スマホ機種変更をする前に絶対確認しておくべき4つのこと

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

3.データの移行作業(電話帳・おサイフケータイ・アプリ・画像など)

◎ガラケーからスマホ

image19

まず、大前提としてガラケーとスマートフォンは根本的に作りも中身も違います。ですから互換性が必ずしも有るわけではありません。

ショップでは、電話番号の引継ぎ手続きなどのメーカーやキャリアが自社で提供している部分の単純な移行作業をしてくれるだけです。

画像や電話帳の名前・電話番号・メールアドレス以外の細かいデータ(住所、誕生日、メモ等々)は移行作業をしてくれません。てすから購入者自身で移行するのが安く確実でオススメです。

 

電話帳

機種変更をする前に絶対確認しておくべきことは、電話帳の移行で絶対必要事項ですね。機種変更しても家族や友達の電話番号が分からないのは困ります。

AQUOS携帯などAndroidベースのガラケーは別ですが、ガラパゴス携帯やフィーチャーホンなどの旧式の携帯電話ではアプリ間の同期機能などはありません。

存在するのは、キャリアが有料オプションで行っている電話帳の自動バックアップぐらいです。

よって電話帳の移行作業は

  • 大手キャリの有料オプションによる電話帳バックアップ
  • ショップにて移行作業をして貰う(場合により事務手数料が加算されることもあります)
  • microSDカードへエクスポート
  • パソコンの電話帳アプリで移行

などしかありません。

 

microSDカードへ電話帳データを保存しておけば、ショップで無料移行してくれるお店もあります。

この際、カード容量が足りないからmicroSDカードの購入を勧めてくる場合もありますが、断った方が良いでしょう。大手キャリアのロゴが入っているだけで通常の倍以上の価格でmicroSDカードを購入させられてしまうこともあります。

ロゴが入っているからと言ってカードのことが全て分かるわけでもありません。分からないことを聞きに言っても対応しきれず、「故障」や「わかりません」と言った言葉で逃げや、のらりくらりで事務手数料を取るショップも存在します。

ネットで購入してもショップの半額で買うことが出来るので機種変更前に自身に見合った容量のmicroSDカードの購入をお勧めします。

 

結論としてはキャリアの有料オプションで移行するか、自分で移行作業をすることです。電話帳は大容量ではありません。(microSDカードはネット購入がオススメ)

ガラケー付属のmicroSDカードは1~2GBほどだと思いますが、ガラケーの電話帳バックアップなら十分すぎる容量です。

機種変更前にバックアップか、エクスポートデータをmicroSDカードへ保存し、機種変更したスマートフォンへ挿入しインポートするのが簡単です。

その後にスマートフォンで使用するmicroSDカードと交換し終了です。

 

メール関係

想い出のメールなど、削除したくないデータもありますよね。ガラケーからスマートフォンでも同じメーカーならmicroSDカードへ保存しておけば、同じように表示し見ることも可能です。筆者はシャープ製のガラケーからシャープ製のスマートフォンへ機種変更した時に試し、保存データの移行に成功しています。

MVNO(格安スマホSIM)など格安スマホ以外の大手キャリアでの機種変更なら、ガラパゴス携帯やフィーチャーホンからスマートフォンに変えてもメールアドレスは変わりません。よって心機一転「メールアドレスも変更しよう!」と言う方以外はスマートフォン移行後もそのままで使用出来ます。

キャリア内での機種変更でメールは大切だから残しておきたいという方は、バップアップデータをmicroSDカードに保存して置けばスマホでも同様に開ける場合もあります。

MVNO(格安スマホSIM)を検討中の方は、機種変更時にgmailでやり取りするのがいいでしょう。大手キャリアの方もgmailなら添付可能容量も大きいのでオススメです。

どうしても同じメールアドレスを残したい人はキャリアを変更したりMVNO(格安スマホSIM)にしても、毎月料金はかかりますがキャリアとメールアドレスのみの契約ができますので継続して使用することも可能です。

 

メッセージアプリ

ガラケーのメッセージアプリはLINEなどが使用出来ます。しかし、オンラインでずっといると通信料金の加算やタイムラグなどの利便性から使ってない人が多いので簡単に説明します。

ガラケーでLINEの登録は電話番号でなくメールアドレス登録のため、スマートフォンへ機種変更の際、メールアドレスとパスワードで認証し、電話番号を追加しましょう。

※キャリア変更やMVNOによるメールアドレスの変更がある場合はgmailで統一するか、Facebookを使用されている方は、FacebookアカウントでLINE登録をするといいでしょう。

 

◎スマホからスマホ

56

スマートフォンからスマートフォンへの移行は、ガラケーから移行するより簡単です。簡単に説明すると、外部ストレージへデータを保存、コピーやネットを使い同期やアップロードをし、新規端末でそれらのデータを保存していくだけです。

アプリにより仕様が異なるので色々なアプリを入れすぎると、以降作業も面倒です。ご自身がよく使うアプリを絞って使いこなしましょう。絞ることにより、バックアップ領域の確認や以降作業の時間なども少なくすみます。

電話帳

機種変更時に電話帳は移行しないと着信が来ても誰だか分からなかったり、電話したい相手の番号もわかりません。

電話帳アプリはメーカー純正の物やGmailや電話帳アプリとしてダンロードできる物など種類は多くあります。メーカー純正電話帳は機種変更などで本体のメーカーを変更するとうまく移行出来ないことが多々あります。

電話帳アプリはAndroid端末ほとんどに対応しています。メーカーが違う物でも、インポート・エクスポート機能により、電話帳の移行が可能です。

メールやmicroSDカードに電話帳データをエクスポートし、新端末でファイルを開き、インポートするだけで移行は出来ます。

 

電話帳アプリは人により、使いやすさに差があり、アプリによっては開発が中止されてしまう恐れもあります。Androidを提供している、Google社のGmailが同期機能もありますしオススメです。

 

メールアドレス

MVNOの場合は事実上、キャリアのメールアドレスと言う物がなくなります。その為、メールアドレスをgmailに変更しておく等の作業が必要になります。

LINE、Messengerなどメッセージアプリがかなり普及しています。しかしそれらはネットによるお買い物、スマートフォンを持ち合わせて居ない人との文字による連絡手段にはなりません。ですから、メール機能は最低限必要になります。

格安SIM業者の場合は大手キャリアと違い、独自のメールアドレスは持ち合わせていません。そこで、スマートフォンならGoogleアカウントを登録するときに作るGmailを使用することが一番簡単ではないでしょうか。

Gmailアプリでメール受信時もしっかり知らせてくれますし、キャリアメール同等の使い方が可能です。アドレスは電話帳に登録されていればそこから送信も出来ます。

おサイフケータイ

毎日の通勤・通学やお出かけの際にお財布携帯機能を使用している方も多いことでしょう。

おサイフケータイは機種変更前に設定が必要です。こちらでは定番な、おサイフケータイであるモバイルSuicaの移行方法を説明します。

アプリ内の

  • 「7.会員メニュー」から「携帯電話の機種変更」を選択します。
  • 次に「1.機種変更する」を選び手続き完了です。

 

画像移行

1cat

Android端末は、アプリやメーカーにより保存場所が様々です。

端末設定で本体の内蔵ROMへ保存や外部ストレージである、microSDカード(外部ストレージ)に保存など選べます。保存先の指定は出来ますが、そのデータの移動やコピーはアルバムアプリや画像閲覧アプリを使うと良いでしょう。

内蔵ROM・外部ストレージ共に、「DCIM」に写メや純正カメラ機能使った物は保存されます。

無音カメラや加工機能付きカメラによる撮影画像はアプリによって異なりますので、アルバム等のアプリで画像を表示した後に詳細やプロパティで画像の収納場所を確認しましょう。

 

このフォルダをスクリーンショットやメモし、エクスプローラ型アプリでmicroSDカードへコピーを行えばバックアップの完了です。

また、別の手段として、LINEやDropBoxやyahooボックスなどのクラウドアプリを使用することで保存が可能です。一番使われているアプリでの保存方法をご紹介します。

 

LINEで移行、保存したい画像を保存する場合は自分だけのグループを作ります。そのグループ内にアルバムを作り保存したい、残したい画像を、アップロードします。LINEのアルバムはLINEのサーバー内に画像を保存する為、本体容量が減ることも増える事はありません。

なんと言っても、LINEのアルバムは容量の制限も保存期間の決まりもありません。1アルバム1000枚までと言う制限のみです。トークで送信した画像のサーバー保存期間は2週間で、他人から送信されたの画像は時間がたつと見れなくなります。ダウンロードして保存することも出来なくなります。しかし、アルバムは制限無しなのでオススメです。

 

筆者も家族の携帯電話移行時に何度も使用しています。

この方法はiPhoneからAndroidやAndroidからiPhoneの時も使用可能です。

 

クラウドアプリは保存期間は無くても容量制限などが存在します。よって画像移行と移行後の利便性からLINE内に自分のアルバム専用のグループを作りそこへ保存し、移行することをオススメします。

画像閲覧時はLINEから見ることによって新端末の容量も多くは食いません。移行前にこの方法を使用し、その後もLINEのアルバムを利用すれば本体の容量を気にせずにすみますね。

 

保存データのバックアップ

旧端末に保存されているデータをバックアップするにはエクスプローラ型アプリが便利です。

パソコンでwindowsのフォルダを触るように端末内のデータのバックアップやコピーも出来ます。エクスプローラ型アプリをインストールし、バックアップや移行にアプリに関係するのフォルダをコピーするだけです。

やることは簡単ですが、どこに何があるかは読者の皆さんも覚えていられないと思います。ですからこちらに収納フォルダ名と中身の説明書きをします。

 

[端末本体・内蔵ROMのフォルダ]
Download

webやTwitterなどのインターネット上で保存した際の収納される場所です。

画像以外のファイルもダウンロードしていればここに保存されます。

こちらのフォルダは様々なファイルがあるのでエクスプローラ型アプリで見る場合は保存したファイル名や拡張子で検索すると効率が良く無駄なファイルを省き探し当てることが可能です。

Android

Androidの基本データやアプリデータが保存されているので詳しくない人は余り触らないようにしましょう!

端末によっては触れないようになっている物も存在します。root化している機種はフォルダやファイルの削除を出来てしまいますので注意をしましょう。

DCIM

純正カメラでの写メや画像が保存収納される場所です。

カメラの保存先を外部ストレージにしていないと自動的にこちらへ保存されます。メーカー純正のカメラアプリなどはこのフォルダへ自動保存されますが、GoogleのPlayストアから自分でインストールされたアプリに関しては、保存先指定した場所の直下にカメラ名のフォルダが自動で作られ、そこへ保存される場合もあります。

PictureフォルダやPictureフォルダ直下にアプリ名のフォルダができていることもありますので大事な画像がある場合は確認してみて下さい。

Music

音楽形式ファイルをダンロードしたものが保存収納される場所です。

media

音楽の動画ファイルをダンロードしたものが保存収納される場所です。まれに音楽形式のファイルが保存されていることもあります。

Picture

アプリで保存した画像・動画やスクリーンショット等が保存収納される場所です。

Alarms

本体のアラーム音が保存収納される場所です。

このフォルダ内のお気に入りの音楽データを新端末へコピーすれば、おなじみの音でアラームが鳴るように出来ます。

Notifications

本体の通知音が保存収納される場所です。

このフォルダ内のお気に入りの音楽データを新端末へコピーすれば、おなじみの音で通知音が鳴るように出来ます。

Ringtones

本体の着信音が保存収納される場所です。

このフォルダ内のお気に入りの音楽データを新端末へコピーすれば、おなじみの音で着信音が鳴るように出来ます。

LINE_backup

LINEのトーク設定でバックアップを選択した場合に、メールで送信してもしなくてもここへ自動的にデータ圧縮され保存されます。

バックアップ後はLINEのトーク内にある画像・音声ファイル・動画ファイルが圧縮保存されています。

[SDカードのフォルダ(外部ストレージ)]
Download

保存先をmicroSDなどの外部ストレージへ変更した場合に、前者のdownloadフォルダと同じ役割をします。

Android

前者のAndroidフォルダと変わりません。内蔵ROMがいっぱいであれば一部のみ外部ストレージに保存される場合があります。

DCIM

前者のDCIMフォルダと変わらず同じ役割をし、保存先がmicroSDなどの外部ストレージに変わっただけです。内蔵ROMがいっぱいであったり、保存先を外部ストレージにしていればここへ保存されます。

Movie

前者のMovieフォルダと変わらず同じ役割をし、保存先がmicroSDなどの外部ストレージに変わっただけです。内蔵ROMがいっぱいであったり、保存先を外部ストレージにしていればここへ保存されます。

LINE_backup

前者のLINE_backupフォルダと変わらず同じ役割をし、保存先がmicroSDなどの外部ストレージに変わっただけです。内蔵ROMがいっぱいであったり、保存先を外部ストレージにしていればここへ保存されます。バックアップ後はLINEのトーク内にある画像・音声ファイル・動画ファイルが圧縮保存されています。

※SDカード内のデータは携帯にSDカードが2枚入らないため、クラウドスペースへ必要データのみアップロードし、新端末でそのファイルをダンロードしたり、パソコンを使い一度データを取り出してから新端末へ入れるmicroSDカードへコピーする必要があります。時間もかかりますが、消したくない物がある方は必要なフォルダやファイルを選びバックアップを取ることをオススメします。

アプリメッセージアプリ

line

メッセージアプリはLINEやMessengerなどがメジャーです。読者の皆さんも使用しているのはこのどちらかだと思います。

スマホ機種変更時に機種は変わってもそのままの状態で使用したいものですね。どちらもアカウント登録していれば引き継ぎなどもできます。アプリケーションのアップデートが行われるなわれるとアカウント設定が多少なり変更され、うまく移行できない場合があります。

アプリの仕様変更伴い移行できなくならない様にするには、機種変更前の端末でメッセージアプリを最新の状態へアップデートし、アカウント設定をみなおします。

変更点や追加項目などが増えていれば案内に従い再設定します。そうすれば、変更機種へ移行に支障は出なくなります。Messengerはトーク内容はFacebookのサーバーに保存されている為、トークの保存などはする必要がありません。

LINEはアカウント移行しても、トークがサーバーに保存されるのは1日限りですので、以前の会話はエクスポートするしかありません。ですから機種変更しても機種変更以前の内容を読みたい人は読みたい人とのトークを選びトークの編集でバックアップをし、そのファイルを新端末でLINEを開きその人とのトークを作り、トーク設定でトークのインポートをすれば良いだけです。

LINEのトークの保存方法や移行方法はこれで終わりです。保存先が内蔵ROMかmicroSD内になるかは本体の仕様により異なります。「LINE_backup」と言うフォルダの中にトークと写真データが保存されます。

ゲームアプリ

スマートフォンゲームは世代、老若男女を問わず人気です。毎日の通勤・通学中、休み時間などを毎日、時間と課金でコツコツため込んで居る方も多いでしょう。

機種変更後にゲームアプリをダンロードしても初期状態で使えない・・・これまでのゲームデータが消えてなくなってしまった・・・との現実を受け止められずに隠せないショックを経験した人も多いのではないのでしょうか。

この現象を避けるために、簡単な解説をします。ゲームや提供会社により保存方法は異なります。現在配信中の人気ゲームのデータ保存方法は2通り存在します。

1つ目は携帯の内蔵ROM内やmicroSDカード内にゲームの進行データを保存・ロード(保存されたデータを読み込む)する物、2つ目はゲーム起動時にゲームアプリ配信会社のサーバーに同期され保存されているデータをロードする物などです。

ゲームアプリは数多く、一つ一つ説明はできませんが両者共バックアップや引き継ぎ方法は異なります。機種変更前に配信会社のマニュアルを読み事前に保存しておきましょう。

二段階認証アプリ

security-265130_640

第三者などの他人ががパスワードを不正に入手したとしてもアカウントにログインすることはできないよう、セキュリュティが強化されています。そこで登場したのが二段階認証です。アカウントはパスワードで保護できますがさらに、2段階認証プロセスを使ってセキュリティを強化するという物です。

2段階認証プロセスでは、スマートフォンに送信される 1 回限りの確認コードをログイン時に入力する必要があるため、認証はセキュリュティがしっかりします。

この手の認証はLINEやショッピングアプリ、銀行アプリなどに多く見られます。旧スマホが使用出来ず認証に失敗し、泣き寝入りをしたと言うケースをネットでよく話題になっています。こういった失敗を防ぐために発行されたコードを印刷やスクリーンショットと撮る事ををオススメします。

※セキュリュティよりもトラブルを避けたい方は二段階認証指定のものでも機種変更時のみ二段階認証を解除するといいでしょう。また、トラブルの一つとして多いのが、電話番号やメールアドレスの変更があり、認証できない場合です。認証法は電話番号へSMSで数字が送られてきたりメールにURLが送られてきたりと認証方法は様々です。電話番号やメールアドレスの変更がある場合は事前に電話などで確認を行い、対応しましょう。

その他アプリ

アプリは多く全て説明はできかねますので、どのアプリにもある項目とて、アップデート、バックアップ、同期、データのエクスポート、インポート、アカウント登録・発行などの再確認をオススメします。

アプリにより仕様が違ったりくせがあるので全て同じとは限りません。バージョンアップの際に仕様変更され、保存先が変わることも良くあることです。が、移行前は必ず、アプリのアップデートをしましょう。新端末へアプリをインストールする時に、同じバージョンの方が互換性もあり移行の際、不具合が少ないからです。

ショッピングアプリなどはダンロード後、アカウント情報を入力すれば良い物ばかりですが、念の為、機種変更の際、どうするべきかホームページなど通し確認しておきましょう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]