スマホのデータ移行とデータ移行の前に確認すべき全ての手順【保存版】

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

AndroidスマホからiPhoneへのデータの移行

iphoneset29v9a1723_1_tp_v

次はAndroidスマホからiPhoneへのデータの移行の方法です。ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアによって若干方法が違うので、それぞれのキャリアでの移行方法をご案内します。

ドコモスマホ(Android)からiPhoneへのデータ移行

docomo-logo

ドコモスマホ(Android)からiPhoneへのデータ移行には連絡先と画像、動画を移行する場合と連絡先のみの移行の場合の2パターンがあります。いずれも「dアカウント」と「Apple ID」を取得する事とWi-Fiに接続する必要があります。

連絡先と画像・動画を移行する場合はまずiPhoneで「データ保管BOX」の利用設定をします。

手順はiPhoneアプリの中から「App Store」を選択→「データ保管BOX」を検索→「インストール」を選択→開くを選択→利用許諾を確認し「同意する」を選択→「dアカウントでログイン」を選択→dアカウントのIDとパスワードを入力し「ログイン」を選択→ホームボタンを押してホームに戻る。これでデータ保管BOXの利用設定が完了です。

iPhoneでの作業完了後にドコモスマホに「JSバックアップアプリ」をインストールします。JSバックアップのインストールが完了したら「JSバックアップ」で「データ保管BOX」を使用し、データのバックアップをとります。

続いて「dアカウントのログイン画面へ」を選択してdアカウントのIDとパスワードを入力しログインを選択すると「JSバックアップ」との連携確認画面が表示されますので「許可する」を選択→「バックアップ先の選択」画面でクラウド、データ保管BOXが選択されている事を確認→「設定」を選択→移行したいデータにチェックを入れ確定→スタートを選択。という手順でバックアップ後、データを復元させます。

データ復元方法は、新しいiPhoneに「JSバックアップ」をインストールし、インストール後、使用許諾に同意したら「復元」を選択しバックアップ先の変更を選択→クラウドサーバー利用許諾に同意した後はバックアップ先に「データ保管BOX」を選択→「データ保管BOX」のダウンロード案内を読み「App Storeへ」から開くを選択しホームボタンを押しホームへ戻ります。

続いてJSバックアップを選択しdアカウントIDとパスワードを入力してログイン→「JSバックアップ」との連携確認表示画面で「許可する」→「データ保管BOX」が表示されていることを確認し「とじる」を選択します。

その後、復元ファイルの変更を選択、復元したいファイルを選択するとドコモスマホからiPhoneへのデータの移行は完了します。

連絡先のみの移行したい場合は、JSバックアップでバックアップし復元するのではなく「かんたんデータ移行」を選択します。「かんたんデータ移行」を選択後、データを取り出すを選択し、無料プランを選択します。

データ取りこみ時のパスワードを設定→「データ取りだしスタート」を選択するとQRコードが表示されますので、このQRコードを読み取れば新しいiPhoneへ連絡先をデータ移行する事ができます。

auスマホからiPhoneへの移行方法

au logo

auスマホからiPhoneへのデータ移行はMove to iOSを使用します。「Move to iOS」はAndroidスマホからiPhoneへのデータ移行と復元を簡単に実行できます。(※Move to iOSはGoogle Playで入手可能。)

「Move to iOS」でAndroidからiPhoneへ移行・復元できるものは連絡先やメールアカウントメッセージの履歴、ブックマーク、インストール済みの無料アプリ、カメラロールの写真とビデオ、カレンダーなどです。

LINEやゲームアプリのアカウント情報、ゲームデータは「Move to iOS」で移行・復元する事はできません。LINEはFacebook連携かメールアドレスの登録を済ませてから機種変更しておく必要があります。この操作を怠るとiPhoneで本人確認をする事ができません。

ゲーム等はプレイデータの引継ぎの際に引継ぎコードの発行が必要な場合もあるので機種変更をする前に必ず各アプリでのデータ移行の方法を確認しておきましょう。

移行方法の手順はまずAndroidを安定したWi-Fiネットワークに接続したのち「Move to iOS」をダウンロードします。

ダウンロードしたらアプリを起動→「iOSに移行」→「続ける」→「利用規約に同意する」の順にタップします。すると「コードを検索」画面が表示されるのでAndroidを一旦待機させておきましょう。

次にiPhone側でデータの受信準備をします。地域や使用言語、利用するキーボードを設定、Wi-Fiネットワークを選択し接続します。ちなみにau Wi-Fiスポットのエリア内では自動的に接続されます。その後、位置情報サービスのオン・オフを選択します。(※位置情報サービスは「iPhoneを探す」等を使用する場合に備えてオンにしておいた方がベターでしょう。)

Touch IDを今、設定するか後で設定するかの確認画面が表示されますのでTouch IDを設定する場合はiPhone本体のホームボタンに指先をあて画面の指示に従って、ホームボタンに指を当てる→離すという動作を繰り返しiPhoneに指紋を認識させます。Touch IDを設定しない場合は「Touch IDを後で設定」をタップします。次にiPhone7の画面ロックを解除する暗証番号(パスコード)を6桁の数字で設定します。

「APPとデータ」画面まで進めて「Androidからデータ移行」をタップすると画面が切り替わりますので「続ける」をタップすると10桁のコードが表示されます。この数字を移行元のauスマホに入力すればiPhoneへの移行準備は完了します。

「Move to iOS」起動中のauスマホに10桁のコードを入力し利用条件に同意。「コードを検索画面」にて「次へ」をタップして「iOsに移行」という画面が表示されたら「続ける」をタップします。すると auスマホとiPhoneがWi-Fi接続されます。

auスマホとiPhoneが接続できたら「データを転送」にてiPhoneに移行したいデータを選択し、「次へ」をタップするとiOSへのデータ移行が開始され、データ移行が完了しますので「転送が完了しました。データが新しいiPhoneまたはiPadにコピーされました。」というメッセージが表示されますので「完了」をタップします。

iPhoneへ移行中は完了するまで他のAPPに切り替えたり、デバイスをオフにしないようにして下さい。

転送が完了したら復元の確認作業をしましょう。iPhoneでデータを受信すると移行したデータが所定の場所へ移行されますので「転送が完了しました」と表示されたら「iPhoneの設定を続ける」をタップ、Siriや表示サイズ等の初期設定を完了させ「ようこそiPhoneへ」という画面が表示され「さあ、はじめよう」をタップしたら移行は完了です。

Androidからの移行した場合「設定で~@gmail.comのGoogleパスワードを入力してください」と表示されますが、Googleのアカウントのパスワードは移行されないため、「設定」からこのようなメッセージが表示されてしまいます。もし、このメッセージが表示されたらパスワードを入力してログインし、iOSにアクセス許可を与えればGoogleアカウントを利用する事ができます。

ソフトバンクスマホからiPhoneへ機種変更時の移行方法

softbank

ソフトバンクスマホからiPhoneへの移行の場合も前述の「Move to iOS」での移行が可能です。

ソフトバンクの場合、iPhone やスマホ、4G ケータイ内にある電話帳やS!メールなどのデータのバックアップを簡単に行える「あんしんバックアップ」というサービスの利用をオススメします。

「あんしんバックアップ」は専用アプリから簡単にデータをソフトバンクが管理するサーバーに保存することができます。保存したデータをiPhone やスマホ、4G ケータイ等に戻すことも可能です。

MNPしてソフトバンクへ機種変更した場合は「あんしんバックアップ」での移行は不可ですが、ソフトバンクのiPhoneへ機種変更後に「あんしんバックアップ」を利用するとデータのバックアップや次回の機種変更時のデータ移行がスムーズなのです。

iPhoneシリーズで「あんしんバックアップ」を利用する場合、電話帳の保存/復元、S!メール(MMS)どこでもアクセスサーバへの電話帳エクスポート等が利用できます。クラウドへのデータの保存やiPhone やスマホ、4G ケータイにデータを戻す等の操作も簡単にできます。

但し、Androidならば日、週、月単位での定期バックアップ機能が利用できますがiPhoneでは定期バックアップ機能は利用できません。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない