iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他

通信の最適化のメリットとデメリットを追求する!キャリア3社を徹底比較!

投稿日:

インターネットやスマホなどの通信機器で、すべての情報を手に入れられる時代に突入し、誰でも簡単にコミュニケーションが取れるようになりました。

大変便利で迅速に物事を対応できる世の中になりつつあり、それ以上に情報を簡単に素早く取得できるように大手の通信会社は「通信の最適化」に身を乗り出しました。
ここでは、大手の携帯キャリア「ドコモ・au・ソフトバンク」の3社のサービス内容をまとめて行きます。
そもそも「通信の最適化って何?」といった疑問を持たれる方もいらっしゃいますよね?
誰でも理解できるわかりやすい表現で解説していきます。
どのようにして手続きをして、どのように解除していけるのかなど、知りたい情報をしっかりお届けしていきます。
スマホの通信環境を整えて、今よりももっと快適なネット生活を送っていけたらいいですよね。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

➡目次

1.通信の最適化とはいったいどんなこと?
1.1通信の最適化について
1.2通信の最適化のメリット&デメリット
2.ドコモの通信の最適化について
2.1手続きの確認方法
2.2いざ解除がしたくなったら
3.auの通信の最適化について
3.1手続きの確認方法
3.2いざ解除がしたくなったら
4.ソフトバンクの通信の最適化について
4.1サービス内容とは
4.2手続きの確認方法
4.3いざ解除したくなったら
5.通信最適化についての問題点とは?
5.1画像の劣化が気になる!
5.2著作権の侵害が心配!
5.3知らぬ間に適用されている恐ろしさがある
5.4通信の最適化は正当業務行為の解釈は難しい!
6.まとめ

通信の最適化とはいったいどんなこと?

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_m
スマホ世代といわれている現代では、便利な情報を手軽にゲットできる世の中となってきています。
手に入らないものはない!といっても過言ではない中、スマホの通信速度が遅かったり、データー量が重いため、円滑に通信作業ができないといったトラブル多発しているようです。
その問題は、かなりのストレスを与えるものとなり、スマホ業界では死活問題になるまでに発展しているようです。
なぜ、そのような問題が起こるのでしょうか。
その答えは簡単です。
ただ情報が多すぎるということです。
情報とは目に見えない不確かなものですが、誰でも簡単に求めて手軽に答えが返ってくるツールの一つです。
現代では、画像や動画といった手段で、たくさんの人に素晴らしい情報やアート、作品などを提供することができ、対面しなくても商売が成立してしまうこともあり、流通の歯止めが効かなくなっているのも事実です。
増え続ける情報を、一旦整理してまとめてみたいものですが、そうも行きません。
そんなときにとっても便利なシステムが、今回ご紹介する「通信の最適化」ということなんです。
今回は、ドコモ、au、ソフトバンクの3社の携帯会社をピックアップして、各社の提供情報をまとめてみました。
誰でも簡単に利用することができる「通信の最適化」について細かく触れていきます。

1.1通信の最適化について

皆さんは、通信の最適化がご自身のスマホで適用されていることをご存知でしょうか?
このことが、公になったキッカケは、アプリのダウンロードがうまくいかないといったトラブルが多発したことが始まりだったようです。
通信の最適化とは、簡単に言うとデータの重い画像や動画などの情報を、キャリア側(ドコモやソフトバンクなどの携帯会社)の
回線を使って圧縮してダウンロードするので、時間や速度が遅くならずに快適に使用することが可能になるサービスのことを言います。
このサービスは、スマホを取り扱う携帯電話事業者(※今後キャリアと表記します)が、2015年以降から通信の最適化に同意をしたユーザーを対象に取り扱っているものとなっています。
しかし、通信の最適化を導入に伴い、さまざまなトラブルが生じているのも確かです。
インターネットは、目に見えない通信や更新の世界なので、トラブルが起きるのは1件や100件といったものではなく、
むしろ、回線を使用している人のすべてに起こりうる大変怖いシステムという表現もでてきます。
つまり、今回ご紹介する「通信の最適化」を使用する上で、注意すべき点をしっかり把握して使用をしなければ、
後ほどトラブルに巻き込まれることも発生する可能性を加味しておくべきでしょう。
スマホユーザーに快適にネット通信をしてもらえるような試みで始まった「通信の最適化」の内容は、簡単に要約すると下記のような言葉で説明が付きます。

画像や動画をそのままの形でスマホに配信した場合、自社の携帯電話ネットワークのトラフィックが増えて回線にかかる負担が増してしまう。そこで、見た目に大きな影響が出ない範囲で圧縮をかけることにより、通信容量を減らしてネットワークにかかる負担を抑えたいというのが、キャリア側の狙いだ。通信の最適化がパケット定額制のユーザーに対してのみ適用されている点からも、そうした狙いが強いといえそうだ。引用元:日経トレンディネット

ですが、トラブルばかりではありません。
国民の2人に1人は確実に携帯やスマホ、タブレットやPCを所持している時代です。
そのすべての人が、通信環境が悪かったり、電波の届かない場所での苛立ちを経験したことはあるかと思います。
今回のテーマの「通信の最適化」は、そんな問題を一気に解決してくれるというシステムだということを認識しておきましょう。
便利な世の中をもっと便利にして行ける環境を、どんどん作っていけるのは素晴らしいですよね。

1.2通信の最適化のメリット&デメリット

通信の最適化にする目的はただ一つです。
スマホの通信環境をより早く利用できるように、データーを圧縮して質の良い画像や動画を配信するのが最大の目的です。
また、キャリアとユーザの端末間の通信量を減らし、通信時間が減り、電池消費が減るといったメリットを提供するためだといわれています。
しかし、その反面では大きなデメリットも存在します。
現在(2017年1月)の時点では、通信の最適化の際は非公開とされており、webサイト側で最適化の管理ができないため、観覧者がどんな形で見ているのかを把握しきれない現実があります。
そのことによって、クレームなどのトラブルになりうるので注意が必要です。
また、アップロードの際には適用されず、ダウンロードの際にのみ適用されるということも認識しておきましょう。
また、画質が悪いなどの批評もあり、一度ダウンロードしたものは、元の画質に戻すことができないようです。
通信の最適化をする際に、このようなデメリットを承知の上で同意をする時には、このデメリットをしっかり認識し使用しなければならないようです。
最後の章で問題点を提示しますので、そのデメリットをしっかり認識してから使用を考えることをおすすめします。
 

ドコモの通信の最適化について

docomo-wifi
スマホ業界の中で、一番の大手キャリアの一つとして挙げられる「ドコモ」ですが、通信の最適化についてこのような発表をしています。

通信の最適化

  1. 別途当社の定めるところに従い同意いただいた場合、spモードのアクセスポイントを経由したパケット通信において、画面の表示速度や動画の再生開始時間を早くするための通信の最適化を行う場合があります。最適化とは、端末の画面に適したサイズに画像・動画を圧縮することや、より伝送効率の高いコーデック形式に動画を変換することをいいます。
  2. HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)通信時の画像等、spモード電子メールを含むメールの添付ファイルの最適化は行いません。
  3. 最適化された画像等を復元することはできません。

引用元:ドコモご利用規則から

しっかりとした説明があり、安心して利用することができます。
ドコモのシェア率は高く、全国どこでも安定した電波を提供していることが、一番の強みです。
どこでもしっかり繋がれる環境を得られるので、通信障害を最小限に抑えたサービスとも言えるでしょう。

2.1手続きの確認方法

ドコモでの手続きは、機種変更や新規購入時に契約内容を確認する際に、説明があるようです。
しかし、しっかり触れる部分ではないようで、なんとなくの理解で契約を結んでいる傾向にあるようです。
ご自身で通信の最適化を確認されたい場合には、こちらのサイトから簡単に確認をすることができます。

2.2いざ解除したくなったら

通信の最適化を解除したくなったら、ドコモのサイト内にある「My Docomo」にてご自身でオフにすることが可能となっています。
スマホから簡単に変更ができるのが、ドコモの良いところかもしれません。
通信の最適化には無料で利用できますが、勝手に適用されては困る!といった方には、ぜひ「My Docomo」から手続きができるのでおすすめします。
また「151」の総合案内にお問い合わせいてから、解除の依頼をされるとスムーズに手続きができます。
そもそも最適化をしているのに、どうして「解除」の選択ができるのかが疑問とされているのですが、それには理由があるようなんです。
通信の最適化はすべての利用者を平等に通信提供できるような環境にすることが、最大の目的なので、データーをたくさんダウンロードをされる方には、ちょっとした不具合が生じてしまうデメリットがついてくるようです。
そのメリット&デメリットはしっかり把握した上で、快適に利用していきたいですよね。

auの通信の最適化について

au-logo-board
 

3.1手続きの確認方法

auの通信の最適化の適用は、2014年12月8日からの実地のようです。
しかも、適用は自動的に行われておりiPhone、iPadでも4GLTEでの契約者は対象となっています。※3G回線は適用外。
ご自身で通信の最適化を確認されたい場合には、こちらのサイトから簡単に確認をすることができます。
基本的には、自動で適応になってしまうので、上記のタイプのスマホの方は間違いなく適応されていると認識しておくと良いかもしれません。

3.2いざ解除したくなったら

さて、通信の最適化といったら聞こえが良いのですが、勝手に適用されていたらちょっと怖いですよね。
それだけメリットを感じるものかもしれませんが、画質の質にこだわる方はすぐに解除をしたくなりますよね。
そんな時は「157」へスマホから電話をかけて、解除を依頼することができます。
しかし、解除をしてしまうと下記のようなデメリットもあることを容認しなければなりません。

auはお客さまセンター(157)にて、通信の最適化を非適用にする手続きがとれるとのこと。無論、非適用となれば画像や動画が圧縮されない形でダウンロード・表示されるようになるが、それだけデータ量が大きくなり、従来よりも通信量が増えてしまう可能性が高いことには注意が必要だ。引用元:日経トレンディネット

そもそも、通信の最適化はこのように、通信量を減らして快適なネット通信を目的としているので、そのあたりをしっかり把握しておくことが重要です。
ドコモやauの場合のみ、解除の手続きが可能なので一度適用にして、お試しになってみるのもいいかもしれません。
 

ソフトバンクの通信の最適化について

before-softbank1
何かと話題の多いソフトバンクの通信の最適化についてなのですが、ここでどのような部分が問題とされているのかを、ご紹介していきます。

4.1サービス内容とは

ご利用の際に制御することがあるコンテンツ・サービス

対象 説明
VoIP(Voice over Internet Protocol)を利用する通信 音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
動画、画像などの一部 MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル
BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル
大量のデータ通信、または長時間接続をともなうパケット通信 動画閲覧、高画質画像閲覧をともなうサイト、アプリケーションなど
  • 上記コンテンツ・サービスなどをご利用の際、通信速度の制御や各種ファイルの最適化を行う場合があります(最適化されたデータの復元はできません)。なお、通信の切断は行いません。

その他

  • その他パケット通信時に、最適化したファイルを機種側で復元できるなど、お客さまの通信に影響がない場合には、各種ファイルの最適化を行います。
  • パケット通信時に、コンテンツに表示されない部分のデータなどにつきましては、通常の視聴・閲覧に影響のない範囲でダウンロードの際に省略する場合があります。なお、省略されたデータは復元できません。
  • パケット通信以外の通信(ソフトバンクモバイルが提供する音声通話やTVコール、Wi-Fi通信など)は制御対象となりません。

上記内容は予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

ソフトバンクでは「大量のデータ通信」や「長時間接続をともなうパケット通信」などを利用する場合に、通信の最適化を適応すると記しています。

 4.2手続きの確認方法

ソフトバンクの場合、通信の最適化の確認を取らなくても、ほとんどの機種が自動的に適用となっていることが多いようです。
特に、手続きをとることはしなくてよさそうですが、この自動的に適用になっていることが問題ととらえる人も多く、問題となっているケースもあります。下記をご覧下さい。

4.3いざ解除したくなったら

ソフトバンクでは、通信の最適化を、ユーザーの知らぬ間に有効になってしまうのか?という疑問にこう答えています。

Q:ユーザーの知らぬ間に通信の最適化が有効化されることはあるのか

ご利用者に対する説明としては、Webサイト「ご利用の際に通信制御することがある内容について」、書面「ご利用にあたっての注意事項(SERVICE & PLAN GUIDE 【提供条件等重要事項説明書】)」、商品カテゴリごとにご用意しているご契約時の注意事項の書面(例「iPhone ご契約に際しての注意事項」)で周知を図っております。また、書面「ご契約に際してのご注意事項」では、ご利用者にご署名をお願いしております。
なお、最適化については、
①目的が、ご利用者間の公平、電気通信役務の円滑な提供にあること、
②そのためにはネットワークに負荷をかける種別のデータに対し最適化処理を施す必要があること、
③最適化の範囲も最適化前のデータと遜色ない範囲にとどまることから、
最適化は正当業務行為に該当すると考えております。
引用元:Engadget 

このような発表をしているソフトバンクですが、やはり不安になって解除したい!となった場合、どのような手続きをすれば良いのでしょうか?
実は、ソフトバンクでは「公平、電気通信役務の円滑な提供の観点」なる理由で、通信の最適化の確認や解除を、利用者の勝手でオンとオフができないシステムとなっていることを明らかにしています。
ということは、一度上記のような説明で契約を結んだ時点で、契約という形になりそのまま継続していってしまうという結果になるようです。
しかし、この問題が波紋を呼び、ネットではかなりの炎上を引き起こし、その自体が重いと判断したソフトバンクは、通信の最適化について言及をしましたが、最適化は正当業務行為と主張していますが、納得できない!というユーザーが後を絶ちません。
その後の2015年7月頃、ツイッターにてExif情報の削除を現在は行っていないことを、ソフトバンク側がツイートしており、その後の動きに注目を集めています。
しかし、その停止部分は、メンテナンスのため停止されていただけで現時点では、通信の最適化は行っているとしています。
画像や動画を円滑に観覧したい人にとって、質の悪い画像を見るのは納得がいかないかもしれません。
契約時には、しっかり内容をみて、説明を受けることを強くおすすめします。

通信の最適化についての問題点とは?

オークションの注意事項
実は、通信の最適化に伴い、さまざまなトラブルが発生しているようなんです。
快適の裏には、やはりデメリットがついてくるのは仕方のないことなのでしょうか?
キャリア側が、今後の対策として取り上げて、もっと快適な通信環境を作っていけるヒントになるかもしれません。
具体的にどんな問題が生じているのかをご紹介していきます。

5.1画像の劣化が気になる!

圧縮によって画像サイズが変わってしまい、サイトのレイアウトが崩れてしまう恐れがあります。
それは、サイト側にとってはとっても悲しい現実です。
特に、写真アーティストの方が、丹精込めて作り上げた作品が、一般の方の画像と同じクオリティーに仕上がって、観覧者の目に留まってしまうのは、営業妨害ともいえ、通信の最適化の問題だということを知らないユーザーは、誤解をしたまま認知してしまう恐れがあります。
また、せっかくお気に入りのゲームアプリをダウンロードしたのに、全く使えない!といったトラブりの多発しており、SNSで話題になったのも記憶に新しいと思います。
なぜ、その問題が生じたのかを追求した際に、今回の「通信の最適化」が原因だということが明確になったようです。

5.2著作権の侵害が心配!

著作権とは、自身が作り上げた作品(書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラム)の、知的財産権の一つとして認められています。
ネット業界では、この著作権のグレーゾーンがとっても際どく、目に見えないラインで保護されている可能性があります。
つまり、今回の「通信の最適化」が適用されている際に、サイト側の思惑違いで観覧者に届いてしまう可能性が出てきてしまうケースがあるようなんです。
画像の質が粗悪になり、本来の美しさを失ったり、素晴らしい音色がまったく違った音質で届き、最悪な状態で音楽を聴くことになる可能性も出てきます。
芸術とはちょっとしたニュアンスが命取りになることもあります。
また、ゲームアプリでも、せっかくダウンロードしても起動しなかったり、不具合で全く楽しめないという報告もあるようです。
しかし、通信の最適化を適用されるというのは、実際にこの著作権問題をしっかりクリアしている部分であり、ユーザー側がその違いを感じない限り、訴えられることはないということになります。
作成者側は、それを不服としているようですが、グレーゾーンなだけに触れられない事実もあるようです。

5.3知らぬ間に適用されている恐ろしさがある

携帯電話事業者が「最適化」と称してデータを非可逆圧縮しており、それがゲームのDLに失敗したり、あるいはユーザーの知らぬところで画像の劣化やExif情報の削除につながっているという問題。発端となったのはソフトバンク回線でゲームがダウンロードできないというユーザーの報告と、それに対するゲームメーカーのやりとりがきっかけだが、関連するさまざまな情報が共有されるうち、ドコモでも「通信の最適化」というオプションが存在していることが判明。何より問題なのは、機種変更などをきっかけに、ユーザーが知らないうちにこの機能が勝手にオンになっているケースが多いらしいことで、騒動がますます拡大しているというのが現状だ。
引用元:やじうまWatch

この事実は、きっと知らない方のほうが多いのではないでしょうか?
携帯を購入する際に、オペレーターの方はしっかり説明をしている可能性はありますが、それをきちんと認識をして契約をしているかというと、ちょっと自信がない方もいらっしゃると思います。
しかも、大手キャリアで契約をしている安心感があり、ましてや「最適化」という言葉で、そんな不具合が生じるというのは、寝耳に水ですよね?
しかし、わざわざ大手キャリアが悪意を持って「通信の最適化」を適用しているわけではありません。
そもそも、通信の最適化のも目的は、平等にデーターの利用料金の公平性に重点を置いており、重いデーターを圧縮してスピーディーに配信できるようにするといった目的を忘れてはいけませんね。
メリットの裏には、デメリットも隠れていること認知しなければいけないのでしょう。

5.4通信の最適化は正当業務行為の解釈は難しい!

実は、この「最適化は正当業務行為」なる部分はグレーゾーンとされており、法律では決していけないという判断が下るものではないので、特にソフトバンクでは「最適化は正当業務行為」と、強く主張しているところがあります。
しかし、ユーザーは不服とする層が多く、ネットでも話題を呼んでいます。
そもそも、どうしてそのような疑問が生まれるかというと、最適化の導入部分に問題があるのかもしれません。
上記でも記載しましたが、ユーザーの知らない間に、通信の最適化が適用となっている場合があり、その時点で不審になる方もいますよね?
また、ソフトバンクに関しては、一度適用になると、不適用にすることができないといったデメリットを今でも改善されていない部分にあるようです。
多量にデーターを消費するアプリは、ネットワークを過度に占有するというデメリットを持っており、キャリア側としては規制しておきたいのは、本音なのかもしれません。
そのグレーゾーンのぎりぎりの辺りで、キャリア側は制限をかけながらユーザーに快適な通信環境を提供していることが、なんとなく見えてきますよね。
※これは、ドコモやauでは生じておらず、現在(2017年1月)のところソフトバンクだけで生じているトラブルのようです。

まとめ

e44aac9f14d874ee85f9a8aef4f1023d_m
便利な情報社会で、しっかりとした情報を得られると信じられていますが、今回ご紹介してきた「通信の最適化」について、様々な論点が舞い込んできました。
最適化は一見、通信の速度の障害を円滑にしてくれるツールとして、大変有効なシステムと認知している方が、圧倒的に多いようです。
確かに、長時間ネットサイトを開いていたり、大漁の画像を開いている際に、受信が遅くなったり、開けなくなる障害が無くなるのは、画期的でうれしいサービスですよね?
しかし、サイト側としては、観覧している人に粗悪な作品として受け止められてしまう恐れがあるというデメリットもあります。
また、知らないうちに「通信の最適化」が適用となってしまうケースがあり、実際に違いが判らずに情報を誤って認識していることになってしまう恐れもあります。
またアプリの不具合が生じているという確かな報告もあり、先に不安を残す結果となっているようです。
そういったトラブルが付いてくるものの、不具合が生じない限りは、速度の問題の改善点が見受けられ、快適なネット生活を送ることができそうです。
各キャリアの今後の動きに注目していくことが、重要なカギとなりそうです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-その他

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.