スマホのデータ移行とデータ移行の前に確認すべき全ての手順【保存版】

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

AndroidスマホからAndroidスマホへのデータ移行

08167bb33d07dce9fd5441766958902d_s

それではデータ移行の方法の説明に入ります。まずはAndroidスマホからAndroidスマホへの移行方法です。

前述の通りAndroidの場合はGoogleアカウントの同期機能を利用して、Googleアカウントと関連付けられたGmailや連絡先、カレンダー情報、アプリの設定情報やWi-Fiのパスワードなどもバックアップできます。バックアップしたデータを移行するには同期・バックアップ機能を有効にする必要があります。

同期機能を有効にするには、「設定」で「アカウント」をタップ→「Google」をタップしてアカウントを選ぶ→「同期」画面が表示→同期する項目をオンします。

さらに「設定」画面の「バックアップとリセット」をタップ。「データのバックアップ」をタップして「ON」にしておいて「自動復元」をオンにしておくと新しいスマホでGoogleアカウントと紐付けされた情報を引き継ぐ事ができます。

Googleフォトを有効活用してみる

google-photo

写真や動画などのバックアップと復元にはGoogleフォトを活用してみるのも良いでしょう。GoogleフォトはGoogle提供の写真・動画管理サービスです。スマホで撮影した写真や動画をクラウドに保存する事が可能です。データがクラウド残る仕組みなので機種変更してもデータ移行をせずにすみます。

設定方法は「Googleフォト」を起動して画面左上にあるメニューアイコンをタップ→「設定」→「バックアップと同期」をタップ→バックアップを「ON」→アップロードサイズを「高画質」「元のサイズ」のいずれか選択。これでバッチリです。

「高画質」と「元のサイズ」の違いですが「高画質」は、オリジナルの写真と動画の解像度が低くなる場合があります。しかし、枚数やデータ量などを気にする事なくアップロードができるのが利点です。

「元のサイズ」はオリジナルの解像度ままですが、Googleアカウントの無料で使える15GBが容量の上限を超える事もあるので注意が必要です。

iPhoneからiPhoneへのデータ移行

9v9a1690_tp_v

続いてiPhoneからiPhoneへの移行方法です。

連絡先、写真、音楽、動画等の全てのデータをiPhoneからiPhoneへ移行したい場合、パソコンがあるのならば全てのデータをPCに保存、iPhoneにデータを転送でき簡単・便利なのでiTunesを活用することをオススメします。

ただし、ミュージックライブラリの音楽の場合はiTunesで復元をおこなっても、ミュージックライブラリの音楽は転送されません。この場合、再度ダウンロードを実行もしくはiTunes経由で転送をし直す必要があります。

iTunesでのデータ移行

itunes_logo

iTunesでのデータ移行の手順は以下の通りです。

旧iPhoneをPCに接続、iTunesを起動して画面右上にある「iPhone」をクリック→接続した旧iPhoneの設定画面に切り替わる→「今すぐバックアップ」をクリックしバックアップ→データ移行先のiPhoneをiTunesに接続します。

次に「新しいiPhoneへようこそ」画面が表示されたら「バックアップから復元」を選択→バックアップ元のデータを選択し「続ける」をクリック→バックアップにかけられた暗号を解除するパスワードを入力しOKをクリック。

これでOKです。この作業をしている間は接続しているケーブルは抜かないようご注意ください。

iCloudでのデータ移行

パソコンを利用せずにiCloudでiPhoneからiPhoneへ引継ぐには旧iPhoneのデータをWi-Fi経由でiCloudにアップロードし、新しいiPhoneに復元します。バックアップしたデータを新しいiPhoneへ移行するには新しいiPhoneリセットします。

「設定」→「一般」→「リセット」の手順でリセットができます。リセット後に「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ、iPhoneのパスコードを入力したあと「iPhoneを消去」を2回タップしてApple IDとパスワードを入力し「消去」をタップすると新iPhoneが初期化されます。初期化が完了し設定アシスタントが表示されたらWi-Fiに接続します。

「iPhoneを設定」が表示されたら「iCloudバックアップから復元」をタップしてApple IDとパスワードを入力し「次へ」をタップします。利用規約を読み同意したらバックアップを選択し該当のバックアップデータをタップして復元を開始します。

復元が完了したら[続ける]をタップします。その後Apple IDのパスワードを入力したらOKです。

iCloudを利用の際はWi-Fiが安定した環境で作業を願います。Wi-Fiが切れてしまうとダウンロードが中断されてしまいますので気をつけてください。

iCloudは無料で5GBまでは利用できますが容量が不足するバックアップができないので、容量がオーバーした場合は容量を追加購入するか容量が大きなデータをバックアップ対象から外す必要に迫られますのでiCloudの容量にご注意ください。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない