iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

ぷららモバイルLTEの無制限プランは遅い!?それなら月次7GBならどう?

投稿日:

ぷららモバイルLTEは、高速データ通信の定額無制限プランで一気に人気を獲得したMVNOの通信サービスです。
NTTぷららが、提供しており、2種類の定額プランと、”定額無制限プラン”、”二段階定額プラン”という大きく分けると4種類のプランで構成されています。

無制限プランの速度が遅いなどの評判もありますが、二段階定額プランや月次7GBなども用意されており、プロバイダの信頼性も高い安定のMVNOです。
ここでは、ぷららモバイルLTEのプランや向いているタイプを紹介するとともに、他社MVNOとの速度や料金の比較を行なっています。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1.ぷららモバイルLTEの魅力は定額無制限?それとも月次プラン?
2.ぷららモバイルLTEの特徴とプランは?
2.1 ぷららモバイルLTEとは?
2.2 ぷららモバイルLTEの特徴は
2.3 ぷららモバイルLTEのオススメプランは?
3.ぷららモバイルLTEをオススメするならこんな人
3.1 1日中スマホを使ってる人
3.2 子供にスマホをもたせたい人
3.3 デメリットも一応知っておき、許せる人
4.ぷららモバイルLTEの格安プランを徹底解明
4.1 音声合わせりゃ7プラン
4.2 やっぱり安定の定額無制限
4.3 二段階定額プランもオススメ
4.4 月次プランが今は大人気7GB
5.7GB使える他社MVNOと徹底比較
5.1 nuroモバイル
5.2 DMMモバイル
5.3 イオンモバイル
5.4 エキサイトモバイル
6.無制限SIMとしての速度を他社MVNOと徹底比較
6.1 UQ-mobile
6.2 モバレコモバイル
6.3 DTI SIM
6.4 U-mobile
7.ぷららモバイルLTEはあり?なし?
7.1 動画好きにはオススメMVNO
7.2 動画をまったく見ない人はやめた方がいい
7.3 iphoneを使いたい人にはオススメ
8.まとめ
 

1.ぷららモバイルLTEの魅力は定額無制限?それとも月次プラン?

スマホ_音楽
ぷららモバイルLTEは、名前はへんてこりんなんですが、ちゃんとした格安スマホ界のMVNOです。
NTTぷららが、提供しており、大きく分けて4種類のプランから構成されています。
”定額無制限プラン”は登場した時から大人気となり、ぷららモバイルLTEの名前をスマホ業界に知らしめるいい機会となったプランです。
それ以降多くのユーザーがこのプランのためにぷららモバイルLTEと契約しているといっても過言ではありません。
これらのプラン以外にも、セキュリティ機能が無料で利用できたりといろいろな付加価値の多いMVNOなんです。
ここでは、ぷららモバイルLTEのプランやオススメの使い方などを紹介しつつ、他社MVNOとのプランの比較などを行なっていきます。
 

2.ぷららモバイルLTEの特徴とプランは?

happy-1786171_960_720

2.1 ぷららモバイルLTEとは?

ぷららモバイルLTEは、NTTぷららが提供しているMVNOの通信サービスとなっています。
2種類の定額プラン、定額無制限プラン、二段階定額プランの4種類からなるわかりやすい構成で編成しています。
特に”定額無制限プラン”は登場した時から大人気であり、無制限プランの先駆けといわれていました。
それ以外にも、セキュリティ機能が無料で利用できたり、”ひかりTVエントリープラン”が追加料金なしで楽しむことができるなどのNTTぷららならではのメリットがあります。
ネットを楽しむのに適した格安SIMだといえ、会社の信頼性も高いSIMでもあります。
その一方で最近では、無制限プランとしては月額料金が高めだという評判や、無制限だけど、通信速度が結構遅いなどのあまりよくな評判も目にするようになってきています。

2.2 ぷららモバイルLTEの特徴は

ぷららモバイルLTEは、NTTdocomoの電波エリアを使うことができるのが特徴であり、NTTdocomoは、都会だけでなく郊外にも幅広く電波を届けているのでちょっとした離島などでも必ずといっていいほど使うことができます
また、大きな特徴としてぷららモバイルLTEのSIMは、SIMフリーのスマホだけではなく、docomo端末でも使うことができるということです。
そのため、今もってるスマホで格安SIMをつかっていきたい人にはdocomoであれば新しい端末を買う必要がありません。
その総数は100種類以上の機種で動くといわれているので、他のMVNOではできないことがこのぷららモバイルLTEのSIMでは可能となります。
また、データ通信だけでなく、音声通話でも可能となっています。
ただし、今のところぷららモバイルLTEでは契約できるスマホはないので、他の会社で買った端末かdocomoのスマホをもっている人に限定されます。
しかし、格安スマホ業界の場合にはしょっちゅうSIMを入れ替えるので特にマイナスなポイントでもないでしょう。

2.3 ぷららモバイルLTEのオススメプランは?

ぷららモバイルLTEのオススメプランは、なんといっても”定額無制限プラン”でしょう。
業界でもいち早くはじめた無制限のプランになります。
もともとぷららモバイルLTEは、キャリア三大大手と比べても遜色ないくらいのクオリティのプラン内容です。
その中でもデータ通信に特化したい、いつも制限をかけられるほど使ってしまっている人などには無制限プランが最適です、容量を気にせずスマホを思う存分使えます。
当たり前ですが、どれだけ使っても速度制限はなく、スマホヘビーユーザーならこれにすべきといえるプランになります。
 

3.ぷららモバイルLTEをオススメするならこんな人

200974ff738022feebce5ab98953aa8c_m

3.1 1日中スマホを使ってる人

1日中スマホをいじってる人っていますよね?
今の時代そんな人は珍しくありません。というかパソコンでインターネット検索するだけくらいなら、スマホの方が楽だったりします。
ネットの動画やスマホをデザリングして、パソコンやipadなどから電波を使う人にももってこいの無制限プランもありますので、いずれにし1日中ゲームしたりネット閲覧してる人にはもっていこいのMVNOです。
速度制限を気にせず使えるので、スマホを24時間いつでも制限なく使いたい人はぷららモバイルLTEの無制限プランにぜひ加入してください。
また、家ならwifiサービスがあればスマホのデータ容量はそれほど気にしないでもいられますが、外出時にヘビーにスマホを使いたい場合には、特に近くに強力なwifiスポットでもないかぎり、データプランは使い切ってしまうでしょう。
そんな人にも無制限プランはうってつけのプランといえます。
カフェやレストランにわざわざ入ってwifiサービスを使うのが面倒臭いと思ってる人や、共用のwifiサービスは重いから嫌だという人など、自由に使いたい人はやっぱり無制限プランです。
もちろんタブレットにも対応しているので特に機種はあまり気にする必要ありませんのでビジネス用としても使っていただけます。営業の人もどうでしょうか?

3.2 子供にスマホをもたせたい人

子供にスマホをもたせている人は大勢いると思います。
幼稚園や小学生でもスマホはもってるだけで何かの時の臨時の通信手段としてなんだかんだと重宝されてしまっています。
ただし、インターネットなどを子供が使うといろいろなトラブルに巻き込まれたりしてしまうので少し心配になりますよね。
ところが、ぷららモバイルLTEでは独自のセキュリティが無料で搭載されており、アダルトや危険サイトへのアクセスを遮断してくれたり、迷惑メールや不正アクセスも防いでくれるサービスがあるのです。
さらには未成年に有害なサイトのフィルタリングなども行なっており、小さな子に渡すスマホとしては安心できるMVNOになります。

3.3  デメリットも一応知っておき、許せる人

格安スマホ業界では、なにもかも完璧なスマホなど存在しません。
そもそも大手キャリア携帯の半分、いや、1/3、1/4くらいにまで料金を抑えることができているので、多少のデメリットは目をつむれないのであれば使っていくのは厳しいのです。
ぷららモバイルLTEのデメリットして考えられるのは、データ通信が遅く感じる場合です。
これは無制限プランのある会社ではどこでもクレームはつきもので、大抵時間帯によっては低速になってしまっていることがありますが、我慢しなくてはなりません
その他にもSMS機能などが有料だったりと、少しずつ料金を削減しているため、大手キャリア携帯と同じようにしていこうと思うと当然、料金は増えていきます。
しかし、それでも全体的な料金としては格安ですし、2年縛りなどもないことをメリットにしていけると思えるくらいな人がやっぱり、ぷららモバイルLTEだとしても向いているのではないでしょうか。
 

4.ぷららモバイルLTEの格安プランを徹底解明

smartphone-623722_960_720

4.1 音声合わせりゃ7プラン

ぷららモバイルLTEの格安プランは大きくわけると4種類ですが、音声付き、データ通信だけでわけると7プラン用意されています。
<ぷららモバイルLTEの7プラン>

プラン 最大受信速度 通信容量 月額料金
定額ライトプラン 150Mbps 110MB/日 900円
定額(7GB)プラン 150Mbps 7GB/月 1886円
 定額無制限プラン 3Mbps 無制限 2760円
 二段階定額プラン 150Mbps 30.5MB/月
100MB/日
269円〜2362円
 定額ライトプラン音声通話 150Mbps 110MB/日 1600円
 定額(7GB)プラン音声通話 150Mbps 7GB/月 2586円
 定額無制限プラン 3Mbps 無制限 3460円

4.2 やっぱり安定の定額無制限

ぷららモバイルLTEの魅力は、まずはやっぱり、定額無制限プランでしょう。
そもそもこのプランによってぷららモバイルLTEの名は広まったと言ってもいいくらいなんです。
通信速度最大3Mbpsですが、使いたい放題の”定額無制限プラン”以外にも”定額ライトプラン”、”二段階定額プラン”、”定額(7GB)プラン”の3つのプランがありますが、やっぱり目をひくのは”無制限”という言葉です。
”定額無制限プラン”は、名前通り、通信量の上限がなく、いくらかかっても料金は増えないプランです。
3Mbpsという速度も一昔前のADSLと同程度であり、動画見るくらなら問題なくできます。
月額料金は2760円とそこそこ他のプランと比べてはかかってしまいますが、いつでもどこでもそこそこの速度でネットが使えるのは大きいのではないでしょうか。

4.3 二段階定額プランもオススメ

定額無制限プランのせいで意外に目立っておらず契約している人も少ないプランですが、”二段階定額プラン”もオススメのプランです。
”二段階定額プラン”は、通信量が1ヶ月に30.5MBまでなら269円ですみますが、30.5MB以上になると一気に2362円になるプランです。
急に料金が高くなるなーって思う人もいるかと思いますが、普段全然使わないなら269円でいいので、たまーに使う月があるかもしれないって感じで、このプランを気軽に選べば特に不自由はしないはずです。
基本的に家ではスマホをいじらない人はこれでも全然大丈夫でしょうし、海外と日本を行ったり来たりの人ならいらない月は269円で、いる月は2362円という使い方でもよいのではないでしょうか。

4.4 月次プランが今は大人気7GB

そして最後にお伝えするのが今一番人気になりつつあり、ぷららモバイルLTEとしても売りに出しているプランである、”定額(7GB)プラン”です。
プラン改定により月次プランとなってから”定額(7GB)プラン”は注目されてきています。
データSIMの方でいうなら、月額1886円という安さで7GBを使えるのでかなりの安さといえるでしょう。
2000円を切ってくる7GBレベルの月次プランはなかなか他社のMVNOでも見当たりません。
音声通話付きのプランにしても、700円プラスされるだけなので月額2586円ですみます。
 

5.7GB使える他社MVNOと比較してみよう

wifi-640404_640

5.1 nuroモバイル

nuroモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供しているMVNOです。

かなり細かく1GBきざみのわかりやすいプランを作るMVNOでユーザーも幅広く選択できるようになっています。

とにかく難しいことを考えずに使えるのは魅力的だと評判ですね。

月に500MBまでなら、無料で使える”0 SIM”の登場により一躍話題になったMVNOです。

7GB/月だと、データSIMなら月額1700円、音声通話付きなら月額2400円なので、業界最安値となっています。
余分な機能を一切持っておらず、シンプルなサービスであるのも人気の秘密です。
7GB以外にも8GB以上もあるので比較してみてください。

プラン名 月額料金 最大受信速度 通信容量
nuroモバイル データ 7GB 1700円 375Mbps 7GB/月
nuroモバイル データ 8GB 1900円 375Mbps 8GB/月
nuroモバイル 音声付き 7GB 2400円 375Mbps 7GB/月
nuroモバイル 音声付き 8GB 2600円 375Mbps 8GB/月

5.2 DMMモバイル

DMMモバイルもnuroモバイル同様にかなり安い7GB以上のプランをもっているMVNOになります。
7GBだけならnuroモバイルには負けていますが、業界でもトップクラスでほんのわずかぷららモバイルLTEにも優っています。
さらにDMMモバイルの特徴は、8GB/月のプランからは"シェアコース"として、複数枚のSIMでデータ容量を共有することもできるのです。
そして、DMMモバイルの最大の特徴は最大10GBのプランがあり、それでも2190円ですむというところになります。
そのためあまり7GBに魅力を感じるとはないでしょう。

プラン名 月額料金 最大受信速度 通信容量
データSIMプラン 7GB 1860円 300Mbps 7GB/月
データSIMプラン 8GB(1枚〜3枚) 1980円~ 300Mbps 8GB/月
通話SIMプラン 7GB 2560円 300Mbps 7GB/月
通話SIMプラン 8GB(1枚〜3枚) 2680円~ 300Mbps 8GB/月

5.3 イオンモバイル

イオンモバイルは、スーパーやショッピングセンターで有名なイオンが販売しているMVNOです。
少ない容量から大容量まで、幅広いプランの選択肢があったり、安さも人気のMVNOです。
最大3枚までSIMカードを使えるシェアプランも人気で、ご家族での利用もOKなのは、まさに庶民的なイオンならではでしょう。
しかも、イオンの全国に200店舗以上の店舗をもっているのでアフターサービスが受けられる安心感もプラスな要素です。

プラン名 月額料金 最大受信速度 通信容量
データ8GBプラン  1980円 375Mbps 8GB/月
音声8GBプラン 2680円 375Mbps 8GB/月
シェア音声8GBプラン(1枚〜3枚) 2980円~ 375Mbps 8GB/月

5.4 エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、ポータルサイトで有名なエキサイトが提供しているMVNOのモバイル通信サービスになります。
エキサイトモバイルのメリットは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プランです。
さらに1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースなどもメリットの1つです。
データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMでゲーム好きなどに愛好されています。

プラン名 月額料金 最大受信速度 通信容量
定額プラン
1枚コース 9GB
2250円 300Mbps 9GB/月
定額プラン
3枚コース 9GB(3枚〜5枚)
2460円 300Mbps 9GB/月

 

6.無制限SIMとしての速度を他社MVNOと徹底比較

call-71168_1280

6.1 UQ-mobile

UQ-mobileは、WiMAXでも知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOになります。
SIMサービスとしては、月間3GBの高速通信が使えるプランと、低速だが無制限に使えるプランの2つに分かれ、どちらも同じくらい人気が高いようです。
無料通話分や端末割引がセットになった”おしゃべりプラン・ぴったりプラン”などもあります。
通信品質の高さでも評価が高いのは嬉しいところで、実効速度は格安SIMの中でもトップクラスと言われています。
定額無制限の場合には、通信速度は元々300kbpsだったのですが、サービス拡充により500kbpsにまで上がったので以前よりはつながりやすくなっています。
しかし、これだとぷららモバイルLTEの方が、早いといえるでしょう。
さらに通信制限があり、直近3日間で1GBを超えて利用すると通信速度が制限される場合があるとなっています。
他社のMVNOと比べて、実効速度はとても優れていると評判が高いのは大きなポイントです。
もしかしたら理論値どおりなので、他の理論値をかかげてるけど遅い会社よりはオススメかもしれません。

プラン名 月額料金 最大受信速度
データ無制限プラン 1980円 500kbps
データ無制限+音声通話プラン 2680円 500kbps

6.2 モバレコモバイル

モバレコモバイルは、まだまだ有名ではありませんが、スマートフォンやタブレットの情報メディアサイトである”モバレコ”などを運営する株式会社ALL CONNECTが提供しているMVNOです。
特徴的なのは、帯域を1人で独占できるが料金が非常に高額な”超高速独占プラン”というものをもっていることです。
そして、もう1つは混雑が激しいのですが、料金が非常に安い”超激安激混みプラン”という、両極端な面白い一面をもっているMVNOです。
しかも”超激安激混みプラン”の方は1000人の申し込みがあり次第サービス開始となる珍しいプランです。
”超高速独占プラン”は、利用者がいない環境となるので、時間帯にかかわらず、いつでも快適な速度で通信が可能だと言われています。
しかし、お値段は高く、298000円です。ただし、これにはiphone6がセットになっています。
まあ、いずれにしろ高いのは高いです。どちらも無制限ですので自分にあったプランを選んでみましょう。

プラン名 月額料金 最大受信速度
超高速独占プラン(iPhone 6セット) 298000円 1Mbps
超激安激混みプラン(中古端末セット) 298円 1Mbps

6.3 DTI SIM

DTI SIMは、ドリーム・トレイン・インターネットが提供しているMVNOです。
特徴としては、あまり褒められたものではありませんが、他社にあるサービスを、少し遅れて料金を安くして提供開始してくることです。
このDTI SIMもデータ無制限プランをもっており、の”ネットつかい放題”という古めかしい名称でやっています。
実効速度についてはあいにく評判の良い方ではなく、お手頃に無制限プランを使いたい場合は有力な候補になるだけで、ぷららモバイルLTEの方がオススメです。

プラン名 月額料金 最大受信速度
データプラン ネットつかい放題 2200円 225Mbps
音声プラン ネットつかい放題 2900円 225Mbps

6.4 U-mobile

U-mobileは、USENから分離独立する形で誕生した株式会社U-NEXTが提供しているMVNOです。
一般的な月次プランや二段階定額プランに加えて、最近は音楽配信サービス”スマホでUSEN”がセットになった”USEN MUSIC SIM”が話題です。
その他にも、LTE使い放題の”U-mobile PREMIUM”、ワイモバイル回線を使った”U-mobile SUPER”など相変わらず豊富なバリエーションを揃えた、格安SIM界の革命児っぷりを発揮しています。
特に”U-mobile PREMIUM”は、最大下り通信速度375Mbpsの高速通信を通信量の上限なしで利用することができるという優れたプランです。
これは以前人気だった、”LTE使い放題”がリニューアルして誕生しており、IIJの回線を使っているとのことで安心なクオリティーです。
ただ混雑時には一時的に速度が制限されるとのこと(しきい値は非公開)。このためか、速度調査の結果をネットで探してみると、やはり昼や夕方の速度低下が目立っており、実効速度は1Mbps未満になることもある模様。
頻繁に設備増強が行われてはいるが、なかなか改善には至っていないようで、このあたりはあいにく「LTE使い放題」の頃から変わってなさそうだ。

プラン名 月額料金 最大受信速度
USEN MUSIC SIM 2980円 225Mbps
U-mobile PREMIUM 通話プラス 2980円 375Mbps
U-mobile PREMIUM データ専用 2480円 375Mbps

 

7.ぷららモバイルLTEはあり?なし?

格安スマホ

7.1 動画好きにはオススメMVNO

動画をたくさん見る場合には、このぷららモバイルLTEはかなりオススメできるMVNOです。
動画を見る人はぷららモバイルLTEは断然ありです!
Youtubeやニコニコ動画、Huluなどの動画を1日2時間以上見るならばなおさらありです。
土日や休日にまとめて見る場合でも、定額無制限プランが最適ですね。
どんなに見ても速度制限にはなりませんし、この程度の動画なら特に問題なく見れます。
やっぱり動画をみるなら無制限じゃないと厳しいでしょう。
データ定額の場合には最大でもDMMの10GBぐらいになり、これでも1日1時間以上見てしまったら、もう動画はそれ以上は見えなくなるくらいの量になってしまっています。
動画を気にせずみるのなら、やっぱりぷららモバイルLTEがオススメです。

7.2 動画を全く見ない人はやめた方がいい

一方で、動画をほとんど見ない人にとっては、あまり向いていないMVNOだと思った方がよいかもしれません。
ぷららモバイルLTEの通信速度は他の格安SIMと比べて結構遅い部類に属しています。
遅いですが、動画を見る分には何とかなる速度を保っている程度なのです。
つまり動画を見るのにはベストな格安SIMといえるのですが、サイトを快適に閲覧するには、動画よりも速い通信速度が必要になります。
ぷららモバイルLTEの場合、平日の夜の時間帯は、サイトを快適に閲覧するのに十分な通信速度になっていないというのが一般的な見解です。
他の格安SIMだと初速が5Mbpsから10Mbpsくらいあるのがほとんどですが、ぷららモバイルLTEの場合は初速が0.5Mbpsくらいで徐々に速度が上がるような感じです。
そのため、Webサイトの場合は読み込みがワンテンポ遅れる場合もあったり、ネットサーフィンが好きな場合には、高画質の動画や容量の重いページを見る場合には遅くなり、ストレスになります。
平日の夜はテザリングをしてノートパソコンを使えるほどの通信速度がまったく出ていないので、デザリングも向いていません。
そのため、出張先でデザリング用なんていうのも、向いておらず、他の会社の格安SIMを選んだ方がよいくらいです。
ぷららモバイルLTEはスマホやタブレットで動画を超たくさん見るのに特化した格安SIMですので、動画をあまり見ない人はやめた方が無難でしょう。

7.3 iphoneを使いたい人にはオススメ

ぷららモバイルLTEでもiPhoneを使うことができるので、iphoneをすでに持っていて格安SIMにしたい人には朗報です。
しかし、SIMフリーのiphoneか、docomoのiphoneに限られてきます。
その場合には、ぷららモバイルLTEのナノSIMを申し込んで、SIMを入れ替えるだけで使いはじめられます。
もちろん、今まで使っていたアプリや撮った写真、電話帳などもそのままの状態になっています。
ただし、auとソフトバンクの場合には少しややこしくなってきます。
まずauだとぷららモバイルLTEは使えませんのでダメなんですが、UQ mobileとmineoの格安SIMなら使えるそうです。
また、ソフトバンクの場合には格安SIMに対応していないので、ぷららモバイルLTEに限らずダメです。
荒いやり方になりますが、ソフトバンクのiphone場合にはそのiphoneを売って、そのお金で新しいiphoneを買って、格安SIMと契約して、使うしか方法はありません。
 

8.まとめ

mvno
いかがでしたでしょうか?ぷららモバイルLTEの格安SIMの特徴を理解していただけましたでしょうか?
すごくぷららモバイルLTEの場合には、シンプルです。
ずばり、動画を毎日見るかどうか!これだけです。
もしも、動画を毎日見るなら、定額無制限プランに入って、見たい放題動画を見るのに使ってください。
そうじゃないのなら、それぞれのスマホの用途や頻度に合わせたMVNOのプランが何かしら見つかってくるはずです。
何よりぷららモバイルLTEは、速度が遅いので、使っていても使いづらいという評判が結構多く、この定額無制限プランくらいしか使い道がないといっているユーザーすらいるようです。
もしかしたら、この速度の遅さのおかげで、ぷららモバイルLTEは定額無制限プランを作っているのかもしれません。
”遅いけど、使いまくっていいよ”っていうぷららモバイルLTEの開き直ったプランなのかもしれません。
いずれにしろ、定額無制限に嘘偽りはないので動画を見まくる人は契約して、見まくりましょう!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.