iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

クーリングオフ希望?【新事実】スマモバの評判や通信速度を紹介

投稿日:

無制限プランという魅力的な言葉から、スマモバを契約、または契約を考えている方も多いのではないでしょうか?格安SIMに加えて「ポケットWi-Fi端末」がセットで売られているのも魅力に感じるかもしれません。
しかし、ちょっとネットで調べてみたら批判や不満が溢れかえっていたなんてことはありませんか?その逆で、なかにはスマモバに高評価をしている方もいます。実際はどうなのでしょうか。スマモバは使えるたのか、使えないのか。
スマモバの新事実を知ることで、それらの不安は解消されます。スマモバのホームページをくまなく見ている方ならわかると思いますが、改善策が用意されているのです。

この記事では、これからスマモバを契約する方、またはすでに契約してしまったが解約を考えているという方に、それぞれに適した解決策をご紹介します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

  1. 酷評?スマモバ利用者の評判
    1.1 スマモバの通信速度に不満が爆発!
    1.2 解約時にかかる料金にも不満が?
    1.3 スマモバのサポート体制が悪い?
  2. スマモバの基本情報
    2.1 スマモバの初期手数料と端末代について
    2.2 スマモバの月々の利用料
    2.3 スマモバ7つのプランを紹介
  3. スマモバの魅力と注意するべき点
    3.1 スマモバのここが魅力!
    3.2 スマモバのここには注意点が必要?
  4. 速度制限がひどい?最新の通信速度事情
    4.1 スマモバが批判を受けた理由
    4.2 3日で3GBは改善された?
  5. スマモバ「ポケットWiFi」と「WiMAX」の比較
    5.1 通信速度が早いのはどっち?
    5.2 とても重要な通信制限について
    5.3 お安く利用できるのは?料金の比較
  6. それでもクーリングオフがしたい方へ
    6.1 初期契約解除制度が利用できる
    6.2 スマモバの解約手順
  7. まとめ

 

酷評?スマモバ利用者の評判

tsuru_syouganaina-_TP_V

1.1 スマモバの通信速度に不満が爆発!

ネット上では、スマモバの利用者から多くの不満の声があがっています。その中でも、1番の原因となっているのが通信速度に関する問題です。契約したその日に関しては、そこまで不便を感じなかった人でも、数日後にはウェブサイトの閲覧すらままらない通信速度になると不満があがっています。それもそのはず、スマモバでは通信量が3日で3GBを超えると極端に規制がかけられるのです。
上り下りともに200kbps以下になるため、ウェブサイトの閲覧すら困難となるのです。動画の視聴やアプリのダウンロードにいたっては、いつまでもロード中といった具合で、一向に進みません。いくら「LTE使いたい放題プラン」だとしても、速度が遅ければ意味がありません。さらに、この速度制限が解除されるには、3日間で3GB以下の利用量に抑えなければいけません。
つまりは、スマモバを常に快適に使用するためには、1日1GBずつしか使用できないということです。丸一日いっさい使用しないということであれば、まとめて2G、3Gと使用することもできますが、全く使用しないという日があること自体珍しいかと思います。そこで、使い放題と言われて契約した方たちが騙されたという声を上げているのが現状です。

1.2 解約時にかかる料金にも不満が?

上記のような不満があるため、解約を考える方も多いのですが、ここでも問題があります。スマモバでは契約から2年経過していない場合、9,800円の違約金が発生します。これは、どこのキャリアと契約してもよくある話ではあります。しかし、スマモバを契約した際に3年間の分割でスマホを合わせて購入していた場合、スマホ代の残金も一緒に請求されることになります。
また、スマモバでは月の途中で解約した場合でもあっても、日割り計算での対応をしておりません。さらに、スマモバを解約した場合は、SIMの返却も行わなくてはいけません。紛失してしまい返却ができないといった場合は、別途3,000円もかかってきますのでご注意ください。
これらのすべての違約金がかかるとなると金額も高額になってきます。特に1年も経過しない状態で解約すると、残りのスマホ代を支払うことになるので、それだけで数万円はかかってきます。それが理由となり、解約したいのに出来ないという状況になってしまい不満が出てきているようです。

1.3 スマモバのサポート体制が悪い?

これらの元々の要因となるものとして、販売員の説明不足が挙げられます。聞いていた話と違うなど、購入し実際に使用してみたら思っていたものとはかけ離れていたというのが問題になっています。格安で買えるということは、それなりの理由があるということを忘れずに、事前にある程度の知識を持っておく必要があると言えます。現に不満の声を上げている方の中には、もともと購入する予定はなかったが、お店で販売員の話を聞いていたら購入してしまったといういう人も多いです。
また、スマモバを解約するには「カスタマーサポートセンター」へ連絡するか、公式ホームページの「チャット問い合わせ」から連絡をとる必要があります。しかし、ここで連絡を取ること自体が困難になっているのです。連絡をしても全くつながらず、解約ができないということで不満の声が上がるのも仕方がありません。
おそらく、同じようなことが原因となり多くの方が一斉に連絡をしているためだと考えられますが、それにしても解約のための電話がつながらないというのは困ります。その間も料金はかかってしまいますので、早急に対処してほしい問題でもあります。

スマモバの基本情報

UNI15042505IMG_1752_TP_V

2.1 スマモバの初期費用と端末代について

不満の多いスマモバですが、ここで一度スマモバの基本情報についてご紹介します。まず始めに、スマモバを契約する際にかかる初期費用についてですが、主にかかる費用としては「SIM登録事務手数料」の3,000円になります。他の格安SIMであっても契約時には、この料金が取られますので、この点はスマモバでも変わりありません。
また、Wi-Fiルータセット限定にはなりますが、キャンペーンとして2016年12月7日〜2017年2月28日の間にスマモバを契約すると、この「SIM登録事務手数料」が無料となっています。もともと格安のためさらにお得となるこのキャンペーンを逃すのはもったいないので、機会があった方はぜひ検討してみてください。
端末代につきましては、1,500円から月々割の1,000円を引いた500円がかかることになります。分割払いを選んだ場合の割引になりますので、一括払いを選んだ場合は適用されません。分割払いは、36回払いで3年間の支払いとなりますので、支払いの期間としては長めに設定されています。
また、端末を一括で購入したい場合は、初めに分割ばらいを選択すると、途中で一括払いに変更することはできませんのでご注意ください。

2.2 スマモバの月々の利用料

スマモバの月額料金は、SIMの種類とプランによって違いが出てきます。SIMには「音声SIM」と「データSIM」の2種類があります。音声SIMだと、通話やSMSの送受信ができますので、プレミアムプランやナイトプランなどだと料金が少し高く設定されています。
「LTE使い放題プラン」の場合だと、音声、データSIMともに3,480円で利用することができます。加えて、先ほどお伝えした端末代金の500円がかかることになりますので合計で3,980円から利用ができます。SIMと一緒に分割でスマホを購入している場合は、その費用も月々かかってきますので、金額はさらに上がることになります。
また、音声SIMを利用する場合は、通話料金が「20円/30秒」と、SMS送信時に「3円/通」かかることになります。SMSの受信時は無料です。お得に通話を利用できるオプションとして、「スマートコール」があります。こちらは無料で利用でき、ダウンロードすると起動しなくとも通話料が20%安く利用することができるアプリになります。つまり、「16円/30秒」で利用することができますので、普通に利用するよりもお得になりますので、音声SIMを選んだ方は確実にダウンロードをしておきましょう。

2.3 スマモバ7つのプランを紹介

スマモバでは現在、7つのプランが用意されています。ご自身がどのように使用したいのかに合わせて選択することができるだけの数が用意されていますので、ぜひ探してみてください。以下の7つがスマモバで選べるプランになります。

  • LTE使い放題プラン
  • プレミアムプラン
  • ナイトプラン
  • 25GBプラン
  • 5GBプラン
  • 1GBプラン
  • シンプルバリュープラン

スマモバの中でも得に知名度が高いものとして、「LTE使い放題プラン」があります。NTTドコモの回線を使用して、高速通信が無制限でできるといったプランです。ただし、このプランが冒頭でお伝えした不満となっている原因のプランとも言えますので、利用する際はしっかりと考えてから選択してください。他にも「プレミアムプラン」や「ナイトプラン」といった、使用する時間帯によって使い放題となるプランです。プレミアムプランでは深夜1時〜17時、ナイトプランでは深夜1時〜朝9時まで高速通信が使い放題となります。
また、何GBという制限のあるプランもあります。中でも新しく登場した25GBプランの「スマートリッチ25」では、これまでの不満が解消されるようになっています。これについては後ほど詳しくご説明します。
特に人気のプランとしては5GBプランがあります。適度な容量がありますので、バランスよく普段使いをしている方にピッタリのプランとなっています。さらに少ない容量でもいいという方には、1GBプランもあります。さらにこの1GBプランでは「スマートチャージ」というものがあり、今月はもう少し容量が欲しいといった場合など、追加で料金を支払うこと1GB、2GB、4GBから選択し、容量を増やすことができます。
最後に「シンプルバリュープラン」ですが、こちらは電話やメール、LINEといったものがメインで使用する方向けのプランとなります。お子様やご年配の方におすすめの格安プランとなっています。ちなみに、こちらのプランではSIM単体ではなく、スマホや二つ折りの携帯とセットになっています。

スマモバの魅力と注意するべき点

IMARIC20160805210023_TP_V

3.1 スマモバのここが魅力!

スマモバにも利用する魅力というものがありますので、そちらをご紹介したいと思います。まず1つ目の魅力としては、ドコモのLTE高速回線を利用しているため、高品質で広いエリアがカバーされています。そのため場所を選ばずに利用することができるということが1つの魅力となっています。ドコモの電波が届く範囲であれば、問題なく使用できますので、ほとんど通信で困るなんてことはありません。
2つ目としては、プランが豊富ということが言えます。先ほど紹介した、7つのプランがありますので、自分のライフスタイルに合わせて選択することができます。基本的に利用している時間帯などは、会社員の方と主婦の方、学生なんかでも違ってくるかと思います。また、小さなお子様にはバリュープランでメールだけでも使えるようにしておくなど、それぞれにあったプランを探して選ぶことができるのは魅力になります。
3つ目となるのは、使い放題のプランがあることです。速度制限により不満の声も多くありますが、1日に使用するデータ量が少ない方は、特にストレスもなく、本当に使い放題で利用することができます。LTE回線を使い放題にできるというのはとても魅力になります。また、動画の視聴もゲームもしないという方や、主に利用する目的がLINEを使った連絡のみといった方には月額料金も抑えられてお得なプランになります。使い放題でこの値段は格安SIMだからこそなのでおすすめです。

3.2 スマモバのここには注意点が必要?

では、逆にスマモバを利用する上で注意する点についてもご紹介します。1つ目は、冒頭から何度も申し上げていますが、速度制限がかかると使い物にならないということです。3日で3GBなど、これまで他のキャリアのものを使用していた場合は、事前に自分が1日にどれくらいのデータ量を使用しているのかを把握しておく必要があります。1日に2GB、3GBなど使用していた場合は、スマモバに変更した際には相当不満が出てくるかと思いますので、注意が必要です。
2つ目は、MNP転出手数料が高いということです。他のMVNOなどでは、3,000円というのが一般的ですが、スマモバでは5,000円かかります。2,000円も高くなりますので、安易に変更すると必要以上に料金が取られることとなりますので、契約前にしっかりと確認しておきましょう。
3つ目は、解約しづらいという点です。通常は2年契約となっていますが、端末を分割で購入していた場合に注意が必要になってきます。2年契約に対して、端末の分割は3年間の支払いになっています。つまり契約から2年経ち、解約しようとすると端末の残金がかかるようになります。さらに、2年経たずに解約をしようとすると解約事務手数料として9,800円に端末代がかかるようになります。さらにMNPの手数料もかかるとなると、解約するために必要な金額が膨れ上がっていきます。こちらも契約前にしっかりと考えておく必要があります。

速度制限がひどい?最新の通信速度事情

yuka0I9A1561_9_TP_V

4.1 スマモバが批判を受けた理由

スマモバがここまで批判を受けてきた理由というのが、なんとなくはご理解いただけましたでしょうか。使い放題と言いながらも、速度制限によって全く使い物にならないというのが1番の原因として、解約時にかかる費用なども人によっては高額となり問題となっています。また、契約時に販売員から適切な説明を受けていない、契約後のサポートが悪いなど、様々な要因があります。
そのため、契約後に騙されたという声をネット上にあげる方が後を絶ちませんでした。しかし、このような批判が多い中で、スマモバがいつまでもそれらを放置している訳がありません。数多くある不満の中でも1番の原因になっている速度制限に配慮したプランがすでに出てきています。これにより、これまで3日で3GBによって苦しめられてきたユーザーも、スマモバであっても快適に利用することができるようになりました。

4.2 3日で3GBは改善された?

速度制限の不満を改善するプランとして登場したのが、「スマートリッチ25」というプランです。データSIM限定になりますが、SIMカード単体であれば月額3,480円で25GBまで使いたい放題になっています。WiFi端末とのセットであれば月額3,980円での利用となります。
スマートリッチ25では、ひと月に25GBを使い切らない限り、LTEの高速通信が使い放題になっています。25GBを超えなければ速度制限がかかることがないというのが1番のウリになっているプランでもあります。極端なはなし、1日で10GB、20GB使用しても大丈夫ということです。
これにより、これまで速度制限がすぐにかかり不満があった方であっても、満足のいく使い方ができるようになります。動画の視聴やゲームアプリ、SNSなどを頻繁に利用する方であっても、ストレスなく使用することができます。これまでのスマモバの1番の不満要素が、これにより改善されています。
ただし、25GBを使い切ると月末まで他のプランと同じく、通信速度が200kbps以下に制限されるようになっています。また、明確に何GBと公表はしておりませんが、25GBを使いきっていなかったとしても動画視聴やアプリダウンロードを一定期間に過剰におこなうと帯域制限がかかる場合もありますのでご注意ください。これについては、安定した通信を提供するためには必要となりますので仕方がありません。

スマモバ「ポケットWiFi」と「WiMAX2+」の比較

SAYA160312170I9A3708_TP_V

5.1 通信速度が早いのはどっち?

スマモバがこれまでとは違い、使い勝手良いものとなったということはご説明しました。次に、それを踏まえた上で、そもそもスマモバのポケットWiFiを利用するのと、ポケットWiFiの中でも人気のあるWiMAX2+を利用するのとでは、どちらが良いのかを比較していきたいと思います。
まずは気になる通信速度についてですが、スマモバの場合は一応公式の下り最速は225Mbpsとなっていますが、実際にはそこまでは出ません。良くて10Mbpsほどです。しかし、これだけの速度があればネットサーフィンなどをする分には何も問題はありません。さらに、ドコモの回線を利用していますのでカバーされているエリアは広く、どこにいても繋がりやすいというのは利点になります。
WiMAX2+の場合は、利用するエリアによって異なり、440Mbps、370Mbps、220Mbpsと下りの最速は異なってきます。また、外で使用する分には問題はありませんが、室内での繋がりにくさというのがあります。通信速度に関しても、スマモバと同じく、WiMAX2+も実際はここまでの速度は出ません。どちらかといえば、通信速度だけであればWiMAX2+の方が早いですが、繋がりやすさであればスマモバということになります。

5.2 とても重要な通信制限について

どちらのサービスも速度制限はあります。スマモバを利用している場合は、先ほど紹介した「スマートリッチ25」のプランを選ぶことで、ある程度は制限を回避できるかと思いますが、一定容量以上を連続で利用した場合には制限がかけれますので、1日に10GBも使用した場合、制限の対象となる可能性があります。多くても、5GBを目安に利用しておくのが安全です。
また、LTE使い放題プランを選んだ場合は、先ほども言ったとおり3日3GBなので少し使いすぎるとすぐに速度制限がかかってしまいます。ポケットWiFiを主に利用したい方にとってはこの制限は正直厳しいものがありますので、スマートリッチ25を選ぶことをおすすめします。
WiMAX2+の場合は、明確に決まりがあり、3日間で10GB以上を利用すると速度制限がかかります。そのため、1日で使える容量としては3GB程度となります。どちらにしても使いすぎは速度制限の対象となりますので、使い放題であっても、ある程度注意しながら使用しなければいけません。
速度制限がかかると、どちらも普通にウェブページを閲覧することすら困難となります。そうなってはWiFiがあっても意味はありませんので、計画的に利用していく必要があります。

5.3 お安く利用できるのは?料金の比較

最後にスマモバとWiMAX2+の料金を比較していきます。まず始めに、スマモバですが「スマートリッチ25」や「LTE使い放題」のプランを選んだ場合の料金は、3,980円になります。これには、端末代の500円も加えての料金ではありますが、格安だけあって安く利用することができます。
では、WiMAX2+の場合でみると、通常の利用金は4,380円となっていますが、契約から3カ月限定で3,696円で利用することができます。この3カ月間だけを見るとWiMAX2+の方が安くはなっていますが、長く利用することを考えると断然スマモバの方がお得です。スマモバは端末代を除けば3,480円とWiMAX2+の通常利用料よりも1,000円近く安い料金で利用することができます。
両者の特徴をまとめると、スマモバの場合、WiMAX2+よりも繋がりやすさの面で優れていますが、プランによっては速度制限が及ぼす影響が強くなります。WiMAX2+の場合は速度制限に関しては、そこまで気にする必要はありませんが、室内、室外とでは繋がりやすさに違いが出てきて場所を選びます。それに加えてスマモバよりも料金が高くなるので、わずかな差ではありますが、スマモバを利用した方が利点があると言えます。

それでもクーリングオフがしたい方へ

OOK97_syakuyousyowoyaburu20131223_TP_V

6.1 初期契約解除制度が利用できる

ここまで、お伝えした通り、スマモバは従来のものとは異なり、魅力的なプランも出てきています。このプランを選ぶことでもだいぶ不満要素は改善されるかと思います。しかし、それでも納得がいかず、やはり解約をしたいと考えている方には、いくつか条件はありますが「初期契約解除制度」の利用をおすすめします。
スマモバを契約してすぐに、契約時の説明と異なる点や、解約にかかる手数料などに納得がいかないという方も一定数はいるかと思います。そのような方は、クーリングオフではなく、「初期契約解除制度」が利用できないかを検討してみてください。クーリングオフと同じような法律となっており、最低8日で事業者がそれぞれ定めている期間内であれば解除できるといった法律になります。なので契約から8日以内に連絡をすれば、違約金などもかからず解約することができます。
ただし、スマモバで対象となるのはデータ専用プランのみとなっており、何の問題もなく利用できている状況で、単にいらなくなったから初期契約解除制度を利用し、違約金なしで解約しようとすることはできません。その場合は、通常の解約時にかかるお金を支払って解約することになります。あくまでも、契約時に聞いていた話と違う、カバーされているはずのエリアであっても利用することができないなど、それなりの理由がある場合のみになります。
契約から8日以内の方で上記のような状況の方は、一度カスタマーサービスセンターへ連絡を取り、初期契約解除制度が利用できないか聞いてみてください。できるだけ早いほうが余計な料金もかかることがないので、お早めに対処していただければと思います。

6.2 スマモバの解約手順

契約から8日以上経過しており、「初期契約解除制度」は使えず、違約金を支払ってでも解約をしたいという方もカスタマーサポートセンターへ連絡しましょう。また、他のキャリアやMVNOへ電話番号を引き継ぐために必要なMNP予約番号もその際に発行してもらう必要があります。
電話で解約を伝えた後、「返信用封筒」と「解約申込み書」が届きますので、必要事項を記載して返送しましょう。それと一緒にSIMカードも同封して返却する必要があります。SIMカードを紛失した場合は、別途3,000円がかかりますので、大切に保管しておいてください。
解約時にかかる料金を改めておさらいすると、2年以内の解約の場合は違約金として9,800円、MNP転出手数料として5,000円がかかります。仮に、月の途中で解約をしたとしても月末の解約扱いとなるため、日割りで計算してもらい少しでも料金を抑えるなどといったことはできません。さらに、端末代に加えてスマホを分割で購入している場合、36カ月の分割払いとなりますので残りの金額も支払う必要が出てきます。
契約から3年以上経過している場合は、MNP転出手数料くらいしか大きな金額はかかりませんので、できれば3年経過してからの解約がおすすめです。しかし、3年も待っていられないという方も多いかと思います。その場合は、違約金など諸々の料金を支払って解約するしかありません。

まとめ

YUKA862_mobile15185035_TP_V
スマモバはこれまで、ネット上では相当な批判を受けていましたが、「スマートリッチ25」など魅力的なプランが登場してきました。これまでのイメージを覆す可能性もありますので、今後格安SIMの利用を考えている方は、数あるうちのMVNOの中でも1つの選択肢としてスマモバが加わったのではないでしょうか。
また、今回比較対象としてWiMAX2+を挙げましたが、他のポケットWiFiと比べても、遜色なく利用することができます。ドコモのLTE高速回線を使用していることで、これまでポケットWiFiでは繋がりにくかったと思っている方には繋がりやすい快適なWiFiが利用できるので特におすすめです。
解約を検討している方も、契約したばかりという方は、まずは自分が「初期契約解除制度」の対象となるのかを確認してみてください。これは早ければ早いほど良いので、すぐにでも確認することをおすすめします。また、適用されなかったとしても、ご紹介した解約手順に沿っていただければ、問題なく新しいキャリアやMVNOへ乗り換えることができます。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.