iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

ハイスペック格安スマホ「honor8」がおすすめなワケ

投稿日:

維持費を抑えるために、格安スマホを使用したい!だけど、
どれがいいの? ライバルは?
色々あるけど何を選べばよいのだろうと困ってしまいますよね。

今回は、数ある格安スマホの中でも人気の「honor8」の人気の秘密と格安スマホへの機種変更を考える際に役立つポイントをまとめてご紹介します。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

1. 格安スマホの基礎の基礎
2. honor 8 ここがすごい
3. 超高性能格安スマホ人気トップ3の主な仕様
4. 超高性能格安スマホ評価と比較
5. honor8の気になる弱点
6. 格安スマホはなぜ安い?
7. 超高性能格安スマホはこんな人におすすめ
8. 格安スマホへの機種変更方法
9. まとめ
格安スマホ

格安スマホの基礎の基礎

スマホが高い時代はもう終わり!格安スマホが注目されています。
格安スマホが安いという話は聞いたことがあるかと思いますが、SIMカードとセットで申し込むことで、端末代金が無料になるものがあったりと、実は格安スマホもピンキリです。
まずは、格安スマホの仕組みからご紹介していきましょう。

1.1 格安スマホって何?

格安スマホとは、大手の携帯会社のスマホと比べて安く利用できるのが特徴です。
月額料金を安く抑えたり、SIMとセットで購入することでさらに安く購入できる割引キャンペーンがあったり、スペックを押さえたものから高スペックなものまで多種多様な機種が用意されており、自分に合ったスペックを選ぶことができる点などが人気の理由です。
2d47b7df0ada57c292a3d021635b0f19_s
そもそもスマホを利用するには、スマホ端末とSIMカードという通信を行うために必要なチップカードが必要です。それぞれに提供会社が異なり、組み合わせることで料金が異なります。
そして、キャリアといわれる従来の大手携帯会社以外の会社が提供しているものがSIMフリー端末と言われており、キャリアが提供するものより価格メリットが大きくなっています。
SIMフリー端末とは、大雑把にいってしまうと、どこの電話会社のSIMカードでも使える端末のことです。厳密には使用できる組み合わせが決まっているので購入の際には対応表をチェックする必要があります。
以前はSIMカードと端末がセット販売になっているのが一般的でした。それが、SIMロック解除の義務化により、自分に合ったものを自由に選ぶことができるようになったのです。SIMカードと端末の組み合わせも様々でプランも色々あります。
端末を選ぶ際に重要な点は、スマホをどのように利用するかという点です。利用の仕方によってどれくらいの端末が必要かが変わってくるということです。
ゲームはせずに、メールチェックだけという方であればそれほど高い性能は必要ないでしょう。しかし、ゲームをしたり、音楽に動画にとあれこれ使う場合には、メモリ容量も処理速度、それから表示のきれいさなんかも気になるポイントになるかと思います。
これまでもスマホを利用していた方であれば、1万円以下の格安スマホ端末を選んでしまうと性能が極端に落ちて、不満に感じる可能性があります。
これまでと遜色なく使用したいのであればハイスペックな端末を選んでおくと安心です。

1.2 SIMフリー端末を選ぶメリット

・キャリアでよくある2年縛りがない
ドコモ、au、ソフトバンクでは、2年契約の縛りでの契約となり何もしないと自動契約延長になりますが、SIMフリー端末では基本的にはこの縛りがありません。
・海外でも現地のSIMが利用できる
端末が対応していれば、海外のSIMに入れ替えて海外で使用することも可能です。そのため、現地のSIMカードが利用できて、海外での通信料が格安になります。海外へ出かけることが多い方には、とても大きなメリットになるかと思います。

1.3 SIMフリー端末のデメリット

SIMフリー端末を購入した場合、基本的には設定などは自分で行う必要があります。といっても、端末にSIMをさして、APN設定という初期設定を行うだけです。設定はそれほど難しいものではありません。設定方法は、各会社のサイトに掲載してあるネットワークAPN設定方法を見ながらなら初めての方でも容易に設定できるかと思います。
それでも「初めてで自信がない・・・。」「設定は苦手・・・。」と不安な方は、実店舗でフォローしてくれる販売店を選ぶと安心です。
また、端末とSIMカードをセットで購入すれば設定した状態で届けてくれるので心配ありません。

honor 8 ここがすごい

hw_481407
ハイエンドなものを選ぶ時のポイントは、処理速度などに影響するCPUやメモリ、バッテリーやカメラなどの観点から自分に必要なスペックを選んでいくと良いでしょう。
せっかく買うなら性能のよいものを選んで、長く使いたい。そんな方に人気なのが、P9やhonor 8といったハイスペックなSIMフリー端末なのです。
SIMフリー端末の中でも特にハイスペックでキャリアスマホから機種変更しても遜色なく使用できそうな機種の一つとして人気なのがHuawei(ファーウェイ)のSIMフリースマホ「honor 8(オーナーエイト)」です。
2016年9月28日に発売されたこの機種は、Wレンズで写真が綺麗に撮影できること、そして何よりデザインが良いと好評です。

2.1 honor 8の口コミ

価格コム
購入者レビュー@価格ドットコム http://review.kakaku.com/review/J0000021111/

Twitterより

超高性能格安スマホ人気トップ3の主な仕様

対抗馬としては、「HUAWEI P9」や「ZenFone 3」辺りが有力でしょうか。性能比較してみました。

品名 HUAWEI P9 ZenFone 3 (5.2インチ、ZE520KL) honor8
OS Android 6.0 Android 6.0.1 Android 6.0
サイズ 145 x 70.9 x 6.95 mm 146.8×約73.9×7.69mm 145.5 x 71.0 x 7.45 mm
重さ 144g 約144g 153g
CPU Kirin955 Snapdragon 625 Kirin950
GPU Mali-T880 MP4 Adreno 506 Mali-T880 MP4
コア/クロック オクタ/2.5GHz オクタ/2GHz オクタ/2.3GHz
RAM(GB) 3 3 4
ROM(GB) 32 32 32
サイズ(インチ) 5.2 5.2 5.2
解像度 1920×1080 1920×1080 1920×1080
バッテリー 3,000mAh 2650mAh 3,000mAh
連続待受時間 LTE:約566時間
WCDMA:約566時間
LTE:約493時間
W-CDMA:約434時間
LTE:390時間
WCDMA:380時間
メインカメラ 1200万画素 1600万画素 1200万画素
インカメラ 800万画素 800万画素 800万画素
防水 × × ×
防塵 × × ×
テザリング
赤外線 × 赤外線リモコン対応
ワンセグ × × ×
おサイフケータイ × × ×
指紋センサー
ジャイロスコープ
発売時期 2016年6月17日 2016年10月7日 2016年9月28日
製造メーカー HUAWEI ASUS HUAWEI
価格 5万9,800円 3万9800円 4万2800円 / 楽天モバイルで3万2800円

いずれも、おサイフケータイ・ワンセグ・防水など日本ならではの機能はついていないので、その点は注意が必要です。

3.1 サイズで比較

サイズは、ZenFone 3が横幅も厚みも一番大きくなっています。画面サイズはどれも5.2インチと同じなので、単純にフチが大きいということです。ただし、ZenFoneの場合、ホームボタンや戻るボタンが画面の外に配置されています。これらのボタンが画面内に含まれていない分、他の同じ画面の大きさのスマホよりも画面を広く使うことができます。

3.2 重さで比較

軽さは、HUAWEI P9とZenFone 3に軍配ですがその差は9g。数値だけをみると、それほど気にする程でもない気はしますが、実際に持ってみるとこの差を大きく感じる人もいると思います。毎日持ち歩くものですから少しでも軽い方が嬉しいのは本音ですよね。実店舗で確認するなど注意してみて欲しいポイントです。

3.3 CPUとメモリで比較

CPUはHuawei端末に軍配でしょうか。Huawei端末に搭載されているKirinプロセッサ
honor8のCPUクロックは、2.3 GHz (A72) + 1.8 GHz (A53)とかなり高く、ハイエンド向けといえますが、さらにP9では、CPUクロック2.5 GHz (A53 × 4)+1.8 GHz (A53 × 4)とまた少し性能が高めになりました。
メモリは、ZenFone 3 とP9がRAM3GB-ROM32GBなのに対して、honor8はRAM4GB-ROM32GB搭載しています。写真をたくさん撮るならメモリは多い方が嬉しいし、何よりメモリが少ないと固まってしまうことも多くなるので、メモリの多さは魅力的です。サクサク快適に使えると思います。

3.4 充電性能で比較

充電性能で見ると、USB-typeCを搭載しているhonor8とZenFone 3がおすすです。理由は、とにかく充電が早いこと。P9のmicroUSB端子と比べると挿しやすさも抜群です。

3.5 画面解像度で比較

3機種とも、フルHD解像度(1920×1080)のディスプレイが搭載されているので画面がクリアで見やすいです。

3.6 カラーバリエーションで比較

HUAWEI P9・・・全4色
ミスティックシルバー、チタニウムグレー、レッド、ブルー
どの色も印象としてはシックな感じで格好良く使えそうです。
ZenFone 3・・・全2色
サファイアブラック、パールホワイト
ブラックは濃いブルーよりの色味、ホワイトは男性が持ってもおしゃれだと人気のようです。
honor8・・・全3色
サファイアブルー、サンライズゴールド、パールホワイト
サファイアブルーが3色の中で最も人気色のようです。

超高性能格安スマホ評価と比較

4.1 こだわりの写真撮影を楽しむならHUAWEI P9

huawei-p9-design01
P9は2016年6月17日に発売された格安スマホです。
老舗のカメラメーカーであるライカのWレンズが採用されています。細かく設定を変えて撮影することが可能な上に、写真を撮った後にピント変更ができる機能がついているなど、使い方次第ではプロ並み写真が撮れそうです。この機種やHonor 8はかなりカメラに力を入れています。これらの機種と比べると、ZenFone 3のカメラ性能は劣っていると感じるでしょう。
レビューによると、金属ボディーが魅力的でバッテリー持ちも良く、指紋認証も早いと評価されています。SIMは、ドコモ系とソフトバンク系SIMが使用可能です。
<HUAWEI P9の取り扱いMVNO一覧>
・mineo
※現在のところ「P9 lite」のみの取り扱い
・BIGLOBE SIM
※現在のところ「P9 lite」のみの取り扱い
・DMM mobile
※現在のところ「P9 lite」のみの取り扱い
・OCN モバイル ONE
※現在のところ「P9 lite」のみの取り扱い
・イオンモバイル
・NifMo
※現在のところ「P9 lite」のみの取り扱い
・楽天モバイル
・IIJmio
※現在のところ「P9 lite」のみの取り扱い
総評:
・ライカを冠するスマホ
・指紋センサーの感度、レスポンス共によい
・機能と価格を抑えたHUAWEI P9 liteも用意されている
公式サイト:http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/p9-jp.htm

4.2 動画とるならZenFone 3

36a1Fkq6TXye0Rpk_setting_fff_1_90_end_500
ZenFone 3は2016年10月7日に発売された格安スマホです。
ZenFone 3には光学手ぶれ補正が付いています。この補正がついていないとカクカクした映像になってしまうため、スマホで動画を撮る方には魅力的なポイントです。SIMは、ドコモやドコモ系格安SIM、国内版ならau系の格安SIMまたはソフトバンクのSIMが使用可能です。
mineoやUQ mobileなどau系SIMカードを利用したいならこの機種が有力だと思います。
また、通話も結構使うけど格安スマホを持ちたい人にもこの機種はおすすめです。
デュアルスタンバイに対応したスマホなので、ガラケーからスマホにする場合にもこれまで使っていたFOMAカードのサイズ変更をしたもの(ショップで変更してくれます)と新たに契約して格安スマホデータSIMを両方挿して使うことができ、自動で音声SIMとデータSIMを使い分けてくれます。ガラケーと格安スマホを1台にまとめたい方へは特におすすめという訳です。
ビジネスパーソンのように、仕事でたくさん電話をかけるような場合には、格安スマホは向かないといわれています。
なぜなら、かけ放題のような定額制サービスが格安SIMにはついていない場合が多いからです。このように通話料金がネックになって格安スマホを断念していた人もこの機種のようにデュアルスタンバイに対応したもの(DSDS対応機種)を選べば、通話はキャリアのかけ放題を使用し、データ通信は格安SIMを使うことでお得に利用できます。
さらに、1つの端末で電話番号を2つ持つこともできるので、仕事用とプライベード用で電話番号を使い分けたり、回線を切り替えて通信量を節約するなど、工夫次第で様々な使い方ができます。
<ZenFone 3の取り扱いMVNO一覧>
・mineo
・BIGLOBE SIM
・DMM mobile
・UQ mobile
・OCN モバイル ONE
・NifMo
・楽天モバイル
・IIJmio
・nuromobile
・LINEモバイル
・イオンモバイル
総評:
・画面が大きくて見やすい
・日本初のマルチキャリア&デュアルスタンバイ対応機種
・au系SIMカードが使える
公式サイト:https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-3-ZE520KL/

4.3 コスパならHonor 8

hw_481410
honor 8は2016年9月28日に発売された格安スマホです。
3機種をトータルで比較するとP9が1位、次いでhonor 8、ZenFone 3の順になりますが、差はそれほど大きくありません。にも関わらず価格はHonor 8が楽天モバイルのセールで3万2800円とP9の5万9,800円と比べるとかなりお得感があります。
デザイン面では、独自の反射が話題を呼んでいる背面加工が魅力的です。光の反射でキラキラとした模様が浮かび上がるマイクロパターンという技術が使われています。中でももっともこのデザインを楽しめるのはサファイアブルーだと言われており、一番人気の色になっています。
性能も他と大きく変わらず、デザインも良しとコストパフォーマンスの高さがうかがえます。
SIMは、ドコモ 、ソフトバンク系SIMが使用可能です。
<Honor 8の取り扱いMVNO一覧>
・楽天モバイル
総評:
・モノクロ撮影でも輪郭やコントラストが綺麗に出る
・暗い場所でもきれいに自撮りできる
・独自の反射が綺麗な背面加工
公式サイト:http://consumer.huawei.com/minisite/jp/honor8/index.html

4.4 超高性能格安スマホ製造メーカーの特徴

SIMフリー端末を製造しているメーカーは信用できるのでしょうか。比較した3機種のメーカーについてご紹介します。
・ASUS
ASUS はPCでも有名な台湾のメーカーです。マザーボードなどPCパーツもしっかりしたものを製造していると評価が高いため信頼できるメーカーだといえます。
・HUAWEI
HUAWEIは、中国の超大手通信機器メーカーです。大手キャリア向けにWi-Fiルーターなどを提供しているメーカーとして知られています。多くの特許を持っており、世界的にみても大手と言えるメーカーです。さらに、HUAWEIでは製品の耐久テストをきっちり行う点が高く評価されており、品質管理に関してかなり信頼できます。また、カスタマーサポートはオンラインとオフラインでの問い合わせに対応してるのでサポート体制の面からも安心だと思います。
SIMフリー端末にはもちろん国内メーカーのものもたくさんありますが、価格勝負では海外メーカーが目立っているようです。中には防水機能がついていたり、おサイフケータイが使えるものもあるので、日本製にこだわりたい人や防水機能は必須、おサイフケータイ機能は外せないという方は使える機種を選ぶと良いでしょう。取り扱い店舗数やアフターサービスなども機種によって異なるため、自分には何が必要かを見極め選ぶポイントを決めていくことが必要です。

honor8の気になる弱点

今回比較した3機種にはどれも防水、防塵機能がついていません。
かつhonor8の美しいフォルムは滑りやすく、落として壊してしまうリスクが高いため、ケースが必須のようですね。
ただ、スマホの場合にはどんな機種でも本体破損を避けるためにケースを使っている人が多いと思うので、それほどのデメリットにはならないかと思います。ケースはいろんな種類のものがたくさん出ていますので個性を出したり、カードを入れられたりとより便利に使うこともできて、楽しめると思います。
もう一つ、弱点としてとしてあげるとすれば、取扱店(MVNO)が楽天モバイルに限られる点かと思います。選択肢がないという点で抵抗を持つ方もいるかもしれませんね。

格安スマホはなぜ安い?

格安スマホは、大手の携帯会社のスマホと比べて安く利用できるのが特徴です。
SIMフリー端末も格安SIMも名前の通り、キャリア端末やSIMと比べると圧倒的な価格メリットがあります。
端末でみてみると、キャリアの最新機種を購入すると端末代で8万円〜10万円くらい、一方現在出ている格安スマホの中でそれほどストレスなく使える価格帯は、2,3万レベル以上の端末です。1万円前後の端末もありますが、性能は値段並みだと考えてください。
月々の通信費用も3大キャリア利用者は5000円~8000円で利用している人が多い中、格安SIMでは2000円程度に抑えられます。現在の契約状態によっても異なりますが、ざっくり半分から3分の1くらいには減らせる人もいます。
3大キャリア以外の料金はかなり安く設定されているということです。
安いものには理由がある。安かろう悪かろうではないかと心配になってしまいますよね。
安さの秘密は、これまでの携帯市場による要因、アフターサービスやサポートの厚さの違いが大きいようです。
3大キャリアがこれまで独壇場だったこともあり高止まりしていることで発生している価格差になっています。政府が月額料金を下げる様に呼びかけてもそれ程大きな下げ幅はありませんでした。競争が激しくなっている今がねらい目!多少の手数料を払ってでも乗り換えた方が安くつく場合も多いので、よく検討して少しでも早く乗り換えると大きな節約になり得ます。

超高性能格安スマホはこんな人におすすめ

・安くスマホを利用したい人
前述の通りです。圧倒的な価格メリットがあります。
・電話をあまりしない人
格安SIMではかけ放題プランが無い場合が多いため、たくさん電話をすると料金が高くなります。LINEなどの無料通話で代用できる人なら問題ないですが、ビジネス使いは難しいですね。
ただ最近では、かけ放題プランを用意している会社もあるので、通話もするけど格安SIMが気になるという方は、かけ放題プランを提供しているMVNO会社を探してみてください。
・キャリアメールが必須でない人
キャリア(スマホ、ガラケー)から格安スマホへ機種変更した場合にも、電話番号は引き継いで使用することが出来ます。しかし、キャリアメールは使えなくなります。
・スマホを使用したことがある人
サポートがキャリアほど手厚くはありません。店舗なども少なく、気軽に相談することが難しくなります。基本的には、自分で調べることになるので、ある程度の知識が必要となります。
超高性能を求める方には向きませんが、普通にネットが使えてLINEやFacebookなどが利用できれば良いという人には断然格安スマホを選ぶメリットが大きくなります。

格安スマホへの機種変更方法

格安スマホ端末を使える状態にするには、SIMカードが必要です。
端末にSIMカードをさして、利用します。

8.1 格安SIMを利用するには

SIMカードにも種類があるので、何が使えるのか事前に調べておく必要があります。大きく分けるとキャリアのSIMと格安SIMがあります。

8.2 格安SIMとは

格安SIMを取り扱う会社(MVNO)は、大手携帯会社の通信ネットワークを借りて営業しています。同じ回線を使っているので電波強度やスピードもそれほど心配することなく使用することができます。広告費や店舗数、サポートの手厚さなどの分、圧倒的に安くなっているようです。
種類を大きく分けると「データSIM」「SMS付きのデータSIM」「通話付きSIM」があります。
データSIMはデータ通信を行うために必要です。加えて電話番号でショートメールをやり取りするSMS機能を使いたい場合にはSMS付きのデータSIMを、さらに通話もするなら通話付きSIMを契約することになります。それぞれ使用するデータ量によって料金が変わってくるので、現在もスマホを使っている人はどれくらいのデータ量を使用しているのか事前に調べておくと便利です。またSIMを提供しているサイトにはプラン診断などもあるので、そちらを利用してみると参考になります。

8.3 格安SIMの使い方

これまで使っていたキャリアのスマホ端末に格安SIMカードを差し替えれば、そのまま使えるのかというと、少し違う場合もあります。使えるかどうかは、格安SIMのページに動作確認済み端末一覧が載っているのでそちらを確認すると安心です。
差し替えるだけで、すぐに使える可能性が高いのは、ドコモユーザーの方です。
というのも、多くのMVNOはドコモのネットワークを使用しているため、ドコモの端末であれば格安SIMを挿して、格安スマホとして使える可能性が高いという訳です。
手元にある端末がタイプしていなかった場合には、SIMフリー端末(格安スマホ)を購入する必要があります。

8.4 SIMフリー端末(格安スマホ)を利用するには

現在キャリアと契約していて、これから格安スマホ端末へ機種変更したいと思っている人は、次のような行動が必要です。
【端末のみ購入して利用する場合】
1.端末を購入する
2.これまで使っていたSIMをさす
データ移行も何も必要なく、利用できます。ただし、端末によってSIMのサイズや通信手法などによってはそのまま利用できないものもあるので、事前に確認が必要です。
【電話番号を引き継いで乗り換えたい場合】
1.ショップまたは電話で契約会社へ連絡し、「格安SIMへ乗り換えたい」と相談する。
すると、予約番号を発行してもらえます。発行には手数料がかかります。
<予約番号発行手数料>
au:3000円
docomo:2000円
ソフトバンク:3000円
2.音声通話プラン付きの格安SIMを申し込む
申込時に1の予約番号が必要になります。その他、格安SIMごとに必要な本人確認書類などは異なりますので購入時に確認してください。
3.データ移行
Android端末からAndroid端末への機種変更であれば、AndroidバックアップでカレンダーやGmailなどが引き継げます。新しい端末のセットアップ時に、Googleアカウントでログインするとデータ反映の有無が設定できます。写真などのデータもGoogleドライブやDropboxといったクラウドサービスを利用することで簡単に保存、移行ができます。
【電話番号を引き継がず乗り換えたい場合】
電話番号を引き継がず、通話は端末(安いガラケーなど)とデータ端末を分けて使いたいという方もいるでしょう。これだとmnp(電話番号の移動)は必要ないですね。キャリアのガラケーで最安プランに変更し、格安スマホはデータプランのみの契約とすることで費用は抑えられます。

まとめ

SIMフリー格安スマホのメリットは、キャリアと同等の品質、機能、性能なのに圧倒的に安いということ、これが最大のメリットです。
格安スマホ端末のスペックや価格からみて、honor 8はやっぱりバランスが良いですね。
デザインから機能まで間違いなくおすすめできる優秀な1台です。
高性能CPUとRAMが贅沢にも4GBあり、ストレージも32GBと大容量なので、アプリをいくつか同時立ち上げてもストレスなく動作します。ゲームやカメラも楽しめそうですね。
サイズ感としても5.2インチのサイズは片手で持てて男女ともに扱いやすい大きさです。少し丸みを帯びたデザインで、操作がしやすく、持ち運びやすいのが特徴です。
指紋認証は背面中央に指を軽くのせるだけ。スリープ状態から0.4秒でのロック解除されるそうです。これだけ高速なら快適に利用できます。
さらに、人気機種のためスマホケースがたくさん出ている点も嬉しいポイントです。
楽天モバイルでのみ格安SIMとセット購入することが可能です。今なら最大97%オフで買える冬の特価セール中です。
キャンペーン期間: 2017年1月20日(金)15:00~2017年2月1日(水)9:59
<iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FRakutenMobile%2Fposts%2F1901576120072718&width=500" width="500" height="595" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true"></iframe>

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.