iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

UQモバイルの新プラン‟ぴったりプラン”とは?詳細と注意点、評判をまとめました。

投稿日:

thumbs-up-1999780_640UQモバイルが新たにプランを加え、打ち出した”ぴったりプラン”とはどのような内容なのでしょうか?
もしも今のスマートフォンよりもお得に使えるのなら、この機にプラン変更やUQモバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか?
 
最近では格安SIMも主流になってきたので、低価格なのは珍しいものではなくなってきましたよね。
安易に安いからと契約すれば、オプション等で快適にスマートフォンを使うように設定すると返って、割高になったケースはよくある話です。
そんな失敗を防ぐためにも是非注目してほしいプランなのです!

 
目次
1.UQモバイルの新プラン”ぴったりプラン”がすごい!
2.ぴったりプランの種類を徹底解剖!
2-1.ぴったりプランSとは?
2-2.ぴったりプランMとは?
2-3.ぴったりプランLとは?
3.ぴったりプランの解約に関する注意点とは?
4.ぴったりアプリパックの魅力に迫る
5.ぴったりプランを使って有効活用しよう!
5-1.UQモバイルターボ機能OFFとは?
5-2.UQモバイルポータルアプリとは?節約モード、高速モードを使い分けよう!
6.ぴったりプランへプラン変更する際の手数料は?
7.ぴったりプランを使用したユーザーの声が聞きたい!
8.まとめ
 
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.UQモバイルの新プラン”ぴったりプラン”がすごい!

happy-1786171_960_720
UQコミュニケーションズは、無線データ通信の事業を展開するKDDIグループの会社です。
最近宣伝で、UQモバイルの宣伝をよく見かけるようになりましたので、知っているという方も多いのではないでしょうか?そんなUQモバイルが展開した新プランが画期的なのです!
UQモバイルは、無線通信機でも有名なWiMAXを展開している企業グループとしても有名です。WiMAXを使用すれば、範囲内であれば通信制限を気にすることなく無制限で使うことができます。
今回は、それと併用しておすすめするプランが、ぴったりプランというものです。ぴったりプラン自体は2016年2月から開始されているプランですが、2017年にぴったりプランは新しいプランを加えてリニューアルしました。
 
ぴったりプランを使用することで、WiMAXの通信範囲外もauのLTE回線を利用してサクサクとネット通信を楽しむことが可能です。(※ただし、音声通話は3G回線です。)今までもオプションで加算料金すれば、auのLTE回線は使用できましたが、ぴったりプランのように内容は充実していませんでした。
そこで、新しく出たぴったりプランについて詳しく見ていきたいと思います。
 
WiMAXとは?
一言でいえば、「無線でインターネットに接続できる(無線LAN)」です。同じ無線LANでも、よく耳にするWi-Fiとは、実は完全に一緒というわけではありません。
実はWi-FiはWi-Fi Alliance(ワイファイ・アライアンス)という団体がつけた「登録商標」なのです。ですので、審査基準を満たしていない無線LANはWi-Fiではないということになります。
WiMAXの正式名称は、「Worldwide Interoperability for Microwave Access(ワールドワイド・インターオペラビリティ・フォー・マイクロウェーブ・アクセス)」です。
Wi-FiとWiMAXの違いで大きな特徴は、「他社のメーカーの無線LAN対応製品でも使うことができるかどうか」にあります。
Wi-Fiが、広く世間に知られているのは、他社のメーカーの無線LAN対応製品でもつなげることが可能だからです。つまり、WiMAXはWiMAXに対応している製品でのみ接続が可能ということです。
WiMAXは、20社以上のプロパイダがWiMAXの接続サービスを展開しています。
 

2.ぴったりプランの種類を徹底解剖!

4
ぴったりプランの特徴としては無料通話時間がついているということです。このタイプがおすすめのユーザーは、通話の回数よりも、一回当たりの通話量の時間が長い方に向けです。
そしてタイプにもよりますが、データ通信量もついているプランなので、もしも毎月データ通信量が余るようであれば、次の月に繰り越して使うこともできます。
 
優先的に、消費される順位は、繰り越し分→月間データ容量→追加購入データ容量の順に消費されるようになります。
ただし、全てが繰り越されるわけではなく、条件がついています。
 
ぴったりプランSの場合は1GBまでです。ぴったりプランMの場合は3GBまでです。ぴったりプランLの場合は7GBまでになります。
 
ではそこを踏まえつつ、それぞれのプランの特徴について詳しく見ていきましょう。
 

2-1.ぴったりプランSとは?

このプランは、料金をとにかく安くしたいという方におすすめのプランです。1年間であれば、月々1,980円という低価格で打ち出しているプランです。
このプランを検討している方にとっては本当に1,980円で価格を抑えれているのかが知りたいところですよね?実は、厳密に言うと、初月はこの料金にプラスされるSIMパッケージ料金を3,000円も払わなければいけないということです。
これにプラスしてユニバーサルサービス料が2円/月加算されます。(※2017年2月現在の情報です。)
さらにこの価格帯である1,980円はスマトク割とイチキュッパ割に入っている方のみの実現された価格であるということです。スマトク割3,980円から、1000円引かれ、イチキュッパ割の1000円をさらに引かれて1,980円になるのです。(※スマトク割は25か月間の縛りがあり、更新月以外に解約すれば、手数料の9,500円が発生します。)
 
ここで、おさらいしておきたいのが、1,980円は1年間しか実現できないということです。注意したいのが、スマトク割は25か月間つまり2年間の縛りがあります。イチキュッパ割が1年しかありませんので、2年目からはスマ特割の基本料金である3,980円から1,000円引かれただけの2,980円で2年目を過ごさなければいけません。高くなったから解約するわと思った場合は、スマトク割には25か月間の縛りがあることで、別途契約解除料9,500円を払わなければならないということになります。
 
ざっくり料金のことをまとめると、
初月:1,980円+3,000円(SIMパッケージ料金)+ユニバーサルサービス料2円/月=約4,982円
2か月目~13か月目:1,980円+ユニバーサルデザイン料2円/月=約1,982円
14か月目~:2,980円+ユニバーサルデザイン料2円/月=約2,982円
 
ぴったりプラン自体にも2年契約の縛りがあるので、そこにも注意して、料金については‟3.ぴったりプランの解約に関する注意点とは?”で詳しく見ていきますね。
 
ぴったりプランSその他の特徴としては、月に60分までなら通話時間を加算されずに通話し放題であることです。また、データ通信量も2GB付いていますので、そこまでネット通信をしない方にとっては満足できるプランではないでしょうか?(※ただし、26カ月つまり2年間を越してくるとデータ通信量も1GBに減り、通話も30分までしか無料通話になりません。そうなると安くはならなくなるため、見直しが必要になるかと思います。)
 
スマトク割とは?・・・ぴったりプラン、おしゃべりプランを契約したユーザーが入らなければならないプランで、課金が始まる最初の月から25か月間にわたり、基本使用料から1,000円割り引かれるサービスのことです。
 

2-2.ぴったりプランMとは?

ぴったりプランの中でも、一番選ばれているプランです。データ通信量をある程度確保されていて、料金も格安に利用できるのが人気のポイントです。月々2,980円で打ち出されているプランです。
 
これにプラスしてユニバーサルサービス料が2円/月加算されます。(※2017年2月現在の情報です。)
さらにこの価格帯である2,980円はスマトク割とイチキュッパ割に入っている方のみの実現された価格であるということです。スマトク割4,980円から、1000円引かれ、イチキュッパ割の1000円をさらに引かれて2,980円になるのです。(※スマトク割は25か月間の縛りがあり、更新月以外に解約すれば、手数料の9,500円が発生します。)
ここで、おさらいしておきたいのが、2,980円は1年間しか実現できないということです。注意したいのが、スマトク割は25か月間つまり2年間の縛りがあります。イチキュッパ割が1年しかありませんので、2年目からはスマ特割の基本料金である4,980円から1,000円引かれただけの3,980円で2年目を過ごさなければいけません。高くなったから解約するわと思った場合は、スマトク割には25か月間の縛りがあることで、別途契約解除料9,500円を払わなければならないということになります。
ざっくり料金のことをまとめると、
初月:2,980円+3,000円(SIMパッケージ料金)+ユニバーサルサービス料2円/月=約5,982円
2か月目~13か月目:2,980円+ユニバーサルデザイン料2円/月=約2,982円
14か月目~:3,980円+ユニバーサルデザイン料2円/月=約3,982円
 
ぴったりプランMその他の特徴としては、月に120分までなら通話時間を加算されずに通話し放題であることです。また、データ通信量も6GB付いていますので、ヘビーユーザーでなければ多少ネットを使ってもストレスなくデータ通信量の範囲内で楽しむことが可能です。(※ただし、26カ月つまり2年間を越してくるとデータ通信量も3GBに減り、通話も60分までしか無料通話になりません。そうなると安くはならなくなるため、見直しが必要になるかと思います。)
 

2-3.ぴったりプランLとは?

データ通信量が最も多く、ヘビーユーザーにおすすめのプランです。データ通信量が一番確保されていて、料金も格安に利用できるのがおすすめのポイントです。月々4,980円で打ち出されているプランです。
これにプラスしてユニバーサルサービス料が2円/月加算されます。(※2017年2月現在の情報です。)
さらにこの価格帯である4,980円はスマトク割とイチキュッパ割に入っている方のみの実現された価格であるということです。スマトク割6,980円から、1000円引かれ、イチキュッパ割の1000円をさらに引かれて4,980円になるのです。(※スマトク割は25か月間の縛りがあり、更新月以外に解約すれば、手数料の9,500円が発生します。)
ここで、おさらいしておきたいのが、4,980円は1年間しか実現できないということです。注意したいのが、スマトク割は25か月間つまり2年間の縛りがあります。イチキュッパ割が1年しかありませんので、2年目からはスマ特割の基本料金である6,980円から1,000円引かれただけの5,980円で2年目を過ごさなければいけません。高くなったから解約するわと思った場合は、スマトク割には25か月間の縛りがあることで、別途契約解除料9,500円を払わなければならないということになります。
ざっくり料金のことをまとめると、
初月:4,980円+3,000円(SIMパッケージ料金)+ユニバーサルサービス料2円/月=約7,982円
2か月目~13か月目:4,980円+ユニバーサルデザイン料2円/月=約4,982円
14か月目~:5,980円+ユニバーサルデザイン料2円/月=約5,982円
ぴったりプランLその他の特徴としては、月に180分までなら通話時間を加算されずに通話し放題であることです。また、データ通信量も14GB付いていますので、データ通信量が消費されやすい動画をみても、ストレスなくデータ通信量の範囲内で楽しむことが可能です。(※ただし、26カ月つまり2年間を越してくるとデータ通信量も7GBに減り、通話も90分までしか無料通話になりません。そうなるとヘビーユーザーにとってはストレスなくネットを使うことも難しくなるため、見直しが必要になるかと思います。)
 

3.ぴったりプランの解約に関する注意点とは?

man-390339_960_720
ぴったりプランに加入した際には、同時にスマトク割もセットで加入するようになっています。上記のプラン別の説明の中でも書きましたが、25か月間(2年間)の縛りが発生します。
2年以内に解約したいとなれば、手数料としてどのプランの場合も9,500円支払わなければいけません。
 
ここで、ぴったりプランのマイナスポイントについて考えましょう。音声通話をする機会が少なくなってきたので、無料通話無しのより安いプランに変更しようとした場合、プラン変更をすることができませんでした。どうしてもプラン変更をしたい場合は一度解約した後に、新しい電話番号で再契約する必要がありました。この場合も2年以内であれば解約手数料を払う必要があったのです。
 
しかし、最近おしゃべりプランというのが新プランとして登場しました。これは、無料通話はついていませんが、5分以内であれば何度でも無料でかけ放題ができるプランです。ぴったりプランとデータ通信量や価格帯に違いはありません。
 
うれしいことにおしゃべりプランとぴったりプランはその月に応じてプランを無料で変更することが可能なのです。よって、電話を無料通話を除けたい方はおしゃべりプランに、長電話をしたい方にはぴったりプランに変更することができるようになりました。
 
新プランが増えたことで、電話による価格上限に選択肢が増えたのでそこを不満に思い、2年以内に解約したいと思う方は減るでしょう。しかし、気を付けたいのは2年以降です。
ぴったりプランには25か月間(2年間)の縛りがあります。25カ月目を契約満了月と言い、その翌月に解約の申し出がない場合、さらに2年間の更新として自動的に契約を更新されてしまうのです。
 
契約した当初のプラン内容が維持されたままであれば、問題ないかもしれません。しかし、上記のプランごとの説明にも書きましたが、26か月目以降はプラン内容もワンランク以上状態が悪くなった環境で使わなければいけなくなるのです。無料で解約するためにはさらに2年間待たなければならないのです。
 
なので、損をしないために解約するための注意点は、2年間の契約満了月から翌月までの間にぴったりプランを解約して、プランの見直しをすることが一番賢いやり方なのです。余分なお金は出さずに、お得にプラン変更をしましょう。
 

4.ぴったりアプリパックの魅力に迫る

Lisa88_sumahoganmi20141018093542_TP_V1
ぴったりアプリパックとは、ツール系のアプリを無料で10個つけてくれるというサービスです。
生活のあらゆるシーンで入っていれば必ず役に立つというアプリが勢ぞろいなので、単なる広告アプリと違って、とても便利なアプリが揃っています。
どんなアプリが入っているのでしょうか?
 
1.スマートセキュリティ
スマートフォンのセキュリティアプリです。通常は起動する起動しないにしろ、常にスマートフォンの裏側で動作しているので電力の消耗が激しいです。しかし、スマートセキュリティは低燃費なので、他のアプリ動作に影響を与えることなくサクサクと動かしてくれます。
機能としては、インストールしたアプリのウイルスチェックや、スマートフォンの盗難や紛失の際に遠隔操作を使ってデータを削除する機能、クレジットカード情報等の個人情報の管理をしてくれます。快適に、安全にスマートフォンを使うためにはなくてはならない機能なのです。
 
2.超便利ツールズ
定規やコンパス、ライト、メトロノーム、鏡、金属探知機、QRコード、祝日カレンダー、拡大鏡等、ちょっとした時にあると便利な機能を集めたアプリです。このアプリ一つで20種類の便利機能を使うことができますので、それぞれのアプリをインストールしなくてもこれ一つで解決してくれるので、画面上もスッキリさせてくれ、管理もしやすいアプリです。非売品なので、ぴったりアプリパックを利用しなければ使えないアプリでもあります。
 
3.超ブルーライト削減
スマートフォンなどの画面からはブルーライトという目の負担になる光が出されています。ブルーライトによって、目疲れが酷くなり、視力低下へとつながる危険もあります。このアプリの機能は、ブルーライトの光を最大82%カットしてくれます。また、のぞき見防止機能もついており、ワンタッチでフィルタをかけ、さらに調節してくれる嬉しい機能もついています。非売品なので、ぴったりアプリパックを利用しなければ使えないアプリでもあります。
 
4.乗換案内plus
目的地までの乗換案内と経路を表示してくれる便利なアプリです。鉄道、飛行機はもちろん、バスの検索もサクサクとできます。乗車駅のトイレ、ATMがあるかどうか等、細かい所も表示しれくれるので、なにかと頼りになるアプリです。本来ならば、648円するアプリですが、ぴったりアプリパックに入っていますので無料で使うことができます。
 
5.Fujisan Reader
5000冊以上の専門誌を取りそろえた雑誌を読み放題できる便利なアプリです。毎日雑誌は追加されていますので、飽きることはないでしょう。ちょっとした暇つぶしにとても便利なアプリです。
 
6.おしゃべり翻訳機
日本語はもちろん、英語や中国語、フランス語、等10か国の言語を翻訳してくれるアプリです。ネット接続することで、通訳としても機能してくれるので海外に行った際に困った際の会話に一役買ってくれそうですね。非売品なので、ぴったりアプリパックを利用しなければ使えないアプリでもあります。
 
7.地図マピオン
地図アプリです。ドライブの際に、ナビとして機能するのはもちろん、標高表示してくれるので、登山をする際にも役に立ちます。
 
8.万能カメラ
撮影するための機能は81種類もあります。撮った画像をおしゃれに加工する機能もあり、112種類ものアートフィルタが搭載されています。GIFアニメーションも作ることができます。綺麗に加工してインスタグラム等に投稿する際に活躍します。本来ならば240円するアプリですが、ぴったりアプリパックに入っていますので、240円が無料で使うことができます。
 
9.ジョルテ
カレンダー機能を搭載したシステム手帳のアプリです。画像付きの日記もたくさん保存することができる便利なアプリです。カレンダー、日記、アラームをLINE等のアプリと連携させることができます。
都道府県別で週間天気予報も見ることができるなど、手帳の機能は全て搭載されていますので、使いこなすことで有効活用できますよ。
 
10.驚速メモリ
スマートフォンのメモリをお掃除してくれるアプリです。余分な機能や履歴情報を削除してクリーニングしてくれるので、動作を快適に速度アップできる便利なアプリなのです。非売品なので、ぴったりアプリパックを利用しなければ使えないアプリでもあります。
 

5.ぴったりプランを使って有効活用しよう!

01ebe733defb76947ccb6c9344433eb6_m
ぴったりプランは有効活用することで、もっと便利にお得に使いこなすことができるのです。そんな有効活用の仕方について見ていきましょう。
 

5-1.UQモバイルターボ機能OFFとは?

何気なくデータ通信量を気にせずにネットを使っていると、上限を超えることで発生する速度制限はうっとうしいですよね。この速度制限にかかってしまった場合、追加料金を払って快適モードに速度を直してもらうか、低速の状態で月を超えるまで我慢するかの2択になってしまいます。そこで、使いたいといういざという時のために、速度制限が到達するまでに、高速モードと節約モード(低速状態)に切り替えできるという機能なのです。
 
速度制限の上限に達さないための工夫ともいえるこの機能、使いこなすことで、サクサクとネットを楽しみたいという時には高速モードを使い、ネットを低速状態にして、データ通信量を減らさないように使う低速モードを使い分けることで、お得に有効活用しているともいえます。
 

5-2.UQモバイルポータルアプリとは?節約モード、高速モードを使い分けよう!

UQモバイルターボ機能の切り替えが搭載されているアプリです。データ通信の切り替えを行う際には、まずUQモバイルポータルアプリを通して行う必要があります。
 
他の機能としては、月間のデータ通信量を一目で確認することができます。残量確認に有効活用してみてくださいね。また、UQモバイルの契約情報の確認や変更を行うことができるのも特徴の一つです。ぴったりプランを見直す際等に便利な機能でもあります。
 

6.ぴったりプランへプラン変更する際の手数料は?

a0002_010303
ぴったりプランからおしゃべりプランへ、おしゃべりプランからぴったりプランに変更する際には手数料などは一切かかりません。これ以外のプランからぴったりプランへの変更の際には、変更する前のプランの契約状況によって、解約金が発生したりしますので注意しましょう。
 
ぴったりプランとおしゃべりプランの種類はそれぞれ3種類あります。それぞれS・M・Lがあります。プラン変更をする際に、例えばぴったりプランからおしゃべりプランへ変更する際に、SからLへ変更したりするのも無料でできます。つまり、プランを変更するだけでなく、プランの中のS・M・Lといったランクも自由に無料で変更することができるのです。
 
その月ごとにスマートフォンを使用する状況が変わる人は、使い方次第で臨機応変にプラン内容を変更できるので、お得に使いこなすことができるかもしれませんね。
 

7.ぴったりプランを使用したユーザーの声が聞きたい!

10
ぴったりプランを実際に使用しているユーザーの声を集めてみました。
・ぴったりプランは、2年以降は値段が高くなるのに、データ通信量や無料通話が短くなるからとても割高になります。2年ごとの契約満了の際に解約しなければ手数料を払わなければならず、注意して契約状況を見ていかなければならないです。
・端末をセットで低価格で購入すれば、携帯代の節約がかなりできる。端末代が実質0円になるマンスリー割を利用することで、実質0円にすることもできるのが嬉しい。
・通話時間がプラン内の無料の時間内に収めることで、価格を抑えることができた。
・無料通話をもしも超えるようであれば、楽天でんわ等の通話料を安くするサービスを活用するか、lineやスカイプのアプリを利用して、無料で通話をすることで、プラス料金を発生させずに通話を楽しむことができます。
・データ通信量を使う量が月ごとに変わるので、ゲームなどにはまって長時間ネットを使う月は、プランをLに変更し、サクサクとネットを楽しむことができた。
 
マンスリー割とは?
回線を契約したと同時に、UQモバイル指定の端末を購入した方限定で受けれるサービスのことです。既定の金額を契約の2か月目~25カ月目までの間に、月額基本料金を上限を設けて割引してくれます。
マンスリー割を使うことで、実質端末を0円にすることができます。キャンペーンの期間にもよりますが、以下は参考の表です。

端末代金 マンスリー割 端末代金
(実質)
iPhone 5s(16GB) 50,400円 1,400円×24回 16,800円
ZenFone™ 3 Deluxe 55,800円 400円×24回 46,200円
ZenFone™ 3 39,800円 400円×24回 30,200円
ZenFone™ 2 Laser 18,000円 750円×24回 実質0円
ZenFone™ Go 16,800円 700円×24回 実質0円
LG X screen 34,800円 1,450円×24回 実質0円
arrows M03 38,800円 500円×24回 26,800円
DIGNO L 43,200円 1,800円×24回 実質0円

http://kakuyasusimcard.com/uqmobile-monthlywari/

8.まとめ

UQモバイルのぴったりプランは、その都度見直しをこまめにする人にとっては、とてもお得に使いこなすことができるプランとなっています。
データ通信量をプラン内で納めて、端末の価格を抑えて、2年縛りに注視して、無料の通話内で電話を利用し、超えれば無料のアプリで対応するなどの工夫が必要になっていきます。
また、データ通信量をターボ機能と節約機能を使い分けることで余計なデータ通信量を使う防止にもなり、その月ごとで電話のかけ放題プランが入っているおしゃべりプランへ変更出来たりと組み合わせが自由にできるプランですよね。
有効活用すれば、大手のキャリアにも引けをとらない画期的なスマートフォンになります。低価格の格安スマホでも使い方次第で、快適に使いこなすことができるんですよ。
ぴったりプランに少しでも興味が湧いたのなら、変更する際の検討材料にこの記事を見て頂けたら幸いです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.