iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他 機種変更

スマホのバックアップ方法の全てを完全解説!(iPhone/Android)

投稿日:

スマホの機種変更をする時に、古いスマホのデータをバックアップしてから新しいスマホに変更していますか?スマホのバックアップをしないで機種変更をしてしまい、後であわてて手作業で対応したり、連絡先やメールの送受信履歴がなくなってしまい、大事なデータを泣く泣く諦めたりした経験をした人も少なくないと思います。
同じキャリアでの機種変更の場合には、キャリアのクラウドサービスやSDカードを使うことで、データのバックアップ、復元は簡単に行えますが、MNPなどでキャリアを変更した場合にはバックアップと復元の方法に頭を悩ませることになります。
特にMNPをして旧契約を解除してしまった場合には、データを移行することを諦める人も少なくないと思います。
スマホデータのバックアップは、やり方さえ覚えてしまえば誰でも簡単に行うことができます。またバックアップのやり方も、複数の方法があります。
いろいろな場合を想定して、ケース別にスマホデータのバックアップと復元をする方法をご紹介します。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

スマホバックアップはなぜ必要?

image19
ガラケーの時代は、必要なデータは電話帳とメールの送受信履歴程度がバックアップと復元が必要なデータで、機種変更の時に携帯本体を携帯ショップに持ち込めば、比較的短時間でショップでデータ移行をしてもらうことができました。
またガラケーの場合はSDカードが標準装備でしたから、SDカードへのバックアップも簡単に行うことができました。
スマホの場合は、全くアプリを使わない人ならばガラケーと同様に、電話帳とメールの送受信履歴だけをバックアップ・復元すれば済みますが、そのようなスマホの使い方をしている人はまずいないでしょう。
スマホであれば、ネットを頻繁に使用しますし、アプリも複数ダウンロードして使っている人が大半と考えます。
更に、写真を撮り、音楽、アプリをダウンロードして使用している人も多いでしょう。それらのデータは指定しない限りスマホ本体に保存されているので、バックアップをせずに機種変更をして新しい端末に変えた場合は、今まで使っていた大切なデータが復元できずに泣きを見ることになります。
同じキャリア間の機種変更であれば、キャリアのクラウドに自動バックアップを設定するなどしてデータが残っていれば、機種変更後の新しい端末にデータを復元することができますが、MNPなどでキャリアを変えてしまうと、この方法は使えません。
スマホデータのバックアップは、

  1. キャリアが提供するクラウドサービスを使う方法
  2. SDカードを媒体として使う方法
  3. スマホのOSを使ってバックアップをする方法
  4. アプリを使ってバックアップする方法

の4種類の方法があります。
順を追ってこれらのバックアップとデータ復元の方法を見て行きましょう。

キャリアのクラウドサービスを使ったバックアップ

10
まず最初に、キャリアの変更をしない場合、同じキャリアで機種変更をする場合ですが、各キャリアが提供しているクラウドサービスを使ってバックアップを行い、クラウドからデータの復元を行うことができます。
ガラケー時代のデータお預かりサービスの発展形と思っていただければわかりやすいでしょう。

ドコモのクラウドサービス

ドコモの場合は「ドコモクラウド」と言うクラウドサービスが無料で利用できます。
ドコモクラウドを利用するためのアプリ「ドモクラウドアプリ」が提供されていますから、このアプリをダウンロードすることで、ドコモが提供するクラウド上にデータのバックアップを作成することができます。
クラウド上にバックアップできるデータの種類は、電話帳、メール、写真、スケジュールとメモ、その他のデータはデータ保管ボックスにバックアップできます。
ドコモクラウドの容量は、5GBまでは無料、容量の増量は、プラス10GBが月額100円、プラス25GB月額200円、プラス50GB月額400円です。
最大で55GBの容量になりますから、スマホ本体の容量が64GB以上のスマホ本体に目一杯データを保存した場合には有料オプションを最大限付けても不足することになります。
ドコモクラウド

auのクラウドサービス

auのクラウドサービスは「データお預かりサービス」と言う名称で提供されており、このサービスを利用するには「データお預かりアプリ」が必要になります。
Androidスマホでは大半のデータをバックアップできますが、iPhoneの場合は「アドレス帳」、「写真」、「動画」、「カレンダー」のみが対象になります。
クラウドの容量は、auスマートパス加入の場合は50GBまで無料、スマートパス非加入の場合は1GBまで無料、増量オプションは、スマートパス加入の場合に限り10GBごとに月額100円で増量ができます。
スマートパス加入者と非加入者とで大きな差がありますから、非加入者の場合はたったの1GBしか容量をもらえませんので、クラウドサービスを使うよりはSDカードやPCにバックアップを取った方が現実的です。
auデータお預かり

ソフトバンクのクラウドサービス

ソフトバンクの場合は「あんしんバックアップ」と言う名称でクラウドへのバックアップサービスを提供しており、バックアップの利用には専用アプリを使って簡単にデータのバックアップが行えます。
このサービスの場合に注意したいのは、Androidの場合は大半のデータがバックアップできることに対して、iPhoneの場合は電話帳データしかバックアップができないことです。
各キャリア共に、クラウドサービスを提供していますが、無料で使用する場合は容量が小さいことが難点です。
ソフトバンクあんしんバックアップ

SDカードでバックアップ

micro-sd
SDカードスロットのあるスマホの場合は、スマホ本体に挿してあるSDカードに必要なデータを保存してバックアップをすることができます。バックアップしたデータの入ったSDカードを機種変更後の新しいスマホのカードスロットに挿してデータを読み込むことで、データの復元をすることができます。
ガラケー時代のデータバックアップと同じような感覚でバックアップと復元をすることになります。
ただし、機種によってはスマホ本体にSDカードスロットがない機種があったり、SDカードの抜き差しが面倒な機種もありますから、先に述べたクラウドを使う方法やこれから述べるOSを使ったバックアップ・復元の方が手間もかからず、より簡単にできますので、SDカードによる方法はおすすめしません。
特にiPhoneユーザーの方の場合、iPhone本体にはSDカードスロットがありませんから物理的に不可能な方法となってしまいます。Androidでも一部の機種はSDカードスロットがない機種がありますから注意が必要です。
SDカードスロットのない機種では、SDカードリーダー/ライターを外部接続すれば、この方法も可能になりますが、わざわざ購入したり、本体とSDカードリーダーを接続したりの手間、時間、費用を考えると、より簡単な方法でバックアップと復元をした方がよいです。

Androidスマホのバックアップ

smartphone-623722_960_720
Androidスマホの場合はOSの標準機能を使ってバックアップをすることができます。この方法はAndroid OSによるバックアップですから、Google IDと関連付けされたデータがバックアップされ、それ以外のデータ(写真やGoogle IDと関連付けができないゲームデータなど)はバックアップができません。
OSを使ってバックアップができるデータは、Googleアカウントと同期したアプリのデータ、ブックマーク、各種の設定、WiFiパスワードで、機種変更後の新しいスマホで以前と同じGoogle IDを使ってスマホの設定をすることで、バックアップしたデータの復元ができます。
Androidスマホの場合は初期設定の時にGoogle ID、Googleアカウントの設定が必要になりますから、初期設定を済ませれば、その後はいつでもバックアップが可能な状態になります。
バックアップの方法は、「設定」メニューを開くと、「バックアップとリセット」のメニューがありますから、ここをタップして「データのバックアップ」を選択すればバックアップができます。
復元の場合は新しいスマホの初期設定で前と同じGoogleアカウントを設定することでバックアップしたデータの自動復元が実行されます。

iPhoneのバックアップ

iphone-1032779_640
iPhoneのデータバックアップの方法は二種類あります。iCloudを使う方法とiTunesを使う方法です。
iCloudでデータバックアップをする方法はWiFi接続ができる環境であればPCがなくとも可能です。iCloudの容量に制限があること、バックアップできるデータの種類も限られていることが難点ですが、簡単にバックアップができます。
一方iTunesを使ったデータバックアップの方法は、iCloudを使う方法と比較して、より多くの種類のデータバックアップができますが、PCとiPhoneとを接続して行いますからPCがあることが大前提になります。

iCloudを使うバックアップ

「設定」から「iCloud」を選択してApple IDでログイン、下部にバックアップが可能なデータの種類がアイコンと共に表示されますから、バックアップしたいデータの種類を「オン」にします。更に下にある「バックアップ」を「オン」にすればバックアップができます。
iCloudの容量は5GBの容量が無料で使えますが、5GBで足りない場合は、データを整理して5GBの容量以内に抑えるか、有料オプションでiCloudの容量を増加させるかのいずれかで対応する必要があります。
iCloudの容量増量は、50GBが月額130円、200GBが月額400円、1TBが月額1300円の3種類になります。
iCloudの容量を有料オプションで増加させれば便利なように思えますが、バックアップのためだけに有料オプションを購入するのはもったいないので、DropboxやGoogle driveなどの無料ストレージサービスを併用するか、バックアップ前に不要なデータを削除して5GB以内に抑えた方が賢明と考えます。
またiCloudでのバックアップにはiPhoneをWiFiに接続できる環境が必要ですから、自宅にWiFi環境がない場合には、公衆WiFiスポットを利用しましょう。
身近な公衆WiFiスポットと言うとコンビニを連想される方が多いと思いますが、ファストフードやカフェなどの飲食店で、お茶でも飲みながら落ち着いてバックアップ、復元をすることをお勧めします。バックアップはともかく復元にはそれなりの時間が必要になりますから、腰を据えて、落ち着いて作業できる環境が必要です。
カフェやファストフード店では店内で公衆WiFiを使う人は多いですから、こう言った場所なら人目を気にする必要もないですし、落ち着いてバックアップ作業を行うことができます。

iTunesを使うバックアップ

iTunesを使ったバックアップでは使用中のiPhone内のデータをPCにインストールしたiTunesを使ってバックアップと復元を行います。
iCloudを使ったバックアップでは購入やダウンロードしたアプリ、音楽、映像などはバックアップができず、機種変更後の新しい端末でアップルストアから無料で再ダウンロードすることで復元ができます。
iTunesを使用する場合は、iPhone内のアプリ、音楽などもバックアップ、復元をすることができますから、PCを所有しているのなら、こちらの方法をお勧めします。
PCのOSはWindows、Macを問いません。PCにiTunesがインストールされていない場合にはPCにiTunesをインストールします。iTunesをインストールしたPCにiPhoneをUSBケーブルで接続します。
iPhoneをPCに接続するとiTunesが立ち上がります。iTunesのメニューバーの右端にiPhoneのアイコンが表示されます。これをクリックするとiPhoneの設定メニューが開きます。ここで「概要」をクリック。
バックアップのメニューが開け、バックアップをする先として「iCloud」と「このコンピュータ」の二種類が表示されます。ここで「このコンピュータ」を選択します。
ここで「iCloud」を選択してしまうと、バックアップされるデータの種類が限定されてしまい、PCを使ってバックアップする意味がなくなってしまいますから、バックアップ先には必ず「このコンピュータ」を選択しましょう。
次に「バックアップ」と「復元」のメニューが開きますから、「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが開始されます。バックアップが完了するまで若干の時間が必要なので、完了するまで待ちます。バックアップの進展状況はPC上に表示されます。
復元の場合は同じ手順で、「バックアップ」と「復元」のメニューまで進み、復元をクリックすればバックアップデータの復元が実行されます。
バックアップをするデータが大量にある場合は、バックアップ・復元共に時間がかかりますから、PCを使ったバックアップの場合でも事前にバックアップ・復元の必要がないデータを削除するなどしてデータを整理しておけば、作業時間を短縮できます。
iTunesの場合はバックアップできるデータの種類が多いので、バックアップと復元には、それなりの時間が必要です。またバックアップするデータが多いほどバックアップには時間がかかりますから、写真や動画などの容量を必要とするデータは事前にPCにバックアップをしておくことで、作業時間を短縮できます。

OSが異なる機種同士のバックアップと復元

sumaho
今まで述べて来たスマホのバックアップと復元はAndroidとAndroid、iPhoneとiPhoneと言った同じOSのスマホ同士のバックアップと復元が前提の場合です。
しかし実際にはAndroidからiPhoneへの機種変更、その逆にiPhoneからAndroidへの機種変更でバックアップと復元が必要になる場合もあります。
OSが異なる機種間ですと、旧機種でバックアップしたデータを復元する時に頭を悩ませることになります。
ここではOSが異なる場合のバックアップと復元の方法をご紹介します。

AndroidからiPhoneの場合

この場合はアップルが公式にリリースしているアプリ「Move to iOS」を使います。Google Playで「Move to iOS」を検索してAndroidスマホにダウンロード、インストールをします。
インストールが完了したAndroidスマホで「Move to iOS」を立ち上げます。「iOSに移行」と言う画面が表示されますので、「続ける」をタップ、アプリの利用条件に同意すると、「コードを検索」画面となります。ここでAndroidスマホの作業は一端中止します。
次にデータ移管先の新しいiPhoneを立ち上げます。
iPhoneの初期設定で「アプリとデータ」画面を開きます。ここではデータの復元方法が表示されますから、「Androidから移行」を選択して「続ける」。するとiPhone上に10桁のコードが表示されます。このコードをAndroidスマホに入力すると、AndroidからiPhoneへのデータ転送が開始されます。データ転送の状況はスマホに表示されますから、完了画面が表示されるまで待ちます。
データ転送が完了したら、Androidスマホは電源をオフにして大丈夫です。後はiPhoneの初期設定を続けます。
「Move to iOS」で移行できるデータは、「Googleアカウント」、「ブックマーク」、「メッセージ」、「連絡先」、「カメラロール」です。これ以外のデータはGoogleドライブを経由してバックアップと復元をするか、ゲームデータのようにアプリに独自の移行機能があるものは、その機能を使います。
「Move to iOS」のデータ転送にはWiFi環境があることが前提になりますから、ご自宅にWiFi環境がない場合はiTuneの場合と同様に公衆WiFiサービスを利用しましょう。

iPhoneからAndroidの場合

iPhoneからAndroidへの機種変更の場合は、iPhoneでGoogleアカウントを持っていて連絡先をGoogleアカウントを使って使用している場合には、新しいAndroidスマホでGoogleアカウントでログインすれば自動的にデータ引き継ぎができます。
iPhone購入後しばらくしてからGoogleアカウントを取得した場合にはiPhoneのデータはiCloud、iTunes上に保存されますから、データ移行はできず、後で述べるバックアップ・データ移行専用アプリを使わなければなりません。

ツールでバックアップ

08167bb33d07dce9fd5441766958902d_s
スマホアプリにはデータのバックアップ、復元を行えるアプリが複数あります。その中で代表的なアプリとして「JSバックアップ」をご紹介します。
JSバックアップはiPhone版、Android版の双方がリリースされており、スマホのデータをクラウド上にバックアップ・保存し、クラウドに保存されたデータを異なる端末にダウンロードと復元ができるアプリです。クラウドはDropBoxまたはGoogleドライブを使用しますから大容量のデータでない限りクラウドは無料で使用できます。
JSバックアップを使用する場合はデータの保存先となる「DropBox」または「Googleドライブ」をダウンロードしておき、アクティブな状況にする必要があります。データの容量はDropBox,Googleドライブの容量に依存しますから、大容量のスマホ本体データを一度にバックアップ転送することはできません。
キャリアのクラウドサービスを使用する場合と同じく、大容量データを一度にバックアップするのなら、これらのクラウドサービスの容量を有料オプションで増加させるか、バックアップの対象データを整理するかのいずれかの方法が必要です。
定期的にバックアップをしたい人を除けば、バックアップを使用する頻度は低いですから、敢えて有料でクラウド容量を増やすよりは、データの整理を行い、スマホ本体に保存するデータ容量を減らす方が賢明な方法だと考えます。
JSバックアップは画面表示に従ってタップして行くだけで、スマホデータのバックアップと復元が簡単に行うことができます。またバックアップ先としてPCを指定することもできます。
便利な機能として、データのバックアップをせずに機種変更をしてしまった場合でも、旧スマホでWiFiを使ってアプリをダウンロード・インストールし、その後にバックアップを行うことができますから、バックアップを忘れて機種変更をしてしまった場合でも安心です。
JSバックアップは無料のアプリですが、データ容量によっては有料版でないとバックアップができないことになりますから、この場合でもバックアップ前に不要なデータを整理・削除しておくことをおすすめします。
JSバックアップ

その他のバックアップツール

Androidスマホ用のバックアップアプリでは、「AppMonster Pro Backup Restore」、「AppMonster Free Backup Restore」などがあります。
iPhoneであれば、「Googleドライブ」、「DropBox」、「Yahooかんたんバックアップ」など複数のバックアップアプリがあり、いずれも無料でダウンロード、使用ができますから自分が最も使いやすいバックアップアプリを探してみるのもよいでしょう。

バックアップデータの整理

hand-1148981_960_720
上に述べたどの方法を使ってバックアップを行う場合でも、バックアップの対象となるデータ容量には制限がありますから、日頃からスマホ本体のデータ容量を管理し、整理する習慣を付けるように心がけましょう。
特にiPhoneのように本体にデータを保存するスマホで大容量のデータ保存が可能な機種では、容量に余裕があるからと言う理由でデータを貯めまくると、バックアップ・復元の時に泣きを見ることになります。
iPhone7などは最大256GBの容量がありますから、これをフルに使用した場合、データのバックアップはとんでもない手間がかかることになってしまいます。
iPhoneの場合は、「設定」から「一般」、「ストレージ管理」と進むことで、どのデータがどの位容量を使用しているかがわかります。
Androidの場合も同様に、「設定」から「ストレージ」と進むと、種類別のデータ使用量と本体空き容量が表示されます。
使用していないアプリで大きな容量を占めているものがあれば削除しましょう。画像や動画なども容量を食いますから、PCがあればPCにデータを移してしまいます。PCがなければ無料ストレージサービスを利用してクラウドにデータを移し、本体にデータを保存しないようにしましょう。
無料のサービスでも15GBから20GBの容量を提供するストレージサービスがありますし、複数の無料ストレージサービスを使い分ければスマホ本体に保存してデータの大半はバックアップができます。
使わないデータを貯めこんで行くことで、スマホ本体のデータ保存量は跳ね上がって行きますから、なくても困らないデータ、めったに使わないデータは思い切って削除しましょう。
「あれば便利」は「無くても困らない」のと同じことですから、スマホ本体のデータ管理には思い切りが必要です。
スマホ本体のデータ整理と管理ができるようになると、iPhoneなどの場合では、より容量の小さいモデルでも十分使用に耐えるようになります。本体容量が小さければ本体価格も安くなりますから、コストパフォーマンスの面でも、スマホ本体のデータ管理は重要になってきます。

まとめ

どんなにお気に入りのスマホでも一定期間が経過すれば機種変更をしなければなりません。スマホのバッテリー寿命は長くて二年ですし、バッテリー交換をしようと思っても、交換費用が高い、自分でバッテリー交換ができない仕様のスマホが多いなどの理由で機種変更は必須になってしまいます。
機種変更が必須であるのならば、今まで使用していたデータのバックアップ、移行も必須になってきます。
ここで述べたように同じキャリア同士の機種変更であれば、キャリアのクラウドサービスを利用して簡単にデータのバックアップと復元ができますが、機種変更は同じキャリア、同じOSのスマホで行うとは限りません。
特にMNPでのキャリアの変更は以前ほど割引や特典が多くないとは言え、コスト面を考えて少しでも安く機種変更をする場合には有利な手段になります。
また住んでいる地域が変わり、キャリアの変更を余儀なくされる場合もあるでしょう。そのような場合にはキャリアのクラウドサービスは旧契約の解除と同時に使用できなくなりますから、何らかの方法でバックアップとデータの復元をしなければなりません。
データバックアップ、復元などせずに手作業でやればよい、と考える人も中にはいるかも知れません。電話帳程度なら時間をかければ手作業での復旧もできるでしょうが、メールの送受信履歴やブックマークなどは、履歴がないと困ることになります。
また手作業は入力間違いを伴いますから、可能な限り避けた方が無難です。できる限りアプリなどに任せて自動的に作業を進めた方がよいです。
またバックアップとバックアップされたデータの復元には、データの量に応じた時間が必要になります。
特にiPhoneのような大容量のデータを本体に保存できる機種では、容量をフルに使ってしまうとバックアップが自動的にできると言っても、バックアップの間かなりの時間を必要としてしまいます。そしてバックアップ以上にデータの復元が時間がかかりますから、どの方法を使うにせよ、スマホの画面を眺めながら相当の時間待つことを強いられます。
またデータを大量にスマホ本体に貯めこんでしまうと、必要なアプリが容量不足でダウンロードできない、スマホの動作が重くなるなどの不具合も生じます。
スマホを快適に使用するためにも、極力不要なデータやめったに使わないデータを本体に保存しないようにしましょう。また定期的にスマホ本体のストレージ容量を確認して空き容量を増やす工夫をしましょう。
機種変更の直前になって、あわてて大量のデータを整理しようと思うと、無駄に手間と時間がかかってしまいます。
機種変更は誰にでもいつかは訪れる事態です。その時になって無駄な作業を強いられることを避けるためにも、データバックアップを定期的に行うことと、スマホ本体のデータ整理をする習慣を付けておきましょう。
MNPでキャリア変更をした場合やOSが異なるスマホに変更する場合も少なくないでしょう。そのような時に途方にくれたり、一から手作業でデータ入力をしないで済むように、参考にして下さい。

関連記事

iPhone7の機種変更で賢く得するための5つのルール|データ移行と復元の方法も教えます!
iPhone7のデータ復元方法!誰でも出来るわかりやすいマニュアル
iPhone7機種変更でデータ移行のスムーズなやり方は?キャリア別に完全解説
iPhone7の連絡先の移行のスムーズなやり方は?キャリア別に完全解説!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-その他, 機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.