スマホ機種変更をする前に絶対確認しておくべき4つのこと

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

失敗することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
iPhone7も実質0円になり、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1. 機種代金は必ずチェック!

calculate_1428457316

スマホ機種変更の前に今まで使用していた機種の残債は無いか?を確認は必ずしましょう!

たかが、スマホの機種変更と思っていても、大きな落とし穴があります。2年契約ならば、2年たつ前に他の機種へ機種変更してしまえば残債が残り2台分の端末代金を支払うことになってしまいます。貯まっているポイントで支払いや残債だけ現金で支払って終わらすのがキリがよく良いでしょう。

他社に変更する場合は以前のキャリアなのに本体料金の請求が来ていても解約したから支払う必要無いだろうと払わないでいるとブラックリストに載ってしまい、支払いを行っていたカードが最悪、使用出来なくなる等の恐れや、スマートフォン本体の分割購入を拒否される場合があります。

端末代金が高くなった今では、携帯端末をキャリアへローンを組み支払っているので当たり前のことです。が、甘く見たり、忘れがちなのでここへ注意書きしておきます。

キャリアを乗り換える場合はMNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)の移転番号をもらう時に残債などの確認をして対処できるようにしておきましょう。

旧端末残債の対応については前者の他に旧スマホからのポイントキャッシュバックで残債を0にするほか、白ロムや本体を初期化して中古ショップに売ると言う選択肢などもあります。スマホは古くても電話以外の用途で使用可能ですので白ロムは壊れてさえいなければ、どんな旧機種でも売ることが出来ます。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない