iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他

【利用者向け】ソフトバンクの学割3つの注意点とは?今よりお得に使うコツもご紹介!

投稿日:

family-557100_960_720
ご家族に学生がいる方にとって、欠かせないプランでもある「学割」。
 
大人には無い割安な設定や、料金プランです。
そんなソフトバンクの学割について、2017年はU18U25の2種類を用意し、それぞれU18は18歳まで
U25は25歳までを対象としています。
 
が、正直両プランの違いや、メリット・デメリットがハッキリしておらず、これでよいのか不安になってしまう方もいるのではないかと思います。

 
本記事では、そんなU18とU25のメリット・デメリットや、チェック必須の「注意点」
学割の適用期間・契約期間が過ぎてしまったときのプランについて、徹底調査。
 
さらに、スマホをお得に使うプラン情報についても、掲載しています。
自分にピッタリ・快適なプランはどれなのか、気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

1.2017年もソフトバンクの学割!
1-1.学生じゃなくても25歳までならOK?!
1-2.学割に入るために必要な3つのこと
1-3.受付は5月の末日まで!
2.ソフトバンク学割・U18とは?
2-1.18歳までの方が対象
2-2.電話+ネット通信で2,980円から
2-3. 安心な有害サイト防御機能も
2-4.まとめ:学生さんの安心なスマホライフを求める方に
3.もう1つの学割、U25のメリットって何?
3-1.学生じゃなくても25歳までOKタイプ
3-2.SNSやゲームも安心して使える「20GB」アリ
3-3.今なら料金1,000円引き?!
3-4.まとめ:スマホをがっつり使いこなしたい方にお勧め
4.U18とU25、正直どっちがお得か?
4-1.U18のメリットは、セキュリティの強さ
4-2. U25のメリットは、スマホを使いこなせる容量
4-3.結論:節約なら「U18」、使いこなしには「U25」?
5.学割なのに「安くならない」、そのワケは?
5-1.ムダな機能を付けている可能性
5-1-1.ソフトバンクにある有料オプションについて
5-2.じつは「治すより換えた方がお得」説も
5-3.結論:学割をお得に使うなら、プランの見直しがおすすめ!
5.学生が終わったら、どのプランになるの?
6-1.ネットをたっぷり使うなら「スマ放題」
6-2.スマホは連絡だけ、アッサリ使用なら「データ定額ミニ」を
6-3.結論:使い方に合わせて、事前シミュレーションを
7.【加入前に必見】ソフトバンク学割の注意点!
7-1. 【U18】データの繰り越しはできない
7-1-1.おまけ:18歳を過ぎたら損することも…
7-2. 【U25】ネットを使わない派は損することも…
8.自分に合ったプランで、あなたの出費を軽やかに♪

2017年もソフトバンクの学割!

woman-1521114_960_720
毎年、リニューアルされるソフトバンクの学割。
今年はジャスティン・ビーバー出演のCMが印象的でしたが…。
 
実際のところ、どんな「学割」が期待できるのか?
この項目にて、詳しくお伝えしていきます!
 

学生じゃなくても25歳までならOK?!

 
2017年・ソフトバンクの学割は2種類。
U18とU25があります。
 
U25は、その名のとおり25才以下の人を対象とした割引プラン。
30GBと多めのデータ通信量を用意しているほか、学生でなくても『学割』が適用されるという、学生じゃない人も優遇されていることが話題となっています。
 
一方のU18は、18歳までの人が使えるプランです。
安心・安全のブロック機能や、インターネットをあまり使わない方に嬉しい、小さ目のデータ容量プランをご用意。
特に、節約・セキュリティなどが気になる場合におすすめです。
 

学割に入るために必要な3つのこと

 
学割に入るには、3つのモノを用意する必要があります。
それは、以下の通りです。
 
1.本人確認証
2.印鑑
3.MNP予約番号 (※他社から、番号そのままで乗り換える場合)
 
本人確認証とは、学生証や住民票と言ったモノを指しています。
そういったもの以外では、保険証+住民票記載事項証明書や、自動車等の運転免許証
あるいは、日本国パスポートでもOKです。
 
外国の方であれば、在留カードとなっています。
もし、義務教育中(小中学生)の方の契約をする場合は、保護者の方が契約者となります。
住所が同じであること、血縁関係にあることを、証明できる書類を用意しましょう。
 

受付は5月の末日まで!

 
そんな学割ですが、、
残念ながら、受け付けは2017年の5月31日まで。
 
今年度は終了となってしまいましたが、、
まだまだ、お得なキャンペーンは実施しています。
 
たとえば6月であれば、SUPER FRIDAYにてクーポンを発行。
セブンイレブンの「ワッフルコーン バニラ」や、「まるでマンゴーを冷凍したかのような食感のアイス」など、
人気商品を1つ、無料でゲットすることができます。
 
8月には、使用登録者が25歳以下の方限定の、スペシャルなクーポンも出てくるようです。
(もっと詳しく知りたい方は、こちらへ→Softbank SUPER FRIDAY-公式サイト)
 
ほかにも、豪華リゾートへの宿泊券や、プロ野球選手によるサインの入ったユニフォームが当たる抽選のイベントなども、
5月24日~6月30日にかけて、開催中。(→豪華リゾート宿泊券&プロ野球選手サイン入りユニフォームプレゼント〈ソフトバンク 公式サイト〉)
 
さらに、6月1日からは、Tカードをもってソフトバンクの店舗へ行くと、サントリーの伊右衛門が貰えるキャンペーンを開催しています。(→サントリー 伊右衛門がもらえる!来店Wチャンスキャンペーン〈ソフトバンク 公式サイト〉)
 
ぜひ、チェックしてみてくださいね♪
 

ソフトバンク学割・U18とは?

model-1753032_960_720
さて、ここからは、現在お使い中の方に向けたU18の内容について、詳しくお伝えします。
「家族が加入したけれど、どこがお得なのかイマイチ…」という方は、条件の再確認のため、読んでいただけると幸いです。
 

18歳までの方が対象

 
U18は、学割の中でも、契約者が18歳以下を対象としたタイプです。
 
加入するためには、
スマホiPhoneガラホの使用者である
・データ定額 20GBに加入していない
新しく契約をすること(=番号そのまま乗り換えは不可)
18歳以下であること
 
といった条件をクリアする必要があります。
 
また、大容量のデータを家族でシェアする、家族データシェアには入れないので、注意が必要です。
 

電話+ネット通信で2,980円から

 
U18の特徴は、条件をクリアすれば、ライトな価格で利用しやすい点にあります。
たとえば、通常であれば、データ通信量は以下の通りです。
 
【学割におけるデータ通信料金】
3GB以下…3,390円
3GB~4GB以下…4,200円
4GB~5GB以下:4,900円
5GB~20GB以下:5,390円
 
ですが、ソフトバンクによるインターネットのサービス・おうち割 光セットに加入すること。
(※おうち割 光りセットについて、詳しくはこちら→おうち割 光セット〈ソフトバンク 公式サイト〉)
 
そして、家族も一緒に乗り換えをおこなう、家族追加特典をする場合は、最安で2,980円で、利用が可能です。
【2,980円で使うときの料金詳細】
・ウェブ使用料  300円
・通話定額ライト 1,700円
・3GB分のデータ通信量 3,390円
合計:5,390円

家族追加特典による割引:-1,000円
おうち割 ひかりセットによる割引:-1,410円
合計:-2,410円

2,980円
 
家族ぐるみで使うから、しっかりと節約したい。
そんな時にピッタリなプランと言えそうです。
 

安心な有害サイト防御機能も

 
U18の特徴の1つは、〈有害サイトのブロック機能〉です。
まず、1つは有害と考えられるアプリの使用を制限する事。
 
もう1つは、小・中・高、それぞれの世代に適した有害サイトブロック機能を備えていることにあります。
自分の目の届かないところで、お子さんの安全が脅かされていたら……
 
そんな不安や心配を抱えるお父さん・お母さんには、特にピッタリな機能と考えられます。
 

まとめ:安心なスマホライフを求める方に

 
U18の特徴は、何と言っても安全性。
そして、ネットをあまり使わない人に嬉しい、コンパクトサイズのデータ通信プランが用意されていることにあります。
 
ガッツリ使うより、安心・安全度を重視したい。
そんな人に、おすすめしたいプランです。
 

もう1つの学割、U25のメリットって何?

student-1826700_960_720
ここで紹介するのは、25歳なら学生じゃなくてもOKというプラン、U25。
こちらについては、どのような点でお得なのか。
 
徹底的に調査しました。
 

学生じゃなくても25歳までOKタイプ

 
U25は、6歳~25歳という、幅広い年齢の方に適用されるプランです。
これに加入するには、以下の条件をクリアする必要があります。
 
・データ定額 20GB、30GBに入る
・スマ放題・スマ放題ライトなど、通話定額プランに入っている
・6歳~25歳以下の年齢である
 

SNSやゲームも安心して使える「20GB」アリ

 
U25を使う最大のメリットは、20GB・30GBなど、動画・音楽・SNSなどをガッツリ使える大容量データプランが用意されていることにあります。
 
ちなみに、20GBでは、以下のデータ受信ができるそうです。
・音楽…約5,000曲
・動画…約90時間(※低画質)
・メール…約42,000通
・ページ閲覧…約70,000ページ
 
たとえば、動画であれば1日3時間ほど、続けてみていてもOKとのこと。
趣味や交流など、インターネットでの付き合いが幅広い人にとっては、正にうってつけなタイプと言えそうです。
 

今なら料金1,000円引き?!

 
このほか、注目の的となっているのは、契約してから12ヶ月の間は、毎月1,080円(税込)割引されると言うモノ。
つまり、1年間で約12,000円ほど、割引が適用される特典が付いているのも、このプランの人気の理由です。
 
U25において、利用料金のモデルは以下のようになっています。
 
【20GBの場合】
・基本料…2,160円
・データ定額…6,480円

合計:8640円
 
【30GBの場合】
・基本料…2,160円
・データ定額30G…8,640円 

合計:10,800円
 
この価格が、それぞれ割引が適用されることにより、20GBなら7,560円。
30GBなら、9,720円ほどの料金で、利用できます。
 
しっかりとお得に使いこなしたい方、ぜひ活用してみてくださいね♪
 

まとめ:スマホをがっつり使いこなしたい方にお勧め

 
U25は、U18のように未成年向けのブロック機能はありません。
しかし、タップリとしたデータ容量を、1年間適用される割引と共に、お得に使えるサービスとなっています。
 
このため、SNSなど、インターネットを使うことが、趣味・交流共に多い方。
そして、毎月の通信制限にもう悩みたくない方には、きっと役立てるプランではないかと思います。
 
U25を活用するには、インターネットを使いこなすことがカギとなるかもしれませんね。
 

U18とU25、正直どっちがお得か?

coins-1015125_960_720
U18とU25、結果的にどちらがお得なのか。
上の説明だけでは、少しハッキリしないと感じた方もいるかもしれませんね。
 
この項目では、U18・U25それぞれのメリットと、使うのに適していると考えられる傾向について、触れていこうと思います。
 

U18のメリットは、セキュリティの強さ

 
すでに少しふれましたが、U18の最大のメリットはセキュリティ能力の強さにあります。
セキュリティとは、インターネットを巡るトラブルについて、事前に防げる能力があるか、についてです。
 
ソフトバンクU18ユーザーなら、
・未成年に有害なサイト
・トラブルとなりうるアプリケーション
を、ブロックできる機能を使うことができます。
 
近年話題となっている、未成年者をめぐるケータイ・スマートフォン関連のトラブル。
そういったモノを含めて使っていきたい方に、おすすめのプランです。
 
また、ネット使用量がさほど多くない方に嬉しい、3GBから、データ容量を用意。
このため、インターネットライトユーザーにとっては、ムダな通信料金を払わずに、使いこなすこともできると期待されています。
 

U25のメリットは、スマホを使いこなせる容量

 
一方、U25のメリットは、スマートフォンでインターネットを使いこなしたい方に嬉しい、データ通信容量の大きさにあります。
たとえば、U25では、月額7,560円の料金で、20GBにもなるデータ通信や、定額の通話プランを利用できます。
 
ふつう、学割が適用されない場合は、以下のとおり。
・データ定額(20GB)…6,000円
・基本料…3,000円

合計:9,000円
 
つまり、毎月1,440円、1年間では17,280円ほど、節約することができるんです。
 

結論:節約なら「U18」、実質お得は「U25」?

 
U18と、U25、どちらがリーズナブルかと言う点については、使い方次第といえそうです。
その理由は、2つのプランの目的の違いから。
 
例えば、U18のプランの方が、比較的U25よりも料金は安く設定されています。
しかし、データ通信量も少なめに設定されており、使いこなすには少々足りないと言えそうです。
 
一方のU25は、基本料金がやや高額に設定されています。
が、データ通信量がタップリ使えたり、学割外の時と比べて約1,440円ほどお得であったり、といったメリットもあります。
 
上記のようなことから、あまりスマホを使わないのであれば、U18。
スマホをガッツリ使いたいなら、U25。
 
それぞれ使い方に合わせて、プランを選択するのが良いと考えられそうです。
 

学割なのに「安くならない」、そのワケは?

portrait-1634421_960_720
現在学割を使っているはずなのに、どうしてか安くならない…
そんな悩みを抱えていませんか?
 
もし安くないと感じているならば、じつはムダなオプションを付けている可能性があるそうです。
そのムダなオプションを解除する方法などについて、これから詳しく見ていきましょう!
 

ムダな機能を付けている可能性

 
ソフトバンクの学割にて、なかなか安く感じない場合は、ムダな機能を付けてしまっている可能性があります。
ムダな機能とは、有料のコンテンツのこと。
 
具体的には、万が一スマートフォンが壊れた時に便利な、あんしん保証・あんしん保障パックプラスです。
月々500円~650円ほどの料金を支払うことで、無料~低価格で、修理を請け負ってくれます。
 
もう1つは、テザリング。テザリングとは、スマートフォンをWi-Fi機器を仲介する「ルーター」代わりに使うモノです。
料金は月々500円~1,000円となっています。
(※2017年8月1日からは、500円に統一。)
 
「最初は必要かと思ったけど、こういうサービスってじつはあまり使わないんだよね…」
そんな時は、解除してしまうのも良いでしょう。
 
有料のコンテンツを解除する方法については、下の項目で詳しくお伝えします。
 

-1.ソフトバンクにある有料オプションについて

 
ソフトバンクの有料コンテンツを解除するには、手続きが必要になります。
「手続きって、なんか難しそう…」と考えている方も、ご安心を。
 
PCやスマホなど、インターネットが繋げる場所なら5ステップで完了します。
今すぐ解除をしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪
1.ソフトバンクユーザーのポータブルサイト・My SoftBankに入り、ログインする。
(※My Softbankはこちらから→ソフトバンク会員専用ページ)
2.料金・支払というページにアクセスされる。左から3番めに「まとめて支払い」という項目があるので、そこをクリックする。
3.「まとめて支払い」内に、ある「ご登録中のサービス」をクリックする。
4.使用ちゅうサービスが表示されるので、解除したい項目をクリックする。
5.表示されるページより、「次へ」を選択。最後に、「解除」をクリックする。
 
ここまで行うと、「解除が完了しました。」と表示されて、次月からは料金として加算されなくなります。
節約したい時は、この方法にて、解除を行うようにしましょう。
 

じつは「治すより換えた方がお得」説も

 
先ほど有料コンテンツの項目でお伝えした、「あんしん保障パック」。
これについて、じつは2年ほど使ってからは、あまりお得でないとの意見もあります。
 
たとえば、あんしん保障パックを2年間・無修理で使っているとしたら。
かかるお金は、月々の料金+12000円ほどです。
 
一方、スマートフォンを新規で買う時、かかるのは月額料金+分割の機種代。
機種によっては、0円での購入と成る場合もあります。
 
このような事例にもあることから、修理を念頭に入れるよりも、買い替えをしてしまった方がお得。
との見解もありました。
 

結論:学割をお得に使うなら、プランの見直しがおすすめ!

 
もし、学割をお得に使いこなせていない。
あるいは、学割を使ってるはずなのに、どこかお得でないような感じがする。
 
そんな時は、プランを見直すことをおすすめします。
方法としては、「MySoftbank」から、「使用中のサービス」を確認すること。
そして、不要と思ったサービスは、解除することで、節約へ繋がるのではないかと思います。
 
月々の料金にお悩みの方は特に、まずはチェックから入ってみるようにしましょう♪
 

学割が終わったら、どのプランがお得?

calculator-178127_960_720
年齢の都合から、学割が適用されない。あるいは、サービス期間が過ぎたけれど、新しくスマホを買わなければならない。
そんな時でも、使うならやっぱり、お得なプランを選びたいところですよね。
 
そんなわけで、この項目では、学割が適用されなくなった人におすすめ。
ソフトバンクのプランについて、2つほどご紹介いたします!
 

ネットをたっぷり使うなら「スマ放題」

 
音楽や動画などのコンテンツを楽しんだり、SNSを積極的に使ったり。
ネットをしっかりと使いこなしたい時には、スマ放題・スマ放題ライトというプランをおすすめします。
 
スマ放題は、何分でも国内通話かけ放題(2,700円)+通信データ量20GB(6,000円)+WEB使用料(300円)。
つまり、9,000円で、ネット・通話、どちらも思いっきり使いやすいタイプとされています。
 
一方スマ放題ライトは、5分以内かけ放題(1,700円)+通信データ量20GB(6,000円)+WEB使用料(300円)・
つまり、8,000円で、ネット使いたい放題、5分以内なら、電話もかけ放題とされるプランです。
 
これらのプランを選ぶ場合は、U25の学割と比較した場合、
学割:税抜7,000円 (1年目超過後、8,000円)
学割なし:税抜9,000円
 
たしかに学割の方が低価格ではありますが、比較的得に使えると考えられています。
 

スマホは連絡だけ、アッサリ使用なら「データ定額ミニ」を

 
インターネットの使用頻度が低い。
SNSなどもあまり使わないので、最低限の利用料金プランが知りたい。
 
そんな時には、データ定額ミニがおすすめです。
データ定額ミニは、その名のとおり1~5GBと、ライトなデータ通信量を取り扱っているプラン。
 
基本料2,900円~5,000円+WEB使用料300円+通話かけ放題料金2,700円。
つまり、5,900円~8,000円の料金で、スマートフォンを使用できます。
 
ちなみに、U18において、最安の料金プランは、2,980円。
けれども、1年後の割引期間終了後は、5,390円です。
 
このように、確かにU18の方が多少安いです。
が、工夫をすることで、大差のない価格で使用することも可能と考えられます。
 

結論:使い方に合わせて、事前シミュレーションを

 
学割が適用されなくなった時に使える、お得なプランは以上のとおりです。
ケータイやスマートフォンの使用プランは、ユーザーさんの使い方や、目的などによって、お得度が大きく変わっていきます。
 
どうせ使うなら、1番お得・快適なプランを選び、シッカリと使いこなしたい。
そんな方は、ぜひ買う前に、自分に合いそうなプランをシュミレーションしてみることをおすすめします。
 
※ソフトバンクの料金プランについて、支払シミュレーションをするならこちら→お支払いシミュレーション〈ソフトバンク公式サイト〉
 

【加入前に必見】ソフトバンク学割の注意点!

sign-1732791_960_720
さて、ここまでソフトバンクの学割について見てきましたが、、
使っている中で気づかなかったこと。
 
また、使う上で知っておきたいことなど、ある人もいるのではないかと思います。
というわけで、この項目では、U18・U25の、それぞれの注意点について、詳しくお伝えしてましょう!
 

【U18】データの繰り越しはできない

 
結論から言うと、あまりネットを使わない場合でも、U18はデータの繰り越しができません。
つまり、3GBで契約し、月内に1GBしか使わなかった。
 
としても、2GB分のデータ容量は、次月に持ち越されることは無い、とされています。
 
もちろん、データの通信制限には、注意必須です。
しかし、使わないことで、来月はインターネットが使いやすくなるというわけではないため、使う時は気をつけるようにしましょう。
 

-1.おまけ:18歳を過ぎたら損することも…

 
U18の場合、契約後時間が経ち、19歳になったら。
自動的に「データ定額20」へと移行し、インターネットは20GBのプラン出の使用となります。
 
つまり、元々最安の5,390円で使っていたとしても、データ料金6,000円+WEB料300円+通話量1,700円によって、
使用料金が8,000円かかるようになるのです。
 
仮に、インターネットを月々1GBほどしか使っていなくても、料金は同じになり、人によっては損をしてしまう可能性があります。
但し、今までのデータ容量では足りない、と感じていた場合や、友達付き合いなどが増えてきた。
また、動画や音楽などを通じ、インターネットをもっと使いこなしたい。
 
このように感じている場合は、このプランに移行することは、多くのメリットもあると考えられるでしょう。
 

【U25】ネットを使わない派は損することも…

 
U25は、25歳以下なら誰でも入れる学割ですが、1つだけ注意点があります。
それは、ネットを使わない場合、損をしてしまう可能性がある、というものです。
 
たとえば、U25は8,640円で、以下のことができますが、、
・20GBのデータ通信
・通話かけ放題
・インターネットの使用
 
もしもインターネットを月々1GBも使わない場合は、この料金プランでは、損をしてしまう可能性があります。
このような場合には、学割よりむしろ、「データ定額ミニ」がおすすめ。
 
最安5,900円にて、インターネットを使用することができます。
このような点から見ても、スマホの機種・プランなどを変える場合は、自分に合ったプランを選ぶのが大切です。
 
契約前に、今までの使い方について、請求書等を見ながら、再チェックしてみるようにしましょう。
 

自分に合ったプランで、あなたの出費を軽やかに♪

fitness-332278_960_720
ソフトバンクの学割について、いかがでしたか?
2017年は、U18・U25と2種類の学割プランを用意。
 
それぞれ、年齢層や使っている方の希望に応えて、安全性を重視したもの。
インターネットをとにかくお得に使いこなせるなど、使う目的・使い方に合わせた柔軟なプランであるとして、話題になっています。
 
もちろん注意点もいくつかあり。たとえば、U18であれば、使用期間内に19歳になってしまったら、自動的に20GBデータ通信に移行してしまうこと。
 
また、U25についても、「学割」といっても、25歳以下すべての人がお得になると言うわけでは無く。
インターネット通信が3GBであっても、20GBきっちり使い切っても、8,000円かかってしまう、といった点については、確認しておく必要があるとされています。
 
このような点から、スマホのプランを選ぶ時には、
・インターネットをかなり多く使いたい (or 使用は控えめでOK)
・通話はかけ放題したい (or使わないので、かけ放題ライトでもかまわない)
等々、プランについて、要望などをハッキリさせるのがおすすめです。
 
また、請求書などを照らし合わせ、これまでの使いかてアについて、チェックし、プランのシミュレーションなどを行うのもおすすめです。
 
自分に合ったプランで、スマートフォンを快適に使いこなす。
そのためは、ぜひ購入前シミュレーションを活用してみてくださいね♪
※プランシミュレーションはこちらから→お支払いシミュレーション〈ソフトバンク公式サイト〉

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-その他

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.