iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

スマホの料金ってどれくらいなの?機種別スマホの料金を徹底紹介!

投稿日:

そろそろ新しいスマホに買い替えたい!」
 
「でも、どのスマホにすれば良いのか全然わからない…」
 
おそらく、このような悩みを抱えている方というのは多いのではないでしょうか。
 
確かに、いざスマホを買い替えようと思っても今ではとても多くのスマホがあってどれを選べば良いかわからないですよね。
 
特に今ではスマホの種類がとても豊富になってきています。
 
またスマホによってそれぞれ機能も違うため、その機能によって人それぞれ選び方は変わってくるのもスマホが増えてきたからなのではないでしょうか。
 
特に今は現代の日本は情報社会になっているので、スマホの存在が欠かせない時代となっています。
 
そんな時代の中だからこそ、きちんとあなたに合ったスマホを選びたいですよね。
 
スマホは今の情報社会で生きていく上でとても大切になってくるアイテムと言っても過言ではないでしょう。
 
例えば、もし緊急で電話したい時などに、スマホの機能が悪いがゆえに電波がなかなか繋がりにくいなどや、音楽を聴きたいのに音質が悪いなど、私たちがスマホを使用していく中で必要となってくる機能が悪かったら、やはり緊急時に対応することは困難になってきます。
 
しかし実際にスマホを購入する際に重要となってくるのは、料金です。
 
スマホの料金というのは、当然ですがスマホによって全然違いますよね。
 
これはスマホのメーカーだけでなく会社によっても大きく異なってきます。
 
では実際に、それぞれのスマホ会社メーカーと比較した時に、それぞれのスマホの料金というのはどのように見えるのでしょうか。
今回は、「スマホの料金」というのが機種別にどのようになっているのかについてお話ししていきたいと思います!
 

 

目次一覧

1.スマホの料金について
1.1.スマホの料金は?
1.2.格安SIMの料金は?
2.スマホの機種を紹介
2.1.DOCOMO
2.2.AU
2.3.SOFTBANK
3.それぞれの価格について
3.1.DOCOMOの価格は?
3.2.AUの価格は?
3.3.SOFTBANKの価格は?
4.スマホについての疑問
4.1.平均的なスマホの料金はどれくらいなのか
4.2.SIMフリーについて
5.それぞれのスマホのメリット・デメリットについて
5.1.それぞれのスマホのメリットは?
5.2.それぞれのスマホのデメリットは?
6.スマホの料金についての評価について
6.1.スマホの料金についての高評価
6.2.スマホの料金についての低評価
7.スマホを購入するにあたって
7.1.格安SIMを利用しよう
7.2.あなたの目的に合わせた選び方を
8.まとめ

 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1スマホの料金について

120def697f48ab695e43eff403307195_m
それでは前置きはここまでにして、ここからは本題に移っていきましょう。
 
とはいえ、先ほどからずっと言っているのですが、今ではスマホがとても普及しているのでとても多くの方がスマホを利用しています。
 
これはどういうことなのかというと、スマホを購入する方が多いということなのです!
 
しかし、スマホを購入するにあたってとても大切になってくるのが、スマホの料金ですよね。
 
そこでまず初めに、スマホの料金についてのお話をする前の準備段階と言ったら少し複雑ですが…。
 
スマホの料金についての基本的なことをお話ししていきます!
 

1.1スマホの料金は?

 
では実際に、このスマホの料金というのはどのようになっているのかについてお話ししていきますね。
 
ところであなたは、スマホの料金がどのような構成になっているかご存知でしょうか。
 
実はスマホの料金というのは、大きく分けて4つに分けられています。
 
ではそれぞれどのような料金なのかということですが、これらは通話料金、データ通信料、オプション料金、そして端末代金で分けられています。
 
「スマホはこんな料金構成になってたの!?」と思われた方もいるでしょう。
 
そうなのです。
 
なので正直なところ、スマホの料金は安くすることができるのです!
 
というのはどういうことなのかというと、もしあなたがオプションを利用していないのに、知らないまま支払っていたらどうでしょう。
 
そう考えるとオプション料金は必要ないですよね。
 
このように、スマホの料金はこのように構成されており、安くすることが可能なのです。
 

1.2格安SIMの料金は?

 
それでは、最近ではスマホを購入する上で必要不可欠である格安SIMと呼ばれる、いわゆる「SIMカード」の料金はどのようになっているのか見ていきましょう。
 
格安SIMといっても、今ではとても多くの種類のSIMが存在しています。
 
なのでどの格安SIMが安いかどうかということについては一概に言えませんが、基本的に安いSIMであれば月々の料金が平均して2,000円ほどになります。
 
これはデータ通信と音声通話のプランを含めてこの料金なので、非常に価格は安いと言えますね。
 

2スマホの機種を紹介

yjimage
このように、スマホを利用するにあたって必要となってくる料金というのは、スマホの通話料、データ通信料、オプション料金、そして端末料金、それから格安SIMなどといったSIMカードの料金であるということがわかりました。
 
しかし、特にスマホの料金というのは機種によって変わってきます。
 
では一体、どのように変わってくるのでしょうか。
 
そこでここでは、それぞれのスマホの機種について紹介していきますね。
 

2.1DOCOMO

 
ではまず1つ目に紹介するスマホは、あなたもご存知「DOCOMO」です。
 
おそらくこの「DOCOMO」の機種のスマホを利用している方というのは、とても多いのではないでしょうか。
 
それもそのはず、今ではスマホの機種がいくつか存在していますが、その中でも「DOCOMO」はトップクラスに人気があり知名度もあります。
 
また「DOCOMO」のスマホはデザインが個性的なものが多く、オシャレにスマホを持ち運びたいという方にはぴったりのフォルムになっているのが特徴的です。
 

2.2AU

 
そして次に紹介するのが「AU」です。
 
おそらく「AU」もあなたはご存知でしょう。
 
「AU」はとにかく様々なプランが付いているということが特徴です。
 
というのも、AUウォレットやAUスマートパスなどと呼ばれるプランがあるので、スマホ1台で快適に利用することができるということが便利な機能となっています。
 

2.3SOFTBANK

 
そしてこの機種も忘れてはいけません。
 
最後に紹介するのは「SOFTBANK」です。
 
「SOFTBANK」もまた、多くの方に人気があるスマホの機種ですよね。
 
おそらく、学割や家族割引などといったCMで「SOFTBANK」に乗り換えなどをしたという方は多いのではないでしょうか。
 
確かに学割や家族割引があるととても月々の支払いが楽になりますよね。
 
そういった意味では、この「SOFTBANK」はコスパを良くしたいという方にはとてもおすすめな機種なのではないでしょうか。
 

3それぞれの価格について

7d0c18b37cf902ee97cf728c7dcb0e53_m
ここで紹介したスマホの機種は、「DOCOMO」「AU」「SOFTBANK」でしたが、実はこれら以外にもいくつか機種が存在しているのですよ!
 
さて、それではここで「DOCOMO」「AU」「SOFTBANK」それぞれの価格についてお話ししていきたいと思います。
 
実際にこれらの機種は、どれくらいの価格がするのでしょうか。
 

3.1DOCOMOの価格は?

 
ではまず「DOCOMO」の価格から紹介します。
 
「DOCOMO」はいくつかプランが存在しており、基本プラン、インターネット接続サービス、パケットパック、そしてシェアパックの5つに分類されます。
 
いきなりこんなこと言われてもわからないという方もいるかもしれないので、簡単に紹介していきますね。
 
これらのプランは、月々の価格が以下のようになっています。
 
基本プランの場合、カケホーダイライトプラン(個人)1,700円/月 (家族)5,100円/月
 
インターネット接続サービスであれば、SPモード(個人)300円/月 (家族)900円/月
 
パケットパックは、ウルトラデータLパック(個人)6000円/月 ウルトラシェアパック50(家族)16000円/月
 
シェアパックの場合であれば、シェアオプション(家族)1000円/月となっています。
 

3.2AUの価格は?

 
それでは次に、「AU」の価格について紹介していきますね。
 
「AU」にもいくつかプランがあり、それぞれスーパーカケホ+データ定額20プラン、カケホ+データ定額2プラン、LTEプランというものに分けられます。
 
スーパーカケホ+データ定額20プランの場合、料金は最大2年間6,590円/月
 
カケホ+データ定額2プランは、永年5,566円/月
 
LTEプランの場合であれば、最大2年間5524円/月となっています。
 
価格だけ見ると、「DOCOMO」の方が少し価格が安いということがわかりますね。
 

3.3SOFTBANKの価格は?

 
それでは「SOFTBANK」の価格について紹介していきますね。
 
「SOFTBANK」にもいくつかプランがあり、それぞれスマ放題、スマ放題ライト、そしてホワイトプランと呼ばれるプランが存在しています。
 
スマ放題プランの場合、価格は2,400円/月で24時間通話がし放題になります。
 
スマ放題ライトプランの場合であれば、1,700円/月で5分以内の通話がし放題になります。
 
そしてホワイトプランですが、これは月々934円でソフトバンク同士であれば1時〜21時まで通話料がなんと無料になります。
 

4スマホについての疑問

yjimage-1
ここまでは、スマホの料金に関することからそれぞれのスマホの機種、そしてそれぞれの機種のプラン別価格についてお話ししました。
 
いかがでしょうか。
 
おそらく少しはスマホの価格について理解していただけたのではないでしょうか。
 
さて、それではここでスマホについての疑問に答えていきたいと思います。
 
実際にスマホにはどういった疑問があるのでしょうか。
 

4.1平均的なスマホの料金はどれくらいなのか

 
ではまず1つ目の疑問です。
 
これはどういうことなのかというと、実際のところスマホというのはどれくらいの料金がかかるのかということです。
 
これに関しての答えは、格安SIMを利用している方であれば、月々平均4,568円となっています。
 
逆に格安SIMを利用していない方、もしくは支払いがすでに終わったという方は月々平均2,289円となっています。
 
そう考えると、これは人によって個人差がありますがまだ価格的には安い方なのではないでしょうか。
 

4.2SIMフリーについて

 
そして次に挙げられる疑問はSIMフリーについてです。
 
これはどういうことかというと、どのSIMフリーがスマホに対応しているのかということです。
 
といっても基本的にSIMフリーは、SIMが対応しているスマホであればどのスマホでも利用することができますよ!
 
では、ここではオススメの格安SIMを1つ紹介します。
 
今回紹介する格安SIMは「楽天モバイル」です。
 
これはどのようなものなのかというと、実はあなたがもし楽天カードを持っているのであれば、そのカードで全ての支払いができるというものなのです。
 
つまり、楽天カードのポイントで支払いができるということですね。
 
また、この「楽天モバイル」は何が良いのかというと、月々の支払いを楽天カードで行うことで、支払った分のポイントがどんどん楽天カードに換算されていくのです!
 
つまりあなたの貯まった楽天ポイントで月々の「楽天モバイル」の支払いをして、その支払いで使った分がまた楽天ポイントとして換算されるということなのです。
 
また「楽天モバイル」を利用すると、「楽天モバイル」のプラン料金だけでなくスマホ代も支払うことができるので、とても便利にそして効率よく支払いができるので、このプランは非常にオススメのプランとなっています!
 

5それぞれのスマホのメリット・デメリットについて

yjimage-10
このように、スマホには様々なプランがついているなど、今ではとても快適にスマホを利用することができるようになっていることがわかりますね。
 
さて、それではここで一度これまでのお話の振り返りも兼ねて、それぞれのスマホが持つメリット・デメリットについてお話ししていきます。
 
一体それぞれのスマホには、どのようなメリット・デメリットが存在しているのでしょうか。
 

5.1それぞれのスマホのメリットは?

 
ではまず初めに、それぞれのスマホが持つメリットから紹介していきます。
 
スマホのメリットとしては、何と言ってもパソコンで見ることしかできなかったインターネットが、スマホで快適に見ることができるということです。
 
やはり今の時代インターネットは欠かすことができないですよね。
 
そんな中でスマホで簡単にインターネットを調べることができるのは、とても便利な機能の1つです。
 
そしてもう1つ挙げられるのが、タッチパネルによる簡単操作です。
 
これはどういうことかというと、これまで携帯電話であればわざわざボタンを押して操作していたので、少し不便なところがありましたよね。
 
しかしスマホになったことでタッチパネル化したので、とても簡単にかつ快適に操作をすることができるようになったのです。
 
これもメリットの1つですよね。
 
その他のメリットとしては、アプリが使えるようになるなど、スマホを持つことで得られるメリットというのは、快適に操作することができるということです。
 

5.2それぞれのスマホのデメリットは?

 
やはりメリットがあれば、デメリットはつきものです。
 
では、それぞれのスマホを利用するデメリットというのはどのようなことが挙げられるのでしょうか。
 
まずデメリットとして挙げられるのが、料金が高いということです。
 
やはりスマホには様々な機能がつくので、とても料金がかかってしまいます。
 
その他のデメリットとしては、バッテリーの持ちが悪いということです。
 
少し動画を見たり音楽を聴いているだけでもバッテリーがすぐなくなってしまうので、これもデメリットの1つとして挙げられますよね。
 
その他には、携帯電話のメールアドレスを引き継ぐことができないということもデメリットとして挙げられます。
 

6スマホの料金についての評価について

yjimage-3
それでは、実際にスマホを利用している方はスマホの料金に対してどのような評価をしているのでしょうか。
 
ここでは、スマホの料金に対してどのように評価しているのかについての口コミを紹介していきます。
 

6.1スマホの料金についての高評価

 

ゲームの対応率が高い機種はiphoneです。Androidは各社のカスタマイズの違いやCPUの種類の多さにより、機種とゲームとの相性問題が起こりやすくなっています。
なお、そのゲームはキャリア独自のメニューからアクセスするようになっており、キャリアの端末とキャリアへの契約が必要なものです。

 

現在5000円くらいでガラケーを維持されてるとして
・そのままの通信費で
・キャリアメールも欲しい
・しかもiPhoneが良い
と言うご希望なら...。
Y!mobileのSEが良いと思います。
もっと安いスマホもたくさんありますが、
スマホ初めてさんのようですので、
店舗があるほうが安心ですね!

 

SEが一番に出てくるのは、キャリアとの契約が不要でそのまま格安SIMで利用できるからです。
キャリア端末を購入する場合は、端末価格だけではなく、月額も考慮する必要があります。そのあとで、Twitter等で格安案件がないか探すといいでしょう。
格安SIMを利用する前提だとドコモの白ロムを購入する手もありますが、価格は8万円以上で格安スマホとは比較になりません。

 

*筐体は両面ガラス仕様
*防水を想定して設計した筐体だが、最終的に非防水
*microSIMスロットが一つで横から挿入する形式
*microSDも同様、横から挿入
*挿入補助金具がゴツく添付された液晶保護シートに張り付けられていた
*KATANA01との比較だがSD410とRAM 2GBは流石にアプリアップデートなどで動きが段違いに早い
*5.5インチ液晶は綺麗だが、ハッキリ言ってデカイ
5インチで十分だし電池持ちも良いだろう
そういう意味ではKATANA02がSD410で値段が変わらないならコスパはKATANA02が最強だっただろう

 

6.2スマホの料金についての低評価

 

UQで端末を買うこと自体が、UQ版端末の対応バンドや仕様が非公開だったり、口コミ報告が少なかったりであまりお勧めではありません。
自分はAQUOS Lが(au系MVNO機ではありますが)自分の使っているSH-04Gの後継機(SH-02J/SH-M04)と姉妹機だしチェックはしていましたが、発売から4ヶ月くらいで公式サイトでの販売終了してしまったようです。
他のMVNOでも販売されていてて評価が普通の国内ブランドarrows M03の場合、おしゃべりSだとマンスリー割額が500円と少なくなってしまうので割安感が減りますし、単品なら他でヤフオクでも2万6千円くらい~あります。
なので、仮に価格と質感優先で、おサイフケータイ・防水がもし不要なら例えばP9 lite PREMIUMかな~。

 

docomoからMNPで最初に感じた事は、遅い。とにかく遅い。ターボに切り替えると多少早くなるという事ですが、キャリア使用時と比べるとかなりストレスです。

 

7スマホを購入するにあたって

e553b0ef44299cb4ce3e9a49b40dc816_m
それでは最後に、スマホを購入するにあたって大切なことをお話しします。
 
大切と言うと少し堅苦しさが出てしまいますが、言い換えるとポイントですね。
 
それでは見てみましょう!
 

7.1格安SIMを利用しよう

 
それではまず1つ目のポイントです。
 
1つ目に挙げられるのは、格安SIMを利用するということです。
 
これはどういうことなのかというと、先ほどにも少しお話ししたように、格安SIMを利用するとすあmほの動作が非常に快適になるのです。
 
例えばデータ通信を行うときや通話の時など…。
 
あなたがスマホを快適に操作するのには、この格安SIMが欠かせない存在となってきます。
 
オススメの格安SIMとしては、先ほどにも紹介したように「楽天モバイル」がオススメです。
 
やはりカードのポイントで支払いができて、かつその支払った分でポイントを貯めることができるのはとても便利ですよね。
 
とはいえ、他にも様々な格安SIMが存在しているので、どの格安SIMが一番良いかは一概には言えません。
 
なのでまずは、どの格安SIMがあなたに合っているかを見つけるのが良いでしょう。
 

7.2あなたの目的に合わせた選び方を

 
そして次のポイントとしては、あなたの目的に合ったスマホを選ぶことです。
 
これはどういうことかと言うと、スマホによって機能などが違うということなのです。
 
やはりそれぞれのスマホには特徴があり、その特徴はスマホによっても違ってきますよね。
 
なのであなたがどのようにスマホを利用したいかでスマホを選ぶことが大切となってきます。
 

8まとめ

yjimage-2
今回お話しした内容は「スマホの料金」についてでしたが、いかがでしたでしょうか。
 
おそらく、今回のお話で初めて「こんなプランがあったの!?」などと感じたという方もきっといたのではないでしょうか。
 
確かにスマホの料金といっても、それぞれのスマホにはとても多くのプランが存在しているので、きちんと把握しておく必要があります。
 
やはりできるだけ安くスマホの料金を抑えたいですよね。
 
「このプランはいらなかった」などと言うように、購入して後悔をしないためにもきちんとあなたの目的に合ったスマホを的確に選ぶことが大切です。
 
今あなたがスマホを購入しようと悩んでいるのであれば、ぜひ今回のお話を参考にしてみてください!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.