iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

iPhone7 MNP

ソフトバンクのiPhone7にMNP(乗り換え)で最高に得する11個の方法

更新日:

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えする時に、最高に得するにはどうしたらいいのだろうか…
せっかくMNP乗り換えするのですから、できる限り得になる方法で乗り換えたいですよね。
ここでは、ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えする時に最高に得するための11個の方法をまとめました。
これらの方法を使えば、乗り換え時だけでなく、その後の支払いも断然お得にすることができます。
この11個の方法をぜひ使いこなしてください。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、Web専門の代理販売店で契約する

ソフトバンクのiPhone7はWeb専門の販売代理店で契約
 
結論からいうと、ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えをするのなら、Web専門の代理販売店で契約するのが断然お得です。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

販売店の種類によってキャッシュバック内容は変わる

akane20160312012313_tp_v

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えが可能な販売店は、以下の種類に分けられます。

  • Web専門の代理販売店
  • 街の携帯ショップ
  • 家電量販店内の併設店(直営、代理のそれぞれがある)
  • ソフトバンクの直営店
  • ソフトバンクの公式オンラインショップ

それぞれ営業形態が異なるので、iPhone7へのMNP乗り換え時における特典も異なります。
特典の中でMNP乗り換えされる方が一番気になるのが、キャッシュバック内容だと思います。
上記販売店の中で、現金キャッシュバックを行っているのは主にWeb専門の代理販売店と街の携帯ショップです。
ソフトバンクの直営店や公式オンラインショップでも現金キャッシュバックをすることがありますが、期間限定のキャンペーンに限られます。
家電量販店内の併設店においては、主に家主である家電量販店の商品券かポイントでキャッシュバックされます。

Web専門の代理販売店はキャッシュバック額が高額

ソフトバンクのiPhone7のMNP乗り換えにWeb専門の代理販売店をおススメする理由は、キャッシュバック金額が高く設定されているからです。
なぜなら、Web専門の代理販売店は店舗運営費がかからないため、その分をキャッシュバックに回せるからです。
Web専門の代理販売店の中でも、『おとくケータイ』は"どこよりも高いキャッシュバックの実現"を謳っており、キャッシュバック額の交渉にも応じてくれます。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、古い機種は下取りしてもらう

古い機種は下取り
ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えるのなら、それまで使っていた機種は下取りして貰いましょう。
新しい機種であれば、かなり高額で下取りして貰えます。

下取り対象機種と下取り価格

下取り対象機種 下取り価格
iPhone 6 Plus 27,000円
(1,125円×24回)
iPhone 6 24,840円
(1,035円×24回)
iPhone 5s 21,600円
(900円×24回)
iPhone 5c 16,080円
(670円×24回)
iPhone 5 5,400円
(225円×24回)
iPhone 4s 3,240円
(135円×24回)
Android搭載スマートフォン(一部機種) 21,600円
(900円×24回)
Android搭載スマートフォン(その他) 10,800円
(450円×24回)
従来型機種(ケータイ) 10,800円
(450円×24回)

下取りしてもらって得たお金の受け取り方

下取りしてもらって得たお金は、現金では受け取れません。
下取りに出した機種により受け取り方は異なりますが、基本的に以下から選択することになります。

  • 毎月の携帯使用料金からの割引(24回の分割割引)
  • ソフトバンクカードへのチャージ
  • 商品券・ポイントなど

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、のりかえ割を活用する

のりかえ割

ソフトバンクは、他社からソフトバンクにMNP乗り換えした人に対して「のりかえ割」という割引キャンペーンを実施することがあります。
割引額はキャンペーンごとに異なります。
過去ののりかえ割を見ると、500円~1,000円程度を毎月の携帯電話使用料から2年間割り引いています。
合計すると10,000円~20,000円ほどの割引になりますから、ないがしろにはできません。
のりかえ割は期間限定のキャンペーンです。
のりかえ割が始まったら、のんびりせずに乗り換えを決断した方がよいでしょう。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、積極的にキャンペーンに応募&利用する

プレゼントキャンペーン
ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えをしたのなら、ソフトバンクのさまざまな特典を受ける権利を得ます。
色々な豪華景品がプレゼントされる抽選キャンペーンもあります。
せっかくの権利ですから、積極的に応募して豪華景品をゲットしましょう。
以下は、ソフトバンクが実施しているプレゼントキャンペーンです。

選んで楽しい!スマホグッズキャンペーン

応募資格 対象機種を購入した人
内容 抽選で10,000名にスマホグッズプレゼント
スマホグッズ
  • モバイルバッテリー
  • USB充電器
  • Bluetooth®ワイヤレススピーカー
  • Bluetooth®ワイヤレス防水スピーカー
  • ノイズキャンセリングイヤホン
  • ハイレゾ対応イヤホン
  • ヘッドフォン
  • ワイヤレス自撮り棒
  • インスタントモバイルプリンタ
  • Bluetooth®スピーカー内蔵LED電球
  • スマートライト
  • モバイルバッテリー&ACアダプタ

はじめよう!Google Play Musicキャンペーン

応募資格 スマートフォンまたはタブレット使用者
内容 スマートフォンまたはタブレットからGoogle Play Musicを申し込むと90日間無料で利用できる。
無料期間終了前にいつでも解約できる。
Google Play Music 月額980円で、3,500万曲以上の音楽が聞き放題のサービス。

ライブ中継 データ通信料無料キャンペーン

応募資格 ソフトバンク契約中で、スポナビライブに加入中である
内容 スポナビライブのアプリケーション内の「ライブ中継」と「見逃し配信」を低画質で再生した場合、データ通信料が無料。
スポナビライブ 月額情報量500円(初回1ヶ月無料)でスポーツの生中継が見放題のサービス。

その他のキャンペーン

この他にも、ケータイ代10年分の商品券プレゼントや、QUOカード20万円分+日清カップヌードル100食のプレゼントなど、豪華景品のキャンペーンもあります。
ほとんどが期間限定のキャンペーンですから、この記事をご覧になった時点で終わっているのもあると思いますが、新しいキャンペーンも始まっていることでしょう。
応募の機会は平等に与えられています。
チャンスを逃さず、豪華景品をゲットしてください。

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、故障した端末も買い取ってもらう

壊れた 携帯 iPhone

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするのなら、過去に故障して放置してある端末も買い取ってもらいましょう。
ソフトバンクは「故障端末買取キャンペーン」を実施しており、ソフトバンクと契約している人ならこのキャンペーンを利用することができます。
水没してしまったような機種も買い取ってもらえるのはありがたいですね。
買い取りはTポイントの付与という形で還元されます。

適用条件

ソフトバンクと、iPhone、スマートフォン、ケータイのいずれかの通信サービス契約がある。

対象機種

水没、重度の破損、電源が入らない、など故障している端末が対象です。
買取を行っているのは以下の端末です。

対象機種 付与ポイント
Apple: iPhoneシリーズ、iPadシリーズ 100~9,000
サムスン: Galaxyシリーズ 100~2,000
Google: Nexus 5x 100
ソニーモバイル: Xperiaシリーズ 1,000~2,000
その他のタブレット・スマートフォン 100

買取対象外の端末・物品

  • 基盤の断裂や機種判別が不可能な端末
  • アクセサリーやそれに準ずる物品
  • 改造してあるもの
  • 端末に付随していたUSIM、SDカード

 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、家族も一緒にソフトバンクに乗り換える

家族でのりかえ
ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、家族も一緒にソフトバンクに乗り換えるとお得になります。
ソフトバンクは、家族でソフトバンクにMNP乗り換えをすると携帯使用料に割引を適用するキャンペーンを期間限定で実施しています。
この記事を読まれている時点でソフトバンクが同様のキャンペーンをしているかはわかりません。
しかしながら、割引額も大きいので、タイミング良く同様のキャンペーンを実施しているのなら、ぜひ活用しましょう。

記事執筆時点で実施中のキャンペーン

キャンペーン名 家族ご紹介キャンペーン
受付期間 2016年1月28日~
適用条件 ソフトバンクにMNP乗り換えした家族からの紹介でソフトバンクにMNP乗り換えする。
割引内容 紹介された家族の通信料が、432円×24ヶ月間割引
⇒ 合計10,368円割引

過去のキャンペーン例1

キャンペーン名 家族まるごと割
受付期間 2016年1月28日~2016年3月31日
適用条件 ソフトバンクにMNP乗り換えする。
乗り換えの30日以内に家族回線の登録がある。
割引内容 家族1人1人に1年間最大1,393円/月割引
⇒ 合計最大16,716円割引

過去のキャンペーン例2

キャンペーン名 のりかえ割パワーアップキャンペーン
受付期間 2016年4月1日~2016年4月15日
適用条件 ソフトバンクにMNP乗り換えする。
乗り換えの30日以内に家族回線の登録がある。
割引内容 家族1人1人に2年間900円/月割引
⇒ 合計21,600円割引

家族間の通話がソフトバンク同士なら無料

家族でソフトバンクにMNP乗り換えするメリットは、割引を受けられることだけではありません。
もう一つのメリットは、ソフトバンク同士であれば1時~21時まで通話料が無料だと言う点です。
家族で通話料を気にせず通話できるというのは非常に助かります。

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、ポケットWi-Fiもセットにする

WiFi

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えする時に、ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターをセットで契約するとiPhone7の利用料金が割引になります。
外出先でノートパソコンやタブレットでインターネットをしたい、あるいは自宅にはインターネット回線を引いていないけれどWi-fiでインターネットをしたい、というのであればおススメです。
また、モバイルWi-Fiルーター1回線につき、スマートフォンを5回線まで適用できます。
家族でソフトバンクのスマートフォンをお使いであれば、毎月最大1,008円×5人=5,040円まで割引が適用されることになり、大変お得です。

適用条件

  • 対象となるスマートフォンを、対象となる料金サービスで利用すること
  • 対象となるモバイルWi-Fiルーターを、対象となる料金サービスで利用すること。

割引特典

データプラン 割引額
スマ放題 データ定額パック・
小容量(1/2)/標準(5/8)
ずっと500円/月 割引
スマ放題 データ定額パック・
大容量(10/15/20/30)
ずっと1,008円/月 割引
ホワイトプランなど 2年間 1,008円/月 割引
(3年目以降802円/月 割引)

モバイルWi-Fiルーター データ通信プラン

通信プラン名 通信速度 料金(月額)
4G/LTEデータし放題フラット 下り最大187.5Mbps 3,696円
4Gデータし放題フラット 下り最大110Mbps 3,696円
4Gデータし放題フラット 下り最大110Mbps 3,696円

結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、iPadもセットにする

iPad タブレット

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換える時、タブレットも一緒に購入すると「タブレットずーっと割」というセット割引を受けられます。
タブレットはLenovo TAB2、GALAXY Tab4、iPad から選べます。

タブレット 割引
Lenovo TAB2
GALAXY Tab4
基本使用料から毎月1,520円割引 ⇒ 毎月の支払い980円
or
基本使用料から毎月1,000円割引+15,000円のキャッシュバック(一括) ⇒ 毎月の支払い1,500円
iPad 基本使用料から毎月520円割引 ⇒ 毎月の支払い1,980円
or
15,000円キャッシュバック(一括) ⇒ 毎月の支払い2,500円

この機会にタブレットデビューされてみてはいかがでしょうか。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、ソフトバンクカードを作ってTポイントを貯める

iPhone7で支払 apple pay
ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えるするなら、ソフトバンクカードを作ってTポイントを貯めましょう。
iPhone7より、Apple Payという電子マネー決済機能が追加されました。
Apple PayにはSuicaのような電子マネーカード、VISAカードのようなクレジットカードなどを登録でき、iPhone7だけでさまざまな電子マネーシステムの支払いができるようになります。
ソフトバンクカードもApple Payに登録できる電子マネーカードの一つです。
ソフトバンクカードをApple Payに登録して使用すれば、支払った分だけTポイントが貯まっていきます。

ソフトバンクカードって何?

ソフトバンクカードとは、年会費・入会費ともに無料のプリペイドカードです。

使うほどにTポイントが貯まる

ソフトバンクカードで200円支払うごとにTポイントが1ポイント貯まります。

チャージ方法

ソフトバンクカードへのチャージは以下の4種類から選択できます。

  • 携帯使用料とまとめて支払う
  • 貯まったTポイントから
  • 口座振替
  • 銀行振込

ソフトバンクカードのシステムを使うと、Tポイントを簡単に電子マネーの"円"に変換できるようになります。

Apple Payって何?

Apple Payとは、iPhone版のお財布ケータイ機能です。
Apple Payはさまざまな電子マネーやポイントプログラムに対応しており、自分のクレジットカードやプリペイドカードを加えることも出来ます。
Apple Payを利用することで、iPhone7さえ持っていれば他のカード類を持ち運ぶ必要がなくなります。

Apple Payに対応しているサービス例

クレジットカードブランド
  • アメリカンエキスプレス
  • JCB
  • Master Card
  • イオン
  • au
  • Orico
  • クレディセゾン
  • ソフトバンク
  • TS3
  • d Card
  • View カード
  • 三井住友カード
  • 三菱東京UFJカード
交通機関決済システム
  • Suica
電子マネーシステム
  • iD
  • QuicPay
  • Suica
店舗・サービスの一部
  • ENEOS
  • コジマ
  • サークルKサンクス
  • すき家
  • セブンイレブン
  • ソフマップ
  • 日本交通株式会社
  • ビックカメラ
  • ファミリーマート
  • マツモトキヨシ
  • ミニストップ
  • ユニクロ
  • ローソン
アプリケーション・Web
  • giftee
  • じゃらん
  • 出前館

0. ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、インターネット回線もソフトバンクにする

インターネット

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、自宅のインターネット回線もソフトバンクのサービスに変えると、携帯使用料が毎月最大2,000円割引されます。
ソフトバンクには、自宅用のインターネット回線サービスが3種類あり、自宅の環境に合わせて適切な回線を選ぶことが出来ます。

スマホとインターネットのセット割引 「おうち割光セット」

スマホとインターネットのセット割引「おうち割光セット」の割引額は、契約しているスマホのデータプランによって変わります。

データプラン 割引額(最初の2年間) 割引額(3年目以降)
データ定額パック・大容量 毎月2,000円 毎月1,008円
データ定額パック・標準 毎月1,522円 毎月1,008円
データ定額パック(3Gケータイ) 毎月500円 毎月500円

おうち割光セットのすごいところは、家族にソフトバンクユーザーがいればその家族にもこの割引が適用される点です。
例えば、4人家族で全員がデータ定額パック・大容量を契約していれば、「4人×2,000円=8,000円」の割引が受けられるというわけです。

超速い光ファイバー ソフトバンク光

ソフトバンクの自宅用インターネット回線で最も回線速度が速いのが、光ファイバーを使った「ソフトバンク光」です。

最大1Gbpsの超速回線

ソフトバンク光の回線速度は、最大で1Gbpsに達します。
自宅のWi-Fiにつなげば、スマホで動画もゲームもサクサク快適に動作します。

フレッツ光からののりかえなら工事不要

フレッツ光からソフトバンク光へ変更する場合、回線工事は必要ありません。
フレッツ光の光ファイバー回線を使ってソフトバンク光のインターネットを提供します。
モデムはフレッツ光のものからソフトバンク光のものに交換します。

他社違約金・撤去工事費 満額還元

他社からソフトバンク光に変更した場合、他社回線で発生する違約金や回線撤去にかかる費用をソフトバンクが満額負担してくれます。
他社の回線を解約する時は数万円かかる場合もあるので、非常に助かります。
期間限定キャンペーンなので、この特典を受けたい場合はお早めに。

ソフトバンク光料金

ソフトバンク光月額利用料
集合住宅 3,800円
戸建 5,200円

業界最安値のADSL Yahoo!BBバリュープラン

インターネットの回線速度をあまり気にしないなら、Yahoo!BBバリュープランが安くてお得です。
Yahoo!BBバリュープランは、電話回線を使ってインターネットをするADSLのプランです。
電話回線にADSLモデムを接続させるだけですから、設置も簡単です。

Yahoo!BBバリュープラン費用

 回線速度 月額利用料金
スタンダード プレミアム
12M 通常タイプ 1,265円 2,051円
12M 電話加入権不要タイプ 2,857円 3,643円
50M 通常タイプ 2,564円 2,814円
50M 電話加入権不要タイプ 4,156円 4,406円

※プレミアムとは、Yahoo!プレミアムの特典が使い放題になるプランです。

電話代が無料になるBBフォンが利用できる

Yahoo!BBバリュープランを契約すると、BBフォンという電話サービスを利用できるようになります。
BBフォンは日本全国一律で3分7.99円で電話がかけられる格安電話サービスです。
しかもBBフォン同士であれば電話料金は無料です。

工事不要の無線インターネット ソフトバンクAir

ソフトバンクAirは、「ターミナル」という通信機器を自宅に置くだけでパケット量無制限にインターネットを利用できます。
Wi-Fiを搭載しているので、スマホやパソコンから家族で一斉にインターネット接続することが可能です。

設置がカンタン!

ソフトバンクAirは、ターミナルを電源に接続するだけで使用可能です。
工事をしたくない、あるいは工事ができないところでも、電波さえ届けばすぐにインターネットを始められます。

回線速度が速い

通信は4G対応です。
下りは最大261Mbpsまで出る高速回線です。

ソフトバンクAirの料金

ソフトバンクAirはターミナルを買い取るか、レンタルするかで料金が異なります。

スタンダード プレミアム
買い取り(分割払い) 4,680円 4,880円
レンタル 5,170円 5,370円

※プレミアムはYahoo!プレミアムの特典が使い放題になるプランです。
実は買い取りにした方がお得です。
もともと、ターミナルは58,320円(税込)します。
買い取りプランではこれを3年間の分割で支払っていきます。
しかし、買い取りプランでは毎月の分割代金と同額を月々割として割り引いてくれます。
携帯機種を購入する時に見られる「実質0円」の販売方法と一緒です。
ですので、レンタル料金がかからない分、買い取りプランの方が安いのです。
ただし、買い取りプランの場合は3年間は契約を継続しないとターミナル代金が払い終わらないです。
その前に解約するとターミナル代金の残額を一括払いで請求されます。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

1. ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするなら、電気もソフトバンクにする

ソフトバンクでんき ソーラー発電

ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えるのなら、電気もソフトバンクにした方がお得です。
ソフトバンクグループは電気事業も行っており、「ソフトバンクでんき」として販売中です。
ソフトバンクでんきを使用することで、iPhone7の使用料金を毎月最大300円割引(2年間)して貰えます。

電気料金が安い

ソフトバンクでんきは、従来の電気料金よりも安いです。
ソフトバンクによれば、3~4人家族向けのバリュープランなら392kWh/月の電気を使った場合、2年間で電気代が約16,800円お得になります。

Tポイントが貯まる

ソフトバンクでんきならば、電気代に応じてTポイントが付与されます。
先ほどのバリュープランの例であれば、2年間で約960ポイント貯まる計算になります。

環境に優しい

ソフトバンクでんきは風力と太陽光の再生可能エネルギーを使って発電しており、環境にも優しいです。

ソフトバンクでんきへの切り替えは簡単

ソフトバンクでんきへの切り替えはとても簡単です。
申し込み ⇒ 電力メーターの交換
以上です。
電線を張り替えるような必要もありませんし、メーター交換後は自動でソフトバンクでんきに切り替わります。
申し込み者が行う作業はありません。

ソフトバンクのiPhone7料金プラン

9v9a1690_tp_v

ソフトバンクのiPhone7の料金プランをご紹介します。
ソフトバンクでiPhone7を利用する時は、次の項目を組み合わせて料金プランを作ります。

  • 基本プラン(ホワイトプラン or スマ放題)
  • iPhone7のモデル(7 or 7 Plus、メモリ用量)
  • 契約方法(機種変更 or のりかえ or 新規契約)
  • 基本料
  • インターネット接続サービス
  • ネット定額サービス
  • 割引・キャンペーン
  • ケータイ購入者向け通信料割引
  • 自宅のインターネットとセットで利用するか
  • 自宅のでんきとセットで利用するか

順番に各項目を説明します。

基本プラン(ホワイトプラン or スマ放題)

ソフトバンクでiPhone7を利用するには、基本プランはホワイトプランまたはスマ放題を契約します。

ホワイトプランとスマ放題の違い① 通話料が違う

ホワイトプランとスマ放題は、通話料の扱いが大きく違います。

ホワイトプラン スマ放題
ソフトバンク同士 1:00~21:00は通話無料
21:00~1:00は20円/30秒
いつでも通話無料
他社との通話 20円/30秒 いつでも通話無料

他社との通話をたくさんする人はスマ放題が断然お得です。

ホワイトプランとスマ放題の違い② インターネット利用料が違う

ホワイトプランとスマ放題はインターネット利用料に違いがあります。

ホワイトプランのインターネット利用料

ホワイトプランのインターネット利用料は、パケット定額サービスと呼ばれています。
パケット定額サービスには下記の2種類のプランがあります。

  1. パケットし放題フラット for 4G LTE
  2. パケットし放題 for 4G LTE

「パケットし放題フラット for 4G LTE」は、インターネットをどれだけ利用しても料金は5,700円/月で変わりません。
「パケットし放題 for 4G LTE」は、定額料が2,000円/月から始まり、データ利用料に応じて上限の6,200円/月まで変動するタイプの契約です。
毎月のデータ利用料が5Mバイトを超えると料金の割り増しが始まり、15.5Mバイトで上限の6,200円に達します。
その後はいくら使っても料金は増えません。
15.5MバイトはiPhone7でインターネットをすればあっという間に到達してしまう程度のデータ量なので、少しでもインターネットを使用するのなら「パケットし放題フラット for 4G LTE」にしといた方がお得です。
両方のプランとも、利用データ量が7Gバイトを超えた場合は月末まで送受信時の最大速度が128kbpsに制限されます。

スマ放題のインターネット利用料

スマホ放題のインターネット利用料は、データ定額サービスと呼ばれています。
データ定額サービスはさらに5個のプランから選択できます。

 データ定額サービス 料金(税抜)
データ定額 30GBギガモンスター 8,000円/月
データ定額 20GBギガモンスター 6,000円/月
データ定額 5GB 5,000円/月
データ定額ミニ 2GB 3,500円/月
データ定額ミニ 1GB 2,900円/月

契約したデータ量を使い切ると、追加でデータを購入(1GB=1,000円)するか、翌月になるまで送受信時の最大速度が128kbpsに制限されます。
ホワイトプランとスマ放題のインターネット利用料プランを比べると、6GB以上を毎月使うのならホワイトプランの方がお得です。

ホワイトプランかスマ放題か、選ぶ時のポイント

ホワイトプランかスマ放題か選ぶ時のポイントをまとめます。

  • 他社通話が多い人 ⇒ スマ放題
  • インターネットをたくさん利用する人 ⇒ スマ放題の高容量データプラン
  • 他社通話も多いしインターネットもたくさんする人 ⇒ スマホ放題の高容量データプラン
  • 通話はほとんどせず、インターネットもしない(Wi-Fiは例外) ⇒ ホワイトプラン
  • 通話はソフトバンク同士がほとんどで21:00~1:00は通話しない ⇒ ホワイトプラン

大雑把ですが、選ぶ際の目安にはなるかと思います。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

iPhone7のモデル(7 or 7 Plus、メモリ用量)

_rtm0936_tp_v

iPhone7のモデルを選びましょう。

iPhone7 か iPhone7 Plusか

iPhone7とiPhone7 Plus の違いを下記表にまとめました。

iPhone7 iPhone7 Plus
サイズ(高さ×幅×厚さ) 138.3 × 67.1 × 7.1 mm 158.2 × 77.9 × 7.3 mm
重量 138g 188g
ディスプレイ 4.7 インチ 5.5インチ
1,334 × 750ピクセル 1,920 × 1,080ピクセル
解像度 326ppi 解像度 401ppi
1,400:1コントラスト比(標準) 1,300:1コントラスト比(標準)
カメラ 12MPカメラ 12Mp広角カメラと12MP望遠カメラ
 f/1.8の開口部 広角: f/1.8の開口部
望遠: f/2.8の開口部
最大5倍のデジタルズーム 2倍光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
連続通話時間(ワイヤレス) 3Gで最大14時間 3Gで最大21時間
連続待受時間(ワイヤレス) 最大10日間 最大16日間
インターネット利用(ワイヤレス) 3Gで最大12時間 3Gで最大13時間
4G LTEで最大12時間 4G LTEで最大13時間
Wi-Fiで最大14時間 Wi-Fiで最大15時間
ワイヤレスビデオ再生(ワイヤレス) 最大13時間 最大14時間
ワイヤレスオーディオ再生(ワイヤレス) 最大40時間 最大60時間

iPhone7とiPhone7 Plusで一番大きな違いといえば、iPhone7 Plusはカメラが2種類付いているという点でしょう。
写真撮影や動画撮影を重視される人にはiPhone7 Plusがおススメです。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
 

iPhone7のカラー

iPhone7 と iPhone7 Plusには5色が用意されています。

  • ローズゴールド
  • ゴールド
  • シルバー
  • ブラック(新色)
  • ジェットブラック(新色)

新色のブラックとジェットブラックが人気のようです。

iPhone7のメモリサイズ

メモリサイズは、32GB、128GB、256GBから選びます。
メモリサイズが大きくなるほど機種代金は高くなります。

契約方法(機種変更 or のりかえ or 新規契約)

契約方法が機種変更か、のりかえか、新規契約かで受けられる割引やキャンペーンが異なります。

機種変更で受けられる割引・キャンペーン

機種変更でiPhone7にするのなら、「タダで機種変更キャンペーン」を利用できます。
それまで使っていた機種をソフトバンクに引き取ってもらい、月々の利用料金を2年間割引して貰えます。
引き取ってもらう機種によって割引金額は異なります。
例えば、iPhone6s Plusを引き取ってもらった場合は毎月1,500円が割引されます。

のりかえで受けられる割引・キャンペーン

のりかえでiPhone7にするのなら、「のりかえ下取りプログラム」を利用できます。
「のりかえ下取りプログラム」は「タダで機種変更キャンペーン」ののりかえ版です。
それまで使っていた機種をソフトバンクに引き取ってもらい、月々の利用料金を2年間割引して貰えます。
引き取ってもらう機種によって割引金額は異なります。
例えば、iPhone6s Plusを引き取ってもらった場合は毎月1,100円が割引されます。
「のりかえ下取りプログラム」は、「パケットし放題 for 4G LTE」では適用外なので注意しましょう。

機種代金

機種代金は24回払いのみです。

32GB 128GB 256GB
iPhone7 88,080円 99,840円 111,840円
iPhone7 Plus 88,080円 99,840円 111,840円

価格は
SoftBank Online Shop』のものです。
SoftBank Online Shop』以外で購入する場合は価格が異なる場合があります。

基本料

ホワイトプラン

ホワイトプランの基本料は、943円/月(税別)、2年契約非加入であれば1,867円/月です。

スマ放題

スマ放題の基本料は2種類あります。

スマ放題 基本料
通話定額基本料 2,700円/月(税別)
2年契約未加入時: 4,200円/月(税別)
通話定額ライト基本料 1,700円/月(税別)
2年契約未加入時: 3,200円/月(税別)

※通話定額ライト基本料では、国内音声通話が5分までなら無料、5分を超える分は20円/30秒がかかるプランです。

インターネット接続サービス

メールやインターネットを利用するには、インターネット接続サービスの「ウェブ使用料」を支払う必要があります。
ウェブ使用料は300円/月(税別)です。

インターネット利用料

ホワイトプランではパケット定額サービス、スマ放題ではデータ定額サービスが自動的に選択されます。
詳細については前述の「ホワイトプランとスマ放題の違い② インターネット利用料が違う」を参照してください。

割引・キャンペーン

機種変更の場合は「タダで機種変更キャンペーン」、のりかえの場合は「のりかえ下取りプログラム」が利用できます。
詳細は前述の「契約方法(機種変更 or のりかえ or 新規契約)」をご参照ください。

ケータイ購入者向け通信料割引

iPhone7を購入すると、ケータイ購入者向け通信割引として、「月々割」が適用されます。
月々割は、機種に応じて一定額を毎月通信料から割り引くサービスです。
新規・のりかえか機種変更かでも割引額は変わります。
また、ホワイトプランでウェブ使用料とパケット定額サービスに加入すると月々割が割り増しされるバリュープログラムが適用されます。

新規・のりかえの月々割

32GB 128GB 256GB
iPh0ne7 -3,220円
×24ヵ月
(-77,280円)
-3,230円
×24ヵ月
(-77,520円)
-3,235円
×24ヵ月
(-77,640円)
iPh0ne7 Plus -3,140円
×24ヵ月
(-75,360円)
-3,235円
×24ヵ月
(-77,640円)
-3,240円
×24ヵ月
(-77,760円)

機種変更の月々割

32GB 128GB 256GB
iPh0ne7 -2,815円
×24ヵ月
(-67,560円)
-2,825円
×24ヵ月
(-67,800円)
-2,830円
×24ヵ月
(-67,920円)
iPh0ne7 Plus -2,735円
×24ヵ月
(-65,640円)
-2,830円
×24ヵ月
(-67,920円)
-2,835円
×24ヵ月
(-68,040円)

バリュープログラムの月々割増額金額

パケットし放題フラット for 4G -620円
×24ヶ月
(-14,880円)
パケットし放題 for 4G -310円
×24ヶ月
(-7,440円)

自宅のインターネットとセットで利用するか

ソフトバンクが提供するインターネットサービスを契約すると、iPhone7の通信料が割引されます。

自宅のでんきとセットで利用するか

ソフトバンクが提供する電気サービスを契約すると、iPhone7の通信料が2年間毎月最大300円割引されます。

まとめ

yuka20160818503514_tp_v-1024x682
ソフトバンクのiPhone7にMNP乗り換えするのなら、次の11個の方法を活用して頂ければ最高に得することができます。

  1. Web専門の代理販売店で契約する
  2. 古い機種は下取りしてもらう
  3. のりかえ割を活用する
  4. 積極的にキャンペーンに応募&利用する
  5. 故障した端末も買い取ってもらう
  6. 家族も一緒にソフトバンクに乗り換える
  7. ポケットWi-Fiもセットにする
  8. iPadもセットにする
  9. ソフトバンクカードを作ってTポイントを貯める
  10. インターネット回線もソフトバンクにする
  11. 電気もソフトバンクにする

結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
MNP乗り換え時に得するのは当然ですが、ソフトバンクグループが提供するさまざまなサービスを活用してよりお得で楽しい生活を送って下さい。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-iPhone7, MNP

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.