iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

Zenpad7.0(Z370KL)のスペックや評判・評価また他の格安スマホとの比較等についてまとめました。

投稿日:

Zenpad7.0(Z370KL)の格安スマホについてご存知でしょうか?

今回は、Zenpad7.0(Z370KL)に関するスペックや評価・評判またその他の格安スマホとの比較等についてまとめました。今後、キャリアから格安SIMと格安スマホの併用に乗り換える方には、必見の内容となっています。是非とも、ご利用前にご一読ください。
a56a1d6a227a4d7df2c64017ca2b65de_m

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

⒈Zenpad7.0(Z370KL)の評判は?
⒈1Zenpad7.0(Z370KL)の評判について
⒈2Zenpad7.0(Z370KL)の良い評判
⒈3Zenpad7.0(Z370KL)の悪い評判
⒉Zenpad7.0(Z370KL)と他の格安スマホとの比較
⒉1多くの人にとって最適で最高の格安タブレット
⒊Zenpad7.0(Z370KL)の購入方法
⒊1Amazon
⒊2価格.com
⒋Zenpad7.0(Z370KL)におすすめの格安SIMはどれ?
⒋1 楽天モバイル
⒋2 mineo(ドコモプラン)
⒋3 UQ mobile
⒋4 DMM mobile
⒌Zenpad7.0(Z370KL)と格安SIMの設定の仕方
⒌1Zenpad7.0(Z370KL)と格安SIMの設定の仕方について
⒌2APNの設定について
⒌3 Googleアカウントの設定はどうするの?
⒍Zenpad7.0(Z370KL)の注意点とは?
⒍1Zenpad7.0(Z370KL)の注意点について
⒎Zenpad7.0(Z370KL)のスペックとは?
⒎1Zenpad7.0(Z370KL)のスペックについて
⒏まとめ

⒈Zenpad7.0(Z370KL)の評判は?

9801827f9c6d0f768ee87df19af9501a_m

⒈1Zenpad7.0(Z370KL)の評判について

ZenPad 7.0 (Z370KL)は税込2万2000円程度で買えて、ドコモ系の格安SIMでもau系の格安SIMでも使える7インチタブレットです。2016年6月までは格安タブレットで一番売れていましたが、2016年7月にMediaPad T2 7.0 Proが発売されてMediaPad T2 7.0 Proが格安タブレットで一番人気になりました。
9d2aa8bb9bc4b3bcc2f226051c467557_m
ZenPad 7.0 (Z370KL)の価格に3000円程度加えるだけで、性能が数段良くなるMediaPad T2 7.0 Proを購入することができます。タブレットを使ってみたいなーと思っている場合は、以前はとりあえずZenPad 7.0を選んでおいて後悔はなかったのですが、これからは基本的にMediaPad T2 7.0 Proを選ぶのが一番無難で最適な選択になります。
17975458a1ef4d5f7d0adff88fd45509_s
ZenPad 7.0 (Z370KL)に関しては、ゲーム性能はよくないのでゲームが好きな人以外におすすめです。ドコモ系の格安SIMなら音声通話機能も使えるので、でかい格安スマホとしても使うことができます。5.5インチの格安スマホでも老眼で厳しい場合に、MediaPad T2 7.0 Proに次いでZenPad 7.0 (Z370KL)もおすすめの選択肢になります。

⒈2Zenpad7.0(Z370KL)の良い評判

Zenpad7.0(Z370KL)の良い評判としてここでは、良い意見をまとめてます。
①フセカさんの意見

【デザイン】
シンプルでクラッチバッグのような質感は安さを感じさせませんね。さすがASUSです
【処理速度】
ここが弱点かと。1.2のクアッドですのでゲームなどには向きません。ブラウザなど常用としては充分なスペックではありますがサクサク使いたい人には向かないと思います。
【入力機能】
他のソフトを入れたため無評価で

151556a9ed63d1a5dbf53914045d4a4d_s

【携帯性】
7インチなだけあってコンパクトですね。ポケットに突っ込んで出先でサッと出せる大きさなのでちょうどいいです。
【バッテリ】
やや持ちが悪いです。普通に使っててもギリギリ…使い方によっては半日ぐらいしか持たないかも知れません
【液晶】
ドットの荒さが目に見える程悪いです。私は気になる程ではないので星三つで
【付属ソフト】
ビジネスでもプライベートでも役に立つ便利機能が満載ですがストレージを圧迫しない親切設計で満足しています
【総評】
使い方次第で満足、不満足が分かれる機種になりますね。用途をしっかり確かめて購入するといいでしょう。2万ぐらいでSIMフリータブレットが持てる点としてはコストパフォーマンスは高いと思います。ちなみに、6.0.1へアップデートが配布されていますが更新する事をオススメします。気持ちレスポンスが良くなりました

girl-1245713_960_720
②ソニ二郎さんの意見

【デザイン】
悪くないです。ただし、あー中国系の好みというかデザイン像なんだなと思います。
【処理速度】
普通です。安いモデルなので最低限のことのみで十分です。
自分の環境が悪いのかWifiのつかみが二年前のMemoPadより悪いです。
【入力機能】
標準設定だと違和感を覚えますが、設定で変えられるので普通です。
【携帯性】
やや重いですが不満ではありません。

8ef4cf32fb707e1d3a88f6b1c23291f1_s

【バッテリ】
問題なし。
【液晶】
粗い解像度をうまく処理して誤魔化してます。
【付属ソフト】
ASUS製のアプリが沢山。使いません。
【総評】
もはや百均で便利グッズを買ったとき程の買った喜びすらありません。
本当にただのタブレット。
しかし、ただのタブレットが必要だったので買いました。

引用元:http://review.kakaku.com/review/J0000018097/
happy-1786171_960_720

⒈3Zenpad7.0(Z370KL)の悪い評判

ここでは、Zenpad7.0(Z370KL)の悪い評判をまとめています。
①パンダさんの意見

触ってない時に液晶の内部から割れが発生。外部割れならまだ分かるが・・・。ASUSJananサポートセンターに取り合ってもらえず・・・。要するになおしたきゃ金払えの1点のみ言ってくる。修理料金約8000円也。BNT-71Wが、もうちょっとで購入出来る修理料金です。
この製品買って3ヶ月ぐらいで、すぐぶっ壊れました。同じ中国製なら現時点で評価の良いファーウェイの方が良いと思う。触ってすぐ壊れるような物作るなよ!ASUS!買うのをお奨めしません。

yuka0I9A1561_8_TP_V1
②甲子園さんの意見

使用から2か月でスリープ状態から起動しなくなり、全く電源が入らない状態になりました。サポートとチャットでやり取りをして、HDDの故障と思われるため修理が必要と言われ送った。チャットの担当者の名前から、サポートは中国か台湾にあるらしく、やり取りはかなりイライラします。
修理に出して1週間後に途中経過を聞くために連絡したら、問題が再現できないためと放置されていた。機械ものなので当り外れがあるのは分かるが、サポートや修理の対応はやっぱり最悪です。

引用元:http://review.kakaku.com/review/J0000018097/

⒉Zenpad7.0(Z370KL)と他の格安スマホとの比較

DD0I9A8296_TP_V1

⒉1多くの人にとって最適で最高の格安タブレット

初めてのタブレットや、老眼で小さい文字が厳しい人に、ZenPad 7.0 (Z370KL)が最適でした。普通の人には必要十分な性能があるのが、ZenPad 7.0 (Z370KL)です。必要十分というのは少し大げさで、実際はもう少しだけ機敏に動いてくれると良いなと思うけど、まぁ普通には使えるというのがZenPad 7.0 (Z370KL)です。
JK92_hohohiji20150222103753_TP_V1
7インチタブレットなので軽くて片手でも持ちやすいです。価格も税込2万3000円くらいでそこそこ手軽な価格帯です。画質は若干低画質ですが、文句を言うほどでもない。ゲーム性能が低すぎるので3Dゲームはできないけど、一般的なゲーム、パズドラ、モンスト、ツムツムくらいならできます。
YK0I9A6202_TP_V1
音声通話機能にも対応しているので、ドコモ系の格安SIMの通話SIMで、携帯電話へ電話をかけることもできます。LINEやツイッター、Facebook、Youtube、Web閲覧などなど、普通に使えます。3Dゲームをしなければ、ZenPad 7.0 (Z370KL)で十分です。ZenPad 7.0 (Z370KL)はSIMフリーの格安タブレットの中で一番売れていました、MediaPad T2 7.0 Proが発売されるまでは。

⒊Zenpad7.0(Z370KL)の購入方法

55337c42ccf2e940fe96d593a233271a_s

⒊1Amazon

AmazonでのZenpad7.0(Z370KL)の販売価格は、22551円と成っています。最近Amazonでは、配達に関する問題が取り上げられていますが、それでも購入から配達までの対応の良さには変わりなく行われています。安定のAmazonで購入するのもありです。
参照元:https://www.amazon.co.jp/ZenPad7-TABLET-Android-Snapdragon-Z370KL-WH16/dp/B019O1F5TG

⒊2価格.com

価格.comでのZenpad7.0(Z370KL)販売価格は、SIMフリーで18779円と成っています。色のバリエーションが豊富に販売されており購入するならここがおすすめかもしれません。
参照元:http://kakaku.com/item/K0000841880/

⒋Zenpad7.0(Z370KL)におすすめの格安SIMはどれ?

b44c4c41a38f4f94e37abdb0a06ad6fc_s

⒋1 楽天モバイル

楽天市場を使う人なら楽天モバイルが一番良い格安SIMです。通話SIMを申し込んだ場合は楽天市場ので買い物でもらえるポイントがずーと2倍になります。実際に出る通信速度は遅めです。月初無料です。
参照元:https://mobile.rakuten.co.jp/?sclid=a_service&trflg=1

⒋2 mineo(ドコモプラン)

通信速度は平凡ですが、家族割引やパケットシェア、パケットギフトなど、家族みんなで解約する場合に割安に使えるオプションが用意されています。複数人で使う場合におすすめの格安SIMです。
参照元:http://mineo.jp/lp/lp_17.html?cid=LGPC003NAMW00100010081085170123&ef_id=V6BowAAABB2VSq69:20170318001209:s
545839fda1b5dea4e1c8b9fbbcb03114_m

⒋3 UQ mobile

全ての格安SIMの中で一番速度が出て安定しているがUQ mobileの格安SIMです。月3GBのデータ量がちょうど良い場合はUQ mobileを強くおすすめします。その他、月額1980円の無制限プランなら毎日動画を3時間くらい見ることができるプランになっています。
参照元:http://www.uqwimax.jp/beginner/mobile/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=mobile_A1_uqm

⒋4 DMM mobile

データ量の選択が豊富で月額料金も最安値レベルです。キャンペーンなどをおこなわないので、実質的には最安値にはならないのですが、通信速度も速くバースト機能もできます。
参照元:http://www.dmm.com/pr/mvno/002?gclid=CjwKEAjwkq7GBRDun9iu2JjyhmsSJADHCD_HmK1Q7b7LryFSHSNgJZNwkHhkaTEuNJWHi1CHZ3jLlBoCnqXw_wcB

⒌Zenpad7.0(Z370KL)と格安SIMの設定の仕方

970bdcb9276f69b900eeeedb883e7d9c_m

⒌1Zenpad7.0(Z370KL)と格安SIMの設定の仕方について

ここではZenPad 7.0 (Z370KL)と格安SIMの設定の仕方を説明します。格安SIMは今回は楽天モバイルを使いますが、別にどの格安SIMでもやり方は同じです。以下手順になりますのでご参照ください。
①格安SIMカードを挿入するために、カバーを外します。カバーは若干外れにくくなっています。思いっきりやってしまいましょう。
②格安SIMカードを挿入しているところ。これを奥まで押し込みます。これで準備完了です。タブレットの電源を入れます。
③電源を入れた時の最初の画面にします。次に右矢印ボタンをタップします。
01ebe733defb76947ccb6c9344433eb6_m
④モバイルネットワークとWi-Fiを選択して、右矢印ボタンをタップします。
⑤Wi-Fiの設定をする場合はしてください。今回はスキップします。後からでもできます。画面にある右矢印ボタンをタップします。
⑥次の画面に表示されるGoogleアカウントは後で設定するので、今回はスキップします。
⑦名前を入力することができますが、面倒なので入力せずに、右矢印ボタンをタップします。
⑧画面ロックの設定をすることができます。これは、タブレットの起動時や画面の復帰時にパスワードを要求する設定です。今回はスキップします。後からでも設定できます。右矢印ボタンをタップします。
6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s
⑨次の画面で、端末保護機能うんぬんで文句を言われます。無視してスキップします。Googleサービスのチェックをすべて外して次へ進みます。
⑩ASUS製品の登録なんて面倒なので、無視して右矢印ボタンをタップします。次に、ネットワーク設定は後でやるので、キャンセルをタップします。また、データの自動同期はチェックしたままでもいいです。これを外すと、メール来た時に通知してくれなくなります。とりあえず右矢印ボタンをタップします。
日時の設定はそのままで、右矢印ボタンをタップします。そして、Google Driveプロモーションはとりあえず無視して、右矢印ボタンをタップします。後からでももらえます。また、Data Transferをスキップするにして、右矢印ボタンをタップします。これで最初の設定は完了です。

⒌2APNの設定について

APNの設定をすることで、インターネットにつながるようになります。格安SIMによっては、APNの設定をしなくても自動的に認識してAPNの設定をしなくてもいい場合があります。
YUKA862_mobile15185035_TP_V
ZenPad 7.0 (Z370KL)から
設定 → もっと見る → モバイルネットワーク → アクセスポイント名 → 楽天モバイルBを選択する
楽天モバイルの格安SIMの場合、楽天モバイルを2015年10月5日以前に契約した場合は楽天モバイルAを選びます。2015年10月6日以降に契約した場合は、楽天モバイルBを選択します。その他の大抵の格安SIMはリストにあります。UQ mobileで試した場合は、リストが一つも表示されないのでUQ mobileのAPNを追加してあげる必要があります。
N112_sumahodeyorokobu_TP_V
【アクセスポイントを追加する方法】
設定 → もっと見る → モバイルネットワーク → アクセスポイント名 → 右上のプラスマークをタップする
(下記はUQ mobileの例です。各格安SIMのAPNの設定項目に従って入力してください)
名前: UQ mobile
APN: uqmobile.jp
ユーザー名: uq@uqmobile.jp
パスワード: uq
認証タイプ: PAPまたはCHAP
MCC: 440
MNC: 50
tsuru_syouganaina-_TP_V
全て入力したら右上の三点マークをタップして保存します。これでAPNの設定は完了です。もしこれで数分しても”H”や”4G”と表示されない場合は、電波の良さそうな窓際に行って、スマホを再起動してみてください。

⒌3 Googleアカウントの設定はどうするの?

アプリをダウンロードしたりGmailでメールを送受信するには、Googleアカウントの設定をする必要があります。まだGoogleでGmailアカウントを取得していない場合は、Gmailアカウントを取ってください。
【Gmail】
Gmailのアカウントを作ると、Googleアカウントとして使えます。
設定 → アカウント → アカウントを追加 → Google → Gmailのメールアドレスとパスワードを入力してGoogleアカウントを追加します。
これが終われば、Playストアからアプリのダウンロードとインストールができるようになります。

⒍Zenpad7.0(Z370KL)の注意点とは?

SAYA160312170I9A3708_TP_V

⒍1Zenpad7.0(Z370KL)の注意点について

良くも悪くもエントリースペックです。まず、3Dゲームは諦めましょう。また、ホーム画面のスワイプやWEB閲覧等の軽い操作も場合によってはカクツキやモッサリを感じ取るかと。
実物を触ってからの検討をおすすめする端末ですが、同一端末がない場合は「Android5.1/Snapdragon210/メモリ2GB/画面解像度1280×800(画面サイズは関係ない)」のタブレットやスマートフォンで動作を擬似体験できます。
IMARIC20160805210023_TP_V
スマホやタブレットはSoC、メモリ、画面解像度で基本動作に関する性能が決まるので、その部分だけ合致した他の製品でも似たような挙動を体感できます。格安SIMを挿してテザリング機としても活用できるので、動画再生、WEB閲覧、電子書籍などのライトな使い方をする方は検討してみましょう。

⒎Zenpad7.0(Z370KL)のスペックとは?

girl-571808_960_720

⒎1Zenpad7.0(Z370KL)のスペックについて

Zenpad7.0(Z370KL)のスペックについては、下記のように成っています。
・CPU:クワッドコア1.2GHz(Snapdragon 210)
・GPU:Adreno 304
・RAM:2GB
・ROM:16GB
・ディスプレイ:7インチ
・解像度:1280×800
・カメラ:背面800万画素/前面200万画素
・電池容量:3450mAh
・サイズ:110.9 × 189 × 8.7mm
・重さ:268グラム
・連続待受:LTE 360時間、WCDMA 505時間
・価格:実売2万2000円程度(税込)
Android 5.1.1 Lollipop、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大128GB)、FOMAプラスエリアに対応、マイクロSIM。
5f3cd4e57e1e3347a41f563b566c12c6_m
【ZenPad 7.0 (Z370KL)の対応周波数(バンド)】
・FDD-LTE: B1/3/8/9/19/26
・TDD-LTE: B41
・W-CDMA: B1/6/8
FDD-LTEというのが日本で使われているLTEバンドです。ドコモのLTEが主に使っているバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。他にもバンド21があるのですが、超地味なので無視です。
YK0I9A6188_TP_V
バンド28は2015年から少しずつ稼働してきた新しいLTEバンドで、対応していても対応していなくてもほとんど影響はありません。バンド28は当分の間は影響はないですが、3年後くらいにあったら少し嬉しいバンドになっていそうです。バンド1、バンド3、バンド19をカバーしているのでドコモ系の格安SIMの受信は問題ないです。
au系の格安SIMが使っているLTEバンドは、Band1、Band11、Band18、Band26です。Band26はBand5,6,18,19を含んでいます。Z370KLはBand18が入っていませんが、Band26に対応しているので、Band18を使うことができます。Band11は超地味な存在なのでなくても問題ないです。
PASONAZ160306470I9A2122_TP_V
Band1とBand26に対応しているので。 au系の格安SIMの受信は問題ないです。加えて、TDD-LTEのB41にも対応しています。これはWimax 2+のバンドです。au系の格安SIMを使っていて、Wimax 2+の電波が届いている場合は、Wimax 2+の電波を掴んで通信速度が少し速くなります。
W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも3Gでデータ通信がしやすくなります。

⒏まとめ

0I9A359515032128ushishi2_TP_V
今回は、Zenpad7.0(Z370KL)のスペックや評判・評価また他の格安スマホとの比較等についてここまで解説してきました。最近は、スマホとタブレットの両方をご使用している方も多いと思われますが、その中でもおすすめがZenpad7.0(Z370KL)だということがご理解いただけたと思います。
また、これからご購入を検討されている方も是非ともZenpad7.0(Z370KL)を視野に入れてみてはいかがでしょうか。最後に、この記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.