iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

MNP 格安SIM

ソフトバンクから格安スマホにMNPで乗り換える前に知っておくべき全知識

投稿日:

「最近よく耳にする格安スマホに切り替えようかな」と考えている人や、「格安スマホって最近よく聞くけど本当に安くなるの?」と興味があるという方が最近は非常に多いですよね!
ただ、格安スマホがどんなものかあまり詳しくわかっていないし、今使っているスマホと使い方や契約がわかりづらくなってしまうんじゃないかと不安になってしまい、乗り換えるかどうか悩んでいる方も多いと思います。
 
現状問題なく使えているものが、使い方が大きく変わってしまったりすることを面倒だと考えることが多いので当たり前ですよね!でも、使い方などが大きく変わらなければ安いに越したことはありませんよね?
大手キャリアから格安スマホに変えてしまっても本当に大丈夫なの?と悩んでいる方向けに、大手キャリアでもソフトバンクに焦点を絞ってソフトバンクから格安スマホに乗り換えるなら知っておきたい全知識を紹介していきます。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

そもそも格安スマホとは?どんな人が格安スマホにむいてる?

images
格安スマホにすれば毎月の携帯代金が安くなることはなんとなくわかっているけど、実際格安スマホがなんなのかは詳しくわからない、という方向けに格安スマホとはそもそもなんなのかをご紹介していきます。
また、格安スマホにはさまざまな料金プランがあります。使い方によってはそのまま大手キャリアで利用した方がいい場合もあります。
ですから、格安スマホにした方が毎月の利用料金が安くなる可能性の高い方、格安スマホにした方がいい方の特徴も紹介していきます!
 

・格安スマホとは料金の安いSIMを利用したスマホのこと

「格安スマホ」「格安SIM」というワードはよく耳にしますが、格安スマホとはこの格安SIMを使ったスマホのことです。
では、そもそも格安SIMとはなんなのかというと、大手キャリアのドコモ・auの通信回線(通話回線・インターネット回線)を借りる形で、利用者に格安で提供しているSIMカードのことを指しています。
格安スマホと格安SIMと同じで「MVNO」というワードを聞くことも増えしたよね!このMVNOというのは、ドコモやauから通信回線を借りて利用者に提供している企業のことをいいます。
 
なぜ格安SIMは通信回線を大手キャリアから借りて提供するだけで、安く利用できるのでしょうか?

  • 人件費を削っている

まず大手キャリアのように格安SIMの提供会社は多くのショップを運営していませんし、アフターサービスなどを有料化しているところが多いです。ショップを運営していなかったり、アフターサービスを有料化にしていたりすることで、人件費削減を試みています。

  • 開発費用がかからない

また、人件費削減以外にも大手キャリアの通信回線を借りて提供しているということは最初の開発費用などもかかりません。開発費用や、人件費などを抑えることで、利用者に安く提供することを可能にしています。

・格安スマホへの乗り換えは通話時間が少ない人におすすめ

大手キャリアを利用するか格安スマホを利用するかまだまだ悩んでいる方は多いと思います。
もちろん料金が安くなるのであれば、格安スマホにすることは大きなメリットではありますが、全員が格安スマホにすれば安くなるといったわけではなありませんのでご注意ください。
「じゃあ、格安スマホにして安くなるのは一体どんな人なんだ?」と疑問に思われる方も多いことでしょう。利用方法によって安くなるかどうかが異なりますが、一番は通話時間が少ない人がおすすめです!
 
大手キャリアでは、通話かけ放題のプランがあり、通話時間が多い方でも毎月の利用料金を低額で利用することができます。一方格安スマホの場合、24時間通話し放題といったプランはありません。ですから仕事などで利用し通話時間が多い方だと逆に料金が格安スマホに変えても高くなってしまうことがあります。
逆に通話し放題プランが不要な方であれば、格安スマホがおすすめということです!
 
今はネットのデータ容量にプランによって、料金が変わってきますよね。大手キャリアのプランに比べて格安スマホは、データ容量が少ないプランでも多いプランでも安くなっています。
結論を言うと、通話さえしなければ大体のプランが安くなる、ということです。
また自宅にwi-fiなどをつないでおらず、スマホのデータ容量を大量に使うという方でも、格安SIMはおすすめです。データ容量無制限のプランなどもありますので、通話さえしなければほとんどの方が格安スマホの方がおすすめといえます。
 
じゃあ通話をしたら絶対に格安スマホはお得じゃないのか?というとそうとも言えません。
格安スマホの中でも、月間○○時間は通話無料になったり、○分以内の通話が無制限無料などのオプションサービスをつけることができるので、通話時間が制限されていたりする方であれば通話をしても、格安スマホで安く毎月の利用料金を抑えて利用することができます。
通話の利用頻度とデータ容量を比較してプランを選んでみてください!
 
 

格安スマホのメリット・デメリットは?

フリーSIM
料金が安くなるのはわかったければ安かろう悪かろうで、大きなデメリットがあるんじゃないの?!と不安に思うのが正直な意見かと思います。もちろん格安スマホにはメリットもありますが、デメリットも少なからずあります。
しっかりと格安スマホのメリット・デメリットを把握しておけば賢く格安スマホに変えることができます。
 
ソフトバンクから格安スマホに変える前に知っておきたい、格安スマホにメリット・デメリットを紹介していきます。
 

・格安スマホのメリット

さまざまな格安SIM提供会社が多いので、共通している格安スマホのメリットを何点か紹介していきます!

毎月の利用料金が安い

格安スマホのメリットは、やはり料金が大手キャリアに比べて安いことです。いまや生活に欠かせないスマホですが、欠かせない分、毎月の利用料金を抑えることで長い目で見ればかなりの節約につながります。
ソフトバンクやドコモに比べて毎月の利用料金を3分の1以下に抑えることも可能です。料金が安くなるというのは格安スマホの最大のメリットなのです。

プランが豊富で無駄のない契約ができる

格安スマホは、プランが豊富で自分にあった料金プランで契約できるのもメリットの一つです。
大手キャリアでもスマホのデータ容量の少ないプランを提供しています。しかし、どれも通話し放題をつけるのが前提なので、通話し放題にしても通話の時間が短い人は無駄の多い契約内容です。
 
ですが、格安SIMの料金プランは、データ容量も少量のものも多いです。そして通話をするかしないかも選べますし、通話をするにしてもかけ放題にしなくていいので無駄のない料金プランで契約することができ、さらに料金を安くすることができます。
 

契約の縛りがないまたは縛りの期間が短い

大手キャリアの場合契約期間の縛りがあり、ほとんどが二年の契約期間です。縛りの期間内に解約すると、違約金として1万円前後のお金がかかる契約をしている方が多いと思います。
ですが、格安SIMに関しては、二年の契約縛りがなかったり、二年ではなく半年や一年など契約の縛りの期間が短い場合が多くあります。契約期間を気にすることなく好きなMVNOとの契約が可能も格安スマホのメリットの一つです。
他にも格安SIMの提供会社によっては、ポイントサービスが優れていたりと他にも格安スマホのメリットもあります。契約を考える提供会社独特のメリットも要チェックですね。
 

・格安スマホのデメリット

格安スマホのメリットを紹介してきましたが、もちろん格安スマホにデメリットはあります。メリットよりもしっかりと把握しておきたいのがデメリットなので、確認しておきましょう!
 

キャリアのメールアドレスがない

ソフトバンクやドコモのような大手キャリアでは、@docomo.ne.jpや@softbabnk.ne.jpなどのキャリアのメールアドレスがありますよね。格安スマホの場合はこういったキャリアのメールアドレスがありません。
ですが、格安スマホでも電話番号はそのまま引き継いで使えるのでSMSを利用したり、Googleなどのフリーメールを使えば問題は解決されます。
 
しかもどこのキャリアにMNP乗り換えしたとしてもキャリアメールアドレスは、引き継いで利用することはできませんので、フリーメールをメインに使うことをおすすめします!

アフタフォローがない、または有料の場合があり

格安スマホを提供している業者は大手キャリアのようにショップをたくさん構えたりしていません。なにか問題が起きたときに、近くのショップにいけばすぐ問題が解決!といったようになにか問題が起きた時のアフターフォローが受けられません。
ショップを構えたりしないことで人件費削減で安く提供している分、こういった部分がデメリットにあがります。
また、設定なども自身でできない場合もショップを構えていないことがデメリットになります。
 
ショップを構えていないからといってまったくしてくれないわけではないのですが、設定などを頼むと有料になる場合があり、設定を頼むことも容易ではないのが格安スマホのデメリットです。

セットで購入できる端末の種類が少ない、またはスペックが微妙の場合もあり

ソフトバンクなどの大手キャリアでは、最新のiphoneや最新のアンドロイドスマホなど端末の値段もスペックも高いスマホをセットで購入することができ、月々の端末に対する割引などもありますね。これらの割引を受けることで実質の負担金額が安くセットで購入することができます。
ですが、格安SIMとセットで購入できるスマホは値段も安い分、スペックも大手キャリアでセットで購入できる最新のスマホなどに比べると劣るものも多いです。
例えばカメラ機能であれば、デジカメを別で持っている、写真の画質にはこだわりがない方、メールや検索だけが簡単にできればいいという方には、スペックが低くても問題はありません。
通常の利用であればなんら問題なくできるスマホなので特にこだわりがなければスペックは問題ないのです。
 
しかし、セットで購入できるスマホの種類も少なくなかったりするので、スマホ自体にこだわりがある方にとっては格安スマホのセットで購入できるスマホの種類が少なかったり、スペックが若干劣っている点がデメリットですね。
 
 

ソフトバンクから格安スマホにする場合に知っておきたい注意点は?

yuka20160818503514_tp_v-1024x682
格安スマホがなぜ安く利用できるのか、格安スマホに変更するにあたってのメリット・デメリットを大まかに紹介してきました。ここからは実際に大手キャリアのソフトバンクから格安スマホに変えるに当たり、知っておきたい注意点を具体的に紹介していきます。
 
ソフトバンクから格安スマホに乗り換えるにあたって当たり前のようなことから、え?そうなの?というような注意点まで詳しくご紹介していきます。
ソフトバンクから格安スマホに変更しようと考えている方は、しっかりと確認しておきましょう!
 

・違約金や手数料がソフトバンク、格安SIMで発生する

ソフトバンクから格安スマホに切り替えるにあたってまず知っておきたいことが、乗り換え痔にかかる費用についてです。
 
ソフトバンクでは二年間の契約期間の縛りを設けたプランが主流で二年の更新月以外の解約には解約手数料が1万円程度かかってしまいます。
 
また、MNPといって番号そのままで格安スマホに乗りかえる場合、ソフトバンクでMNP転出手数料というものが発生します。こちらが、3,000円かかります。
この転出手数料はどのタイミングで転出したとしてもMNPをする限りは必ずかかるものです。
 
解約金は2年の更新月以外の月だと2年以上たっていても発生する費用です。逆に言うと、更新月に転出できれば費用がかからず格安スマホに切り替えることができるということです。
しかし、どうしてもこの更新月を待たなければいけないということもないので、格安スマホに切り替えて毎月の利用料がさがるのであれば違約金は払ってでも早めに切り替えることをおすすめします。
 
例えば、解約金1万円程度を払ったとしても、2か月程度で±0円になることもあるので、早めに費用をかけてでも安くしてしまうのもありです。
ここまではソフトバンクでかかる費用ですが、格安SIM側でも手数料が発生することがあります。ですが格安SIMでも初月無料にしていたり数か月割引を行っていたりして、なるべく負担にならないようになっています。
 

・ソフトバンクのメールアドレスは使えない

これはソフトバンクから格安スマホのみならず、どこのキャリアにMNPしたとしてもキャリアのメールアドレスは引き継いで使えません。当たり前のようなことですが念のため紹介しておきますね。
まず、格安スマホのデメリットとしても紹介していますが、格安スマホでもGoogleやYahoo!などのフリーのメールアドレスの取得をすることができます。キャリアのメールアドレスが使えなくても困らないように普段からフリーメールを利用するのがおすすめです。
 
また余談ではありますが、現在登録しているサイトなどにメールアドレス変更等の手続きをする際、ソフトバンクのスマホでしておくことがおすすめです。
使い慣れない新しいスマホで再登録や変更の手続きをするのは結構ストレスです。
フリーメールであれば格安スマホに変更する前に取得や利用することができるので、ソフトバンクで利用していたスマホがまだ使える状態で各種登録情報の変更や再登録しておくことがおすすめです!
 

・ソフトバンク回線の格安SIMはない

格安SIMは、大手キャリアの回線を借りて提供していると紹介しました。格安SIMで使っている回線で断トツに多いのがドコモの回線を利用した格安SIMです。もともと最初はドコモの回線を利用した格安SIMから始まったからですが、最近ではauの回線を利用した格安SIMも増えてきました。
一方、ドコモ・auと同じ大手キャリアの一つであるソフトバンクは、ソフトバンクの回線をどこにも貸し出していません。2017年2月現在ではソフトバンクの回線を利用した格安SIMはありません。
Y!mobileは?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、Y!mobileはPHSのくくりになるため格安SIMとは少し種類が違います。なので今現在ではソフトバンクの回線を利用した格安SIMは存在しないのです。
 

・ソフトバンクで使っていた機種が使えない

前述でソフトバンク以外のドコモ・auの回線を利用した、格安SIMは存在すると紹介しました。そのため、ドコモ・auで以前使っていたスマホ端末は格安SIMの利用している回線によっては利用することができます。
例えばドコモで使っていたスマホをそのままドコモ回線を利用している、OCNや楽天モバイルでも利用することができるということです。これは格安スマホにするにあたっての大きなメリットです。
ですが、今回紹介しているソフトバンクから格安スマホへの変更では例外です。
なぜならばソフトバンクの回線を利用している格安SIMがないためにソフトバンクで利用していた端末は格安SIMを差し込んで利用することができません。(動作保証がされていません!)
 
これは大きなデメリットで、要は格安スマホにするタイミングで格安SIMを差し込んで利用できる端末をセットで買うか用意する必要があるということです。
契約する予定の格安SIMとセットで購入できる端末でお気に入りのものがあれば、分割での購入などがおすすめです。なかった場合は、中古のドコモ・auの端末や新品のSIMフリーのスマホを購入する必要があります。中古でも新品でも購入には費用が発生してしまいます。
 
SIMを購入したはいいが、ソフトバンクの端末しか持っていないということになれば利用することはできません。ソフトバンクから格安SIMに切り替える場合はしっかりとスマホ自体をどうするか考えておきましょう!
特に最新のiphoneを利用をしたい人はSIMフリー版かドコモ・auの新古や中古の端末を購入しなくてはなりません。この場合、初回にかかる費用もかなり高くつきます。
分割で考えた場合、格安スマホで利用するよりも、大手キャリアで分割で購入して利用しても費用があまり変わらない場合もあります。
 
格安SIMを利用して毎月の利用料金を下げたいのであればセットで購入できる安価のスマホを選ぶことをおすすめします。
 

・ソフトバンク端末でも格安SIMを使える端末もあり

前述ではソフトバンクで利用していた端末は格安スマホとして利用できない、と紹介しました。でも、実は格安SIMを利用することができる端末もあります。
なぜソフトバンクの端末が格安SIMを差し込んで利用することができないかというと、端末自体にソフトバンクがSIMロックをかけているからです。
SIMロックというのは、簡単にいうとソフトバンクがソフトバンクの回線以外では動作しないようにロックをかけているということです。しかし、総務省からの指導で2015年からSIMロックを解除できるようにしなければならないことになりました。
 
つまりソフトバンクの端末であっても2015年夏以降のSIMロックを解除できる端末であれば格安SIMを差し込んで格安スマホとして利用することが可能です。
 
2015年以前のモデルではソフトバンクは、ドコモに比べるとSIMロック解除ができるスマホの種類は少ないのですが、何種類かのスマホはSIMロックを解除して利用することができます。
SIMロック解除をすれば格安SIMを差し込んで利用することができます。ソフトバンクの公式ホームページなどでお手持ちの端末がSIMロック解除対応の端末かどうか確認してみましょう!
ただし、SIMロックを解除したからといって絶対使えるというわけではありませんので、ご注意ください。不安な場合は契約しようとしている格安SIMの会社に聞いてみてください。
 

・ソフトバンクの公衆の無線LANが使えない

こちらもメールアドレスと同様に当たり前のように思いますが、ソフトバンクの公衆無線LANが使えなくなります。
ソフトバンクの公衆無線LANは数多くあり、データ容量が少ないプランにしていても公衆無線LANで利用することができたので十分利用できた場合もあったと思います。
例えば、ソフトバンクの公衆無線LANの利用ができるカフェやファミレスなどで仕事をする人や勉強をする人は、公衆無線LANを利用して、音楽を聴いたり動画を見ているかと思います。
しかし、格安スマホに変えると公衆の無線LANが利用できないので、ソフトバンクでは2ギガで足りていたプランも、格安スマホでは足りなくなる可能性もありますので要注意です!
 
 

ソフトバンクから格安スマホにMNPで乗り換える際の手順は?

mvno
格安スマホにするにあたって知っておきたい注意点を何点か紹介してきました。次は格安スマホに乗り換えるにあたってどういった手順をふめば変更できるのかが気になるところですよね。
格安スマホにソフトバンクから変更するにあたっての、ソフトバンクでする手順と格安スマホ側でする手順を順を追って紹介していきます!
 

・格安スマホに乗り換えるためにソフトバンク側ですること

ソフトバンク側ですることはほとんどなく簡単なのですが、初めて格安スマホに変更しようと考えている方なら不安に思われ当然です。ソフトバンク側ですることをご紹介していきます。

①予約番号の取得

まず、ソフトバンクですることとすればMNP予約番号の取得です。
予約番号は、以前乗り換えを経験したことがある方ならご存知かと思います。電話番号をそのまま利用するMNPに必要な暗証番号のようなもので、この予約番号をソフトバンクで発行して、新しい格安SIM会社に登録してもらいます。そうすることによって、そのままソフトバンクで利用している電話番号を使うことが可能です。
 
予約番号の発行は、ソフトバンクのショップで発行することももちろん可能です。しかしそれだと時間も手間もかかってしまいます。予約番号の発行は電話で簡単にできるので、電話での発行をおすすめします。
ソフトバンクの問い合わせ番号(ソフトバンク携帯からであれば157)に電話をして、音声ガイダンス通りに従えば即日発行ができるので、予約番号を発行しましょう!
 

②Gmailのアカウントを作っておく

ソフトバンクでの使っていたメールアドレスは格安スマホに変更すると、使うことはできなくなってしまうのでフリーメールを作ってください、と紹介しましたね!フリーメールの中ではGmailが1番おすすめです。
なぜなら、格安スマホでアンドロイドスマホを利用する場合、Googleアカウントが必要になるためです。
 
以前から利用している方であれば特に新しく作る必要はありません。まだお持ちでない方は、新しいスマホになってから大変な思いをしなくていいように、使い慣れたソフトバンクのスマホから作っておくことをおすすめします!
またiphoneからアンドロイドスマホに変更する場合などは、データ移行をGoogleのアカウントを利用して移行することが可能なのでバックアップの意味でも作って連動しておくとよいでしょう。
以上がソフトバンクのスマホを利用時にしておくことです。簡単ですよね。
 

・格安スマホに乗り換えるために格安スマホ側ですること

では予約番号の発行が終わり、バックアップなども問題なく終われば、次は新しい格安SIMの契約のためにすることです。はじめての方なら難しく感じてしまうかと思いますが、簡単に紹介していきます!

①格安SIM会社を選ぶ

まず、ソフトバンクから乗り換えて新しく利用する格安SIMを選びましょう。格安SIMはさまざまな会社からでていて、プランも豊富です。自分の現在の利用方法をしっかり把握することで自分にあった料金プランの格安SIMを選ぶことができます。
まず、格安SIMに変更してから通話頻度はどうなるか、データ容量はどれくらいがベストなのかを判断してみましょう。
 
格安SIMの選び方としては、料金プランももちろんですが似たような料金プランの格安SIMが多いので、料金プランで判断できない場合は、他のポイントで選びましょう!
例えば、固定回線を利用している会社からでている格安SIMでセット割引を受けられたり、楽天で買い物することが多いのであれば、楽天モバイルにすればポイントアップになったり、と付加価値で格安SIMを選ぶのもおすすめですよ。

②セットでスマホを買うなら端末を決める

格安SIMを選びましょうと前述しましたが、ソフトバンクで利用していて格安スマホに変更する方であれば、ほとんどがスマホ端末を同時に選び購入する必要があるでしょう。
格安SIMを選ぶときにセットで購入できる端末を比較して選んでもいいと思いますし、気に入るものがなければ中古端末を購入したりSIMフリーの端末を購入する必要があります。
 
新しいSIMフリー端末などを高額で一括で購入するのであれば、月の維持費と分割にした場合の金額を足して毎月の利用料金としてソフトバンクで利用した場合を比較しておくのがおすすめです。
案外値段が変わらなかったり、大手キャリアに乗り換えて分割割引を受けたほうが安い可能性もあるので、端末選びは重要です。

③申し込み前に用意するもの

9
格安SIMを申し込むにあたって用意しておく必要なものを紹介していきます。

  • ソフトバンクで発行したMNP予約番号
  • クレジットカード
  • 本人確認書類

以上3つが格安SIMにソフトバンクから乗り換えるにあたって必要なものです。
MNP予約番号は、ソフトバンク側で事前にすることとして前述した通りに発行してもらい控えておいてください。
格安SIMの決済は、ほとんどがクレジットカードになっており、口座引き落としなどは対応していない場合があります。申し込み前にクレジットカードを持っていればお手元に準備し、クレジットカードがなければ作っておく必要があります。
最後に本人確認書類を提出するので、申し込み時には運転免許証や保険証など本人確認書類を用意しておいてください。

④格安SIMの申し込み

格安SIMが決まり、利用するスマホを決め、必要なものの準備が整えばあとはオンライン上などで申し込むだけです。申し込んでしまえば、あとはやSIMの到着を待つだけです。
さて、申し込みですが、格安SIMの申し込みはオンライン上でおこなうことができます。ホームページ上に申し込むページがあるので手順に従い申し込むだけです。その際に、ソフトバンクで発行し、手元に準備しておいたMNP予約番号を入力するところがあるので入力すれば電話番号の変更などはなく利用できます。
一通り手順に従い申し込み内容の入力が終われば、本人確認書類をオンライン上でアップロードしたりメールで送信すれば申し込み完了です。
 
以前は本人確認書類をコピーなどして郵送するのが主流でしたが、最近ではスマホのカメラで本人確認書類を写真で撮影し、提出するだけでいいことがほとんどになりました。コピーしにいったり郵送にだしたりと手間をかけることなく申し込みが可能です。
ここまで終わればあとは審査や登録を待ち、手元に格安SIMとセットで購入したのであれば端末も一緒に届くのを待てばOKです!

⑤到着後、切り替え作業を行う

問題なく審査・登録が終われば申し込みから大体2日から1週間以内で、申し込みした住所にSIMとセットで購入した場合端末が届きます。
SIMや端末が届いた時点からすぐに使えるわけではなく、回線の開通作業を行わなくてはなりません。
この開通作業は電話でオペレーターに聞きながら行うことができますが、簡単ですので同封されている説明書類の手順の通りにやってみましょう。
ソフトバンクで発行した予約番号には、実は期限があります。発行した日から2週間というのがその期限です。その2週間の間に開通作業までを終わらせなければ予約番号を再度取得をしたり、手順通りに開通作業が行えなっかたり、と支障がでてしまう可能性があります。
ですので、⑤到着後、切り替え作業を行う、までを予約番号の期限内に行えるよう、申し込みから到着まで余裕をもっておくことをおすすめします!
 
 

まとめ

sim%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89
ソフトバンクから格安SIMを利用した格安スマホに切り替えるにあたって知っておきたい全知識、として紹介してきましたが、いかがでしたか?
格安スマホに変えると年間で利用費が数万円安くなることもあります。安くなるのであれば切り替えは早いに越したことはありません。
大手キャリアの通信を借りているで電波が非常に悪くなる心配もありませんし、通話が少なく、機種などに強いこだわりがない場合は格安SIMに切り替えた方がほぼ間違いなく安く使えます。
ただ、大手キャリアから格安スマホに変えるのは初めてで不安、という方は非常に多いと思います。格安スマホへの乗り換えが不安だという方は、ここまで紹介した内容をしっかり確認して格安スマホに乗り換えましょう!
 

関連記事

ソフトバンクのiPhone7にMNP(乗り換え)で最高に得する11個の方法
ソフトバンク機種変更の全方法|超お得なキャンペーン・クーポン活用法まとめ!
格安スマホで買うべき機種は?格安スマホのプランと選び方完全解説!
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-MNP, 格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.