中古携帯を賢く活用!あなたのスマホで出来るお得な節約術

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone8 / X 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!
機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

ネット検索で「中古携帯」とキーワードを入れて検索して見て下さい。多くの中古携帯ショップがヒットするはずです。中古携帯と言うとキズだらけでボロボロの古い機種、使い物にならない、とのイメージを抱かれるかもしれません。

そんな心配は無用です。ショップでは販売する前に動作確認をしますし、動作不良のものは販売しません。また現在各通信キャリアで最新機種として販売している機種も中古市場には出回っています。そして当然キャリアで買うよりも価格は安いです。端末購入にかける費用を安く抑えたいのならば、中古携帯の購入を考えて見ましょう。

中古携帯の市場は各キャリアで販売している、過去に販売されていた端末がそろっていますから、みているだけでも楽しいものです。お気に入りの中古携帯が見つかったら価格を見て下さい。思わず衝動買いしたくなる程度の価格が目に入るはずです。

キャリア端末を購入し続けることで無駄なお金を払うよりも、中古携帯を上手に利用してあなたのスマホ料金を節約してみませんか?

 

【スマホの料金は高い】

3-1024x682

あなたはスマホの料金を毎月いくら払っていますか?

スマホの費用に毎月いくらの金額を払っているかの調査結果が公表されていますが、2014年の調査では毎月6千円から8千円払っている人が多く、2016年の調査では年代別の調査結果があり、10代・20代で8千円、30・40代で7千円、50・60代で5千円が平均の通信料金となっています。

これらの調査結果は通信料金のみで、端末の分割支払い代金を含まない金額ですから、実際に支払う金額はこれに千円から二千円を加えた金額になるでしょう。端末分割払いを加えると平均で毎月1万円近い金額を支払っていることになります。

また端末価格は年々上昇しており、各通信キャリアが最新機種として販売している端末の価格は10万円に限りなく近い水準になっています。iPhoneが価格を吊り上げていて、その他の製品がそれに追随して高価格・高性能な端末を販売しているので端末価格が高騰しているのが現状です。

スマホユーザーの方は「料金が高いなぁ、でも仕方ないか」と思いながら支払っていることと思います。スマホはもはやライフラインの一つですから、料金が高くとも使わずにすませることはできません。高いスマホ料金を節約する方法は、さまざまな手段がありますが、その一つとして、中古端末の使用を考えてみたらどうでしょう?

中古端末に変えれば端末価格は確実に下がります、そしてそれ以外のメリットも出ます。中古?と馬鹿にせずに、中古携帯のメリットを考えて見ましょう。

【携帯料金を高い金額にしている原因の一つは端末分割払い】

ご存じのようにスマホの料金は、通話料+データ通信料+インターネット使用量+オプションと端末分割支払い代金の合計です。大半の人はスマホを購入する時には二年分割で購入するものと思います。なぜなら分割契約ならば購入時に端末代金を支払わずに新しい端末を手にすることができるからです。

10万円近い金額を一括で機種変更時に支払う人は少ないと思います。何気に分割支払いを選択して購入する場合が大半で、後で毎月の請求額を見て「高いな」と感じるのが普通でしょう。

端末購入時には分割支払いは便利ですが、後々毎月の料金を支払う時に分割代金が思わぬ負担になってしまいます。いくら二年契約の割引で端末代金が定価よりも安くなっているとは言え、タダになるわけではありません。

過去によく見られた「実質端末代金ゼロ円」は政府の指導を受けて、各キャリア共に廃止の方向で同意して動いています。今後はゼロ円端末販売は期待できません。機種変更の度にスマホ料金支払いの負担になっている端末代金分割支払いを避ける方法として、中古携帯の利用は効果的な方法です。

中古スマホの購入は原則一括支払いですが、キャリアで購入する金額の半分以下で購入することができます。端末価格10万円が5万円以下で済めば大きいですね?

最新機種も中古市場に出回っていますが、この場合は若干安い程度で余りメリットは感じられません。少しでも安ければ良いと言う方なら選択肢に入れてもよいでしょうが、一モデル前の機種ですと半額以下、それよりも前の機種ですと更に安い価格で購入できますから、狙うならこれらの中古端末です。一括払いでも負担になることは少ないと思います。中古スマホを上手に使ってスマホ料金を節約してみましょう。

【中古携帯って何?】

computer-1572183_960_720

中古携帯とは通信キャリアが販売していた携帯端末のSIMカードを抜いた端末です。元々キャリア端末として販売していた物ですから、同じキャリアの中古端末にSIMカードを差すだけで、設定や手続き不要で自分の新しい端末として使用ができます。

一口に中古携帯と言っても、発売されたばかりの最新機種から数世代前の機種まで中古品として販売されていますが、あまりにも古い機種では性能面でスペックが低すぎて使い物になりません。狙い目は発売から2年以内の機種でしょう。正直に言って現在各キャリアで最新モデルとして販売されている機種はオーバースペックだと言えます。

よほどのヘビーユーザーならともかく、普通の人は最新スマホの機能を全て使いこなすことは難しいですし、使っているスマホの新機能さえ知らずに使っている方も多いと思います。

キャリアスマホのユーザーは、使わない機能が満載の端末に10万円近い金額を払っていることになります。実にもったいない話だと思いませんか?

そして完璧な製品はなく、どの機種を選んでも一長一短でユーザーのニーズを全て満足させる機種などありません。口コミサイトのユーザーレビューを見れば一目瞭然で、メーカーが自信を持って発売した新製品でも、辛口の評価が必ず付きます。かえって旧機種の方が評価が高いこともあります。通話とネットがストレスなく使用できる機種という観点から考えると、スペック的には一世代から二世代前の機種で十分と言えます。

実例としてSONYのXperia Z5、Z4とZ3の比較をあげて見てみましょう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]