iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

YAMADAのSIMは本当におすすめ?基本性能とメリット・デメリットまとめ

投稿日:

ヤマダ電機で契約できる『YAMADA SIM』というSIMカードをご存知でしょうか?
YAMADA SIMは、店頭で簡単に契約できるとあって、最近人気沸騰中の格安SIMカードなんです。しかし、一口にYAMADA SIMといっても、プリペイドタイプやYAMADA SIM plusなどなど、いくつかの種類があるとのこと。初めての方は、いったいどれを選んだらいいのかわからない!と、お悩みの方も多いかもしれませんね。
初めての格安SIMなら、絶対に失敗したくはありませんよね。そんなあなたのために、YAMADA SIMの申込方法や、メリット・デメリットを一つにまとめてご紹介しますよ。初めての格安SIMカードでも、これを事前に知っておけば、初めてのSIMカードでも安心です!

今回は、そんなYAMADA SIMの特徴やメリット・デメリットを一つにまとめてご紹介します。こちらを参考に、あなたに一番ぴったりのYAMADA SIMを選ぶ参考にしてみてくださいね。
 
iphone-410324-400x270-MM-100

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

1.YAMADA SIMとは?
 1.1.ヤマダ電機で契約できる格安SIM
2.YAMADA SIMの料金プラン
 2.1.データ通信量で変わる
 2.2.5つのプランからお好みで選べます
 2.3.使い放題プランが人気!
3.YAMADA SIMの速度
 3.1.高速データ通信が魅力
 3.2.定められた通信量を超えると制限がかかるので注意
4.YAMADA SIMの申込方法
 4.1.お近くのヤマダ電機でお申し込み可能
 4.2.プリペイドタイプのYAMADA SIMもあります
5.YAMADA SIM plusとは?
 5.1.使うだけでYAMADAポイントがたまる
6.YAMADA SIMの評判は?
 6.1.YAMADA SIMのメリット
 6.2.YAMADA SIMのデメリット
7.YAMADA SIMの解約方法
 7.1.専用のマイページから解約手続きができる
 7.2.解約後のSIMカードは返却が必要
8.まとめ
 

YAMADA SIMとは?

1.1.ヤマダ電機で契約できる格安SIM

images
そもそも、YAMADA SIMとは、いったいどのようなSIMカードなのでしょうか。YAMADA SIMとは、ヤマダ電機で契約できる、格安SIMカードのことをいいます。『YAMADA SIMで高速通信を手軽に、お安く』というキャッチコピーで売り出されているんですよ。
それもそのはず、YAMADA SIMは、ドコモの高速通信エリアで利用することができる格安SIMカードなんです。詳しくは後述しますが、NTTドコモのエリア内で使用することができるので、高速通信の品質もかなり安定しています。高速通信品質がかなり安定しているので、今までの大手キャリアのスマホやガラケーと遜色なく使用することができるんですよ。
さて、YAMADA SIMには、いくつかの種類があります。その種類はといえば、LTE通信専用のSIMカードや、音声通話機能付きのSIMカードに加えて、YAMADAポイントがたまるSIMカードなんかも存在するんだとか。かなり種類が多いYAMADA SIMカード。今回は、これらの種類についても詳しく解説していきますよ!
 

YAMADA SIMの料金プラン

2.1.データ通信量で変わる

arrow631
それでは、YAMADA SIMの料金プランはどのようなものになっているのでしょうか。YAMADA SIMの料金プランは、LTE通信をどれくらい使用するのか?という区分で分けられています。そのため、データ通信量によって、料金プランが変わってくるのです。
また、SIMカードをLTE通信専用のものにするのか、音声通話もできるものにするのかによっても、お値段が変わってきます。LTE通信専用のものでは、SMS機能(電話番号でメールをやりとりする機能)があるものとないものに分かれ、SMS機能があるものの方が若干お高めになっていますよ。アプリの使用認証などで使用することもある機能ですので、SMS機能が欲しい方は、2種類の選択を間違わないように気をつけてくださいね。
音声通話ができるSIMカードは、LTE通信専用のものよりもお高めですが、そのSIMカードが1枚あれば、スマートフォン1台で電話もネットも楽しめるようになります。ガラケーなどとの2台持ちではなく、格安スマホだけを持ちたい場合には、こちらのSIMカードを選択しましょう。
 

2.2.5つのプランからお好みで選べます

illust2058
SIMカードの種類は、前述でご紹介したとおり、LTE専用のカードが2枚と、音声通話機能付きのカードが1枚の、計3枚のラインナップ。YAMADA SIMの料金プランには、それぞれのSIMカードに5つの料金プランが用意されており、そこからそれぞれお好みのプランを選択することができますよ。
具体的には、1GB・3GB・5GB・LTE使い放題・2段階定額(ダブルフィックス)の5つのプランが用意されています。使用する頻度や自分のネットスタイルにあわせて選択できるのが、YAMADA SIMの料金プランの、嬉しいポイントですよね。気になるそれぞれの具体的な料金は、以下のとおりとなっています。
 

LTE専用(SMSなし) LTE専用(SMSあり) 音声通話つき
1GB 790円 940円
3GB 1580円
5GB 1480円 1630円 1980円
LTE使い放題 2480円 2630円 (1年縛り)2730円
(通常)2980円
ダブルフィックス (1GB以下)680円
(1GB以上)900円
(1GB以下)830円
(1GB以上)1050円
(1GB以下)1480円
(1GB以上)1780円

 
いかがでしょうか。このように、一般的なスマートフォンと比べて、かなり格安で使用できるのがお分かりいただけたのではないでしょうか。これこそが、YAMADA SIMの強みです。ただし、音声通話つきのプランでは、別途音声通話料が30秒ごとに20円加算されますので注意してくださいね。
しかし、これもLINEなどの無料通話サービスを使えば、通話料を節約することもできますよ。音声通話をあまりしない方にとっては、YAMADA SIMはかなり安く使えるSIMカードだと言えそうですね。
 

2.3.使い放題プランが人気!

lgf01a201408122000
さて、そんなYAMADA SIMの一番人気の料金プランといえば、『使い放題プラン』です。使い放題プランとは、LTE通信の速度制限を気にすることなく、使い放題で楽しむことができるプランのこと。近年、ゲームやアプリ、動画などの通信量はかなり増えてきました。また、そのようにヘビーな楽しみ方をするユーザーも増加傾向にあります。
使い放題プランは、そういった、ゲームをたくさん楽しんだり、外で動画やテレビを見たりといった楽しみ方をしたい方におすすめのプランなんですよ。
従来の料金プランや、大手キャリアの料金プランでは、毎月定められた量の通信量を越えると、データ制限がかかってしまいますよね。しかし、YAMADA SIMのLTE使い放題プランなら、毎月の通信量を気にすることなく、インターネットやゲームが楽しめるんです!
今までの格安SIMの料金プランで、データ通信量が物足りない!と感じている方や、従来のキャリアでデータの追加課金ばかりしている…とお悩みの方は、こちらの使い放題プランを試してみてはいかがでしょうか。こちらの使い放題プランは、SNSでも『神SIM』と呼ばれているほど、高速通信の安定さが売り。使い放題プランだからといって、高速通信がほかのプランより劣るといったこともありませんよ。通信制限を毎月気にしている…とお悩みの方は、ぜひ使い放題プランを使ってみてくださいね。
 

YAMADA SIMの速度

3.1.高速データ通信が魅力

gatag-00012662
それでは、YAMADA SIMの気になる通信速度は、どの程度のものなのでしょうか。キャッチコピーに『高速通信を手軽にお安く』を掲げているだけあって、その通信速度は気になるところですよね。実際、どの程度のものなのかというと…
YAMADA SIMの通信速度は、下り150Mbps/上り50Mbpsとかなり高速となっています(どちらも最大の場合)。また、後述のYAMADA SIM plusの場合は、高速通信の品質もさらに向上し、下り225Mbps/上り50Mbpsと、こちらもかなり高速となっています(どちらも最大の場合)。
また、YAMADA SIM plusの場合には、さらに嬉しい特典が。公式サイトによると、1日の通信制限もなく、契約しているプランのデータ通信量を、1日で使い切るということも可能なんだとか。さすが、高速通信を謳っているだけあって、データの通信速度は大手キャリアのものと遜色ありませんね。
それもそのはず、YAMADA SIMの通信エリアと回線は、NTTドコモの回線を使用しているんです。そのため、高速で安定した品質の回線速度を維持できるんですね。格安SIMカードだと、通信の品質が心配…という方でも、YAMADA SIMなら安心!通信品質を気にする方にも、ご満足いただけるような品質なのではないでしょうか。
 

3.2.定められた通信量を超えると制限がかかるので注意

p381
しかし、料金プランによって定められた通信量を超えてしまうと、通信制限がかかってしまいますので、注意が必要です。たとえば、1GBのプランを契約している場合、月の1日~末日までのデータ通信量が1GBを超えてしまうと、その月の中で通信速度制限がかかってしまいます。
通信速度制限がかかってしまうと、通信速度は上記でご紹介した値から、200Kbpsまで制限がかけられてしまいます。こうなると、通常のブラウジングにもストレスを感じるくらいの通信速度になってしまいますので、できれば通信速度制限がかからないようにしたいものですよね。現在、大手キャリアのスマホを使っている方も、通信速度制限に悩んでいる方が多いのではないでしょうか。
もし、自分が1ヶ月に使うデータ通信量がわからない場合や、通信速度制限を気にしたくないという場合には、前述の使い放題プランを選択することをおすすめしています。使い放題プランであれば、通信速度制限を気にする必要はありませんよ。ちなみに、制限がかかった状態からは、翌月の1日から解除されます。こういった条件は、大手キャリアと同じなんですね。
 

YAMADA SIMの申込方法

4.1.お近くのヤマダ電機でお申し込み可能

busi_17
それでは、そんなYAMADA SIMはどうやって申し込めば使えるようになるのでしょうか。実は、YAMADA SIMには、いくつかの申込方法が存在しています。その中でも、一番簡単な方法が『ヤマダ電機の店頭で申し込む』という方法でしょう。
YAMADA SIMを購入するカウンターで申し込みができるタイプのお店ならば、店頭で申し込んで、その日のうちに格安スマホとして、YAMADA SIMを使うことができますよ。面倒な手続きや、申し込みからのタイムラグを感じたくない場合には、店頭申し込みがおすすめです。
また、SIMカードのみを購入して、インターネットから利用登録をするという方法もあります。この場合は、店頭でSIMカードのパッケージを購入し、専用サイトで必要事項を登録して、利用登録の申し込みをします。LTE専用のSIMカードであれば、開通作業が完了しだい使えるようになりますよ。また、音声通話機能付きのSIMカードの場合は、利用登録後にSIMカードが自宅まで配送され、届いたその日から使用できるようになります。
インターネットで申し込み登録をする場合は、購入から使用までに、少しタイムラグを感じることになってしまいます。とくに、音声通話機能付きのSIMカードは、SIMカードの配送を待たなくてはならないので、早くても2~3日のタイムラグを感じることに。インターネットで登録するのが面倒・難しいと感じる方や、すぐにSIMカードを使いたい!といった方は、店頭申し込みを選択するのがおすすめです。
 

4.2.プリペイドタイプのYAMADA SIMもあります

gatag-00008519
さらに、YAMADA SIMには、決まった日数分だけ使えるプリペイドタイプのSIMカードもあります。プリペイドタイプのYAMADA SIMカードは、3種類のラインナップ。料金・SIMカードプランは、7日間・15日間・30日間の3タイプをご用意していますよ。ただし、LTE専用のSIMカードとなっていますので、音声通話は利用することができません。しかし、LINEなどの無料通話サービスを使用することができるので、人によっては通常のスマホと遜色なく使用することができますよ。
料金は、パッケージを購入する料金だけでOK。その後は、決められた日数を過ぎれば自動的に解約処理がなされます。追加課金もありませんので、購入すればその日から使うことができます。買いきりでOKなのは、面倒な処理が必要ないので、嬉しいポイントですよね。こちらのプリペイドタイプのYAMADA SIMカードは、面倒な申し込み手続きや解約手続きの必要がないので、気軽に格安SIMを使いたい方におすすめなSIMカードなんですよ。
お値段は、それぞれ7日間用が1800円・15日間用が2800円・30日間用が3500円となっています。YAMADA SIMを使う前にちょっとお試しをしてみたい…といった方にもおすすめなので、店頭でぜひ探してみてはいかがでしょうか。
 

YAMADA SIM plusとは?

5.1.使うだけでYAMADAポイントがたまる

pointcard
YAMADA SIMをネットで検索していると、『YAMADA SIM plus』というSIMカードも一緒に、検索結果にでてくるのを見たことはありませんか?このYAMADA SIM plusは、冒頭でもご紹介した、YAMADA SIMの別バージョンのSIMカードなんです。それでは、このYAMADA SIM plusと、通常のYAMADA SIMでは、いったい何が違うのでしょうか。
YAMADA SIM plusは、使うだけでYAMADAポイントがたまる!というメリットを売りに出しているSIMカードなんです。なんと、利用料金の2%をYAMADAポイントに還元してくれるんだとか。YAMADAポイントをよく使う方にとっては、嬉しいメリットですよね。
ただし、ポイントが貯まるのは「ケータイde安心会員」、もしくは「YAMADA LABIカード」のポイントだけ。ヤマダウェブコム会員さまや、ケータイde安心会員さま以外の方や、店頭で配布しているポイントカードには、ポイントを貯めることができませんのでご注意くださいね。
ただ、YAMADA SIM plusのご利用登録自体は、ヤマダウェブコム会員さまやケータイde安心会員さま以外でも申し込むことができます。さらに、後から会員登録をしてポイントをゲットすることもできますので、ご安心くださいね。
また、料金面でも、YAMADA SIMとは大きく異なります。
 

LTE専用(SMSなし) LTE専用(SMSあり) 音声通話つき
1GB 680円 830円 1290円
3GB 900円 1050円 1580円
5GB 1480円 1630円 1980円
使い放題プラン 2480円 2630円 2980円

 
このように、通常のYAMADA SIMよりもかなり料金面でお得になっていることがわかります。5GBプラン・使い放題プランは通常のYAMADA SIMと同じ料金となっていますが、それ未満の料金プランを使用したい場合なら、YAMADA SIMよりもお得に使うことができますよ。
安く高品質な格安SIMを手に入れたいなら、YAMADA SIM plusがおすすめです!YAMADA SIM plusなら、音声通話付きの使い放題プランでも、2980円から始めることができるので、かなりお得感が強いですよね。しかも、利用料金の2%はYAMADAポイントに還元です。
さらに、普段私たちが使用しているメッセンジャーアプリの通信料が0円になるという特典付き。LINEなどのメッセンジャーアプリを頻繁に使うという方でも、これなら安心ですね。たくさんチャットをしても0円なので、通信量や制限を気にする必要がありませんよ。
また、YAMADA SIM plusは、高速通信の品質もYAMADA SIMとは大きく異なるんです。YAMADA SIMの場合は、下りが150Mbpsなのに対し、YAMADA SIM plusなら、下りが225Mbpsで使用することができるんですよ。通信品質もかなり異なってきますので、とくに理由がないのであれば、YAMADA SIM plusを使うことをおすすめします!
 

YAMADA SIMの評判は?

6.1.YAMADA SIMのメリット

imgres
ここまで、YAMADA SIMの性能などをご紹介してきましたが、やはり気になるのはYAMADA SIMの評判ですよね。こちらでは、YAMADA SIMのメリット・デメリットをご紹介します。まずは、YAMADA SIMのメリットからご紹介しましょう!
まずは、安定した高速通信の品質が挙げられます。YAMADA SIMの通信速度の項目でもご紹介したとおり、YAMADA SIMはドコモのLTEのエリアを使用しているため、現在のスマホやガラケーと遜色なく使用することができるんです。YAMADA SIMなら、下り150Mbps、YAMADA SIM plusなら、下り225Mbps(上りはともに50Mbps/どちらも最大の場合)と、かなり高速で安定した通信品質を誇っています。
さらに、通信速度も速く、使い放題プランを選べば、高速通信を使い放題で使用することができるという点も大きな魅力です。通信速度制限を気にする必要がないので、1ヶ月にたくさんの通信を行う方におすすめな料金プランですよ。
次に、自分の使い道によって選択できる料金プランの豊富さが挙げられます。YAMADA SIMは、インターネットだけを使用するのか、音声通話機能も欲しいのか…から始まり、月にどれくらいインターネット通信を行うのか?といった観点などから柔軟に選べる料金プランが用意されています。その数、SIMカード3枚それぞれに5プランのご用意。
料金プランの豊富さは、大手キャリアにも引けを取らないでしょう。自分にぴったりと合う料金プランを選択したい方に、YAMADA SIMはおすすめです。自分の使用頻度などにあわせて料金プランを選択できるので、よりスマートフォンの料金を節約することができるのが、嬉しいポイントですね。
最後に、その圧倒的な安さが挙げられるでしょう。現在、スマートフォンの使用料金は、1ヶ月におよそ7000円くらいが平均値だと言われています。その点、YAMADA SIMを使ったスマートフォンなら、月々の料金が2980円とお得(音声通話付き使い放題プランの場合)一番安いプランなら、データ通信専用のプランで790円と、かなり格安な料金となっています。
LINEなどの無料通話アプリを使う方なら、データ通信専用のプランでも問題ありませんし、通話専用のガラケーと2台持ちにするという手段もありますよ。使い方の工夫次第で、通信料金を3000円以内に抑えることも可能に!あなたの使い方や工夫次第によっては、かなりスマートフォン代を節約できますよ。スマートフォン料金が高くて悩んでいる…といった方に、本当におすすめです!
 

6.2.YAMADA SIMのデメリット

gahag-0027079975-1
次に、気になるYAMADA SIMのデメリットを見ていきましょう。
まず挙げられるのは、メールアドレスが変わってしまうという点。メールアドレスが、今まで使用していた大手キャリアのメールアドレスではなく、GmailやYahooメールなどのフリーアドレスに変わってしまいます。そのため、格安スマホに変更したら、アドレス変更のメールを送らなくてはならないので、この点は少し不便だと言えます。
また、SIMカードのみを契約した場合、そのSIMカードはすべてのスマートフォンに使用できるわけではありません。中には使用できないスマートフォンもあるため、事前に確認をとることが必要です。現在お持ちのスマートフォンを引き続き使用したい場合には、必ず事前確認を行っておきましょう
 

YAMADA SIMの解約方法

7.1.専用のマイページから解約手続きができる

office-620822_1920-400x270-MM-100
いくら便利な格安SIMカードでも、ネットスタイルの変化などによって、SIMカードを解約しなければならないことも出てきますよね。それでは、YAMADA SIMカードが必要でなくなってしまった場合には、どのように解約すればいいのでしょうか。
YAMADA SIMは、専用のマイページから解約の手続きを行うことができます。ただし、当月末までに解約したい場合には、20日までの申請が必要です。もしも20日を過ぎてしまうと、解約は翌月末になってしまいますので、ご注意くださいね。
まずは、YAMADA SIMの専用のマイページにログインします。ヤマダ電機の店頭や、電話による解約手続きはする必要がなく、こちらのマイページで解約手続きが完結します。店頭や電話での面倒な解約手続きがいらないのは、嬉しいポイントですよね。専用のマイページにログインしたら、電話番号など、必要事項を入力して解約手続きをしましょう。
解約手続きが完了すると、YAMADA SIMの解約手続き完了メールが届きます。メールが届いたら、内容をきちんと確認しておいてくださいね。また、解約手続きは25日までであればキャンセルすることもできるようです。キャンセルができると、間違って解約手続きをしてしまった場合や、心変わりがあった場合でも安心ですね。
解約時に、違約金や手数料が発生することは原則ありません。しかし、音声通話機能付きのSIMカードを契約していた場合、契約月を含む6ヶ月以内に解約した場合、解約の事務手数料として6000円がかかってしまうので注意してください。それ以外の場合では、解約に伴う事務手数料などがかかることはないようです。
 

7.2.解約後のSIMカードは返却が必要

toraneko21_c
さて、解約手続きが完了したあとは、SIMカードを返却しなければなりません。YAMADA SIMのSIMカードは、U-mobileサービスからのレンタルで使用しているものになります。そのため、U-mobileに返却しなければならないのです。解約手続きが完了した、翌月15日までに、返却窓口まで郵送で返却しましょう
もし、返却ができなかった場合や、SIMカードの破損・紛失などの場合、SIMカード1枚につき2000円の損害金が発生しますのでご注意ください。うっかり破棄してしまった!といったことがないように、解約手続きの完了メールには、しっかり目を通しておいてくださいね。
また、YAMADA SIM plusの場合は、サービスの提供会社がFREETELという会社になって、解約手続きが異なります。YAMADA SIM plusの場合は、マイページでの解約手続きの後、解約完了メールが届いたら、SIMカードはそのまま破棄してかまいません。返却する必要がありませんので、YAMADA SIMよりも解約手続きが簡単になっています。
解約する時のことまで考えても、YAMADA SIM plusがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
高速通信の安定した品質や、大手キャリアと比べた時の圧倒的な安さなど、YAMADA SIMの魅力についてお分かりいただけたのではないでしょうか。YAMADA SIMは、今までの格安スマホや格安SIMを使ったことがない方でも、使い放題プランや柔軟な料金プランなど、使いやすい工夫がたくさんなされていましたね。とくに、柔軟な料金プランは、大手キャリアとも遜色なく、自分にピッタリの料金プランを見つけることができます。
YAMADA SIMとYAMADA SIM plusでサービスの提供会社が違うという点は少し難しく感じるかもしれませんが、サービスの内容の違いを見れば簡単です。とくに理由がないのであれば、YAMADA SIM plusのほうがお得ですよ。YAMADAポイントがたまりますし、その上、料金面や高速通信品質においても、YAMADA SIMよりも優っています。
どちらもヤマダ電機の店頭で契約できるので、店頭を訪れた際は、ぜひチェックしてみてくださいね。また、ヤマダ電機のインターネットサイトからも購入ができるようです。
高速通信を、安く手軽に。キャッチコピーに違わない利用をすることができるYAMADA SIM。初めての格安SIMカードにいかがでしょうか。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.