iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

無制限の格安SIMで、動画も音楽も使い放題に!オススメのMVNOを4つ紹介!

投稿日:

無制限の格安SIMってきくと、快適な速度をどれだけ使っても無制限だと思っちゃいますよね?
もちろん、基本的には無制限なのですが、なぜか時に低速になったりしたりもしちゃうんです!
最初から宣言してる会社もあれば、なんとなく内緒っぽく低速になったりと無制限の格安SIMは、まだまだ不安定のMVNO業界だからこその試みなのかもしれませんね。

ここでは、ちょっと名前を聞いただけではバラ色のネット生活が待っていそうな無制限という言葉ですが、いろいろな問題が待ち受けてるようなので、事細かにその実情を紹介するとともに、いろいろなMVNOを紹介していきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1.無制限の格安SIMで使い放題になったら、ネットつなぎたい放題の快適ライフが待っている!?
2.無制限の格安SIMのメリットやデメリットをまずは知ろう!
2.1 最大のメリットは、データ残量を気にしなくていいこと!
2.2 完全な無制限ではないことに注意!
2.3 速度が遅く設定されているという噂もあり!?
3.無制限の格安SIMには秘密がある!速度は動画を見るかどうかが鍵か!?
3.1 無制限プランは速度が遅い!?
3.2 データを使いまくるならやっぱりお得!?
3.3 音楽くらいなら入らなくても大丈夫か!?
3.4 動画 のヘビーユーザーは無制限の格安SIMを迷わずでよし!
4.無制限の格安SIMは遅くても、料金で我慢か!
4.1 大手キャリアと比較すれば、当然遅い
4.2 発表されてる速度を信じていいのか!?
4.3 料金の安さこそが、ウリ!
5.無制限の格安SIMの速度はどこまで大事!?必要な速度とは?
5.1 動画を見る場合に必要な速度はどれくらい?
5.2 インターネットを快適に行うのに必要な速度はどれくらい?
5.3 ダウンロードをしっかり行うのに必要な速度はどれくらい?
5.4 回線が何系かも大事な要素!?
6.無制限 格安SIMプランに入るのにオススメなのはどのMVNO
6.1 UQモバイル:WiMAXでも有名な信頼のKDDIブランド
6.2 U-mobile:豊富な無制限プランは随一のMVNO
6.3 ぷららモバイルLTE:定額プランが得意のMVNOの無制限プラン
6.4 DTI SIM:安さへのこだわりはMVNOナンバー1
7.まとめ
 

1.無制限の格安SIMで使い放題になったら、ネットつなぎたい放題の快適ライフが待っている!?

call-71169_640
無制限プランは、大手キャリア時代にはまったくなかったですし、夢のようなプランだったものです。
ただでさえ大手キャリアで契約するよりも安く使える格安SIMなので、かなりお得な印象を受けてしまいますよね?
通常のMVNOのデータ制限ありのプランだと、データ容量が設定されているためにYou tubeなどで動画をみていても、簡単に容量オーバーになってしまい、すぐに低速ってことを経験している人も多いのではないでしょうか?
今までは、あったとしても無制限プランといえば、ワンコインで使える低速通信の使い放題プランが主流でした。
しかし、どんどんユーザーのニーズが多様化し、いろいろなプランが発売されてくると、やっぱり、無制限が一番嬉しいよねってなってくるんです。
そこで近年ではLTEの高速通信が使い放題のプランが徐々に増えてきており、今回ここでは、無制限の格安SIMのプランについて、その詳細とオススメのMVNOを紹介していきます。
 

2.無制限の格安SIMのメリットやデメリットをまずは知ろう!

man-1915351_960_720

2.1 最大のメリットは、データ残量を気にしなくていいこと!

普段、制限のある状態でスマホを使っていると必ずといっていいほど陥る、”低速化”、ほんと困りますよね?
設定されている制限の通信容量を超えてしまうと通信速度は大きく遅くなり、高速回線を利用している途中で低速回線に変わってしまうと、その遅さはかなりのストレスになります。
無制限とはこの制限がないものであり、つまりは残りのデータ残量を心配することなく思う存分データ通信を楽しめることこそ、最大のメリットといえます。
また、データ残量を気にしなくていいなると、今までは自重しがちだったテザリング機能もフル活用できちゃいます。
外出先でパソコンを使いたい時にもWi-Fi設備がなくても、スマホをルーター代わりにしてパソコンでインターネットを使うことができ大変便利になります。

2.2 完全な無制限ではないことに注意!

無制限、無制限と、単純に思っていても、落とし穴はあるので注意しなければなりません。
使用データ量に制限がかかる場合があることを事前にチェックしておきましょう!
データ容量に制限はないという謳い文句だったとしても、実は、MVNOによっては3日間という短い期間の中で大量にデータ容量を消費した場合には、制限をかける場合があるのです。
つまり、だいたい1日あたり300MB以上もしくは2〜3日の間に300MB以上を消費した場合に、低速になってしまう場合があります。
特に動画などを長時間見てしまう人はあっという間に制限を超えてしまいますので簡単に低速になってしまう可能性があるので気をつけなければなりません。
高画質タイプの動画をおよそ2時間視聴しちゃうと、その日だけで300MBを超過することも十分考えられるのです。
ただし、この制限はどのMVNOでもあるわけではないので事前に調べて、低速にならないMVNOを選べばいいだけです。

2.3 速度が遅く設定されているという噂もあり!?

これは確かな数値がでているわけではないのですが、通常のデータ制限があるプランだと、データ制限内では、高速回線で快適に使えているのが、無制限プランになると遅いという噂があるのです。
容量に制限のないプランではあるのですが、トータルの通信容量に影響が出ないように抑えるために、通常時の最高速度も遅めにコントロールしているのではないかといわれているそうです。
そのため、最高速度はほとんど無制限とデータ制限プランでは同じとされていながらも、実際には容量に制限のないプランの方が遅い場合があるようで、特にプランを移行した人にその実感を感じているようです。
この点についてもよく口コミなどを参考に契約前に速度感は調査しておいた方が良いでしょう。
 

3.無制限の格安SIMには秘密がある!速度は動画を見るかどうかが鍵か!?

yjimage-2

3.1 無制限プランは速度が遅い!?

無制限の格安SIMだとデータをたくさん使うことができるのですが、先ほど紹介したように制限プランよりも通信速度が遅く不安定になりがちなことを忘れてはいけません。
とても大事なことなのでこの速度を遅くされている可能性については肝に命じておきましょう。
ある程度は仕方のないことだと考えるしか無いようです。
なにせMVNOも完全に無制限で高速通信をさせていてはもうかりませんから、こっそり低速にしているのかもしれません。
単純に考えて無制限の格安SIMプランは、どれだけの人がデータを消費するのか読めないので、一歩間違えればたくさんデータを使う人が、どんどんデータを使ってしまうと、電波側のコストがどんどん高くなってしまうのでかなりMVNOとしても辛い立場になります。
ただでさえ大手キャリアに比べればだいぶ価格を抑えてるので、もうかりません。
ですので、ある程度遅くなっていることは承知した上で、無制限であるデータを使いまくればいいのです。
ここではどれくらいのデータをいろいろな行動で消費するかを紹介します。

3.2 データを使いまくるならやっぱりお得!?

ここでまず、よーく理解しておいた方がいいこととして、無制限の格安 SIM契約者の多くの人が、無制限プランによるデータをうまく活用していません。
下手したら、データ制限プランの方が安く、高速で使えるのでメリットがあることになる契約者の方が多いように思えます。
何も気にしないでスマホを使いたいという理由や、どれくらい使うかを考えたり、決めたくないという理由から、無制限の格安SIMを選んでいる人はとくにこの現象に陥っています。
しかもデータをそれほど使っていないのに他に使ってる人がいることで低速化にこっそりなっているのだとしたら単に損してる以外のなにものでもありません。
データでもスマホユーザーの90%くらいの人が、月10GB以下のデータ容量で足りているそうです。
まずは、無制限の格安SIMに加入するための明確な理由がないのであれば、5GBくらいの容量のプランで契約してみてどうなるかを確かめる方が無難かもしれません。

3.3 音楽くらいなら入らなくても大丈夫か!?

音楽ストリーミングのGoogle Play MusicやApple Musicなどで音楽を聞いたりする人は、無制限の格安SIMで問題なしだろと思っていませんか?
このレベル音楽ストリーミングくらいであれば、実はデータをあまり消費しない低速モードでも聴くことができちゃいます。
音楽ストリーミングを1時間聴くとデータを80MBくらい消費しますが、1日1時間聴くと月2GB以上ののデータ容量を使うことになるのですが、低速モードで聴いてしまえばデータ消費はなしなのです。
そのため、低速モードをうまくつかえば、音楽を聴くことで無制限にしているメリットがあると思ってるほとんどの人はあまり意味のないことをしていることになるのです。
つまり、本当に無制限の格安SIMのプランに加入して意味があるのは次に紹介する動画を見まくる人ってことになるのです。

3.4 動画 のヘビーユーザーは無制限の格安SIMを迷わずでよし!

スマホでデータをたくさん使うのは、先に申し上げた、音楽などではなく、You tube、HuluやNetflixなどの映画やドラマなどの長時間動画の視聴だけなんです。
普通画質の動画を1時間視聴すると200MBくらいデータを簡単に消費してしまいます。
もしも毎日1、2時間見るのであれば、月のデータ消費量は動画だけで6〜10GBのデータを消費しますので、10GB以上のプランでないと厳しいでしょうし、。毎日3時間以上の閲覧なら下手したら、20GBくらいいってしまうかもしれません。
毎日1時間くらいなら月10GB程度のデータプランに加入しておけば十分ともいえますが、毎日2時間以上動画をみてしまうのであれば、もはやその場合には無制限のプランに加入した方が、割安になってきます。
10GBを超える制限プランはどのMVNOも割高になってくるので低速化しちゃうとしても無制限プランの方が無難でしょう。
何せ、格安SIMに加入しているということは、そもそも料金をぐっと抑えたいということでしょうから。
無制限プランの低速化時の通信速度は遅いとはいえ、Youtubeやニコニコ動画、HuluやNetflixの普通画質ならば、普通に視聴可能です。
ですので無制限の格安SIMに加入するなら、動画をたくさん見るか見ないかで判断することをオススメします。
もし見るのであれば、迷わず加入しましょう。
もしそうでないのであれば、いったん制限付きのデータプランで試して見るのも1つの手であり、節約方法かもしれません。
 

4.無制限の格安SIMは遅くても、料金で我慢か!

yjimage-1

4.1 大手キャリアと比較すれば、当然遅い

格安SIMと大手キャリアと比較してしまうとだいぶ通信速度が異なります、というか、遅くなります。
ですので、従来から大手キャリアでスマホを使っていた人には無制限プランの速度は耐え難いかもしれません。
実際にでる通信速度は大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクの場合だと、30Mbps前後になってきます。
一方で、格安SIMの場合には、実際にでる通信速度は5Mbps前後となり、なんと通信速度が1/6くらいにまで遅くなってしまうのです。
ところが、数字だけでいうとば、格安SIMは大手キャリアよりも通信速度がだいぶ遅くなっているのですが、30Mbpsと5Mbpsの速度の違いってどれくらいだと思いますか?
実は体感だとあまりわからなかったりするのです、しっかりと5Mbpsでていれば、いろいろなことが可能なんです。
もちろん、格安SIMのように昼などに遅くなったり、勝手に低速化されていることは、大きなデメリットでしょうが、まずは自分のやることが、格安SIMで可能かどうかを調査することにしましょう。

4.2 発表されてる速度を信じていいのか!?

再三再四紹介していますが、MVNOの発表している速度はあくまで理論値です!!
先ほどから申し上げてるように、時間帯によって速度が異なってしまうのは明白なことですし、諦めるしかありません。
そのため、格安SIMは大手キャリアと比べると速度だけで言えば、デメリットだらけに感じますが、大手キャリアはその分料金が高いので、結論から言えば、速度は信じないでいきましょう。
もちろん、すべてのMVNOが理論値よりも遅いというわけではありませんし、低速化してしまう会社も常に低速化しているわけではないので、ネットなどで低速化情報は随時チェックしておきましょう。

4.3 料金の安さこそが、ウリ!

大手キャリアの月額料金は7000円前後は必ずといっていいほど、かかりますし、1万円を超えている人もザラでしょう。
その一方で、格安SIMの月額料金は2000円前後で、抑えようと思えば1000円以内も可能です。
そこで、たとえ無制限の格安SIMにしたところで、後で各MVNOのプランを紹介しますが、7000円なんかには到底なりません。
月額料金の差は通信速度の差と見合っているのかは、使っている本人次第になりますし、用途によってはまったく気にならない人もいることでしょう。
ですので、料金のメリットと、速度のデメリットをよーく熟考した上で格安SIMのプランを選んでいきましょう。
 

5.無制限の格安SIMの速度はどこまで大事!?必要な速度とは?

84d48ae58be81ace5f00db1a34d88593_m

5.1 動画を見る場合に必要な速度はどれくらい?

ここでは、無制限の格安SIMに加入するなら、当然、動画を見まくるということに注目して、その必要な速度について簡単に紹介します。
Youtube、Hulu、Netflix、ニコニコ動画などの動画サービスが一般的なものになってきますが、それぞれのサービスで必要な通信速度が変わってきますので、よーく比較しておきましょう。
必ずしも全てがスムーズに見れるわけではないのです。
Youtubeをスマホで見るのに、必要は通信速度は600kbpsくらいだと考えられています。
600kbpsであれば、普通画質の動画なら途中でほとんど止まらずに見ることも可能になってくるでしょう。
次によく見られているニコニコ動画の場合には、生放送だと500kbpsから600kbps程度あれば可能であり、また、低画質モードでいいなら300kbps程度あれば見ることができるといわれています。
公式の映画やドラマが充実しているHuluの場合にはも、Youtubeと同じくらいで600kbpsから700kbpsが必要になってきます。
最後のNetflixを見る場合に必要な通信速度は500kbpsで十分だそうです。
しかし、これらはあくまで理論値であり、スマホで普通画質の動画を見るのに必要な通信速度であり、もしもスマホでも綺麗な画質、例えば、youtubeなら480pの画質を見たいのであれば、通信速度は1Mbps程度必要になってきます。
ちなみに普通画質の動画を1時間見ると200MBほどデータを使うのに対して、きれいな画質の動画を1時間見ると400MBくらいデータを使ってしまうことも、無制限の格安SIMにするかどうかを考える上で参考にしてください。
この数字だけ見ると無制限の格安SIMでも5Mbpsはでることを考えれば、時間帯さえ気をつけて、低速にならなければ、動画を見ることも不便はないのではないでしょうか。

5.2 インターネットを快適に行うのに必要な速度はどれくらい?

インターネットをしてWebサイトを見るのに必要な通信速度は0.7Mbpsから2Mbpsだといわれています。
1Mbpsでほとんどのサイトをストレスなく読み込むことができ、2Mbpsだと相当重いサイトでもサクサク見ることができるようです。
普通のサイトなら0.7Mbps程度でも普通に見ることができちゃいますので、5Mbpsあれば十分なわけです。
Webサイトの1ページの容量の平均は1MB程度であり、全部読み込んでから表示されるというわけではないので、体感的には500KBくらいで表示されていると思って良いでしょう。
よく見るサイトの場合、同じファイルは読み込まないということも考えると、体感速度が更に20%くらいになます。
そのためサイトを閲覧するくらいなら、1Mbpsでサクサク見れて、2Mbpsで重いサイトでもサクサク見れるということなので、無制限の格安SIMでも十分でしょう。

5.3 ダウンロードをしっかり行うのに必要な速度はどれくらい?

家にインターネットがある場合はWifiでアプリをダウンロードすればいいので、ダウンロードにかかる時間は格安SIMでも大手キャリアでも関係なくなるので、WiFiがある場合にはあまり気にする必要はありません。
家にインターネットがない場合には、平均的なアプリの容量は50MBくらいで、1Mbpsでダウンロードすると400秒(6分40秒)、3Mbpsでダウンロードすると133秒(2分13秒)、5Mbpsでダウンロードすると80秒(1分20秒)、30Mbpsでダウンロードすると13秒かかるといわれています。
この数値だけ見れば、格安SIMと大手キャリアの通信速度の違いで大きな違いが出るのがアプリをダウンロードする時間となってきます。
格安SIMの平均的な通信速度は、理論値より下回り、平日の朝8時前後で3Mbps、平日の昼まで0.5Mbs、平日の18時から23時まで1Mbpsから3Mbpsくらいといわれているので、時間帯を考えてダウンロードする必要がでてきてしまいます。
そのため、毎日いつでもアプリをたくさん早くダウンロードしたいというユーザーは、大手キャリアになるしかありませんし、必ずWiFiなどでダウンロードしましょう。
ですが、無制限の格安SIMにしてしまえば、時間はかかりますが、ダウンロードはできるので、もしもたくさんダウンロードしたいユーザーは無制限の格安SIMが向いているともいえるでしょう。
 

5.4 回線が何系かも大事な要素!?

①やっぱり強いDocomo系が一番のオススメ回線
Docomo系は一般的に速度が、全時間帯で快適に使えると言われており、速度を気にしている人にはオススメになってきます。
ただし、まだMVNOへの電話をはじめたばかりでもあり、契約数も少ないことから快適だという噂もありますので、今後のどうこう次第ではまだまだわかりません。
dokomo系のMVNOとしては以下の会社があります。

LINEモバイル、mineoDプラン、OCNモバイルONE、BIGLOBE LTE・3G、
IIJmio、NifMo、楽天モバイル、FREETEL SIM、DTI SIM、DMM mobile、
U-mobile、b-mobile おかわりSIM

②au系も捨てがたい!強者のMVNOがよくバランスがいい
次にあげるのが、au系のMVNOですが、こちらは数は少ないですが、CMでも有名なUQ mobile、mineoAプランというしっかりと評判もいいMVNOが多いのです。
UQ mobileは、年間を通して、速度面では不満がほとんどのないといわれ、今最も人気のMVNOになっています。
大手が運営する格安SIMではNo.1といえるでしょう、そのため、キャリアからの乗り換えでも速度に不満を感じることはないといわれています。
もう一方のmineoAプランは少し速度が遅いので、au系の電波ならUQ mobileを選ぶ方がいいでしょうが、どちらでもMVNOとしては品質が高いといえます。

UQ mobile
mineoAプラン

 

6.無制限 格安SIMプランに入るのにオススメなのはどのMVNO

yjimage

6.1 UQモバイル:WiMAXでも有名な信頼のKDDIブランド

UQ mobileなら、auの回線でデータ通信を無制限に使える格安SIMがあります。
通信速度は、サービス向上により500kbpsに上がっており、そこそこ使える速度を保っています。
しかも、UQ mobileは理論値どおりの速度を保ってくれると評判なので安心です。
ただし、通信制限があり、直近3日間で1GBを超えて利用すると通信速度が制限される場合があります。
料金もそこそこ安いので、バランスの取れたプランといえるでしょう。
<UQ mobileの無制限プラン>

プラン名 月額料金 回線会社 高速通信容量 SIM枚数
データ無制限プラン 1,980円 au 不可(低速のみ) 1枚
データ無制限+音声通話プラン 2,680円 au 不可(低速のみ) 1枚

6.2 U-mobile:豊富な無制限プランは随一のMVNO

U-mobileは、最大下り通信速度375Mbpsの高速通信を通信量の上限なしで利用することができるパワフルなプランをもっています。
ただし、混雑時には一時的に速度が制限されるといわれていますが、それの値がどこまでかは不明です。
そのためか、インターネットでも速度への不満はとても高く、昼や夕方の速度低下が目立っているので、実効速度は1Mbps未満になることもあると考えられます。
<U-mobileの無制限プラン>

プラン名 月額料金 回線会社 高速通信容量 SIM枚数
U-mobile 通話プラス LTE使い放題 2,980円 docomo 無制限 1枚
U-mobile 通話プラス LTE使い放題2 2,730円 docomo 無制限 1枚
U-mobile データ専用 LTE使い放題 2,480円 docomo 無制限 1枚
U-mobile USEN MUSIC SIM 2,980円 docomo 無制限 1枚
U-mobile PREMIUM 通話プラス 2,980円 docomo 無制限 1枚
U-mobile PREMIUM データ専用 2,480円 docomo 無制限 1枚

ぷららモバイルLTEの、定額無制限プランは、最大通信速度3Mbpsで無制限に通信ができるというプランであり、どれだけ使っても月額2,760円の定額なので、まさに格安SIMならではの魅力的なプランとなっています。
先にも申し上げたように3Mbpsくらいあれば、十分に動画なども閲覧できます。
3Mbpsあれば、Webの方も、全く問題なくできるレベルですし、プライベートにも仕事にも適しており使い勝手がよい格安SIMの無制限プランといえるでしょう。
<ぷららモバイルLTEの無制限プラン>

プラン名 月額料金 回線会社 高速通信容量 SIM枚数
定額無制限プラン【音声通話プラス】 3,460円 docomo 無制限 1枚
定額無制限プラン 2,760円 docomo 無制限 1枚

6.4 DTI SIM:安さへのこだわりはMVNOナンバー1

DTI SIMのデータ無制限プランは、”ネットつかい放題”という変わった名称になっており、以前10GB/月のプランだったものがパワーアップしています。
最大受信速度225Mbpsの高速通信に対応しており、月額料金も他の会社よりも安くなっています。
ところが、理論値は早いのですが、実効速度についてはあまり評判はよくないといわれています。
ただし、この会社は、他社にあるサービスを少し遅れて料金を安くして提供開始してくることが多く、ユニークなサービスをリリースしたりと、プラン構築には力を注いでいるMVNOになります。
<DTI SIMの無制限プラン>

プラン名 月額料金 回線会社 高速通信容量 SIM枚数
データプラン ネットつかい放題 2,200円 docomo 無制限 1枚
音声プラン ネットつかい放題 2,900円 docomo 無制限 1枚

 

7.まとめ

ipad-605439_960_720
いかがでしたか?
無制限という魔法の言葉とともに、格安SIM業界では一種の客寄せとして、無制限プランは乱立しています。
大手キャリアより、値段も安くて、さらに使い放題の無制限となったら、そりゃあ、格安SIMにユーザーもなびきますよね。
もちろん、無制限であることには変わりはありませんが、低速化したり、思ったより早くなかったりといろいろあるようです。
ここであげた5社はその中でも安定してユーザーを獲得している無制限プランのあるMVNOなので、この機会にぜひチャレンジして見てください。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.