格安SIMのシェアプランについてそのメリットとデメリット等についてまとめました。

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone8 / X 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』や『SMARTPHONE STORE』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

格安SIMへの乗り換えを考えようとしてる方で、家族間でシェアして活用する方も最近増えてきました。今回は、そんなファミリーシェアでの注意点やおすすめのプラン、会社についてまとめました。

また、一人で複数枚SIMカードを保持できるのか?
その他、格安SIMの疑問点・メリット、デメリットについてもまとめてます。今から格安SIMへの乗り換えをお考えの方は是非ともご一読してほしい内容です。

kawamura20160818253714_TP_V

目次一覧

⒈格安SIMとは?
⒈1SIMカードとは?
⒈2格安SIMカードとは?
⒈3なぜ格安SIMはやすいのか?
⒉格安SIM シェアしたい!SIMカードを複数枚持てるプランとは?
⒉1シェアプランとは?
⒉2シェアプランのメリット注意点とは?
⒉3おすすめのシェアプランとは?
⒊格安SIM のシェアトップ3とは?
⒊1OCNモバイルONE
⒊2llJmio
⒊3U-mobile
⒋格安SIM シェア2016年の動向
⒋1格安SIMをシェアSIMで契約するときの注意点とは?
⒌追加SIMのMNPができるMUNOの比較
⒌1MNPとは?
⒌2家族向け格安SIMのメリットとは?
⒌3家族向け格安SIMのデメリットとは?
⒍イオンモバイル家族で複数SIM「シェア音声プラン」とは?
⒍1イオンモバイルの「シェア音声プラン」とは?
⒍2シェア音声プランはSIM2枚でも利用できる
⒍3イオンモバイル「シェア音声プラン」の注意点
⒎家族で使いやすい格安SIMはどれか?
⒎1どんなSIMが使いやすい?
⒎2docomoの3分の1以下の料金になる
⒎3通話料金が重要量でもお得
⒏格安SIMの名義変更について
⒐まとめ

⒈格安SIMとは?

724bd01dee7d09ba4ed0786aaf60b943_s

⒈1SIMカードとは?

SIMカードは、スマートフォンや携帯電話を使って通信するために必要なカードのことです。SIMカードにはそれぞれに固有のID番号が割り振られていて、それを端末に装着して初めて、各端末が誰のものなのかを特定できるようになります。スマートフォンや携帯電話にとって、SIMカードはいわば身分証明書のようなものです。

⒈2格安SIMカードとは?

SIMカードの中でも、格安 SIMカードと呼ばれるものが一般的に出回るようになってきました。これは、MVNOと呼ばれる通信業者が提供する通信サービスを受けることのできるSIMカードのことで、Docomoやau、Softbankといった大手キャリアでスマホを使うよりも利用料金が安くなることから、格安SIMカードと呼ばれています。

⒈3なぜ格安SIMはやすいのか?

ドコモ、au、ソフトバンクであるキャリアと格安SIMの違いは料金プランの選択の仕方に現れています。電話を基本として考えているキャリアでは必ず電話プランを契約した上でデータ通信も契約させる方式です。

格安SIMの場合はデータ通信を基本として考えており、データ通信を契約しないと電話の契約ができないようになっています。キャリアと格安SIMでは電話とデータ通信に対する考え方に違いがあるということです。キャリアは電話を使ってもらう電話通信事業として始まった会社ですから電話を一番に使いやすくリーズナブルな価格で提供することを主眼としています。

格安SIMの場合はインターネット事業から始まった会社ばかりが運営しており、インターネットをもっと使いやすく、リーズナブルな価格で提供することを主眼としています。

⒉格安SIM シェアしたい!SIMカードを複数枚持てるプランとは?

CSSS85_kangaerujyosei20131019-thumb-autox1600-16694

⒉1シェアプランとは?

最大高速通信容量を「シェア」できる便利なサービス

高速通信が可能なモバイル回線には、通常は月当たりもしくは日当たりの最大通信容量が定められています。そして通常のSIMプランでは一枚のSIMに最大通信容量が紐付けられています。つまりAと言うSIMカードにある容量はAでしか使用できないということです。

しかし、この「シェアプラン」では最大通信容量をAというSIMだけでなくBでもCでも利用することが可能となります。したがって通信容量を複数のSIMで使うことができるということなのです。

⒉2シェアプランのメリット注意点とは?

メリットは前述している通り、複数枚のSIMで通信容量をシェアできるところが主なメリットとなります。そして、注意点は下記の通りです。

「一定の容量を家族でシェアするため、家族の個々人ごとに容量を設定できるわけではありません。」例えば家族3人で10GBのプランだとすると、3人合計で10GBまでという内容なので、Aさん:5GB、Bさん:3GB、Cさん:2GBといったように設定することはできません。家族の誰かが容量を使いすぎてオーバーしたときには、家族全員のスマホが使えなくなります。一種の連帯責任と言えるでしょう。

よって大容量のアプリを頻繁にダウンロードしたり、動画サイトで長時間動画を見たりすると、月の途中でデータ容量を使い切ってしまう可能性があります。これを避けるためには月の途中で何回か容量の状況を確認するか、動画閲覧禁止などのルールを設けることが必要です。

個別の契約にしておいた方が自己責任になり、誰かが容量をオーバーしても他の家族に影響が出ないので楽なケースも考えられます。自分の家族がシェアプランに適しているかどうか、考えてみてください。

⒉3おすすめのシェアプランとは?

通常のプランでは一つの契約につき一台の端末を使用しますが、シェアプランは一つの契約で複数の端末を使用します。格安スマホのシェアプランの場合、SIMカードを複数枚受け取ってそれぞれの端末にSIMカードをセットして使用します。または、格安スマホ+SIMカードのセットを購入する方法も可能です。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]