iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他

SIMフリーで『HUAWEI p8lite』レビュー評判

投稿日:

スマートフォンが世の中に出てから早くも10年になろうとする。i osのアイフォンを始めAndroid端末が世の中に出始め、次から次にモデルチェンジを重ね各メーカが競ってスマートフォンの普及を促す。SIMフリーと呼ばれキャリアに関係なく自分で格安SIMなどを購入して使える新しい次世代がついにやってきて、ますますこれからのスマートフォンから目が離せません。

今日はその中でも今話題沸騰中の『HUAWEI p8lite』に目を向けこの製品がどのような製品なのか、『HUAWEI p8lite』の情報『HUAWEI』とはSIMフリーでの内容を見ていきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

記事一覧

1 『HUAWEI p8lite」基本性能と情報

1.1『HUAWEI p8lite』性能
1.2『HUAWEI p8lite』情報
2     SIMフリー
2.1SIMフリーとは
2.2SIMフリーの現況
2.3SIMフリー対応スマートフォン
3 格安SIMで使ってみる
3.1格安SIM前払い(プリペイド)
3.2格安SIM後払い
3.3 格安SIMの種類
3.4格安SIMの解約金
3.5格安SIM電波
4  『HUAWEI p8lite』の価格帯
4.1『HUAWEI p8lite』の定価
4.2『HUAWEI p8lite』の中古
4.3『HUAWEI p8lite』取扱店舗
5 『HUAWEI』商品紹介
5.2『HUAWEI』とは
5.3 『HUAWEI』ジャパン
5.4『HUAWEI』の魅力
5.5  『HUAWEI』のこれから
6 『HUAWEI p8lite』新規契約のメリット
6.1各携帯電話会社(キャリア)との契約
6.2各携帯電話会社(キャリア)を選べる
7  新規契約のデメリッット
7.1二年契約制
7.2解約金の発生
7.3転売の規制
8  SIMフリーのメリット
8.1各会社のSIMを選んで試せる
8.2格安SIMが安い
8.3格安SIMのMNP
9  SIMフリーのデメリット
9.1ラインのI.D.検索ができない
9.2クレジットカード決済のところが多い
9.3期間が短い
10『HUAWEI p8lite』の口コミ評判
11 ニーズとウォンツ
12 まとめ

『HUAWEI p8lite』基本性能と情報

1.1『HUAWEI p8lite』性能

話題を呼んだからには気にかかるところですよね!!『HUAWEI p8lite』の性能はいかなるものでしょうか?
話題のオクタコア8、Android5.0を備えた『HUAWEI p8lite』。5インチディスプレイです。
5インチといえばAQUOSフォンやarrows,Zen Foneなどがありますがオクタコア8(コアの説明はここでは譲る)
A1.2GHzを搭載しており防水機能はありませんがインカメラ500万画素アウトカメラ1300万画素を搭載。
重さ131グラム。プラスティック製でかなりの軽さを実現していますが、プラスティック製ということで「プラスティックか!」との声と「プラスティックだからしょうがない」と意見が賛否両論あるようです。
二枚のSIMを同時に挿入できプライベート、ビジネスを一台で使いこなすことができ、それぞれmicro SIM nano SIMに対応しています。
二枚挿入できますがLTE  3Gに回線をつなぐのはどちらか一方のSIMを使うしかなく設定画面かららの設定が必要です。
micro sdカードを採用しており2GBのメモリと16GB記憶容量を持っています。

1.2『HUAWEI p8lite』情報


『HUAWEI p8lite』の情報は?
2015年に発売され話題を呼んでいる『HUAWEI p8lite』。28,600円(税込)というかなり安い価格で購入できます。

i Phone5ユーザーがiPhoneよりも快適だと話していることからわかるようにその使い心地は問題なさそうであります。

SIMフリー

2.1SIMフリーとは

2.1
SIMフリーとはなんでしょうか?
ここ最近話題となっているSIMフリー、これまでは各携帯電話会社(キャリア)との契約で初めてスマートフォン、ヒュチャーフォンなどが利用することが可能でしたが、これからは

各携帯電話会社(キャリア)に契約しなくても個人個人がかくSIMを使って利用するといった使い方が可能になりました。つまりキャリアの制限なしに使えるのがSIMフリーということです。
それによって端末もsIMフリー用端末が販売されています。

2.2SIMフリーの現況

SIMフリーの現況はいかなるものでしょうか?

2012年に格安SIMの販売がなされ2015年よりSIMフリー対応の携帯電話が出現し各携帯電話会社(キャリア)で契約すると一万円前後の費用がかかるのが当たり前となってお
格安SIMでは2,000円前後とSIMフリーの出現は今や社会現象となり今後も目が離せないものとなっております。各会社から格安SIMが出ておりますので本文中の中から参考にして頂けたら幸いです。

2.3SIMフリー対応スマートフォン

SIMフリースマートフォンにはどのようなものがあるのか?

富士通『arrows M02』、『arrows M3』。iPhone『i Phone 6s』、『i Phone 5s』、『i Phone SE』、『i Phone 6』、『i Phone 7』。ASUS『zen fone MAX(zc550kc)』、
『Zen fone 3 pero x』、 『Zen fone 3 ultra』、『Zen fone 2 Laser(2E500kl)』、『Zen fone 3 max』、『Zen fone GO』、『Zen Fone 3』。
シャープ『』AQUOS SH-M02』、『AQUOS SH-M04』、ソニー、『XPERIA j1compact』、レノボ、『Phab 2 pro』、goo『』g 06』、『g 07』3sLTE、freetel『priori 3 LTE』、
『SAMURAI RAIJIN』、『SAMURAI REI』、『SAMURAI KINAMI 2』、VAIO『vaiophone Biz』、モトローラ『Moto 2 play』、『Moto G4 plus』、
ZTE『ZTE AXON 7 mini』、『BLADE V7 MAX』、『ZTE AXON 7』アルカテル、『alcatel SH1NE LITE』、『alcatel 1dol4』,Google、『Nexus 5x』、
『Nexus 6』,トリニティ、『NUANS NEO』、ファーウェイ『GR5』、『honor 8』、『HUAWEI p9』、『HUAWEI L MATE9』、『HUAWEI p9 lite』などSIMフリースマートフォンがが現在発売されている.

3格安SIMで使ってみる

3.1格安SIM前場合(プリペイド)

格安SIM前払い(プリペイド)はあるのか?

今やインターネット通信のパケットも安価で買えるようになりプリペイド式の格安SIMが出ていますが購入からの期間、購入時のGB容量を超えた際に通信が途絶えるといったものです。
コンビニエンスストアや書店、空港、インターネット上で購入などがあります。

3.2格安SIM後払い

支払いはどんなものがあるのでしょうか?

支払いはどこも同じですが、クレジットカードや銀行口座引き落としのものがあります。

3.3格安SIMの種類

格安SIMどのような種類があるのでしょうか?

格安SIMについてはテレビ、雑誌などで取り扱われ話題を呼んでおります。ここでは格安SIMについてですがそれぞれ各メーカーから発売されておりますので順を追って詳しく解説していきたいと思います。
楽天モバイル。毎月、低速無制限で525円。通信速度255Mbps
LINE MOBILE。毎月1GB500円。通信速度300Mbps。SIMカード到着後、即日装着対応可能。
mineo。毎月1GB。700円。+au610円。ドコモ+700円~
UQ mobile。毎月3GB。1,980円~。通信速度1500Mbps
nuro mobile。毎月2GB。583~1,917円~。通信速度375Mbps
BIGLOBE。毎月3GB。1,400円~
u mobile。毎月1〜3GB 1,480円~
AEON MOBILE。毎月1GB。1,180円~
OCN モバイル  ONE。毎月110MB。1,600円~
DNN mobile。毎月低速無制限。1,140円~
DT SIM。毎月1GB。1,490円~
exsite 毎月1GB。680円+700円〜
NifMo by HIFTY。毎月1.1GB。1,340円~
Y mobile 。毎月1GB。2,980円。~
j:com mobile。毎月3GB。980円~
以上となっております。

3.4格安SIMの解約金

格安SIMに解約金はかかるのか?
データ通信用のSIMには違約金がかかりませんが、
音声SIMには各会社ごとに契約期間があるので契約期間内に解約してしまうと違約金(解約金)が発生してしまいますので十分注意したいものです。
OCNモバイルONE。契約期間六ヶ月。違約金8,000円(税抜き)
y mobile。契約期間二十四ヶ月。違約金9,500円(税抜き)
楽天モバイル。契約期間十二ヶ月。違約金9,800円(税抜き)
DMM。契約期間十二ヶ月。違約金9,000円(税抜き)
U-mobile。契約期間六ヶ月。6,000円(税抜き)
BIG LOBE LTE 3G。契約期間十二ヶ月。8,000円(税抜き)
ll jmio。契約期間十二ヶ月。残り月ごとに1,000円(税抜き)
以上参考までにしてください。

3.5格安SIMの電波

格安SIMの電波はどうなっているのでしょうか?

格安SIMの取り扱っている各会社も各携帯会社(キャリア)の回線を借りて利用しているため電波の不具合といった心配はいりません!

『HUAWEI p8 lite』の価格帯

4.1『』HUAWEI p8lite』の定価

『HUAWEI p8lite』の定価は?
30,888円(税込)です。

4.2『HUAWEI p8lite』の中古

『HUAWEI p8lite』の中古はいくらくらいでしょうか?

17,000円から20,000円というところが相場のようです。

4.3『HUAWEI p8lite』取扱店舗

取扱店舗は?
アイ・オー・データ機器
価格.com
アプライド
イオンリテール
e-TREND
インターネットイニシアティブ
エディオン
NTT-X Store
加賀ハイテック
Caravan Yu
シネックスインフォテック
ZOA
ソフトバンク コマース&サービス
ダイワボウ情報システム
DMM mobile
ニフティ
ノジマ
ビックカメラ
Murauchi.com
ヤマダ電機(取扱予定)
ヨドバシカメラ
楽天モバイル
ムスビー
以上を参考にしてください。

『HUAWEI』商品紹介

5.1『HUAWEI』商品紹介

『HUAWEI』商品の中にはどんなものがあるのでしょうか?
『HUAWEI p9 lite』

『HUAWEI p9』
『HUAWEI Y6』
『HUAWEI Mate s』
『HUAWEI p8 max』
『HUAWEI p8 lite』
『HUAWEI honor6 plus』
『HUAWEI Ascend G620s』
『HUAWEI Mate7』
『HUAWEI Ascend p7』
『HUAWEI Ascend G6』
『HUAWEI STREAM』
『HUAWEI honor8』
『HUAWEI Ascend』
『HUAWEI dtab d-01』
『HUAWEI dtab d-01H』
『HUAWEI dtab d-01G』
『HUAWEI dtab d-02H』
上記のものが現在ラインナップとしてあります。

5.2『HUAWEI』とは

今話題の『HUAWEU』とはどのような企業でしょうか?

『HUAWEI』とは中国に起業されたICTソリュージョンプロバイダーです。ファーウェイのグローバルCSR責任者、Holy Ranaivozanany氏を基に160カ国以上にわたる通信事
業を展開し今や世界第3位のシェアを誇る『HUAWEI』。そのビジョンは「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というものを掲げています。
中国から起業され今に至り多国籍、国を問わず採用しております。

5.3『HUAWEI』ジャパン

『HUAWEI』ジャパンとはいかなる企業でしょうか?

女性管理職の割合は14.6%、女性従業員の28%がワーキングマザーとしての女性の活躍の場を作り出している企業であり、東日本大震災などの支援や地域社会への寄与活動
を厭わずおこなている企業です。
<h3>5.4『HUAWEI』の魅力

『HUAWEI』の魅力とはどこにあるのでしょうか?
そのサービス活動を170カ国までに展開し質の良い情報サービスの提供をなし世界の三分の一を網羅していることにあります。
企業理念にもありますように「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」ことを踏まえ私たちの生活を豊かなものにしてくれるところに魅力があるように思います。

5.5『HUAWEIのこれから』

世界の三分の一を網羅している世界第3位のシェアを誇る『HUAWEI』。
新卒者の採用や現地採用、国をまたいでの雇用などこれから世界に向けてあらゆる情報発信基地としてますます目が離せない『HUAWEI』です。

6 『HUAWEI p8lite』新規契約のメリット

6.1各携帯電話会社(キャリア)との契約

各携帯会社(キャリア)への新規契約プランが選べます。

6.2各携帯電話会社(キャリア)を選べる

自分の気いったプランのある携帯会社(キャリア)を自ら選択できます。

 新規契約のデメリッット

7.1二年契約制

2年契約性のデメリットとはどんなところでしょうか?

最初に新規契約のデメリットを挙げるならば、2年縛りというものがあるでしょう。2年以内で解約してしまうと解約料がかなり高額に発生してしまいます。
2年以内に解約すると解約料金10,260円(ソフトバンク)9,500円(ドコモ)が発生します。

7.2解約金の発生

違約金は発生するのでしょうか?

2年縛りの場合、途中解約してしまうと違約金(解除料)が発生します。10,260円(ソフトバンク)9,500円(ドコモ)

7.3転売の規制

さて転売はできるのでしょうか?

通常購入、一括支払いで精算した際には問題ないのですが、毎月の割賦代金で支払っている時は、中古で買い取ってもらいたいという場合には規制がかかってしまいます。
毎月の割賦代金が残っていると白ロム扱いとしてもらえず、かなり安価な価格での買取になってしまいます。また安価などころか買い取ってくれないところもあります。

 SIMフリーのメリット

8.1各会社のSIMを選んで試せる

各会社によって違約金が発生してしまいますが、短期間での契約がメインなので自分にあった格安SIMがチョイスできます。

8.2格安SIMが安い

今メディアで話題になっている格安SIMやすい?
かなりの低価格格安SIMを購入し使うことができます。2,000円くらいで持つことができます。

8.3格安SIMのMNP

格安SIMからのキャリアへのMNPはできませんが格安SIMからの格安SIMへのMNPは可能です。

 SIMフリーのデメリット

9.1ラインのI.D.検索ができない

ラインのアイディ検索ができないのか?

みなさんきになるところですよね!
ラインアイディは検索は不可能となっております。
フルフル機能やQRコードを利用するといた形ででしか利用ができないのが難点です。

9.2クレジットカード決済のところが多い

クレジットカードが主流なのか?

ほとんどの会社がクレジットカードでの支払いを要求するところが主流のようです。

9.3期間が短い

契約期間は短いのか?

ほとんどの場合は六ヶ月、十二ヶ月など期間が短くなっております。そこがデメリットでありますが考えようによっては他社の格安SIMに乗り換える( MNP)こともできつかいがって
がいいという利点もあります。(個人の考えにもよりますが)

0『HUAWEI p8lite』の口コミ評判


『HUAWEI』の口コミ評判は?
125人中4.05人の評価をいただいております。約三割の方々からの評価をいただいております。バージョンアップもなされ快適にサクサクと使えるとの声も上がっています。銀座に

はメンテナンスセンターが開設されており即日電池交換などあらゆることに対処してくれるようです。(東京郊外の方には使えないのが不便です)

1ニーズとウォンツ


少しここでニーズとウォンツという話に触れたいと思います。それは『ドコモ dtab d01H』がお客様のニーズとウォンツを満たしてくれるものであるからであります。

大きく分けてニーズとはお客様、私たち自身に必要であるもの、ウォンツとはそうではないもの。ニーズとは家の中で例えると食器用洗剤、洗剤は毎日どの家庭でも使うものであり誰しもが購入する値段の上がらないもの、安く売られるもの。
しかしそこで毎日使っても手荒れしない、アカギレしない洗剤となれば手荒れや、アカギレのある人は普通の洗剤よりも少し高くても購入するのではないでしょうか?ここがウォンツです。例えればカウンタック。あの何億もする高級車、あれなんかはまさにウォンツです。
日本も戦後、敗戦国となり貧しい経験をしてきましたが、その中で経済成長を遂げ今や世界中が羨むありとあらゆるものに恵まれた豊かな日本となりました。
情報網IT関連のめまぐるしい発達に伴い情報のスピード化、情報の共有のスピード化そしてこのスピード化は誰しもが求めるものであり、タイムリーなものを瞬時に検索するといったインターネット環境はもはや必要不可欠なものとなりました。
世界がインターネットを経由して繋がり、世界が一つになろうとしている昨今です。本来ならばフューチャーホン一つだけでも国際通話が可能ですがSNSの普及により無料でしかもスピーディーに世界中と繋がっていられるスマートフォンの普及により出現により需要の高まっている今日の状況です。
お客様の私たち自身のニーズも幅を超えゲーム、動画、インターネット検索、を楽しみたい、最低限豊かで幸福を得たいという権利のもとからインターネット環境はなくてもスマートフォン、タブレットでインターネット、ゲーム、動画を楽しみたい、インタネット環境があっても外出時にもそれらを楽しみたい。
という、私たちのために現れたスマートフォン、そのような私たちのニーズに応えつつも付加価値をもたらしてくれるウォンツの部分を持ったタブレット、『HUAWEI P8LITE』も見るところそんな私たちのニーズとウォンツを十分満たしてくれる一台となっています。

まとめ


以上多岐にわたって解説してまいりましたが、『HUAWEI P8LITE』の魅力をわかっていただけたでしょうか?今やスマートフォンと共に生きていく時代に突入した時です。

格安SIMで使うっことによってかなり安く手に入れることができ、毎月の使用量も10
,000円前後だったスマートフォンが2,000円前後と革命的な値段で手に入れることができるそのような時代となりました。
SNSを始めとしたソーシャルネットサービスの普及が必須です。今や時代はフューチャーフォンからスマートフォンへと移行しています。
乗り遅れてはいけません。上記の通りSIMフリー、格安SIMのメリット、デメリットを解説してまいりましたが使い方は読者の皆様の使用にあった使い方をすることをお勧めします。
特に格安SIMを使っての利用はこれまでのスマートフォンユーザーのみならずこれから検討している、乗り換える方には朗報といっても過言ではありません。
読者の一助となることを願っています。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-その他

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.