iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

SIMを複数枚使えば便利になるの?シェアプランを賢く家族で!

投稿日:

SIMカードを2枚、3枚と複数枚使えるプランがあることをご存知ですか?
家族でってこと?と思う方がほとんどですが、今の時代、一人でスマホ、タブレットの2端末もち、スマホを2台もちなどのように複数台SIMカードが必要な方もいますよね。
もちろん家族などで、家計全体の通信費を安く抑えたい場合にもオススメの方法かもしれません。
ここでは、SIMカードを複数枚使う方法に焦点を当てて、まずは、基礎知識を解説しつつ、どのようなMVNOが適応でき、どのようなプランがあるかを紹介していきます。
上手く複数枚のSIMカードを駆使すれば、今までより格段に料金が安くなるかもしれません!

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1.SIMカードを複数枚使うのは、家族向き!?一人で複数もいいかも!
2.SIMカードを複数枚ってどういうこと!?
2.1 どういう意味なの!?
2.2 どんなメリットがあるの?
2.3 実際にはどういう風に使うの?
3.誰がやってもお得なのかな?
3.1 どんな人向き
3.2 注意することもある?
3.3 どのMVNOでも複数枚のSIMを使えるの?
4.家族でシェアプランもSIMを複数枚もつ利点
4.1 シェアプランとは
4.2 シェアプランのメリット
4.3 シェアプランのデメリット
5.やっぱり大手のMVNOが安心かも
5.1 楽天モバイル 音声もネットもお得
5.2 BIGLOBE SIM 堅実なサービス
5.3 OCNモバイルONE 安定のOCNブランド
6.安さが大事なのが格安SIMの醍醐味なのは複数枚でも一緒
6.1 DMM モバイル 業界最安値水準
6.2 エキサイトモバイル 細かい段階制が嬉しい
6.3 mineo docomoもauも選べる
7.まだまだあるSIM複数枚使えるMVNO
7.1 IIJmio 優れたプランと品質は随一!
7.2 NifMo お得な仕組みをもっている
7.3 hi-ho LTE typeD SIM3枚が安い!
8.まとめ
 

1.SIMカードを複数枚使うのは、家族向き!?一人で複数もいいかも!

6ce782e91586ee7d7a0441fe239e787e_m
格安スマホ業界では、現在、SIMカードを2枚、3枚と複数枚使えるプランがあるのですが、多くの人が知らなかったり、知ってていてもお金が高くて損だろうと思われており、敬遠している人たちがいます。
しかし、よーくプランなどをみてみると得なことしかなかったりするんです。
特に家族みんなで大手キャリア会社の家族割引なんかに入っているなら、最大で2、3万円浮く可能性だってあるんです。
だって、ご両親はあまりデータ通信などを使っていない場合が多いですよね?
家族みんなのデータ通信量をチェックしてみて、うまくバランスが取れれば、子供達は普段使っていたよりも多くのデータ通信を使えることにもなるのです。
ここでは、SIMカードを複数枚使うプランにスポットを絞り、どのようなMVNOにどのようなプランがあるかを紹介していきつつ、賢く、複数枚のSIMカードを使うコツを紹介していきます。
 

2.SIMカードを複数枚ってどういうこと!?

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_m

2.1 SIMカードを複数枚使うのは

格安SIMの契約プランには、1つの契約で複数枚のSIMカードを使わせてくれるサービスもあります。
あまり使ったことがない人が多いと思いますが、使い方次第でとてもお得になるのです。
この契約のメリットは、家族で格安SIMを利用としている場合などに一人一人で契約をしなくて済むようになります。
それ以外にも一人で複数のスマホを持っている場合や、スマホとタブレットなどを合わせて持っている人にもオススメのプランになります。
以前は、格安スマホはデザリングが行えなかったので、特に格安スマホ業界に入った人にとっては、重宝されるシステムでしたが、最近では格安SIMもデザリングができるようになってきたので若干必要性は減ったように思えます。
しかし、デザリングを使うのってなんか気持ち悪いって人もいるのでそんな人には、SIM複数枚で端末ごとに使えるようにすることが望ましいでしょう。

2.2 どんなメリットがあるの?

メリットは、どんな使い方をするかで分かれてきます。
家族で利用する場合には、複数枚契約の場合には、データ通信の容量を分け合うことになるので使い方が違うもの同士で共有するとお得です。
例えば、1人は大量に動画やアプリなどをダウンロードして、もう片方はあまりデータ通信を必要としない場合です。
まずは家族で使う場合には家族みんなのデータ通信の利用料を計算して、それにあったプランを探すようにしましょう。
一方、家族ではなく、一人でスマホとタブレットの両方を使う場合、タブレットがWifi専用ではなくSIMカードが利用できるのであれば、かなりお得で便利になります。
一人で利用しているのに端末ごとに契約をしておくのは結構面倒なので、複数枚のSIMカード契約はかなりオススメです。
さらにただ単に一人用のプランでは、大量のデータ通信に対応できていないので、一人で複数枚のSIMにしてしまうことで10GB以上は使えるので便利になります。

2.3 実際にはどういう風に使うの?

SIMカードを複数枚利用するなら、まずは複数枚発行に対応したMVNOを見つけて契約します。
全てのMVNOで対応しているわけじゃないのでしっかりと対応しているMVNOを見つけましょう。
それぞれ契約する際に、SIMカードを複数枚使えるプランで申し込みましょうね。
スタンダードなプランではSIMカードは1枚です。大抵の場合、”ファミリープラン”、”シェアプラン”のようなネーミングになっているはずです。
大抵の複数枚仕様のプランだと10GBくらいの高速データ通信量があるはずです。
だいたい3枚までで、1枚追加するたびに手数料を2000円くらい取られます。
もちろん、1枚のままこのプランを契約することも可能です。
 

3.誰がやってもお得なのかな?

fe2f1f4f2f088261a03632c2b3e69f27_m

3.1 どんな人向き

果たして、複数枚を利用するのはどんな人たちが向いているのでしょうか?
もちろん、どの人たちでも複数枚SIMカードプランが向いているわけではありません。
だって、一応料金は高くなりますし、格安SIMで格安スマホを使う人ってのは、料金をある程度抑えたい人たちでもありますよね。
だから、料金を抑えたいなら、スタンダードプランに行くはずです。
それではどんな人が、向いているのでしょうか?
まず向いてるのが、当然のことですが、ファミリーでシャアしたい人たちです。
次に多いのが、1人で複数の端末を持っている人になります。
そして、最近増えているのが、一人でさらに1端末なのに大量のデータ通信をする人の場合になります。
これらの人たちはどれも複数枚のSIMカードを得ることでメリットがあるのではないでしょうか。

3.2 注意することもある?

複数枚のSIMカードにした場合にも当然、メリットだけではありません。
データ通信量を分け合えるのは便利ですが、誰か一人が大量にデータ通信をしてしまうことが可能なので、誰か一人が使いすぎるだけで制限がかかったりしてしまいます。
1つの端末に対して、データ通信の制限をできないのです。
そのため、家族間でトラブルになることがあるので、家族間のデータ通信量がどれくらいかあらかじめ知っておく方が、プランが適格かどうかわかりますので知っておきましょう。
もちろん、家族じゃなくて一人で複数枚のSIMを使うのであれば特に問題はないでしょう。
あとは、デメリットではありませんが、4枚以上発行してほしい場合にはまだまだMVNOが対応していないことが多いようです。
家族が4人いる場合には、対応できなくなってしまうので、複数枚を2つ契約するか、3枚契約を1つにスタンダードの契約を1つすることが良いでしょう。

3.3 どのMVNOでも複数枚のSIMを使えるの?

MVNOすべてが、この複数枚SIMに対応しているわけではないのですが、今では結構多くのMVNOで行なっているので知っておくと良いでしょう。
主なMVNOとしては、以下となっています。
DMM mobile、OCNモバイルONE、llJmio、BIGLOBE LTE、BB.exciteモバイル、楽天モバイル、エキサイトモバイル、mineo、Nifmo
 

4.家族でシェアプランもSIMを複数枚もつ利点

ios-1091302_960_720
何と言っても複数枚のSIMカードのメリットであり、醍醐味であるのは家族みんなで使うことです。
ここでは、シェアプランの解説からメリットとデメリットの紹介、使用にあたっての注意点、オススメのシェアプランを紹介します。

4.1 シェアプランとは

格安SIMに家族みんなで乗り換えてスマホ代を節約したいという人が増えてきており、シェアプランの利用者が徐々に増えてきています。
キャリアでは当たり前のようにあった家族割引ですが、まだまだ格安SIM業界では一般的ではないのです。
格安SIMは、シェアプランを使って家族みんなで乗り換えて賢く節約する方法がメジャーなのです。
SIMカードを複数枚持つと家族や友人とシェアして使ったり、端末によって使い分けたりできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

そもそもシェアプランとは1契約で複数枚のSIMカードが使えるプランのことで、家族で1枚ずつ容量を分けあって使うことが可能です。
さらにスマホやタブレットなどにそれぞれ挿して使ったりすることも可能なので必ずしも家族で使わずに、一人でも対応可能なプランです。

4.2 シェアプランのメリット

メリットとしては、まずは家族とシェアできるということになります。
家族で1回線ずつ契約した場合、人によってデータ通信の使い方がバラバラでデータ通信が足りない人と余ってしまう人がいると思います。
シェアプランで1契約にまとめることによって、足りない人にデータ通信を分け合って使えるので余った通信分を有効活用できるので、家族の中でデータ通信の使い方に差がある場合には良いプランになります。
まずは契約する前に家族みんなのデータ通信量の使い方をよくチェックして、うまい具合に相殺されるかどうかを見てみましょう。
その他には、タブレット単体でも通信できることが嬉しいところです。
スマホとタブレットの2台持ちをしている人は、多くの場合スマホのテザリング機能を使っていたと思いますが、わざわざデザリングは面倒ですよね。
そこで新たにタブレット用の回線をシェアプランで契約することで、タブレット単体でも通信できるようになります
なんだかんだデザリングのonとoffを行うのは手間だったと思うので、格段に便利になります。

4.3 シェアプランのデメリット

これは、先ほども述べましたが、家族プランの場合には、1人が膨大に通信すると他の端末にも通信制限がかかってしまうことです。
繰り返しますが、家族でシェアプランを利用する際に1人が多く使いすぎてしまうと、他のメンバーも一緒に速度制限にかかってしまいます。
データ通信量を分け合えるメリットがある反面、逆に足りなくなると連帯責任でみんな遅くなってしまうのは少し考えものです。
データ量の使い過ぎで家族間のケンカに繋がらないように、あらかじめ使用する通信量を把握しておきましょう
現状では1人あたりのパケット通信量に制限を掛けるプランは用意されていないので、みんなで意識してデータ通信を使いましょう。
使い過ぎている場合には、みんなと連携して容量が超えない工夫も必要です。
その他のデメリットは、まさにメリットがほとんどないことなんです。
よーく考えてみると大手キャリア会社だと、家族間通話などが24時間無料で使えたり、ポイントを家族で分け合えるなどのメリットがあります。
ところが、格安SIM業界はまだ、そういった設備が整っていないので、そういったサービスを積極的には展開していません。
そのため複数枚SIMにしてもあまり料金面でのメリットが感じにくいプランになってしまうのです。

5.やっぱり大手のMVNOが安心かも

iphone-410324-400x270-MM-100

5.1 楽天モバイル 音声もネットもお得

楽天が運営するMVNOのモバイル通信サービスである楽天モバイルも複数枚SIMを行なっています。
楽天モバイルは、通話SIM・データSIMの両方があり、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた”ベーシックプラン”などを含めた4種類があります。
機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっており、さらに”楽天スーパーポイント”がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているMVNOです。

楽天モバイルは、複数枚のSIMは使えないのですが、データシェアという方法で、複数枚のSIMと同じような効果が得られます。

前月から繰り越された分の高速データ容量を他の契約者と分け合うことができるのがメリットです。
自分や家族に限らず、誰とでもシェアできるという優れものなので、ある意味、複数枚SIMの家族プランより便利かもしれません。
最大5回線までシェアすることが可能なので多くの複数枚のSIMは3枚なので、より効果的かもしれませんね。
ただし、利用料金として1回線あたり月額100円が必要ですが、これも大した負担にはならないはずです。

5.2 BIGLOBE SIM 堅実なサービス

BIGLOBE SIMは、ビッグローブが運営するMVNOのモバイル通信サービスです。

プランは音声通話あり・なしでそれぞれ4種類から選ぶことができ、その中でもデータ容量が多めのプランが大人気のMVNOです。

その他にも多くのメリットがあり、通話サービスの”BIGLOBEでんわ”には選べる通話オプションがいろいろあり、こちらも魅力的で、明確なメリットが多く、堅実なサービスが持ち味となっています。

そんなBIGLOBE SIMは、複数枚のSIMでデータ容量を共有できる”シェアSIM”が利用可能となっています。
対応しているプランは2つで、高速通信を6GB/月まで使える”ライトSプラン”ならSIM最大3枚まで、そして12GB/月までたっぷり使える”12ギガプラン”ならSIM最大5枚まで対応しています。
追加するSIMは、音声通話SIM・データSIMのどちらでもOKなので選べます。
料金は、音声通話SIMなら1枚につき月額基本料金900円、データSIMなら1枚につき月額基本料金200円が加算されるシステムとなっています。
注目は、データ容量の多さ、最大枚数の多さで、コストパフォーマンスは業界トップ水準となっています。

5.3 OCNモバイルONE 安定のOCNブランド

OCNモバイルONEは、安定のNTTコミュニケーションズが提供しているMVNOの通信サービスです。
高いシェアを誇る有名プロバイダだけあって、この格安SIMも優れたサービスと評判です。
プランは高速通信ができるものを含めた5種類から選ぶことができ、光サービスの「OCN 光」やIP電話の”050 plus”と組み合わせることもできます。
容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力的で、続々と利用者が増えているMVNOです。
OCNモバイルONEの特徴としては、SIMカード追加オプションである”容量シェアSIM”が用意されていることです。
これを使えば最大4枚まで追加、合計5枚までにすることができます。
料金はデータSIMの場合、SIM1枚あたり月額400円がプラスになり、”3GB/月コース”なら、SIM3枚で月額1900円、SIM5枚で月額2700円となります。
なお、音声通話SIMを追加するなら1枚あたり月額1100円がプラスとなっています。
OCN モバイル ONEの特徴は、やっぱり最大枚数の多さであり、また月次コースだけでなく、日次コースがあることもポイント、他のMVNOにはないプランになります。
 

6.安さが大事なのが格安SIMの醍醐味なのは複数枚でも一緒

格安SIMってなあに?

どんなメリットがあるの?

6.1 DMM モバイル 業界最安値水準

DMMモバイルは業界最安値水準に挑戦しているMVNOのモバイル通信サービスです。
DMMは常に提供するサービスはメンテナンスして業界最安値を提供し続けています。
むしろ、しょっちゅうプランを変更するのが難点なくらいです。
MVNEがIIJであるので、機能的にもIIJmioによく似ています。
MVNEとは「Mobile Virtual Network Enabler」のことをあらわし、事業ノウハウを活かし、他社 がMVNOへ新規参入する際の支援を行う会社のことを指しますので、これが一緒だといろいろな機能も似てくるのです。
低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる”バースト機能”が強みの1つで、データSIM・通話SIMともに用意されています。
データ容量に応じて細かく選べるプランは業界でも最多です。
全プランで他社よりも安い月額料金に挑戦すると宣言していることもあり、業界でも常にトップクラスの安さです。
DMMモバイルも、複数枚SIMカードコースをちゃんともっており、このコースは”シェアコース”といい、最大3枚のSIMでデータ容量を分け合うことができるようになっています。
1GBあたりの料金で見れば10GB/月がお得なコースとなっており、業界最安値です。
さらに容量が必要な方はもっと大容量のプランも用意されています。
使える容量を増やせるため、家族でスマホの通信量が多い場合には最適な会社といえるでしょう。
データSIMの追加なら月額基本料金はそのままで、通話SIMの追加なら1枚増やすごとに月額基本料金700円プラスなだけなのでお得となっています。

6.2 エキサイトモバイル 細かい段階制が嬉しい

エキサイトモバイルは、ポータルサイトで有名なエキサイトが提供しているMVNOのモバイル通信サービスです。

エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プランです。

1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースもあり、データ容量を無駄なく利用したい人、複数の端末を所有する人にはもってこいの格安SIMのMVNOといえるでしょう。

エキサイトモバイルは、SIMカードを複数枚使えて月額料金の安いサービスを選ぶなら、最も適したMVNOといえます。
段階制の”最適料金プラン”、月次の”定額プラン”ともに複数枚のSIMカード対応の”3枚コース”があり、複数枚の提供に非常に力を入れているMVNOです。。
SIMカードを標準で3枚使うことができるのが嬉しいいところである他、オプションの追加SIMを申し込むことで、SIMカードを最大5枚までにすることができます。
オプション月額料金はSIM1枚あたり390円なのでこれも他社と比べても格安ですね。
少ない高速データ通信量に対応できるのも特徴で、”最適料金プラン”なら月額1050円からの格安さです。
SIM1枚あたりにすると350円という業界でもトップクラウスの安さで通信費の節約にはピッタリです。

6.3 mineo docomoもauも選べる

mineoは、光回線の”eo光”などを展開しているプロバイダである”ケイ・オプティコム”が提供しているMVNOのモバイル通信サービスです。

docomoとauの両方の回線を使用できるプランがあり、非常に便利です。

データ容量を家族で共有できる”パケットシェア”、誰とでもデータ容量を送り合える”パケットギフト”などがあります。

さらに、”複数回線割”、”家族割引”など、機能的にもとても充実しています。

サービス内容を他社と比べて、選ぶ価値のある複数枚の格安SIMカードといえます。

また、mineoは複数の回線を契約する方にうれしい機能・制度がたくさんあります。
まず、”パケットシェア”は、当月中に余ったデータ容量がある場合、翌月に家族でそのデータ容量をシェアすることができる機能なんです。
契約者と住所が同一であれば、最大5回線までシェアすることもできます。
次に”複数回線割”は、一人で複数の回線を契約する場合に有効で、最大5回線まで月額料金が50円割引される特典がつきます。
複数のタブレットなどをもっている人でデータを大容量で使う人にはオススメのプランです。
最後にあげるのが、”家族割引”です。これは、その名の通り家族みんなで利用する人たち向けのプランで、最大5回線まで月額料金が50円割引されます。
一見他のプランと同じに見えますが、”パケットシェア”とは違い、住所が同一で無くても契約できまし、主回線者から3親等以内であれば、離れて暮らす家族でも適用することができる優れものです。
 

7.まだまだあるSIM複数枚使えるMVNO

phone-690091_960_720

7.1 IIJmio 優れたプランと品質は随一!

優れたプランとサービス品質の高さで業界をリードし続けており、意外と名前の知られていないIIJmioです。
UUJmioは、IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供するMVNOのモバイル通信サービスです。
読み方は”アイアイジェイ・ミオ”と読み、音声通話機能のあるプランは”みおふぉん”という愛称で親しまれています。
余ったデータ容量の翌月繰り越ししてくれるプランや、バースト転送機能などもしっかり取り揃えています
常に最新の機能をいち早く取り入れてきている会社で、全プランが複数SIMに対応しています。
お得な2つの通話定額オプションなどもあり、柔軟性が持ち味の格安SIMMVNOです。
IIJmioの複数枚のSIMカードをしっかりともっており、しかも全プランに取り揃えています。
”ミニマムスタートプラン”、”ライトスタートプラン”だと最大2枚までで”ファミリーシェアプラン”ならなんと最大10枚まで利用可能なので、業界最多枚数となっています。
 
家族で多くの端末を使いたい人たち向けのMVNOといえるでしょう。
他にも仕事でスマホやタブレットを使う方など、複数の端末を使ってたくさん通信したいユーザーにも向いています。
それぞれのプランごとに、枚数の仕組みなどもいろいろ異なっており、少し複雑ですが、どのプランもかゆいところに手が届いており、ニーズに応えたプランを豊富に取り揃えています。

7.2 NifMo お得な仕組みをもっている

NifMoは、@niftyのニフティ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービスです。
音声通話対応プランも選べる通信サービスもあったり、割引制度や付加サービスが充実しています。
なかでも専用アプリ経由でショッピングをすると毎月の料金が安くなる”NifMo バリュープログラム”が非常に注目されています。
公衆Wi-Fiサービスが追加料金なしで利用できるのも外でWifiが必要になる人にはとてもメリットのあるプランです。
老舗プロバイダによる確かな品質と安さを備えた格安SIMの MVNOです。
”NifMo ファミリープログラム”も開始され、文字通り家族で利用する人たちの向けのプログラムが充実しています。
複数の契約をすることによって便利な機能が利用できるようになり、親IDを1つ選び、そこに子IDを紐付ければいいだけですので簡単です。
データ容量を各契約で共有できる”シェアプラン”のほか、親ID・子IDともに毎月0.5GBずつボーナスのデータ容量がもらえる”ファミリーおまとめボーナス”などもあり、賢くプランを使えば、どんどんお得になっていきます。
少し複雑なのでちゃんと店員さんに説明を受けたり、事前に調べたりして、最も格安で機能が便利になっているお得なプランを探しましょう。

7.3 hi-ho LTE typeD SIM3枚が安い!

hi-hoLTE typeDは、3GB/月でSIM3枚を使えるプランが安いMVNOです。
まだまだマイナーなMVNOですが、しっかりと複数枚のSIMカードに対応しています。
IIJグループに属する株式会社ハイホーが提供しているMVNOのモバイル通信サービスなので、一応安心したサービスを提供してくれます。
3GB/月でSIM3枚のプランや、より安い2GB/月のプランなどが用意されており、IIJmioにはない特徴を出しています。
データ容量の翌月繰り越しやバースト機能なども小さくてもちゃんと取り揃えている会社です。。
その他の特徴としては、プランの数で言えば少ないが、hi-ho LTE typeDのSIM複数枚プランをしっかりもっています。
その中の”アソート”プランでは、高速通信が3GB/月まで使えて月額1409円で、他社と比べても安い料金となっています。
データSIMなら追加しても月額基本料金はそのままで利用できたり、音声通話対応SIMならSIM1枚あたり700円で利用が可能となっています。
 

8.まとめ

mobile-616012_960_720
いかがでしたでしょうか?
まだまだチャレンジしている人が少ない複数枚のSIMカード、一見、料金が高くなると思われていますが、特に高いわけではありません。
また、家族みんなで使えば、一人一人が格安SIMスマホをもっている時よりもやすくなりますし、それこそ、大手キャリア携帯を家族みんなで持っていた時と比べたら、プランにもよりますが2、3万円単位で家計が浮くのではないでしょうか。
家族みんなのスマホの使い方を調べた上で、それほどデータ通信量が家族内で膨らんでいなのであれば、うまく相殺されるので、家族割引感覚で、複数枚のSIMカードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!
また、一人で複数枚のSIMカードを使うのも複数台のスマホやタブレットを持っている場合には便利になるのでオススメのアイデアです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.