iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

MNP

格安SIMに乗り換えなら今が旬!速度も安定!コスト大幅削減で、今では2台持ちの時代へ!

投稿日:

格安SIMという言葉を最近では頻繁に耳にします。
それでも皆さんはいまだに大手キャリ会社のスマホやガラケーを使っていませんか?
もちろん、大手キャリア会社のスマホを使っていること自体は何にも問題ありませんし、むしろ高スペックなので使い勝手もいいはずです。

でも、もしも、月々のスマホ料金が高いと思っていたり、高スペックのスマホでなくても安くてそこそこ使えるスマホがあるならそれで十分だと思えるなら、それは絶好の格安SIMへの乗り換えの時期かもしれません。
格安SIMにすることで月々の料金を1000円以下にすることだって可能ですし、そこまで節約しなくても3000円くらいが普通の料金なので断然節約にはつながります。
ここでは、格安SIMへの乗り換えを迷ってる人や向いてる人のために、格安SIMにすることのメリットやその方法、注意点などについて紹介していきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目的

1.格安SIMに乗り換えたら、どれくらい安いの?使い勝手はどうなるの?
2.格安SIMに乗り換えるのって意味ある?どんなメリットがあるの?
2.1 いまさら聞けない格安SIMってなに?
2.2 大抵の人は格安SIMで十分のはず! 
3.格安SIMへの乗り換えの注意点だけはチェックしておこう!
3.1 キャリアメールが使えなくなる心構えが必要です!
3.2 使いはじめるまでに時間がかかる場合もある
3.3 大手キャリアスマホをそのまま使えると思っていたら大間違い!?
3.4 手続きやサポートは面倒くさいかも!?
3.5 格安スマホもセットにするとスペックのレベルの低さに耐えられないかも!?
4.格安SIMに乗り換えても速度は大丈夫かな!?
4.1 やっぱり格安SIMは遅い!?
4.2 格安SIMの速度は、本当の速度じゃなかったり!?
5.格安SIMへの乗り換え方法は簡単なの!?
5.1 まずは必要なものを取りそろえよう!
5.2 事前にメールなどの設定準備もかかさずに
5.3 費用は多少はかかるし、違約金は気にしておこう!
6.格安SIMに乗り換えるには賢く乗り換える!
6.1 キャンペーンに便乗しちゃえ
6.2 インターネットも一緒に契約すると得!
6.3 型落ちモデルやゼロ円機種を探せ!
6.4 オンラインショップが一番お得な乗り換え場所
7.まとめ

1.格安SIMに乗り換えたら、どれくらい安いの?使い勝手はどうなるの?

yjimage-1
格安SIMをみなさんはもう使っていますか?名前は知っているけどまだ使ったことはないという方が多いのではないでしょうか?
日本人の特性として、安すぎるものに抵抗を感じて、無難なものにしてしまうという集団心理があります。
それでも、これからもスマホ代金に8000円とか、1万円とかって払い続けますか?
もちろん、大手キャリア会社のスマホやiphoneは使い勝手もよく、それ自体は何にも問題はありません。
それでも、スマホ料金が家計を圧迫をしていたり、もっと安くできないかなと考えているのだとしたら、格安SIMに乗り換えの時期かもしれません。
ここでは格安SIMへの乗り換えの方法から、そのメリット、デメリット、そして、乗り換える前にやっておくこと、その心構えなどについて紹介していきます。
 
 

2.格安SIMに乗り換えるのって意味ある?どんなメリットがあるの?

yjimage-2

2.1 いまさら聞けない格安SIMってなに?

最近では、格安スマホという言葉と一緒に、”格安SIM”という言葉も一緒によく耳にすることもあるかと思いますが、この格安SIMとは、MVNOという会社が提供しているSIMカードのことになります。
MVNOとは、合法的にdocomoやauの回線の一部を借りて、より安い料金でスマホを使えるようにしているサービスを提供している会社になります。
これによりデータ料金が、docomoやauと比べても安くなってくれたり、その代わりに通話料金が別扱いとなっているSIMで、現在では月々1000円以内に抑えることもでいているのです。
つまり格安スマホは、このMVNOの会社が提供している電波を使いつつ、MVNOの会社が提供しているSIMを使うことをいい、このSIMを”格安SIM”と呼んでいます。

2.2 大抵の人は格安SIMで十分のはず!

結論から言えば、ズバリ、大抵の人は格安SIMに乗り換えた方がいいことが多いはずです。
子供や学生、主婦や高齢者も含めて、個人のためにスマホを使っている場合には、まったくもって格安SIMでなんら問題ありません
もちろん電話だってできますけど、そんなものはLINEやスカイプにまかせてしまえば、まったくお金もかからないんですから。
唯一、会社の仕事などでちゃんと電話を使わなければならなく、かつ頻繁に使う人の場合においてのみ、格安SIMは向いていないくらいではないでしょうか。
そのため、スマホ代を大幅に安くすることができることを考えれば、格安SIMへの乗り換えは断然オススメです。
遅かれ早かれ、きっと近い将来、多くの人が格安SIMを使うような世の中になってくると思いますが、現在は大手キャリア会社もがんばってふんばってるということになります。
早ければ早いほど、スマホ代金を節約できるので、早めに格安SIMに乗り換えることをオススメします。
 

3.格安SIMへの乗り換えの注意点だけはチェックしておこう!

0fe999362ff0486b5d6596867e35b4c4_m

3.1 キャリアメールが使えなくなる心構えが必要です!

今までずーっと使ってたメールが使えなくなというのはかなり困りますよね?
大手キャリアから格安SIMに乗り換えてしまうと、格安SIMでは、NTT docomo、au、Softbankが提供する独自のメールサービス(キャリアメール)を継続して使うことはできません
大手の通信会社を解約した瞬間から、キャリアメールは失われてしまうのです。
そのため、今後、格安SIMでメールを使っていくには、フリーのGmailやYahoo!メールといったメールアドレスを取得したりして、それをスマホで開いて使っていかなければなりません。
もちろん、格安SIMの中にもMVNO独自にメールアドレスを発行できるところもあるのですが、あまりないと覚悟しておいたほうがよいでしょう。
もちろんフリーメールでも問題はないのですが、相手がキャリアメールの場合には、そのメールアドレスを迷惑メールフィルターにひっかかり受信してもらえない可能性がでてきます。
それを回避するには事前に相手側がそのメールアドレスを知っておいてもらわなくてはならず、多少面倒があるかもしれません。
最近では日々の連絡はLineなどがメインになりつつあるのでそれほど困らない人もいるかもしれません。

3.2 使いはじめるまでに時間がかかる場合もある

みなさんが、今まで大手キャリア会社のスマホを手に入れていた場合には、店頭で新規契約の手続きができ、かつ、その日のうちにすぐに、早ければ30分くらいで新しいスマホを使いはじめられるという利便性がありました。
ところが、格安SIMと格安スマホの新規契約の場合には、そういうわけにはいかないのです。
インターネットからMVNOのウェブサイトにいき、そこから新規契約を申し込むことになるので、必然的にその日は無理ですし、長ければ、1週間くらい手元に届くまでに時間がかかってしまいます。
一般的には、契約者のもとに格安SIMカードが届くまでに、短くても1~2日かかるといわれています。
そして、電話番号を変えずにMVNOに乗り換えるMNPの場合には、転出元のSIMカードは解約の扱いとなってしまい、格安SIMのSIMカードが届くまでは、通話も通信も一切できなくなってしまいます。
こうした問題を唯一解決するためには、MVNOの中でも店舗で手続きすることができるMVNOもあるので、そういった店舗対応型のMVNOの格安SIMを選べば解決です。
さらに、最近では店舗のないMVNOでも、MNP制度で電話番号を移し替えるタイミングを契約者がコントロールすることができる場合もあるので事前に調べておくとよいでしょう。

3.3 大手キャリアスマホをそのまま使えると思っていたら大間違い!?

大手キャリア会社では、通常スマホ端末代金は分割払いが一般的ですよね?
そう簡単に買い替えられる商品ではなく、格安SIMにする場合にもできることなら、そのままもっているスマホを継続したいですよね?
ところが、必ずすでにもっているスマホを継続して使えるわけではないのです。
もちろん、格安SIMは、大手キャリア会社が持つ基地局などの設備に相乗りしてサービスを提供しているので、格安SIMでは大手キャリア会社で使っていたスマホを引き継げる場合もあります。
同じ設備を共有している通信会社なら、同じスマホ端末でも共有できる場合があるということです。
どのような会社かというと、NTT docomoとauから格安SIMに乗り換えるのであれば、引き続き端末を利用できるケースが多いと思ってください。
特にオススメなのが、NTT docomoです、なぜならば、格安SIMの大半が相乗りしているからで、スマホ端末を引き継ぎやすいのです。
ただし、スマホ端末によっては格安SIMを利用できない場合もあるので事前にチェックが必要です、チェックするには格安SIMのMVNOが公表している動作確認済みスマホ端末の一覧をホームページなどで参照することになります。
また、大手キャリア会社でも、iphone7以降のSIMフリー端末であれば、どの格安SIMでも対応できます。

3.4 手続きやサポートは面倒くさいかも!?

大手キャリア会社は全国に店舗を構えているのが、基本的で、店舗にいけば新規契約や機種変更の手続きはもちろんのこと、それ以外にも使い方のレクチャー、修理対応などのいろいろなアフターサポートを窓口で対応してくれます。
その一方で、格安SIMのMVNOでは店舗を持たない会社が多く、契約手続きやアフターサポートは、ほとんど電話か、ウェブサイトでの対応になってくるので、即座にしてもらえない場合が多くなってきます。
使い方でわからないことが出てきてもすぐに駆け込める店舗もないので、取扱説明書やウェブサイトのQ&Aを参照するなどして、ある程度自力でがんばらないといけないというデメリットが多いのです。
それってかなり不安なところもありますよね?ただでさえ、はじめて格安SIMに乗り換えた場合にはいろいろとわからないことが多いと思うので、対面で教えてもらえられないのは心配ですよね。
ただし、最近では、MVNOでも店舗で手続きができる会社も増えつつあようで、楽天モバイル、mineo、U-mobile、トーンモバイルなどは、都市圏を中心に直営店を展開しつつあります。
ですので、対応が手厚いところに決めたい人は、これらのMVNOを探して契約することをオススメします。
特にビックカメラやヨドバシカメラのように、大型電気店の店頭に格安SIMの専門カウンターを設け、スタッフを常駐させている場合も増えてきているので、なるべくはサポートの手厚いMVNOにすることをオススメします。

3.5 格安スマホもセットにするとスペックのレベルの低さに耐えられないかも!?

格安SIMを入れて、格安スマホにもしてしまうおうという人はそのスペックを一度確かめておいた方がよいでしょう。
大手キャリア会社で販売されていた、iPhone、Xperia、Galaxyなどの人気高スペックスマホ端末と比べると、格安スマホは半額や3分の1程度で購入できるのですが、そのスペックはだいぶ怪しいものです。
例えば、おサイフケータイを頻繁に使っている人はしっかりチェックしないとなりません。
国産スマホでおなじみのおサイフケータイですが、格安スマホでは利用できないことがかなり多いのです。
特に、海外メーカー製の格安スマホだとまず使えないと思った方が良いでしょう。
それ以外にも、防水や防じん、ワンセグ、赤外線通信機能といったような、今の大手キャリア会社では当たり前に搭載されているスペックがほとんどないと思ってください。
もしも、搭載されているとしても、大体の場合4万〜5万くらいスマホ代金がしてしまうので、あまり格安スマホにはならないことになるでしょう。
そのため、格安スマホを選ぶ際には必ず店頭などでスペックをチェックしたり、その動作レベルまで調べておくとよいでしょうね。
一般的にアジア系の海外格安スマホはあまり機能は高くないと思ってください、スペックを狙うなら、国内産の格安スマホを選びましょう。
あとは値段との兼ね合いになってきます。
 

4.格安SIMに乗り換えても速度は大丈夫かな!?

51ccb301a0532ee1cceb58a6c9db6c26_m

4.1 やっぱり格安SIMは遅い!?

格安SIMを使うMVNOと、大手キャリア会社を比較する上でもっとも大事なポイントは通信速度になります。
誰でも通信速度が遅いのは嫌ですもんね?
大手キャリア会社のNTT docomo、au、Softbankにおいて、実際にでる通信速度は30Mbps前後だといわれています。
一方、MVNOの格安SIMにおいて、実際に出る通信速度は5Mbps前後だといわれているで、通信速度が6分の1くらいにまで遅くなってしまっています。
これは大きなデメリットですよね。
数字だけ見れば、格安SIMは大手キャリア会社よりも圧倒的に通信速度が遅くなります。
ところが、実は5Mbpsでも十分使い勝手は問題ないともいえます。
そのため、大手キャリア会社ほどの早さがどこまで意味があるかは、個人差があります。
もちろん、格安SIMのように昼などにさらに遅くなるというデメリットもありますが、まったく動かないわけではありません。
個人個人の格安スマホの使う時間、使い方で特に問題にならない人も多いので、自分にあった生活スタイルにあっているかは事前に考えておきましょう。

4.2 格安SIMの速度は、本当の速度じゃなかったり!?

さらに速度関係で気をつけていけないことがこれなんです。
”格安SIMのMVNOの速度は理論値!”ということです。
MVNOの発表している速度はあくまで理論値らしいので、時間帯によっては速度が異なってしまうのは明白ですし、中にはその理論値が一向にでないMVNOもあるようです。
そのため、ただでさえ不確定な数字なのにもかかわらず、さらに時間帯によっては不安定なので、格安SIMは大手キャリア会社と比べると、人によっては格段に速度が低下したと感じるようです。
ここはやっぱり費用対効果もそうですが、結局料金で決めるしかないでしょう。
大手キャリア会社は安定した速度を提供してくれますが、当然料金が高くなってしまいます。
もちろん、格安SIMは安いのですが、その代わりスピードは期待できません。
この部分を解決するために、速度を必要とする動画やゲームは家にいるときに限って行い、家ではWifiを設置してそちらの電波を使うなどすれば、特に格安SIMでも問題なく生活できるかもしれません。
自分なりの工夫をして、できることなら料金を抑えて、格安SIMにチャレンジしてみましょう!

5.格安SIMへの乗り換え方法は簡単なの!?

35b3bde730aa0661a4e4a8630092e553_m

5.1 まずは必要なものを取りそろえよう!

格安SIMにミスなく段取りよく乗り換えるためにはいろいろな必要なものを事前にちゃんと用意しましょう。
①MNP予約番号
MNPをするために、事前にMNP予約番号を現在契約している大手キャリア会社からもらう必要があります。
直接ショップに行ってももちろん大丈夫ですし、電話でももらうこともできます。
直接ショップに行く場合には、待ち時間で30分くらい待たされる場合もあるので、電話対応でやってもらう方が楽チンです。
MNP予約番号には有効期限があるので、格安SIMに乗り換えるタイミングでもらっておきましょう。
格安SIMへMNPする場合には、必ず”音声通話プラン”がついた格安SIMが必要になることも忘れないようにしましょう。
MNP予約番号をもらった後に、音声通話SIMを申し込むことになります。
音声通話SIMの申し込み時にMNP予約番号を入力する項目がでてきます。
②本人名義のクレジットカード
格安SIMを購入する際には本人名義のクレジットカードが必要になることもお忘れなく。
クレジットカードで月額料金の引き落としが行われ、一部の格安SIMで口座振替での支払いに応じていますが、時間がかかり選択肢もほとんどなくなってしまうので、クレジットカードで支払うために用意しておきましょう。
現在使っているスマホの名義とクレジットカードの名義、そして格安SIMを申し込む人が全て同じ人でないと契約できないことも忘れないでください、親や家族の人のクレジットカードではダメです。
スマホとクレジットカードで登録している住所が異なる場合は、特に問題なく、名前が同じなら大丈夫になります。
未成年の子供名義のスマホを格安SIMにしたい場合にはそれではどうすればいいのでしょうか?
子供名義の場合には、スマホの名義を親名義にして、親名義で格安SIMを申し込むことになります。
一部の格安SIMでは、未成年の契約を受け付けている場合もありますが、選択肢がかなり少なくなってしまうので、基本的には親名義で申し込むようにしましょう。
③本人確認書類
免許証、パスポート、健康保険証、個人番号カード、マイナンバーなどの本人確認書類1点が必要になってきます。
免許証がない場合には、格安SIMごとに必要な本人確認書類が若干異なる場合があるので、申し込みを検討するときに事前に必要な本人確認書類を確認しておくとよいでしょう。

5.2 事前にメールなどの設定準備もかかさずに

キャリアメールを使っている場合には、キャリアメールを使えなくなることを見越して、事前にGmailなどでメールアドレスを作っておきましょう。
GmailなどのPCメールからガラケーユーザなどにメールを送ると、メールが届かない可能性があります。
そうならないためにも、現在使っているキャリアメールから新しいGmailなどのメールアドレスを知らせるようにしましょう。
ガラケーユーザの友人などには、受信許可アドレスに追加してもらうように連絡しておきましょう。
MVNOなどによっては1週間くらいスマホがいじれない場合もあるので、その旨を事前に連絡しておくとよいかもしれません。

5.3 費用は多少はかかるし、違約金は気にしておこう!

先ほど説明したMNP予約番号の発行には手数料がかかります。
2000円程度の費用が転出元携帯会社から請求され、さらにMNPに関わらず契約する携帯会社の事務手数料で3000円近くかかるので、総額で5000円はかかることになります。
もちろんこれはその時かぎりになので大した出費ではないでしょう。
しかも格安SIMになれば、月々5000円くらい安くなってる人もいると思うので今後のことを考えれば安上がりでしょう。
あとはお金で気にしないといけないのが、違約金です。
キャリアの料金プランでは大抵の場合、2年間の長期契約をしているプランに申し込んでいますよね。
このような2年の長期契約プランにすることで、みなさんは高額なスマホ代金を分割払いにしているはずです。
そこで厄介なのが2年縛りです。
継続してそのスマホを使い続けていく場合にはとてもメリットのある長期契約プランですが、その契約期間中に解約する場合には、完全にユーザーだけが損をするシステムなんです。
大抵の場合に、解除料が発生しない更新月に解約しないと、だいたい1万円くらいの違約金がかかってしまうのです。
そのため、格安SIMに乗り換える場合には、この更新月になるようにタイミングを狙いましょう。
 

格安SIMに乗り換えるには賢く乗り換える!

call-71169_640

6.1 キャンペーンに便乗しちゃえ

MNPで機種変更する場合にはキャンペーンもちゃんとチェックすることが先決ですよ。
多くの携帯店でキャッシュバックキャンペーンをおこなっていることが多いですし、その額も3万円以上と高額な場合もあるのでかなりな特になる場合があります。
ただし、いろいろな条件があったり、契約のタイミングだと焦って判断できない場合もあるので、事前に条件を確認しておくことをオススメします。
中には全然特じゃない時もあったりするので、変な料金プランに導かれないようにしましょう。
家族で携帯を契約している場合には、うまくできない場合もあるのですが、単独で契約していれば難なく契約できるので広告をちゃんとチェックしておくことをオススメします。
携帯ショップで”MNPだと最大3万円引き”と広告がある場合もあるのでしっかりとチェックしておきましょう。
絶対にお得なプランではあるのですが、よーく調べてみると特定のオプションやプランに加入することを条件にされている場合もあるので、騙されないためにも入念にプランはチェックして、気をつけておきましょう!

6.2 インターネットも一緒に契約すると得!

インターネット回線を契約している携帯会社にしてしまうというのもいい方法です。
一見面倒臭そうに思われますが、プロバイダの変更はする必要もなく、インターネット回線を携帯会社のものにするだけなのです。
各MVNOでも、連携してインターネット通信事業をやっている場合もあります。
この契約をすることで、ポイント還元されたりするのでお得なプランになります。
割合でいえば、料金の10%がポイント還元されたりすることもざらなので、すぐにポイントも貯まるから、かなりお得な契約方法です。

6.3 型落ちモデルやゼロ円機種を探せ!

もしも、最新機種などに対してこだわりがある場合にはあまり意味のない方法になりますが、格安SIMへの乗り換えの理由が価格にあるのであれば型落ちモデルを探すのもよいでしょう。
型落ちモデルは中古とかではなくちゃんとした新品ですので、性能やスペックも少し遅れてるだけでスマホそのものの起動には何も問題ありません。
もしも、欲しいスマホモデルが、見つかるならば、月額料金をとてつもなく抑えることが可能になります。
型落ちモデルの場合には、月額の端末代が1000円以下で売られていることも当たり前ですし、特に新しい機種が発売されると、1型古いだけで月額500円を切ったりします。
携帯ショップの店員に型落ちモデルについて尋ねれば、携帯ショップの店員さんも古い型は売り切りたいと思っていることが多いので、喜んで紹介してくれるはずです。

6.4 オンラインショップが一番お得な乗り換え場所

それぞれのMVNOの公式オンラインショップでも、当然、定期的にキャンペーンが行われています。
もちろん、格安スマホとのセットの場合もあれば、単なる割引キャンペーンの場合もあり、欠かさずチェックして、もっとも安いタイミングを見つけることが大事なんです。
良いタイミングでキャンペーンを見つけられれば、ラッキーな値段で格安SIMと格安スマホに出会えるかもしれません。
そのため、常日頃から、公式オンラインショップはチェックするようにしましょう。
しかも、この方法なら時間がなくて、店舗にいけなくても、乗り換えをすることができます。
インターネット上で済ませることができるのも楽ですし、じっくりプランなどを考えるのには常日頃のチェックが一番いいでしょう。
やり方も全然簡単で、インターネットで待ち時間もなく、指示にしたがって進んでいけば簡単に乗り換えをスムーズに行なえつつ、じっくり考えれば、余計なオプションにも入らなくてすみます。
 

7.まとめ

2d47b7df0ada57c292a3d021635b0f19_s
格安SIMへの乗り換えは、多くの人がそろそろかなと迷っているところだとは思います。
その理由の多くが、おそらく月々の料金を減らすことだと思います。
もちろん、格安SIMに乗り換えてしまえば、人によっては1万円も安くなる人もいますが、最低でも3000〜4000円くらいは安くなるはずです。
月々のスマホ代金が3000円くらいですむのであれば、それはだいぶ節約になるのでありがたいはずです。
それ以外にも格安SIMに乗り換えたら、今後は2年縛りもなくなるので、気軽に他の会社にMNPすることも簡単です。
しかし、その一方でスマホの使い勝手が悪かったり、いろいろな便利な機能がついていなかったりしたら、どうでしょうか?
今まで使っていた大手キャリア会社のスマホやiphoneなどと比べたら、格段にスペックは落ちていくことでしょう。
そのため、格安SIMに乗り換える際にはじっくりと乗り換えるスマホのスペックやそのプラン、そして、格安SIMの容量などを徹底的に自分の生活と照らし合わせて、考えていきましょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-MNP

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.