iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

MNP 暮らし

ソフトバンク一括0円のMNPでお得に機種変更するために知っておきたい全知識

投稿日:

人間の感覚は恐ろしいもので、正直3000~4000円ずつ分割で払っていると大金を払っている気がしないのですよね。怖いところでもあるわけですが、スマホの買い方についてです。
 
テレビCMで行っているような最新スマホの場合、だいたい本体代が10万円ほど。2年縛りのサポートを付けても40000円前後するものがほとんどです。
購入時に「40000円です」と現金を要求されると、「高い!」となりますが、24回払いとかになっているので、その場合、1か月1600円ほどと、正直たいしたことないと思ってしまいます。
しかも、通常のスマホ利用料に加算されているから尚更です。
 
「あれ!?月々のスマホ代思ったより高くない?」と思った方、大半の場合、それ端末代ですよ。
次の機種変更の時は、スマホ代を0円にして、スマホ代を節約したい!と思っている方、MNPなどで0円端末も不可能ではないのです。
しかも、意外と最新の機種まで!ドコモ、au、ソフトバンクのうち、ソフトバンクが圧倒的に0円端末の豊富さは評判なのです。ソフトバンクならではの特典もありますし、これを機に、スマホも機種変更して気分もリフレッシュしませんか?
 
ソフトバンクにMNPして0円携帯をゲットする方法をお教えします。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

一括0円と実質0円の違い

%e7%89%9b%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b
ソフトバンクのお得なプランなどを紹介する前に覚えておきたいのが、「一括0円」と「実質0円」の違いです。0円というインパクトのあるワードが印象強すぎて、「同じ意味?」と一瞬思ってしまいますが、実はだいぶ違うものなのです。
まず一括0円は、正真正銘0円になりますよ!って意味です。つまり0円でスマホなどの携帯電話が手に入るのは【一括0円】の方となります。
例えば、65000円のスマホを一括0円で購入したとします。その場合、月々の基本使用料などから割引額がトータルで65000円になるというわけです。
例えば、2年間割引が適用されるとしたら、月々約2709円割引がされており、2年縛りの契約期間内で、本体代金の分が割り引かれており、ずばりタダでゲットというわけですね。
 
対する「実質0円」は、実はタダではないのです。
正直、タダで手に入ると思っていた人も多いのではないでしょうか。簡単に言うと、実質0円は、2年間分割で支払っているスマホ代分をサポートしてくれている割引額で0円にしてくれるという意味です。
ん?こうやって文章で読んでも違いがよく分からないぞ!と思うと思います。ホント、その通りで、巧妙に割引が仕組まれており、多くの人が(言葉は汚いですが)騙されているようなものです。そこで、具体例を出してみてみましょう。
 

【一括0円割引適用】

基本使用料1000円+通話料1800円+パケット代5000円-月々サポート割引2700円=5100円

【実質0円割引適用】

基本使用料1000円+通話料1800円+パケット代5000円+端末分割払い2700円-月々サポート割引2700円=7800円
※金額はあくまでも仮です。
こんな感じです。前述したとおり、全く同じように見えて「一括0円」と「実質0円」だと、仮のシミュレーションで2700円も差額が出ました。ももちろん1回のみではなく。基本2年間。2年間だとすると2700円×24回=64800円となり、こんなにも差が出てしまうのです。
冒頭に書いたように、分割払いにすると、よく分かりづらくなってしまいますが、64800円多く支払っていると思うと、すごく損した気分になりますよね。
 
キャリアショップや家電量販店、街の携帯電話ショップでは《0円》とでかでかと書いてあって、小さく《実質》なんて書いてある場合も少なくありません。《一括》か《実質》どちらの0円なのか、しっかり見て、《一括0円》をチョイスするとお得にスマホをゲットできます。
 
ここからは余談になりますが、今だとiPhone7やXperia X performanceのような最新モデルとなると、なかなか一括0円を探すのも困難どころか、実質0円もなかなかキャンペーンが少ないのが現状。
そりゃそうですよね、高くても最新モデルは欲しい機能があったりなどして、たとえ高くとも購入したい人が少なくないわけですからキャンペーン張らずとも売れるわけですから。
でも、そんな最新モデルでも、より売りたい街の携帯電話ショップやWebの販売店など、いわゆる大手の販売店ではないところは、キャンペーンで実質0円(時には一括0円)を行う場合があるのです。
0%e5%86%86
それをどうやって見つけるか?ひたすらショップをのぞいたり、Webを確認するのでは時間の無駄。時は金なりですからね。そこで登場するは「Twitter」です。
 
Twitterで、例えば「iPhone7 実質0円」などと検索かけるとキャンペーン中の販売店がツイートしている場合が多いのです。
 
大手の家電量販店やキャリアショップに比べて、圧倒的に販促費も乏しいのは当たり前の街の携帯電話ショップやWebの販売店。無料で宣伝ができるツイッターを使わないショップは稀なので、購入する端末が決まったら、購入場所を決めてしまう前に、一度ツイッターでチェックはしたほうが良いと思います。
 

docomo、au、ソフトバンクで一体どこか安いの?

14
例えば、iPhone、ご存知の通りメーカーは、ドコモでもauでもソフトバンクでもなく、アメリカのApple社ですよね。同様にXperiaは日本のSONY、galaxyは韓国のSamsungになります。
つまりどのキャリアでも、基本的な作りは一緒(それぞれ各キャリア独自性能を入れてる場合はありますが)、メーカーからキャリアに卸している本体代は大差がないはずです。それにもかかわらず各キャリアで端末価格に差が出ているのです。
 
これは、どのキャリアでも同じことですが、正直端末の料金で儲けようとしていません。いわゆる月々サポートで本体代の半分以上を負担してでも、自分のところで契約してもらって、月々の使用料で稼ごうとしているのです。
その際に、トップシェアのdocomoに比べて、後発であるソフトバンクは、他社以上に身銭を切ってでもシェアを上げたいというわけです。なので、ソフトバンク端末が一番安いという話になっているわけです。
それでは、実際の価格(2016年10月現在)の人気機種での価格で比較してみましょう。
iPhone7(128GB)=docomo 25200円、au 20667円、ソフトバンク 20667円
iPhone7plus(257GB)=docomo 48600円、au 44667円、ソフトバンク 44667円
Xperia X performance=docomo 192000円、au 22000円、ソフトバンク 10000円
galaxy S6 edge=docomo 14400円、au 10000円、ソフトバンク 10000円
こんな感じです。
差が大きいと10000円ほど違うのですが、冒頭のほうで書いた通り、端末料金は基本24回の分割払い。分割にしてしまうと10000円の差も微差に感じてしまうから不思議なのですが、同じメーカーの端末で10000円安かったらソフトバンクを選ぶのは当たり前のようにも思えます。
 
 

MNPキャンペーンで一括0円にて最新スマホを手に入れよう

%ef%bd%93%ef%bd%81%ef%bd%8c%ef%bd%85
一括0円にするのに、やはり一番手っ取り早い方法は、販売店によるMNPキャッシュバックキャンペーンでしょう。
まず、販売店と言うのは、ソフトバンクなどといったキャリア会社からスマホなどを卸しているお店。ソフトバンクショップのようなオフィシャルショップも販売店ですし、ビックカメラやヨドバシカメラのような家電量販店も販売店です。
 
また、ガラケー時代はよく駅前などに多くみられた「もしもしモンキー」のような実店舗店もそうです。しかし、スマホ時代の今一番主流でねらい目となっているのがWeb上の販売店です。
携帯電話販売店に限ったことではありませんが、実店舗に比べて、まず土地代や賃料がかからない店と、営業時間中ずっと人がいなくても成り立つため、さらに人件費も削減できるので、その分キャッシュバックなどの販促にお金をかけられるのです。
 
また、よく聞く話ですが、『ずっとソフトンバンク(or  ドコモor  au)にしているのに、長期契約の特典が薄い』と。最近では、そんな批判を受け、だいぶ各社とも長期契約者特典が出てきましたが、正直他社からの乗り換えの「MNPへのキャンペーン」がメリット大なことが実情です。理由は、前の章で述べたように、「+1、-1」ということですね。
そして、MNPキャッシュバックというのは、例えばソフトバンクが行っているキャンペーンではありません。販売店独自に行っているのものなので、各販売店にって金額などもまちまちです。
正直、キャッシュバック額などを少額にしたほうが利益が上がると、考えがちですが、やはり各販売店、契約者をより増やしたいのです。特にスマホもだいぶ普及してきた今、また子供からお年寄りまで大抵は携帯電話を持っている今、機種変更も新規契約も正直頭打ちになってきており、競争は激化するばかりです。
 
こんな状況で契約者数を増やすことで、まずキャリアからより多くの販促費をもらえる(=再び、多額なキャッシュバックなど魅力的なキャンペーンが張れる)と同時に、販売したてのiPhoneのような入荷待ちになるような超人気機種の入荷数が多くなるなど、より販売環境が良くなる(=売上をあげられる)ので、多額を使っても、キャッシュバックを行うというわけです。
 
さて、その販売店、前述したようにWebの販売店がキャッシュバックに関しては断然おすすめ。
公営の施設のほうが、民間の施設よりサービスが悪いのは当たり前の話(例、国鉄とJR、郵便局とゆうちょなど)。そのようにキャッシュバックで頑張らなくともオフィシャルという強みがあるソフトバンクショップにはお客さんが来ます。だからキャッシュバックも正直少ないです。大手の家電量販店も同様ですね。なので、お金以外でメリットが少ないWeb販売店が、赤字覚悟で頑張るというわけです。
 
ただ、最初に言っておきますが、Web販売店は【安い】という圧倒的メリットがある一方、デメリットもあることも覚えておかないといけません。
まず、大きなデメリットが【自分で設定】ということです。Webでの購入などで、例えば電話帳や写真などのデータの移し替え、各種サービスの開始、停止など人に聞くことができません。
 
Webで購入して、受け取りは実店舗と言う場合も少なくありません。正直、修理などはソフトバンクショップでやってくれますので、大丈夫ですが、最初の初期設定は自己責任なので、初心者はあまりおすすめできないということになってしまいます。
気になるキャッシュバック額ですが、前述通り販売店により異なります。例えばソフトバンク光と同時加入など他の契約もするなど様々な付加価値を付けると10万円を超す場合も多いのです。
そうでなくとも、スマホだけのMNPでも80000円を超えることもあり、上記の端末価格を見ても余裕で一括ゼロ円端末となるわけですね。キャッシュバック戦争は激化するばかりなので、ユーザーとしては使わない手はありませんね。
 
 

おすすめ販売店

pck%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af
では、ここではWeb上に無数にあると言われているWeb販売店のなかから、おすすめのお店を紹介します。
お店によって、ドコモに強い、auに強い、ソフトバンクに強いなど特徴があり、ここではソフトバンクに強い(特にキャッシュバック)お店をピックアップしていきます。
一見すると、ソフトバンクの代理店などで契約するものは同じでも、細かいところで全然サービスが異なっていたりして、知っている人だけが得をする感じになります。
よくご覧になって、自分向けのお店をピックアップしましょう。
 

おとくケータイ.net!!(https://otoku-keitai.net/site3/?random=7Bu37olMuS

ソフトバンクの正規代理店で、ソフトバンクケータイ(スマホ)しか扱っておらず、Webでソフトバンクを買うならココと有名にもなっている販売店。
特にこちらのメリットはMNPでのキャッシュバック額。ここを利用した人の80%が他社と比較して、キャッシュバック率が一番高かったとか。
また、キャッシュバック以外にも、現在は10万円プレゼントなどプラスアルファのイベントも多く、ソフトバンクスマホをMNPで安く手に入れたいならココ!また、池袋に実店舗もあるため、Webではやはり不安、対面で購入したい人は池袋店もおすすめです。
 

テルル(https://www.teluru.jp/

街中の実店舗でもおなじみのテルル。
一括0円端末が豊富に存在する品ぞろえに定評があり、安いのはもちろん使う機種も選んでこだわりたい人におすすめ。
キャッシュバック額も、ソフトバンクポイント、現金振り込み、商品券などから自由に選べるところも使用用途が幅広く嬉しいところです。
 

カメラのキタムラ(http://shop.kitamura.jp/

老舗カメラ店のなかでは、最もスマホなど携帯電話販売に力を入れている販売店。
こちらのメリットはなんといってもiPhoneでのMNPキャッシュバック。iPhone6sでは、最大35,000円キャッシュバック(iPhone6plusは最大48000円)と他社の追随を許さないほどの高額キャッシュバックで驚愕したほどです。
 

のりかえプロデュース(http://norikae-pro.com/

販売店によっては沖縄や北海道など遠方は非対応なんてところも少なくない中、全国対応が可能な販売店。
古い携帯の下取りも、なんと水濡れや液晶割れなど故障モデルでもOK、しかも直接来店する場合は、交通費支給と手厚いサービスが売りです。
 

家電量販店激戦区の週末(http://www.yamada-denki.jp/  http://www.biccamera.co.jp/bicgroup/index.html

正直あまりキャッシュバックなどの特典が多くないイメージの大型家電量販店ですが、実は店舗、曜日などにより全く違ったりするのです。
まず、曜日は来客数が多い週末、特に新型iPhoneの発売日直後、一般的なボーナス支給費の直後の週末などがねらい目。
場所に関しては今は秋葉原を抜いて最大の激戦区とまで言われている池袋。特に、スマホのキャッシュバックなどのキャンペーンが多いと言われているヤマダ電機とビックカメラが双璧をなすように立っており、両店舗を行き来して交渉すれば、ポイントアップなどでキャッシュバックなどの額が上がる場合もあります。
 

乗り換えKING(http://norikaeking.com/

こちらの最大のメリットは、やはりキャッシュバック額をその場で現金手渡しな点。
2か月後など後まで待てない!もしくは(お店によっては)申請は必要な場合もあり、面倒なことは嫌!と言う人には明瞭システムでおすすめです。人気機種の品揃えも定評があります。
 
 

やはりオフィシャルは安心!ソフトバンクが行っている割引サービス

ここまでは、販売店ごとのキャッシュバック等サービスを紹介してきました。いくら販売店がソフトバンク公認の正規販売店でもあっても、やはりスマホは安い買い物ではないし分割とかで支払うわけだから、やはりオフィシャルであるソフトバンクで買いたい、と言う人も多いはず。
最近は総務省のお目付けも厳しいので、一括0円端末などはなかなかオフィシャルではお目にかかれませんが、0円=無料をテーマに、おすすめのソフトバンクのサービス(もしくはキャンペーン)を紹介していきます。
「えっ!?こんなサービスもあるの?」と目から鱗的なものまでありますよ。
%e7%8a%ac

スマホへ無料交換プログラム

ソフトバンクのガラケーを利用している人に注目のキャンペーン。ソフトバンクケータイ(Xシリーズ以外)を12か月以上利用している人は、なんと無料でスマホに交換してくれるというキャンペーン。
どうせ無料だし、古いモデルなんでしょ?と思うところですが、交換できるスマホはiPhone 6 (16GB) 、Galaxy S6 edge(32GB)とバリバリ現役モデル。
ソフトバンクでは一括0円などのワードは使っていませんが、これは完全無料なわけですから、一括0円ですよね。
 

タダで機種変更キャンペーン

やはりiPhoneユーザーは、そのままデータの移し替えも楽々な同じiPhoneシリーズを手に入れたいもの。iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5sユーザーは、最新のiPhone7を手に入れるチャンスです。
今使用している上記iPhoneをソフトバンクへ下取りに出すことで、最新のiPhone7が実質無料に。
割引方法が、
①通信料金から割引(24回の分割割引)
②ソフトバンクカードチャージ(割引特典の総額相当のプリペイドバリューを一括で付与)
③商品券・ポイントなど(割引特典の総額相当)※1分割支払金からの割引(24回の分割割引)
と多岐にわたっているのも、やはりオフィシャルならではかもしれません。
 

のりかえ下取りプログラム

下取りサービスは他にも。MNPにてドコモもしくはauから乗り換えた人で、使用スマホを下取りに出すと実質0円の最新スマホが手に入ります。
対象スマホは、iPhoneに加えて、Android機でも、更にはガラケーでも対象機種が多いので、MNPで検討中の人は一見の価値ありです。もちろん、新たに手に入る実質0円スマホは、話題のiPhone7も入っていますよ。
 

故障端末買取キャンペーン

こちらは0円とは直接関係ないですが、水濡れや液晶漏れなどで故障してしまったスマホは、どうせ下取りには出せないと思っていませんか?
ソフトバンクの「故障端末買取キャンペーン」を利用すれば、Tポイントで最大9000ポイント付与してもらえるというもの。
Tポイントだったら、コンビニやファミレス、ガソリンスタンドなど使えるお店も多岐にわたっているので、実質壊れているスマホなのに9000円もらえるのは大きいですよね。
 

今後のキャンペーンも要チェック

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%a0
ソフトバンクは、他との差別化のためか、オンリーワン的なユニークなサービスやキャンペーンを行うことでも有名。これから発表するキャンペーンも要チェックです。
注目したいのが、ソフトバンクホークスの優勝セール、優勝キャンペーン。もちろん優勝できるかは分かりませんが、もし日本一になったら、野球好きで知られている孫社長だけに、もしかすると大盤振る舞いのキャンペーンを行う可能性は高いと思います。
もしくは優勝しなくとも「残念セール」「残念キャンペーン」など行いそうですよね。
 
 

ソフトバンクを選ぶおすすめの理由

recommend-315914_1280-1024x678
一見すると、格安SIM会社を選ぶでもない限り、ドコモでもauでもソフトバンクでもどこでも料金プランやサービスは横並びに見えるキャリア大手3社。
しかし、意外と独自サービスも多く、ソフトバンクをMNPなどで選んだ方が良いおすすめの理由をお教えします。
 

余ったパケットを翌月に繰り越せる

昔の恋人や友達などと、通話をしすぎてしまって、青ざめる請求額になっていたり、お金を払っている親に制限されるなどは、今や昔。3大大手キャリアとも通話し放題サービスがあり、ソフトバンクにも「スマ放題」という通話し放題があります。
しかし、この「スマ放題」、実は通話し放題だけではないのです。契約したパケット数、その月に使いきらなかった場合は、翌月に繰り越せるサービスも付いているのです。
 
昔あった、どこぞやのクレジットカードのリボ払いのCMではないですが、毎日同じことをしているわけではないから。毎月使うパケット数は変動するもの。旅行などに行った月は、色々と調べてパケット数が多いかもしれませんし。風邪をひいて寝込んでいた期間があったときは少ないかもしれません。
他のキャリアだと余ったパケットは「もったいなかった」で終わってしますが、ソフトバンクなら効率的にパケットが使えます。
 

ソフトバンクWi-Fiスポットが多い!

softbank-wifi2
スマホ代を節約するには、やはりWi-Fiを上手く利用するのがポイント。GoogleやYahoo!などで「スマホ 節約方法」などと検索すると、やはり無料のWi-Fiなどの活用方法などをアドバイスしている記事などを多く見かけますからね。
ドコモも、auもそれぞれキャリアのWi-Fiスポット(ドコモWi-Fiなど)はありますが、ソフトバンクWi-Fiは他を圧倒するほどスポット数が多いのです。
docomo=約16万か所、au=約24万か所、ソフトバンク=約46万か所
いかがですか?その数、ソフトバンクが倍以上なのです。
具体的には、タリーズコーヒーやスターバックスコーヒー、PRONTO、ルノアールなどのカフェ、マクドナルドやガスト、バーミヤンなどのファストフード、ファミレス、羽田空港や成田空港、セントレアを始めとした日本全国の空港、東京駅などの駅など、日ごろ使っているスポットにも意外とソフトバンクWi-Fiが張り巡らされていますよ。
 
Wi-Fi環境下では、LTEではなくWi-Fiでネットをつなぐことで、前述したように確実にパケット量を減らすことができて、スマホ代節約になります。
賢くスマホライフを送っている人は、みんなWi-Fiスポットを把握していると言っても言い過ぎではなく、ソフトバンクWi-Fiのスポット数が多いのは、目には見えない大きなメリットなのです。
 

ちょっと嬉しい!?スーパーフライデー

今、CMでもお馴染みの毎週金曜日にちょっと嬉しいプレゼントをもらえる「スーパーフライデー」。
10月は。毎週金曜日に吉野家の牛丼(並)がもらえるので、4杯分牛丼がタダで食べられるのです。1回でもちょっと嬉しいのに、毎週貰えるとはかなり太っ腹ですよね。
しかも、11月はサーティーワンアイスクリームのシングルコーン、12月はミスタードーナツの2個分相当と、(今のところ)3か月も続くのです。ちょっとしたプレゼントですが、他のキャリアではもらえないと思うと、凄くラッキーな気分になりますよね。
 

スポーツ好き必見!スポナビライブ

Jリーグの放映権を、イギリスの動画配給会社「DANZ」が10年間2100億円と言う巨額の契約料で契約したことが話題になるなど、来年あたり動画ライブ元年になりそうな予感。
映画やアニメなども動画は便利ですが、スポーツは常にライブ動画で観たいものです。
ソフトバンクは、「スポナビライブ」というスポーツライブ配信をスタートされています。
ジャンルは、以下の人気スポーツ8ジャンル。

  • ソフトバンクホークスを始め、多くの試合を中継するプロ野球
  • とうとう開幕して話題の日本男子プロバスケリーグ「Bリーグ」
  • 日本の国技で、豪栄道の活躍も楽しみになってきた大相撲
  • 錦織圭を始め、大坂なおみの躍進も楽しみなテニス
  • 続々と日本人選手も挑戦しているイングランドサッカーリーグ「プレミアリーグ」、スペインサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」
  • イチローや田中マー君の雄姿をライブでMLB
  • なでしこフィーバ-よ!もう一度「なでしこリーグ」
  • 世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」

となっています。
だいたい海外の試合は、時差の関係で早朝の場合は多いですよね。例えば、錦織の躍進をテレビで見ていて、もうちょっとなのに、通勤時間・・・なんて悲劇経験したことありませんか?もうスポナビライブがあれば、こんな悲しみを受けることがありません。
なお、このスポナビライブ、ソフトバンクユーザー以外も登録できますが、ソフトバンクユーザー月額500円、その他3000円(現在はキャンペーン中で1500円)と、価格差は歴然!スポーツ好きなら、このサービス魅力的ですよね。
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?小さなPCと言われるスマホだけに、高いのはしかたないですが、やはりなくてはならないものだし、このご時世結構痛手ですよね。
なかなか日本の国以外では、一括0円サービスのようなものはなく、せっかく日本に生まれた、日本に住んでいるのですから、頂けるサービスは享受しないとですよね。
 
月々3000円くらい請求が減るだけで、何ができますか?仲間や家族と飲みに行ったり、ちょっと豪華な食事はできますよね?それならやはり使えるソフトバンクのキャンペーン、サービスを利用して、賢くお得にスマホライフを過ごしましょう。

関連記事

ソフトバンクのiPhone7にMNP(乗り換え)で最高に得する11個の方法
ソフトバンク機種変更の全方法|超お得なキャンペーン・クーポン活用法まとめ!
ソフトバンクにMNPで乗り換えてキャッシュバックを貰うための全知識

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-MNP, 暮らし

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.