iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

ぷららモバイルLTE以上に、コスパ最強の格安SIMが知りたい

投稿日:

thumbs-up-1999780_6402017年11月30日(木)をもって、サービスが終了になってしまったぷららモバイルLTEとは、一体どんなMVNOなのでしょうか?
 
また、使用しているユーザーに参考資料として、解約方法から、ぷららモバイルLTEに引けをとらないおすすめのMVNOをご紹介します!
 
世間では、MVNOがあふれており、今では激しい価格競争が勃発しています。
きっと、ぷららモバイルLTEよりもコスパが最強なMVNOの情報も満載なので、今後の乗り換えの時の参考材料にしてみてはいかがでしょうか?
 

 
目次
1.ぷららモバイルLTEの特徴を教えて!
1-1.ぷららモバイルLTEはデータ通信容量が無制限で使える
1-2.ぷららモバイルLTEは契約期間に条件がない
1-3.ぷららモバイルLTEは格安の料金設定である
2.ぷららモバイルLTEの評判が知りたい!
3.他の格安SIMと通信速度を比較してみよう
4.ぷららモバイルLTEは2017年11月30日にサービスが終了する!?
4-1.解約方法は?
4-2.違約金は発生しないか?
4-3.ぷららモバイルLTEに似た特徴を持つ格安SIMはあるか?
5.ぷららモバイルLTE以上に、コスパの高い格安SIMが知りたい!
6.まとめ
 
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.ぷららモバイルLTEの特徴を教えて!

yjimage-2
最近格安SIMと呼ばれるMVNOが普及しています。
その中でも、Y!モバイルUQモバイルがよくテレビでCMをしているので、MVNOの中では特に有名なMVNOなのではないでしょうか?
 
大手キャリアであるソフトバンク、au、ドコモはそれぞれ独自の通信回線を持ち、通信環境を整えています。
ぷららモバイルLTEを含め、全てのMVNOは大手キャリアの通信回線を借りて、独自に通信環境を整えているのがMVNOの特徴になります。
 
そして、多くのMVNOはNTTドコモの回線を利用しています。ぷららモバイルLTEもNTTドコモの通信回線を利用して通信環境を整えているMVNOなのです。
 
ここで、疑問に思うのが、同じNTTドコモ回線を利用しているMVNO同士なら通信環境は全く同じになるのではないか?ということです。
 
答えは同じにはなりません。
実は、同じ通信回線を利用していても、MVNOはただ大手の通信回線を借りているだけにすぎませんので、どのように通信環境を配置するかは、MVNOの腕次第になるからなのです。
 
よって、MVNOによって、通信環境は違ってきますし、展開しているサービスももちろん異なってきます。
 
MVNOとは?
大手キャリアのように、独自の無線回線を持たず、他社から無線回線を借りて自社のブランドを立ち上げていてサービスを提供している会社のことです。
正式名称は、mobile virtual network operatorと言います。
 
 

1-1.ぷららモバイルLTEはデータ通信容量が無制限で使える

 
ぷららモバイルLTEの最大の特徴は、データ通信容量が無制限で使えるということです。多くのMVNOはデータ通信容量が月々の料金コースによって、決まっています。
超えてしまった場合は、追加料金が発生するか、高速通信から低速モードに切り替わってしまうため、通信速度がかなり遅くなってしまうというデメリットがあります。
 
MVNOを含むキャリアによっては、月々のデータ通信容量が超えてしまった場合は、自動で追加料金が発生してしまう場合もあります。
その時は、常にマイページで通信データ容量の残量を確認して、超えないように利用するか、手動で低速モードに切り替えなければならないという手間がかかってしまうのです。
 
ぷららモバイルLTEはそのデメリットを解決できるデータ通信容量が無制限であることが最大の売りでもあり、MVNOの中ではなかなか無いサービスでもあるため、ネットでは密かに話題にもなっていたMVNOなんですよ。
 

1-2.ぷららモバイルLTEは契約期間に条件がない

ぷららモバイルLTEのもう一つの嬉しいメリットであり、他のMVNOには見られない珍しい特徴が、契約期間に条件が設定されていないということです。
通常は、加入すると最低2年間は契約し続けないと、違約金として、お金が徴収されるというデメリットがあります。
だからこそ、加入する前には、2年間使用し続けなければいけないという縛りが発生するため、お試しで使ってみよう!という気持ちになることができず、よくよく吟味しなければならないというリスクがあるのです。
 
一方でぷららモバイルLTEは、縛りが設定されていない分、お試し間隔で利用できるのです。
気に入らなかったら解約しても、お金は無料ですし、2年間満了したキャリアから乗り換えする時に、気に入ったMVNOが見つかるまでの仮の契約として、とりあえず手軽に加入することもできるのです。

1-3.ぷららモバイルLTEは格安の料金設定である

ぷららモバイルLTEはMVNOの魅力の一つでもありますが、料金が大手キャリアと比較すると、格安料金で利用できることも魅力の一つです。
また、上記で言ったように、データ無制限で使える嬉しいプランがあるのが、ぷららモバイルLTEの他のMVNOには無い特徴ですが、他にもさまざまなプランが格安で提供されています。
 
参考サイト→ https://www.plala.or.jp/lte/price/

定額ライト

メールやメッセージ中心で、通信量が多くない方に。

定額(7GB)

大容量だからゲームや動画もたっぷり楽しめる。

定額無制限

通信量に制限がないから、思う存分楽しめる。

二段階定額

通信量が使う月と使わない月がまちまちという方に。

月額利用料金 900円
(税込972円)
1,886円
(税込2,036円)
2,760円
(税込2,980円)
362円~2,362円
(税込390円~2,550円)
※1
通信量 110MB/日 7GB/月 制限なし 100MB/日
通信速度 上り最大 50Mbps
下り最大 150Mbps

通信量を超えた場合でも、上下最大200kbpsでご利用いただけます。

上り最大 50Mbps
下り最大 150Mbps

通信量を超えた場合でも、上下最大200kbpsでご利用いただけます。

上下最大 3MBbps 上り最大 50Mbps
下り最大 150Mbps

通信量を超えた場合でも、上下最大200kbpsでご利用いただけます。

  •  30.5MBまで362円(税込390円)、30.5MB以上は2,362円(税込2,550円)となります。
  • 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。
  • 「Xi」(クロッシィ)エリア内でも、電波状況によりFOMAでの通信となる場合があります。
  • 本サービス1契約ごとに、ユニバーサル利用料が別途かかります。

2.ぷららモバイルLTEの評判が知りたい!

NKJ56_Lalacyandenwa_TP_V
ぷららモバイルLTEを実際に使用しているユーザーからどのような評価を受けているかまとめてみました。
 
メリット
・データ通信容量が無制限だから、動画もゲームをやりすぎても追加料金が発生しないのが嬉しい
・月々の使用料金がとても安く抑えられている。
・契約期間の縛りが無いので、「ここまで使用しないといけない」という気持ちになることなくいつでも乗り換えを考えられる。
 
デメリット
・通信速度がすごく遅くてイライラする。
・動画やゲームをしないユーザーにはデータ通信容量が無制限は余り過ぎる。
・他のMVNOでもデータ通信用容量が大きく格安の料金設定のものも増えてきたからそこまでデータ通信容量が無制限が嬉しくない。
・データ通信容量が無制限なのはありがたいけれども、かわりに通信速度が上下3MBbpsになると速度が遅くなるのはうっとうしい。
 
データ通信容量が無制限だからこそ、気にせず動画やゲームを外で楽しめるという最大のメリットがある一方で、上下3MBbpsになると、通信速度に影響があるのが気になる点ですよね。ちなみに、他のMVNOと比較して、通信速度を比較して見ましたので以下の項目で確認してみてください。
 

3.他の格安SIMと通信速度を比較してみよう

wireless-308829_640
評判を調べてみると、ぷららモバイルLTEはとにかく速度が遅いという口コミをよく見かけました。
では、他社と比較してどれぐらい通信速度が遅いのでしょうか?
 
以下の表は、通信速度を遅い順番にMVNOを並び替えた一覧表です。
ぷららモバイルLTEの7GBのプランを引き合いに出しているのですが、なんと遅い順番にすると、上から数えた方が圧倒的に早いという位置にあることが分かりますね。
 

会社名 料金(データSIM) 料金(音声通話SIM) 最大容量 通信速度 最低契約期間
ServersMan SIM 467円 767円 ※1日あたり300MB 0.25Mbps なし
TONE 1000円 1953円 ※無制限プランのみ 0.6Mbps 24ヶ月
Y!mobile 2980円 7GB 112.5Mbps 24ヶ月
UQモバイル 980円 1680円 3GB 150Mbps 2ヶ月
ぷららモバイルLTE 2036円 2792円 7GB 150Mbps 6ヶ月
NifMo 900円 1600円 10GB 150Mbps 6ヶ月
もしもシークス 1980円 1GB 150Mbps 12ヶ月
FREETEL SIM 499円 1199円 10GB 150Mbps なし
インターリンクLTE 1458円 3GB 150Mbps 1ヶ月
Wonderlink 890円 10GB 150Mbps なし
SkyLinkMobile 1631円 1955円 2GB 150Mbps なし
IIJmio 900円 1600円 10GB 225Mbps 12ヶ月
DMMmobile 440円 1260円 20GB 225Mbps 12ヶ月
mineo 700円 1310円 5GB 225Mbps なし
OCN モバイル ONE 900円 1350円 15GB 225Mbps 6ヶ月
DTI SIM 600円 1200円 10GB 225Mbps 12ヶ月
U-mobile 680円 1580円 5GB 225Mbps 6ヶ月
b-mobile 1180円 1980円 3GB 225Mbps 5ヶ月
楽天モバイル 525円 1600円 10GB 225Mbps 12ヶ月
So-net 1890円 3GB 225Mbps 12ヶ月
BB.excite モバイルLTE 720円 4GB 225Mbps 2ヶ月
モバイル4G 880円 1580円 7GB 225Mbps なし
BIGLOBE 900円 1400円 12GB 262.5Mbps 12ヶ月

(※)2015年12月1日時点のデータです。
参考サイト→ http://mvnohikaku.info/hikakulist01/
 

4.ぷららモバイルLTEは2017年11月30日にサービスが終了する!?

stop-634941_960_720
ぷららモバイルLTEは2017年の11月30日にサービスが終了してしまうのです。
新規に加入したいともしもお考えのようでしたら、すでに新規の加入の受付は終了していますので、新規加入ができないのが残念な点ですね。
 
有名どころのY!モバイルやUQモバイル等のMVNOをはじめ、現在は実に様々なMVNOが進出しています。
つい最近までは、大手キャリアであるDoCoMoやソフトバンク、auが携帯業界を独占していましたが、今ではMVNOの種類が増えたため、選択肢が格段に広がったかと思います。
 
様々なMVNOが進出する中で、何故ぷららモバイルLTEは撤退するようになったのでしょうか?
その原因について、見ていきましょう。
 
ぷららモバイルLTEの最大の魅力は、無制限でデータ通信を行うことができるということです。
通常のMVNOであれば、データー通信料の一定のラインを超えると、追加料金が発生します。
ぷららモバイルLTEには、この加算料金が発生するラインがありません。
 
ここまでだと、メリットが大きいように感じるので、何故撤退することにならなくなってしまったのか疑問に思う人も多いことでしょう。
しかし、ぷららモバイルLTEは無制限でデータ通信ができる代わりに、一定のデータ通信量を超えると、速度制限がかかるということなのです。
 
つまり、ぷららモバイルLTEの場合、データ通信量のラインを超えると、料金こそは加算されることは、ありませんが、速度が遅くなってしまうのです。
 
ここが、ぷららモバイルLTEの最大のマイナスポイントだと思います。
それでも、今までのMVNOには、データ通信容量が少なかったため、ぷららモバイルLTEのデータ通信量が無制限で使えるということは、多くの人々にとって、魅力的に感じたことでしょう。
しかし、近年データ通信料の容量を大幅にUPしたプランを打ち出すMVNOが続出しているため、プラン内のデータ通信容量でも、ネットや動画、音楽を聴いても余るという現象が起きているのです。
 
MVNOの最大の魅力が低価格であるため、データ通信容量を大幅にUPしたプランでも大手キャリアと比較すれば、かなり割安で利用することができます。
データ通信容量内であるため、3日間制限などの新たな制限規定がなければ、速度制限を受けることなく高速通信のまま、ネットサーフィンを楽しむことができるでしょう。
 
このようなMVNOが進出することで、ぷららモバイルLTEの最大の魅力が、だんだん薄れていってしまったのだと思います。
さまざまなMVNOが進出する中で、いかに加入者を伸ばすか、お互いに競争が激しくなりつつあります。
 
もちろん大手キャリアもMVNOに加入者が流れないように、サービスを展開していくでしょう。
 
利用者にとっては、よりよいサービスに進化したMVNOを選択することができるので、嬉しいことだと思います。
 
ただし、競争が激化するということは、サービスが他よりも劣ったMVNOも当然流出しているということなので、今後MVNOをどれにするか検討する人は、きちんと情報収集して、後悔のない選択をしましょう。
 
もしも、まだぷららモバイルLTEを加入している人がこの記事を拝見していた場合、今後よりよいMVNOを見つけるために、まずはぷららモバイルLTEの解約方法を把握しなければいけないと思います。
そこで、ぷららモバイルLTEの解約方法について、見てみましょう。
 

4-1.解約方法は?

smartphone-1284501_640
解約をするために、手順を追って説明していきましょう。
 
まず、ぷららモバイルLTEのホームページを見てください。→ https://www.plala.or.jp/lte/
ぷらら1
リンク先にジャンプすると、このような表示がされると思います。
 
【重要】「ぷららモバイルLTE」サービス終了のお知らせの項目が中央にあると思いますので、クリックしてください。
 
次に、会員サポートの欄に、脱会という項目がありますので、クリックしてください。
 
purara2
その次のページに、上記のような画像が出ますので、大会前の注意事項を確認した後に、退会手続きへの項目をクリックしてください。
 
次に、退会手続きをするにあたって、電話でするかWEB上で手続きをするか2つの選択肢が選べれます。
 
電話でする場合
ユーザIDまたは、お客様番号を手元に控えて、TEL 009192-33(無料)に電話してください。10時~19時(年中無休)であれば、電話で解約手続きをすることが可能です。
 
WEB上で手続きをする場合
purara3
お客様情報を入力しなければいけませんが、こちらでもユーザIDは必要になりますので、手元に控えた後に、入力するとスムーズに手続きを踏むことができると思います。
ちなみに、こちらの画像以外にも入力しなければいけない項目もあります。
 
後は、確認ボタンを押して、手続きを確認すれば、退会手続きは完了します。
 
退会手続きが完了すると、解約完了メールが届きますので、受け取ることができれば、解約手続きができたと認識してください。
 
 

4-2.違約金は発生しないか?

hands-1822982_960_720
もしも、あなたが電話番号も振り分けられる通話SIMのプランを申し込んでいた場合、実は6カ月未満で解約した場合、8000円の違約金が発生します。
上記の説明で、違約金は発せしないと言っていたプランは、データ専用のSIMのプランのみです。
データ専用SIMでしたら、無制限で契約を結んでいたプランも、違約金無しで解約することができます。
 
ちなみに、解約する時のタイミングの注意点ですが、日割り計算して、月々の通信利用料金を決定するわけではありません。
つまり、解約した日の月分は、例え1日であっても、丸ごとその月分の通信利用料金は請求されるのです。
 
例えば、5月1日に解約した場合、日割り計算で1日分が計算されるわけではなく、5月分丸ごと通信利用請求されるということなのです。
 
ですので、解約のタイミングは注意して行うようにしてくださいね。
 
 

4-3.ぷららモバイルLTEに似た特徴を持つ格安SIMはあるか?

ぷららモバイルLTEの最大の魅力であり、特徴なのはデータ通信量が無制限で、追加料金無しで利用できることです。
 
しかし、上記で説明したように、2017年11月30日をもってサービスが終了してしまいます。
そこで、ぷららモバイルLTEと同じような特徴を持ったMVNOを紹介したいと思います。
 
U-mobile(ユーモバイル)です。

プラン 容量 月額基本使用料 最低利用期間
U-mobile
通話プラス
LTE使い放題 使い放題 2,980円 6ヶ月
LTE使い放題2 使い放題 2,730円 12ヶ月
U-mobile
データ専用
LTE使い放題 使い放題 2,480円 なし

参考サイト→ https://umobile.jp/service/lte/

データ通信専用のSIMで契約を結べば、データ通信が使い放題で、料金が加算されることなく利用することが可能です。

また、ぷららモバイルLTEと同じように最低利用期間にも制限が設けられていませんので、気軽に契約を結ぶことができるのも、ぷららモバイルLTEと同じ魅力だと思います。

ちなみに、フレッツ光に同時に申し込むと、特典が受けられるキャンペーンを利用することもできます。

もしも、ソフトバンクのiPhoneをお使いの場合、もしくは昔使用していて、今は使っていない機種でも、iPhone5以降であれば、SIMカードだけ入れ替えることでユーモバイルを利用することも可能です。

 
 

5.ぷららモバイルLTE以上に、コスパの高い格安SIMが知りたい!

サービス終了にともない、やむおえず、ぷららモバイルLTEを解約しなければならない人も中にはいるでしょう。
そこで、データ通信容量が大きく、なおかつコスパの高いMVNOについて見てみましょう。
 
よほどのヘビーユーザーでない限り、20GB もあれば、使い切ることなく音楽も動画もゲームも楽しむことができるでしょう。
大手キャリアであれば、まず実現できない価格で、20GBを契約することができます。
月々の通信料金が5000円を下回っているので、かなり安いと思う人も多いのではないでしょうか?
 
参考サイト→ http://thehikaku.net/internet/hikaku2.html#gb5

20GB以上高速通信できるSIMカードプラン(2017/3/12調査)
サービス名 DMM mobile 楽天モバイル エキサイトモバイル OCN モバイル ONE U-mobile 楽天モバイル OCN モバイル ONE エキサイトモバイル
画像
高速データ通信量 20GB/月 20GB/月 20GB/月 20GB/月 25GB/月 30GB/月 30GB/月 50GB/月
月額
料金
(税抜)
データSIM 3,980円 4,050円 4,750円 4,150円 2,380円 5,450円 6,050円 13,800円
SMS付SIM 4,130円 4,170円 4,890円 4,270円 2,530円 5,520円 6,170円 13,940円
音声通話SIM 4,680円 4,750円 5,450円 4,850円 2,880円 6,150円 6,750円 14,500円
初期費用(税抜) 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
高速通信時の最大速度 375Mbps 262.5Mbps 300Mbps 262.5Mbps 375Mbps 262.5Mbps 262.5Mbps 300Mbps
速度制限時の最大速度 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps
公衆無線LANの利用 362円/月 362円/月 × 無料 × 362円/月 無料 ×
留守電話サービス 290円/月※1 290円/月※1または300円/月 290円/月※1または350円/月 300円/月 300円/月 290円/月※1または300円/月 300円/月 290円/月※1または350円/月
電話かけ放題サービス 850円/月で5分以内かけ放題 850円/月で 5分以内かけ放題 。 × 850円/月で10分以内かけ放題。 500円/月で3分間の電話が50回まで無料。 850円/月で 5分以内かけ放題 。 850円/月で10分以内かけ放題。 ×
余った容量の繰越 ×
低速⇔高速の切替え ○ ※2 × ○ ※2
バースト機能 × × ×
プランの変更
最低
利用期間
データSIM なし なし なし なし なし なし なし なし
音声通話SIM 12カ月 12カ月 12ヶ月 6カ月 6カ月 12カ月 6カ月 12ヶ月
その他 公衆無線LANと留守電サービスは利用開始月から2ヶ月間無料 初月無料。追加オプションは利用開始の翌月分まで無料。 ほかに30GB、 40GBプランもあり。 「OCN 光サービス」利用者は、月額200円引き。音声通話付きプランは2ヶ月間、月額700円割引キャンペーン中。 「U-NEXT光」利用者は割引あり。金額はこちら 初月無料。追加オプションは利用開始の翌月分まで無料。 「OCN 光サービス」利用者は、月額200円引き。音声通話付きプランは2ヶ月間、月額700円割引キャンペーン中。 ほかに30GB、 40GBプランもあり。
※1 スマート留守電。
※2 高速通信をオフにして、低速通信にさせても、高速通信容量は消費される。

 
ちなみに、そこまで、データ通信容量を使わなくてもよくなったという環境になった人におすすめのプランが以下になります。

9〜19GB高速通信できるSIMカードプラン(2017/3/12調査)
サービス名 エキサイトモバイル DTI SIM DMM mobile OCN モバイル ONE 楽天モバイル @Nifty
NifMo
DMM mobile DTI SIM
画像
高速データ通信量 9GB/月 10GB/月 10GB/月 10GB/月 10GB/月 13GB/月 15GB/月 15GB/月
月額
料金
(税抜)
データSIM 2,250円 2,100円 2,190円 2,300円 2,260円 2,800円 3,280円 3,600円
SMS付SIM 2,390円 2,250円 2,340円 2,420円 2,380円 2,950円 3,430円 3,750円
音声通話SIM 2,950円 2,800円 2,890円 3,000円 2,960円 3,500円 3,980円 4,300円
初期費用(税抜) 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
高速通信時の最大速度 300Mbps 225Mbps 375Mbps 262.5Mbps 262.5Mbps 375Mbps 375Mbps 225Mbps
速度制限時の最大速度 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps 200kbps
公衆無線LANの利用 × × 362円/月 無料 362円/月 無料 362円/月 ×
留守電話サービス 290円/月※1または350円/月 300円/月 290円/月※1 300円/月 290円/月※1または300円/月 × 290円/月※1 300円/月
電話かけ放題サービス × 780円/月で5分以内かけ放題 850円/月で5分以内かけ放題 850円/月で10分以内かけ放題。 850円/月で 5分以内かけ放題 。 1,300円/月で国内かけ放題。2,700円/月なら海外もかけ放題。 850円/月で5分以内かけ放題 780円/月で5分以内かけ放題
余った容量の繰越
低速⇔高速の切替え × ○ ※2 × ×
バースト機能 × × ×
プランの変更
最低
利用期間
データSIM なし なし なし なし なし なし なし なし
音声通話SIM 12ヶ月 12カ月 12カ月 6カ月 12カ月 6カ月 12カ月 12カ月
その他 公衆無線LANと留守電サービスは利用開始月から2ヶ月間無料 「OCN 光サービス」利用者は、月額200円引き。音声通話付きプランは2ヶ月間、月額700円割引キャンペーン中。 初月無料。追加オプションは利用開始の翌月分まで無料。 @niftyサービス利用者は、月額200円引き。直近3日間で2800MBを超えると速度制限。 公衆無線LANと留守電サービスは利用開始月から2ヶ月間無料
※1 スマート留守電。
※2 高速通信をオフにして、低速通信にさせても、高速通信容量は消費される。

参考サイト→ http://thehikaku.net/internet/hikaku2.html#gb5
 
本来ならば、9GB以下でも、十分にネットサーフィンを楽しむことができると思います。
大手キャリアだと、5000円以上は確実に支払わなければいけない中で、2000円代なのは、かなりお得だと思います。

6.まとめ

ぷららモバイルLTEはもうすぐでサービスが終了しています。
損をしない乗り換えをするためにも、事前に情報を収集して、自分にあったプランを探しましょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.