iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

無制限高速通信のWiMAXって?設定方法やメリット面をご紹介

投稿日:

自宅でもどこでも、高速インターネットが利用できたら・・。そう思っている人は多い筈。屋外にいても、直ぐにパソコンを開いて仕事が出来たり、空いた時間に動画を視聴出来たり。どんな場所にいても直ぐにネットに繋がる環境が整っていれば、より便利で快適な生活を送れそうですよね。どんな場所でも利用可能と言えば、WiFiが有名ですが、WiFiには通信制限がかかったり、専用の機器や工事が必要であったりと、不便な点もあるかと思います。
しかし、工事不要で設定も簡単な無線通信、WiMAXを利用すれば、そんな悩みも全て解決する事が可能!

今回は日常でネットを利用する頻度が高い人ならば、是非知っておきたいWiMAXについての基礎知識や、その設定方法についてご紹介したいと思います。WiMAX利用のメリットやデメリットといった基本的な情報のみならず、設定から解約方法まで、幅広い情報をまとめてみました。現在、WiFi設定を検討されている人のみならず、新しくパソコンやスマホを購入しようか検討中の人も、是非参考になさってみて下さい。
目次

  1. WiMAXって何?
    1.1 WiMAXはUQコミュニケーションズが提供する無線通信回線
    1.2 WiMAXのメリットは?
    1.3 WiMAXのデメリットって?
  2. WiMAXの利用エリアについて
    2.1 どこで利用できるの?
    2.2 遮断物が苦手なWiMAX
    2.3 WiMAXとWiMAX2+のエリア普及率は違う?
  3. WiMAXとWiFiの違いについて
    3.1 WiMAXとWiFiは規格が違う
    3.2 WiMAXは通信制限が無い?
    3.3 ポケットWiFiとWiMAXではどちらが繋がりやすい?
  4. WiMAXのおすすめプロバイダ
    41 WiMAXはプロバイダ契約の方が良い?
    4.2   主なWiMAXプロバイダ
    4.3   プロバイダ選びのポイント
  5. WiMAXの設定方法について
    5.1 WiMAX設定の手順
    5.2 WiMAXでスマホやiPhoneを設定するには?
    5.3 繋がらない時の対処法
  6. WiMAX機種スペック比較
    6.1 どの機種がおすすめ?
    6.2 WX03スペック紹介
    6.3 W04スペック紹介
  7. WiMAXのキャンペーンについて
    7.1 WiMAXのキャンペーンはどれ程お得?
    7.2 WiMAXキャンペーン一覧
    7.3 WiMAXキャッシュバック受け取りの注意点
  8. まとめ
    8.1 どんな種類の端末でも設定可能?
    8.2 WiMAX契約で注意しておきた事
    8.3 WiMAX解約方法について

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

WiMAXって何?

1.1 WiMAXはUQコミュニケーションズが提供する無線通信回線

WiMAXという言葉をご存知でしょうか。WiFiに似たような名前のWiMAXですが、果たして両者は同じものなのでしょうか。
一言で説明すると、WiMAXとはUQコミュニケーションズが提供する無線通信回線を意味します。無線通信回線である為、LANケーブル等の回線を通さず電波を受信できるというものです。こう書くとWiFiと同じように思われますが、WiFiはアメリカに拠点を置く団体が付けたブランド名(WiーFi Allianceの略)であり、反対にWiMAXとは、Worldwide  Interroperability for Microwave Accessの略で、UQコミュニケーションズ社が提供しているモバイルWiFiルーターのみを意味します。
よってWiFiとWiMAXでは規格からして異なるものなのです。

1.2 WiMAXのメリットは?

fce63f6e10a8e1c809c9d052307b25de_m
では、WiFiではなくWiMAXを選ぶメリットとはどこにあるのでしょうか。WiMAXはメリット面がたくさんあります。まずは通信がほぼ無制限である事(3日で10GB以上のパケット通信量を超えると速度制限あり)や、通信速度の速さなどが挙げられます。速さに関して言うならば、下りで最大220Mbps、上りで10Mbpsとされ、(場所や時間によっても異なります)無線ルーターの中でもひと際速い事が評価されています。
また、回線用の特別な工事も何も無く、ルーターを購入後は直ぐに設定して使用が可能です。屋内屋外でも使用できるというのも、WiMAXにおけるメリット面と言えます。

1.3 WiMAXのデメリットって?

反対にWiMAXのデメリット面としてよく挙げられるのが、建造物や山といった障壁があれば電波が入りづらい、という点です。これはWiMAXが使用している周波数の性質が関係しているのですが、どうしても繋がらないという不満を持っている人も少なくないようです。
少し前までは屋内にいると使用ができなくなってしまうなどの不備もあったWiMAXですが、徐々に多少の障壁も関係なく繋がるようになりました。
また、無制限を謳っているWiMAXですが、実際は通信制限がかかります。WiMAX2+での契約となれば、3日で10GB以上の使用になれば速度制限がかかってしまうプランであったり、月7GB制限のプランであったりと、通信量には気を付けなければなりません。決してWiMAX=無制限通信サービスでは無いという事も理解しておかなければならないのです。

2WiMAXの利用エリアについて

2.1 どこで利用できるの?

WiMAXはどこで利用が可能なのでしょうか。
基本的にWiMAXの利用はどこでも可能です。地域によっては受信できないケースもありますが、WiMAX利用エリアが載っている地図サイトもあるので、購入前に事前にチェックしておいた方がいいでしょう。WiMAXは現在、2013年からサービスを開始したWiMAX2+にサービスが移行しています。WiMAX2+は従来のWiMAXと比べて利用範囲が広がり、通信速度も速くなりました。

2.2 遮断物が苦手なWiMAX

WiMAXの最大の弱点と言えるのが、壁や山といった遮断物が苦手という点です。よってWiMAXはこれまで、室内であれば繋がりにくいという評価を下されていました。
WiMAXが遮断物に弱いとされている理由には、WiMAXの電波の性質が、携帯電話などの周波数と違う事が影響しています。WiMAXの周波数は2.5GHzであり、一方携帯電話は、WiMAXの周波数よりも低い800MHz帯から始まる周波数を利用しています。電波は低周波であれば速度は落ちますが、より遠く、より障害物を避けて飛ぶという特徴を持っています。よって周波数の低い携帯電話の電波の方がWiMAX以上に繋がりやすいのですが、速度に関してはWiMAXが上回るのです。

2.3 WiMAXとWiMAX2+のエリア普及率は違う?

WiMAXの後継通信サービスとして、2013年よりサービスを開始したWiMAX2+。WiMAX2+はWiMAX以上に利用範囲や速度にも差があります。
WiMAX2+のサービスが開始された当初であれば、WiMAXの利用範囲の広さの方が上回っていましたが、WiMAX2+の利用範囲はその後着実に広がりを見せ、現在ではWiMAXを上回っている状況です。
更に両者ではプラン内容も大きく異なり、WiMAXであれば無制限利用可能であったのが、WiMAX2+では3日で10GBzを超えると速度制限が始まり、1Mbps に落とされるプランや(ギガ放題プラン)、月に7GBzを超えると128Kbpsまで落とされるプランも存在します。(通常プラン)
速度の遅いWiMAXで無制限通信を楽しむか、通信制限をかけながらでも何十倍も速度が速くなったWiMAX2+を楽しむかのどちらかとなりますが、現在ではWiMAXからWiMAX2+サービスへの移行が着々と進み、将来的にはWiMAXのサービス提供は完全に無くなるのではないかとも予想されています。

WiMAXとWiFiの違いについて

3.1 WiMAXとWiFiは規格が違う

yjimage
WiMAXとWiFiの違いとは、具体的にどういった点にあるのでしょうか。
まず、WiFiとは無線LANの呼称であり、WiFi=無線LANという認識で相違はありません。無線LANとはインターネットを繋ぐ際に必要なLANケーブルを必要とせずに、電波受信のみでパソコンやプリンターといった機器をネット回線に繋ぐ方法です。自宅などで無線LANを使用する場合には、フレッツ光などのプロバイダと契約をし、ネット回線を引きます。本来ならば契約したネット回線をハブからLANケーブルを用いて様々な機器に繋ぐのですが、直接無線ルーターで電波を飛ばし、他のパソコンやプリンターにネットを接続させる事が可能となるのが無線LANであり、WiFiです。
よって、WiFiとはこの電波が届く範囲のみでネットが利用可能なのであり、エリアが限定されています。自宅外で利用できるとすれば、コンビニや飲食店、また会社内など。現在では様々なエリアでWiFiが利用できますが、屋外であれば電波を受信できないケースが殆どです。
一方WiMAXとは、UQコミュニケーションズが提供しているモバイルインターネット回線の事であり、これは通信業者と契約をすれば、どこにいても電波が受信できるというサービスを意味します。ポイント毎に(主に屋内)で繋がるWiFiとは違い、月額利用料さえ払えばどんな場所でも高速通信がスマホやパソコンで可能となるのがWiMAXの魅力です。
因みに、携帯電話の電波を受信し持ち運び可能となったルーターを、モバイルWiFiルーター、またはポケットWiFi(Y!mobileのモバイルWiFiルーターの商標名)と呼だりもします。なので、WiFiとポケットWiFiは意味を異にします。

3.2 WiMAXは通信制限が無い?

WiMAXには無制限で高速ネット通信ができると思われている人も多いかも知れませんが、実際のところは違います。多くのモバイルネット回線は通信制限を設けています。これはWiMAXを提供しているUQコミュニケーションズのみならず、ネット利用の混雑を避ける為、またはネット利用の公平性を規す為にも全ての通信業者が一定以上の通信料を超えると速度制限をかけているようです。
WiMAX2+は、ギガ放題プランであれば、直近3日で10GBを超えての利用によって。また通常プランであれば1月で7GBを超えると制限がかかります。
通信制限がかかってしまう事は難点であるかと思いますが、よほど重いデータをダウンロードしない限りは超える事は無いでしょう。

3.3 ポケットWiFiとWiMAXではどちらが繋がりやすい?

ポケットWiFiとWiMAX。ネットの繋がりやすさという点に関して言えば、どちらがより繋がりやすいでしょうか。
繋がりやすさに関してはどちらも繋がりやすいとされているようですが、屋内においてはWiMAX、WiMAX2+の方が若干繋がりにくいとされています。一方、ポケットWiFiは人口密集している街中では、若干ですが繋がりにくいという傾向にあるようです。WiMAXとポケットWiFiでは周波数の違いがあり、ポケットWiFiは4G/LTEの周波数を利用しています。人口密集地帯でポケットWiFiの方が繋がりにくい状況になるのは、多くの人が一斉に利用している場所は通信制限がかかってしまう事が原因のようです。

WiMAXのおすすめプロバイダ

4.1 WiMAXはプロバイダ契約の方が良い?

WiMAXを契約するには、方法がいくつかあります。まずUQコミュニケーションズで契約を結んでしまうというのもいいですが、UQコミュニケーションズから回線を利用している他プロバイダと契約をするという方法もおすすめです。UQコミュニケーションズから回線をそのまま利用している為、通信速度や繋がりやすさに関しては、UQコミュニケーションズで契約するのと変わりはないので心配も要りません。
プロバイダ契約をする最大のメリットは、各社から出されているキャッシュバックキャンペーンを受けられる可能性があるという事。また、工事も不要で、屋内に無駄なLANケーブルを配線する必要もありません。更に料金も光回線などと比べると安くなる、というメリット面もあります。

4.2  主な WiMAXプロバイダ

プロバイダ 初期事務手数料 月額利用料
ヤマダ電機 3,000円 3,695円
ヨドバシ 3,000円 3,695円
GMOとくとくBB 3,000円 3,609円
4カ月目以降4,263円
nifty ニフティ 3,000円 開始月~3カ月目まで無料
4カ月目以降4,350円
BIGLOBE ビッグローブ 3,000円 利用開始月は無料
2~3カ月目3,695円
4カ月目以降4,380円
So-net 3,000円 利用開始月は無料
2~3カ月目3,695円
4カ月目以降4,180円
Broad WiMAX 3,000円 2,726円

4.3   プロバイダ選びのポイント

プロバイダ選びは慎重に行いましょう。WiMAXの利用形態は初心者からすると不明な点も多いので、よく分からない内に自分に合っていないプランを選んでしまっていたり、不要なオプションを付けてしまっていたりする場合も多いようです。プロバイダ選びの際に重要視したいポイントは、利用料金の安さ、キャッシュバックの有無、サポート体制が充実しているかなど、これらの点に注視して下さい。
利用料金の安さは、端末代や月額だけを見ていても意味はありません。月額利用料金も、利用開始月には無料と表示されているので、ついつい魅力を感じる内容に見えがちですが、3・4カ月目以降の利用料金が大幅にかかってくるというケースもあります。
更に、サポート体制が如何に整っているのかが、優良プロバイダか否かを決めるポイントとなります。初めてWiMAXを契約する時にはプランの不明点があったり、トラブルも起こりがちです。多少料金が高くても、サポート体制が十分備わっているならば、契約したいと思うのではないでしょうか。

WiMAXの設定方法について

5.1 WiMAX設定の手順

①WiMAXの電源がOFFになっているかを確認し、SIMカードを挿入します。カードは大変傷つきやすく、取り扱いには注意が必要な為、手袋をして挿入した方がより安全です。
②SIM挿入後はWiMAXの電源をONにします。画面上の設定からSSIDとパスワードを入力します。SSIDとパスワードはWiMAXと同封されています。
③PC側の設定をします。PC画面左下に表示されている通信アイコンのWiFi設定をONにし、ワイヤレスネットワーク接続の一覧から、WiMAXルーターの表示を見つけます。
④WiMAXを選び、同封されていたSSIDとパスワードナンバーを入力すれば、PCの設定も完了です。

5.2 WiMAXでスマホやiPhoneを設定するには?

yjimage-1
通常の携帯電話のパケット通信料って結構高いですよね。しかしWiMAXに切り替えれば、スマホやiPhoneの月額利用料金をぐっと抑える事も可能です。WiMAXでネット利用できる端末はPC以外にiPhoneやiPod、iPod touchやAndroid系端末やタブレット各種など、WiFi機能を搭載している端末であれば何でも利用可能です。
スマホやiPhoneの設定手順としては、設定画面からWiFiをONにし、WiMAXのモバイルルーターを選びます。パスワードも購入したWiMAXで設定したパスワードを入れると、直ぐに利用可能となります。
月額料金が抑えられる事が有難いWiMAXですが、WiMAXはネット回線なので、通常の電話が出来なくなるのが難点です。ただしIP電話を取得したり、LINEでの電話は可能です。

5.3 繋がらない時の対処法

WiMAXを設定しても、繋がらないなどのトラブルが生じる場合もあります。繋がらない場合には以下の状況を確認してみて下さい。
●SSID、パスワードナンバーの入力に間違いが無いか。
●WiMAXの圏外になっていないか、画面上にルーターのアンテナが立っているかどうか。
●WiMAX基地局で工事が行われていないか。
上記を確認後、もう一度電源を切り再接続し直してみて下さい。圏外であれば場所を変えてみて下さい。
何度やっても接続出来ない場合にはプロバイダに直接問い合わせた方が良いでしょう。

WiMAX機種スペック比較

6.1どの機種がおすすめ?

WiMAXの中でも様々な機種があります。種類によってスペックにも違いがあります。WiMAXでは機種によって利用できる対応モードに差があります。それによって通信制限も速度も異なる為に、注視して選ぶ必要があります。
デザイン性や持ち運びしやすさで選ぶという人もいますし、スペックによって選ぶという人もいるでしょうが、何より大事なのは、契約前に購入するWiMAXの特徴をしっかりと把握しておく事です。
現状では2017年2月に発売されたW04が最もハイスペックであるとされていますが、過去発売されている機種にもそれぞれ特徴があります。

6.2WX03スペック紹介

WX03 メーカー 対応モード バッテリー 連続待受時間 通信速度
NEC WiMAX2+ 7時間20分(440Mbps通信) 1100時間 下り最大440Mbps

2016年12月に発売されたWX03の特徴は、バッテリー容量の大きさにあると言えます。
WX03は、ほぼ同時期に発売されたW04に比べると、ハイスピードプラスエリアモードと呼ばれるau 4G LTE回線に対応していないという難点はありますが、ハイスピードプラスエリアモードの利用には追加料金が発生してします。
対応エリアにそこまでこだわりを持っていないというならば、WX03の方がバッテリー容量も大きく、またW04と比べて重量も軽い為、持ち運びも便利です。

6.3W04スペック紹介

W04 メーカー 対応モード バッテリー 連続待受時間 通信速度
HUAWEI WiMAX2+
au 4G LTE
6時間30分(440Mbps通信) 850時間 下り最大440Mbps

2017年2月に発売されたHUAWEIのW04は、現在WiMAX機種の中でも最もハイスペックとされている人気機種です。W04の最大の特徴が、月1,005円の追加で、au 4G LTE回線にも対応が可能であるという点。対応エリアに未だに弱点が付きまといがちなWiMAXですが、au回線が利用可能となり、今までエリア圏外であった場所での通信が可能です。
またデザイン性にも優れ、持ち運びの際にもスタイリッシュな外観が高評価に繋がっているようです。

WiMAXのキャンペーンについて

7.1 WiMAXのキャンペーンはどれ程お得?

プロバイダ選びにおいて注目しておきたいのが、キャンペーンの適用が有るか無いか。初期端末代や事務手数料無料となったり、キャッシュバックが行われたり・・。
キャッシュバックに関して言えば、3万円前後がキャッシュバックされるプロバイダも多いという事で、WiMAXを契約するならば、是非キャッシュバックの存在に意識を向けてみるべきでしょう。
キャッシュバックキャンペーンの額で最も評価が高いのが、GMOとくとくBBやnifty、so-netなど。特にGMOとくとくBBは31,800円のキャッシュバックが受け取れる可能性もあります。

7.2 WiMAXキャンペーン一覧

so-net ●キャッシュバック20,000円
●ギガ放題2カ月間1,480円/月
24カ月まで3,480円/月
GMOとくとくBB ●キャッシュバック最大31,800円
Broad WiMAX ●webでの申し込みで18,857円割引
UQ WiMAX ●商品券10,000円プレゼント

キャッシュバックであったり商品券であったりと、そのサービス内容は多様です。キャンペーンで最もお得と言えるのがso-netもしくはGMOとくとくBBではないでしょうか。

7.3 WiMAXキャッシュバック受け取りの注意点

 
①キャッシュバック受け取り可能通知はメールで来る!
WiMAXは契約後11カ月経過した段階でキャッシュバックを知らせるメールが届きます。プロバイダ専用のメールで通知が届くケースが多いようです。このメールを見逃してしまうと折角契約を済ましていてもキャッシュバックは適用されません。普段利用していないメールシステムで通知が受信されている可能性も高い為、1年経過したらメールを探すという動作を徹底して下さい。
②定められた期間内で、口座情報を入力します。
通知が来れば全員にキャッシュバックが受け取れる、という訳にはいかないようです。メールの指示に従い、期間内(1カ月とされているプロバイダが多いようです)に、口座情報を正確に入力しなければなりません。

まとめ

8.1 どんな種類の端末でも設定可能?

PCで利用する以外に、スマホやiPhoneといった携帯電話端末でWiMAXを利用している人は多いようです。WiMAXを利用すれば、月々にかかっていたパケット代が抑えられる他、最速でのネット閲覧が可能。WiMAXは、無線LANやWiFi機能が搭載している端末であれば、どんな種類でも利用可能です。もちろん、iPhoneも。
設定自体も、WiFi設定と同様に難しい事もありません。携帯電話で利用する場合には、WiMAXルーターを携帯電話と共に持ち運ばなければならない為、購入には軽量でコンパクトな機種がおすすめです。

8.2 WiMAX契約で注意しておきた事

stop-634941_960_720
何かと便利なWiMAXですが、契約の際は注意しておかなければならない点もいくつか存在します。WiMAXを契約しているという人の割合の方が、していない人よりも少ない現状では、「想像以上に高速通信ではない」「エリアが限定されていて使いづらい」といった意見も多々聞きます。
プロバイダの宣伝ばかりを鵜呑みにするのではなく、口コミやネットの評価を予め参考にしながら考えてみて下さい。WiMAXにした方が割安なのかを見極めるには、現状の通信費用を把握しておく必要があります。
トラブルが無いことに越した事はありませんが、トラブルが発生した時に備え、予め契約書やオンライン上での契約書は印刷してしっかりと保管しきましょう。
また、サポートが充実していないプロバイダとの契約は止めておいた方がいいです。

8.3 WiMAX解約方法について

WiMAXの解約方法自体は簡単ですが、解約時期を間違えると解約金が発生してしまうので注意が必要です。WiMAX2+で解約金がかからないのが、契約から26カ月目のみ。その後はずっと9,500円の解約金が発生してしまうのです。
解約には連絡一本で済むので余計な書類を用意する必要もありません。家電量販店などで契約をした場合には、電話かFAX、または店頭に直接赴き解約の意志を伝えます。
一方プロバイダで契約した場合には、プロバイダに直接電話をするか、もしくはオンラインからでも解約出来ます。
 
 
 
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.