iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

U-mobileの衝撃の高速通信はどう?オススメプランも合わせてご紹介!

投稿日:

皆さんは、MVNOが提供する通信サービスで、格安スマホ生活を送っていますか?
それともそろそろ格安スマホに乗り換えようと思っていませんか?
どのMVNOか迷っている時に必ずといっていいほど、気になるのがU-mobileの多彩なプランなんです。

通信容量無制限の”U-mobile PREMIUM”を筆頭に、2段階制の定額プラン、音楽聴き放題プランなど、他社と比べても豊富に取り揃えています。
その一方で、U-mobileの速度は不安定という噂もよく耳にします。
ここでは、U-mobileのプランを1つずつお伝えしつつ、速度についても合わせて紹介していきます。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1.U-mobileの複雑なプランをマスターすれば快適なスマホ生活が!
2.U-mobileの特徴は?
2.1 どんなサービスをもってるの?
2.2 U-mobileの速度はどうなの?
2.3 結局制限はある!
2.4 U-mobileの評判はどう?
3.U-mobileと他のMVNOを比較してみよう
3.1 PREMIUMプランは衝撃的
3.2 2段階制の定額プラン
3.3 珍しい音楽聴き放題!
3.4 大容量の25GBなら問題なし
4.続々でてくるU-mobileの新プラン
4.1 ワイモバイル回線も使えるの!?
4.2 通話量を半額に!?
4.3 豊富なWiFiスポット!
5.U-mobileのプランをしっかりとチェック!
5.1 多種多様なプランから選ぶ!
5.2 U-mobileの注意点を2つ、3つ
5.3 自分でMNPができるらしい
6.U-mobileを選ぶなら少ないギガ数で生活しては?
6.1 1GBも可能!?
6.2 速度が不安定でも家ではWiFiで十分
6.3 電話しないならなおさら安くいける
7.U-mobileで買えるスマホはどれになるの?
7.1 NuAns NEOはwindowsのOSを採用
7.2 鮮明なディスプレイが売りのHUAWEI Y6
7.3 快適操作のZenFpne GO
7.4 スペックは多少劣るも十分なZenFone 2 Laser
7.5 高画質なカメラのAscend G6
7.6 安心の富士通のスペックarrows M02
8.まとめ
 

1.U-mobileの複雑なプランをマスターすれば快適なスマホ生活が!

SAYA160312170I9A3708_TP_V
格安スマホに乗り換えようと思って、調べていれば、必ずと言っていいほど、U-mobileというMVNO通信サービスに遭遇するのではないでしょうか?
それもそのはず、U-mobileには通信容量無制限の”U-mobile PREMIUM”を筆頭に、2段階制の定額プラン、音楽聴き放題プランなど、他社にはないプランを豊富に取り揃えているのです。
その一方で、U-mobileの速度は不安定というあまり無視できない噂もあり、簡単には決めてかねているのではないでしょうか?
そんな方のために、ここではU-mobileの特徴的なプランを1つずつ紹介しつつ、速度の問題についても合わせて紹介していきます。
 

2.U-mobileの特徴は?

gahag-005682

2.1 どんなサービスをもってるの?

U-mobileの成り立ちとしては、まずは株式会社U-NEXTがUSENから分離独立して誕生します。
そして、そこからMVNOの通信サービスとして誕生するのが、このU-mobileになります。
もっているサービスとしては、一般的な月次プランや二段階定額プランだけではなくて、音楽聴き放題サービスである、”USEN MUSIC SIM”やLTE使いたい放題の”U-mobile SUPER”などを取り揃えています。
その他にもいろいろな回線を使ったサービスや複雑なプランを次々とリリースしている格安SIMとなっており、むしろ弱点はその豊富なプランにあるといっても良いかもしれませんね。

2.2 U-mobileの速度はどうなの?

果たして、いろいろなプランのあるU-mobileですが、速度の方はどうなっているのでしょうか?
U-mobileではプランごとに通信速度が異なるということはなく、同じ通信速度がしっかりと出るようになっています。
まずは平日ですとLTE使い放題だと、どのMVNOでも混み合う朝8時と昼の時間帯を除けば、夕方も含めて、5Mbps程度は出ています。
この速度であれば、youtubeなどの動画の視聴やサイト閲覧は問題なく行えます。
テザリングも快適に使うことができ、アプリなどのダウンロードも特に問題なく行えます。
一時期、平日の夜において、速度が落ち込むこともあったようですが、現在は改善され、遅くとも1Mbpsは出るようになっています。
youtubeの普通画質やニコニコ動画でも止まらずにストレスなく閲覧できているようです。
U-mobileのLTE使い放題は値段以上の魅力的なプランといって問題ないでしょう。
一般的に、休日の通信速度は遅くなることが多いので、多少MVNOでも遅くなったとしてもそれほど気にすることではありません。
何せ休日は家でゴロゴロしながらネット検索している人も増えますし、外出先でも学校や会社に比べれば、スマホをいじってる時間は増えますからね。
そのため、U-mobileも当然、昼などは遅くなりますが、夜になれば普通の速度に戻っているようです。
また、遅くなっている時間帯もネットが見えないとか、youtubeなどが見れないなどといったほどひどくはなっていないようです。
アプリのダウンロードなどは多少遅くなるでしょうが、時間がかかるだけでできないわけではありません。

2.3 結局制限はある!

上記で申し上げたように、U-mobileの通信速度は、平日も休日も特に問題なく運用でき、スマホでやりたいことは大体できているので問題はないと言いたいところです。
ところが、LTE使い放題プランなどでは、使いすぎると通信速度に制限がかかる可能性があると言われているんです。
しかし、現在はLTE使い放題プランが、”U-mobile PREMIUM”と生まれ変わっており、それほど制限がかかっているという話はなくなったとも言われています。
その理由に回線を変更したなどの理由があるようです。

2.4 U-mobileの評判はどう?

U-mobileは格安SIM業界の中でも、速度に重点をおいた会社だと言われていました。
何せ高速通信を、月1GBまで1000円以下で使えたのはU-mobileが初めてだったのです。
その後の他の会社も同じようなプランを続々と打ち出してきましたが、元はと言えば、U-mobileがはじめた革命です。
さらに使い放題プランにおいても、先駆けて高速かつ安価なサービスを開始したのもU-mobileが初めてです。
常にU-mobileは業界に先駆けて新しいサービスを提案していく革命児なんだと評判です。
最近は、音楽聴き放題に取り組んだりと新しいことにチャレンジする力においては定評があります。
一方で、相変わらずある悪い方の評判は、やっぱり速度ですね。
繋がりにくくなった時の速度が遅く、その頻度が高いと言われることが多いようです。
また、あまり良くない情報として、2015年には光回線サービスにおいて不適切な販売勧誘方法が認められたようで、総務省から指導を受けているようです。
業務停止まではいっていないので、そこまで悪質ではなかったようですが、気になる人は頭に入れておいた方がいいかもしれません。
 

3.U-mobileと他のMVNOを比較してみよう

smartphone-1894723_960_720

3.1 PREMIUMプランは衝撃的

U-mobileの中でもっとも注目されているプランが、”U-mobile PREMIUM”です。
最大下り通信速度375Mbpsとなっており、高速通信が使い放題の大胆なプランとなっております。
しかし、噂にも聞くように混雑時には制限がかかるとの注意があり、常に高速を維持できているわけでもないことに注意しておきましょう。
一応、U-mobileとしては使いたい放題と銘打っているので、厳密に言えば無制限でないのかもしれませんが、使いたい放題であることには変わりなく、高速通信の早い回線がたっぷり使えるところは魅力的だと言えるでしょう。
また、U-mobileは通話もプラスできる高速通信使い放題があるのも魅力の1つです、その一方で、データだけというのもあるので、自分で自由に選びましょう。

3.2 2段階制の定額プラン

他社にも最近では増えてきている2段階定額プランは、このU-mobileの特徴の1つでもあります。
その名も”ダブルフィックス”という名称で、月に1GBまでが下限の料金となっており、音声通話ありは月額1480円で、音声通話なしは月額680円となっています。
そして、1GBを超えると一気に上限の料金である、音声通話ありは月額1780円で、音声通話なしは月額900円となります。
通信量に比例しているわけではないので、ここは注意しておかなければならないでしょう。
そして、月に3GBを超えてしまうと今、通信速度に制限がかかり、200kbpsにまで下がってしまい、かなりの低速で残りを使わなければならなくなってしまうのです。

3.3 珍しい音楽聴き放題!

U-mobileの独特のプランとして存在しているのが、音楽聴き放題のプランである”USEN MUSIC SIM”です。
”USEN MUSIC SIM”は、”通話プラスLTE使い放題”にUSENが提供している”スマホでUSEN”がセットになっている特殊なプランです。
”スマホでUSEN”は、知る人ぞ知るプランで、”LINE MUSIC”などよりも前から存在している、スマホ用の音楽配信サービスです。
内容としては、J-POPや洋楽はもちろんのこと、クラシックやジャズ、音楽以外にも英会話などまで取り揃われた充実した1000以上のチャンネルから構成されています。
気になる料金としては、月額料金で2980円です。
その内訳として、”通話プラス LTE使い放題”の部分が2490円で、”スマホでUSEN”が490円となっています。
”スマホでUSEN”の月額料金と同じ額が、”通話プラス LTE使い放題”から割引してもらえているので、一緒に契約することで、別々に契約するよりもお得に使うことができてしまうのです。

3.4 大容量の25GBなら問題なし

月に25GBも使える大容量プランもあり、”U-mobile MAX 25GB”といいます。
月に25GBの大容量を使えるにもかかわらず、その月額料金は破格の2000円台です。
他社で同等のデータ容量のプランであれば月額4000円以上はしてもおかしくはないので、U-mobileのプランの中でも隠れた名作なんです。
しかも、U-mobileにあるデータ専用 5GB/月が1480円で、そこに900円を足すだけで、一気にその5倍である25GB/月が使えてしまう代物なのです。
はっきり言って、U-mobileはこのプランで得ができているのか不安ですが、契約するこちら側としては得しかないプランですよね。
選べるSIMはデータ専用と通話プラス、そして、さらにエンタメプラスというものがあります。
この”エンタメプラス”は、”USEN MUSIC SIM”とある種似ていて、コンセプトは同じようなものでを同社の動画配信サービスである”U-NEXT”とU-mobileでもお馴染みの”スマホでUSEN”の2つのサービスがセットになっているのです。
 

4.続々でてくるU-mobileの新プラン

android-1869510_960_720

4.1 ワイモバイル回線も使えるの!?

3.であげたプランがU-mobileの即戦力として注目されているプランですが、その他にもまだまだ、格安スマホの革命児としてのプランがあります。
その1つがこの”U-mobile SUPER”です。このサービスは、ワイモバイル回線のMVNOサービスなんです。
料金や高速通信データ量、さらに1回あたり10分以内の通話を300回まで定額でかけられるという特典がついています。
それ以外の特徴は、ほぼ本家ワイモバイルと同じ感じとなっています。
ところが、キャンペーンによっては、U-mobile独自のプランもあり、その内容によっては本家のワイモバイルよりも特になることがあるので、比較した上でこちらの”U-mobile SUPER”選んだ方が良い場合もありえるようです。

4.2 通話料を半額に!?

通話料が半額になる、”U-CALL”もお忘れなく!楽天モバイルで人気の”楽天でんわ”と同様のサービスで、”通話プラス”のプランに入ることで利用することが可能になります。
初期費用や月額料金は特にかからないプランなので使うに越したことはありません。
その他にも通話パックサービスの”でんわパック60”もお得なサービスで、月額料金800円で60分の国内通話が可能になります。
最大で1ヶ月あたり400円の節約になり、1年間に相当すると4800円分の節約を可能にしてくれます。
これらのサービスの使い方は、プランを申し込んで、その後は”U-CALL”の専用アプリをダウンロードして、電話をするだけです。

4.3 豊富なWiFiスポット!

公衆無線WiFiサービスも無料トライアルでサービス中なのが嬉しいところです。
対応スポットは”Secured Wi-Fi”、”DoSpot”となっており、セブンイレブン、ローソンといったコンビニだけでなく、上島珈琲やタリーズといった有名なカフェ店などでも使えます。
また、意外と便利な駅なども含めると、全国の80000ヶ所以上のアクセスポイントで利用することができる優れものです。
WiFiスポットの利用はただ単にいろんなところで データ通信ができるだけではないのです。
なぜなら、ちょっとしたダウンロードをするだけでもデータ容量は使ってしまいます。ですから、大容量の通信を行うときはこのようなスポットで行なってしまえばいいのです。
格安SIMは、それほど多くない容量で運用していくことも多いと思いますので、このようにいろいろなスポット使いこなして、賢く運用していきましょうね。
WiFiスポットを使えるプランは以下のプランになります。

データ専用1GB、データ専用5GB、データ専用LTE使い放題、データ専用ダブルフィックス
通話プラス3GB、通話プラス5GB、通話プラスLTE使い放題、通話プラスLTE使い放題2
通話プラスダブルフィックス、USEN MUSIC SIM
U-mobile PREMIUM データ専用、U-mobile PREMIUM 通話プラス

 
 

5.U-mobileのプランをしっかりとチェック!

textured-1654623_640

5.1 多種多様なプランから選ぶ!

U-mobileの多種多様なプランを紹介してきましたが、それ以外にもいろいろあるので以下にU-mobileのプランを速度の理論値とともに表にしましたのでご参考にしてください。
またU-mobileはしょっちゅうプランを変更する会社でもあるので、その都度どのようになっているかは念のため確認することが望ましいでしょう。

通話プラス 3GB 225Mbps 1580円 3GB/月
通話プラス 5GB 225Mbps 1980円 5GB/月
通話プラス ダブルフィックス 225Mbps 1480円~1780円 1GB/月~
3GB/月
データ専用 1GB 225Mbps 790円 1GB/月
データ専用 5GB 225Mbps 1480円 5GB/月
データ専用 ダブルフィックス 225Mbps 680円~900円 1GB/月~
3GB/月
USEN MUSIC SIM 225Mbps 2980円 無制限
U-mobile PREMIUM 通話プラス 375Mbps 2980円 無制限
U-mobile PREMIUM データ専用 375Mbps 2480円 無制限
U-mobile SUPER Talk S 112.5Mbps 2980円 1GB/月
U-mobile SUPER Talk M 112.5Mbps 3980円 3GB/月
U-mobile SUPER Talk L 112.5Mbps 5980円 7GB/月
U-mobile MAX 25GB データ専用 375Mbps 2380円 25GB/月
U-mobile MAX 25GB 通話プラス 375Mbps 2880円 25GB/月
U-mobile MAX 25GB エンタメプラス 375Mbps 3980円 25GB/月

5.2 U-mobileの注意点を2つ、3つ

U-mobileには注意しなければならない点が特に速度面においてあるのでおさらいしておきましょう。
まずはデータ通信速度が不安定だという噂です。これは噂ではなく、かなり大多数の方から報告が上がっているので契約する前にある程度は覚悟しておきましょう。
また、高速通信やLTE使い放題プランも魅力的ではありますが、一時的に速度制限されることがあることをちゃんと認識しておきましょう。
3日間で3GBを越してしまうくらい使う場合には、遅くなることもあるのでその場合には家庭のWiFiやWiFiスポットをうまく活用していきましょう。

5.3 自分でMNPができるらしい

格安SIMによっては、MNPの切替えからSIMカードが届くまで1~3日程度かかる場合があり、一時的にスマホ端末が使えなくなる場合があります。
しかし、U-mobileは、SIMカードが届いたら、自分で簡単な手続きを行うだけで開通手続きを完了できるので、通常約2時間程度で利用することが可能なのはありがたいところです。
 

6.U-mobileを選ぶなら少ないギガ数で生活しては?

case

6.1 1GBも可能!?

U-mobileなどのようにWiFiスポットを結構使えるプランを持っている場合には、うまくスポットを使ったり、家でWifiを持っていれば、十分に1GBでもやりくりしていくことが全然可能になっていきます。
データ通信1GBだけで済むのであれば、1000円もかからないで格安スマホを持つことができます。
大手キャリア時代の1万円時代と比べちゃうとなんと10分の1の金額で済んじゃいますね。

6.2 速度が不安定でも家ではWiFiで十分

ただし、1GBのプランを選ぶ際に、一番注意しなければならないのが、上記でも少し述べましたが、Wi-Fi環境が大事で、特に家庭での環境です。
最近はパソコンなどを家でも使う人がほとんどなので家でもネット環境を整備しているでしょうが、格安SIMを1GBでやってく場合には家庭にWiFi環境が必須でしょう。
家庭にWiFi環境さえあれば、格安SIMの容量を1GBにしたとしてもいろいろカバーすることができます。
アプリを沢山入れようと思ったりした場合にも、少なくとも200MB、いろいろあったり、しょっちゅうアップデートしたら、500MBは簡単になくなります。
それが1GB内で行うとしたら結構キツイですが、家庭のWiFiに任せてしまえば余裕です。
もちろん、理論上は、家庭になくても、Wi-Fiスポットなどで全てダウンロードをしてしまえばいいと考えているのなら可能ではあります。
ただし、急なダウンロードやアップデートが必要な場合に外出するのは大変なので家にWiFi環境があることがベストです。

6.3 電話しないならなおさら安くいける

1GBのプランの最大の特徴はもちろん安いことですが、電話をしないならさらに安くなることは明らかです。
そもそも格安スマホを持っている利点はなんでしょうか?何を目指しているのでしょうか?
やっぱり安さですよね?使い勝手はそれほど大手キャリアのスマホと変わらないものを選べるので、安いことがもちろんメリットでしょう。
だとしたら1GBで一気に格安にしてしまうことが一番いいはずです。
そしてその場合に電話もほとんどしないのであれば、そのプランも外してしまえば1000円も満たない料金が実現できるのです!
 

7.U-mobileで買えるスマホはどれになるの?

ss76_garaketachi14171226_TP_V

7.1 NuAns NEOはwindowsのOSを採用

端末料金             42984円
CPU Snapdragon 617 1.5GHz オクタコア
画面サイズ      5.0インチ(1280 x 720)

NuAns NEOの特徴は、Windows 10 Mobileを搭載しており、カラーや素材を自由に組み合わせることで、異なる素材で2トーンのデザインスマホに仕上げられるところです。
WindosのOSを採用しているので、何かとパソコンなどと互換性もよく、パソコンスキルの高い人に人気の高いモデルとなっており、一緒に使えるのが嬉しい端末です。

7.2 鮮明なディスプレイが売りのHUAWEI Y6

端末料金                17258円
CPU      Qualcomm MSM8909 / 4コア
画面サイズ  5インチIPS液晶 1280×720ドット(HD)

HUAWEI Y6の特徴は、鮮明なディスプレイですが、お値段は比較的お安くなっているところです。
5インチながら広い視野角を持っているのもHUAWEI6の特徴で、イコライザー機能が搭載されていることで、ヘッドホンを接続してお好みの音質を選ぶとより楽しみが増します。
CPUは優れているだけでなく、省エネにも優れています。

7.3 快適操作のZenFone GO

端末料金                21384円
CPU    Qualcomm Snapdragon 400 1.4GHz
画面サイズ    5.5インチ, 1,280×720ドット(HD)

Zenfone Goの特徴は、シンプルで美しく誰にでも使いやすいZenUIを搭載しているところです。
スマホの中でも快適に操作できるところも特徴ですが、何よりカメラはF値2.0なので、様々な場面で活用できるモードを搭載していることになります。
ZenFoneシリーズの中でも特に美しさに特化したモデルです。

7.4 スペックは多少劣るも十分なZenFone 2 Laser

端末料金                30024円
CPU     Qualcomm® Snapdragon™ 410
画面サイズ          5インチ(1280×720)

ASUSの提供するZenFone 2 Laserは、スペックは先に発売されたZenFone 2にやや劣りますが、値段にしては高いスペックを取り揃えている格安スマホとしてとても人気です。
U-mobileでは、販売価格30024円で、格安SIMとのセット販売がされているのでお得に入手できます。

7.5 高画質なカメラのAscend G6

端末料金                    32184円
CPU   Qualcomm® MSM8926™, Quad Core 1.2GHz
画面サイズ              5インチ (1920×1080)

Huaweiの提供するAscend G6は、シンプルな作り・デザインながらも、高画質なカメラを搭載しており、写真撮影のための機能が詰まった格安スマホで、自撮り画像も鮮明です。
U-mobileでは、端末分割支払金を、月々1341円から格安SIMとのセット販売で購入することができ、だいぶ安く手に入れれます。

7.6 安心の富士通のスペックarrows M02

端末料金                32184円
CPU       MSM8916 1.2GHz Quad Core
画面サイズ    約5.0インチHD有機EL(720×1280)

arrows M02は、富士通独自の”ヒューマンセントリックエンジン”によってアプリごとにCPUを最適化する省エネモードを搭載した新世代の優れものスマホです。
その他にも富士通独自の画像処理エンジン”GRANVU”を搭載しているため、非常に高画質なカメラを使用できます。
とても格安スマホとは思えないスペックをお楽しみいただけます。
 

まとめ

mobile-616012_960_720
いかがでしたでしょうか?
U-mobileはプランだけみるととても魅力的なプランだらけで、誰しもが契約したくなるMVNOサービスなんです。
しかし、よくよくいろいろ調べてみると大手キャリア会社のようにプランや速度などに安定感がまだまだありません。
特にスマホを使う上で気になる速度面に不安を抱えています。
しかし、よくよく調べてみれば、全く使えなくなるほどの低速でもないので、U-mobileで契約するのであれば、積極的に高速通信の使い放題にチャレンジしてみるのがよいとおもいます。
あとは、自分でWiFi環境を整えたり、WiFiスポットを活用することで、快適なスマホライプが送れるように工夫してみましょう!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.