iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

SIMフリースマホについて今さら聞けないあなたに4つのポイントを紹介!

投稿日:

simフリースマホを、あなたは知っていますか?おそらく名前は聞いたことがあるでしょう。しかし、まだチャレンジしたことはないのではないでしょうか?
海外では当たり前ですが、日本ではまだまだ普及していません。よく海外の人が日本に来ても自分の携帯をじゃんじゃん使ってるのは、その携帯がsimフリースマホだからなんです。

ここでは、simフリースマホにまだチャレンジしたことのない方やすでに持ってるけどイマイチ使いこなせてない方に向けて、simフリースマホの初歩的な知識を紹介します。
これからは携帯もグローバルな時代に突入しますので、この流れに取り残されないためにも、ぜひ、この機会にsimフリースマホにチャレンジしてみましょう!
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1.simフリースマホは、今は得なの?損なの?
2.simフリースマホとは、そもそもどんなスマホ?
2.1 どんなシステムを使うの?
2.2 格安スマホとは意味が違う!?それとも一緒!?
2.3 白ロム、赤ロムも関係しているの?
3.simフリースマホのメリットとデメリットを知ろう!
3.1 まずはsimフリースマホのメリットから
3.2 デメリットがあることも忘れずに
3.3 どっちを選ぶか決めるのは使いやすさ?お金?
4.格安スマホの仕組みを理解していますか?
4.1 まずは格安スマホと格安simを知る
4.2 月額いくらくらいまで安くなる?
4.3 1GBでどこまでできる
5.simフリースマホなら格安スマホがお得!
5.1 会社選びは自由が一番!
5.2 2年縛りはもう忘れて!
5.3 料金が全然お得になっちゃう
5.4 そもそも電話はする方、しない方?
5.5 イライラしないためのスピードは?
6.simフリースマホならこの会社おいしい料金プランで!
6.1 FREETEL
6.2 イオンモバイル
6.3 DMMmobile
6.4 エキサイトモバイル
6.5 楽天モバイル
7.simフリースマホならこの携帯!
7.1 iphone
7.2 FREETEL REI
7.3 arrows 富士通
7.4 ASUS Zenfone
8.まとめ
 

1.simフリースマホは、今は得なの?損なの?

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_m
simフリースマホって言葉を最近では、よく耳にします。しかし、実際にはその機能を使っている人はどれくらいいるのでしょうか?simフリースマホを持っていることにすら気づいてなかったり、せっかくの海外旅行でも使わずにそのままWiFiフリースポットで頑張って電波を拾っていませんか?
まだまだ、高いからとか、使いこなせないからとか、勝手な想像でチャレンジしていない人が多いようです。実際には便利でしかないsimフリースマホなのでぜひ、この機会にいろいろな使い道や賢いプラン選びを行えるように、今回ここでは、いろいろな情報を紹介していきます。
 

2.simフリースマホとは、そもそもどんなスマホ?

images

2.1 どんなシステムで使うの?

そもそも、皆さんは”simフリースマホ”の意味を知っていますか?simフリーはsimカードを自由に入れ替えできる状態のことを指していますので、simフリースマホは、”simカードを自由に入れ替えできるスマホ”ということになります。
つまりdocomoやau、Softbankなどの大手キャリア会社のsimカードはもちろんのこと、MVNO(dcomoなどの回線の一部を借りて安いサービスを提供する会社)が販売している格安simも合わせて使えるスマホ機能です。simフリーにするとキャリアのような高い通信料金を払う必要がなくなるので、より安いデータ通信プラン・通話プランを選べることが可能になることで現在注目されているのです。
今までは、”simロック”と言って、simフリーとは逆の状態でsimカードを自由に入れ替えができないスマホが一般的だったが、最近このようなスマホが発売されるようになってきたということで、海外では当たり前のように以前からsimフリースマホが販売されていたのですが、ようやく日本でもはじまったということになります。

2.2 格安スマホとは意味が違う!?それとも一緒!?

simフリースマホとは別に、最近では”格安スマホ”という名前もよく耳にするかと思いますが、これは”販売価格が格安なスマホ”を指しているのではなく格安sim”が利用されているスマホのことをさしています。
そのため、simフリースマホと格安スマホは同じ意味ではありません。しかし、simフリースマホで、格安simを使って運用するのであれば、そのsimフリースマホは格安スマホという言い方をしても良いのかもしれません。
もともと、格安スマホは料金を安くするので大体の場合携帯料金も安いスマホを購入するのでiphoneのように高いsimフリースマホの場合には格安スマホとはあまり呼びません。

2.3 白ロム、赤ロムも関係してるの?

スマホについて調べるとよく出てくるワード白ロム”と”赤ロム”についても知っておく必要があります。

①白ロムとは
白ロムとは一般にsimカードが入っておらず、契約情報が何も記録されていない端末のことをいいます。白ロムはsimフリースマホではなく、端末を購入したキャリアと通信系統が同じMVNOであればそのまま格安simを利用することができることを意味しています。
白ロムの端末はキャリアなどの販売店で取り扱われていないのも特徴で、中古ショップやネットでのみ購入できるタイプの携帯です。
②赤ロムとは
赤ロムは、白ロム端末における料金未払いや故障・紛失などの理由から、キャリアによって利用を停止させられているものを指しており、基本的には使える携帯ではなく、使えない携帯です。この場合は利用を停止されているので格安simも当然使えません
中古のスマホ端末をお探しの場合はスマホが白ロムであることをきちんと確認することが大事で、赤ロム自体を売っているのであればそこは怪しい店なので気をつけましょう。特に海外などは、窃盗したものを売りつけたりする場合もあるので注意が必要です。

 

3.simフリースマホのメリットとデメリットを知ろう!

6ce782e91586ee7d7a0441fe239e787e_m

3.1 まずはsimフリースマホのメリットから

simフリースマホのメリットをあげてみると、まずはsimカードを自由に入れ替えできることで海外で利用できたり、契約する会社をその都度、都合よく変えることができるという所です。自分が普段使う機能やデータ通信量などを考慮して格安simを選べるためとても便利でしょう。日本にくる外人さんが自分の携帯で日本でもsimを入れ替えて使いこなしてるのはこのためです。以下に簡単にsimフリースマホのメリットをあげます。

①自由に入れ替え
simフリースマホは基本的にどの会社とも契約でき、自分の使用用途に合ったプランで契約すれば、通信料金はキャリアで契約していたときより大幅に節約できる。
②海外でも利用可能
海外旅行や出張のときに、現地でプリペイド型のsimを購入してしまえば、すぐにそのまま利用でき、新たに端末をレンタルする必要やWiFiだけの使用などにならず、自由に仲間や会社の人と連絡を取り合ったり、スマホを使うことができます。
③料金が幅広く、自分にぴったりのプランを
高いものでは3、4万円するものもあり、スペックによって当然価格は変わりますが、安いものでは1万円台で購入できる端末もいっぱいあり、自分の予算に応じてsimフリースマホを手に入れることができます。
④MVNOなら格安simとセット購入
格安simとセット購入をすれば、購入手続きが減りますし、いろいろな特典割引を受けることができます。

3.2 デメリットがあることも忘れずに

simフリースマホは便利な反面もちろん、ちょっとしたデメリットもあります。simフリースマホを利用すること自体のデメリットはほとんどありませんが、simフリースマホを購入後に、どこのMVNOなどと契約するかによって使いやすさは当然変わってきたり、いろいろ迷ってしまう可能性があります。
多くの方が格安simを利用してスマホ料金を安く抑えたいと思うと思いますが、格安simの特性や仕組みをちゃんと理解しないと、大手のキャリア会社のスマホを契約していた時の方が楽チンだったと思う場合もでてきてしまいます。
①使えないサービスもあるかも
メールアドレスやWi-Fiなど、端末と通信会社の組み合わせが合わないと使えないサービスが出てきてしまうかもしれません。格安simの仕組みやどんなサービスが使えるのかを購入前によく勉強しておきましょう。面倒くさい人はMVNOのセット購入にしてしまえば、サービスはちょんと使えます。

②初期費用が多少かかる
キャリアで契約する場合は割引などで最初から実質無料になっているプランなどを利用できます。そのため、simフリースマホなどでプランがない場合などは少し初期費用がかかってしまう場合があります。
しかし、長い目で見れば月々の使用料金でグッと下がりますのでお得にはなります。

3.3 どっちを選ぶかを決めるのは使いやすさ?お金?

simフリースマホにする理由を、使い易さにするか、お金にするかをよーく考えた上で、機種変更を考えましょう。どちらにするかによって、機種やsimを選ぶことになりますので、まずは何が目的でsimフリースマホにするのかをよーく考えましょう。場合によっては、今まで通りキャリア携帯の方が安くなってしまいます。
 

4.格安スマホの仕組みを理解していますか?

hand-1148981_960_720

4.1 まずは格安スマホと格安simを知る

現在は、携帯代金を抑えたり、携帯なんかに依存しない人も増えており、格安スマホという文化がかなり浸透してきています。聞いたことはあるけど、どんな形態なのか、ど詳しく知らない人も多いので、ここで、まずは格安スマホについて以下にまとめましたのでしっかり理解しましょう。
①MVNOとは
格安スマホとは、docomoやauの回線の一部を借りてより安い料金で携帯を使うサービスのことをいいます。この一部の回線を提供している会社を「MVNO」と呼び、この回線を使って電話や携帯を使うスマホを”格安スマホ”といいますまた格安simを入れていれば、simフリースマホでも格安スマホと呼ばれます。
②格安simと格安スマホの違い
格安スマホという言葉と一緒に、格安simという言葉もよく耳にするかと思いますが、これはMVNOの会社が提供しているsimカードであり、データ料金がキャリア会社と比べても安くなったり、通話料金が別扱いとなっているsimです。

4.2 月額いくらくらいまで安くなる?

現在、格安simの種類はなんと500社を超えており、それぞれの会社が独自で販売しているので、料金プランもsimの数だけ存在することになります。自分にあったプランのsimを購入すればいいわけですが、組み合わせは携帯の種類もいろいろあるので無数にあり選ぶのに四苦八苦するので慣れないうちはまずはMVNOのセットプランがオススメです。
料金体系は、会社によって500円くらいからもありますが、大体平均的に月々2000円〜3000円くらいが一般的です。なかなか、これ以上の料金体系を選ぶことはあまりなく、そもそも格安スマホなので5000円を超えるようなことにはならないでしょう。

4.3 1GBでどこまでできる

格安スマホが実際どこまで安く、どこまでデータ通信量が少ないものがあるかというと、最小で1GBの格安スマホが存在します。実際にこの1GBだとどこまでの行動が行えるのかを少し見ていきましょう。ぜひ、使用量の選択に役立ててください。
Wifiは必要かも
1GBのプランを選ぶ場合に一番気をつけないといけないのがWi-Fi環境です。結局のところ最近はパソコンなどもみなさん持っているので当然インターネット環境を家庭に整備しているはずです。そのネット環境が、Wi-Fi環境であることが1GB(ギガバイト)の格安スマホにはほぼ必須となってきます。
例えば、アプリを沢山入れようと試みて、ダウンロードやアップデートだけで月に100MB、多い人なら500MBくらいデータを使用する事がありますが、全てWi-Fi環境に任せてしまえば、その分は節約することができます。家庭になくても、会社やカフェなどでWi-Fi環境があり、その場所で節約することも可能なので賢く節約しましょう。
②サイト閲覧やメールは?
例えば、インターネットのサイト閲覧だと1つのページがだいたい300KBとくらいあったりするので、1GBだと3000〜3500回くらい閲覧することが可能になり、まあ、十分な容量でしょう。メール機能だと、文章量にもよりますが、多くても1000文字、少なければ100文字くらいなので、1通5KBくらいなので200,000通くらいは受信することができます。
画像添付や容量が少し重いHTML形式のメールの場合も考慮しても3000〜4000通は受信可能です。普段からこれくらい程度の使用量しかないのであれば、Wi-Fi環境があれば、十分に1GBでもやっていけますし、大容量の場合にもWifi環境で送受信するようにすれば問題ありません。
③アプリやLINEは?
アプリであれば、LineやTwitterですが、どちらも10,000回くらいの送信、スタンプ、ツイートをすることができます。ただし、画像を頻繁にアップするのであれば、その10分の1くらいで1000回くらいになりますが、その場合には家庭などのWi-Fi環境で行えば良いでしょう。
会社の行き帰りにネットをずっと見て、メールやTwitterを毎日チェックしてても、1GBを超えないくらいですむ計算になります。
④苦しいなら少し増やす!
正直言って、今まで制限せずに使っていた人には格安スマホにした後のこの制限生活は結構苦しいです。ですので、できれば最低でも2GB、できれば3GBあれば、文句なく余裕で使いこなせるでしょう。
まずは自分が現在のスマホでどれだけデータを使っていたかを明細やアカウント情報で確認して見ると良いでしょう。多少の違いであれば、Wi-Fi環境で重い作業を行うように徹底すれば、1GBの格安SIMでも十分にやっていくことは可能だと思います。
 

5.simフリースマホなら格安スマホがお得!

iPhoneでの格安SIMの使い方は?

5.1 会社選びは自由が一番!

今までは携帯っていうと、大手キャリア会社が基本でしたね。キャリア会社とはNTTdocomo、au、SoftBank、そしてイーモバイルの4社になります。主にはそのうちのNTTdocomo、au、SoftBankの3社のことを指しています。つまり、キャリア会社だと多くても、選択肢が4社になってしまいほとんど選択の幅はありません。
一方で、格安スマホ、格安simの会社の数は先ほども述べたとおり、日々増えており、組み合わせを自由にしてしまえば、無数に存在します。また、変えたいタイミングで変えれるのも大きなメリットです。

5.2 2年縛りはもう忘れて!

みんなが、大嫌いなキャリア会社特有の2年縛りがありません。データ通信は1ヶ月で、音声通話は半年だと言われており、変えたくなったらすぐに変えれのは大きなメリットです。それぞれの会社ごとにいろいろなプランがあるのですぐに変えたくなる方はそこに重点を置いて、会社やプランを選んでみましょう。

5.3 料金が全然お得になっちゃう

最も大きな違いが、料金です!普通に三大キャリアdocomo、au、softbankで契約していた時代だと、平均的にスマホ料金は8000円くらいだと言われていますが、格安スマホに代えると平均だいたい月々3000円程度に節約することができます。
つまり、今までと比べると月々5000円程度も節約できることになり、年間では60,000円程度の節約効果を生み出します。もしも、格安スマホの値段を1000円にできるのであれば80000円以上の節約も可能です。

5.4 そもそも電話はする方、しない方?

特に、一番メリットがあるのが、電話をあまりしない人なんです。カケホーダイを今までつける必要がないくらい電話をしない人は格安スマホにするのが向いています。
逆に電話を1ヶ月に1時間以上する人は、月額料金が高くなる場合もありますので注意が必要になってきます。その場合は、対処方法として電話専用としてガラケーを一個用意する手段もあります。

5.5 イライラしないためのスピードは?

意外と知られていないことですが、格安スマホとキャリア会社の通信速度を比較してみると意外にも最大速度については大差がないんです。エリアについても変わりはありません。ところが、格安スマホにすると通信速度が遅く感じることが多いんです。
なぜかというとdocomoやauの電波の一部を借りているからであり、使っている電波を少しだけMVNOに配っているので、どうしてもMVNOでは通信速度が遅くなります。それでも体感でいっても、めちゃくちゃ遅くなるというわけではなく、普段使う分には問題ないレベルの通信速度です。
 

6.simフリースマホならこのMVNOのおいしいsimプランで!

Priori3 LTE

6.1 FREETEL

FREETELは使ったデータ量に応じた月額料金が変わるプランがあり、通信速度はかなり悪くつながりにくいと評判はあまりよくありません。また、バースト転送もなく、200kbpsの低速モードは無制限に使うことができますが、実際に出る低速モードの速度は100kbps〜120kbpsくらいなので、低速モードの質はかなり悪く、あまりオススメできない格安simですので選ぶさには気をつけましょう。
ただし、FREETEL自体の格安スマホは日々進化しており、性能も良いので、今後simも進化することが想像できますのでもう少し待ってみるのもいい手かもしれません。

6.2 イオンモバイル

イオンって聞いただけで安そうなイメージがありますが、そのとおり月額料金が安く通信速度も比較的速めです。ただし、あまり携帯に慣れていない会社なのでサポート体制に若干の不安があると言われているところが心配なところです。
最近Webサイトを大幅リニューアルしており、評価が少しずつ上昇中なので期待はされている会社です。3日間で366MBのデータ制限並びにバースト転送がついているので他社と比べても見劣りはしません。

6.3 DMMmobile

DMM mobileの格安simの月額料金は業界最安値だと言われており、かつプランも20GBまで豊富にあるのが特徴です。バースト転送があるのでデータ容量を使い切った時も安心ですね。200kbpsの低速モードはエキサイトモバイル同様に3日間で366MBまで使うことができます。実際に出る通信速度も他の格安simよりも比較的速いので嬉しいところです。

6.4 エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になっており、200kbpsの低速モードにしておけば、データ消費なしで使うことができる優れものです。
3日間で366MBのデータ制限があることと、バースト転送がついていることも安心して使えるポイントですね。

6.5 楽天モバイル

通信速度は200kbpsで低速ですが、データ量は無制限で、通信速度にこだわらず大容量のデータ量を使いたい方にピッタリのベーシックプランがあります。LINEなどSMS認証が不要なゲームやWEBブラウジングなどデータ通信が中心なハードユーザー方にはオススメの会社です。
 

7.simフリースマホならこの携帯!

56

7.1 iphone

simフリースマホでまず外せないのがiPhoneシリーズです。iPhoneシリーズは3大キャリアでも販売されているので、どのMNO・MVNOにも対応するのは大きな強みです。
iPhoneは、高スペックスマホであり、1200万画素のカメラは4Kビデオにも対応しており、スマホの反応の良さはゲームでも最適です。Appleのスマホは高性能なぶん値段も高いので一番気にすべきとこはお値段といったところでしょうか。

7.2 FREETEL REI

simフリースマホのメーカーとして有名なプラスワン・マーケティングによって運営されているFREETELですが、最近ではどんどん使用者も増え人気になりつつあります。FREETELは、格安simの販売もしているので、端末とsimカードと一緒に購入できるのも大きな魅力です。
特にFREETELは”最も薄く・最も軽く・最も美しい”スマホとしてFREETEL REIが注目を集めています。この機種は端末代金は3万円台で購入できます。simフリースマホを選ぶうえでやっぱり安いことはとっても大事という方にオススメなのがPriori3S LTEです。
超長持ちバッテリー、5インチの画面サイズはシンプルに使いやすさを追求されています。画面は5点タッチまで対応しているのでとても使いやすいです。ゲームもやり易いのも良いところです。価格も2万円を切るので、節約したい人にオススメです。

7.3 arrows 富士通

富士通のarrowsは、国産で安定したスペックの高さを誇っており、とてもオススメです。arrowsのM02は、”MM総研大賞”で最優秀賞を受賞するほどの能力をもっています。最近では、arrows M02に続いてarrows M03も発売され、防水・防塵や耐衝撃にも優れているのでハード面でもこだわりがあります。
また、バッテリーも2580mAhバッテリーで大容量で動画閲覧をしていても充電切れはかなり少ないと考えられています。省電力モードも活用すれば3日も充電が持ち、日本のメーカーが作っている端末なのでワンセグやお財布ケータイなど機能面でも充実しています。
防水・防塵・耐衝撃までついた高スペックなスマホです。一方、arrows M02はひとつ前の機種ですが、simフリースマホの中でも大人気だったモデルで、ワンセグやお財布ケータイにも対応しています。

7.4 ASUS ZenFone

ASUS ZenFoneは、台湾のメーカーです。ASUSはコンピューターなどに強みを持っている会社なのでスマホのクオリティも折り紙付きです。ZenFoneシリーズは高いスペックもさることながら、台湾ならではの販売価格の安さが注目です。新しいZenFone GOなども、2万円台で購入でき、さらにコストパフォーマンスが素晴らしいです。
ZenFone GOは、使いやすくて、サクサク快適に使えるスマホで、5.5インチスマホの中では最安値のスマホで非常に人気があります。背面カメラは800万画素、プラットフォームはAndroid 5.1とスペックは決して高くはありませんが、日常的に利用する上での不便はありません。
一方、ZenFone MAXは、超大型バッテリーを搭載したスマホで、連続待受時間は驚異の38日間で、モバイルバッテリー代わりに他の端末を充電できるリバースチャージを搭載する珍しい端末で、充電に特化するならオススメな携帯です。

8.まとめ

lgf01a201408122000
simフリースマホについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
最近、急速にsimフリーという言葉を耳にしてきたのも、そもそもiphoneのsimフリー版が発売されたことから広まりはじめています。もともと海外ではほとんどの国 simフリースマホを使っています。日本より文化的に遅れている東南アジアの国々でもどこでも使われており、彼らは海外旅行に行った場合にはその国のプリペイドsimを空港で買って、すぐにスマホで旅行先を調べたり、乗り物の乗り方や料金を調べるなど、とても便利に行動をします。
一方、日本人はどうでしょうか?多くの人はスマホをほとんど使わずガイドブックで動いたり、 WiFiのフリースポットに行き、ネットを使うだけで、電話をしたりはしていないでしょう。これってとても不便だし、カッコ悪いですよね。
できることならどこに行っても、自分のスマホで行動したいはずです。それを叶えれてくれるのが、今回紹介した、simフリースマホです。しかも、格安simを入れてしまえば、料金だって安くできるし、変えたくなったら、いつでもsimを変えてしまえばいい。これからの時代は自由に生きる時代です。
ぜひ、今回紹介したいろいろなsimフリースマホに対する情報を参考にして、自分にとってもっとも自由にリーズナブルなスマホライフを送ってみてください。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.