iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

zenfone3のレビュー特集!ゲームから音楽、写メまでバッチリ

投稿日:

スマホを買い替える時って、迷いますよね。
どの機種にしようかな…?やっぱり価格?
それとも機能優先?友だちと同じのにする…なんてのもアリですね。
1台3万円とかするものですから当然です。

長く使うものだし、毎日使うものだから、ストレスを感じないように
サクサク動いてくれる方がいいなぁ…。
大画面で見やすい方がいいな…。
お気に入りのゲームがスイスイできたり、
写真撮影とか動画とか画面がきれいな方がいいな…
音楽もいい音で聴きたい…
考えれば考える程、あれもこれもできた方がいいなぁ…なんて
欲張りになっちゃいますよね。
ASUS社のzenfone3ならそんな贅沢な望みが全部かなっちゃいますよ~。
スマホを買い替える人も初めてスマホを使う人も
zenfone3なら大満足間違いなしです。
目次
1.ここが見逃せないzenfone3
1-1.抜群にキレイ!写真も動画も!
1-2.快適!ゲームも音楽も
1-3.これはすごい!2枚のSIMが使える
1-4.セキュリティも安全、指紋認証
2.要チェック!色々なzenfone3のレビュー
2-1.ちょっと大きめ5.2インチ
2-2.更に大きめ5.5インチ
2-3.なんと外国製も!台湾版のzenfone3
3.zenfone3いろんな携帯会社のレビュー
3-1.まずはzenfone3とドコモ
3-2.ここもOK!zenfone3とau
3-3.忘れちゃいけない!softbank
3-4.やっぱりココ!格安SIM各社
4.気になるzenfone3の価格レビュー
4-1.zenfone3、コスパの高い通常価格と最安価格
4-2.こんなキャンペーン価格も
4-3.zenfone3こんな所でも買える!
5.zenfone3写メに自撮りに大活躍
5-1.zenfone3早っ。0.03秒オートフォーカス
5-2.高画質zenfone3!1600万画素
5-3.クッキリ映ります。手ぶれ補正でぶれ知らず
6.ゲームと音楽もzenfone3でラクラク
6-1.zenfone3なら高音質ハイレゾ対応
6-2.5つのスピーカーで高音質
6-3.zenfone3ならポケモンもデレステも
7.もっと詳しくzenfone3の便利機能
7-1.セキュリティ万全!指紋認証
7-2.レアな機能!デュアルSIM
7-3.保存も多機能!スマホとクラウド
8.zenfone3揃えたいアクセサリー
8-1.あると安心モバイルバッテリー
8-2.着替えてオシャレバックカバー
8-3.付けて安心保護ガラス
9.やっぱり強力!zenfone3の純正アクセサリー
9-1.Zen Ear S(ハイレゾ対応イヤホン)
9-2.ASUS ZenPower Max
9-3.ViewFlipCoverなどのケース
9-4.自撮棒「善太郎」
9-5.zenfone3の取扱説明書が見当たらない?
まとめ

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

ここが見逃せないzenfone3

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_m
zenfone3はネットで見かける感想もハイスペックなスマホという感想や評価がとても多いです。
写真や動画などのカメラ機能がキレイ、音がキレイ、デュアルSIMが使える、i-phoneなどのように指紋認証が使えるなどコストパフォーマンスの高い機能がそろっています。

抜群にキレイ!写真も動画も!

zenfone3はカメラの性能もスゴイ!デジカメ並みの1600万画素のカメラを搭載しています。インカメラも800万画素なので自撮り写真もキレイに撮ることができます。
また、動画もハイビジョンよりも画質のいい4Kの高画質動画にも対応しているので、細かいところもクッキリと映ります。

快適!ゲームも音楽も

スマホを使う場合、写真やメール以外にもゲームをしたり、音楽プレイヤーの様に使ったり、といった趣味に使うことも多いものです。
zenfone3はスマホの中堅機でありながら、3Dのスマホゲームや音質の良いハイレゾ音源に対応するなどコストパフォーマンスの良いスマートフォンです。

これはすごい!2枚のSIMが使える

zenfone3は2枚の別々おSIMカードを入れて使うことができます。
しかも、その2枚を切り替えることなく、同時に使えるので、仕事やプライベートなどでスマホを使い分けたいなどという場合にとても重宝します。
また、スマホの使用の場面に応じて安いSIMカードを切り替えて使用するなどおトクに使うこともできますね。

セキュリティも安全、指紋認証

zenfone3には指紋認証機能がついているのでセキュリティもバッチリです。
しかも他の機種では指紋認証のセンサーは画面の側についていたり、指をタッチする方向も決まっているものが多いですが、zenfone3では360°どの方向からセンサーに指を合わせても認識してくれるのでロックの解除もスピーディーです。
センサーの位置も背面にあるのでスマホを自然に手に持ちながらロックの解除をすることができますね。

要チェック!色々なzenfone3のレビュー

0d0c4723bcf43a22d37bbf2687a1281a_m
日本国内で販売されているzenfone3には5.2インチのサイズと5.5インチの二つのサイズがあります。
また、外国向けに販売されているタイプもありますので、どの機種もハイスペックですので、自分の用途や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

ちょっと大きめ5.2インチ

日本の国内で販売されているzenfone3の基本的なタイプがこの5.2インチのスマホです。
パールホワイト、サファイアブラックの2色に新たにクリスタルゴールド加わり、3色のラインナップから選べるようになっています。良く見かける5インチサイズのスマホよりも一回り大きいサイズになっています。

更に大きめ5.5インチ

5.2インチのzenfone3より更に一回り大きくした5.5インチのタイプもあります。本体の色はパールホワイトとサファイアブラックから選ぶことができます。
5.2インチのzenfone3と比べるとCPUやカメラの性能などは同じですが、本体のメモリが3GBから4GBへ、保存容量が32GBから64GBへ、バッテリーの容量が2,650mAhから3,000mAhへとグレードアップしています。
5.2インチのzenfone3もハイスペックモデルですが、それよりも少しだけ電池が長持ちでラクラク使えるタイプになっています。

なんと外国製も!台湾版のzenfone3

zenfone3には台湾や米国で販売されているタイプもあります。こちらは5.2インチの大きさになりますが、国内で販売されているものよりも安く手に入ります。
しかし、購入時に中国語のフォントが設定されているため、日本語の環境にするためには一度全てを抹消して登録し直す必要があります。
また、サポートも日本語ではありません。しかし、中身自体は日本の国内で販売されているzenfone3と変わらないものですので、設定方法に詳しかったり、外国語に堪能な場合にはおすすめです。

zenfone3いろんな携帯会社のレビュー

604d453e1ff0091d9e3daee1b43a2fc8_m
zenfone3は色々な懈怠電話会社や通信会社のSIMを使うことができます。
お気に入りの会社1社で使ってもいいですが、先程ご紹介したデュアルSIM機能を使うことで複数の会社のSIMカードを使うことが可能になるなど、他のスマホよりも幅広い使い方ができるでしょう。

まずはzenfone3とドコモ

zenfone3はdocomoでの使用はもちろんのこと、VoLTE(ボルテ)と呼ばれるの通信サービスにも対応しています。
VoLTE(ボルテ)とはVoice over LTEの略で高速でデータの送信を行うデータ通信の方式であるLTEという方法を音声での通話にも応用したものです。
従来お電話は掛けてから繋がるまでに6秒から9秒程度の時間が必要でしたが、VoLTEを使うことで3秒ほどでつながるようになります。

ここもOK!zenfone3とau

zenfone3はauの回線でも使用することができます。また、auではdocomoと同じように音声通話にVoLTE(ボルテ)という方式を取り入れています。
zenfone3はauのVoLTEにも対応しているので、ストレスのない音声通話を楽しむことができます。

忘れちゃいけない!softbank

zenfone3はsoftbankでも問題なく使うことができます。
ソフトバンクで使う場合にはそのままの契約で使用してもいいですが、zenfone3のデュアルスタンバイ機能を活用することで月々のスマホ代を節約できます。
音声通話のかけ放題プランをsoftbankのSIMカードを使い、ネットやメール、ゲームや音楽などで使うデータ用のSIMを他社の格安SIMカードを使用することで月々のスマホ使用料を減らすことが可能です。

やっぱりココ!格安SIM各社

月々のスマホ料金を節約したい人にはこの格安SIMの会社は外せないのではないでしょうか?
スマホの使用では通話の使用よりもメールのやり取りや動画の視聴、音楽のダウンロードやネットの利用などデータ通信を多く利用する人も少なくないでしょう。
zenfone3は2枚のSIMカードを使うことのできるデュアルスタンバイ機能があるので、データ通信専用のSIMカードを格安SIMの会社にすることで通信料金を抑えることができます。
ネットも動画もゲームもそこそこ使う、という場合には3GBほどのプランであれば、各社共月々1,000円程度でデータ専用のプランを用意しています。
多めに使う場合には2,000円前後で5GB~6GB位のプランが、3,000程で10GBのプランを選ぶことができます。

気になるzenfone3の価格レビュー

a9cc41e315d7c2e14c2f295bba80439d_m
zenfone3は高い性能や使いやすさの割に低価格です。
しかし、ネットを検索して探してみると公式のサイトや格安SIMの通信会社など様々なキャンペーンを見つけることができます。
本体の割引キャンペーンであったり、付属品の格安キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンであったりとさまざまですが、購入予算やキャンペーンの特典を比べてみて必要なものを選んで購入しましょう。

zenfone3、コスパの高い通常価格と最安価格

zenfone3は通常価格が税別で、5.2インチが39,800円、5.5インチタイプが55,800円です。
価格.comで検索すると37,000円~38,000円での金額で購入することができるようです。
しかし、もし本体とSIMカードを同時に購入することを考えているのであれば、格安SIM会社のキャッシュバックキャンペーンなどを利用すると良いでしょう。
キャッシュバックなどで実質2万円以下での購入が可能な場合もあります。

こんなキャンペーン価格も

ネットで「zenfone3 キャンペーン」と検索をするとzenfone3の色々なキャンペーンを見つけることができます。
ASUSのzenfone3の公式サイトでは純正アクセサリーのキャンペーンを見かけました。
プロバイダーのニフティが展開している約安SIMサービスのNifmo(ニフモ)では「zenfone3 新色登場 20,000円キャッシュバックキャンペーン」が行われていました。
他にも楽天モバイルやUQモバイルなど各社でキャンペーンが行われているようです。季節ごとに他のキャンペーンなども開催されるかもしれませんね。
また、価格.comなどのサイトでも格安キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンなどが開かれることがありますので、購入を考える際には忘れずにチェックすることをおすすめします。

zenfone3こんな所でも買える!

zenfone3は色々な所で買えます。
ASUSの公式ショップなどのネット通販の他、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店で購入することができます。
また、docomoやauなどの携帯電話キャリア会社のショップでSIMカードと一緒に購入する方法、ネットで格安SIMのサイトで購入する方法、Amazonや楽天、価格.comなどのネットショップで購入することができます。
他にも、メルカリなどのフリマアプリなどで購入したという声もネットで見かけるので、ネットオークションのサイトなどで購入するのも良いのではないでしょうか。

zenfone3写メに自撮りに大活躍

84d48ae58be81ace5f00db1a34d88593_m
zenfone3はカメラ機能も大満足のハイスペックを備えています。0.03秒の高速オートフォーカスや1600万画素の高解像度、手ぶれ補正機能搭載など、デジカメ並みの機能をそろえています。

zenfone3早っ。0.03秒オートフォーカス

zenfone3は前機種のzenfone2の頃からレーザーを使用したオートフォーカスを取り入れていました。
今回のzenfone3では、その機能が更にアップしています。0.03秒という瞬きよりも早いスピードでカメラのフォーカスを合わせることができるようになっています。

高画質zenfone3!1600万画素

zenfone3に搭載されているカメラの画素数は外側にあるアウトカメラが1600万画素と高解像度のスペックになっています。
これはデジカメ並みの細かい映像をとることが可能です。また、インカメラも800万画素と高画質になっています。スマホの入門機などではアウトカメラで800万画素程度という機種も数多く存在します。

クッキリ映ります。手ぶれ補正でぶれ知らず

zenfone3には手ぶれ補正機能がついています。
写真には8方向の手ぶれを感知するOISという機能が、動画には6方向の手ぶれを電子的に感知するEISという別々な機能が使われています。
どちらもタテヨコ斜め色々な方向の動きを感知するセンサーなので手ぶれを細かく検知して修正することができます。
デジカメの様に動く被写体も追いかけてフォーカスを合わせることができるのでより撮影の幅が広がりますし、手軽に楽しく撮影することができます。

ゲームと音楽もzenfone3でラクラク

3aca1ad520b2459b9b28d57269893559_m
今やスマホはゲーム機や音楽プレイヤーとして使用する人も多くなりました。得に携帯ゲームはスマホでしか遊べないゲームも数多く存在します。
そうした趣味に使う場合には良い音できれいな画面がサクサク動くことがストレスなく楽しむために大切になってきます。zenfone3はそうした基本的な処理速度や音へのこだわりもしっかりとしています。

zenfone3なら高音質ハイレゾ対応

zenfone3は音質もこだわりがあり、高音質のハイレゾ方式に対応しています。ハイレゾ音源とはCDの4倍という高音質の音を聞くことができる規格のことです。
人ごみの中や外出中でzenfone3を使用する場合にはハイレゾ対応のイヤフォンを使うことで周りに迷惑をかけることなく更に臨場感の高い音を楽しむことができます。

5つのスピーカーで高音質

zenfone3にはスピーカーも5つ内蔵されているので、そのままでも高音質の音を楽しむことができます。ゲームの効果音やサウンドなどの魅力も十分引き出すことができますね。

zenfone3ならポケモンもデレステも

zenfone3はQualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコアCPU)というデータ処理のチップを搭載しています。
スマホの入門機などと比べると圧倒的に速い処理が可能なので、3Dグラフィックを使用したデレステなどのゲームやAR技術を使ったポケモンGOなどの人気のゲームでもサクサク遊ぶことができます。

もっと詳しくzenfone3の便利機能

9d78cd47d3800e06e1860a32ae764b15_m
zenfone3にはi-phoneのユーザーにはおなじみの指紋認証やSIMカードの使い分けが可能なデュアルSIM、データのクラウド保存など色々な便利機能が備わっています。

セキュリティ万全!指紋認証

zenfone3の指紋認証は最初に解説した通り、360°どの方向からでもセンサーが感知してくれたり、指紋認証のセンサーが本体の裏面についているので操作しやすい作りになっています。
他にも、画面が暗く消灯している状態から指紋認証で復帰することができたり、指紋認証にジェスチャーを割り当てることができる機能もあります。
また、5つの指紋まで登録することができるので、例えば右手の人さし指を端末のスリープ解除に左手の人さし指を着信の応答に使う…といった使い分けもできます。
他にも指紋認証のセンサーははカメラの起動や写真の撮影のスイッチとして設定することも可能ですので、片手でカメラ起動と写真撮影をすばやく行うことが可能です。
指紋認証へのイメージがi-phone5Sなどの頃でストップしている人には革新的な機能ですね。

レアな機能!デュアルSIM

zenfone3はデュアルSIM対応のスマホです。デュアルSIMとは2枚のSIMカードをさして使えるということです。
これまでの他社のスマホでもデュアルSIM対応のものはありましたが、どちらか一方のSIMカードしか使用できない場合がほとんどです。
設定で2枚のSIMカードを切り替えて使う…といった使い方をしていたのですが、zenfone3では同時に使用することが可能です。
docomo、au、softbankの3台キャリアの音声定額付きのSIMカードとUQmobileや楽天モバイルなどの格安SIM携帯会社のデータ専用SIMカードを同時に挿入してつかうこともできます。
通話はキャリアのSIMカードで、ゲームやネットなどのデータは格安SIMのカードで…といったコスト重視の使い方がこの方法です。
また、仕事用のSIMカードとプライベート用のSIMカードをさして、使い分ける…などの使い方ができるのです。
今までは仕事用とプライベート用の2台のスマホを持っていた人もzenfone3なら1台あれば使い分けが可能になるのです。
注意点としては挿入できるSIMカードの大きさがmicroSIMカードが1枚とnanoSIMカードが1枚になるということです。2枚ともmicroSIMカードにしてしまわない様にしましょう。

保存も多機能!スマホとクラウド

zenfone3を購入すると、インターネット上に保存することのできるクラウドストレージの「Google Drive」 100GB分が2年間無料で使うことができます。
zenfone3の記録スペースが32GBですから、ざっとその3倍の容量を2年間無料で使うことができるのです。
通常、Google Driveの100GBの容量は月々250円かかるため、2年間だと6,000円分の得をすることになります。データをスマホ本体に保存するかGoogle Driveに保存するかは設定することができます。

zenfone3揃えたいアクセサリー

c8c475e80fccf27c451e25bfe1f2a158_m
zenfone3をもっと楽しむためには、色々な周辺アクセサリーをそろえることをおススメします。
バッテリーの使い過ぎも安心なモバイルバッテリーや気分によってzenfone3を着せ替えして使いたいときの予備ケース、うっかりぶつけてしまっても液晶画面を守る保護フィルムや保護ガラスなどです。

あると安心モバイルバッテリー

zenfone3の電池容量は2,650mAhで連続待受時間 が3Gで約434時間 、連続通話時間 は3Gで約1,637分となっています。当然ゲームや動画の閲覧などを行うと短くなります。
長時間の動画の視聴を行ったり、キャンプなど充電設備のない場所に行く場合などにはモバイルバッテリーがあるととても安心ですね。
最近は10,000mAh以上の大容量のモバイルバッテリーが発売されているので、そうしたものであれば、zenfone3のフル充電を3~4回行うことができます。
また、最近のモバイルバッテリーや同時に2台の充電やAndroidとi-phoneを同時に充電するおとができる大容量バッテリーなどもありますので、お友達と仲良く充電をすることも可能です。

着替えてオシャレバックカバー

zenfone3には5.5インチと5.2インチの2つのタイプがありますが、どちらの大きさにも各社から色々なケースが販売されています。
zenfone3のカメラ部分は横から見るとわずかですが出っ張りがあります。そうした部分を保護する為にもスマホを覆うバックカバーは必需品と言えるでしょう。
ハードケースや表紙を閉じることができる手帳型ケースなど様々なタイプがあります。好みの色や材質、形を選んでいくつか手元に用意しておくと、着せかえて使うことができますね。

付けて安心保護ガラス

zenfone3に限らず、スマホをうっかりぶつけてしまったり、カバンの中に入れておいて鍵など他のアイテムとぶつかって傷がついてしまうことや画面が割れてしまうことがありますね。
そうしたことを防ぐためにもバックカバーとセットで用意したいのが保護ガラスや保護フィルムです。大きさもzenfone3の各サイズに合わせたものが販売されています。
保護フィルムも販売されていますが、強度の点からみると保護ガラスの方が良いでしょう。
また、保護ガラスを選ぶ時にチェックしたいのが、目に影響があるとされるブルーライトをカットしてくれるかどうかです。できるだけカット率に高いもので、クリアーな色のものを選ぶと良いでしょう。

やっぱり強力!zenfone3の純正アクセサリー

cfba05abcf6fb16b38ad403701e09558_m
スマホの周辺アクセサリーを購入する時にチェックしておきたいものの一つが純正アクセサリーです。その機種に合わせて作られているので、安心感が違いますね。また、使い勝手がケタ違いにいい、というメリットもあります。いつくかご紹介します。

Zen Ear S(ハイレゾ対応イヤホン)

zenfone3はハイレゾ音源対応のスマホなのは先程も述べた通りです。。ハイレゾ音源の音楽は専用の音楽のダウンロードサイトで購入することが可能です。
外出時にスマホで音楽を聴くときに必要なのがイヤホン。しかし、せっかくの高音質のハイレゾ音源の音楽でも、ハイレゾの音源の幅広い周波数に対応したイヤホンでなければ、音源の音を忠実に聴くことができません。
zenfone3の純正アクセサリーには、ハイレゾ音源に対応したZen Ear Sはハイレゾというイヤホンがラインナップされています。zenfone3で音楽を楽しむ場合に用意したいアイテムです。
 

ASUS ZenPower Max

ZenPower MaxはASUSの純正のモバイルバッテリーです。バッテリーの容量は何と26,800mAhという大容量です。
5.2インチのzenfone3が2,650mAhですから、その10倍の容量になりますね。スマホだけでなくノートPCにも充電が可能になっています。zenfone3と一緒いお^とパソコンも持ち歩く人にはとても重宝するアイテムですね。

ViewFlipCoverなどのケース

zenfone3のカバーで人気があるのがViewFlipCoverです。手帳型のカバーケースですが、閉じても表面に空いた穴から着信の確認ができるオシャレなデザインになっています。
また、他にも何色かある本体の色を活かせる透明なクリアーケースも純正アクセサリーで用意されています。

自撮棒「善太郎」

zenfone3の純正アクセサリーの中で、番外編として紹介したいのが、自撮棒の「善太郎」です。愛嬌のあるフクロウ(?)のキャラクターがついたカワイイ自撮棒です。
zenfoneの名前にかけた善太郎という名前がインパクトがあるので、番外編として紹介してみました。
純正アクセサリーを購入できるASUSのZenFone shopはこちらです。
http://shop.asus.co.jp/zenfone/list/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%BC/?id=13

zenfone3の取扱説明書が見当たらない?

zenfone3の公式サイトにはドライバーやツールのダウンロードやよくある質問(FAQ)などのページと一緒にマニュアルのページがあります。
しかし、ページにいっても一番上のリンクをクリックしても外国語のマニュアルが表示されてしまいます。
一瞬、日本語のマニュアルはないのかな?…と思ってしまいますが、上から6つ目ほどの所にある「バージョン J11532」という箇所をクリックすると日本語のマニュアルを手にいれることができます。
ASUSさんのページは少し分かりずらくなっているので注意が必要です。以下のアドレスがマニュアルのページになります。
取扱説明書ダウンロードページ
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-3-ZE520KL/HelpDesk_Download/

まとめ

968c2ac8f4bf2a3085decfb04dd5fb6f_m
zenfone3は、1600万画素の高解像度カメラ、デュアルSIM対応、ハイレゾ音源対応、指紋認証…などの機能の他にも、docomoやauの提供する高速音声通信方式のVoLTE(ボルテ)にも対応しているハイスペックスマホです。
写真や動画、ゲームまでストレスなく楽しめるzenfone3は4万円台での購入が可能なコストパフォーマンスの高いスマホです。更にキャンペーンなどを利用して、格安SIMとセットで購入することで2万円台での購入も可能です。
色や大きさなども自分の好みや目的に合わせて5.2インチや5.5インチから選ぶことができます。スマホが始めてのユーザーはもちろん、ゲームや動画を楽しむことの多いヘビーユーザーにも十分に楽しめるスマホであると言えるでしょう。
ネットでおトクなキャンペーン情報を探してzenfone3をおトクにゲットしてみませんか?
この記事は2017年4月の時点での情報に基づいています。価格や仕様などは変更になる可能性があります。購入を考える際にはご確認することをおすすめします。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更
-,

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.