スマホの料金と価格を徹底比較!誰よりも携帯料金を安くする方法教えます

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

失敗することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
iPhone7も実質0円になり、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

例えば、家族で名義や請求先が違えど、契約・請求先住所を同じにしているスマホが3台あるとしますよね?そうすれば、3台とも割引対象になるということです。セットにすればかなり安く使えるようになります。

パソコンを持っていなくてもスマホのWI-FIやゲーム機、テレビなどで固定回線をひいている家庭は多いと思います。一緒に住んでいる家族でキャリアをバラバラにしていたり、スマホと固定回線をセット割引にならないキャリアでバラバラで使っている人がいればすぐにセット割引の対象になるスマホまたは、固定回線に変更することがスマホの料金を安くするために先決です。

中でもauはセット割引の対象となる固定回線が多いのでおすすめです。例えばau光はもちろんのことですが、ケーブルテレビなどはauでしかセットにできませんし、UQWimaxなどのルーターもセット割引の対象になります。

セット割引にするといくら安くなるのか

固定回線とルーターをセットにするとでは一体いくら安くなるのかというと、キャリアによって金額はちがいますが、大体セット割引にすると1,500円程度の割引をうけることができます。

この割引は乗り換え割引などのキャンペーンともちろん併用できますし、一括0円で入手したスマホの割引としてもそのままの割引金額で併用することができるので、前述で紹介した方法をすべて使えば、乗り換え+一括0円キャンペーン+固定回線のセット割=月々の料金として使えるのでかなり破格の金額で利用することが可能になります。

オプション料金を見直す

スマホの代金仕組みとしては、基本料金や端末代金、データ通信費以外に有料のオプション料金がかかっている場合が多いです。

しっかりと毎月明細を見ていればあまりないことですが、契約してからなんとなくこれくらいの料金なのかな?という感覚で毎月スマホの料金を支払っている方は、覚えのない・使っていないオプションサービスの料金がかかっているってことはないですか?

MNPしたときや機種変更したときに、携帯ショップでとりあえずつけときます。みたいな感じで、オプションサービスに入っていることが多いです。

最初につけていることが多いのは留守番サービス・キャッチホン・有料動画サイト・携帯の保障サービスなどです。もちろん必要であればつけておけばいいのですが、本当にすべて必要かどうかを判断した方がいいです。

例えば携帯の保証サービスは故障したときにつけておけばよかったなんてことにならないようにつけておくべきかと思います。ですが、留守番サービスやキャッチホンなどは、どうでしょうか?

もちろんビジネスなどで使っている方も多いと思いますが、絶対に必要か?と言われると考える方も多いのではないでしょうか?このよく考えれば不要だなと思うオプションサービスをつけている方であればオプションサービスを外すだけで500円から1000円以上月々のスマホの料金を安くすることが可能です。

月々の料金の明細をしっかりと確認し、付いているいるオプションサービスが使っているものなのか、または本当に必要かどうかを確認してみましょう。

格安SIMでスマホの料金を安くする

フリーSIM

ここまでの比較として、大手キャリアのスマホの料金と価格を徹底比較してきましたが、通話をあまりしない方であれば、大手キャリアの料金よりも格安SIMの方が断然料金を下げることができます。今までドコモやソフトバンク・auなどで利用していた方でもそこまで大きな変化はなく、また簡単に格安SIMを使って月々のスマホの料金を安くする方法教えます。

格安SIMとは

そもそも格安SIMとはなんなのかから知らないという方も多いと思いますが、格安SIMとは簡単にいうとドコモやauの通信回線を借りた会社が提供していて大手キャリアよりも格段に安いSIMカードのことを言います。通信回線を借りてショップなどを多くもたない分、安く利用することができます。

大手スマホと違うところというと、セットで購入できる端末の数が少なくまた品質も高級なスマホではなく値段の安いスマホが多いことと、24時間かけ放題のプランがないということです。

なのでiphoneを分割で購入し月々の割引を受けたいという方や、通話を頻繁にして通話料金がかかるという方には不向きです。ですが、通話をLINEやスカイプなどに置き換えられる方であれば格安SIMを使う方が毎月のスマホ料金を安く抑えられます。

格安SIMを使った格安スマホは毎月いくらぐらいで使えるのか

大手キャリアから格安SIMを使った格安スマホをに乗り換えた(変更)した場合、どれくらい安くなるのかが一番疑問ですよね。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない