iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

MNP 機種変更

スマホ人気ランキング総まとめ!今一番売れてるスマホをご紹介します

投稿日:

「スマホ新しくしたいけど、今はどんなのが人気なんだろう?」
多種多様なスマホが出ている現在では似たような機種も多く、スマホ選びに迷ってしまいますよね。
 
本記事を読めば、スマホで今一番売れている人気機種のランキング上位10位が分かります。
ご紹介するスマホは、Amazonのおすすめスマホ機種上位10位であり、コスパが良く機能も充実しているAndroid機種がランクインしています。
 
ご参考になさってください。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

スマホ人気ランキング10位:モトローラ Moto Z Play

moto Z play

出典:https://goo.gl/vlFApZ


Amazon のスマホ人気ランキングで10位にランクインしたのは、モトローラが販売する「Moto Z Play」です。
 

特徴

Moto Z Play の最大の特徴は、超長時間駆動が可能な強力なバッテリーです。Moto Z Playのバッテリーは最長で45時間駆動します。
さらに、わずか15分の充電で最長8時間も駆動が可能なスピードチャージが可能です。
 
オクタコアプロセッサ(8個のCPU)搭載のため、処理速度の低下なく複数の処理を同時に実行できます。
指紋認証機能を持ち、スマホのロック/ロック解除、アプリのログイン、モバイル決済が高いセキュリティのもとに行うことが出来ます。
 
オプションパーツの「Moto Mods」を取り付けることで、「Moto Z Play」はサウンドスピーカー、プロジェクター、10倍光学デジタルカメラ、ワイヤレス充電可能スマホに早変わりします。
 

製品詳細

Amazon新品価格 58,093円
OS Andoroid 6.0.1
プロセッサ ・Qualcomm Snapdragon 625 プロセッサ 2 GHz オクタコア CPU
・Adreno 506 GPU
・650 MHz 自然言語プロセッサコンテクスチュアルコンピューティングプロセッサ
メモリ(RAM) 3GB LPDDR3
ストレージ(ROM) 32GB
microSDカード対応(最大2TB)
寸法 高さ: 156.4mm
幅: 76.4mm
厚さ: 6.99mm
重量 165g
ディスプレイ 5.5 インチの Super AMOLED 1080p HD (1080 x 1920) 403 ppi
バッテリー 多用途に使用して最長45時間(3510mAh)
15分の充電で最長8時間の駆動
撥水性 撥水ナノコーティング
リアカメラ 16メガピクセル
レーザーオートフォーカス
位相差オートフォーカス
f / 2.0口径
ピクセルサイズ 1.3um
4倍デジタルズーム
フロントカメラ 5メガピクセル
f /2.2口径
85°広角レンズ
接続 Moto コネクター USB-Cポート
3.5mmポート
スピーカー/マイクロフォン 前面ポートのイヤホン/ラウドスピーカーマイク3個
ビデオキャプチャ 1080p(60fps)
4K(30fps)
ブラック
シルバー
ブラックストレートホワイト
ファインビールド
シュガーホワイト
センサー 指紋センサー
加速度計
アンビエントライト
ジャイロスコープ
ホール効果
磁気計 近接検知
オーディオモニター

レビュー

使いやすいです。指紋認証がすぐに認識するのはすごく便利です。余計なアプリも入ってないのでサクサクです。発熱に関してはz4はすぐに熱くなってしまってましたが、こちらはほとんどないです。ゲームはパズドラ、ポケモンgo、クラクラをやってみましたがサクサク動きます。
Amazonカスタマーレビュー

DSDS問題なく動作。ガラケーとの二台持ちから解放されました。SoftBankのSIMカードをnanoにカットし、さっそくセットすると問題なく認識、電話SMSいずれもつながりました。データ通信(ドコモ系MVNO)についても同様問題なく認識、最初は4Gに切り替わるまで時間がかかりましたが、再起動するとすぐつながりました。
Amazonカスタマーレビュー

大容量バッテリーのサクサクスマホです。Nexus6から買い替えました。良い所は、バッテリーの持ちが段違いです。プリインストールもほぼなく、スペック以上にサクサク動きます。悪い所は、私は気になりませんが、端末の厚さがそれなりにあるので注意が必要かもしれません。私は持ちやすくていいと思うのですけど。
Amazonカスタマーレビュー

スマホ人気ランキング9位:Huawei P8 LITE

Huawei P8 lite

出典:https://goo.gl/0DB2Ah


Amazon のスマホ人気ランキングで9位にランクインしたのは、Huaweiが販売する「HUAWEI P8 LITE」です。
 

特徴

HUAWEI P8 LITEの特徴は、クオリティの高い写真や映像を撮影できる高機能カメラと美しいサウンドを再生できるHuawei独自スピーカーです。
 
HUAWEI P8 LITEは500万画素のインカメラおよび1300万画素のアウトカメラを搭載し、どちらのカメラでも高画質な画像・映像を撮影できます。
カメラには美肌カメラ機能があり、持ち主の顔を認識して画像を自動補正したり、誰でも補正される標準美顔補正機能などもあります。夜景撮影も強化されており、Huawai独自の画像編集機能「イメージ・シャープニング・アルゴリズム」によって明るさに左右されず高画質な写真・動画に仕上げます。
 
スピーカーはアコースティックチャンバー構造をしており、低周波時の音の分散を抑えて原音に忠実に音を再生します。スピーカーにはHuawei独自のSmart PAシステムが採用されており、音楽や動画再生時の音割れハウリングを防止し、高音質なオーディオを実現しています。
 

製品情報

Amazon新品価格 18,480円
サイズ 高さ:143mm
幅: 71mm
厚さ:7.7mm
重量 131g
ホワイト
ブラック
ゴールド
OS Android 5.0 Lollipop
CPU Hisilicon Kirin 620 オクタコア(A53/1.2Ghz)
メモリ RAM: 2GB
ROM: 16GB
バッテリー 2,200mAn
連続待受時間 LTE-FDD(LTE回線):約450時間
WCDMA(3G回線):約500時間
GSM(2G回線):約600時間
連続通話時間 WCDMA(3G回線):約13時間
GSM(2G回線):約20時間
ディスプレイ 約 5.0インチHD( 720 x 1280ドット)
IPS (GFFフルラミネーション)
カメラ メインカメラ:1300万画素(開口部 F2.0/AF/BSI)
インカメラ:500万画素(開口部 F2.4/FF/BSI)
通信方式 FDD-LTE(LTE回線) : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
TDD-LTE(LTE回線) : B40
UMTS(3G回線): B1/B5/B6/B8/B19
GSM(2G回線): 850/900/1800/1900
Wi-Fi:802.11 b/g/n 準拠
テザリング機能 / 最大接続台数:8台
Bluetooth通信:V4.0+LE
SDカード Micro SD (最大32GB)
センサー 加速度
近接
環境光
電子コンパス
測位方式 GPS/AGPS/Glonass

レビュー

コスパ最高クラス。Huaweiのモバイルルーターの品質がなかなか良かったので購入しました。ocnのsim挿して使ってます。今のところ動作は順調です。余計なアプリもデフォルトで入っておらず、好印象デフォのimeはここの評判通りちょっともたつきます。若干イラっとさせられる程。しかしコレは他のimeに入れ替えればOKでした。
Amazonカスタマーレビュー

良い端末です。普通にサクサク。 レスポンス良く軽快です。保護フィルムが最初から貼ってあります。キャリア端末のように、邪魔な初期アプリはほとんど入っていません。高解像度では無いですが、普通に綺麗です。Huaweiの端末は2台目ですが、不具合も無くとても良い端末です。
Amazonカスタマーレビュー

3カ月使っての、iPhoneとの比較。長年使っていたiOS(4s)からの乗り換えです。新しいiPhoneはあまりに高いのです。simフリー・CPU高性能・メモリ2G(マイPCと同じw)・ルックス良好・後付けmicroSD32G可など、これで3万円は驚きの一言です。ちなみに、Huaweiは中国に本社を置く、約30年の実績がある世界的にも有名な通信機器メーカーです。Wikiを見れば安心できると思います。
Amazonカスタマーレビュー

スマホ人気ランキング8位:FREETEL Priori3 LTE

Priori3 LTE

出典:https://www.freetel.jp/product/smartphone/priori3/


Amazon のスマホ人気ランキングで8位にランクインしたのは、FREETELが販売する「Priori3 LTE」です。
 

特徴

Priori3 LTEの特徴は、機体の安さとカラフルなボディカラーです。ボディカラーは全6色のポップかつ上品なカラーリングで、さらにバックカバーは交換可能なためにカバーの着せ替えでさまざまなカラーを楽しむことが出来ます。
Prioti3 LTEの価格は12,000円台と、スマホにしては非常に安価でありながら、スマホとしての機能は十分に備えています。
例えばカメラはリアカメラ800万画素、フロントカメラ200万画素と高画質です。
また、デュアルSIM搭載のために海外旅行に便利です。
バッテリーも2100mAhと大容量であり、かつ何年も交換が不要な丈夫なバッテリーです。
 

製品情報

Amazon新品価格 12,150円
カラー ブラック
ホワイト
ヌーディ―ベージュ
ビビットオレンジ
ルビーレッド
ミントブルー
サイズ 高さ:132mm
幅:65mm
厚さ:8.9mm
重量 120g
OS Android 5.1
ディスプレイ 4.5インチ
解像度 854 x 480(FWVGA IPS)
CPU MT6735M Quad Core 1.0 GHz 64bit
メモリ RAM:1GB
ROM:8GB
外部メモリ Micro SD(最大128GB、SD/SDHC/SDXC)
カメラ メインカメラ:800万画素
サブカメラ:200万画素
バッテリー 2,100 mAh
取り外し可
連続通話時間 約650分
連続待受け時間 約216時間
ネットワーク(周波数帯) 2G(GSM): 850/900/1800/1900MHz
3G(WCDMA):
2100MHz(Band1)/
800MHz(Band6/19)/900MHz(Band8)
4G(FDD LTE):
2100MHz(Band1)/1800MHz(Band3)/
900MHz(Band8)/800MHz(Band19)
その他通信 Wi-Fi(802.11 a/b/g/n、2.4/5GHz)
Bluetooth
USB
センサー GPS(A-GPS対応)
加速度センサー
近接センサー
光センサー
e-compass

レビュー

コスパは最高ですが、低価格帯のスマホだと言うことを理解したうえで購入してください。日常なら外での利用だけ、あとは旅行の時だけという方は本当におススメです! しかも、LTEもきちんと拾ってくれます。 以前のポケットwifi(GL-06P)はLTEのバンドも狭かったので、4G回線を拾ってくれない地域が多かったのですが、ちゃんとこちらのpriori3では拾ってくれました。
Amazonカスタマーレビュー

割り切ればいいだけの納得商品。1万円少々のスマホだから納得できます。私はフーリテルのsim(299円~使った分だけ請求)を刺し、050のIP電話をインストールしてます。通話用のガラケーもあり、その着信はこの050番号に転送しています。通話も多少の遅延はありますが、苦になりません。会社のメールもこのスマホに転送し、主にメール確認に使っています。電池もそこそこ持つし、質感も悪くありません。
Amazonカスタマーレビュー

見た目は少し安物ぽく見えます。中身も少し使い勝手が悪く感じます。ディスプレイも反応が悪くイライラします。全体的に大味かなぁ。
Amazonカスタマーレビュー

スマホ人気ランキング7位:HOMTOM HT 17 Pro

HT 17 Pro

出典:https://goo.gl/NG4okp


Amazon のスマホ人気ランキングで7位にランクインしたのは、HOTOMが販売する「HT 17 Pro」です。
 

特徴

HT 17 Proの特徴は、圧倒的な安さです。販売店によっては1万円を切るところもあります。
そんな低価格でありながら、指紋センサー、800万画素のカメラ、5.5インチディスプレイなど、スマホとして十分な機能を備えています。
重量は113gと軽量でありながら、バッテリーは3,000mAhの大容量です。
通信も4G、3G、2G回線に対応しており、コストパフォーマンスのよい機体です。
 

製品情報

Amazon新品価格 9,980円
OS Android 6.0 Marshmallow
CPU MediaTek MTK6737 Quad Core 1.3GHz
メモリ RAM:2GB
ROM:16GB
※microSDカードで最大128GBまで増設可能
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1,280 x 720
カメラ 前面カメラ:200万画素
背面カメラ:800万画素
※ソフトウェアを使用すると背面カメラは1,300万画素、全面カメラは500万画素相当で撮影できる
ネットワーク 4G:FDD-LTE: B1/B3/B7/B20
3G:WCDMA B1/B8
2G:GSM 850/900/1900/2100
その他通信 Wi-Fi(802.11b/g/n)
Bluetooth 4.0
センサー 指紋センサー
加速度センサー
近接センサー
GPS
※ジャイロスコープは非搭載
サイズ 高さ:153.5mm
幅:78mm
厚さ:8mm
重量 113g
バッテリー 3,000mAh

レビュー

値段を考えれば、よくできている。ハードウェアとしては、タッチパネルの反応がイマイチの時があるけれども、基本的な機能は十分問題なく使えます。値段を考えれば、かなりの性能と思います。また、シルバーを使っていますが、プラスティックの塗装がアルミ風に仕上げられているのには感心しましたが、持ったときの重さや角の処理は残念な感じです。
Amazonカスタマーレビュー

コスパ超高い。見た目は非常に良く、かなりの質感です。とても驚きました。樹脂の質感、あわせ品質がかなり良い。日本製やアップルの最新スマホに引けをとらない見た目です。専門用語で言うと樹脂成型精度がとても高い。リアカバーと本体との合わせ目も全周に渡りピッタピタで髪の毛一本入る隙もありません同様にボリュームスイッチや電源スイッチも非常に高精度に作られており、一切チープさを感じません。裏面カバーのヘアラインもとても品質が高い。本体横のメッキもよいです。コイツは凄い。
Amazonカスタマーレビュー

この価格でこの見た目とまぁまぁのスペック。大きなディスプレイで老眼の私も大満足です。性能も悪くありませんし、APN設定も子供用に続き2台目なのでチョイチョイでした。電池の持ちも良く、特に問題は起きていません。中華端末でしたので怖かったのですが現在の所問題なく使えています。(逆に中華端末なのでいつまでもつのかも心配です)デザインも気に入っています。
Amazonカスタマーレビュー

スマホ人気ランキング6位:Xperia Z5 Compact

Xperia Z5 Compact

出典:http://www.sonymobile.co.jp/xperia/docomo/so-02h/


Amazon のスマホ人気ランキングで6位にランクインしたのは、SONYが販売する「Xperia Z5 Compact」です。
 

特徴

Xperia Z5 Compactの特徴は、片手で扱いやすいコンパクトなサイズでありながらスマホとして極めて高機能であるという点です。
Xperia Z5 Compactは、小さなボディに64bitオクタコアCPUを搭載しており、複数のアプリを同時に使用でもストレスなく操作可能です。
バッタリーの持ちが良く、実使用時間で3日は持ちます。また、緊急省電力モードを搭載しているため、バッテリーの残量を気にせず使用できます。
 
Xperia Z5 Compactは防水性能がIPX5/8の基準を満たしており、バスルームなどでも水や水滴を気にせず操作できます。
画面に水滴が着いたままでも誤作動しづらく、快適な操作が可能です。
電源ボタンには指紋認証機能が搭載されており、本体を握ると自然とロックを解除できるスムーズな操作性を持ちます。指紋は最大5パターンまで登録できます。
 
カメラはソニーの最先端CMOSセンサーを搭載し、約2,300万画素の超高画質で撮影が可能です。
ディスプレイはソニーのブラビアの技術をつぎ込んだハイクオリティディスプレイを実現しています。
オーディオにはハイレゾとノイズキャンセリングを両立させた上質で臨場感溢れるサウンドが楽しめます。
 

製品情報

Amazon新品価格 48,900円
サイズ 高さ:127mm
幅:65mm
厚さ:8.9mm
重量 138g
ディスプレイ トリルミナスディスプレイ for mobile
約4.6インチ
解像度 HD:720 x 1280
CPU 2.0GHz(クアッドコア)+ 1.5GHz(クアッドコア)オクタコア
バッテリー 2,700mAh
OS Android 5.1
メモリ RAM:2GB
ROM:32GB
カメラ メインカメラ:約2,300万画素 裏面照射積層型CMOSイメージセンサーExmor RS for mobile
フロントカメラ:約510万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R for mobile
顔認識
手ブレ補正
セルフタイマー
タッチ撮影
オートフォーカス
ネットワーク LTE-Advanced
LTE
3G
その他通信 ワンセグ/フルセグ
Docomo Wi-Fi
Wi-Fi(10台まで)
Bluetooth(5台まで)
USB
MirrorLink
WORLD WING
エリアメール
防水・防塵 IPX5/8・IP6X
カラー ホワイト
グラファイトブラック
コーラル
イエロー
その他 生体認証
急速充電
非常用節電機能

レビュー

コンパクトsimフリー端末ならかなりお勧め!片手操作、スーツやジーンズのポケットに入れることを考えると、これくらいがジャストサイズかと。
Amazonカスタマーレビュー

筐体が結構熱を持ちます。ミドルシップ端末からの乗り換えでしたが、操作性もよく概ね満足しています。ただ、使用時や充電時に本体が暖かくなります。使用時間が長いと、かなりの温度に…。
Amazonカスタマーレビュー

日本国外仕様ですが、十分使えます。BIGLOBEのSIMで使っていますが、DoCoMoのLTE電波で、山間地でも問題なくつながり、いろんなアプリも問題なく使えています。ただし、日本仕様ではないのでワンセグは視聴できませんし、ドコモの地震警報も動作しません。地震警報についてはナマズ速報で代えています。
Amazonカスタマーレビュー

スマホ人気ランキング5位:Nexus 5X

Nexus 5x

出典:https://www.google.co.jp/intl/ja_jp/nexus/5x/


Amazon のスマホ人気ランキングで5位にランクインしたのは、Googleが販売する「Nexus 5X」です。
 

特徴

Nexus 5Xの特徴は、世界最高水準の処理速度を持つSnapdragon 808 ヘキサコアプロセッサを搭載し、またセンサーに1.55umピクセルピッチ画素搭載で薄暗い状況でも美しくシャープな写真や動画を撮影できるカメラを持つ点です。
 
Nexus 5Xの高機能プロセッサはGoogleが提供するgoogle map やGmailはもちろんのこと、さまざまなアプリを高速処理可能なので、ストレスフリーの操作が可能です。最新のAndroid OSであるAndroid 6.0 Marshmallowの価値を最大化できるのもNexus 5Xの優れた点です。
 
Nexus 5Xはf2.0の絞りで、4K動画も撮影可能な最新・高機能カメラです。
Nexus 5Xに標準搭載のGoogleフォトは、すべての写真や動画を無料で際限なく保存でき、データは自動で整理され、インターネットが繋がる場所ならどこからでもアクセスできます。
 
Nexus 5Xには指紋認証センサーのNexus Imprintが搭載され、手軽で確実なセキュリティを実現しています。
 

製品情報

Amazon新品価格 32,500円
サイズ 高さ:147.0mm
幅:72.6mm
厚さ:7.9mm
重量 136g
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1,920 x 1,080 / 423 ppi
Corning Gorilla Glass 3
カメラ 背面カメラ: 12.3 メガピクセル、1.55 um、f/2.0
赤外線レーザーによるオートフォーカス
4K(30fps)動画撮影
前面カメラ: 5 メガピクセル、1,4um、f/2.0
CPU QualcommR Snapdragon 808 プロセッサ、1.8 GHz ヘキサコア 64 ビット
GPU Adreno 418
カーボン
クオーツ
アイス
メディア 前面シングルスピーカー
マイク×3(前面1、上部1、下部1)
バッテリー 2,700mAh
急速充電可能なUSB Type-C
稼働時間 待受時間: 最長 420 時間
通話時間: 最長 20 時間
インターネット使用時(Wi-Fi): 最長 9 時間
インターネット使用時(LTE): 最長 8 時間
動画再生時: 最長 10 時間
音楽再生時: 最長 75 時間
ネットワーク LTE カテゴリ 6
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 2x2 MIMOデュアルバンド(2.4 GHz、5.0 GHz)
その他通信 Bluetooth 4.2
NFC
GPS / GLONASS
デジタル コンパス
センサー Nexus Imprint センサー
Android センサーハブ
加速度計
ジャイロスコープ
気圧計
近接センサー
周囲光センサー
ホールセンサー

レビュー

使用感はyahooニュースのタブ切り替えなど、サクサク動きます。「ポケモンGO」も問題なく動作しますね。
Amazonカスタマーレビュー

nexusは初めてでしたので最初プリインアプリの少なさにちょっと戸惑いましたが、カメラは綺麗だし、お安いし… コスパ最高ですね!ヘビーな使い方ではバッテリーが辛いでしょうが、メール・web・line程度の使い方ですと2日ぐらいは持つし十二分の端末だと思います。
Amazonカスタマーレビュー

総合的な性能とNexusらしい「余分なモノは何も無い」感じにはとても満足していますNexus7 2012、Nexus7 2013、Nexus4と動きを比較すると、時代の流れと性能アップをひしひしと感じます。
Amazonカスタマーレビュー

スマホ人気ランキング4位:Huawei P9 LITE

Huawei P9 lite

出典:http://consumer.huawei.com/minisite/jp/p9lite/index.htm


Amazon のスマホ人気ランキングで4位にランクインしたのは、HUAWEIが販売する「HUAWEI P9 lite」です。
 

特徴

HUAWEI P9 liteは、スマホとして評価の高いHUAWEI P8 liteをさらにブラッシュアップさせた機体です。スリムかつコンパクトなサイズでありつつ、76.4%の高い画面占有率の見やすいディスプレイを持ちます。
 
多彩な撮影モードを持ち、あらゆる場面で美しい映像を撮影できます。カメラにはSONY製のIMX214イメージセンサーを採用し、1300万画素の精緻かつ精確な撮影が可能です。
 
高感度な指紋認証センサーを搭載し、背面のセンサー部を軽くタッチするだけでロックを解除できるユーザーフレンドリィかつ高いセキュリティを両立しています。
スピーカーにはHiSilicon社製のHi6401オーディオ専用DSPとSmartPAシステムを採用し、クリアかつ大音量な迫力のサウンドを楽しめます。

製品情報

Amazon新品価格 26,500円
サイズ 高さ:146.8 mm
幅:72.6mm
厚さ:7.5mm
重量 147g
カラー ゴールド
ホワイト
ブラック
OS Android 6.0 Marshmallow
CPU Huawei Kirin650 オクタコア(4×2.0GHz + 4×1.7GHz)
メモリ RAM:2GB
ROM:16GB
MicroSD:最大128GB
バッテリー 3,000mAh
連続待受時間 LTE回線:約610時間
3G回線:約630時間
2G回線:約600時間
連続通話時間 3G回線:約630時間
2G回線:約600時間
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920×1080
カメラ メインカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
ネットワーク FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
その他通信 Wi-Fi: 802.11b/g/n (2.4GHz )
Bluetooth v4.1
テザリング機能 / 最大接続台数:8台
測位方式 GPS
AGPS
Glonass
センサー 指紋
加速度
コンパス
環境光
近接
Nano-SIM × 2

レビュー

価格・機能・デザインにおいて満足。今までのキャリア契約がボッタクリだったのではないかと思うほど安い格安SIM。しかもこの製品は3万円の割には全ての面で満足。2016年9月からの使用ですが、もっと早く乗り換えればよかったと思います。
Amazonカスタマーレビュー

中国産という偏見を抜きにして、すごい!ぶっちゃけ日本のメーカーも見習って欲しい!この価格でこの機能なら文句なし!当方、ゲームはせずメールとブラウザ使用のみですがサクサク快適です。正直ゲームをしなければこれ以上の機能は必要ないのでは?しかし、少々個人的には画面がでっかいのに比して薄く感じるため、ホールド感が無さすぎて落としそうで怖いですね(笑)。それを含めても大満足の商品です。
Amazonカスタマーレビュー

文句無し。使い心地に文句無し、Ymobileにてsimフリー端末の修理も出来るので完璧。バッテリーの持ち、発色、タッチ感度、音量良し。少し小さいサイズが出たら最高。前ポケットに入れて座ると窮屈。
Amazonカスタマーレビュー

スマホ人気ランキング3位:ASUS ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 laser

出典:https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-2-Laser-ZE500KL/


Amazon のスマホ人気ランキングで3位にランクインしたのは、ASUSが販売する「ZenFone 2 Laser」です。

特徴

ZenFone 2 Laserは、最速約0.03秒で被写体にフォーカスするレーザーオートフォーカスを搭載しており、シャッターチャンスを逃さず美しい写真を撮影できます。
 
ZenFone 2 Laser は手の平にフィットするように丸みを帯びたデザインをしており、最薄部は3.5mmで非常に滑らかな使い心地です。画面占有率は70%であり、5インチの大画面とは思えないほどコンパクトなサイズです。
高速処理が可能なパワフルなCPUを搭載しつつも、1日中使用できる大容量バッテリーを備えています。
 
カメラは1300万画素、口径f/2.0を持ち、HDRモードでは暗がりや逆光でも細部まで鮮やかな写真が撮影できます
 

製品情報

Amazon新品価格 17,000円
OS Android 5.0
ブラック
ホワイト
レッド
グレー
ゴールド
サイズ 高さ:143.7
幅:71.5
厚さ:3.5 mm~10.5 mm
重量 145g
CPU Qualcomm Snapdragon 410
メモリ RAM:2GB
ROM:16GB
ネットワーク EDGE/GSM : 850/900/1800/1900
W-CDMA :
800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/1900(2) /2100(1)
FDD-LTE :
2100(1)/1800(3)/850(5)/800(6)/
900(8)/1700(9)/800(18)/800(19)/700(28)
ディスプレイ 5インチ
解像度 1,280×720
TFT
バッテリー 2,400mAh
カメラ 前面カメラ:500万画素
背面カメラ:1300万画素
センサー 加速度センサ
電子コンパス
近接センサ
光センサ
磁気センサ

レビュー

内蔵ストレージ(16GB)のシステム占有容量には注意が必要!初期設定では16GBの内蔵ストレージ容量に対してシステムが13GBも占有しているので、アプリやファイルに実質3GBしか使えません。購入後に初期化すれば、13GBのシステム占有が5GBに自動で変更できます。そのほかの機能や使い勝手、コスパなどについてはまったく不満はありません。
Amazonカスタマーレビュー

万人が満足できるバランスの良い端末。カメラですが赤外線レーザーでストレス無くフォーカスしてくれます。暗い室内で動く猫を撮るのは結構難しいのですが、タッチパネルワンクリックだけで素早くフォーカス、撮影ができストレス無く撮れます。予想以上の出来で満足していますがスマホの域は超えませんので過度の期待はしない方が良いと思います。その他HDRやパノラマ写真撮影機能など多機能です。
Amazonカスタマーレビュー

母親のために購入しました。メモリーも2GBあり、ほとんど動作が重くなる事もありません。液晶も綺麗でタッチパネルも良好なので、特に操作性に不満は出てこないと思います。携帯、Wifiの電波感度も十分で不満はありません。他の方がおっしゃっているGPSの感度の悪さは、今のところ感じていません。普段使いならば、特に問題も無く良い製品と思います。
Amazonカスタマーレビュー

スマホ人気ランキング2位:モトローラ Moto G4 Plus

moto G4 plus

出典:https://goo.gl/k6MLdR


Amazon のスマホ人気ランキングで2位にランクインしたのは、モトローラが販売する「Moto G4 Plus」です。
 

特徴

Moto G4 Plusは、16メガピクセルカメラを搭載し、レーザーフォーカスと位相差オートフォーカスを併用して光量の多少に関わらず精緻で鮮やかな写真が撮影できます。
Moto G4 PlusはTurboPower充電が可能で、わずか15分の充電で最長6時間の駆動が可能です。
指紋認証センサーを搭載し、Moto G4 Plusを即座にロック解除可能な優れた操作性と安全性を実現しています。
5.5インチHDディスプレイはアプリ、写真、動画の鮮明な画像を表現可能です。
4G LTEに対応しており、音楽、ビデオ、ゲームなど多様なコンテンツを素早く入手し、ストレスフリーな通信が可能です。
SIMカードは2枚搭載でき、デュアル・スタンバイ対応なのでMoto 4G Plus 1台で2つの通話プランまたは2つの電話番号が使用可能です。

製品情報

Amazon新品価格 35,000円
OS Android 6.0.1 Marshmallow
CPU 1.5 GHz Qualcomm Snapdragon 617 オクタコアプロセッサ
メモリ RAM:2GB
ROM:32GB
microSD:最大128GB
サイズ 高さ: 153 mm
幅: 76.6 mm
厚さ: 7.9 mm ~ 9.8 mm
重量 155g
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920×1080
401ppi
バッテリー 3000mAh
TorboPower
ネットワーク GSM/GPRS/EDGE (850、900、1800、1900 MHz)
UMTS/HSPA+ (850、900、1900、2100 MHz)
4G LTE (B1、3、5、7、8、19、20、28、40)
カメラ 【リアカメラ】
16 メガピクセル
レーザーオートフォーカス
位相差オートフォーカス (PDAF)
開口部ƒ/2.0
カラーバランス補正用のデュアル LED フラッシュ
プロフェッショナルモード
クイックキャプチャ
ベストショット
(どこでも) タップして撮影
4 倍デジタルズーム
バーストモード (連写機能)
オート HDR
パノラマ
フォーカスと露出をドラッグして調整
ビデオ手ぶれ補正
1080 ピクセル HD ビデオ (30 fps)
4K ビデオ (30 fps)
スローモーションビデオ
【フロントカメラ】
5 メガピクセル
開口部 f/2.2
広角レンズ
ディスプレイフラッシュ
その他通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n (2.4 GHz + 5 GHz)
Bluetooth バージョン 4.1 LE
A-GPS
センサー 指紋センサー
加速度計
ジャイロスコープ
アンビエントライト

レビュー

DSDS、いわゆる2枚のsimによる同時待ち受けはzenfone3でも可能ですが、sdカードも同時に使用できる機種は今のところ自分が知っている範囲ではこの機種のみです。ストレージ16GBである事はこれ故にマイナス要因にならず、指紋認証付きでこの価格ならかなり安価で便利な機種だと思います。ちなみに、MVNOでネットをしている最中に着信がfoma側に来ると、一番上に着信の通知が来て、そこから電話を受けるか決められます。
Amazonカスタマーレビュー

現時点で最高のスマホ。FOMASSバリューと格安simでガラケーとsimフリースマホの2台持ちから始まり、最近はDSSSのスマホを使っていましたが、やはりsim切り替えが面倒で、DSDSのスマホをを待っていました。多くの方が評価している通り、コスパ最高の商品です。
Amazonカスタマーレビュー

国内最高スペックに満足。今は、もう他社製品のほうが、最高になったかも知れませんが、私の場合、選択した基準は、SIM2枚挿し+microSDカードの3枚が入る機種であること。DSDSであることでしたので、この機種か、モトローラの上位機種しかありませんでした。試しにという気持ちでもあり、期待をこめてこの機種にしましたが、2台もちからは、解放されました。
Amazonカスタマーレビュー

スマホ人気ランキング1位:ASUS ZenFone 3

ZenFone 3

出典:https://goo.gl/zBNZds


Amazon のスマホ人気ランキングで1位にランクインしたのは、ASUSが販売する「ZenFone 3」です。
 

特徴

ZenFone 3はダイヤモンドを削り出す特殊技術で面取りされ、流れるような美しいデザインの機体です。画面占有率は77.3%と圧倒的な画面サイズであり、5.2インチという全体のサイズの割に大きな画面で迫力ある映像を楽しめます。
カメラはスマートフォンの撮影基準をはるかに凌駕し、6400万画素相当での撮影を可能にしています。約0.03秒という高速オートフォーカスが可能で、手振れ補正、色調調整センサーも備え、見たままの世界を精緻かつ鮮やかに撮影できます。
特に手振れ補正に関しては、写真撮影では4軸光学式手触れ補正、動画撮影では3軸電子式手振れ補正が行われ、ブレのない美しい映像が撮影できます。
 
さらに各種高機能パーツが搭載され、高速処理、高速充電、高速指紋認証、高速通信など、スマホ使用におけるすべての処理が高速化しています。
 

製品情報

Amazon新品価格 31,350円
サファイアブラック
パールホワイト
サイズ 高さ:146.8mm
幅:73.9mm
厚さ:7.69mm
重量 144g
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 625(オクタコアCPU)
GPU Adreno 506
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920×1080 (フルHD) IPS液晶
メモリ RAM:3GB
ROM:32GB
microSD:最大2TB
バッテリー 2,650mAh
ネットワーク 2G:
850/900/1800/1900
3G:
WCDMA: Band: 1/2/5/6/8/19
4G:
FDD: Band: 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
TD: Band: 38/39/40/41
その他通信 Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
センサー 加速度センサ
電子コンパス
ジャイロスコープ
近接センサ
磁気センサ
光センサ
RGBセンサ
指紋センサ/GPS
カメラ インカメラ:800万画素(Webカメラ内蔵)、f/2.0
アウトカメラ:1600万画素(Webカメラ内蔵)、f/2.0、6層レンズ
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ

レビュー

デザインは非常に高級感が出ていています。一番驚いたことは、レスポンスが非常に良いということ。ZenFone 2 laserの使用感は悪くなかったのですが、3と比べてしまうと遅いです。ウェブブラウジングや、ゲーム、動画視聴といった作業をしてもカクつくことがほとんどなく非常に満足しています。
Amazonカスタマーレビュー

なかなか快適。操作感は満足。Android6.0だとアプリがSDカードにインストールできないのでそこは困り中(7.0で再度インストール出来るそうですが)割とハイエンド系のゲームもしていたのですがそれは多少辛い。(白猫とか)ベンチマークがiPhone5s相当らしいので、だいたいそれであってる感じ。まあ価格が3倍くらい違うので価格からすれば十分過ぎるほどの性能だと思います。
Amazonカスタマーレビュー

コスパ良。気に入ってます。前機種はXperiaZ1だったので、2年半ぶりの機種変でした。スマホ自体の高性能化にびっくり。アプリ移行とかめんどうっぽかったので、前の機種ひっぱってましたが、買ってよかったと思える。おサイフ、NFC、地デジTVはばっさり切り捨てました。でも指紋認証とかもおもしろいし、いいかと。ちなみにSIMはmineo(D)で、初期の設定に入ってます。
Amazonカスタマーレビュー

まとめ

ご紹介してきたとおり、スマホは機種によって得意な処理が異なります。
撮影が得意、ゲームが得意、通話が得意などなど。
単純に人気や値段で選ぶだけでなく、自分がスマホで主に使いたい用途を考えて最適なスマホを選んで頂ければと思います。

関連記事

iPhoneとAndroidどっちにする?あなたに向いているスマホの選び方教えます
スマホのおすすめ人気・新機種ランキング!今一番売れている機種とは?
スマホ機種変更をする前に絶対確認しておくべき4つのこと

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-MNP, 機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.