iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

楽天モバイルの「かけ放題」は、完全なる国内無制限の通話プランです。

投稿日:

楽天モバイルとは、大手通販サイト楽天が提供している格安SIMサービスです。
現在、人気No1 の格安SIMサービスで、
格安SIM利用者の約20%の人が利用しているMVNOとなっています。
 
そして、この度、この楽天モバイルでも
音声通話「かけ放題」のプランが登場しました。

しかも、楽天モバイルの「かけ放題」プランは、
他の格安SIMでは1回3分や5分などの時間制限や
対象となる相手が限定されている事が多いのですが
キャリアと同じ制約のない「かけ放題」プランとなっています。
 
今回は、人気No1の格安SIMサービス「楽天モバイル」と
「かけ放題」プランの詳細を検証していきたいと思います。
1. 楽天モバイル
1-1.楽天モバイルの特徴
1-2. 基本料金プラン
1-3.2つのかけ放題プラン!
1-3-1.「5分かけ放題」
1-3-2.「かけ放題」
1-4.その他のオプションサービス
2.「楽天でんわ」とは?
2-1.携帯も固定電話も通話料は半額!
2-2.月額基本利用料は無料
2-3.もちろん楽天ポイントも貯まる
3. 楽天モバイルの「楽天でんわかけ放題」が優れている5つの理由!
3-1.電話回線を使っているため、品質は良い
3-2. 国内なら相手に制約がほとんどない!
3-3. 時間の制約・制限も無し!
3-4. 電話番号を変えることも追加することも必要なし!
3-5.何時でもプランの変更が可能!
4.「楽天でんわ」アプリ利用時の3つ注意点!
4-1. 発信は必ず「楽天でんわ」アプリから
4-2. 元々無料通話となっている電話番号への通話で料金が発生する。
4-3. 110当番などの3桁番号とフリーダイヤルは不可!
5.通話料とキャリアの「かけ放題」との比較
5-1.通話料比較
5-2.キャリア間比較
6.「かけ放題」のあるSIMサービス
6-1.Y- mobile
6-2.もしもシークス
7.まとめ
 
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

楽天モバイル

rakutenmobilelogo
楽天モバイルとは、インターネットショッピングモール「楽天市場」や
総合旅行情報サイト「楽天トラベル」、ポータルサイト「インフォシーク」などを
運営している日本を代表するIT企業である「楽天」が提供している格安SIMサービスです。
 

楽天モバイルの特徴

reasons (1)
楽天モバイルは、docomo系の回線で安定した通信とわかりやすい料金プラン、
楽天ポイントサービスが利用できるとして
現在、人気No1の格安SIMサービスとなっています。
 
データ通信品質は、他の格安SIMの中でも安定して早いです。
地域的な差はあるかもしれませんが、
時間帯別では、どの時間でも割りと早いと定評があります。
 
キャリアと違って、格安SIMには普通ドメインメールがありませんが
楽天モバイルでは楽天ドメインのメールが利用できます。
無料の専用アプリもあって、ご利用も簡単になっています。
 
また、楽天のサービスで共通して利用できる
楽天ポイントが利用できる事は大きなメリットとなっています。
 
端末代金や月々の利用料金でポイントが貯まり、
また、貯まったポイントは、端末代金や利用料に当てることも可能です。
 
更に、楽天モバイル契約中は、楽天市場でのポイントが2倍貰える特典も付いてきます。
 
 

基本料金プラン

基本料金もシンプルなプランになっており、
高速データ通信を使わないプランから
高容量となるプランまで良心的な価格となっています。
 
コミコミプランでは、端末代金と月額データ容量2GB、
そして、1回5分のかけ放題が付いて、¥1,880円からご利用が可能です。
(※2年目月額¥2,980円、3年目以降は¥2,446円)
 
 
音声通話にかかる通常料金は、¥20円/30秒とキャリアや他の格安SIMと変わりありません。
 
データ専用SIMでは、無料で「050」の電話番号から始まるIP電話を利用することが可能です。
こちらの通話料金は、携帯電話への通話が¥9.98円/1分、固定電話へは¥3.05円/1分となっています。
 
音質にあまりこだわらず、取り敢えず最低料金とちょっとした通話のみで良いと思われる方は、
このデータ専用SIMでIP電話を利用するのも全然ありだと思います。
これだと、基本料合わせて¥1,000前後での利用が可能となります。
 
 
 
基本料金表

通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

 

  • データシュア ¥100円/1月
  • データ容量追加パック ¥300円/100MB ¥550円/500MB ¥980円/1GB

 

2つのかけ放題プラン!

 
楽天モバイルに、「5分かけ放題」と無制限「かけ放題」の
2つのかけ放題プランが用意されています。
 
こちらは、「楽天でんわ」アプリを経由して掛けた電話、
もしくは相手先の電話番号の頭に「003768」をつけて行った通話が対象となります。
 
「楽天でんわ」アプリは、キャリアやスマートフォン端末に関係なく使える
アプリ・サービスで通常の通話料が半額になるサービスです。
 
詳しくは、後ほど説明致します。
 

1-3-1.「5分かけ放題」

free_call
「5分かけ放題」では、1回5分以内の国内通話が月額利用料¥850円でかけ放題となっており、
5分以上の通話に対しては、¥10円/30秒となっています。
 
楽天モバイルでの通常通話料金は¥20円/30秒です。
これを元に、月にどれくらいの通話でこの金額を超えるのかを計算すると
月額利用料¥850円÷¥40円/1分(※内訳¥20円/30秒×2)=21.25
となるので、月に約21分の通話で同じ料金となります。
 
また、「5分かけ放題」を契約せず、「楽天でんわ」アプリの利用をした場合では、
月額利用料¥850円÷¥20円/1分(※内訳¥10円/30秒×2)=42.5
となるので、月に約42分以上掛ける方であればお得となります。
 
 

1-3-2.「かけ放題」

img_main_04
「かけ放題」では、携帯、固定電話問わず、国内の通話がすべて無料となる
月額利用料¥2,380円のプランとなっています。
 
こちらも、月にどれくらいの通話でこの金額を超えるのかを計算してみると
月額利用料¥2,380円÷¥40円/1分(※内訳¥20円/30秒×2)=59.5
となるので、月に約59分の通話で同じ料金となります。
 
また、「5分かけ放題」を契約せず、「楽天でんわ」アプリの利用をした場合では、
月額利用料¥2,380円÷¥20円/1分(※内訳¥10円/30秒×2)=119
となるので、月に119分以上掛ける方であればお得となります。
 
 

その他のオプションサービス

  • 端末補償 ¥500円/1月

    こちらは端末同時購入限定のオプションとなっており、
    水没や破損、故障の際の端末交換・修理サービスです。
    修理に関しては無料となり、端末交換では別途¥4,000円~¥7,000円の手数料が発生します。
    また、1年間で2回までの対応となっています。

  • つながる端末補償by楽天モバイル ¥500円/1月

    こちらは、端末購入無しSIMのみを契約している方の
    利用している端末への保証プランとなります。
    こちらは一回の故障で5万円相当までの修理対応となっています。
    交換の際は、1回目は¥4,000円、2回目が¥8,000円となっています。
    1契約につき年間2回まで、1年ごとに毎年回数はリセットされます。

  • あんしんリモートサポート ¥500円/1月

    こちらは、スマートフォン初心者におすすめのサービスです。

スマートフォンやタブレットを利用していて、
解らないことや困り事を相談でき、また遠隔操作によるサポートを受けることができます。
また、この際にかかる電話の通話料やチャット利用料はかかりません。

  • 端末補償・あんしんリモートサポーロパック ¥800円/1月

    こちらのプランは、「端末補償」もしくは「つながる端末補償」と

「あんしんリモートサポート」をセットにしたプランです。

  • 楽天モバイルWi-Fibyエコネクト ¥362円/1月

    wifi (2)
    こちらは日本全国に63,000箇所以上となるBBモバイルポイントとWi2のWi-Fiスポットが
    利用できるサービスとなっています。
    また、接続設定には専用のアプリが用意されており、簡単に利用することが可能です。

事業者名 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス ソフトバンク株式会社
事業者ロゴ  wifi (1)  wifi
対応規格 802.11a/b/g/n 802.11b/g
速度 最大300Mbps 最大3M~4Mbps
SS-ID(暗号化方式) Wi2(WEP)
Wi2_club(WPA / WPA2-PSK)
wifi_square(WEP)
mobilepoint(WEP)
備考 一部エリアでは11aに対応していない。
また、他社様より借り受けているアクセスポイントでは、11nに対応していないものある。
一部エリアでは、「IEEE802.11b」のみ。

 

  • データ復旧サービス ¥300円/1月

    こちらは、万が一データが消失してしまった時に
    一律¥5,000円でデータ復旧してもらえるサービスです。
    端末の破損・故障によるデータ消失や端末に付属されているSDカード、
    また、自身で誤って削除してしまったデータの復旧もおこなってもらえるそうです。

  • マカフィー®モバイルセキュリティAndroid版 ¥300円/1月

    こちらはPCではおなじみのセキュリティソフトとなるマカフィーのモバイル版です。
    モバイル版のマカフィーでは、端末のスキャンとアクセスブロックの他、
    プライバシーの保護機能やバッテリーの最適化なども行えます。

  • データ復旧サービス・マカフィー®マルチ アクセスパック ¥500円/1月

    こちらは「データ復旧サービス」と「マカフィー」のセットプランとなっています。

  • 楽天マンガ月額500コースby楽天モバイル ¥500円/1月

    rakuten_manga
    こちらのサービスは、楽天が行っている電子書籍で
    マンガとコミックに限定したサービスのモバイル版です。

  • 楽天マガジン ¥380円/1月 1年プラン ¥3,600円

    magazine.rakuten.co.jp
    こちらも楽天マンガと同じく、楽天が行っている電子書籍で
    マガジン(雑誌)に限定したサービスのモバイル版となっています。

  • アドレス帳・写真移行サービス 一時お預かりプラン ¥5,000円

    こちらは端末購入時に使っていた端末を預けることでデータ移行を代行してもらえるサービスです。
    スマートフォンの扱いに慣れておらず、どうしたら良いかわからない方は
    こちらのサービスをご利用ください。
    端末購入に申し込みを行うと先に代替え端末が送られてくるので、
    送られてきたら現在使っている端末を送って、後日購入した端末が届くようになっています。

  • アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン ¥11,000円

    こちらはアドレス帳や写真等のデータ移行を専門スタッフが自宅まで
    きてもらって行うサービスです。
    また、基本料金の他、一部の地域によっては交通費が発生したり、
    早朝や夜の訪問では別途料金が発生することがあります。

  • スマート留守電 ¥290円/1月

    こちらは、従来の音声による留守番の他に文字変換されたメッセージを読める
    留守番電話サービスとなっています。
    受け取った留守録メッセージはSNSのように時系列で表示できるので
    複数の留守電内容がわざわざ再生しなくても一気に見ることができます。

  • 留守番電話サービス ¥300円/1月

    こちらは従来からある留守番電話サービスです。
    はっきり言ってしまうと「スマート留守電」の方が便利で¥10円安いので
    必要ないような気がします。

  • キャッチホンサービス ¥200円/1月

  • 転送電話サービス 無料 ※利用時間に応じた従量課金

  • 国際電話 無料 ※利用時間に応じた従量課金

  • 国際ローミング 無料 ※利用時間に応じた従量課金

 
 
 
 

「楽天でんわ」とは?

free_call (1)
「楽天でんわ」とは、スマートフォンから掛ける通話料金が
すべて半額となる電話サービス・アプリです。
 
このサービスは、電話番号を変えることなく
また、キャリアや格安MVNO、Android端末、iPhone端末と
関係なく利用することができます。
 

携帯も固定電話も通話料は半額!

 
denwa.rakuten.co.jp (3)
キャリアや格安MVNOの通常通話料金は¥20円/30秒となっています。
 
これが「楽天でんわ」アプリを使って掛けることで、
通話料金が半額の¥10円/30秒になります。
 
 

月額基本利用料は無料!

 
fee.html (1)
「楽天でんわ」は、アプリの料金も月額利用料も無料となっています。
発生する料金は、「楽天でんわ」アプリを経由して掛けた電話の通話料金のみとなります。
 
また、こちらの通話料金はキャリアやMVNOとは別請求となり、
後日、楽天より直接請求となります。
 
通話時間や料金は、「楽天でんわ」アプリ内で確認できます。
 
 

もちろん楽天ポイントも貯まる!

denwa.rakuten.co.jp
「楽天でんわ」は楽天の行っているアプリ・サービスなので、
当然、楽天ポイントサービスの利用が可能です。
 
通話料¥100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。
また、付与されるポイントは利用月の約2ヶ月後に反映されるそうです。
 

楽天モバイルの「楽天でんわかけ放題」が優れている5つの理由!

楽天でんわのかけ放題サービスは、他のキャリアや格安SIMにはない利点があります。
 
 
3-1.電話回線を使っているため、品質は良い
denwa.rakuten.co.jp (1)
他の格安SIMの「かけ放題」となるプランの多くは、
「050」の電話番号から始まるIP電話を使ったサービスが多いです。
 
IP電話は、データ通信網を使った音声通話サービスです。
 
データ通信回線は、1つの回線をシュアしたカタチで通信を行っています。
なので、チャットやその他の通信も同時に送受信します。
その為、利用者が多く、回線が混んでいる場合があると、
通信で速度が落ちたり、繋がりにくいことがあります。
 
当然、IP電話もその影響を受けてしまうので、
そのまま音声通話の品質につながってしまうわけです。
 
しかし、電話回線は、専用回線を貸し切りで使用しています。
電話中の相手に電話を掛けると繋がらないか?留守電に代わるか?しますよね?
これは、電話中はその電話のためにしか回線を使っていないと言うことです。
 
そして「楽天でんわ」では、電話回線の中の更に楽天でんわ専用回線を利用しています。
その為、データ通信用にあるような影響が起こることはありません。
 
なので、IP電話より品質のよい音声通話を利用できるわけです。
 
 

国内なら相手に制約がほとんどない!

denwa.rakuten.co.jp (2)
通常、無制限のかけ放題となる通話サービスにはいろいろな制限があります。
 
例えば、家族間や同契約の電話、アプリ利用者同士の通話と言った、
同じサービスを受けている相手との通話に限られています。
 
しかし、「楽天でんわ かけ放題」は、利用者の契約だけで、
これらの制限はほとんどなく、国内なら携帯、固定電話等問わずどこへでも掛けることが可能です。
 
一部例外は、110番やナビダイヤルなどの3桁の番号への通話のみです。
 
 
 

時間の制約・制限も無し!

 
「楽天でんわ かけ放題」は、1回5分といったような時間制限も
1日の指定時間制限もありません。
 
24時間、365日、何時でもどこへでも
誰にかけても定額月額利用料¥2,380円しかかかりません。
 
 
 

電話番号を変えることも追加することも必要なし!

about.html (1)
「楽天でんわ かけ放題」は、IP電話のように番号が増えることもありません。
 
今まで使っていた電話番号のまま利用することが可能です。
 
なので、名刺などを作り成すこともいろいろな登録に関する連絡先と言ったモノも
作り直したり、変更したりと言った事は必要なく、手間がかかりません。
 
利用している契約事項に、「かけ放題」のオプションを追加するだけのことなので、
他の事で変更が必要になることはありません。
 
 
 

何時でもプランの変更が可能!

楽天モバイルでは、料金プランは月に1回の変更が可能です。
変更したプランに適用されるのは、翌月からの適用となりますが
これによって、利用状況に合わせた変更が可能となります。
 
これはオプションの「かけ放題」に関しても同じで、
また、契約期間の定めがないために「かけ放題」となるオプションを外しても
解約違約金が発生するような事はありません。
 
なので、使ってみてやはりあまり使わないなと思った時には、
「5分かけ放題」かそれ以下のプランに変更したり、
「5分かけ放題」にしていたけど、足りないなと思えば、
「かけ放題」に変更することが可能となっています。
 

「楽天でんわ」アプリ利用時の4つ注意点!

NKJ56_Lalacyandenwa_TP_V
便利で通話料がお得となる「楽天でんわ」ですが、
以下の4つのことには、注意する必要があります。
 

  • 発信は必ず「楽天でんわ」アプリから!
  • 元々無料通話となっている電話番号への通話で料金が発生する。
  • 110番などの3桁番号などへの利用はできません。
  • 利用料金は、別請求!

 
 

発信は必ず「楽天でんわ」アプリから

 
about.html
「楽天でんわ」アプリの利用で、通話料が半額となるサービスを受けるためには、
必ず「楽天でんわ」アプリからの発信をするということが適用の条件となります。
 
なので、電話を受けた後などで、掛け直しを行う場合など
必ず「楽天でんわ」アプリを開いて、発信を行ってください。
 
そのまま、通常の電話帳や端末の機能から掛け直してしまうと
サービスの適用が受けられないこととなってしまいます。
 
 

元々無料通話となっている電話番号への通話で料金が発生する。

家族間無料通話や指定先無料通話などのサービスを受けている場合に
「楽天でんわ」アプリから発信をしてしまうと、
「楽天でんわ」の利用料金である『¥10円/30秒』が適用されてしまいます。
 
なので、元々無料通話対象者への発信は、通常の電話帳アプリから行うか?
対象番号を『無料通話リスト』に登録する必要があります。
 
『無料通話リスト』に入れていまえば、「楽天でんわ」アプリのみを
常時使う事ができるので間違うことはなくなります。
 
 

110当番などの3桁番号とフリーダイヤルは不可!

cop-1016216_640
「楽天でんわ」アプリからは110番などの3桁番号などへの発信はできません。
 
「楽天でんわ」は普通の電話回線を使った電話サービスですが
110番やナビダイヤルなどの3桁の番号へは電話をかけることができません。
 
なので、110番やナビダイヤルへの発信は、通常の電話帳アプリから行ってください。
 
 

利用料金は、別請求!

fee.html
「楽天でんわ」は、SIMとは契約が異なるために
利用料金が契約しているSIMとは別請求になります。
 
楽天モバイルでのSIM契約で、『楽天でんわ かけ放題』プランを
契約している方は、一緒の請求となりますが、
他社で契約しているSIMで「楽天でんわ」を利用している方は、
「楽天でんわ」より個別請求となります。
 
ここがちょっとややこしいかもしれませんのでご注意ください。
スマートフォンの総利用料金は安くなりますが
その分手間がかかることは確かです。

通話料とキャリアの「かけ放題」との比較

楽天モバイルが提供する「かけ放題」は
月額利用料¥2,380円で電話がかけ放題となるサービスです。
 
そこで気になるのは、やはりどれくらいお得なのかということだと思います。
 
他の電話よりお得なIP電話などと比べてどれくらいお得となるのか?
キャリアのかけ放題プランではどれくらい料金がお得になるのか?
 
そこで、「楽天でんわ かけ放題」がどれくらいお得となるのか
他の音声通話サービスと比較してみました。
 
 

通話料比較

 
まずは、通常の電話より、通話料金がお得なIP電話との比較です。
IP電話は、データ通信による音声通話サービスです。
 
通話品質は、電話より落ちてしまいますが、
料金は、かなりお得なサービスで利用料金の節約になるため人気があります。
 
LINEモバイルでは、「050」から始まる番号は使えませんが
LINEアプリを通じて、同じように音声通話が可能です。
 
 

通話時間 60分 120分 180分
通常通話料金¥20円/30秒 ¥2,400円 ¥4,800円 ¥7,200円
楽天モバイル(Viber)
「050」IP電話
¥9.98円/1分
¥598.8円 ¥1,198.6円 ¥1,796.4円
LINEモバイル(音声通話)
¥14円/1分
¥840円 ¥1,680円 ¥2,520円
OCNモバイルONE(050)
¥17.28円/1分
¥1,036.8円 ¥2,073.6円 ¥3,110.4円
Mineo(050)
¥19.44円/1分
¥1,166.4円 ¥2,332.8円 ¥3,499.2円
かけ放題(無制限) ¥2,380円

 
 

キャリア間比較

yjimage-3
それでは、同じ「かけ放題」があるキャリアでの
トータルコストを比較していきます。
 
キャリアには、基本使用料となる¥300円がかかります。
しかし、楽天モバイルなどの格安SIMでは、この料金はかかりません。
 
なので、まずこの部分がキャリアよりも安いです。
 
次にデータ通信料金ですが、元々格安SIMは、この部分を安くすることを目的に
 
 

基本料金 かけ放題料金 データ通信料金(5GB) 合計
docomo
au
SoftBank
¥300円 ¥2,700円 ¥5,000円 ¥8,000円
楽天モバイル
かけ放題
無し ¥2,380円 ¥2,150円 ¥4,530円
楽天モバイル
5分かけ放題
無し ¥850円 ¥2,150円 ¥3,000円

 
 

「かけ放題」のあるSIMサービス

現在、楽天モバイル以外に電話の「かけ放題」サービスを提供している
格安SIMサービスは3大キャリアの他には、『Ymobile』と『もしもシークス』しかありません。
 

Y mobile

images
Ymobileは、格安MVNOと思われていますが、
実は独自の回線を持っているキャリアとなります。
 
しかし料金的な位置づけからは、
SoftBank系回線の格安SIMサービスと言われています。
 
Ymobileは幾度となく、吸収合併や業務提携を繰り返し
現在はSoftBankが運営を行っています。
なので本来は、同じ会社と言うことになります。
 
Ymobileでは、データ容量をS/2GB・M/6GB・L/14GBから選ぶだけの
簡単な料金プランになっています。
 
また、Ymobileは、全プランで1回あたり10分以内の通話がかけ放題が付いています。
他の格安SIMでは1回あたりの通話時間が3~5分となっていますが
Ymobileでは倍の10分となっているのはかなりポイントが高いです。
index.html
 
Ymobile契約をしているとYAHOO!のサービスである
「YAHOO!プレミアム」サービス(月額利用料¥462円)が付いてきます。
こちらはYAHOO!ショッピングとLOHACOでの買い物でT-POINTが5倍付いたり、
買い物やお出かけ時のトラブルで最大10万円までの補償金が受け取れたり、
お得なクーポンが貰えたりします。
 
 
 
欠点は、2年契約が前提の契約での料金となってるので、
2年以内の解約では解約違約金9500円がかかってしまうことと、
2年目は基本料金が¥1,000円上がってしまうことです。
 
この辺を念頭において、契約を行ってください。
 
 

データ通信容量 1年目料金 2年目料金
スマホプランS 2GB ¥1,980円 ¥2,980円
スマホプランM 6GB ¥2,980円 ¥3,980円
スマホプランL 14GB ¥4,980円 ¥5,980円

 
10分超過の通話料金は、¥20円/30秒となっています。
 
 
 

もしもシークス

company
もしもシークスは、エックスモバイル株式会社という
2014年10月にできたばかりの社員数17名の新しい移動通信事業社が提供している
格安SIMはサービスです。
 
回線には、docomoのLTE網と3Gが利用されていおり、
新しい企業ならではの他の格安SIMを抑えた料金プランやサービスが特徴となっています。
 
そして、「もしもシークス」は、格安SIMでは、楽天モバイルと同じく、
無制限のかけ放題プランがある格安SIMでもあります。
 
更に、データ通信も使い放題プランがあるので、
現時点では『かけ放題・使い放題』がある唯一の格安SIMサービスとなります。
 
 
月額利用料金は、通話プラン・データプランのそれぞれの基本料金に
通話プランは「かけたい放題」と「データ容量・料金」を足した額、
データプランは「データ容量・料金」を足した額になります。
 
また、もしもシークスのかけ放題「かけたい放題」でも
「かけたい放題」専用のアプリを使っての発信限定でのかけ放題となります。
通常の電話機能を使ってしまうと、¥19.9円/30秒の通話料金が発生するのでご注意ください。
 
また、こちらの電話では、ナビダイヤルとダイヤルQ2と言った
有料サービスへの通話はできないそうです。
price

通話プラン基本料金
¥980円
(500MBのデータ容量付)
通話プラン名 データ通信容量・料金 合計月額利用料
かけたい放題ライト
¥850円
(5分かけ放題)
1GB ¥600円 ¥2,430円
3GB ¥1,200円 ¥3,030円
5GB ¥1,800円 ¥3,630円
7GB ¥2,400円 ¥4,230円
10GB ¥3,000円 ¥4,830円
使い放題 ¥3,600円 ¥5,480円
通話プラン名 データ通信容量・料金 合計月額利用料
かけたい放題フル
¥1,800円
(通話無制限)
1GB ¥600円 ¥3,380円
3GB ¥1,200円 ¥3,980円
5GB ¥1,800円 ¥4,580円
7GB ¥2,400円 ¥5,180円
10GB ¥3,000円 ¥5,780円
使い放題 ¥3,600円 ¥6,380円

 
その他のオプションは、
留守番電話サービスが月額¥400円
キャッチホンが月額¥300円で追加することができます。
 
 
 
データ専用のプランは以下のようになっています。

データプラン データ通信容量・料金 合計月額利用料
基本料金
¥380円
(500MBデータ容量付)
1GB ¥600円 ¥2,430円
3GB ¥1,200円 ¥3,030円
5GB ¥1,800円 ¥3,630円
7GB ¥2,400円 ¥4,230円
10GB ¥3,000円 ¥4,830円
使い放題 ¥3,600円 ¥5,480円

データプランでは、SMSオプションはオプションとなっており、
月額利用料は¥200円となっています。
 
 
それと、両プランともに端末同時購入の際につけることのできる
端末の保証プランが用意されています。
 
端末価格が¥50,000円未満の場合は「もしも保証600」月額¥600円、
端末価格が¥50,000円以上の場合は「もしも保証700」月額¥700円となっています。
 
どちらの保証も年2回までとなり、
「もしも保証600」の方が1回目が¥8,000円、2回目が¥12,000円
「もしも保証700」の方で端末価格が~¥99,999円までが1回目¥10,000円、2回目¥15,000円、
端末価格¥100,000円以上の場合、1回目が¥12,000円、2回目が¥18,000円の負担金となっています。
 
これは、修理、リフレッシュ品交換も一律料金となっているので、
ちょっと割高な感じがしますね。
 
 
私的な考えですが、もしもシークスはまだできて間もないために
利用者が他のMVNOに比べてまだまだ少ないようなので
その為、まだ回線が込み合ってないことが予想されます。
なので、通信はある程度速度出ているんじゃないかと・・・
 
 

まとめ

いかがでしょうか?
楽天モバイルの新たな「かけ放題」サービス。
 
 
そして楽天モバイルでは、携帯電話に関するサービスだけでなく、
楽天市場や楽天スーパーポイントなどの複合サービスを受ける事ができるので、
日常生活でいろいろな特典を受けることが可能となっているので、
更にお得な利用ができるのではないでしょうか?
 
料金プランやこうしたサービスの充実を見ると、
格安SIMで人気No1を獲得している理由がわかりますね。
 
 
「かけ放題」となる言わいる定額制の料金プランが、
今後格安SIM、通信事業者のスタンダードな料金体制になると思うので、
こうした楽天の付随するサービスといったモノが
これからの格安SIMのニーズのような気がしませんか?
それと後は、通信品質ぐらいですか?
 
また「かけ放題」などの定額制が定着すると
いよいよ、キャリアにこだわる必要性が薄くなってきますね。
 
 
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.