スマホの料金と価格を徹底比較!誰よりも携帯料金を安くする方法教えます

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

毎月かかってくる費用として見逃せないのが、スマホなどの通信費の部分です。スマホの料金やスマホの端末料金ってなんとなく使っている方が多く、意外としっかりと他社などと比較しながら料金がより安いものを使っている方は少ないのではないでしょうか?

ただスマホの毎月の料金や、端末の価格って自分で調べて変更するとなるとかなり、面倒でそのまま使ってしまい見逃しやすいですよね。

今回の記事では、このわかりづらく見逃しやすい、スマホの料金と価格を徹底比較していきます。また、この毎月かかってくるスマホの料金を安くする方法教えます。

 

大手キャリアでのスマホの毎月の料金は?

iphone7の価格

スマホの毎月の利用料金は、大手キャリアで定めている基本料金やプランはほとんど変わりがなく、キャンペーンなどを使わないと金額はほとんど変わりません。

ただこの基本料金といっても、プランがさまざまあって自分にあったプランで契約できているかが問題です。もし、自分にあったプランで毎月つかえていないのであれば、年間で見るとかなり大損している場合もあるんです。つまり自分にあった基本料金のプランで契約することが重要です!

大手キャリアでのプランはさまざまなので、自分にあったプランを見つけるといってもどんな使い方をしていればどんなプランがいいのかなんてショップで詳しいスタッフに相談しないとわかりにくく契約したときのプランで使い続けているかたも多いと思います。

スマホのプランごとにプランに適したスマホの使い方や、スマホの料金と価格を徹底比較していきます。

 

通話をしない人向けプラン

最近のスマホのプランは、通話し放題のプランが主流になっています。それでもまだソフトバンクとauでは旧料金プランの「ホワイトプラン」と「LTEプラン」と呼ばれる通話料金が従量課金されるプランがまだあります。

このプランの特徴としては、基本料金内でデータ容量は7ギガ利用することができて、通話は同社同士の通話であれば21時~1時以外は通話無料で使えるということです。

 

スマホの使い方としては、他社への通話はあまりしないで、動画をみたりネットやアプリの利用がメインという方です。

残念なのが、既存の契約でこのプランを利用している方はいいのですが、新規での申し込みではiphone6s以降ドコモでは受付けができない点です。

 

ソフトバンクのホワイトプラン、auのLTEプランでは新規の申し込みはできるようですが、ショップによっては受け付けてくれないところもあるとか?

ホワイトプランとLTEプランは基本料金もネットの定額料金も同じになっているので、例えばドコモから乗り換えを検討していた場合、どちらを選ぶか悩むところですよね。

その場合はもちろん料金の割引キャンペーンやインターネット回線のセット割引ができるかどうかで検討するのが一番です。ですが、無料通話という部分で検討してみるのもおすすめです。

 

ホワイトプランとLTEプランは同社同士の場合、21時から1時の間を除けば通話無料なので、電話をすることの多いキャリアかどうかで判断するのもいいです!

 

 

ホワイトプランとLTEプランの料金

ソフトバンクのホワイトプランとauのLTEプランは、基本料金とネット定額プラン、通話料金も同じです。ホワイトプランとLTEプランの基本料金などを詳しくご紹介していきます。

ホワイトプラン 934円 LTEプラン 934円
Sベーシックパック 300円 LTENET 300円
パケットし放題フラットfor4G 5,700円 LTEフラット 5,700円
パケットし放題for4GLTE 2,000円~6,200円
通話料金 20円/30秒 通話料金 20円/30秒

上記が、ホワイトプランとLTEプランの料金になります。比較してもソフトバンクとauでは料金は変わりません。

ですが、ソフトバンクではホワイトプランとセットでネットの料金を二段階定額のような形で使える、「パケットし放題for4GLTE」というプランがあります。基本的にはwi-fiを利用したり簡単な検索程度でしか利用しない方はこのプランもおすすめです。

 


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]