iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

ZenPad(Z581KL)のスペックや評判・評価また他の端末との比較等についてまとめました。

投稿日:

ZenPad(Z581KL) が今タブレット端末の中で人気な理由とはいったいなんでしょうか?

今回は、ZenPad(Z581KL) に関するスペックと評価・評判等についてまとめました。数多くあるtブレット端末の中でこうも人気な理由とは果たしてどのような点にメリットがあるからなのでしょうか。ZenPad(Z581KL) を購入しようと検討されている方は、是非ともご一読ください。
DD0I9A8296_TP_V1

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

⒈ZenPad(z581kl)とは?
⒈1ZenPad(z581kl)のスペックついて
⒉ZenPad(z581kl)の評判・評価について
⒉1ZenPad(z581kl)の評価と比較
⒉2ZenPad(z581kl)評判
⒊ZenPad(z581kl)にあると便利なアクセサリーは?
⒊1保護フィルム
⒊2タブレットカバー、タブレットケース
⒊3タブレットスタンド、タブレットアーム
⒊4ACアタプタ、USB充電器
⒊5モバイルバッテリー
⒋ZenPad(z581kl)格安SIMに対応しているのか?
⒋1ZenPad(z581kl)と格安SIMについて
⒋2その他の人気タブレット
⒌ZenPad(z581kl)のレビュー・口コミ
⒌1ZenPad(z581kl)良い意見
⒌2ZenPad(z581kl)悪い意見
⒍ZenPad(z581kl)の人気おすすめカバー
⒍1ZenPad(z581kl)の人気おすすめカバーについて
⒎ZenPad(z581kl)LTE二対応しているのか?
⒎1ZenPad(z581kl)とLTEについて
⒏まとめ

⒈ZenPad(z581kl)とは?

YK0I9A6202_TP_V1

⒈1ZenPad(z581kl)のスペックついて

ZenPad 3 8.0 (Z581KL)は税込3万9800円程度で買えて、ドコモ系の格安SIM(通話SIMとデータSIM)とau系の格安SIM(データSIM)でも使える高性能な7.9インチタブレットです。また、2016年10月時点で、低価格で普通に使えるMediaPad T2 7.0 Pro(税込2万4000円くらい)と、高価格で高性能なZenPad 3が格安タブレットで人気1位と2位の座を争っています。
特にこだわりがなければ普通に使えるタブレットのMediaPad T2 7.0 Proで十分満足できますが、ゲーム性能や見た目を重視する場合で持ち歩くことが少ない場合に、ZenPad 3 8.0 (Z581KL)がオススメになります。
以下、具体的なスペックになります。
CPU:ヘキサコア1.8GHz(Snapdragon 650)
GPU:Adreno 510
RAM:4GB
ROM:32GB
ディスプレイ:7.9インチ
解像度:2048×1536
カメラ:背面800万画素/前面200万画素
電池容量:4680mAh
サイズ:205.4 × 136.4 × 7.57mm
重さ:320グラム
連続待受:LTE 496時間、WCDMA 552時間
価格:実売3万9800円程度(税込)

⒉ZenPad(z581kl)の評判・評価について

545839fda1b5dea4e1c8b9fbbcb03114_m

⒉1ZenPad(z581kl)の評価と比較

普通に使えるタブレットを望むならMediaPad T2 7.0 Pro(税込2万4000円)、高品質なタブレットを望むならZenPad 3(税込3万9800円)です。また、格安タブレット市場は、2016年10月時点、MediaPad T2 7.0 ProとZenPad 3の二強になっています。格安タブレットを選ぶ場合は、基本的にこのどちらかを選べば良いです。ZenPad 3とMediaPad T2 7.0 Proの違いは、価格、見た目、大きさ(持ちやすさ/持ち運びやすさ)、ゲーム性能です。
① 見た目、高級感があるZenPad 3 vs. チープなMediaPad T2 7.0 Pro
見た目を重視する場合、ZenPad 3です。また、ZenPad 3は背面がレザー調になっていて高級感があります。対してMediaPad T2 7.0 Proはもろプラスチックです。MediaPad T2 7.0 Proは価格を下げるために見た目がチープになっています。ZenPad 3は価格が高いので、見た目も高級感のある感じに仕上がっています。なお、見た目がチープだの高級感だの言ったところで、カバーを付けてしまうとほとんどわからなくなります。
②大きさ、7.9インチのZenPad 3 vs. 7インチのMediaPad T2 7.0 Pro
持ちやすさや運びやすさを重視する場合、MediaPad T2 7.0 Proです。
【ZenPad 3の大きさと重さ】
ディスプレイ7.9インチ、大きさ205.4 × 136.4 × 7.57mm、重さ320グラム
【MediaPad T2 7.0 Proの大きさと重さ】
ディスプレイ7インチ、大きさ187.4 x 105.8 x 8.2mm、重さ250グラム
片手での持ちやすさだと、MediaPad T2 7.0 Proに分がだいぶあります。MediaPad T2 7.0 Proなら片手でもがっちり持ちやすいですが、ZenPad 3は片手でがっちり持つには幅が広すぎます。また、主に家で使う分にはZenPad 3でも問題ないですが、外でも使うことが多い場合は、ZenPad 3だと大きすぎます。数値的にはそんなに違いはないのですが、持ち歩くことを想定すると、MediaPad T2 7.0 Proの方が使いやすいです。
③ゲーム性能、少し高性能&大容量のRAMのZenPad 3 vs. 普通性能のMediaPad T2 7.0 Pro
ゲーム性能を重視する場合、ZenPad 3です。
【ZenPad 3のゲーム性能】
CPU ヘキサコア 1.8GHz x 2 + 1.2GHz x 4 (Snapdragon 650)
GPU Adreno 510
【MediaPad T2 7.0 Proのゲーム性能】
CPU オクタコア 1.5GHz x 4 + 1.2GHz x 4 (Snapdragon 615)
GPU Adreno 405
ZenPad 3の方がCPUやGPUの性能がざっくり2倍になります。ただし、なんでも2倍サクサク動くというわけではなく、ほとんどの使い方で差は分からないと思います。差が出てくるのが、高度なゲームをするときです。一般的なゲーム、モンスト、パズドラ、ツムツム、ポケモンGOなどの場合、普通性能のMediaPad T2 7.0 Proでも十分に遊ぶことができますが、高度な3Dを多用するようなゲームの場合、CPUやGPUの性能が良いZenPad 3がオススメになります。
加えて、ゲームをしながら他に何かしたい場合、RAMの容量が重要になってきます。RAMの容量が多いほど、ゲームをしながらでも他のアプリを使うことができるようになります。(※省エネ設定などで、必ずしもそうなるわけではありません)
【ZenPad 3のRAM 4GB】
MediaPad T2 7.0 ProのRAM 2GB
ZenPad 3の場合RAMが4GBもあるので、重いゲームをしながらでも、他のアプリを使うことができる傾向にありますが、MediaPad T2 7.0 Proの場合、重いゲームをする場合は他は何もできない感じになります。ゲーム以外の一般的なアプリの場合は、RAMの大きさはそんなに気にする必要はありません。

⒉2ZenPad(z581kl)評判

ZenPad 3 8.0 (Z581KL)のネットの評判は好評です。2016年10月時点では、MediaPad T2 7.0 ProとZenPad 3 8.0 (Z581KL)がタブレットの二強になっています。実は正直いうとZenPad 3がここまで売れるとは思いませんでした。ZenPad 3は性能はとても良いけど、価格も高いし、性能が生かされるのはゲームくらいだし、それならゲームをそんなにしない一般ユーザならMediaPad T2 7.0 Proが引き続き格安タブレットで一番人気になると思っていました。
ところが、ふたを開けるとZenPad 3がMediaPad T2 7.0 Proと人気を2分するところまできました。ZenPad 3は2016年9月16日に発売された機種です。MediaPad T2 7.0 Proは2016年7月8日に発売された機種で、発売以降、人気トップの座を維持していて、今回のZenPad 3の登場で人気トップを2分している感じになっています。
ZenPad 3の発売当初の勢いが落ちれば、MediaPad T2 7.0 Proが再び単独で人気トップの座にはなるとは思いますが、ゲーム性能がかなり高いSIMフリーのタブレットというのは需要があったようです。とりわけRAM4GBが大きなポイントになっている気がします。

⒊ZenPad(z581kl)にあると便利なアクセサリーは?

01ebe733defb76947ccb6c9344433eb6_m

⒊1保護フィルム

スマートフォンやタブレットではお馴染みの液晶を保護するためのガラスフィルムです。アンチフィンガープリント加工がなされているので、指紋が付きづらい商品となっています。長く綺麗に使いたい方はどうぞ。
参照元:https://www.amazon.co.jp/gp/search?keywords=ZenPad%203%208.0%28Z581KL%29&__mk_ja_JP=カタカナ&tag=gx7-22

⒊2タブレットカバー、タブレットケース

【ASUS公式のZenPad 3 8.0(Z581KL)専用カバーZen Clutch】
クラッチバッグのようなイケてるデザインですが、価格が少々お高く10月28日に発売されるので現在は予約受付中の段階です。
参照元:https://www.amazon.co.jp/gp/search?keywords=Zen%20Clutch&__mk_ja_JP=カタカナ&tag=gx7-22

⒊3タブレットスタンド、タブレットアーム

タブレットを立てかけるようのスタンドです。また、一部のタブレットカバー、タブレットケースはスタンドにもなる機能を併せ持っていますが、専用のスタンドの方が角度調整が細かく出来るので動画の視聴などをする際には便利です。
参照元:https://www.amazon.co.jp/gp/search?keywords=タブレットスタンド&__mk_ja_JP=カタカナ&tag=gx7-22

⒊4ACアタプタ、USB充電器

ZenPad 3 8.0(Z581KL)はUSB-Cケーブル及びACアダプターが付属しますがこの機会に複数ポートのUSB充電器を買うと便利です。また、私もAnkerのPowerPortシリーズの5ポートのモノと10ポートのモノを利用していますが、電源周りが大分スッキリしました。ガジェットを多く使用しているのであれば多ポートのUSB充電器は合って困らないのでおすすめです。
参照元:https://www.amazon.co.jp/gp/search?keywords=anker%20充電器&__mk_ja_JP=カタカナ&tag=gx7-22

⒊5モバイルバッテリー

ZenPad 3 8.0(Z581KL)はUSB Type-Cケーブルで充電及びパソコンとの接続を行います。本体に1本USB Type-Cケーブルが付属しますが、持ち歩き用や据え置きように予備のケーブルが欲しい方は予備ケーブルを購入しましょう。個人的におすすめなのがAnker PowerLine+のようにコードを多う被覆の部分が繊維で出来ているタイプのケーブルです。
参照元:https://www.amazon.co.jp/gp/search?keywords=Anker%20PowerLine%20%20USB-C&__mk_ja_JP=カタカナ&tag=gx7-22

⒋ZenPad(z581kl)格安SIMに対応しているのか?

a7be62f04cf45b8015855dc9c89c9b50_s

⒋1ZenPad(z581kl)と格安SIMについて

【ドコモ系の格安SIM、通話SIMとデータSIMで問題なく使えます】
FDD-LTEというのが日本で使われているLTEバンドです。ドコモのLTEが主に使っているバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。他にもバンド21があるのですが、超地味なので無視です。バンド1、バンド3、バンド19をカバーしているのでドコモ系の格安SIMのデータ通信は問題ないです。
W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも3Gでデータ通信がしやすくなります。音声通話機能にも対応しているので、通話SIMも問題なく使うことができます。
【au系の格安SIM、データSIMなら問題なく使えます】
au系の格安SIMが使っているLTEバンドは、バンド1、バンド11、バンド18、バンド26です。Band11は超地味な存在なのでなくても問題ないです。バンド1、バンド18、バンド26に対応しているので、au系の格安SIM(データSIM)のデータ通信は問題なくできます。
加えてTDD-LTEのB41にも対応しています。これはWiMAX 2+のバンドです。au系の格安SIMを使っていて、WiMAX 2+の電波が届いている場合は、WiMAX 2+の電波を掴んで通信速度が少し速くなります。WCDMA2000やVoLTEには対応していないので、au系の格安SIMでは音声通話SIMを使うことはできません。

⒋2その他の人気タブレット

【Dragon Touch Android 5.1 8インチ タブレットPC S8】
Dragon TouchによるAndroidタブレット、S8です。ストレージは16GBで、microSDを使用すれば、追加で64GBまで拡張可能。ディスプレイパネルには、IPSパネルが搭載されており、繊細な映像美を楽しめます。
また、無線が飛んでいる場所ならどこでも使用可能です。モバイルルーターと組み合わせれば、無線LANが飛んでいなくても使えます。キャリアの契約をするより安く済みます。また、8インチは丁度片手で持ちやすいサイズです。外出先での使用を考えている方におすすめです。

⒌ZenPad(z581kl)のレビュー・口コミ

YUKA862_mobile15185035_TP_V

⒌1ZenPad(z581kl)良い意見

【不満な点が今のところ一つもないです。】
Huaweiの作りの粗さにウンザリしていたので、これといって気になる点が皆無なZ581には満点をあげたくなります。Web上の評判をみても、「もう一押し処理速度が速ければ」「側面のボタンの位置が気になる」ぐらいしか、ネガティブな情報は見つけられません。
【特に液晶が綺麗です。】
とてもナチュラルな発色です。目に突き刺さるような鮮やかさを追求しがちな新興ブランドと比較して、利用者のことを考えた液晶の優しさにとても好感が持てます。解像度も323dpiとRetinaと同レベルの高精細です。
【Nexus7の後継機にピッタリです。】
愛用したNexus7と同じメーカーで内容もその正統進化です。一インチ大きくなっている点も満足度を高めています。Nexus7の後継機を探している人には自信を持ってお薦めできます。
【プアマンズiPad miniとして】
simフリーで3万6千円程度で買えます。同じ7.9インチ。だいたいiPad miniの半額です。しかも容量を増設できるというiPadにはない利点もあります。iPad mini2からの買い換えを検討していて、次はAndroidでもいいかなという人にはピッタリでしょう。

⒌2ZenPad(z581kl)悪い意見

ASUSの8インチというスペックだけで店頭に行って、低解像度で2万円を割っている別の機種を間違って買ってしまう人が多発しているそうです。購入の際には型番をしっかりメモしておきましょう。

⒍ZenPad(z581kl)の人気おすすめカバー

yuka0I9A1561_9_TP_V

⒍1ZenPad(z581kl)の人気おすすめカバーについて

タブレットのグッズの必要性ですが個人的には必須です。と言うのもタブレット端末自体の価格が物によっては非常に高い上に、壊れてしまった場合の修理にも高い料金が発生します。カバーやフィルムを購入することによって、それを未然に防げるのであれば是非活用していきたいものです。
【【KuGi】 スタンド機能付き Asus Zenpad 3 8.0 Z581KL / ZT581KL カバー】
Amazon人気順上位の商品です。タブレットのPUレザーケースは非常に人気で、こちらの商品のようにスタンド機能や開閉型のものがほとんどです。
PUレザー自体の寿命は2,3年と言われていますが、タブレットの使用期間を考えると問題ないかと思われます。こちらのケースは様々な端末で人気のオーソドックスなタイプです。価格も安いのでとりあえずPUレザーケースを探している方にオススメの商品です。
・販売:KuGi(Amazon)
・参考価格:1,090円~
・タイプ:PUレザーケース/手帳型/スタンド機能
【【KuGi】 スタンド機能付き Asus Zenpad 3 8.0 Z581KL / ZT581KL カバー】
Amazon人気順上位の商品です。タブレットのPUレザーケースは非常に人気で、こちらの商品のようにスタンド機能や開閉型のものがほとんどです。
PUレザー自体の寿命は2,3年と言われていますが、タブレットの使用期間を考えると問題ないかと思われます。こちらのケースは様々な端末で人気のオーソドックスなタイプです。価格も安いのでとりあえずPUレザーケースを探している方にオススメの商品です。
・販売:KuGi(Amazon)
・参考価格:1,090円~
・タイプ:PUレザーケース/手帳型/スタンド機能
【ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KLケース カバー 高品質TPU シリコン ケース】
Amazon人気順上位の商品です。こちらは先ほどのような手帳型タイプではなく背面カバーになります。背面カバーはスマホで人気ですが、タブレットでもサイズが小さい場合やすぐに操作したい方に人気です。こちらの仕様はTPU素材のソフトケースとなっており、価格も安くてオススメの商品です。
・販売:Qoosea(Amazon)
・参考価格:750円~
・タイプ:ソフトケース/TPU

⒎ZenPad(Z581KL)LTE二対応しているのか?

SAYA160312170I9A3708_TP_V

⒎1ZenPad(Z581KL)とLTEについて

ASUS ZenPad 3 8.0 (Z581KL)は高解像度で迫力のあるサウンドが楽しめる7.9型のタブレットです。また高性能なCPUを搭載していてメインメモリも4GBと大きいので処理性能も高く動画やゲームを大きな画面で楽しむにはとても良さそうです。
また、SIMカードを挿れた状態でのLTE通信が可能でキャリアアグリゲーションにも対応しているので電波状況のいい場所では通信速度も早くなり、外出先でも動画配信サービス等でライブや映画を迫力のあるサウンドで楽しむことが出来そうです。

⒏まとめ

IMARIC20160805210023_TP_V
ZenPad(Z581KL)について今回解説してきましたが、このダブレット前述している通り一時期入手困難な状況が続いたほどの人気のタブレットでした。スペックもさることながら、やっぱりタブレットですので大きな画面で様々なことがこなせるのが魅力の一つです。そのため、オススメのカバーやケースが欲しくなる方も多いとのことでしたので、口コミで人気の商品をピックアップしてみました。
ご購入をお考えの方は、ぜひとも参考にしてみてください。この記事が少しでも読者の参考になりましたら幸いです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.