iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

iPhone7 MNP 機種変更

スマホのデータ移行とデータ移行の前に確認すべき全ての手順【保存版】

投稿日:

スマホを機種変更する際にやはり気になるのは古いスマホから新しいスマホへの写真、動画、連絡先、書類などのありとあらゆるデータの移行ではないでしょうか。
古いスマホから新しいスマホへのデータ移行は難しい、面倒くさいという方も少なくないようですが、データ移行は決して難しくありませんし、面倒でもありません。簡単にサクっとできてしまいます。
今回はスマホのデータ移行の方法をデータ移行前にしておく事なども含めて解説していきます。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

データ移行前にすべき事

cell-phone-1245663_960_720
データ移行前にすべき事、それは何と言っても移行するデータのバックアップです。このバックアップをしておかないと元も子もないです。データ移行前には必ずバックアップをとっておきましょう。
ではバックアップはどうやってやるのでしょうか?
スマホのバックアップを大きく分けるとバックアップアプリを用いる方法とOS標準搭載のバックアップ機能を用いる方法と二種類があります。OS標準搭載のバックアップ機能は本体で設定ができるので大変お手軽ではありますが、この方法はGoogleアカウントと同期させてバックアップをするものなのでGoogleアカウントと紐付けされているもののみが保存できます。
例をあげるとアプリ、同期しているアプリのデータやWi-Fiのパスワード、ブックマーク、各種設定等です。写真や音楽などのバックアップをとりたい場合、バックアップアプリを使用する方がベターかもしれません。

バックアップ機能を用いた方法

ではバックアップ機能を用いた方法について解説いたします。
設定前にGoogleアカウントは、あらかじめ設定しておきます。機種によって画面や項目名が異なる場合があるのでご注意下さい。手順は以下の通り。
設定アプリを開く→バックアップとリセットをタップ→私のデータをバックアップという項目が表示される→タップ。すると自動バックアップが開始します。これだけの手順で標準のバックアップの設定は完了します。
前述の通り、バックアップされるデータは、Googleカレンダーの設定、Wi-Fiパスワード、Gmailの設定、Google Playにてインストールしたアプリなど、Googleアカウントと紐付けされているものに限られます。
復元する際は新しいスマホを起動した際に、同じGoogleアカウントでログインすればOKです。

アプリを利用したバックアップ方法

iphone-410311_1280
続いてアプリを利用したバックアップの方法です。
アプリを利用したバックアップ方法の手順はバックアップアプリを入手してインストール→アプリを開く→バックアップをスタート。→バックアップデータを作といった流れになります。
アプリはGooglePlayなどでバックアップソフトを検索し、ご自身が気にいったアプリをインストールすると良いですが、様々なバックアップアプリの中で評判が良いアプリの一つは「JSバックアップ」ではないでしょうか。
このアプリは連絡先や通話履歴、システム設定、画像や音楽データのバックアップも可能です。JSバックアップを利用する場合、アプリをインストールしたら「バックアップ」ボタンをタップします。するとバックアップ先では、SDカードかクラウドストレージを選択できます。
SDカードにバックアップする場合はSDカードにバックアップをタップ、クラウドストレージならばクラウドストレージをタップします。
バックアップ先をタップするとバックアップデータの抽出が始まり、概要が表示されます。この時にできればスクリーンショットを撮っておくことをオススメします。バックアップにかかる時間ですが瞬時の場合もあれば長い場合もあります。
バックアップが完了するとファイルが自動的に圧縮され「バックアップが完了しました」と表示されます。どの項目がバックアップされたのかも確認できます。バックアップデータを復元するにはバックアップアプリをインストールしたスマホでアプリを起動し復元をタップします。
クラウドへ自動でアップデートを行う事ができる「クラウド バックアップ AOSBOX Pro」もオススメです。こちらも無料で利用できます。(最大10GBまで)
こちらも使い方は簡単です。
AOSBOX Proをダウンロード後、起動→「新規登録」をタップ→ユーザー登録→ユーザー登録後「復元の確認」画面で「復元せずにホーム画面に戻る」を選択→「次へ」をタップ→「Android端末を探す」機能の使用するor使用しないを設定しどちらかを選び「完了」をタップといった手順になります。
するとホーム画面が表示されて設定をする前に、すぐにバックアップが始まります。
バックアップ完了後はバックアップデータの保存先のクラウドの容量を増やしておいた方が良いでしょう。初期状態は1GBですが条件付きで最大10GBまで無料で増やす事ができます。
容量を追加する方法はホーム画面で「容量を追加」をタップします。すると画面に「友人を招待」「Facebookで共有」「Google+でフォロー」などの条件が表示されますので、ご自身が可能なものをタップして実行します。
バックアップする項目を設定し「データ」をタップして開くとバックアップ対象項目一覧が表示されます。バックアップしなくてもよいものは、ここでチェックを外します。その後「完了」をタップした後、「今すぐバックアップ」をタップ。これでバックアップが実行されます。

連絡帳アプリの活用

連絡先のバックアップに関しては連絡帳アプリの活用も良いでしょう。
CONTACTはグループ分け機能が標準搭載されているところが素晴らしいです。利用方法は至ってシンプルでグループに加えたい人をドラッグ&ドロップするだけでOKです。一からグループ分けをするという手間を省けます。グループは重複させることも可能です。
例えば、中学も高校も一緒だった友達などは中学グループと高校グループの両方に表示でき、またFacebookやLINEとの連携していますのでFacebookやLINE繋がりの友達の連絡も同様に行う事もできます。
コンタクトシンクはスマホとGmail間での連絡先の移動や管理がラクにでます。連絡先を移動する際の同期モードが「スマホからGmail」「Gmailからスマホ」「双方向」「手動選択」「FacebookからGmail」の5種類があります。2回目以降の同期では変更を自動的に統合されます。1000件以上の連絡先の移行も短時間で行えます。
Smart Merge Proは重複登録されたアドレスを簡単に整理できるだけではなく、連絡先統合の影響で連絡先が消える心配なくバックアップもできるアドレス帳アプリです。アプリを起動すると連絡先を一括で読みこみ、名前、電話番号、メールアドレスという等で重複した分をチェックしピックアップしてくれます。
ピックアップされたものの中から自身でどれが最新かを確認し不要な連絡先を削除するだけで完了です。機種変更やMNPを繰り返しているとどうしても連絡先が重複してしまう事があるので、MNPや機種変更が多い人には特にオススメです。

iPhoneのバックアップ方法

続いてiPhoneのバックアップ方法についても簡単に説明いたしますね。
iPhoneの場合は「設定」→「iCloud」→「ストレージとバックアップ」でバックアップを有効にすると、自動的にバックアップできます。「ストレージとバックアップ」で「今すぐバックアップを作成」を選択する事により手動でバックアップを取ることもできます。
但し、icloudは容量が限られていますのでアドレス帳などの軽いデータ、どうしても残して置きたい写真や動画等々データを選んでからバックアップする事が望ましいでしょう。残したいデータの選択は、オン・オフで切り替えができます。
Cloudを使用せず、iTunesを使用してバックアップをとる事も可能です。iTunesによるバックアップは、まずiPhoneに接続しiTunesを起動します。
自動的にiPhoneが認識されて右上にマークが表示されます。このiPhoneのマークをクリックすると、iPhoneの管理画面に移行しますので、ここでバック アップの作業を行えばOKです。
丸々データを残しておきたい場合は、バックアップ先として「このコンピューター」を選択すればOKです。その後、右の「いますぐバックアップ」をクリックするとiPhoneの中のデータがiTunes上にコピーされ、バックアップが始まります。

AndroidスマホからAndroidスマホへのデータ移行

08167bb33d07dce9fd5441766958902d_s
それではデータ移行の方法の説明に入ります。まずはAndroidスマホからAndroidスマホへの移行方法です。
前述の通りAndroidの場合はGoogleアカウントの同期機能を利用して、Googleアカウントと関連付けられたGmailや連絡先、カレンダー情報、アプリの設定情報やWi-Fiのパスワードなどもバックアップできます。バックアップしたデータを移行するには同期・バックアップ機能を有効にする必要があります。
同期機能を有効にするには、「設定」で「アカウント」をタップ→「Google」をタップしてアカウントを選ぶ→「同期」画面が表示→同期する項目をオンします。
さらに「設定」画面の「バックアップとリセット」をタップ。「データのバックアップ」をタップして「ON」にしておいて「自動復元」をオンにしておくと新しいスマホでGoogleアカウントと紐付けされた情報を引き継ぐ事ができます。

Googleフォトを有効活用してみる

google-photo
写真や動画などのバックアップと復元にはGoogleフォトを活用してみるのも良いでしょう。GoogleフォトはGoogle提供の写真・動画管理サービスです。スマホで撮影した写真や動画をクラウドに保存する事が可能です。データがクラウド残る仕組みなので機種変更してもデータ移行をせずにすみます。
設定方法は「Googleフォト」を起動して画面左上にあるメニューアイコンをタップ→「設定」→「バックアップと同期」をタップ→バックアップを「ON」→アップロードサイズを「高画質」「元のサイズ」のいずれか選択。これでバッチリです。
「高画質」と「元のサイズ」の違いですが「高画質」は、オリジナルの写真と動画の解像度が低くなる場合があります。しかし、枚数やデータ量などを気にする事なくアップロードができるのが利点です。
「元のサイズ」はオリジナルの解像度ままですが、Googleアカウントの無料で使える15GBが容量の上限を超える事もあるので注意が必要です。

iPhoneからiPhoneへのデータ移行

9v9a1690_tp_v
続いてiPhoneからiPhoneへの移行方法です。
連絡先、写真、音楽、動画等の全てのデータをiPhoneからiPhoneへ移行したい場合、パソコンがあるのならば全てのデータをPCに保存、iPhoneにデータを転送でき簡単・便利なのでiTunesを活用することをオススメします。
ただし、ミュージックライブラリの音楽の場合はiTunesで復元をおこなっても、ミュージックライブラリの音楽は転送されません。この場合、再度ダウンロードを実行もしくはiTunes経由で転送をし直す必要があります。

iTunesでのデータ移行

itunes_logo
iTunesでのデータ移行の手順は以下の通りです。
旧iPhoneをPCに接続、iTunesを起動して画面右上にある「iPhone」をクリック→接続した旧iPhoneの設定画面に切り替わる→「今すぐバックアップ」をクリックしバックアップ→データ移行先のiPhoneをiTunesに接続します。
次に「新しいiPhoneへようこそ」画面が表示されたら「バックアップから復元」を選択→バックアップ元のデータを選択し「続ける」をクリック→バックアップにかけられた暗号を解除するパスワードを入力しOKをクリック。
これでOKです。この作業をしている間は接続しているケーブルは抜かないようご注意ください。

iCloudでのデータ移行

パソコンを利用せずにiCloudでiPhoneからiPhoneへ引継ぐには旧iPhoneのデータをWi-Fi経由でiCloudにアップロードし、新しいiPhoneに復元します。バックアップしたデータを新しいiPhoneへ移行するには新しいiPhoneリセットします。
「設定」→「一般」→「リセット」の手順でリセットができます。リセット後に「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ、iPhoneのパスコードを入力したあと「iPhoneを消去」を2回タップしてApple IDとパスワードを入力し「消去」をタップすると新iPhoneが初期化されます。初期化が完了し設定アシスタントが表示されたらWi-Fiに接続します。
「iPhoneを設定」が表示されたら「iCloudバックアップから復元」をタップしてApple IDとパスワードを入力し「次へ」をタップします。利用規約を読み同意したらバックアップを選択し該当のバックアップデータをタップして復元を開始します。
復元が完了したら[続ける]をタップします。その後Apple IDのパスワードを入力したらOKです。
iCloudを利用の際はWi-Fiが安定した環境で作業を願います。Wi-Fiが切れてしまうとダウンロードが中断されてしまいますので気をつけてください。
iCloudは無料で5GBまでは利用できますが容量が不足するバックアップができないので、容量がオーバーした場合は容量を追加購入するか容量が大きなデータをバックアップ対象から外す必要に迫られますのでiCloudの容量にご注意ください。

AndroidスマホからiPhoneへのデータの移行

iphoneset29v9a1723_1_tp_v
次はAndroidスマホからiPhoneへのデータの移行の方法です。ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアによって若干方法が違うので、それぞれのキャリアでの移行方法をご案内します。

ドコモスマホ(Android)からiPhoneへのデータ移行

docomo-logo
ドコモスマホ(Android)からiPhoneへのデータ移行には連絡先と画像、動画を移行する場合と連絡先のみの移行の場合の2パターンがあります。いずれも「dアカウント」と「Apple ID」を取得する事とWi-Fiに接続する必要があります。
連絡先と画像・動画を移行する場合はまずiPhoneで「データ保管BOX」の利用設定をします。
手順はiPhoneアプリの中から「App Store」を選択→「データ保管BOX」を検索→「インストール」を選択→開くを選択→利用許諾を確認し「同意する」を選択→「dアカウントでログイン」を選択→dアカウントのIDとパスワードを入力し「ログイン」を選択→ホームボタンを押してホームに戻る。これでデータ保管BOXの利用設定が完了です。
iPhoneでの作業完了後にドコモスマホに「JSバックアップアプリ」をインストールします。JSバックアップのインストールが完了したら「JSバックアップ」で「データ保管BOX」を使用し、データのバックアップをとります。
続いて「dアカウントのログイン画面へ」を選択してdアカウントのIDとパスワードを入力しログインを選択すると「JSバックアップ」との連携確認画面が表示されますので「許可する」を選択→「バックアップ先の選択」画面でクラウド、データ保管BOXが選択されている事を確認→「設定」を選択→移行したいデータにチェックを入れ確定→スタートを選択。という手順でバックアップ後、データを復元させます。
データ復元方法は、新しいiPhoneに「JSバックアップ」をインストールし、インストール後、使用許諾に同意したら「復元」を選択しバックアップ先の変更を選択→クラウドサーバー利用許諾に同意した後はバックアップ先に「データ保管BOX」を選択→「データ保管BOX」のダウンロード案内を読み「App Storeへ」から開くを選択しホームボタンを押しホームへ戻ります。
続いてJSバックアップを選択しdアカウントIDとパスワードを入力してログイン→「JSバックアップ」との連携確認表示画面で「許可する」→「データ保管BOX」が表示されていることを確認し「とじる」を選択します。
その後、復元ファイルの変更を選択、復元したいファイルを選択するとドコモスマホからiPhoneへのデータの移行は完了します。
連絡先のみの移行したい場合は、JSバックアップでバックアップし復元するのではなく「かんたんデータ移行」を選択します。「かんたんデータ移行」を選択後、データを取り出すを選択し、無料プランを選択します。
データ取りこみ時のパスワードを設定→「データ取りだしスタート」を選択するとQRコードが表示されますので、このQRコードを読み取れば新しいiPhoneへ連絡先をデータ移行する事ができます。

auスマホからiPhoneへの移行方法

au logo
auスマホからiPhoneへのデータ移行はMove to iOSを使用します。「Move to iOS」はAndroidスマホからiPhoneへのデータ移行と復元を簡単に実行できます。(※Move to iOSはGoogle Playで入手可能。)
「Move to iOS」でAndroidからiPhoneへ移行・復元できるものは連絡先やメールアカウントメッセージの履歴、ブックマーク、インストール済みの無料アプリ、カメラロールの写真とビデオ、カレンダーなどです。
LINEやゲームアプリのアカウント情報、ゲームデータは「Move to iOS」で移行・復元する事はできません。LINEはFacebook連携かメールアドレスの登録を済ませてから機種変更しておく必要があります。この操作を怠るとiPhoneで本人確認をする事ができません。
ゲーム等はプレイデータの引継ぎの際に引継ぎコードの発行が必要な場合もあるので機種変更をする前に必ず各アプリでのデータ移行の方法を確認しておきましょう。
移行方法の手順はまずAndroidを安定したWi-Fiネットワークに接続したのち「Move to iOS」をダウンロードします。
ダウンロードしたらアプリを起動→「iOSに移行」→「続ける」→「利用規約に同意する」の順にタップします。すると「コードを検索」画面が表示されるのでAndroidを一旦待機させておきましょう。
次にiPhone側でデータの受信準備をします。地域や使用言語、利用するキーボードを設定、Wi-Fiネットワークを選択し接続します。ちなみにau Wi-Fiスポットのエリア内では自動的に接続されます。その後、位置情報サービスのオン・オフを選択します。(※位置情報サービスは「iPhoneを探す」等を使用する場合に備えてオンにしておいた方がベターでしょう。)
Touch IDを今、設定するか後で設定するかの確認画面が表示されますのでTouch IDを設定する場合はiPhone本体のホームボタンに指先をあて画面の指示に従って、ホームボタンに指を当てる→離すという動作を繰り返しiPhoneに指紋を認識させます。Touch IDを設定しない場合は「Touch IDを後で設定」をタップします。次にiPhone7の画面ロックを解除する暗証番号(パスコード)を6桁の数字で設定します。
「APPとデータ」画面まで進めて「Androidからデータ移行」をタップすると画面が切り替わりますので「続ける」をタップすると10桁のコードが表示されます。この数字を移行元のauスマホに入力すればiPhoneへの移行準備は完了します。
「Move to iOS」起動中のauスマホに10桁のコードを入力し利用条件に同意。「コードを検索画面」にて「次へ」をタップして「iOsに移行」という画面が表示されたら「続ける」をタップします。すると auスマホとiPhoneがWi-Fi接続されます。
auスマホとiPhoneが接続できたら「データを転送」にてiPhoneに移行したいデータを選択し、「次へ」をタップするとiOSへのデータ移行が開始され、データ移行が完了しますので「転送が完了しました。データが新しいiPhoneまたはiPadにコピーされました。」というメッセージが表示されますので「完了」をタップします。
iPhoneへ移行中は完了するまで他のAPPに切り替えたり、デバイスをオフにしないようにして下さい。
転送が完了したら復元の確認作業をしましょう。iPhoneでデータを受信すると移行したデータが所定の場所へ移行されますので「転送が完了しました」と表示されたら「iPhoneの設定を続ける」をタップ、Siriや表示サイズ等の初期設定を完了させ「ようこそiPhoneへ」という画面が表示され「さあ、はじめよう」をタップしたら移行は完了です。
Androidからの移行した場合「設定で~@gmail.comのGoogleパスワードを入力してください」と表示されますが、Googleのアカウントのパスワードは移行されないため、「設定」からこのようなメッセージが表示されてしまいます。もし、このメッセージが表示されたらパスワードを入力してログインし、iOSにアクセス許可を与えればGoogleアカウントを利用する事ができます。

ソフトバンクスマホからiPhoneへ機種変更時の移行方法

softbank
ソフトバンクスマホからiPhoneへの移行の場合も前述の「Move to iOS」での移行が可能です。
ソフトバンクの場合、iPhone やスマホ、4G ケータイ内にある電話帳やS!メールなどのデータのバックアップを簡単に行える「あんしんバックアップ」というサービスの利用をオススメします。
「あんしんバックアップ」は専用アプリから簡単にデータをソフトバンクが管理するサーバーに保存することができます。保存したデータをiPhone やスマホ、4G ケータイ等に戻すことも可能です。
MNPしてソフトバンクへ機種変更した場合は「あんしんバックアップ」での移行は不可ですが、ソフトバンクのiPhoneへ機種変更後に「あんしんバックアップ」を利用するとデータのバックアップや次回の機種変更時のデータ移行がスムーズなのです。
iPhoneシリーズで「あんしんバックアップ」を利用する場合、電話帳の保存/復元、S!メール(MMS)どこでもアクセスサーバへの電話帳エクスポート等が利用できます。クラウドへのデータの保存やiPhone やスマホ、4G ケータイにデータを戻す等の操作も簡単にできます。
但し、Androidならば日、週、月単位での定期バックアップ機能が利用できますがiPhoneでは定期バックアップ機能は利用できません。

LINEのトークは引き継げるのか?

image15
もはやスマホユーザーの必須アプリといっても過言ではない「LINE」。
LINEの登場によってキャリアメールや電話機能を殆ど使っていない方も増えているようです。写真や動画は勿論、ドキュメントなども添付できる便利なLINEですが、できればアカウントの引き継ぎだけではなくトークも引き継げたらいいなぁとのご希望もあることと思われます。
結論からいうとLINEのトークは引き継げます。但し引き継ぐ前に保存しておく必要があります。最近ではLINE Keepなどで保存する事も可能です。
LINEトークのバックアップ方法ですが「完全バックアップ」とテキストファイルとして保存する「履歴バックアップ」の2種類があります。完全バックアップならばスタンプを含めトークも復活できます。履歴バックアップはトークをテキストファイルとして保存しておくものです。
「.txt」という形式で保存されます。Windowsのメモ帳と同じ形式ですね。テキストファイルなのでスタンプや添付ファイルなどは保存できません。また残念なことにiPhone→Android、Android→iPhoneへの機種変更時の場合はLINEのトークは復元できません。

LINEトークバックアップ&復元方法:Androidの場合

line
AndroidのLINEのトークのバックアップ&復元を説明します。
まずバックアップしたいトークを開きメニューボタンをタップし「トーク設定」をタップします。トーク設定の中の「トーク履歴をバックアップ」をタップすると「テキストでバックアップ」と「すべてバックアップ」の2つが表示されます。どちらで選択してもバックアップ後にメールなどで送信可能です。
「テキストでバックアップ」はスタンプなどは復元できませんが、複数人で行っているトークでもバックアップできるのがメリットです。
「すべてバックアップ」の場合はスタンプやトークなどがzipファイルで保存されます。このzipファイルをメールで送信もしくはスマホ内に保存し、新しいスマホへインポートすれば全て復元されます。フルバックアップは全て保存・復元できるメリットがありますが、複数のトークには対応してないというデメリットもあります。
AndroidでのLINEトーク復元方法ですが、まず復元したい相手とのトークを開始します。
初期の段階ではトークが消えていますので、画面右上のメニューボタンをタップ→トーク設定をタップ→トーク履歴をインポートをタップトーク相手とのフルバックアップファイルがあれば「トーク履歴をインポートしますか?」と表示されますので、ここで「はい」をタップをすれば復元完了です。かなり簡単です。

LINEトークバックアップ&復元方法:iPhoneの場合

iPhone版LINEの場合はiPhone上ではすべてバックアップには対応していません。テキストとして履歴をバックアップすることはできます。iPhoneでLINEトークを復元したい場合はパソコンでiTunesを使用すれば可能ですが、機種変更が伴う場合は失敗も少なからずある為、あまり積極的にオススメしかねますが簡単に説明いたします。
すべてバックアップにはパソコンとiTunesが必要です。パソコンはWindows、MacいずれでもOKです。
iTunesインストール済みのパソコンとiPhoneデータ転送ができるケーブルで接続し、iTunesが起動したら接続されたiPhoneのアイコンをクリック→接続されたiPhoneの「バックアップ」→「このコンピュータ」を選択します。
続いて「パスワードを変更」をクリック→バックアップ保護パスワードを設定→「今すぐバックアップ」をクリック→「iPhoneからこれらのAppのバックアップを作成しますか?」という表示が出たら「Appのバックアップを作成」をクリック。これでバックアップはOKです。
新しいiPhoneをiTunesインストール済みパソコンとiPhoneを接続→「バックアップから復元」の横のプルダウンメニューから「バックアップ」を指定→バックアップ作成時に設定したパスワードを入力→データ復元→LINEのアカウントを引き継ぐ。
これでトークが復活していればOKです。ただ、失敗も多々あります。

まとめ

%e3%81%8a%e3%80%80%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%81%a7%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%84%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b32
以上、スマホのデータ移行の方法でした。
スマホが初めて登場した頃と比べて、今はバックアップの方法も復元の方法もデータ移行や連絡先管理アプリなども多くなってきました。
データ移行もかなり簡易になってきています。LINEなども当初はトーク履歴は保存できませんでしたが、今は保存できるようになっています。
スマホがどんどん機能向上していくのにあわせてデータ移行の方法もよりスムーズになっているのではないでしょうか。この記事を是非とも活用して安全に簡単にデータ移行してみてください。

関連記事

iPhone7の機種変更で賢く得するための5つのルール|データ移行と復元の方法も教えます!
iPhone7機種変更でデータ移行のスムーズなやり方は?キャリア別に完全解説
スマホのバックアップ方法の全てを完全解説!(iPhone/Android)

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-iPhone7, MNP, 機種変更
-, , , , ,

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.