iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

用途別・機能別おすすめタブレットとSIMフリータブレット基礎知識

投稿日:

たとえば外出先で現地の情報が必要となった時に、たとえば会議で書類のデータをまとめておきたい時に、たとえば料理の際にレシピや作り方が知りたくなった時に・・そんな時こそタブレット端末が便利です!タブレットの利便性は、パソコンに比べての持ち運びのしやすさや操作の手軽さにあり、私達の生活をより情報豊かにしてくれる有難い存在です。
けれど、いざタブレットを購入しようと思っても、一体どれを買うべきか悩んでしまいますよね。何といっても端末の種類は豊富ですし、メーカーやOSによっても特徴に差があり、どれを購入すべきか分からない、という人が多いでしょう。

そこで今回は、2017年のおすすめタブレットをご紹介します。これだけは要チェック!という選りすぐりの機種ばかりをラインアップしてみました。更にタブレット購入の際の注意点や、SIMフリータブレットについての基礎知識もご紹介いたします。
このページを読めば、流行りのおすすめタブレット情報以外に、タブレットに関する知識を幅広く知る事ができるかと思います。是非参考になさって下さい。
目次
1.2017年の人気タブレット
1.1Huawei MediaPad T2 8Pro
1.2APPLE iPad Pro 9.7インチ
1.3ASUS ZenPad 8.0 Z380M
2.ネット通販売れ筋ランキング
2.1fire HD 8
2.2APPLE iPad Wi-Fi モデル
2.3ASUS ZenPad 38.0 Z581KL
3.OS別の性能比較
3.1Windows(タブレットPC)
3.2iOS
3.3Android
4.用途別に見るおすすめタブレット
4.1ビジネスに使用しやいタブレット
4.2手書き・お絵かき向きタブレット
4.3初心者向きタブレットとは?
5.SIMフリータブレットについて
5.1SIMフリータブレットとキャリアの違いとは?
5.2SIMフリータブレットの注意点
5.3SIMフリーはどこで購入するべき?
6.アプリの使用について
6.1Android系でのおすすめアプリ
6.2iOSでのおすすめアプリ
6.3ゲームアプリをダウンロードすべし!
7.タブレット使用に関するメリット・デメリット
7.1持ち運び便利で迅速に使用可能!
7.2画面が見えやすい
7.3パソコン未満の機能性
8.まとめ
8.1タブレットの将来性
8.2タブレット購入際に重視する点
8.3自分に合ったタブレットを選ぶには

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.2017年の人気タブレット

1.1Huawei MediaPad T2 8Pro

2017年での人気タブレットを3種、ご紹介します。このタブレットさえ抑えておけば、流行のタブレットがしっかりと把握できるというものばかりです。
まずはHuaweiのMediaPad T2。

Huawei MediaPad T2 8Pro
OS Android6.0
CPU MSM8939オクタコア
RAM/ROM 2GB/16GB
サイズ 123×209.3×8.1mm
重量 340g
バッテリー 4,800mAh
カメラ画素 (背面)800万画素/(前面)200万画素

中国メーカーであるHuaweiは、スマホ市場の中でもトップクラスの売り上げを誇った一流メーカーです。Huawei の強みはコストパフォーマンス性。どの機種をとってもデザインや性能といったあらゆる点において平均的であり且つ弱点が少なく、機能豊富なモデルが揃っていると言えます。
Huaweiの MediaPad T2 8Proは、いつでも快適な視覚効果が受けられる、画像最適化技術である「Clarivu」を取り入れています。この機能は、タブレットの周囲の環境に合わせて明度や色調を自動で最適化してくれるという優れもの。
他にも、音声通話付きSIMを挿入すると、音声通話が可能となるという点も特徴です。たとえば、スマホで電話が使用できない事態に備え、予め音声通話対応にしておくと便利ですね。

1.2APPLE iPad Pro 9.7インチ

APPLE iPad Pro 9.7
OS IOS 9.3
CPU A9X M9
メモリー 2GB
サイズ 240×169.5×6.1mm
重量 437g
バッテリー 27.5Wh
カメラ画素 (背面)1200万画素/(前面)500万画素

お馴染みのAPPLEから出されている iPad Pro 9.7インチ。同機種である12.9インチと共に人気のタブレット端末です。液晶ディスプレイも綺麗であると評価が高く、従来の中でも特にカメラ機能に特化している端末です。また、12.9インチと共にApple Pencilが使用可能となっており、デザインや手書きメモを書くという人や、あらゆる仕事や趣味に幅広く対応可能です。

1.3ASUS ZenPad 8.0 Z380M

ASUS ZenPad 8.0 Z380M
OS Android6.0
CPU Media Tek MT8163 クアッドコア
メモリー 2GB
サイズ 123×209×8.5mm
重量 350g
バッテリー 4,000mAh
カメラ画素 (背面)500万画素/(前面)200万画素

台湾メーカーであるASUSの端末はどれも機能性が優れている事で、日本でも人気のメーカーです。シンプルで使いやすく、持ち運びにも便利なタブレットですが、端末の特徴的な点としては、スピーカー性能が非常に発達している点です。まるで映画館にでもいるような迫力ある音が楽しめます。
使いやすく、初心者にも優しいタブレットとなっています。

ネット通販売れ筋ランキング

2.1fire HD 8

ネットでの売れ筋ランキングから、おすすめのタブレットをご紹介したいと思います。
まずはfire HD 8。スペックは以下の通りです。

fire HD 8
解像度 1280×800
サイズ 214×128×9.2mm
CPU 1.3GHzクアッドコア
ディスプレイサイズ 8インチ HD
重量 341g

fire HD 8は圧倒的な価格の安さに定評のあるタブレットです。現在、amazonでの価格が11,980円という破格の価格ながら、一度の充電で12時間使用可能なバッテリー容量、耐久性。更にレスポンスも良く、あらゆる機能面にも優れたタブレットとして総合的に評価されているタブレットです。

2.2APPLE iPad Wi-Fi モデル

APPLE iPadのWi-Fiモデル。洗練されたAPPLE iPadのWi-Fiモデルとあり、決して低価格ではありませんが、長期利用を目的とした人には人気の機種と言えます。
タブレットにはWi-Fiモデルとセルラーモデルが存在しますが、セルラーモデルでは通信会社の電波を利用できるので、基本的にどこにいてもネット環境に繋がります。
一方、Wi-Fiモデルの方はWi-Fiでの通信手段に限られます。Wi-Fiが通じる場所ならば良いですが、出先や場所によっては利用出来なくなる事が欠点です。反対にセルラーモデルの場合には通信会社に月々の利用料金を支払う必要があります。

2.3ASUS ZenPad 38.0 Z581KL

ASUS ZenPad 38.0 Z581KL
OS Android6
CPU snapdragon650 1.8GHz ヘキサコア
サイズ 136.4×7.57×205.4mm
重量 320g
データ容量 32GB
画素数 (背面)800万画素(前面)200万画素

2016年9月に発売されたASUS のZenPad 38.0 Z581KL。
発売当初からネットでは人気商品となり、現在でも定評のあるタブレットとして知られています。タブレットとしてはトップクラスである解像度を実現したZenPad 38.0 Z581KL。ASUSの独自技術である映像解析技術であるVisual Masterを駆使し、鮮やかな画像を実現しています。また、デュアルフロントスピーカーを搭載した本機から出る音質は、臨場感いっぱい。まるで映画館で観ているような迫力を演出してくれます。

3.OS別の性能比較

3.1Windows(タブレットPC)

市場にはたくさんのタブレット端末が販売されていますが、どの機種にどういった特徴があるのかは、使用してみないと分かりませんよね。大まかですがOSごとにも特徴に違いがあるので、それを目安にしてみるのもアリかもしれません。
Windowsタブレットの特徴は、タブレット能力を超えたPC寄りの機能性だと言えます。タブレット用のアプリよりも、WindowsPCのプログラムが収納されているタブレットですので、マウスやキーボードに接続して、そのままタブレットPCとして使用できます。WindowsのPCをお持ちの人ならば、自宅以外でも手軽にPC端末を持ち運べられるという利便性があります。
ただしiOSやAndroidと比べると、タブレット市場においてはまだ歴史が浅いのが現状です。サイズやデザイン、アプリ機能など、これから更なる開発を期待しましょう。

3.2iOS

imgres
iOSのタブレットであるiPad,iPad miniの2種類は、Androidタブレットと双璧を為す人気端末です。iOSは端末のハード面からソフト面まで全てAPPLE社が開発している為、アプリやデザインに至る全てに一貫性があります。こうした徹底したブランド感がiPadやiPhoneの人気を支えている所以と考えられます。
iOSの特徴は無駄のない、シンプル且つ統一された構成にあります。タブレットやスマホにもシンプルなものを求めたい、という人にはおすすめの端末だと言えます。また、共通性を持っているツールが多い為、PCはiOS、ケータイはiPhoneという人は、ツールを連動して使用する為にタブレットもiOSに揃えるという人が多いようです。

3.3Android

android-604356_640
iOSと双璧を為すライバルとも言える存在がAndroidです。Google社から開発されたOSであり、端末の種類や販売台数も世界トップクラスです。
Androidの特徴はアプリや端末自体の種類が豊富である事と、様々な面においてカスタマイズしやすいという点にあります。アプリはiOSに比べて審査も無く、自由に販売されている事で種類も多いという特性があります。APPLEとは違い、他社が製造したハードにAndroid OSを組み合わせて販売するという方法を取っています。これが端末の種類の豊富さに繋がるのですが、端末ごとに特徴や性能に違いがあり、自分好みの端末を自由に選べられるという点がAndroidの大きなメリットと言えるでしょう。

4.用途別に見るおすすめタブレット

4.1ビジネスに使用しやいタブレット

用途別でのおすすめタブレットを紹介します。自分がどんなシーンでタブレットを多く利用するのかが分かれば、タブレットも選びやすいですよね。まずはビジネス使用でおすすめなタブレットを紹介します。
PCやスマホ以外にもタブレットをビジネスシーンで利用する人は増えています。ビジネスにおいてのタブレット利用の利点は、何処でも簡単に調べものができたり、データをまとめておけるという点です。特にWindows製タブレットであれば、PC機能がそのまま使用できる機種が多いので、おすすめです。
ビジネスで使用するには、とにかくコンパクトサイズでありながらの機能面の良さ、そして長時間利用可能である充電力が必要です。Huawei のMedia Pad T2 8.0proは、上記の要点を満たしている、コストパフォーマンス性の高いタブレット。他には、Windows10 proを搭載しているHPのX2-210-G2 Z8300などもおすすめです。壁に立てかけられる滑り止め構造や、虹彩認証を搭載したarrows Tab  F-04Hなどは、忙しいビジネスシーンでもサクサク仕事が捗りやすい、スマートなタブレットとしておすすめです。

4.2手書き・お絵かき向きタブレット

たとえば外出先でメモを取る必要がある時などにもタブレットは便利です。ノートPCを利用するには嵩張って大変ですし、キータッチの速度が追い付かない事も多々あります。そんな場合には、専用のペンで手書きができるタブレット端末がおすすめです。タブレットで記録した情報は、データとしても残りますし、後で紙媒体で出力する事も可能です。
iPad proではApple Pencilの描きやすさが非常に評価が高く、手書き用には最適です。また、Any Pen機能(どんな物でもペン代わりになる機能)の開発から、メーカー毎に様々な機種が販売されています。
ASUS MeMO Pad 8や、イラスト専用で使用したいならば東芝のdynabook Tabもおすすめです。

4.3初心者向きタブレットとは?

タブレット初心者にとっては、たとえどれだけハイスペックな機能を搭載していたとしても使いやすくなくては意味がありませんよね。初心者ならば最も重視したい点が、いかに操作が簡単であるかが焦点となってきます。
最もおすすめであるのが、iPadです。洗練されたシンプルなデザインと機能により、PC操作が苦手、という人にも直ぐに馴染めます。
AndroidやWindows製のものであれば、コストが安い端末が多くありますが、特にWindows製は操作が複雑である機種もある為、初心者向きとは言い難いようです。

5.SIMフリータブレットについて

5.1SIMフリータブレットとキャリアの違いとは?

yjimage
スマホの世界では格安SIMや、SIMフリースマホ、といった言葉が人気ですが、タブレットの世界でもSIMフリータブレットが人気を博しているようです。では実際SIMフリータブレットとキャリア製のタブレットでは、どこにどういった違いがあるのでしょうか。
キャリアのタブレットとは、キャリア(docomoやau、Softbank)から販売されているタブレットを意味し、これには各キャリア専用のSIMが予め挿入されています。よって、キャリア用にカスタマイズされていますし、専用のサービスが受けられもします。
一方でSIMフリータブレットとは、文字通りSIMがそもそも挿入されていないタブレットですので、自分でSIMを選ぶ事が可能な端末を意味します。現在ではMVNOから販売されている格安SIMなるものを利用すれば、キャリアに比べると月額利用料金を大幅に抑える事が可能となります。

5.2SIMフリータブレットの注意点

SIMフリータブレットを選ぶ人が増えてきている一方で、SIMフリータブレットを購入する際にはいくつか注意しなければならない点がいくつか存在します。
たとえばSIMフリータブレットを購入後にMVNOに契約する場合には、契約するMVNOによっては周波数の違いから、そのタブレットは利用できないケースもあります。更に機種ごとにSIMの種類やサイズも異なりますので、事前に調べて把握しておく必要もあります。

5.3SIMフリーはどこで購入するべき?

SIMフリータブレットはどこで購入するべきでしょうか。キャリアのタブレットであれば各店舗で購入可能ですが、SIMフリーとなれば購入方法は異なります。
SIMフリータブレットを購入する多くの人がネットからの購入であるようです。ネットであれば自宅で簡単に購入できる事や、価格が値下がりしているのが直ぐに分かるので、利用しやすいでしょう。
また家電量販店で販売されている事も最近は多くなってきました。家電量販店にはMVNOが参入している事もあるので、MVNO店舗からの購入も可能です。
SIMフリータブレットは種類が多いので、どこで購入するにしても、予めネット等で購入したいタブレットをいくつかピックアップしておく方が良いと思われます。

6.アプリの使用について

6.1Android系でのおすすめアプリ

スマホやタブレットの醍醐味として、アプリの使用が挙げられます。便利で楽しいアプリをダウンロードすれば、普段の生活にも充実感が増します。
Androidでおすすめのアプリ、ニュースや情報系アプリであれば「グノシー」や「スマートニュース」等。CMでも紹介されているので名前を知っているという人も多いでしょう。為になるニュースから、日常生活で少し気になる情報、面白くてついつい読んでしまう情報まで、広範囲の情報を紹介してくれます。気になるジャンルを自分で選択する事ができるので、興味のない情報自体が省かれる嬉しい機能もついています。
写真をたくさん撮る人にとっては、Googleフォトがおすすめです。1600万画素の写真であれば容量制限なく無料で保存できるアプリであり、写真ストックには重宝します。
ハンドメイドやフリマ系のアプリであれば、「minne」や「メルカリ」等が人気です。特にメルカリはダウンロード数が4,000万を超えたという人気アプリ。ユーザー数が多いと出品数も増えるので、フリマ好きには堪らないアプリとして定着しています。

6.2iOSでのおすすめアプリ

情報・ニュース系のアプリであれば、「スマートニュース」や「Yahooニュース」等もダウンロード可能です。他には「AppBank.net」もおすすめです。新着の動画や記事を毎回チェックできるので、暇な時間に嬉しいアプリです。
また、本好きに魅力的なアプリが「Kindle」というアプリ。これはamazonから発信されている電子書籍をダウンロードするアプリで、amazonのアカウントさえあれば直ぐに好きな本や漫画が購入でき、タブレットやスマホで読む事が可能です。
またiPhone機能で便利なのが、「iPhoneを探す」というアプリ。これは自分のiPhoneが紛失した場合に、手持ちの他iPhoneやIPadから自分のiPhoneの場所を特定し、拾った人に対してメッセージが送られるという機能を備えたアプリです。iPhoneとiPadの2台持ちならば、もしもの際には是非知っておきたい&利用したいアプリですね。

6.3ゲームアプリをダウンロードすべし!

14a9c45552b8e031fd1f6c939adc7beb_s
楽しいゲームアプリの種類はたくさん。タブレットであればスマホ以上にゲームしやすいので、楽しくてハマるゲームアプリを是非ダウンロードしておきたいものです。
パズルゲームであれば「ポコパン」や「ファームヒーロー」等。既にダウンロードしている人も多いかと思いますが、絵や色を繋げてステージを上げていくゲーム内容は、シンプル且つ爽快感があり、老若男女問わずハマってしまう人が続出しています。
また、猫好きには溜まらない「ねこあつめ」もおすすめです。これは餌やおもちゃを庭に置き、猫が集まってくるのを楽しむというアプリ。他には、猫を呼び出して敵地を攻撃し、更に猫を増やすという対戦系猫アプリ、「にゃんこ砲」も人気です。日常生活でほっこりと楽しむ事ができるアプリは無数にあるようです。

7.タブレット使用に関するメリット・デメリット

7.1持ち運び便利で迅速に使用可能!

タブレット使用にはメリットがある一方、デメリット面も存在します。購入前にメリット面もデメリット面双方をしっておく事で、購入後のトラブルを未然に防げられます。
タブレットのメリット面として第一に挙げられる事が、どんな場所でも利用できるという持ち運びの良さです。例えばビジネスの会議でメモ代わりに、例えば勉強用に部屋の中や、通学・通勤の電車内で、また防水機能があればお風呂の中でも、キッチンでレシピ検索をしながら・・。
年齢や性別を問わずどんな場所でも利用できるのが有難い点です。

7.2画面が見えやすい

ネット利用ならスマホでも十分なのでは?と考える人も多いでしょう。しかし、スマホであればどうしても画面サイズに限りが出てしまいます。動画を視聴したり、メモパッドとして利用するにはどうしても大きな画面が必要となりますよね。持ち運びを重視した7インチ程のタブレットから、10インチを超える物まで幅広く販売されています。
画面サイズは、購入前には機能面等と比べると軽視されがちな項目ですが、使い始めると意外に気になってしまう項目です。どんなシーンで利用する機会が多くなりそうか、それによって画面サイズもしっかりと把握した上で購入して下さい。

7.3パソコン未満の機能性

タブレットのデメリット面の一つに、PC未満の機能性を否めない、という点が挙げられます。マウスやキーボードに取り付けてタブレットPCとして操作できると機能面としては格段にレベルが上がりますが、タブレットとして利用するだけであればどうしても機能的に劣ってしまいます。
最近ではPC自体の軽量化も進んでいますし、タブレットよりもPCを持ち運んでいる方が利便性があると感じる人も多くいるのが事実です。

8.まとめ

8.1タブレットの将来性

タブレットにはまだまだ将来性が見出せます。2013年のアメリカのコンサルティング会社の調査によると、年々の需要増加の割合を鑑みるに、いずれモバイルPC市場の主流がノートPCからタブレットPCへと移行するのではないか、という推測を立てています。
タブレット市場が全てタブレットPC寄りになるのか、PC機能をタブレット一つでこなせるようになるのかは分かりませんが、現在のタブレット普及率を見ていると、現実性のある話しとも思われますよね。

8.2タブレット購入際に重視する点

タブレット利用者が、購入前に何を重視したのかについてのアンケート調査によると、約30%以上の人がスペック、次いで30%の人が価格と答えています。スペックや価格については、ネットでも店頭でも説明書きされているので、注目するポイントである事は頷けます。
また一方で、タブレットの利用頻度の調査結果では、「ほぼ毎日」が50%を超える結果に。その使用用途はばらばらですが、ほぼ毎日利用するのであれば、スペックや価格並みに重視しなければならない点が他にも出てきそうです。
例えば重量。どれだけスペックが良くても重いタブレットを毎日持ち運びたいとは思わないですよね。更に画面サイズ。これも使用した後で不具合が見つかるタイプの項目です。
また、特にiPhoneを利用されている人はタブレットもiPadに合わせておくというのも重要です。iOSは非常に関連性のあるOSですので、揃えておく方が何かと好都合かと思います。

8.3自分に合ったタブレットを選ぶには

a0002_005731
タブレットは補足的な端末です。たとえば、スマホやケータイ、PCを持ってないのにタブレットだけを購入する、というパターンは珍しいですよね。何かを持っていて補充的な形でタブレットを購入するという人が多い筈です。よって、どうしてもなくては困る物、というよりも寧ろ、あった方が便利な物、という嗜好性が強く反映される機器と考えられます。
よって、もしもタブレットを購入される予定の人は、今の自分に本当に必要かどうかを考えた上で購入される事をおすすめします。タブレットはどれだけ安い物でも1万円以上はかかります。不要ならば浪費を抑えなくてはなりません。
そして、自分に合ったタブレットを購入したい場合は、重要事項を重要度順に紙に書き出しておく事がおすすめ。予め目視可能に重要事項を決めておけば、タブレット選びもよりスムーズに進むでしょう。
是非楽しいタブレット生活を送ってみて下さい。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.