スマホのバックアップ方法の全てを完全解説!(iPhone/Android)

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

Androidスマホの場合は初期設定の時にGoogle ID、Googleアカウントの設定が必要になりますから、初期設定を済ませれば、その後はいつでもバックアップが可能な状態になります。

バックアップの方法は、「設定」メニューを開くと、「バックアップとリセット」のメニューがありますから、ここをタップして「データのバックアップ」を選択すればバックアップができます。

復元の場合は新しいスマホの初期設定で前と同じGoogleアカウントを設定することでバックアップしたデータの自動復元が実行されます。

iPhoneのバックアップ

iphone-1032779_640

iPhoneのデータバックアップの方法は二種類あります。iCloudを使う方法とiTunesを使う方法です。

iCloudでデータバックアップをする方法はWiFi接続ができる環境であればPCがなくとも可能です。iCloudの容量に制限があること、バックアップできるデータの種類も限られていることが難点ですが、簡単にバックアップができます。

一方iTunesを使ったデータバックアップの方法は、iCloudを使う方法と比較して、より多くの種類のデータバックアップができますが、PCとiPhoneとを接続して行いますからPCがあることが大前提になります。

iCloudを使うバックアップ

「設定」から「iCloud」を選択してApple IDでログイン、下部にバックアップが可能なデータの種類がアイコンと共に表示されますから、バックアップしたいデータの種類を「オン」にします。更に下にある「バックアップ」を「オン」にすればバックアップができます。

iCloudの容量は5GBの容量が無料で使えますが、5GBで足りない場合は、データを整理して5GBの容量以内に抑えるか、有料オプションでiCloudの容量を増加させるかのいずれかで対応する必要があります。

iCloudの容量増量は、50GBが月額130円、200GBが月額400円、1TBが月額1300円の3種類になります。

iCloudの容量を有料オプションで増加させれば便利なように思えますが、バックアップのためだけに有料オプションを購入するのはもったいないので、DropboxやGoogle driveなどの無料ストレージサービスを併用するか、バックアップ前に不要なデータを削除して5GB以内に抑えた方が賢明と考えます。

またiCloudでのバックアップにはiPhoneをWiFiに接続できる環境が必要ですから、自宅にWiFi環境がない場合には、公衆WiFiスポットを利用しましょう。

身近な公衆WiFiスポットと言うとコンビニを連想される方が多いと思いますが、ファストフードやカフェなどの飲食店で、お茶でも飲みながら落ち着いてバックアップ、復元をすることをお勧めします。バックアップはともかく復元にはそれなりの時間が必要になりますから、腰を据えて、落ち着いて作業できる環境が必要です。

カフェやファストフード店では店内で公衆WiFiを使う人は多いですから、こう言った場所なら人目を気にする必要もないですし、落ち着いてバックアップ作業を行うことができます。

iTunesを使うバックアップ

iTunesを使ったバックアップでは使用中のiPhone内のデータをPCにインストールしたiTunesを使ってバックアップと復元を行います。

iCloudを使ったバックアップでは購入やダウンロードしたアプリ、音楽、映像などはバックアップができず、機種変更後の新しい端末でアップルストアから無料で再ダウンロードすることで復元ができます。

iTunesを使用する場合は、iPhone内のアプリ、音楽などもバックアップ、復元をすることができますから、PCを所有しているのなら、こちらの方法をお勧めします。

PCのOSはWindows、Macを問いません。PCにiTunesがインストールされていない場合にはPCにiTunesをインストールします。iTunesをインストールしたPCにiPhoneをUSBケーブルで接続します。

iPhoneをPCに接続するとiTunesが立ち上がります。iTunesのメニューバーの右端にiPhoneのアイコンが表示されます。これをクリックするとiPhoneの設定メニューが開きます。ここで「概要」をクリック。

バックアップのメニューが開け、バックアップをする先として「iCloud」と「このコンピュータ」の二種類が表示されます。ここで「このコンピュータ」を選択します。

ここで「iCloud」を選択してしまうと、バックアップされるデータの種類が限定されてしまい、PCを使ってバックアップする意味がなくなってしまいますから、バックアップ先には必ず「このコンピュータ」を選択しましょう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]