モードですが
格安MVNOの中には、低速モードを使うより
便利なサービスを提供しているMVNOがあります。
 

低速モードがあるが使えない?でもFREETELはこんなサービスがある!

実は、FREETELのSIMでは、低速モードの利用はできるのですが
ターボやブーストといった簡易高速通信がありません。
 
なので、低速モードがそこまで使えない仕様になっています。
 
その代わり、低速通信よりも使えるサービスがあります。
それはSNSやポケモンGOにかかるデータ通信量がカウントフリーだと言うこと!
 
ハイそうです。
つまりはSNSとポケモンGOがタダで高速通信を使って行えるということです。
 
 
FREETELでは、LINEとポケモンGOの使用に関して、
すべてのデータプランにおいて、カウントフリーとなっており、
また、定額プランで月のデータ量3GB以上の契約では、
facebook・twitter・Instagram・Messengerといった
SNSアプリ使用時のデータ量はカウントフリーとなっております。
 
料金は、一番料金を抑えたプラン、使っただけ安心プランという
月の高速通信データ使用量で使用料金の変わるプランの
データ専用プランで高速データ通信容量100MBまで使えて、月額¥299円(税抜き)
 
月の料金が定額となるプランで月の高速データ通信容量が1GBまでの月額¥499円(税抜き)
となっています。
 
 
なので、使っただけ安心プランで契約して、
常時低速モードで使用で、LINEとポケモンGOの時に高速通信を使えば、
最低金額の¥299円(税抜き)で利用が可能と言うことです。
 
はっきりいって、低速モードよりこちらの方が使えるサービスでしょう。
 

データ通信専用ならパナソニックのSIMサービスも視野に

タブレットやルータなどでSIMを使うならパナソニックが行っている
格安SIMサービスがおすすめです。
 
パナソニックが格安SIM!?と驚かれる人もいるのではないでしょうか?
 
実はあるんです。
『wonderlink』という格安SIMサービスが!
 
しかもこのwonderlinkの提供する低速通信は他社の3倍となる700kbpsとなっています。
 
なので、YouTubeの動画も低解像度なら見ることが可能です。
 
1日の制限は1GBですが、1月換算すると30GBとなるので、
かなりの動画が楽しめるのではないでしょうか?
 
こちらの利用料金は、1GBの高速データ通信量がついて月額¥1,580円(税抜き)となっています。
 
1GBの高速データ通信もついていて、700Kbpsが30GBなので、
自宅にネット環境がない方は、このプランがいいでしょう。
 
 

まとめ

無料でそれなりに使える機能『低速通信モード』
 
膨れる通信費をなるべく安く抑えるためには
結構使える機能だと思いませんか?
 
低速通信モードを快適に行う方法をまとめると
 
低速通信モードが自身の契約したSIMで行えるのか?
低速通信モードで簡易高速通信が行えるか?
をまずは確認!
 
それから、自分の環境、使用する時間の把握、
Wi-Fi環境の有無・フリーWi-Fiの確保・場所の確認
Android端末ブラウザソフトはGoogleChromeを使いデータセーバーをオンに
 
自身の使用にあったSIM・料金プランの見直し等
となります。
 
ここで、ご紹介した利用法をご参照の上、
ぜひ、日々の通信ライフにご活用ください。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.