スマホのバックアップ方法の全てを完全解説!(iPhone/Android)

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

キャリアのクラウドサービスを使用する場合と同じく、大容量データを一度にバックアップするのなら、これらのクラウドサービスの容量を有料オプションで増加させるか、バックアップの対象データを整理するかのいずれかの方法が必要です。

定期的にバックアップをしたい人を除けば、バックアップを使用する頻度は低いですから、敢えて有料でクラウド容量を増やすよりは、データの整理を行い、スマホ本体に保存するデータ容量を減らす方が賢明な方法だと考えます。

JSバックアップは画面表示に従ってタップして行くだけで、スマホデータのバックアップと復元が簡単に行うことができます。またバックアップ先としてPCを指定することもできます。

便利な機能として、データのバックアップをせずに機種変更をしてしまった場合でも、旧スマホでWiFiを使ってアプリをダウンロード・インストールし、その後にバックアップを行うことができますから、バックアップを忘れて機種変更をしてしまった場合でも安心です。

JSバックアップは無料のアプリですが、データ容量によっては有料版でないとバックアップができないことになりますから、この場合でもバックアップ前に不要なデータを整理・削除しておくことをおすすめします。

JSバックアップ

その他のバックアップツール

Androidスマホ用のバックアップアプリでは、「AppMonster Pro Backup Restore」、「AppMonster Free Backup Restore」などがあります。

iPhoneであれば、「Googleドライブ」、「DropBox」、「Yahooかんたんバックアップ」など複数のバックアップアプリがあり、いずれも無料でダウンロード、使用ができますから自分が最も使いやすいバックアップアプリを探してみるのもよいでしょう。

バックアップデータの整理

hand-1148981_960_720

上に述べたどの方法を使ってバックアップを行う場合でも、バックアップの対象となるデータ容量には制限がありますから、日頃からスマホ本体のデータ容量を管理し、整理する習慣を付けるように心がけましょう。

特にiPhoneのように本体にデータを保存するスマホで大容量のデータ保存が可能な機種では、容量に余裕があるからと言う理由でデータを貯めまくると、バックアップ・復元の時に泣きを見ることになります。

iPhone7などは最大256GBの容量がありますから、これをフルに使用した場合、データのバックアップはとんでもない手間がかかることになってしまいます。

iPhoneの場合は、「設定」から「一般」、「ストレージ管理」と進むことで、どのデータがどの位容量を使用しているかがわかります。

Androidの場合も同様に、「設定」から「ストレージ」と進むと、種類別のデータ使用量と本体空き容量が表示されます。

使用していないアプリで大きな容量を占めているものがあれば削除しましょう。画像や動画なども容量を食いますから、PCがあればPCにデータを移してしまいます。PCがなければ無料ストレージサービスを利用してクラウドにデータを移し、本体にデータを保存しないようにしましょう。

無料のサービスでも15GBから20GBの容量を提供するストレージサービスがありますし、複数の無料ストレージサービスを使い分ければスマホ本体に保存してデータの大半はバックアップができます。

使わないデータを貯めこんで行くことで、スマホ本体のデータ保存量は跳ね上がって行きますから、なくても困らないデータ、めったに使わないデータは思い切って削除しましょう。

「あれば便利」は「無くても困らない」のと同じことですから、スマホ本体のデータ管理には思い切りが必要です。

スマホ本体のデータ整理と管理ができるようになると、iPhoneなどの場合では、より容量の小さいモデルでも十分使用に耐えるようになります。本体容量が小さければ本体価格も安くなりますから、コストパフォーマンスの面でも、スマホ本体のデータ管理は重要になってきます。

まとめ

どんなにお気に入りのスマホでも一定期間が経過すれば機種変更をしなければなりません。スマホのバッテリー寿命は長くて二年ですし、バッテリー交換をしようと思っても、交換費用が高い、自分でバッテリー交換ができない仕様のスマホが多いなどの理由で機種変更は必須になってしまいます。

機種変更が必須であるのならば、今まで使用していたデータのバックアップ、移行も必須になってきます。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない