iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他

スマホと電池の寿命は充電で変わる!?永く使うためにやることまとめ!

投稿日:

スマートフォンは常に身につけ、利用する
現代人の生活に無くてはならないモノです。
 
そして、使っていると突然「あれ、もう充電がやばい」ということありませんか?
 
スマートフォンを使う上で1番の悩みと言うか心配事は電池がどれくらい持つか?
ということだと思います。

充電方法によっても変わってくるのですが
スマホの電池の寿命は、1~2年程度と言われたいます。
 
しかし、充電方法や使用を間違えると、1年を待たずに寿命が来てしまいます。
では、どうすれば寿命を伸ばすことができるでしょうか?
 
そこで今回は、スマホの電池について書いていこうと思います。
1.スマホ電池の基本知識
1-1.基本知識
1-2.充電規格、急速充電とは?
1-3.USBアダプタによる規格
1-4.リチウムイオン電池の弱点
1-5.エコモードや緊急省電力モードとは?
1-6. 電池の寿命
2.電池消耗を早める行動
2-1.機能とアプリ
2-2.動画ゲーム
2-3.BluetoothやGPSなど
2-4.画面の明るさなど
3.バッテリー診断
3-1.Android端末での診断
3-2.iPhone端末での診断
3-3.アプリでの診断
4. 電池の寿命を縮めないために注意したい6つのこと
4-1. 充電はこまめに
4-2.充電しながら使用は避ける
4-3.電池残量を完全に使い切らない
4-4.充電が終わったら速やかに充電をやめる
4-5.ケースなどをつけたままの充電しない
4-6.節電アプリを複数設定は逆効果
5.これだけはやっておきたい基本設定
5-1.使わないアプリのアンインストールと強制停止
5-2.画面と通知の設定
5-3.通信状態などの制限
6. 各キャリアやMVNOの電池交換サービスまとめ
6-1.docomo
6-2.au
6-3.SoftBank
6-4.MVNOやメーカーでの対応
7. まとめ
 
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

スマホ電池の基本知識

battery-1688883_640
これを知らないと始まらない!
一般に今のスマホ端末は、4年から5年ほど使用できます。
しかし、電池に関しては、良くても2年ほどとなっています。
 
これは、リチウムイオン電池の充電回数が約500前後(1.5日に1回)となっているので
約2年ぐらいと言うことらしいのですが使用法を誤ると、
2年どころか最悪半年ほどでも使えないものとなってしまいます。
 
スマホの電池の特性や弱点を見極めることで
より永く、愛用端末を使用することができるはずです。
 
それでは、スマホ電池の基本知識、いってみたいと思います。
 

基本知識

gadget-2142921_640
電池には、充電できないアルカリ電池などの「一次電池」と
リチウム電池やニッケル水素電池といった、充電し再利用できる「二次電池」があり、
スマホの電池は、現在はリチウム電池が主流です。
と言うか、これ以外の電池は現在は見かけませんね。
 
 
スマホなどに使われるリチウム電池は、正確には「リチウムイオン充電池(二次電池)」といい、
更にPCやモバイルゲーム機などの使われるモノは「コバルト酸リチウム」が採用されたモノとなっています。
 
特徴としては、同じ体積のアルカリ乾電池より、電気を多く蓄えることができ、
抵抗が少ないので最後まで高電圧を保てるのが特徴の電池です。
 
また、従来のニッカド充電池と違ってメモリー機能が無いので、
継ぎ足し充電が可能という、利点が生まれています。
 
メモリー機能とは、例えば、50%まで使って充電をすると
その50%からが使える領域となり、つまりは容量が半分になってしまうということです。
 
しかし、リチウムイオン充電池は、どこから充電しても
最初の容量から変わる事無く、全体容量が減る事は基本ありません。
 
なので、スマホやPCを始めとした、小さくても高容量の電力を必要となり、
また、途中で充電(できる時に)が行える事という2つの利点があることで採用されています。
 
更にリチウムイオン電池は、充電し始めは急激に容量が上り、
満充電に近づくに連れ遅くなるという特徴があります。
 
この特徴を活かしたのが、最近のスマホの機能にある「急速充電」機能です。
例えば、全体容量を回復するのには2時間ほどかかる充電でも、
初めの30分ほどで、半分以上の容量を回復できる理由です。

iPhone端末 Android端末
通常充電 35%程度 30%程度
急速充電 80%程度 70%程度

 
 

充電規格、急速充電とは?

phone-1503703_640
スマホを充電する際、皆さんUSBケーブルを使うと思いますが
Android端末で使われているmicroUSBとType-C、
それとiPhone/iPadで使われているlightningがあります。
 
そして、このケーブルやアダプタにある1Aや2.4A対応という文字気になったことありませんか?
正確には、5V/1Aとか5V/2.4Aとなっていますね。
 
これは、W(電力)  = V(電圧) × A(電流)という計算に基づいた原理によって、
流れる電力、つまりは供給能力を知ることができます。
 
そして、ケーブルなどにある数字は、
そのケーブルやアダプタがその電力まで耐えられますよということを意味しています。
 
つまりは、5V/1Aのケーブルでは5Wの電力まで耐えることができますよということです。
 
そして実は、こうした電力をケーブル側につけるアダプタ(ACなど)と
端末側の機能とよって制御され充電されています。
 
まずはAndroid端末でCPUの種類によって、この対応電力が違ってきます。
今回は、Android端末で一番使われているSnapdragonというCPUで書いていきます。
 
Snapdragonとは、Qualcomm社が提供しているCPUで
「QuickCharge」という急速充電機能が使用でき、対応電力は以下の表のようになっています。
 

バージョン 電圧(最大) 電流(最大) 電力(最大)
Quick Charge1.0 5V 2A 10W
Quick Charge2.0 ClassA 5V/9V/12V 3A MicroUSB-24W
Type-C-36W
Quick Charge2.0 ClassB 5V/9V/12V/20V 3A MicroUSB-36W
Type-C-60W
Quick Charge3.0 3.6V~20V(200mV刻み) 3A 60W

 
2017年5月現在の最新版は3.0となっております。
 
 
この対応電力に対して、ACアダプタなどにより、
対応した電力し、急速充電を行っています。
 
また、Snapdragonでは、電力を上げることで、電力を大きくしているのに対して、
Huaweiの独自CPUでは、電圧は4Vぐらいに抑え、
電流を多く流す(1A以上など)ことで電力をあげていたりと、
端末の使用や企業によってもさまざまですが、理屈はこんな感じです。
 
 
つまりは、端末と充電器などのアダプタとケーブルがすべて
急速充電に対応していないと急速充電にはなりません。
 
なので、充電器やケーブルも急速充電対応のモノを用意しなくてはなりません。
 
たまに格安SIMフリー端末の中には、付属している充電アダプタが
急速充電に対応していなかったり、アダプタが付属していない場合があります。
 
この場合にも端末側と電池が対応していれば、
急速充電に対応した充電器とケーブルを用意すれば行うことは可能です。
 
現在、専用充電器でも1.5Aまで流せるモノがあるそうです。
 
Appleのモノは、あまり公表されていないので謎が多いですが
付属の充電アダプタ(ACアダプタ)をみると、
iPhone用が5W、iPadが10W、iPad Retinaが12Wとなっているみたいです。
 
AppleのiPhoneはAndroid端末より電池容量は少なくなっていることもあり、
2時間~3時間でだいたいフル充電できますね。
 
しかも1時間ほどで80%前後回復する力を持っています。
 

USBアダプタによる規格

charging-cable-1078264_640
充電器やアダプタを選ぶ場合、AC電源のアダプタであれば、
対応しているかどうかはわかりやすいのですが、
パソコンの外部電力やUSBハブなどのアダプタでは、
ちょっとわかりづらいこともあるでしょう。
 
なので、USBアダプタの規格も書いておきます。
 
USBアダプタには、ホスト型(パソコンについているモノ)と
セルフパワー型(パソコン以外からの電力供給ACアダプタ等があるもの)
があります。
 
ホスト型となるパソコンのUSBからだと、現在標準となるUSB2.0で5V/0.5A、
USB3(HighSpeed)で5V/0.9Aとなっています。
 
ちなみに最近のスマホにあるUSB、Type-Cは急速充電に対応しているはモノになり、
通信はUSB3.1規格で、充電アダプタは1A対応のモノとなっています。
 
ハブ充電器を間に挟んだ場合、バスパワー(パソコンなどのホスト供給)のみでは
ハブ1ポートあたり0.5A 以下の供給となり、
セルフパワー(追加でAC供給)ありのものでは1ポートは最高2.4Aとなっています。
だいたい急速充電対応のモノは1ポート2.0Aか2.1Aになっています。
 
 
 

リチウムイオン電池の弱点

dead-battery-1623377_640
万能そうに思えるリチウムイオン電池ですが弱点があります。
 
それは、「熱」です。
 
実は、他の電池に比べて、熱くなりやすく、
熱暴走を起こしやすいという弱点を持っています。
 
ニューズで、度々見ますよね?
スマホの発火事故!
 
これは、接触不良やシステム的な過充電や放電が原因ですが
リチウムイオン電池が元々熱に弱いということも原因の1つとなっています。
 
スマホに使われているリチウムは、コバルト酸リチウムが使われており、
こちらは過充電などの際100℃~110℃で熱暴走を起こしてしまうみたいです。
 
リチウムイオン電池といえば、ハイブリッド車や電気自動車にも利用されていますが
こちらは熱暴走に強いマンガン酸とチタン酸リチウムが使用されており、
こちらは耐熱温度は300℃になっており、熱暴走を起こしにくいのだそうです。
 
同じモノをスマホに使えないのでしょうかね?
使えれば、良いと思うのですが・・・
 
それと周りからの熱でも影響が出てしまうので、
スマホ端末が熱い場合は"冷ます"と言うことも
電池の健康状態を保つために必要なことになりますね。
 

エコモードや省電力モードとは?

green-1974055_640
これは、電力消費を押さえる機能のことで、
端末ごとに設定されていたり、アプリもあります。
 
こちらのモードは、端末によって設定や仕様が違ったりするのですが
主にCPUの動作や通信環境、その他機能を制限することにより、
電池の消耗を押さえることのできる機能となっています。
 
実は、Androidは6.0以降のOSは初めから省電力モードになっているんです!
Android6.0から追加された機能「省電力モード」では、
画面が消えるとスリープモードになり、電力の消費を押さえることができます。
 
また、そこもには「非常用節電モード」と言うものがあります。
こちらのモードはモバイル通信を切ったり、画面の機能なども制限、
カラーも白黒?表示になることで極限的に電池の消耗を押さえる機能となるみたいです。
 
利用できる機能も電話とSMSのみとまさしく非常時用の設定ですね!
 
 

電池の寿命

battery-98511_640
利点の多いリチウムイオン電池ですが当然、寿命はきます。
 
冒頭でもちょっと書いたのですが、
正確に言うと年ほどとなっており、
約500回の充電の間に最大容量が80%以下に低下してしまいます。
 
この充電1回分のカウントは、100%充電を1回として計算されているみたいで
例えば、25%の充電を4回して1回の受電サイクルカウントとみなすそうです。
 
 
つまりは、どんなに電池に負担を掛けない使い方をしても
いつかは寿命がくる、消耗品だと言うことです。
 
ちなみに端末自体は、約5年保つというのは機械的な意味では無く、
5年も経つとシステムや機能的なモノがまるっきり変わってしまうので
このぐらいで変えるほうが無難なという意味合いとなっています。

電池消費を早める行動

gadget-2142921_640
便利な機能が沢山詰め込まれているスマホ!
 
現代人には無くてはならないツールの1つですが
自宅外で使う時には、電池の持ちが重要となってきます。
 
朝、出かけてから家に帰り着くまで電池が持たないと
大変な不都合が出てきて、電池の減りに
 
 

機能とアプリ

whatsapp-2035059_640
電池の消耗させる1番の要因となるのが常駐しているアプリとなります。
 
つまり、常に動いているアプリですね。
 
これは待受の際、操作していいなくても電池が消耗している要因です。
結構、気付かないうちに動いているものも多いです。
 
例えば、電子マネーのバックグラウンド処理などです。
ログを残すアプリやメール、SNSなんかも、割りと電力消費の高いモノがあったりしますね。
 
後、夜充電しても朝起きるとかなり減っているという方は
アプリの自動アップデートやウイルス対策ソフトなんかが関係している可能性があります。
 
アプリやOSのの自動アップデートは、深夜(多くの初期設定は1:00~3:00)にされることが
多く、またウイルス対策ソフトの中には、アップデートだけでなく、
端末やインストールソフトのスキャニングを自動で行う機能があり、
それが起動している可能性があります。
 
 

動画ゲーム

youtube-1704069_640
これは使っていて1番わかりやすいですね。
 
動画やゲームは1番電池の消耗に影響します。
 
特に、ネットにつながっている状態で視聴するモノ、
例えば、YouTubeやabemaTVなどの動画配信サービスの利用は
モバイルデータ通信やWi-Fiといったネット接続によって
電池を激しく消耗させます。
 
なので、動画やゲームは、電池容量の大きい端末を利用するほうが無難です。
 

BluetoothやGPSなど

map-1272165_640
モバイル通信以外の通信でもWi-FiやBluetoothなどといったものや
GPSなどのセンサー類が動いているとかなりの消耗をしてしまいます。
 
Bluetoothは、イヤホンなどの接続先を切っている場合にも
接続先を常時探していたりと電池を消耗させます。
 
GPSは、マップやナビアプリ以外でも連携しているものが多く、
天気やニューズなどのアプリを使用した後も機能している場合があります。
 
これらのモノは、本人が忘れていたり、気付かないうちに起動しているものが
あるので注意が必要です。
 
ちなみに消費の激しい順番は、GPS、Wi-Fi、Bluetoothの順になっています。
 
 

画面の明るさなど

mobile-phone-1572901_640
これも割りと電力を食っている要因です。
 
画面の明るさに関しては、明るくするほど電力を消費します。
また、音に関しても呼び出し音や通知音、メディア音量が
大きいほど電力消費も大きいです。
 
まっ音に関してはそこまで気にする必要ないですが
画面を明るすぎたり、画面の回転をさせていると知らないうちに
消耗させることになりますね。

バッテリー診断方法

battery-1689978_640
電池の消耗率を知る方法は簡単です。
Android端末もiPhone端末でも設定の中に
診断するアプリがあります。
 
また、細かな診断やバッテリーの寿命を知るアプリなんて言うモノもあります。
 
 

Android端末での診断

Screenshot_20170509-192057 Screenshot_20170509-192109
Android端末では、設定の中に「電池」という項目があります。
 
開くと、電池消耗の激しいアプリ機能を上から順番に表示してくれます。
 
そして、電池消費の大きいアプリや使っていり覚えのないアプリは、
その項目をタップするとアンインストールや強制停止ができるようになっています。
 
知らない間に動いているアプリを知ることもできるので
気になる場合はここを開いてチェックしてみましょう。
 
 

iPhone端末での診断

 
Androidと同じように設定の中に「バッテリー」と言う項目があります。
 
iPhoneの場合、Androidでは直前の充電した時間から見た時間までの表示に対して、
1日(24時間以内)の使用と1週間(7日間以内)の使用がわかるようになっています。
 
ですが、その項目のアプリのアンインストールや強制停止はできず、
こちらはバッテリー消費を知るためのものになっています。
 
 

アプリでの診断

details (2)
電池詳細を知るアプリでは、電力消費の多いアプリだけでなく、
電池の健康状態を知ることができるモノもあります。
 
例えば、人気のアプリで「Repair Battery Life」は、
ドット表示によって、電池の劣化状態がわかるようになっています。
 
電池の劣化が知りたい方におすすめです。

電池の寿命を縮めないために注意したい6つのこと

電池をできるだけ永く使うために、
以下のことに注意してください。
 

充電はこまめに

充電サイクルは、約500回ほどと言うことを誤解している方が多く、
充電の回数を出来る限り減らすために使い切って、もしくは切れる寸前まで使って
フル充電を行う方は多いと思います。
 
しかし、充電は、短い時間の充電をこまめに行うほうが電池には良いそうです。
 
先程、「1-6.」の項目で書いた通り、この充電サイクル回数は、
100%充電を1回とカウントします。
 
なので、単純に500回の充電と言う意味ではありません。
 
また、短い充電に留める理由は、リチウムイオン電池が"熱に弱い" という弱点があるからです。
長時間の充電では、電池が熱を持ってしまい、負担を掛けてしまうそうです。
 
なので短い時間の充電をこまめに行いましょう。
 

充電しながら使用しない

smartphone-1641909_640
これはよく言われていることです。
 
電池は、使うこと(放電)と充電を繰り返すことで消耗します。
 
充電しながら使用するということは、絶えず繰り返しているということです。
しかも、電池が熱を発しやすいです。
なので、この方法が1番電池にダメージを与えてしまいます。
 
これは、絶対にやっては行けない行為といえます。
 
 

電池残量を完全に使い切らない

low-1926830_640
これも電池に悪影響を強く与える行為です。
 
電池を完全に使い切ることは、おすすめしません。
 
こちらも充電サイクル500回の誤解かもしれませんが
0からフル充電は絶対に行わないほうが良いです。
 
最低の目安は10%前後が良いでしょう。
これくらいは切らないほうが無難です。
なるべくなら30%を切るぐらいには充電をするようにしましょう。
 
 

充電が終わったら速やかに充電をやめる

 
 
こちらは、過充電となり、その熱で電池を痛めてしまう行為です。
 
充電が終わったら、速やかにケーブルは外しましょう。
充電が終わったら通知する設定にしておくと忘れる心配が無いです。
 
また、寝る時に充電しっぱなしで置くのもやめましょう。
 
 

ケースなどをつけたままの充電しない

battery-2286442_640
ケースをしたまま充電している人はかなり多いハズ。
 
ですが、これも電池を痛めてしまう原因の1つとなっています。
 
それは、充電で熱を持ってしまうからです。
 
リチウムイオン電池の弱点は"熱"です。
ケースやカバーをしていると熱がこもってしまい、
電池にダメージを与えてしまいます。
 
なので、充電の際にはなるべくケースなどは外して、
熱がこもらないように行いましょう。
 
 

節電アプリを複数設定は逆効果

 
電池持ちを良くするためにアプリを活用することは大変良いことです。
しかし、端末にあっていない設定や仕様、また複数アプリの設定では、
効果が半減したり、逆効果となるなる可能性があります。
 
節電アプリには、バックグランドで動いてしまうものや
せっかく他のアプリで落としているモノを起動させてしまっていたりと
アプリ同士が邪魔をしてしまって、電力消費を多くする場合があります。
 
また、仕様端末によっても相性があり、
こちらも逆効果になったりします。
 
 
iPhoneは元々、エコモードのような仕様なのでアプリに頼る必要は基本無いと思います。
Androidに関しては、AndroidOSバージョン6.0よりエコモード仕様になっているので、
Androidの設定の中にある機能だけを使うほうが良い場合が多いです。
 
アプリを入れて使うのであれば、Androidのエコモードは切って使ったり、
アプリの方は、電池の寿命を知る機能だけを使うぐらいに留めるほうがいい場合もあります。

これだけはやっておきたい基本設定

a1640_000357
充電の持ちを良くする方法、設定をまとめて見ました。
 
電池寿命や充電サイクルなどを頭に入れつつ、
こちらの設定で日々の電池消耗を押さえるようにしましょう。
 

使わないアプリのアンインストールと強制停止

自分が使わないものは、極力インストールしない、
使っていないものはアンインストールする
 
プリインストールされているモノで、アンインストールできないモノは、
強制停止ができる場合があります。
 
なので、これらのアプリは強制停止で対応しましょう。
 
 

画面と通知の設定

画面の明るさは明るくなるほど電力消費が大きくなります。
 
なので、なるべく自分が見やすい暗さのギリギリぐらいまで落として置くほうが無難です。
 
また、音量は、音楽や動画をみることが無い時には、あまり気にしなくて良いのですが
メールやSNSなどの通知をすべてにおいて行う設定をやめるだけでもかなりの節電効果が期待できます。
 
電話や仕事の救急連絡等で必要な通知だけに絞って、
他のスマホを操作するときしか知らなくていい、見なくてもいいモノは
通知する意味もあまりまりません。
 
 

通信状態などの制限

Wi-FiやBluetoothは必要ない時には切っておくと言うのは
電池の消耗を押さえるため行う常識のようなモノですが、
実は、これらよりももっと消費電力の高い通信があります。
 
それが、モバイル通信です。
 
「えっそれって、スマホ(データ通信)の根本では?」
と思われるでしょうが、考えて見てください?
 
仕事などで、スマホ(データ通信)を使えない状況かでは、
この機能を活かしておいてもあまり意味はありませんよね?
 
しかし、モバイルデータ通信を切っても"電話"はできるようになっています。
 
また、機内モードを活用される方がいますが、
こちらは"電話"を受けることもできませんので
この場合、スマホの電源を切るほうが早いです。
 
これを自動で行ってくれるアプリがあります。
「iBATTERY」というアプリです。
details
「iBATTERY」はタスクキラーアプリです。
こちらのアプリでは、画面がスリープ状態になると
使っていたアプリの他にWi-FiやBluetooth、モバイル通信といった
通信も切ることができるアプリです。
 
スマホの画面ロックを外して、操作を行った場合にモバイル通信を再開し、
画面がロックされて一定時間(設定可)するとモバイル通信を切る事ができます。
details (1)
それでも"電話"だけはしっかり受けることができますし、
また、設定された時間ごとに通信を回復するといったことも可能です。
例えば、10時と3時に休憩がある会社なら2時間ごとに通信を回復と設定すれば、
メールやSNS、ニュース等の通知を休み時間にまとめて受けることができます。
 
 

各キャリアの電池交換サービスまとめ

スマホの電池は、どんなに気をつけて使っていても寿命は来てしまいます。
 
もしもの時は、電池を交換するしかありません。
 
また、電池パックを取り外せない機種でもメーカーによっては、
端末ごと修理・交換を受け付けている場合があります。
 
そこで、キャリアやスマホ端末メーカーの電池交換について
ちょっとまとめてみました。
 
 

docomo

www.nttdocomo.co.jp
docomoでは、オンラインショップにて、電池パックの購入が可能です。
 
また、「電池パック安心サポート」というサービスが有り、
こちらは、FOMA・Xi端末を1年以上使っていて、
更にポイントで交換となっています。
 
継続利用が10年以上で1,000ポイント
9年以下だと2,000ポイントとなっております。
 
それと、電池パックが取り外せない機種の場合でも
店舗による「故障取扱窓口」と「オンライン修理受付サービス」があり、
こちらに出せば、交換可能です。
 
こちらは「電池パック安心サービス」や修理代金安心サービス」といった
サービスではご利用できず自費になってしまいますが、
交換の際には代替え機を無料で借りることは可能です。
 
 

au

www.au.com
auには、月額¥300円で利用できる「安心ケータイサポート」があり、
その中のサービスに「電池パック無料サービス」があります。
 
こちらは、同一機種を1年以上ご利用で1個、3.年以上の利用でまた1個と
無料でもらえます。
 
この「安心ケータイサービス」には、他にも
5年間無償修理保証や水濡れや全損時には¥5000円で端末を交換してもらえるサービス、
紛失時には新しい端末の購入に関するサポートがあったり、
また1年間何もなかった際には「無事故ポイントバック」といったサービスが受けられます。
ポイントバックは1000ポイントもらえるので、実質上の¥1000円OFFとなります。
 
なので、auで同一端末を酷使する予定の方は、
入っておいたほうがかなりお得なサービスです。
 

SoftBank

www.softbank.jp
SoftBankには、月額¥650円の「あんしん保証パックプラス」と
月額¥500円の「あんしん保証パック」と言うサービスの中に
電池パック無料サービスと内蔵型バッテリー交換修理割引サービスがあります。
 
こちらは、1年以上の契約で、交換する機種を1年以上利用していると
1機種につき電池パック1個が無料、
内蔵型の方は交換にかかる費用が一律¥3,000円割引となるそうです。
 
ちなみにプラスの差は、オペレーターサポートが付くかどうかとなっています。
 
また、系列会社であるワイモバイルにも
月額¥500円で利用できる「故障安心パック-S」というのがあり、
この中に同じ内容のサービスがあります。
 
 

MVNOやメーカーでの対応

MVNOや端末メーカーでは、一部の端末のみ電池パックの販売を行っている場合や
修理として受けて、バッテリーの交換がされる場合があります。
 
こちらは、サービスの名称などは無く、また金額なども決まっておらず、
その時のサポート対応となります。
 

まとめ

スマホ電池に関する、特性や取扱方をまとめると、
電池パックは熱に弱く、熱がこもるような使用や
長時間の充電は避けたほうが良いようですね。
 
それでも2年ほどでだめになってしまいますので、
端末をそれ以上使うとなるとやはり交換が必要になるでしょう。
 
少しでも永く使うためには、
とにかく"熱"に気をつけての使用を心がけましょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-その他

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.