ソフトバンクにMNPで乗り換えてキャッシュバックを貰うための全知識

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

2.ソフトバンクMNPで5パターンの購入方法のうち得なのはどこ?

以上が乗り換える5パターンですが、実際にソフトバンクMNPで最もお得なのはどこでしょうか?
それぞれのメリット・デメリットを解説しながら詳しく見ていきましょう。

 

方法1.『おとくケータイ


webで集客しているため、駅前の一等地に店舗を構えることによる人件費やテナント費を抑えて、その分をお客様にキャッシュバックで還元しているのが『おとくケータイ』です。

 

以下に、『おとくケータイ』の特徴を見ていきます。

・キャッシュバックの金額が多い

通常のショップのような店舗を持たない場合が多く、店舗運営費や人件費が低く抑えられるため、その分をMNPキャッシュバックとして還元することが出来ます。

家電量販店や路面店などと比べても、2万円以上お得になる場合も多いはずです。

 

・電話問い合わせで丁寧に対応してくれる

路面販売店との違いは、メインのお問い合わせが電話やメールであるため、対面販売の接客に劣らない電話対応による細やかな説明をしてもらえます。

 

・一括0円というお得な購入ができる機種がある

最新機種であるiPhone7やiPhone7 plusでは厳しいですが、旧機種であるiPhoneSEやiPhone5s、iPhone6などにMNPすると一括0円になることがあります。

実質0円とは違い、2年契約などの縛りがないため、途中解約をした場合でも解約違約金や残りの機種代金が発生しないというメリットがあります。

 

・デメリットは実機を触ることができないこと

web販売店では実機を触ることができないので、新機能の操作感や重量やサイズ感をはかることが出来ません。
ですが、いまやiPhoneはどこにでもありますので量販店でホットモックを触ることは簡単です。

 

 

方法2.『ソフトバンクオンラインショップ

携帯キャリア直営のオンラインショップです。直営店ですのでそれに伴うメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップ』以外にも『docomo online shop』『au online shop』などが直営のオンラインショップとして挙げられます。

 

・早く手に入りやすい

「ソフトバンクオンラインショップ」のメリットとしては、何よりもまず在庫の入荷です。

iPhone7やiPhone7 plusなどの最新機種は店舗ごとの端末よりも在庫入荷が多少安定していると言われており、オンラインショップを利用するユーザーは増加傾向にあるようです。

 

・店頭での待ち時間が無い

4b8bad361f4b242ed113f66a625d5f73_s

オンラインで購入することで待ち時間を必要としません。店舗であれば審査や登録などに時間がかかる場合がほとんどなので、オンラインのメリットはまさにこのスピード感です。

 

・24時間手続きできる

オンラインの利点として開店・閉店がありませんので、24時間いつでも手続きができます。

 

・デメリットはMNPでもキャッシュバックが低いこと

原則として現金キャッシュバックは行っていないのが現状です。

これは販売店の運営しているソフトバンクショップやスマホ購入サイトとの競合を避けるためです。

 

 

 

方法3. ソフトバンクショップなどの専売店の特徴

kai

街でよく見かけるソフトバンクの看板を掲げたショップです。

専売店の特徴もひとつずつ見ていきましょう。

 

・店舗数が豊富、首都圏じゃなくても見つけやすい

店舗数が圧倒的に多いというメリットがあります。

全国にソフトバンクは約2700店舗りますので利便性が高いのが特徴です。時間に余裕のある方やネットが不安な方に安心なのが専売店です。

 

・サポートの品質が安定している

対面接客によるサポートの品質が一定で、安心できるところが強みです。

ただし、購入後のサポート自体はどの方法でも受けることができます。

 

・デメリットはキャッシュバックが少ないこと

店舗によりまちまちですが、web購入サイトに比べMNPキャッシュバックが少ない場合が多いようです。

 

 

方法4. 家電量販店の特徴

主要都市には必ず一つはあるヤマダ電機などの家電量販店です。家電選びのついでにスマホ購入もできます。

 

・3キャリアで比較検討できる

家電量販店では三大キャリアの様々な機種をそれぞれを比較して一番良いのMNP条件を検討することができます。

 

・たくさんのデモ機を触ることができる

家電量販店の携帯売場にはキャリアを問わず様々なデモ機がありますので、自分にあった一台を見つけることもできますし、iPhone7やiPhone7 Plusのカラーやサイズ感を実際に触って確認することができます。

 

・デメリットはキャッシュバックが店舗のポイントの場合も多い

家電量販店ではそれぞれにポイントキャッシュバックを行っていることが多く、現金ではなくポイントでのMNPキャッシュバックになる場合もあります。

ポイントはお得に感じますが、現金でのキャッシュバックに比べ利用できる範囲が狭くなるため、一概にお得と言い切ることは出来ません。

 

 

方法5. 併売店の特徴

a52f9962fb036a8cdbe5abd6722bd2f0_s

路面で店舗を構える販売店です。ソフトバンクや、ドコモ、auなどの複数の機種を扱っています。

そんな併売店の特徴を見てみましょう。

 

・3キャリアで比較検討できる

家電量販店と同様にソフトバンク、au、docomoを扱っている場合が多く比較検討が簡単にできます。

 

・時間を割いて対応してくれる

量販店でも同様ですが、対面接客で丁寧に対応してくれます。

 

・デメリットは有料コンテンツが非常に多い場合もある

キャッシュバックの条件に有料コンテンツの加入を求められることもあります。
レ点ビジネスと呼ばれるものですが、期限以内に解約をしないと月額料金が発生してしまうものもあります。

 

 

次のページでは、実際のキャッシュバック特典の金額を調査した結果を紹介します!

 


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない