スマホのバックアップ方法の全てを完全解説!(iPhone/Android)

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

失敗することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
iPhone7も実質0円になり、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

クラウド上にバックアップできるデータの種類は、電話帳、メール、写真、スケジュールとメモ、その他のデータはデータ保管ボックスにバックアップできます。

ドコモクラウドの容量は、5GBまでは無料、容量の増量は、プラス10GBが月額100円、プラス25GB月額200円、プラス50GB月額400円です。

最大で55GBの容量になりますから、スマホ本体の容量が64GB以上のスマホ本体に目一杯データを保存した場合には有料オプションを最大限付けても不足することになります。

ドコモクラウド

auのクラウドサービス

auのクラウドサービスは「データお預かりサービス」と言う名称で提供されており、このサービスを利用するには「データお預かりアプリ」が必要になります。

Androidスマホでは大半のデータをバックアップできますが、iPhoneの場合は「アドレス帳」、「写真」、「動画」、「カレンダー」のみが対象になります。

クラウドの容量は、auスマートパス加入の場合は50GBまで無料、スマートパス非加入の場合は1GBまで無料、増量オプションは、スマートパス加入の場合に限り10GBごとに月額100円で増量ができます。

スマートパス加入者と非加入者とで大きな差がありますから、非加入者の場合はたったの1GBしか容量をもらえませんので、クラウドサービスを使うよりはSDカードやPCにバックアップを取った方が現実的です。

auデータお預かり

ソフトバンクのクラウドサービス

ソフトバンクの場合は「あんしんバックアップ」と言う名称でクラウドへのバックアップサービスを提供しており、バックアップの利用には専用アプリを使って簡単にデータのバックアップが行えます。

このサービスの場合に注意したいのは、Androidの場合は大半のデータがバックアップできることに対して、iPhoneの場合は電話帳データしかバックアップができないことです。

各キャリア共に、クラウドサービスを提供していますが、無料で使用する場合は容量が小さいことが難点です。

ソフトバンクあんしんバックアップ

SDカードでバックアップ

micro-sd

SDカードスロットのあるスマホの場合は、スマホ本体に挿してあるSDカードに必要なデータを保存してバックアップをすることができます。バックアップしたデータの入ったSDカードを機種変更後の新しいスマホのカードスロットに挿してデータを読み込むことで、データの復元をすることができます。

ガラケー時代のデータバックアップと同じような感覚でバックアップと復元をすることになります。

ただし、機種によってはスマホ本体にSDカードスロットがない機種があったり、SDカードの抜き差しが面倒な機種もありますから、先に述べたクラウドを使う方法やこれから述べるOSを使ったバックアップ・復元の方が手間もかからず、より簡単にできますので、SDカードによる方法はおすすめしません。

特にiPhoneユーザーの方の場合、iPhone本体にはSDカードスロットがありませんから物理的に不可能な方法となってしまいます。Androidでも一部の機種はSDカードスロットがない機種がありますから注意が必要です。

SDカードスロットのない機種では、SDカードリーダー/ライターを外部接続すれば、この方法も可能になりますが、わざわざ購入したり、本体とSDカードリーダーを接続したりの手間、時間、費用を考えると、より簡単な方法でバックアップと復元をした方がよいです。

Androidスマホのバックアップ

smartphone-623722_960_720

Androidスマホの場合はOSの標準機能を使ってバックアップをすることができます。この方法はAndroid OSによるバックアップですから、Google IDと関連付けされたデータがバックアップされ、それ以外のデータ(写真やGoogle IDと関連付けができないゲームデータなど)はバックアップができません。

OSを使ってバックアップができるデータは、Googleアカウントと同期したアプリのデータ、ブックマーク、各種の設定、WiFiパスワードで、機種変更後の新しいスマホで以前と同じGoogle IDを使ってスマホの設定をすることで、バックアップしたデータの復元ができます。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない